教えて!アニコム損保!しつけ・健康相談 皆様のご質問にお答えいたします。

ご注意

回答までのお時間は3営業日以内とさせていただきます。
緊急を要する健康相談の場合は、すぐに動物病院を受診してください。
直接どうぶつさんのご様子を拝見しておりませんので、一般的なご案内となりますこと、また、投稿フォームにはURLを入力できない設定となっておりますことをご了承ください。

証券番号

  • (記入例:S00123452)

  • ご入力いただいた証券番号は公開されません。

ニックネーム

タイトル

コメント

  • URLはご入力いただけません。

添付File

暗証キー

  • (英数字で8文字以内)

投稿キー

  • (投稿時 投稿キー を入力してください)

文字色

下部尿路疾患の食事療法について

投稿者:アクア

投稿日:2014/01/28(Tue) 07:13

No.3386

2歳になるノルウェージャンフォレストキャットの女の子です

ストルバイト結石およびシュウ酸カルシウム結石があると診断され、ロイヤルカナンphコントロール0を食べ続けるように医師に言われ、食事を切り替えてから、1か月で尿はきれいになりました。

今後も療養食を食べつつけるように指示されましたが、phコントロール0を与え続けても問題はないのでしょうか?
長毛種なので毛玉ケアの食事も与えたいのですが、混ぜない方がいいのでしょうか?
同居猫にもphコントロール0を与えるように指示されましたが問題ないでしょうか?

何か目安となるアドバイスを頂戴できればと思っております。
何卒宜しくお願い申し上げます。

Re: 下部尿路疾患の食事療法につ...

- 獣医師 山田

2014/01/29(Wed) 15:59

No.3389

アクア 様

厳しい寒風が吹く頃ですが、アクア様におかれましてはお変わりなく
お過ごしでしょうか。
この度はご相談を頂きまして、誠にありがとうございます。
アクア様のノルウェージャンフォレストキャットちゃんの
ストルバイト結石とシュウ酸カルシウム結石が、pHコントロール0をお与えになられ、
尿がきれいになられたとのこと、よろしかったですね。まずは一安心なさっていらっしゃったことと存じます。
さて、今回のご相談は、「今後もロイヤルカナンpHコントロール0をお食事で与え続ける
こと」、「毛玉ケアの食事も与えたいが、混ぜない方が良いのか」、「同居ネコちゃんにも
pHコントロール0を与えても問題がないのか」について、でございますね。
お問合せにつきましてご案内させて頂きますが、実際にネコちゃんのご様子を拝見
しておりませんので、
一般的なご案内となりますことを何卒ご了承下さいませ。

アクア様のノルウェージャンフォレストキャットちゃんはストルバイト結石および
シュウ酸カルシウム結石が出ていたのですね。
尿石症は尿路結石症ともいわれ、尿に含まれるリン、カルシウム、マグネシウム
などのミネラル成分が腎臓、膀胱、尿道などの泌尿器で結晶化し、結晶化したものが
集まって結石となるため、さまざまな症状を引き起こす病気です。
特にネコちゃんでは尿がアルカリ性に傾くことで形成される
リン酸アンモニウムマグネシウム結石(ストラバイト結石)が多く見られます。
結石の形成については、食事の種類やビタミン・ミネラルバランスの悪さ、
飲水量の不足、肥満や運動不足、細菌による尿路感染、遺伝的体質などが原因
であるといわれています。

形成された尿石の大きさや位置によっては外科手術で摘出する場合もありますが、
結石を溶解させ、結石の形成を予防するために食事療法を行ないます。
他に血尿がみられたり、尿路感染がある場合は止血剤や抗生物質の投与など、
対症療法も併せて行います。

尿石症の日々のケア方法としては、
「調整された療法食を与えていただくこと」、「尿を酸性に傾けるようなお食事を
与えていただくこと」、「肥満を防ぐこと」、「飲水量を増やすためにいつでも簡単に
水を飲める環境を整えること」、「排尿しやすい環境を作ること」などが挙げられます。

