教えて!アニコム損保!しつけ・健康相談 皆様のご質問にお答えいたします。

ご注意

緊急を要する健康相談の場合は、すぐに動物病院を受診してください。
直接どうぶつさんのご様子を拝見しておりませんので、一般的なご案内となりますこと、また、投稿フォームにはURLを入力できない設定となっておりますことをご了承ください。

証券番号

  • (記入例:S00123452)

  • ご入力いただいた証券番号は公開されません。

ニックネーム

タイトル

コメント

  • URLはご入力いただけません。

添付File

暗証キー

  • (英数字で8文字以内)

投稿キー

  • (投稿時 投稿キー を入力してください)

文字色

おしっこの粗相について

投稿者:セル

投稿日:2013/08/04(Sun) 11:08

No.2204

お世話になっております。間もなく12歳のヨーキー。1ヶ月前から信州の別荘に滞在しているのですが、来荘後から室内のあちこちでおしっこの粗相をして困っています。これまでは自宅でも別荘でも室内のトイレでキチンと用を足しており粗相をすることなど皆無だったのですが。認知症の始まりなのか、環境変化によるものなのかあるいは嫌がらせなのか、原因はそのようなことにあるか、また今後どのような対策をとればよいかご助言いただければ幸甚です。たったこれだけのコメントでご判断は難しいと思いますが、よろしくお願いいたします。

Re: おしっこの粗相について

- アニコムカウンセラー 児玉

2013/08/05(Mon) 18:00

No.2207

セル 様

木陰を吹く涼しい風がうれしいこの頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。
この度はご相談をいただきまして誠にありがとうございます。

セル様のワンちゃんが、トイレ以外の場所で排泄をするようになったとのことでございますね。
早速、ご案内いたしますが、ワンちゃんの詳しいご様子が分りかねますため、
一般的なご案内となりますことを、あらかじめご了承下さい。

まずは、ワンちゃんが今までしていたトイレではなく、別なところでするようになった場合に、
考えられる原因の例をいくつか挙げさせていただきます。

1.今までのトイレに対して嫌なイメージができてしまった
例えば、「トイレシートが濡れていて足元が気持ち悪かった。」という経験や、
「トイレでオシッコをしようとしたら大きな音がして怖い思いをした。」など、
トイレに対して嫌悪感や恐怖感を持つ経験をすると、
以前と違うところでするようになることがあります。

2.環境の変化があった
ワンちゃんは環境の変化に敏感などうぶつさんなので、何らかの環境の変化により、
今まで排泄していた場所などが分からなくなることがあります。
「ケージ内のトイレの場所の移動」や「お部屋全体の模様変え」などの
環境の変化などばかりではなく、「ご家族内の生活習慣の変化」などの場合でも
分からなくなることがあります。

3.粗相を見つけた時の周囲の反応
粗相を飼い主様に叱られたことで、排泄行為そのものがいけないと思い、
隠れたところで排泄をするようになってしまうことがあります。
また、粗相を見つけた飼い主様が「あらーっ」と声を上げた様子を
「注目を浴びたこと」「ご褒美」だと思った経験があり、トイレではない所ですることが
ご家族の注目を浴びることの一つの手段となっていることもあります。
中には、粗相をしたときに、叱ろうとしたことを、ワンちゃんによっては
「騒いでくれてうれしい」と思うこともあります。

4.トイレシートと似た感触のものがある
キッチンマットなど、トイレシートと似た感触のものがあり、
どこでオシッコをしていいのかが分からず、区別がつかなくなることがあります。

上記のように、さまざまな原因が考えられますが、セル様のワンちゃんはいかがでしょうか。
もし、お心当たりがあれば、可能な限り、原因と思われる事を取り除いてあげると良いでしょう。

ワンちゃんは環境の変化などに対して繊細ですので、どこがトイレなのかわからなくなることは
比較的よくありますが、その度、どこで排泄すれば良いのかを、
トイレトレーニングのやり直しとお考えいただき、根気強く教えてあげましょう。

