教えて!アニコム損保!しつけ・健康相談 皆様のご質問にお答えいたします。

必ずお読みください

回答までに数日いただきますので、緊急を要する場合(誤飲、頻回の下痢・嘔吐、おしっこが出ない等)は、すぐに動物病院を受診してください。
当掲示板での回答は、お申し出内容に基づく一般的な回答となります。

証券番号

  • (記入例:S00123452)

  • ご入力いただいた証券番号は公開されませんが、ご契約のどうぶつ情報をもとに回答いたします。

ニックネーム

タイトル

コメント

  • URLはご入力いただけません。

添付File

暗証キー

  • (英数字で8文字以内)

投稿キー

  • (投稿時 投稿キー を入力してください)

文字色

生後4ヶ月すぎの子犬が急にトイ...

投稿者:まる

投稿日:2020/10/11(Sun) 04:48

No.6645

トイプードル、月齢4ヶ月半、♀
室内でゲージ内で飼育、そこにベッドとトイレを入れ、ゲージから遠くない外の場所にもう一つトイレを置いています。
トイレに成功したり、こちらのタイミングで1日3-4回、1回15分程度ゲージの外の狭い範囲に出して遊ばせています。
生後2ヶ月半で迎え入れ、トイレは家に来た頃で7割、そこから2〜3週間ほどでほぼ完璧になっていましたが、最近ゲージ内のトイレ以外の場所でおしっこをするようになったり、トイレから少しはみ出すようになりました。お留守番のときは失敗せず、失敗するのは決まって私か主人が見ているときです。
社会化のために1ヶ月ほど前から週に1回犬の保育園に通わせていますが、失敗はなく、広いスペースで遊ばせていても自らトイレに向かうそうです。またドッグランに連れて行っても自分からトイレに行っておしっこをしています。

粗相をしたら静かに目も合わせず片付けていますが
なぜこのようになってしまったのか理解ができず、わざとなのかと思う節もあります。どのように対処すれば良いでしょうか。
とくにトイレを失敗したあとにどのような態度で接すれば良いのでしょうか。
成功したときはかなり大げさに褒めています。
なお粗相をするのはいつもおしっこで、ウンチの失敗はありません。
ご回答いただけますと幸いです。

Re: 生後4ヶ月すぎの子犬が急に...

- アニコムカウンセラー

2020/10/15(Thu) 09:42

No.6656

まる 様

一般的にトイレを失敗する理由としては、トイレの汚れ、トイレの場所、注目されるための手段としている等のほか、環境の変化等がきっかけとなることもあります。まる様のワンちゃんは、ご家族様が見ている間だけトイレ以外で排泄するという状況が、「まる様やご家族様から注目してもらうための手段のひとつ」となっている可能性が考えられます。

トイレトレーニングは、現在まる様が実行されているように、「成功したら褒める」「失敗したら、目を合わせることなく声もかけずにサッと片付ける」ことが基本です。

なお、「トイレを失敗したら、飼い主様がそばに来てくれる」などと感じている場合、ケージにトイレシーツを敷き詰めるなど、トイレ以外でおしっこをしても、まる様がすぐに片付けなくてもいい環境を作ることも一つの方法でしょう。
あわせて、飼い主様の注目を集めたくて、あえてトイレを失敗している場合、一緒に遊ぶ時間や、お散歩の時間を長くしたりすることで、改善に向かっていくこともございます。

それでは、今後ともアニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



ワクチン接種

投稿者:アトム

投稿日:2020/10/09(Fri) 15:57

No.6642

 7歳になるノルウエージャン・フォレストキャット(女の子)の相談です。
昨年、フェリバック3(猫ウイルス性鼻気管炎・猫カリシウイルス感染症・猫汎白血球減少症)を接種しました。
その夜に、食欲なく、頻繁に嘔吐しました。今年、ワクチン接種について、獣医に相談したところ、個体によって強く反応がでる事が、そういう個体はワクチン接種しない方がよいと言われました。ワクチンしなくてもいいでしょうか。
接種しない場合、この病気の感染経路や予防法を教えてください。

Re: ワクチン接種

- アニコム獣医師

2020/10/15(Thu) 09:32

No.6655

アトム 様

猫ウイルス性鼻気管炎や猫カリシウイルス感染症の感染経路は、くしゃみや咳からの飛沫感染、触れ合いによる接触感染、人の体や服を介するものがあります。
そのため、敷地内に野良ネコちゃんを入れない、手洗いを徹底する、帰宅後ネコちゃんと触れ合う前に着替える等が望ましいです。

猫汎白血球減少症は、3種の中で最も死亡率が高く、糞便、尿、唾液等からの経口感染と、汚染物を介した間接的な感染で起こります。
この疾患の原因であるパルボウイルスは、抵抗力が強く、環境中で数年生き残り、一般的な消毒液は有効ではないこと等から、ワクチンによる予防が推奨されます。