さて、アクア様のノルウェージャンフォレストキャットちゃんは現在pHコントロール0
の療法食を食べていらっしゃるとのことでございますね。
このお食事は下部尿路疾患(ストルバイト結石症やシュウ酸カルシウム結石症)の
ネコちゃんのために作られた、マグネシウムなどのミネラル成分が調整された
お食事です。
pHコントロールにはpHコントロール0やpHコントロール1、pHコントロール2
など関連した製品がございます。
この番号による大きな違いは、より積極的に結石を溶かすように調整されているか
どうかで、pHコントロール0がもっとも尿結石を溶解するように調整されたお食事
になっています。
アクア様のノルウェージャンフォレストキャットちゃんは病院の先生に
「お食事を続けるように」と指示されたとの事ですので、尿結石が出来やすく、
お食事でコントロールしないと再発しやすいのかもしれませんね。
その様な場合には、pHコントロール0を継続していただく必要がありますし、
継続して与えることも可能なお食事となっております。
ただ、尿石症のお食事は、結石を溶かしたり、結石ができにくいように調整されて
いますので、
心臓病や腎臓病などの疾患があった場合には、あまり積極的に用いらない方が良い
場合がありますので、pHコントロール0を続けるにあたっては、定期的に尿検査や
健康チェックを病院の先生に行っていただき、先生の判断でお食事を続けるという
事が大切です。
また、現在は尿がきれいになられたということですので、今のお食事の
pHコントロール0からpHコントロール1やpHコントロール2などに
変更して与え続けることも可能です。
ただ、この場合も定期的な尿検査や健康チェックを行っていただくことが大切です。

pHコントロール0と毛玉ケアの食事を混ぜて与えることですが、
尿のpHはお食事により変化しますので、毛玉ケアの食事を混ぜることで尿のpHが
変化して、せっかく療法食を食べていても尿結石が出来てしまう可能性もございます。
尿石症の事を考えたら、毛玉ケアの食事とは混ぜない方がよろしいかと思いますが、
ノルウェージャンフォレストキャットちゃんで長毛種という事から、
毛球症もアクア様におかれましては心配な点かと思います。
かかりつけの先生にも、毛玉ケアの食事と尿石症の食事を混ぜて与えても
尿石症の治療に影響が出ないかどうかをご確認していただきますよう
お願いいたします。

毛球症の予防として、食事以外の方法もございます。
すでに実施されていらっしゃるかもしれませんが
丁寧にブラッシングをすることで、できるだけ飲み込む毛を減らしてあげること、
また、ラキサトーンなどの毛球除去剤を利用していただき、
飲み込んでしまった毛を便と一緒に排泄するように促すことです。
毛球症を防ぐために猫草を利用される方もいらっしゃいますが、
多くのネコちゃんは猫草を食べることで毛玉を吐き出しますので、
毛球症の予防にはなりますが、食道炎などの二次的な障害を起こしてしまう可能性
もありますので、猫草を食べて吐いてしまう場合には、
あまりおすすめはできません。

さて、同居のネコちゃんにもpHコントロール0を与えても問題がないのかどうか
についてですが、療法食ですので、同居のネコちゃんの尿の状態や健康状態で判断
する必要がございます。
かかりつけの先生は、同居のネコちゃんのご様子を診察した上で、
pHコントロール0を与えて下さいと指示されていらっしゃるのかと思います。
先ほどもご案内いたしましたが、pHコントロール0は
下部尿路疾患(ストルバイト結石症やシュウ酸カルシウム結石症)に対しての療法食
ですので、万が一、心臓病や腎臓病などを患っていた場合にはあまり適した食事とは
なりません。
同居のネコちゃんもpHコントロール0を食べるようであれば、
定期的に尿検査や健康状態のチェックをかかりつけの病院さんで行って
いただきましょう。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での
健康相談、しつけ相談サービスを承っておりますので、ぜひご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

時節柄、アクア様におかれましてもお風邪など召しませぬようお気を付けください。
ネコちゃんもどうかお大事になさってくださいませ。
今後ともアニコムをよろしくお願い申し上げます。



布団・・・

投稿者:くまお

投稿日:2014/01/26(Sun) 20:41

No.3384

ミニチュアダックスフンド♂7歳です。
布団類を食いちぎって何枚も買い替えては繰り返しでとても困っています。 ストレスからかなとか散歩を1時間して見たりしましたが変化がないです。
何故こんなことをするのか原因を知りたいです。何かサインでも出しているのでしょうか?

Re: 布団・・・

- ドッグライフカウンセラー 三留

2014/01/28(Tue) 16:02

No.3388

くまお 様

梅の開花に春の訪れが近いことを感じる頃ですが、
くまお様におかれましてはいかがお過しでしょうか。
この度はご相談を頂戴いたしまして誠にありがとうございます。
さっそくご案内をさせていただきますが、実際のお子様のご様子を拝見していませんので、
一般的なご案内となりますことを何とぞご了承くださいませ。

くまお様のミニチュアダックスちゃんが布団類を食いちぎってしまい、お困りとのことで
ございますね。以下、お伺いした内容をもとに、ご案内させていただきますが
一般的なご案内となりますことをご了承ください。