その他にも、ワンちゃん自身の体調に変化や不安があり、
安心して排泄ができる場所が変わった可能性もあります。

認知症(痴呆症)の症状としてトイレが認知できず、粗相をすることもございますが、
若い頃に比べて、膀胱括約筋がゆるみやすくなることにより、
トイレまで我慢できなくなったということも考えられます。
この場合であれば、トイレの数を増やしてあげると改善する可能性があります。
また、膀胱炎などの泌尿器の病気や内分泌関連の病気が原因で、
排泄のリズムが変わったり、オシッコを我慢できなくなったりして、
トイレでの排泄が上手くいかなくなる場合もございます。
「飲水量がこのところ増えた」、「オシッコの量が増えた」、
「オシッコをする仕草が変わった」、など、いつもと変わった点がございましたら、
一度、動物病院さんで診ていただくと、安心かと存じます。

いずれの場合でも大切なことは、上手くいかなくても叱ったり、騒いだりせず、
成功しやすい状況を整えて、偶然でも、できたら褒めることです。
そろそろ「オシッコをするかな」というタイミングでトイレへ誘導して
「トイレはここよ」などと声をかけていただき、上手くいったときには明るく、
ワンちゃんが嬉しくなってしまうような声で褒めてあげると良いでしょう。

セル様のワンちゃんは、現在12歳とのことでございますので、
行動や体調に、いつもと違うな、と思われるようなことがございましたら、
かかりつけの動物病院さんにご相談いただきながら、様子を見ていきましょう。

アニコムでは下記の受付時間で、お電話でも健康相談、
しつけ相談サービスを平日の予約制にてうけたまわっておりますので、
気がかりなことがございましたら、お気軽にご利用ください。

●あんしんサービスセンター
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)
平日9:30〜17:30 / 土日祝9:30〜15:30 (年末年始を除く)
※土日祝は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

今までできていたことができなくなると、多くの飼い主様が不安な気持ちになりますが、
不安感や緊張感はワンちゃんにも伝わりやすく、かえってうまくいかなくなることもありますので、
お互いにリラックスできる環境を作っていくことも大切かと存じます。

末筆ではございますが、別荘での滞在が、素敵な日々となりますよう、
心よりお祈り申し上げております。



サークルが変わってからおしっこ...

投稿者:ピュア

投稿日:2013/08/01(Thu) 16:03

No.2202

ペットサークルを横に長いのに変えたのですが、その後サークル内のおしっこシートでおしっこをしてくれません。 おしっこシートの位置が今まで右側だったのが、今左側に変わりました。もう1ヶ月たつのですが だめです。  何かいいアドバイスをお願いします。  トイプードル 3才 女の子です。

Re: サークルが変わってからおし...

- アニコムカウンセラー 澤口

2013/08/05(Mon) 14:59

No.2206

ピュア 様

真夏の日差しがぎらぎらと照りつける日が続いておりますが、
ピュア様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
この度は、ご相談をいただきまして、誠にありがとうございます。

サークルを変え、3歳のトイプードルちゃんがサークル内のオシッコシートで
オシッコをしてくれないとのことでございますね。

早速、以下にご案内させていただきますが、
一般的なご案内となりますことをあらかじめご了承ください。

ワンちゃんは匂い、位置関係、足裏の肉球でのオシッコシートの感触など、
いくつかの要素でトイレの位置を覚えていきますが、
ワンちゃんは環境の変化に敏感ですので、サークルを変えた時なども
少なからず戸惑いを感じ、行動などに変化が見られることが多くございます。
また、もともとワンちゃんには、自分の居住空間(特に寝場所や食事場所)以外のところで
排泄をする習性があるといわれております。
これは、自分を含め、群れの仲間を外敵から守り、自分の居住空間を汚さないように
するためではないかと考えられておりますが、成長や環境の変化などが影響して、
自分の生活スペースの外でしか排泄をしなくなることも大変よく見られます。

