教えて!アニコム損保!しつけ・健康相談 皆様のご質問にお答えいたします。

ご注意

緊急を要する健康相談の場合は、すぐに動物病院を受診してください。
直接どうぶつさんのご様子を拝見しておりませんので、一般的なご案内となりますこと、また、投稿フォームにはURLを入力できない設定となっておりますことをご了承ください。

証券番号

  • (記入例:S00123452)

  • ご入力いただいた証券番号は公開されません。

ニックネーム

タイトル

コメント

  • URLはご入力いただけません。

添付File

暗証キー

  • (英数字で8文字以内)

投稿キー

  • (投稿時 投稿キー を入力してください)

文字色

子猫 多飲

投稿者:Maki

投稿日:2015/10/16(Fri) 14:38

No.4169

3か月の子猫(オス)約1.8kgが1日で180ml程度のお水を飲みます。
餌はドライフードのみです。
多飲になりますでしょうか?
餌はよく食べ、走り回っております。
おしっこは1日2-3回、直径2-3cmの円球です。

Re: 子猫 多飲

- 獣医師 山田

2015/10/20(Tue) 11:20

No.4170

Maki 様

日増しに秋の深まりを感じる季節となりましたが、
Maki様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。
この度はご相談いただきありがとうございます。
3ヶ月の子猫ちゃんの飲水量についての
ご相談でございますね。
早速ご案内させていただきたく存じますが、
子猫ちゃんの実際のご様子を拝見しておりませんので、
一般的なご案内となりますことをご了承ください。

私たちどうぶつの体は約60%が水分でできているといわれております。
子猫ちゃんや子犬ちゃんでは、さらにその割合が多く、体の約80%が
水で占められているともいわれております。
水を飲むことは体にとって大変重要なことで、健康などうぶつであれば、
体が必要とする水分を自ら飲みます。
しかし、必要な飲水量はそれぞれの個体によっても異なりますし、
食べているものや気温、活動量などによっても変わってきます。
また、「水」を飲むことだけではなく、「食事」からも水分を摂取しています
ので、缶詰など、水分含有量が70%程度のウェットタイプを食べているどうぶつの
方が、水分含有量が概ね9%程度のドライフードを食べているどうぶつよりも、
水を飲む量は少なくなります。

飲んだお水は、体内に必要な量を残し、老廃物を排出するために便や尿、
汗として体の外に出されます。
体内に取り込まれる水と体外へ排出される水の量は、主に脳と腎臓の働きにより、
バランスが取られています。
例えば、塩辛いものを大量に食べた後などは、血液中の電解質のバランスに
変化が生じ、脳は腎臓に対して、水を体に再吸収するように指令を出します。
また、「渇き」を刺激して、飲水量を増加させるように働きます。
逆に、体にお水が大量に存在するような場合は、腎臓は尿をたくさん作り、
排出していきます。

それでは、いったいどれくらいの飲水量が「多飲」とされるのかというと、
一般的にネコちゃんでは体重1kgあたり45〜50ml以上の飲水がある時と
いわれます。
また、私たちも水をたくさん飲むと何度もトイレに行ったり、
1回のおしっこの量が多くなったりしますが、ネコちゃんも飲水量が増えると
おしっこの量が増える場合があります。
このようにおしっこの量が増えることを「多尿」と言います。
ネコちゃんの多尿と判断する目安としては、1日に、ネコちゃんの体重1kgあたり
50ml以上の尿量がある時とされます。

さて、体重が約1.8kgほどのMaki様の子猫ちゃんはドライフードを食べており、
1日に180ml程度の飲水量なのですね。体重1kgあたりに換算すると100mlを
飲んでいることとなり、数字だけで見ると「多飲」と判断される
ギリギリの数値となります。
また、1日のおしっこの回数は2-3回で直径2-3cmの円球という事ですね。
こちらは猫砂で固まっているようなので、実際の尿量がどれくらいなのか、
多尿なのかどうかという判断は出来かねます。なお、多尿がある場合には
不適切な排泄(トイレ以外での排泄)や排尿回数の増加などがみられることも
ありますので、子猫ちゃんにこのような行動がないかチェックして
いただけたらと思います。

先にご案内したように、飲水量はお食事内容でも変わりますので、
直近で食事の種類を変えたり、ご家族の方がお食事以外におやつをたくさん与えて
いるといったことがないかなども、ご確認いただけたらと思います。
また、激しく遊んだ後などは喉も乾きますので、飲水量が増える傾向にあります。
どのようなタイミングで子猫ちゃんがお水を飲んでいるのかなども
観察していただけたらと思います。