ミニチュアダックスちゃんのように、布団やクッションなどを食いちぎってしまうワンちゃんは
比較的多くみられます。
くまお様がなさっているように、エネルギーを発散させるため、お散歩量を十分に確保なさる
ことはたいへん重要なことでございますが、
ミニチュアダックスちゃんの布団類を食いちぎる行動そのものには変化が
なかったとのことでございますね。
布団を食いちぎるという行動は、エネルギーが発散できていないという原因以外にも
次のようなものが例として挙げられます。

1. かじることそのものが面白い
くまお様のミニチュアダックスちゃんのように繊維類をかじる子は多く、布団やクッションの
様な物をみるとかじり、中から綿を出すのに夢中になる子もいます。
かじることで中から物が出てきたり、形が変わったりすることが楽しいのかもしれませんね。
ワンちゃんの中にはプラスチックや木をかじってしまうなど、それぞれ好みがありますので、
まずは、ワンちゃんの生活スペースにワンちゃんが好奇心を示すタイプの物は
置かないほうがよろしいかもしれません。
ミニチュアダックスちゃんが眠る場所に利用されるベッド用の布団も縫い合わせたところが
ほつれ難い、地厚のタオルケットや毛布など、壊すことが難しいタイプのものを組み合わせて
ご利用なさるのも一つの方法でしょう。
くまお様がお使いの布団などをかじってしまうのであれば、ご家族の寝室やベッドに物理的
にミニチュアダックスちゃんが近づけないようになさるとよろしいでしょう。
ケージの周辺をあらかじめ柵などで囲んで生活のスペースを限るようにしておき、
この中なら自由にしても問題がないようなスペースを
あらかじめ決めておくのもよろしいかもしれません。
また、噛みたいというワンちゃんの本能を満たしてあげるためにも、日頃からかじっても
良いオモチャなどを与えることも効果があるかもしれません。
この場合、ワンちゃんの好みに出来るだけ合った素材のものを
与えると良いでしょう。

2.かじると構ってもらえると思っている
ワンちゃんは社会性が豊かなどうぶつですので、とにかく飼い主様に自分を見て欲しい、
声をかけて欲しくて仕方がないという傾向がたいへん強いのが特徴です。
飼い主様に注目してもらうことは、ワンちゃんにとって大きなご褒美となります。
ワンちゃんは、自分がした行動の前後の周囲の状態を大変よく見ており、
経験をもとに次の行動を選択しますが、布団類をかじろうとしたときに、
例えばくまお様がさっと振り向いたり、声をかけるということがあり、
このときの経験をミニチュアダックスちゃんが「構ってもらえた」と思ったりしていると
「構ってもらうためには、かじればいい」と思ってしまうことがあります。
飼い主様が叱っているつもりでも、「だめよ」などと振り向いて声をかけたご様子や、
飼い主様がご帰宅なさったとき、かじった様子をご覧になられるという反応も
ご褒美になっている場合もございます。
「かじっても、いいことがない」「かじらないでいたら、いいことがある」ということを
ワンちゃんにしっかりと示す必要があります。
布団類をかじっているのをご覧になられたときは、
低く落ち着いた声で「ダメ」などご家族で決めた言葉でしっかりと叱り、
噛むのを止めたり、躊躇をしたりしたら、「いい子ね」と明るく褒めてあげましょう。
ポイントは、とにかく落ち着いて低い声で叱ることです。

かじりながら、ワンちゃんがくまお様のほうにチラチラと目を配るなど、
「構って欲しくてかじっている」ということを感じる場合には、
「かじってしまうと楽しい時間が終わる」ということをワンちゃんが理解できるように、
低い声で「ダメ」と叱りながらワンちゃんの傍を離れてしまうことが有効なこともございます。

布団類をかじっているのを止めさせようとオモチャで誘うと、
ワンちゃんの中では、「かじっているとオモチャでパパやママが誘ってくれる」という流れが
できてしまうことがありますので、かじり始める前に、「いつもこのタイミングで布団に
いたずらをするな・・・」というようなタイミングで、オモチャで気をひいて
遊んであげるとよろしいでしょう。かじっていないときに十分に注目をしてあげて、
豊かなコミュニケーションの時を過ごしていただくことで、かじっていないときに
楽しいことがたくさんあると感じさせてあげましょう。
かじること以上にワンちゃんが好むような遊びが何かあれば、
その遊びに夢中にさせることもたいへん望ましいでしょう。

いつもかじる場所には、まずい味のものを塗っておく、かじったときに嫌な音
をさせるなど、かじったとき嫌な経験をさせる「天罰方式」も一つの方法です。
嫌な味がするものとしては、ワンちゃんのいたずら予防のためにいろいろな商品が
ペットショップさんで販売されていますので、このような商品をご利用なさるのも
よろしいでしょう。
この場合、嫌なことを起こすのは飼い主さんではないとミニチュアダックスちゃんの目に
映るようにしましょう。