さて、現在、トイプードルちゃんはどの場所で、オシッコをしていらっしゃるのでしょうか。
もし、トイプードルちゃんが、サークルに入るのを躊躇しているようであれば、
サークル内のトイレに加えて、サークル以外にももう一か所、
トイレをご用意いただくのもよろしいかもしれません。
また、可能であれば、一度オシッコシートの位置を右側に戻していただき、
トイプードルちゃんが戸惑わないように、1日数センチずつ移動させていき、
最終的に左側にしていただいてはいかがでしょうか。

ワンちゃんのトイレに関して、その習慣を変えることは、生理現象でもありますし、
根気を要するかもしれませんが、「新しいサークル内のシートで、オシッコをしても大丈夫」
ということを教えてあげましょう。
ワンちゃんにトイレの場所を教えていただくポイントは、
偶然でもトイレでの排泄を成功させて、たくさん褒めてあげることです。

「いつもなら、このタイミングでオシッコに行く」というタイミングで、
「トイレ」などと決まった言葉で声掛けしながら、トイレに誘導してあげましょう。
この掛け声を聞くと、オシッコやウンチをトイプードルちゃんが連想するように、
お散歩中にオシッコやウンチをする時も、「トイレ」などと同じ掛け声をかけて
おくとよろしいでしょう。
偶然でも上手くいく時が必ずございますので、焦らずゆったりとしたトイレタイムを作り、
トイプードルちゃんに成功体験をさせてあげましょう。

いずれにしても、サークルの中が落ち着いて、のんびりと過ごしたくなる場所に
することが大切かと存じます。
サークルの中に入ると、好きなオモチャを与えてもらえる、優しく声をかけてもらえるなど
工夫をしていただき、サークルの中での時間が少しでもくつろげる
場所にしていただくことも重要でしょう。

また、ワンちゃんは感情を把握する能力のたいへん高いどうぶつです。
「いつするのだろう」と息を詰めて見ていると、緊張感がワンちゃんに伝わってしまい、
かえって上手くいかなくなることも見られますので、大変ではございますが、
じっくりと見守っていただくことも大切かと存じます。
なお、粗相があっても、叱ったり、騒いだりしないようにしましょう。
叱ってしまうことで、排泄行為を悪いことだと思い、隠れて排泄をするようになることも
見られます。あるいは「アッ」と声をあげたり、騒いだりする飼い主様の反応を
「注目を浴びたこと」=「ご褒美」だと思ってしまうこともあります。

ワンちゃんが環境に慣れるまでは時間を要することがありますが、
落ち着いた毎日を繰り返していく中で、ワンちゃんは安心感を抱きます。
のんびりと、トイプードルちゃんの様子を見守っていただき、根気強く、
リラックスしてオシッコができる雰囲気を作っていただければと思います。

アニコムでは下記の受付時間で、お電話でも健康相談、
しつけ相談サービスを平日の予約制にてうけたまわっておりますので、
気がかりなことがございましたら、お気軽にご利用ください。

●あんしんサービスセンター
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)
平日9:30〜17:30 / 土日祝9:30〜15:30 (年末年始を除く)
※土日祝は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

それでは、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。



先住犬と後輩犬の関係

投稿者:のんくん

投稿日:2013/07/31(Wed) 19:38

No.2201

先輩犬(ラサアプソ雌1歳半)後輩犬(ラサアプソ雄8ヶ月)
先輩犬が後輩に対して威嚇します。
迎え入れて1週間、今まで滅多に吠えることが無かった先輩犬が威嚇と共に狂ったように吠えます。
相性が悪いのでしょうか。後輩犬はマウントをするようになり、先輩犬に飛びついてじゃれています。
先輩犬は接触されるのが嫌らしく、吠えて飛びかかっていきます。
繁殖も考えているので、去勢は行っていません。
良いアドバイスをお願いします

Re: 先住犬と後輩犬の関係

- アニコムカウンセラー 能登

2013/08/02(Fri) 12:02

No.2203

のんくん 様

夏の日差しを避け思わず木陰をさがしてしまうこの頃ですが、
のんくん様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