たくさん水を飲みすぎ、いっぱいおしっこをする「多飲多尿」と言われる状態には
重篤な病気が隠れていることがございます。
例えば、飲水量が増加する病気としましては腎疾患や糖尿病、
副腎皮質機能亢進症、尿崩症などの内分泌疾患などが挙げられます。
子猫ちゃんはまだ若く、食欲もあり、元気に走り回っているという事で
ございますが、数回測定しても飲水量が今と同じ程度、もしくはそれ以上の量を
飲んでいるのであれば、念のため、かかりつけの動物病院にもご相談いただけたら
と存じます。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での
健康相談、しつけ相談サービスを承っておりますので、ぜひご利用ください。
お電話番号は、あんしんサービスセンター0800-888-8256です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

子猫ちゃんのお健やかな成長と、Maki様とご家族様が
日々笑顔で子猫ちゃんとお過ごし頂けるよう応援しております。
今後ともアニコムを宜しくお願い申し上げます。



回答ありがとうございます

投稿者:ふーちゃんママ

投稿日:2015/10/15(Thu) 00:48

No.4166

とても詳しく回答して頂き、参考になりました。
もう一度病院に行って、さらに詳しく検査してもらおうと思います。
去勢も考えてみます。
ありがとうございました。

Re: 回答ありがとうございます

- 獣医師 霍田

2015/10/15(Thu) 17:54

No.4167

ふーちゃんママ 様

この度はご丁寧にご返信をいただきまして、誠にありがとうございます。

ふーちゃんママ様にしっかりと守られ、チワワちゃんは幸せでございますね。
ワンちゃんに前立腺肥大がある場合、去勢手術が有効な治療法とされますが、
全身麻酔をかけての手術となるため、ご不安なお気持ちもおありかと存じます。
ぜひかかりつけの先生とよくご相談いただき、チワワちゃんにとって
最善の治療法をお決めいただけたらと存じます。

季節柄、ふーちゃんママ様におかれましては体調など崩されませんよう
ご自愛ください。
また何か気がかりなことや心配なことございましたら、お気軽にお声掛け下さい。
今後とも、アニコムをよろしくお願い申し上げます。



血尿について

投稿者:ふーちゃんママ

投稿日:2015/10/08(Thu) 23:50

No.4162

すみません。先ほどの投稿、間違ってました。
去勢はしていません。
よろしくお願いします。

Re: 血尿について

- 獣医師 霍田

2015/10/13(Tue) 18:15

No.4165

ふーちゃんママ 様

NO.4162のご相談に関しましては、NO.4161のご相談を併せて
ご案内を致しております。何とぞご了承いただきますようお願いいたします。



血尿について

投稿者:ふーちゃんママ

投稿日:2015/10/08(Thu) 23:46

No.4161

お世話になります。7歳のロングコートチワワ男の子、去勢はしています。
3週間くらい前から赤黒い血の塊のようなものが尿に混じったり、赤いおしっこが時々出るようになりました。一週間前に病院に行き、レントゲンとエコー検査をしてもらいましたが、腎臓等に問題はなさそうで、結石も見られないので前立腺に問題があるのでは?ということでお薬を頂き飲ませました。しばらくは止まっていたようですが、昨日からまた血尿が出始めました。熱はなく、食欲もあり、元気です。前立腺以外に問題があるのでしょうか?

Re: 血尿について

- 獣医師 霍田

2015/10/13(Tue) 18:10

No.4164

ふーちゃんママ様

日増しに秋の深まりを感じる季節となりましたが、
ふーちゃんママ様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

この度はご相談をいただきまして、誠にありがとうございます。
7歳の男の子のロングコートチワワちゃんの尿に、血の塊のようなものが
混じったり、
赤い尿が時々出ることについてのご相談でございますね。

早速ご案内させていただきますが、実際のチワワちゃんのご様子を拝見して
おりませんので、一般的なご案内となりますことをご了承下さい。

チワワちゃんの尿に3週間ほど前から異常が認められたため、1週間前に病院を
受診したところ、腎臓等には問題はないようであり、結石も認められない
とのことだったのですね。
前立腺の疾患が疑われ、投薬で落ち着いていたけれども、昨日からまた血尿が
出始めたとのこと、ふーちゃんママ様のご不安はいかばかりかとお察し致します。