3.退屈でついかじってしまう
「退屈さ」からかじることもありますので、お留守番中に退屈で布団類をかじる傾向がある、
ということでしたら、お留守番の前にご近所を散策なさるなど、
心地良い疲労の後、うとうととするような流れを作っていただいてもよろしいでしょう。
また、遊びながら中から食べ物を出すコングのようなオモチャを与えていただいても
よろしいでしょう。

ベッドに布団類を置いてミニチュアダックスちゃんの休む場所を作っていらっしゃるのであれば、
サークルの中にクレート、キャリーバッグのような洞穴を連想させるような物を組み合わせて
いただき、今までとタイプの違う、ミニチュアダックスちゃんがかじることを思いつかず、
落ち着く場所を用意してあげることもよろしいでしょう。
クレートやキャリーバッグの中には中から綿などが出てこないタイプのバスタオルや毛布
などを入れておいてあげてはいかがでしょうか。

お散歩はワンちゃんのエネルギーを発散させるためにも、ご家族とのコミュニケーションの
ためにも、健康維持のためにも、大変大切でございますので今後も続けていただければと
存じます。
散歩にいらっしゃる時間は、お家に帰ってきたとき、ミニチュアダックスちゃんに
「ちょっと疲れたな、休みたいな」というような仕草がみられる程度が望ましいでしょう。
ぐったりと疲れた様子がみられるのであれば、少し運動量を減らしてあげると
よろしいでしょう。

お話のご様子や月齢からは、くまお様のミニチュアダックスちゃんは該当しないかとは存じますが、
中には乳歯が抜けずにのこっていたり、歯が重なって生えているなど、
お口の中がむずむずと気になることで、物をかじってしまうワンちゃんもいます。
食べ難そうにする、ポロポロ食べ物を落とすなど、もしお食事の仕方やお口の中の様子に
何か気になる点はございましたら、
お口の中の様子を一度、かかりつけの獣医師さんに確認していただくとご安心でしょう。

なお電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

くまお様とミニチュアダックスちゃんの笑顔に溢れる毎日を心からお祈りいたしております。
今後ともアニコムをよろしくお願い申し上げます。




ペットホテル預け後の体重減少

投稿者:ミッキー

投稿日:2014/01/24(Fri) 11:39

No.3383

3歳のコッカプーのショコラですが、先日旅行の為に8泊ペットホテルに預けました。半年前に預けた時は多少痩せたぐらいだったのですが今回は1キロぐらい痩せて腰やあばら骨がすぐ手に当たります。食べていなかったともいわれなかったのでかなりのストレスだったのかとかわいそうなことをしました。これからの接し方でアドバイスお願いします。食事は今までは標準量の少な目であげていましたが、多めの量に増やしてあげた方がいいですか?

Re: ペットホテル預け後の体重減...

- ドッグライフカウンセラー 三留

2014/01/27(Mon) 14:59

No.3385

ミッキー 様

陽だまりが嬉しい頃でございますが、ミッキー様におかれましては
いかがお過しでしょうか。
この度はご相談をいただきまして誠にありがとうございます。
ペットホテルにお預けになられた後のショコラちゃんのご様子に
ご心配をなさっていらっしゃるのでございますね。
早速ご案内をいたしますが、一般的なご案内となりますことをご了承ください。

ワンちゃんは環境の変化に繊細ですので、
ショコラちゃんのように、ペットホテルさんに預けるなどいつもと違う環境になると、
食欲がなくなったり、下痢や嘔吐をするなどの体調の変化がみられることが
ございます。
ミッキー様におかれましてはお辛いこととは存じますが、
このようなときほど、ごめんね、かわいそうなことをしたね、という、なだめるような
気持ちをショコラちゃんにお見せになられないことがたいへん重要でございます。
いつもと同じように落ち着いた生活を繰り返すことは、ワンちゃんを安心させる大切な
ポイントとなりますので、今までと同じようなリズムで同じような接し方をなさることで、
何も変わっていないという安心感を伝えていただければと存じます。
同じ生活の順番で、今までと同じお散歩コースを
今までと同じような雰囲気で、「楽しいね」と明るく声掛けをしていただきながら、
穏やかに毎日を過ごしていただければと存じます。
また、このようなときには、ついついショコラちゃんの言うことを聞いてしまいたく
なりますが、ワンちゃんは、飼い主様にリードされ、守られていくことで
安心していきますので、今までどおり毅然となさった対応をなさることが大切でしょう。