この度はご相談をいただきまして誠にありがとうございます。
2頭目のラサアプソちゃんをお迎えになられ、先住のワンちゃんとの相性を
ご心配なさっていらっしゃるとのことでございますね。
早速ご案内に入らせていただきたく存じますが、実際のワンちゃんたちのご様子を
拝見しておりませんので、一般的なご案内となりますことを何とぞご了承ください。

さて、ご家庭に新しくワンちゃんをお迎えになられると、先住のワンちゃんは
自分の縄張りやご家族の愛情を取られるのではいかと不安になるのが一般的です。
また、ラサアプソちゃんは、一般的に飼い主様への愛情が深く、
外部への警戒心が強いワンちゃんといわれておりますので、
新たな家族の登場に、まだ戸惑っているのかもしれません。

まずは、先住のワンちゃんに「大丈夫なんだ」、「何も変わらないんだ」と安心させて、
新しくお迎えのワンちゃんを受け入れる心の余裕を作ってあげるのが
よろしいかと存じます。

以下、多頭飼いをなさるときのポイントをいくつかご案内させていただきますので、
ご参考にしていただけますと幸いでございます。

1.飼い主様の確かな愛情を先住のワンちゃんに確信させる
のんくん様が先住のワンちゃんと一対一で過ごす時間をお作りいただき、
のんくん様の愛情は今までと何ら変わらないことをしっかりと伝えてあげましょう。

2. 先住のワンちゃんを優先する
先住のワンちゃんを優先することは、先住のワンちゃんを群れの上位の位置に落ち着かせることに
つながり、先住のワンちゃんが自分の地位や飼い主様からの愛情を確信することは、
新しいワンちゃんを受け入れる心の余裕を作ることに通じます。
ワンちゃんを呼ぶとき、食事をあげるとき、視線を向けるときなど、
すべて先住のワンちゃんを優先するようにしましょう。

3. 順位付けの行為を理解する
マウンティング行動につきましては、自分が上位であることを主張したり、
あるいは上下関係が明確でないため、「はっきりしよう」という行動でもあります。
下位の子が上位の子にマウンティングをしたら、低くて怖い声で
ご家族で決めたことばで、「いけない」などと叱り、やめたら褒めましょう。

また、ワンちゃんたちはじゃれあうことを通して、お互いの順位を決定しようとすることがあります。
ワンちゃんたちの世界のことですので、もちろん、一緒にいるときは、
必ずご家族の目が届くようにしていただければと存じますが、新しいワンちゃんが
先住のワンちゃんに教わることも多く、ある程度のじゃれあいを通して、
先住のワンちゃんが自分を優位な立場であることを、新しいワンちゃんに伝えることも重要です。
このようなことを通して、関係や群れ全体が安定していくことが一般的ですので、
先住のワンちゃんが正当な主張をしているときには叱らないようにしていただき、
ワンちゃんたちの順位を正しく扱うようにしましょう。

4.先住のワンちゃんの縄張りを確保する
元気の有り余っている幼犬ちゃんから離れ、先住のワンちゃんが少しゆっくりしたいと思うときに、
逃げられる場所を用意してあげましょう。また、今まで先住のワンちゃんが自分の場所として
くつろいできた場所は、なるべくそのまま先住のワンちゃんに利用させてあげましょう。

5.新しいワンちゃんと一緒にいると楽しいと思わせる
先住のワンちゃんが好きな遊びなど、新しいワンちゃんがいるときに行っていただきます。
新しいワンちゃんがいると何か良いことがあると関連づけられていくと、
新しいワンちゃんの存在を好意的に認識するようになります。
初めは、新しく迎えたワンちゃんがケージで過ごしているときなど、
その傍らで、先住のワンちゃんとスキンシップをとっていただき、
新しいワンちゃんを少しずつケージから出してあげるようにします。
最初は5分、10 分、次は 20 分、 30 分と短い時間から少しずつ
延ばしていきながら、慣らしていきましょう。