ワンちゃんの尿が赤い場合には、主に以下の3つの可能性が考えられます。
1.赤血球尿 2.血色素尿 3.筋色素尿

1. の赤血球尿については、尿に血液が混じっている血尿と呼ばれる状態です。
これにつきましては、後ほどご案内いたします。
2. の血色素尿は、ヘモグロビン尿とも言われ、体内で大量の赤血球が破壊
されることにより、赤い色素が尿中に排泄されるものです。
原因としては、免疫疾患、中毒や薬物、寄生虫や細菌感染などがあげられます。
3. の筋色素尿は、ミオグロビン尿とも言われ、筋肉の細胞が破壊される
ことにより、筋肉内に含まれるミオグロビンという蛋白が尿中に排泄される
ものです。原因としては、急性筋炎、過度な運動などが考えられます。
なお、血尿かそうでないかは、尿検査を行うことで調べることができます。

次に、1.赤血球尿としてご案内をいたしました血尿についての説明をいたします。
男の子のワンちゃんで血尿、すなわち血液が尿に混じる場合、主に以下のような
原因が考えられます。
(1)腎臓や膀胱、尿道などの炎症や結石などの泌尿器疾患
(2)前立腺の疾患
(3)外傷によるもの
(4)腫瘍

ふーちゃんママ様のチワワちゃんは、赤い尿の他に、例えば頻尿や尿量の異常など
の症状はございませんでしょうか。
例えば膀胱炎を起こすと、血尿が出たり、何度もトイレに行くけれども少量しか
排尿しないといった症状が出ることがあります。チワワちゃんの1日の
排尿回数や量、ご様子などについて、普段と異なることがないかチェックして
いただくとよろしいでしょう。
もし血尿が続くのであれば、チワワちゃんの尿検査も行い、その他の異常が
ないかも確認することをお勧めいたします。
また、尿路結石は種類によってはレントゲンで確認が難しいこともあり、
大きさによってはエコー検査でもわかりにくい場合がございます。

また、去勢をしていない、特に中高齢以上の男の子のワンちゃんでは、
前立腺の疾患により血尿がみられることがあります。
前立腺とは、男の子のワンちゃんの尿道の周囲にあり、精液の成分を産生する
組織です。この前立腺の組織に肥大が起こった前立腺肥大という状態では、
軽度ではほとんど症状がみられませんが、肥大が進むと血尿や細い便、
排泄困難などの症状が現れることがあります。
その他にも、前立腺に細菌などが感染することにより、前立腺炎を起こし、
血尿がみられることもありますが、この場合は痛みや発熱がみられることが
多いとされます。
前立腺肥大には、男性ホルモンが関与しているとされているため、
男性ホルモンの分泌を抑制するお薬の投与で治療が行われることがあります。
おそらくチワワちゃんはこのようなお薬を処方されたのではないかと思います。
しかしながら、こういった投薬治療は根本治療とはならないため、
一時的に症状が改善する場合もありますが、また再発する場合もございます。
前立腺肥大の根本治療には去勢手術(精巣摘出術)が有効とされています。

お話からは、前立腺の疾患かもしくはそれ以外に起因するものかは判断いたし
かねますが、原因を明らかにするためには、もう少し追加で検査を行うことが
望ましいかと存じます。
投薬を開始してからの経緯をかかりつけの先生にお伝えいただき、
もう一度診察をお受けになることをお勧めいたします。
現在のチワワちゃんの正確な状態を診ていただき、状況に応じて必要であれば
追加検査や治療を行ってくださることと存じます。

1日でも早くチワワちゃんの症状が改善することをお祈りしております。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での
健康相談、しつけ相談サービスを承っておりますので
ぜひご利用ください。

お電話番号は、あんしんサービスセンター0800-888-8256です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

またご不安なことなどございましたら、お気軽にご相談ください。
今後とも、アニコムを何卒宜しくお願い申し上げます。



胃酸過多について

投稿者:しゅーまま

投稿日:2015/10/07(Wed) 16:46

No.4159

4歳5ヶ月、ロングコートチワワ、男の子去勢済みです。もともと空腹嘔吐が多かったため、胃が小さいのではと先生が1日4回の食事、夜23時30分頃の夜食という風に指示があり、そのとおりにしたら朝の空腹嘔吐がなおっていました。
(1年くらいずっと大丈夫でした)
ところが最近、空腹嘔吐をし、病院で胃酸過多といわれ、薬をもらいました。
ずっと病院で薬をもらって飲み続けるわけにもいかないし、きちんと時間は細かくわけているのに胃酸過多になってしまう原因はなんでしょうか。
なお、フードはヒルズのid law fatです。(持病の蛋白漏出性腸炎のため、フードを替えたり、トッピングをしたりはできません)
また、環境も特段最近変わったことはありません。
病院が続いたとか、病院が変わったとか、ストレス原因になりそうなことはありました。