さて、ショコラちゃんはその後のお食事の摂取量はいかがでしょうか。
お家に戻られてから食欲が戻っているのであれば、
今まで少なめに与えていらっしゃるとのことですので、
多めに与えていただいてもよろしいかもしれません。
ただし、その際に注意いただきたい点なのですが、
急に分量を変えるのではなく、少しずつショコラちゃんのウンチの状態を見ながら
増やしていただければと思います。
まず、目安としてフードの袋に印刷している通常の分量まで少しずつ増やしていただき、
冬の寒い時期でもありますので、体重の変化を見ながら目安量の1割程度増やすことを
検討いただいてもよろしいかもしれません。
また、ショコラちゃんが、食欲があまりなくお食事を喜んで食べないようであれば、
消化吸収が良く、栄養価が高く調整されているお食事を与えていただくのも
よろしいかもしれません。
このようなお食事は動物病院さんで扱っていらっしゃいますので、
一度、かかりつけの動物病院さんにご相談いただくとよろしいでしょう。

ミッキー様におかれましては、今後もペットホテルさんにお預けになられることも
おありかと存じますが、預ける際のポイントを次にご案内いたします。
ご参考にしていただければ幸いでございます。
ショコラちゃんにとって、お預けになるペットホテルさんを、なじみがあり親しみを
感じる場所となるように、日頃からお散歩の途中やお買い物と途中などに
お寄りになり、スタッフの方と楽しく過ごすようになさるとよろしいでしょう。
また、お泊りのご予定がおありのときには、急に長期間のお泊まりをなさるより
短時間お預けなさるなどして、慣らしておくのもよろしいかもしれません。
可能であれば、お家で使っている毛布や食器などをペットホテルさんでご利用
していただけるよう、ペットホテルさんにご相談いただいてはいかがでしょうか。
また、ペットホテルさんのスタッフの方とショコラちゃんとの相性もありますので、
日頃からいろいろなペットホテルさんに立ち寄っていただき、
ショコラちゃんがリラックスして過ごせるお店を開拓なさるのもよろしいでしょう。
また、実際にお預けになられるときも、大丈夫かしら、と不安なご様子を
ミッキー様がショコラちゃんにお見せにならないことも大切でしょう。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、
しつけ相談のサービスを承っております。気がかりなことがおありの際には、
お気軽にご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)

しばらくは厳しい寒さが続くかと存じますが、ミッキー様におかれましては、
くれぐれもお体ご自愛くださいませ。
ご家族様とショコラちゃんが笑顔いっぱいお元気にお過ごしになられますよう
いつも応援いたしております。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願い申しあげます。



おねだりで吠え続ける

投稿者:みらい

投稿日:2014/01/15(Wed) 18:15

No.3379

雄のMダックス11才(6.9キロ)です。
食べ物に対するおねだり吠えの改善について、ご相談させて頂きます。
ご飯は、ちょっと太り気味もあって
規定の量より少ない
病院処方食のドライフード1日分を
朝夕夜の3回にわけてあげているのですが
台所に誰か人が居たり、家族でご飯を食べてたりすると
何か頂戴とおねだり吠えを続けます。
余りにも吠え続けるため、ご近所の迷惑にも
成りかねないので、フードやキャベツを食べさしてしまい
食べ終わるとまた吠えるを台所に人が居る間続けます。

以前は、この様な事は無かったのですが、
約1年程前に、弟犬が亡くなってしまった事がきっかけで
家族全員が、残された兄犬を今まで以上に、可愛がり過ぎ
王様扱いしてしまった事が原因だろうと全員で反省しており、
少しでも改善させたいと、吠えたら無視し
一定時間お利口に待てたら、ご褒美をあげるなど試しているのですが効果はまったく無く
一度覚えた吠える→貰えるが根強く
ほっとけば、10分20分吠え続ける事もあります。
飼い主の行動が、この様な行動を引き起こした事もあり
ただただ反省の日々ですが、少しづつ
改善していくには
どの様に接していけばよいのか教えて頂けたらと思います。

台所で食べ物に対する吠え以外には
特に吠える事は無く
台所に誰も居ないと、まったく吠えませんが
リビングとキッチンが一緒の為、台所がワンコの行動範囲に
入っており、ゲージに入れてもご飯だと解るみたいで…
よろしくお願い致します。


Re: おねだりで吠え続ける

- ドッグライフカウンセラー 三留

2014/01/17(Fri) 18:40

No.3382

みらい 様

大寒の候、みらい 様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
この度はご相談をいただきまして誠にありがとうございます。
11歳のMダックスちゃんのおねだり吠えについてお困りとのことでございますね。
早速、ご案内をさせていただきますが、一般的なご案内となりますことを
何とぞご了承くださいませ。

みらい様におかれましては、Mダックスちゃんの弟のワンちゃんを一年前に亡くされたとのこと、
大切な家族を失いお辛い中で、お兄ちゃんのMダックスちゃんをご家族皆さまで
大切に支えていらっしゃったのですね。
天国に召された弟のワンちゃん
がみらい様やご家族様の愛情に守られ
豊かなときを過ごしていらっしゃったご様子が
お話のご様子から伝わってくるようでございます。