6.リーダーは飼い主様だということを示す
のんくん様が、ワンちゃんたちに対してきちんとリーダーシップを取ることが、
群れの安定のために重要になります。例えば、「オスワリ」という指示を使うなどなさって、
指示に従えたときには沢山褒めてあげ、飼い主様の指示にしたがうと
良いことがあるという流れを作るなど、しっかりと飼い主様の存在をワンちゃんたちに
見せるようにしましょう。

時間をかけ、少しずつ馴染ませていくことで、
群れが落ち着き、いつの間にか2頭のワンちゃんたちが並んだ愛らしい寝顔に
安らぎをお感じになられる日がくるかと存じます。
ご心配に思われることもお有りかとは存じますが、
ゆっくりと見守ってあげてください。

また、アニコムでは下記の受付時間で、お電話でも健康相談、
しつけ相談サービスを平日の予約制にてうけたまわっておりますので、
気がかりなことがございましたら、お気軽にご利用ください。

●あんしんサービスセンター
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)
平日9:30〜17:30 / 土日祝9:30〜15:30 (年末年始を除く)
※土日祝は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

それでは、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。



威嚇

投稿者:チョコラ

投稿日:2013/07/30(Tue) 18:04

No.2199

寝ている人間を起こそうとすると威嚇します。特に主人が寝そべっているときにそばに近寄ると威嚇しつま先を噛みます。所有制の威嚇だと思うのですが、主人のことが1番好きなようです。普段世話をするのは私です。寝ている家族を起こそうと部屋に行くとダッシュで追いかけてきてベッドに飛び乗り私を威嚇します。手を出すとかまれそうです。外で他人を噛んだことはありません。それ以外は比較的おとなしい犬だと思います。今は雷 花火 太鼓 上階の物音に敏感でジルケーンを2ヶ月服用してますが改善してません。かかりつけの獣医には薬の服用はいらないといわれました。威嚇しているときは守ろうとしている人にダメ!!と言わせ口を押さえてもらいます。良いアドバイスをお願いします。

Re: 威嚇

- アニコムカウンセラー 児玉

2013/07/31(Wed) 14:27

No.2200

チョコラ 様

ひまわりが日に日に背を伸ばすこの頃、チョコラ様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
この度は、ご相談をいただきまして、誠にありがとうございます。

ご主人様を起こそうとしたときに、普段は大人しいワンちゃんが、
チョコラ様に対し、威嚇するとのことでございますね。

早速、以下にご案内させていただきますが、
一般的なご案内となりますことをあらかじめご了承ください。

お知らせいただきました情報より、チョコラ様の考えられているとおり、
ワンちゃんの所有欲からの行動であることが考えられますが、
この攻撃行動は、いつ頃から始まったものなのでしょうか。

以前から継続されている場合は、その行動を繰り返しているうちに、
ワンちゃんの中で習慣化され、強固なものになっている可能性がございます。
もし、最近になって、始まったものであれば、そのきっかけとなった
要因を紐解くことで、解決策が見いだせる場合がございます。

ワンちゃんは、自分がした行為の前後に何があったか、という経験をもとに
行動を選択していきますので、過去に、威嚇したら、「相手が引いてくれた」
「他の家族が構ってくれた」「自分に注目してくれた」など、ワンちゃんにとっての
メリットが生じた経験がある場合、その方法にかなり執着することがございます。

また、ワンちゃんはその場の雰囲気を察知する能力が高いどうぶつであるため、
噛まれた時の痛さや「なぜだろう」「怖いな」というチョコラ様の気持ちを
ワンちゃんが敏感に察して、自分の優位性を感じているのかもしれません。

チョコラ様に対し、ワンちゃんが何か要求して威嚇しているような状況であれば、
「威嚇しても思うようにならない」ということを、毅然とした態度で、落ち着いて、
根気強く教え続けていただく必要がございます。

