教えて!アニコム損保!しつけ・健康相談 皆様のご質問にお答えいたします。

必ずお読みください

回答までに数日いただきますので、緊急を要する場合(誤飲、頻回の下痢・嘔吐、おしっこが出ない等)は、すぐに動物病院を受診してください。
当掲示板での回答は、お申し出内容に基づく一般的な回答となります。

証券番号

  • (記入例:S00123452)

  • ご入力いただいた証券番号は公開されませんが、ご契約のどうぶつ情報をもとに回答いたします。

ニックネーム

タイトル

コメント

  • URLはご入力いただけません。

添付File

暗証キー

  • (英数字で8文字以内)

投稿キー

  • (投稿時 投稿キー を入力してください)

文字色

涙について

投稿者:アン父

投稿日:2018/08/06(Mon) 17:49

No.5406

生後約60日のトリプードルです。家族に迎えた時から、安静時はそれほどではないですが、ご飯食べたり、遊んでいる時は涙が大量に出ます。涙が出で目の下の毛がびしょびしょになります。ティシュで、拭き取る対応をしてます。対応方法を教えてください。また、自宅にきたときから人が手を出すと下がるかハウスの中では隅っこにさがってしまいます。こちらについても対応方法を教えてください。

Re: 涙について

- 獣医師 柳原

2018/08/08(Wed) 16:47

No.5408

アン父 様

この度は、ご相談いただき、誠にありがとうございます。

【涙について】
まず、涙が大量に出る原因としては、大きく分けて下記2つの機序が考えられます。
1.涙が過剰に分泌されている
2.涙の排出が障害されている

それぞれについて、以下にご案内いたします。

1.涙が過剰に分泌されている場合
結膜炎、角膜炎、角膜潰瘍などの眼疾患に伴って、涙が多く分泌されることがあります。原因としては、細菌やウイルス感染、アレルギー、眼の中の異物、眼の表面の傷などがあげられます。涙が多くなる以外に、「眼が赤くなる」「目やにが出る」「眼をこする」「眼がしょぼつく」といった症状が見られることもあり、原因に応じた適切な治療を行うことが必要です。
「異所性睫毛(本来生えてこない場所に睫毛(まつげ)が生えていること)」や「睫毛乱生(逆さまつげ)」などの場合も、睫毛が常に目を刺激してしまうため、涙が多い状態になります。軽度の場合は、定期的にどうぶつ病院で原因となる睫毛を抜くことで、症状が改善することもあります。
また、眼瞼内反(瞼が眼の内側に入り込んでいる)など、瞼の構造異常が原因となっていることもあり、状況によっては外科的な整復が必要になります。
その他、眼の周りの被毛が眼の中に入り、それが刺激となって涙が多く出ている場合もありますが、その場合は、眼の周りの毛を短くカットすることで症状が改善します。

2.涙の排出が障害されている場合
涙は、結膜や角膜をうるおし、目頭にある涙点で吸収され、鼻涙管を通って鼻の中に抜けます。トイプードルちゃんは、「流涙症」という病気が多い犬種として知られていますが、この鼻涙管が何らかの原因で閉塞してしまうと、涙が鼻に抜けず、眼からあふれて「流涙症」となります。先天的に鼻涙管の入り口となる涙点が欠損していたり、鼻涙管が狭窄している場合や、後天的に炎症、異物、外傷などが原因で涙点が閉鎖したり、鼻涙管が閉塞してしまう場合に起こります。
鼻涙管が閉塞しているかどうかはどうぶつ病院で検査できます。
閉塞の原因となる疾患がある場合は、その治療を行うことで再び鼻涙管が開通し、流涙症が改善することがあります。特に原因となる疾患がない場合や、治療の反応が悪い場合には、閉塞している鼻涙管を開通させるための処置(鼻涙管洗浄)を行うことで、開通することもあります。しかし、一般的には全身麻酔が必要であり、また、鼻涙管洗浄を行っても開通しない可能性もありますので、リスクと効果についてよく検討してから行う必要があります。
このように、原因に即した治療と対処を行うと、涙が大量に出る状態が改善する可能性があります。一度、かかりつけの先生に眼の状態を確認していただき、原因や治療についてご相談されるとよろしいかと存じます。
また、涙で眼の下の被毛が常に濡れた状態になると、その下の皮膚が炎症により赤くただれてしまうことがあります。そのため、ご自宅での対応方法については、アン父様がトイプードルちゃんにされていらっしゃいますように、「こまめに拭くこと」、「清潔に保つこと」が最も大切です。今後も眼の周りを濡らしたコットンなどでやさしく拭いて清潔にし、しっかり乾かしてあげましょう。