さて、Mダックスちゃんが吠えるのは、台所もご家族がいらっしゃって、
食べ物をもらえる期待感からの様ですね。
みらい様がおっしゃるように、一度、「吠えたら、もらえた」という経験があると、
次からも、「欲しいときには吠える」という習慣がつくようになってしまいます。
また、「上手くいった」という成功経験があると、
知らん顔をなさっていても、「吠え方が足りないから、気づいてもらえない」とばかりに
何時間でも吠え続けるワンちゃんもいるくらい、激しく吠えます。
大変でございますが、飼い主様はここで踏ん張り、「吠えても無駄だ」としっかりと感じさせる
ことが重要なのですが、難しく、ご近所への気遣いもありますし、しびれをきらして応じてしまうと、
吠えるということがワンちゃんにとって余計に魅力的な手段となってしまいます。

「吠えたら、もらえた」という流れを断つことが重要でございますので、
オスワリ、という指示を必ず、何かしてあげるときにはなさってはいかがでしょうか。
落ち着いてオスワリをしたときに、与えるようにします。
また、あらかじめフードを取り分けておいたり、カロリーの低いお野菜をあらかじめ用意しておき、
吠えることで、欲しいと要求する前に、食べ物を見せながら台所からケージまで誘導して、
ケージの中で与えるようにすることで、台所ではもらえないということを教えていくのも
よろしいかもしれません。
必ず、「オスワリ」と落ち着いた声で指示をして、「指示にしたがったから与える」という流れに
することにより主導権はみらい様やご家族様のもとにあるという状態を作れますし、
「落ち着いたらいいことがあった」という経験を形作ることができるかもしれません。
また、台所で家事をされるスペースとリビングの間に、生活に邪魔にならない程度の
パーテーションのようなものを置いていただくことで、気配がまったく分からないということは
難しいかもしれませんが、少しでも気持ちが台所に惹かれ難くするのも
よろしいかもしれません。

食べ物をあげるときには、みらい様の指示にしたがってオスワリをさせる、というだけでなく、
オモチャで遊ぼうと誘ってきたとき、ケージから出るとき、
生活のさまざまな場面で、オスワリ、と指示をお出しになり、
指示にしたがってからしてあげるようにするとよろしいでしょう。
ご家庭の主導権はMダックスちゃんにではなく、みらい様や人間のご家族様にあると
伝えることも大切でしょう。
ご家族様が帰宅なさったとき声をおかけになられるのは、人間のご家族様に先に
Mダックスちゃんが落ち着いた状態のときにかけるようになさるとよろしいでしょう。
また、部屋や玄関の出入りをなさるときにも、みらい様やご家族様がMダックスちゃんより
前を行くようになさるとよろしいでしょう。

さて、Mダックスちゃんは現在、病院処方食を規定量より少なめで与えていらっしゃるので
ございますね。
加齢に伴い、ワンちゃんも運動量や体内の代謝も低下しますので、体重を落とすもの次第に
難しくなるようでございます。
ただ、お食事の量を減らすだけですと、お食事にいつも物足りなさを感じてしまうことになって
しまうかもしれません。
「吠えて、欲しがるので、与えてしまう」という状況を少しでも減らすためにも
少しでもお食事に満足感を与えるようにするよう工夫をしていただくのも大切でしょう。
例えば、最初からカロリーの低いお野菜類などでカサを増やして与えるのも一つの方法かも
しれません。
具体的には、細かく刻んだ生のキャベツや適当な大きさに切ってゆでたニンジン、大根、
カボチャやブロッコリーなどをドライフードとよく混ぜて与えます。
このようにすることで、「たくさん食べた気持ちにはなったけど、実際に摂取したカロリーは少ない」
という状況を目指します。
ただし、お野菜はミネラルが豊富で、あまり同じ野菜を大量に与えすぎてしまうと、
尿の酸と塩基のバランスが崩れ、尿石症の発生などに関与する場合もございます。
特に、ほうれん草やタケノコのようなシュウ酸によるアクが強いお野菜類はお避け
いただいたほうがよろしいでしょう。
ただし、ゴボウなどのアクはポリフェノールによるものですので、ゆでるなどして与えて
いただければ問題ございません。
また、基礎疾患をお持ちの場合にはご注意いただき、
必ずかかりつけの獣医師さんにご相談の上与えるようにしていただければと存じます。
ご存知とは思いますが、タマネギやネギ・ニラなどのネギ類は与えないようにしましょう。
このほかにも、煮干やカツオのだし汁、お魚やお肉のゆで汁のアクや脂を取り除いたものを
ドライフードにかけて多少ふやかし気味にして与えていただき、たくさん食べた気持ちにさせて
あげてもよろしいかもしれません。
また、中高齢のワンちゃんでは食欲が増進しやすい疾患(副腎皮質機能亢進症など)がある
ことが知られています。
他には多飲多尿(飲むお水の量が増える・尿の量が増える)といった症状が多く見られます。
その他に気になる症状があれば、病院で診察を受けていただいた後に、お食事の内容や
与え方を決めていただくとよろしいでしょう。