そのため、ワンちゃんが理解できるまでは、少し大変かとは存じますが、
例えば、噛まれてもケガをされないように軍手をしたり、
スリッパを履くなどの対策をしていただいたうえで、いつも通り、ご主人様を起こしていただき、
その際にワンちゃんが噛んできても、反応せずに、やるべきことをやり続けることで、
「威嚇しても思うようにならない」とワンちゃんに思わせていきましょう。

叱るときに口を押さえることで、「これはいけないことだ」と理解できるワンちゃんもいますが、
かえって、興奮させてしまうこともありますので、十分な注意が必要です。
そして、無視をしている途中や叱った時に、唸るのを躊躇したり、噛むのをやめたら、
すかさず、「お利口ね」と褒めてあげましょう。

他にも、ワンちゃんの所有欲からくる攻撃行動は、「自分のものは自分が守らなくちゃいけない」、
「これを取り上げられると、楽しい時間が終わっちゃう(もしくは、嫌なことが起こる)」など、
何かしらの不安が関係していると考えられます。

ワンちゃんが感じる不安を減らし、飼い主様が頼りになる存在であることを示すためには、
飼い主様の力強さや安定した対応をワンちゃんに見せることが必要です。
どのようなときも、ご家族様は変わらず、自分を守り続けてくれるということを教えてあげましょう。
“威嚇する”という行動に対して、動揺した素振りを見せず、
平然と、いつもと同じ行動をし続けることが大切でございます。

好ましくない行動をワンちゃんに続けさせてしまうことで、その行動が経験となり、
より執着心が強くなる可能性もございますため、もし、可能であれば、
チョコラ様がご家族様を起こしに行く間は、サークルやケージの中に入れてあげて、
大人しく待っていられたら、ご褒美をあげるなどの対策も良いかと存じます。

<物音に敏感なワンちゃんへの対応>
多くのワンちゃんが雷や花火などの音を怖がりますが、
自然の猛威から自分の身を守るためには当然ともいえるかもしれません。
天候が不安定な日や花火の日はカーテンをひいて、テレビやラジオをつけたり、
音楽を流すなど、ワンちゃんの居場所からは突然の天候の変化を
極力感じないで済むようにすることで、大きな音への恐怖を最小限に留めるようにしましょう。

また、これらの音に恐怖や不安を感じているうちに、ある特定の音だけではなく、
ちょっとした物音に対しても敏感になっていく傾向もみられます。

ワンちゃんが怖がっている様子を見たとき、どうしても、ご家族様はなだめたり、
驚いたりしがちですが、かえって、ワンちゃんの不安や恐怖を強めてしまうことがございます。
「大丈夫?」などとワンちゃんの様子をうかがったり、なだめたりせず、
ご家族様が、平然と笑顔を見せてリラックスしていることが、
ワンちゃんを落ち着かせることになります。

なお、ワンちゃんは元来、穴倉のような、自分から外は見渡せるけど、
外からは自分の身を隠せるような狭い場所を好むため、
クレートやドーム型のベッドなどを好むワンちゃんが多くいます。

そのため、ケージの半分くらいをタオルケットやダンボールのようなもので覆うなど、
怖い思いをしたときにも、逃げ込める場所=安心できる場所を
生活スペースの中に用意してあげるのも良いでしょう。

チョコラ様におかれましては、季節柄、雷や花火、太鼓の音が聞こえる機会が多いために、
ご心配されていることかと存じますが、飼い主様の不安はワンちゃんにも伝わりますので、
不安な日こそ、一緒に楽しく遊んでいただくのも良いかと思います。

アニコムでは下記の受付時間で、お電話でも健康相談、
しつけ相談サービスを平日の予約制にてうけたまわっておりますので、
気がかりなことがございましたら、お気軽にご利用ください。

●あんしんサービスセンター
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)
平日9:30〜17:30 / 土日祝9:30〜15:30 (年末年始を除く)
※土日祝は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

それでは、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。



犬の様子が変・・・。

投稿者:あっこ

投稿日:2013/07/26(Fri) 20:58

No.2194

2歳になったばかりのメスのミニチュアダックスです。昼間は共働きのため、ゲージの中でお留守番。2カ月の時にうちに来たときからずっと変わらずです。いつもなら玄関を開けると早く出してと言わんばかりの勢いなのに、昨日帰宅したときから様子がおかしいのです。大好きなぬいぐるみをずっとカミカミしてソファの隅のほうで静かにしています。食欲は旺盛ではありませんが、普段通りです。ふだんと変わったことがあったわけでもなく、とても心配です。どうしたらいいのでしょうか?