なお、ワクチンの副作用としては顔面の浮腫、かゆみ、蕁麻疹、嘔吐、下痢などが多く、ごくまれに起こる重症例ではアナフィラキシーショックや死亡例もあります。
副作用が出た場合、接種自体を控えることももちろんありますし、ワクチンのメーカーを変えたり、接種前に抗アレルギー薬を用いることや、事前に抗体価を調べて、ワクチンの接種の是非を判断することもあります。
状況により判断が異なりますので、かかりつけの先生とよくご相談ください。

それでは、今後ともアニコム損保をどうぞよろしくお願いいたします。



B*********

投稿者:MASTER

投稿日:2020/10/01(Thu) 19:09

No.6623

一日に何回か、しゃくりをします!体をビクつかせながら辛そうです。体に問題があるのでしょうか?

Re: B*********

- アニコム獣医師

2020/10/06(Tue) 18:32

No.6635

MASTER 様

横隔膜に刺激が加わるとしゃっくりが起こりますが、一般的に若齢のワンちゃんの場合、以下のような原因が考えられます。
・早食いや1回の食事量が多い
・細菌やウイルス感染による呼吸器疾患
・環境変化によるストレスや、急激な運動等による呼吸器への負担

原因によって治療方法が変わりますので、早期にかかりつけの先生にご相談ください。

最後に、タイトルにご入力いただいた証券番号につきましては、個人情報保護の観点から、弊社にて変更いたしましたこと、何とぞご了承ください。

それでは、今後ともアニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



しゃくり

- MASTER

2020/10/08(Thu) 21:51

No.6641

返信ありがとうございます。早速対処しようと思います。🙇



Re: B*********

- アニコム獣医師

2020/10/13(Tue) 09:17

No.6649

MASER様

この度は、ご丁寧にご返信いただき、誠にありがとうございます。
原因が判明し、少しでも早くワンちゃんの症状が落ち着くことを願っております。
それでは、引き続きアニコムをよろしくお願いいたします。



水を飲まない

投稿者:ちゃららん

投稿日:2020/10/05(Mon) 12:52

No.6631

猫 ミックス 9才
先月辺りから 急にお水を飲まなくなりました
飲まなくなったと言うよりは、飲みたくても 飲んでない。という感じです。
鼻先までは水面ギリギリまでいくのですが
なぜか飲みません。
急に飲まなくなる理由は何かありますか?
水を飲ませる方法はありますか?
今は 少量のカリカリにささ身の茹で汁を15ml程かけて その汁を飲んでる状態です
病院では 検査をして結果待ちです

Re: 水を飲まない

- アニコム獣医師

2020/10/09(Fri) 16:24

No.6643

ちゃららん 様

水を飲まなくなる原因として、気温低下、食事からの水分摂取の増加、水の匂いや温度・食器や水飲み場の位置が好みではない等が考えられます。
また、口内炎や歯周病等で口の中に痛みがある等、体調不良が関連している場合もあります。

摂取水分量を増やす工夫としては、ぬるま湯や流水・浄水器を用いる、器を変える、水飲み場を増やす、フードをふやかす・ウェットフードを与える等、食事から水分を摂取する等が挙げられます。
病的な原因の可能性も考えられますので、検査の結果を元に、かかりつけの先生とよくご相談いただければと思います。

それでは、今後ともアニコムをよろしくお願いいたします。



お座りの仕方について

投稿者:チロママ

投稿日:2020/10/04(Sun) 20:58

No.6630

三ヶ月のマルチーズとチワワのMIX犬なのですが、二ヶ月の頃から家に迎えてお座りができます。

今頃になって、なんですけどお座りの仕方が後ろ足が気になりこの座り方でも大丈夫でしょうか?

もしかして股関節などに問題があってこのような座り方なのかと、急に心配になりました。

写真を見ていただいて、もしだめなら病院に連れて行こうかと思います。

Re: お座りの仕方について

- アニコム獣医師

2020/10/08(Thu) 09:22

No.6640

チロママ 様

はじめに、本掲示板ではお写真が拝見できないため、投稿内容を元に回答いたしますことをご了承ください。

子犬ちゃんは筋肉や関節が未熟なため、横座りや足を投げ出すような座り方をすることもありますが、股関節や膝等の関節に痛みや違和感がある場合も考えられます。
関節に違和感がある場合には、歩行の異常(お尻を振ったりガニ股で歩く等)がみられることが多いですが、念のためお早めに動物病院で診ていただくことをおすすめします。

それでは、今後ともアニコム損保をどうぞよろしくお願いいたします。