Mダックスフンドちゃんが運動等で使うエネルギーを増やすことも
たいへん重要でしょう。
ワンちゃんの体重管理のため、推奨されている運動量は、「一日2回、20分ほど中断せずに
歩く」というものでございます。
寒い時期たいへんではございますが、この運動量を目安にしていただき、
かかりつけの獣医師さんと相談をしていただきながら、
体調をみながらお散歩の時間を毎日の生活の一部として組み込んでいただければと存じます。
ご存じかと思いますが、ダックスフンドという犬種は椎間板ヘルニアが多い犬種ですので、
無理に走らせたり、激しい運動をさせたりするのではなく
ゆっくりとMダックスフンドちゃんの様子を確認しながら、無理のないお散歩がよろしいでしょう。

なお、ワンちゃんの体型(太っているか、痩せているか)は、単純に体重の重さや見た目
だけで判断することはできません。
人間にも大柄な人、小柄な人、いろいろな方がいるのと同じで、
同じMダックスフンドちゃんでも、大柄なワンちゃん、小柄なワンちゃんと、
かなり骨格自体の大きさに差があると思います。
実際には、骨格の大きさに対する脂肪や筋肉の量から評価することが必要ですが、
ワンちゃんの体格を判断する目安として、BCS(ボディ・コンディション・スコア)というものが
あります。
ワンちゃんの体の皮下脂肪の蓄積状態によって5段階に分類され、
体重不足あるいは体重過剰の目安となります。
ワンちゃんの理想的な体格は、
・肋骨を触ることができるがみることはできない
・上から見るとウエストのくびれを肋骨の後ろ側にみることができる
という程度だといわれます。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、
しつけ相談のサービスを承っております。気がかりなことがおありの際にはお気軽
ご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

みらい様とご家族様、Mダックスちゃんの新しい年が素晴らしく
喜びに溢れた一年になりますよう心からお祈りいたしております。
今後ともアニコムを宜しくお願い申し上げます。



噛み癖について

投稿者:るい

投稿日:2014/01/15(Wed) 18:21

No.3380

ポメラニアン、1才半の男の子の噛みグセについてご相談です。
小さい頃から、私達夫婦が共働きの為、日中はゲージ中で過ごしているのですが、噛むことが大好きで、ゲージのはじっこをガリガリ、噛むようの硬い骨などを与えてもすぐに破損させてしまいます。大きくなってからは、ゲージ内をガリガリするとこはなくなりましたが、帰宅してゲージから出したとき、洋服のボタンや飾り物、ソファやクッションのチャックをかじって破損させてしまいます。服や噛まれては困るものは置かないようにしていますが、タウンページの背をボロボロになるまでかじったり、目が離せません。わさびやからしなど、昔試してみましたが、全く効きませんでした。大きい音や嫌がる音を出してみましたが、また繰り返します。どんな方法なら、おもちゃだけを噛み他のものは噛まなくなるでしょうか?やはり、日中一人でストレスがたまっているのでしょうか..

Re: 噛み癖について

- ドッグライフカウンセラー 三留

2014/01/17(Fri) 18:23

No.3381

るい 様

陽だまりが恋しい季節でございますが、るい様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
この度はご相談を頂戴いたしまして誠にありがとうございます。
るい様のポメラニアンちゃんがいろいろなものをかじってお困りとのことでございますね。
さまざまな物をかじって、飼い主様に心配をかけてしまうワンちゃんは、多くみられます。
特に好奇心が強く、エネルギーあふれる若い時期のワンちゃんに多いのですが、
「噛みたい!」という欲求や、中から綿が出てきたり、割れて形が変わるなど
かじることそのものが面白くて仕方がないというワンちゃんもみられます。
一方で、中には乳歯が抜けずにのこっていたり、歯が重なって生えているなど、
お口の中がむずむずと気になることで、物をかじってしまうワンちゃんもいます。
るい様のポメラニアンちゃんは、お口の中に何か気になる点はございませんでしょうか。
きれいに生え変わっているのであれば、この点は心配なさらなくてもよろしいかと存じますが、
お口の中の様子を一度、かかりつけの獣医師さんに確認していただくとご安心でしょう。