【ヒトが手を出すと後ろへ下がることについて】
ヒトの手がトイプードルちゃんにとって「良いもの」であることが、まだ分からないのかもしれませんので、お世話や遊びを通じて、無理強いせずに、少しずつ教えてあげられると良いでしょう。

急に体を触られたりすることを苦手とするワンちゃんは多いため、体を触る前に声をかけたり、ヒトの手の匂いをかがせてから行動されるとよいでしょう。
また、飼い主様の緊張を感じ取っているケースもありますので、触れるときには、アン父様もリラックスした雰囲気で、比較的ワンちゃんが触られることを好む場所(首元〜胸あたりなど)を優しく撫でてあげてください。

一方で、急にトイプードルちゃんの頭を上から撫でようとしたり、おもちゃを何の前触れもなく取り上げるなど、ヒトの手に対してマイナスなイメージがつきそうな行動には気をつけていただければと存じます。

それでは、今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



食糞

投稿者:

投稿日:2018/08/06(Mon) 12:12

No.5403

食糞します。ハッキリ言って治りますか?躾けて治るもんですか?躾け、治る方法を、教えて下さい。宜しく御願い致します。

Re: 食糞

- アニコムカウンセラー 澁谷

2018/08/08(Wed) 16:19

No.5407

龍 様

この度は、ご相談いただきまして、誠にありがとうございます。
また、ご質問の内容から、ワンちゃんと仮定して、回答いたしますことご了承ください。

食糞は、ワンちゃんの世界では、それほど珍しいことではなく、成長に従って徐々に食べなくなることが多いです。

食糞の原因は様々ございますが、体調やウンチの状態、食事量も問題ない場合には、食糞することが、龍様の注目を集めるための手段になっていたり、暇つぶしや遊びの一つになっているのかもしれません。

ウンチを食べている最中や食べた後に、飼い主様が騒いだり、怒ったりすると、ワンちゃんは「食糞=飼い主様がかまってくれる」と勘違いして食糞を繰り返すようになることがありますので、食べる前に騒がずにさっと片づけるようにしましょう。
また、ワンちゃんの気持ちをウンチからそらすため、ウンチを食べようとしたときには、少し離れたところから呼んだり、ボールを転がして気をそらして、「オスワリ」などの指示をして落ち着かせます。そこで、ウンチを食べないことを選択できたときは褒めてあげましょう。

以下のURLにて、「食糞」に関する内容を記載しておりますので、よろしければご参考にしてください。

●うちの子がウンチを食べる(食糞)
https://www.anicom-page.com/all_education_details?type=11&id=45

●【みんなどうやって解決してる?】食糞対策の3つのワザ
https://mag.anicom-sompo.co.jp/3100

それでは、今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



サファイアブルーハムスター

投稿者:ナッツ

投稿日:2018/08/02(Thu) 22:01

No.5401

頭頂部と耳の後、首裏、背中にかけて、脱毛がありました。

なにかの病気でしょうか?


Re: サファイアブルーハムスター

- 獣医師 林

2018/08/06(Mon) 17:39

No.5405

ナッツ 様

この度は、ご相談をいただきまして、誠にありがとうございます。

はじめに、当掲示板では添付いただいた画像などを拝見することができかねますため、
投稿の内容をもとに回答いたしますこと、何とぞご了承ください。

脱毛は、慢性的な外的刺激による接触性の脱毛や、ストレスによっておきる脱毛のほか、
ナッツ様がおっしゃるように病気に起因する脱毛もあります。

脱毛部位が全て背側にあることから、接触性も考えられますが、まずは原因を確認するために、
病院での詳しい検査をおすすめします。

それでは、今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



嬉ションが治らない

投稿者:

投稿日:2018/08/02(Thu) 15:46

No.5400

トイレで排尿も排便もキチンとしますが、ゲージから出る時に必ず嬉ションをします。ダメと叱っても何度も繰り返して治りません。どの様にすれば治りますか?