Re: 犬の様子が変・・・。

- 獣医師 酒井

2013/07/30(Tue) 13:05

No.2198

あっこ様

すっかり夏らしい日が続いておりますが、あっこ様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか?
この度はご相談をいただきまして誠にありがとうございます。
早速ご案内をさせていただきますが、実際のご様子等を拝見していませんので
一般的なご案内となりますことを何卒ご了承くださいませ。

あっこ様の2才になったばかりの女の子のミニチュアダックスちゃんが、いつもならあっこ様が
ご帰宅されると、「ケージから早く出して」と言わんばかりの勢いなのに、昨日より様子が異なり
大好きなぬいぐるみをソファの隅の方でカミカミしながら静かにしているとのことですね。
食欲は普段通りということですし、他に変わったことがあったわけではないとのことですので、
排便や排尿の様子もいつも通りということかと存じます。
また2ヶ月の時にお家に迎えて以来、日中はケージでお留守番ということで
環境にも大きな変化はなさそうですね。

通常2才のワンちゃんであれば人の年齢に換算しますと、24才くらいとなり、
やんちゃで遊びが大好きな時期から、少し落ち着いてくる時期ではあります。
また、あっこ様のミニチュアダックスちゃんは避妊手術はされていらっしゃいますでしょうか?
もし避妊手術をされていないようでしたら、発情出血後に起こる、偽妊娠の症状が、
ちょうど今回のような症状を示すことがあります。
ワンちゃん達は特有の性周期をもっていて、発情後に黄体期という時期が
2ヶ月前後と比較的長く続きます。
黄体ホルモンが多く分泌されている時期で、ワンちゃんの体も行動も妊娠をしていないのに、
まるで妊娠しているかのようになることがあります。
これを偽妊娠と言いますが、この時期、体の変化としては個体差はありますが乳腺が発達して、
乳汁が出ることもありますし、行動としてはひっそりと静かな場所を選んで、
お気に入りのおもちゃを放さず引きこもる、巣作り行動をはじめる、などが挙げられます。
もし偽妊娠であった場合には、病気ではありませんので通常は、静かに見守ってあげるだけで、
落ち着いてきますが、食欲が落ちてしまう、乳腺が一部熱を持ったり、しこりがあるような感じがしたり、
褐色の乳汁が出るなどの症状がありましたら、乳腺炎などになっていることもありますので、
なるべくお早めにかかりつけの先生にご相談下さい。

また、避妊手術はすでにされているにも関わらず、症状が続くようでしたら、
お留守番の時間帯なども含めてお家の内外の物音、におい、室温、明るさ等
何らかの変化がなかったか、お散歩時の出来事で変わったことはなかったか、
行動の変化に何らかのきっかけがなかったのか、再度チェックをしていただき、
それでも何も思い当たる事がない場合は、食欲、元気、お散歩時の様子、
遊びに誘ったときの反応などをよく観察していただき、
安心のためにも一度かかりつけの先生に健康チェックをしていただきましょう。

何らかの環境要因での変化でしたら、あっこ様がいつも通り落ち着いて接してあげることにより
元のミニチュアダックスちゃんに少しずつ戻ってくるでしょう。
あまり心配そうな様子は見せず、いつも通り接してあげながら不安に感じる要素がないかどうか
よく観察してあげましょう。

季節柄、あっこ様もお身体を大切に、引き続きミニチュアダックスちゃんを見守ってあげてください。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、
しつけ相談サービスを承っております。
気がかりなことがございましたら、お気軽にご利用ください。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。


今後ともアニコムをどうぞよろしくお願い申し上げます。