さて、ワンちゃんは、「構ってほしい」「見て欲しい」という気持ちの強い、愛情に貪欲などうぶつ
だといわれますが、ワンちゃんがかじっていたずらをする背景には、
かじると、飼い主様がワンちゃんに視線を走らせたり、「ダメよ」などと声をかけてくれたという経験が
もとになって、構ってもらえる手段として、かじり続けることが、たいへん多いようでございます。
噛んでもいいオモチャを噛まず、噛んでいけないものを噛むワンちゃんはたいへん多いのですが、
このようなワンちゃんの心理は、飼い主様が反応するから、というところがあるのかもしれません。
ポメラニアンちゃんが、ちらちらと、るい様の様子をみながら、かじったり、いたずらをするような
ことはございませんでしょうか。
もし、構って欲しくて噛んでいる、という様子がうかがわれるのであれば、
「かじっても構ってもらえない」ということを、しっかりと示すことが大切でしょう。
かじったら、構ってもらえなくなる、楽しいことが終わってしまうということを教えてあげましょう。
かじると、パパやママがあわてて、困るというのではなく、毅然と、堂々と落ち着いた態度で、
かじったら、その瞬間、低いトーンで「今あなたがしていることはいけない」ということを
明確に示していただくとよろしいでしょう。
叱る言葉は、「ダメ」など、ご家族でお決めいただき、高い声で叱ったり、たくさん言葉をかけたり、
騒いだりして、構ってもらえたと思わせることはしないことが重要です。
また、かじったとき、飼い主様が走り寄って、追いかけっこのようにならないようにしましょう。

ご夫婦がご帰宅なさって、ケージから出した後に、かじることが多いようでございますね。
ポメラニアンちゃんに、るい様のお洋服のボタンなどをかじろうという素振りがみられたら、
るい様は、その場でさっと立ち上がり、去ってしまいます。
ポメラニアンちゃんの遊ぶスペースには、仕切りなどを用いて、口にして困るものは置かない
ようにしていただいた上で、かじったら、パパやママがその場からいなくなる、という経験を繰り返す
中で、かじったら、楽しいことがなくなると教えてあげましょう。
そして、かじっていないときに、楽しく遊んだり、かまってあげたりします。

これをかじったら、いつもパパもママもいけないという、
でも、指示にしたがって、落ち着いていたら、嬉しそうに褒めてくれる、というご夫婦の一貫性の
あるご対応の中で、ワンちゃんは、何がいけなくて、何が良いのかを学習していきます。
根気はいりますが、いつも毅然と落ち着いたパパとママがあなたを守っている、
という姿勢をおみせになりながら、根気強く教えていただければと存じます。
なお、かじってもよりオモチャを大好きなものにするためには、オモチャを用いて、
ご夫婦とポメラニアンちゃんとで、楽しく遊んだという経験をさせてあげるのも
よろしいでしょう。
なお、ポメラニアンちゃんをケージからお出しになられるタイミングは
オスワリ、と指示にしたがったり、落ち着いていたり、
望ましい状態のときに出してあげることはたいへん重要でしょう。

若いポメラニアンちゃんは、エネルギーの発散を、かじって騒ぐことでしているのかも
しれませんね。お仕事でお忙しいかと存じますが、一日に5分でも、お散歩の時間を作って
あげるのもよろしいでしょう。
お仕事がお休みの日には、長めのお散歩にいらっしゃって
なるべく、エネルギーを発散させるように心がけていただくことも効果があるかと存じます。

お留守番のとき、ケージで過ごすことは、もともと穴倉のようなところで暮らしていたと考えられる
ワンちゃんですので、のんびりと過ごしているのかもしれませんね。
ケージの中が心地良い場所だと感じるように
日頃からケージを好きなところだとポメラニアンちゃんが感じさせてあげましょう。
ケージの中にお気に入りのキャリーバッグを入れてみたり、
をご利用なさり、お気に入りのパパやママの香りのするクッションやタオルなどをいれておいては
いかがでしょうか。
お散歩やご飯の後、ケージの中でのんびりと過ごさせてあげてもよろしいでしょう。
「ケージ=置いていかれる」というイメージがあるようでしたら、
ケージの中にいるトイプードルちゃんの隣にケージ越しに座って笑顔を見せてあげたり
ケージのある部屋で読書をなさったりして、ケージがお留守番のときだけの場所でない
と感じさせてあげましょう。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、しつけ相談
サービスを承っておりますので、ぜひご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

新しい年を迎えて、早いもので一ヶ月近くが過ぎましたね。
ご夫婦とポメラニアンちゃんの一年が、笑顔いっぱいでありますよう
心からお祈りいたしております。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願い申しあげます。