Re: 嬉ションが治らない

- アニコムカウンセラー 澁谷

2018/08/06(Mon) 17:35

No.5404

龍 様

この度は、ご相談いただきまして、誠にありがとうございます。
また、ご質問の内容から、ワンちゃんと仮定して回答いたしますことご了承ください。

さて、「うれしょん」は嬉しさや楽しさ、喜びのあまり興奮状態になり、意志に関係なく失禁します。
飼い主さんなど特定の人だけにする場合も多く、子犬ちゃんのときによく見られます。

そのため、興奮させすぎないことが重要になります。
嬉しくて興奮しすぎると人の声が届かなくなるので、興奮しすぎる前に、「オスワリ」などの指示をして、
クールダウンさせてあげましょう。
ケージから出すときも、興奮した状態のままケージから出すのではなく、オスワリなど指示をして、
その指示に従えたら、褒めて出してあげてください。

また、普段の生活の中でも、落ち着いた状態のときに注目して褒めてあげましょう。
「落ち着いて過ごしていたら、良いことがあった」「興奮しない方が良いことがある」という経験を積んでもらい、
好ましい行動を根気強く教えてあげてください。

それでは、今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



お散歩と1日の行動

投稿者:はな

投稿日:2018/08/01(Wed) 10:31

No.5398

Mダックス3歳7か月メス6.3kg
酷暑になるまでは夕方の散歩は片道1.6kmの広場まで行き犬友たちと過ごしていました。
ただ、飽きっぽいのか最初はみんなと少し戯れてすぐにベンチで休憩に入ります。
でも、最近は気温も落ち着いて地面が冷めかけた7時ごろに散歩に出ますが、
玄関を出たらジッと立ち止まって考え込んでいます。
引っ張ってもテコでも動きません。しばらく様子を見て玄関前でウンチとオシッコをしたら一目散に玄関へ・・・
暑いのがイヤなのだけでしょうか? 涼しくなったら歩くでしょうか?

部屋では1日中寝ています。これはずっと前からです。おもちゃなどで遊ぶこともありません。
いたずらもせず、ほとんど吠えません。ですからゲージフリーにしています。
日中はゆるめのクーラーを入れても部屋の端っこで寝ています。クーラーが嫌いなのか?ベランダに出たがり
5分ほど日光浴して戻ります。そしてまた寝ます。食事は1日2回食べますが、食事のときだけは早く早く!
とせがみます。
まるで老犬のようです。こんなに1日寝てる犬はめずらしいと思います。
夫がいるときはずっと何時間もひざの上で寝ています…

散歩で歩かない、1日中寝てる… は病院に行くほどのことでもないと思い行ってません。

Re: お散歩と1日の行動

- 獣医師 芹川

2018/08/03(Fri) 17:49

No.5402

はな様

この度は、ご相談をいただきまして、誠にありがとうございます。

さて、ワンちゃんは比較的よく眠るどうぶつとされ、おとなのワンちゃんの平均的な睡眠時間は12〜15時間とも言われています。
寝てばかりいたり、あまり動きたがらない場合は一般的に、以下のようなことが考えられます。

●環境の変化などのストレス
 一般的にストレスを感じると眠りが浅くなり、睡眠時間が長くなります。
●甲状腺機能低下症・副腎皮質機能亢進症などのホルモンの疾患
 皮膚の荒れや脱毛が見られることや、代謝が悪くなり、運動量が減ることがあります。
 これらの疾患はホルモンの測定により診断ができます。
●内臓の疾患
 内臓に疾患がある場合、だるさにより動きが鈍くなる場合があります。飲水量や排泄なども注意して観察しましょう。
●痛み
 足裏のケガや炎症、関節疾患、椎間板ヘルニアや神経痛などの疾患により、体の痛みにより動くことを嫌がる場合も考えられます。
 椎間板ヘルニアは軽度であれば、歩き方に異常はなくても、痛みを感じて運動を嫌うこともあります。

以前は長い距離をお散歩していたのであれば、歩きたがらなくなった原因を考えることが必要だと思います。
厳しい暑さや、地面の熱などを嫌がっていることも考えられますので、涼しくなったら歩く可能性はあります。
できるだけ気温が涼しく、地面が熱くない時間帯を選んでお散歩をしていただければと思います。

お散歩に行きたがらない状態が続く場合は、疾患による場合も考えられますので、
念のため、かかりつけの動物病院さんへの受診をお勧めいたします。

それでは、今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。