Re: 胃酸過多について

- しゅーまま

2015/10/07(Wed) 16:49

No.4160

追記
ずっと飲んでいたベジタブルサポートドクタープラスファイバー(7ヶ月)を急におえっとなっているのでかわいそうで飲むのをやめたタイミングとは一緒です。飽きたのか、胸悪かったのかは不明です。
それと、2週間前にずっと飲んでいたステロイドを先生の指示で中止しました。



Re: 胃酸過多について

- 獣医師 酒井

2015/10/09(Fri) 16:29

No.4163

しゅーまま様

さわやかな秋晴れが続いておりますが、しゅーまま様におかれましては
いかがお過ごしでしょうか。
この度はご相談をいただきまして誠にありがとうございます。
しゅーまま様の4歳5ヶ月になる男の子のロングコートチワワちゃんが
空腹時嘔吐を再発したことについてのご相談でございますね。
早速ご案内をさせていただきますが、実際のご様子を拝見しておりませんので、
一般的なご案内になりますこと、何卒ご了承ください。

もともとしゅーまま様のロングコートチワワちゃんは空腹時に嘔吐することがあったため、
かかりつけの先生に食事を4回に分けて与えることと、
夜遅い時間、午後11時30分に食事を与えるよう指示があり、
1年間ほどは症状が落ち着いていたということでございますね。
今も継続して同じ方法で食事を与えているのに
胃酸過多で嘔吐をするようになった原因を知りたいということでございますね。

しゅーまま様のロングコートチワワちゃんは蛋白漏出性腸症で治療中ということでしたね。
蛋白漏出性腸症とは、低蛋白血症を伴う腸の病気で、その原因として
腸リンパ管拡張症、慢性腸炎(炎症性腸疾患)、消化管腫瘍(腸リンパ腫)などが
あります。これらの病気が基礎疾患としてある場合には、
その症状の一つに嘔吐があります。

かかりつけの先生は今回の症状を胃酸過多ということでお薬を飲ませて
経過をみるようにということでございますね。しゅーまま様は胃酸過多のために
ずっとお薬を飲ませることを危惧されていらっしゃるようですが、
もし、一時的なものでなければ、ずっと胃酸分泌のお薬を飲ませ続けるのではなく
蛋白漏出性腸症について、再検討が必要になってくるかと存じます。
2週間前にステロイドの投薬を先生のご指示で中止したということで、
治療内容も変更されたところですので、今後の嘔吐の状況、便の状態、
血漿蛋白や、アルブミンの検査の経過も見ながら、場合によっては、
蛋白漏出性腸症の原因を内視鏡の生検によって確定診断を行い、
それに沿った治療が必要になってくるかと存じます。

胃や腸は、ストレスに非常に影響を受けやすい器官ですので、気候の変化、
家庭環境の変化、通院や病院の変更などをストレスに感じて胃の運動能力が
低下しているのであれば、胃酸の分泌が増えてしまうことも考えられます。
特に胃腸自体に問題はなく、一時的な胃の運動能力の低下が原因で空腹時の
嘔吐が続いている場合は、すでにしゅーまま様が1年間なさっていたように、
食事を小分けにして与えて空腹時間をなるべく短くすることで
改善できることもあります。
しかし、そのような場合でも過剰な胃酸を薬によって、コントロールした方が
早く改善することがありますので、状況によっては胃酸分泌を抑えるお薬を使用します。
また、空腹時嘔吐がある場合にはなるべく腹持ちの良いものを与え、
空腹時間を短くすると改善することもありますので、カボチャやサツマイモなどを
夜のお食事に少し加えてみるというのも一つの方法です。
ただし、しゅーまま様のロングコートチワワちゃんは蛋白漏出性腸症のため、
現在フードをi/d law fatのみにされているといことですので、
食事に関してはかかりつけの先生にご相談いただくことが大切です。

またずっと続けてこられたベジタブルサポートドクタープラスファイバーをやめたのも
空腹時嘔吐が始まったのと同じタイミングということですね。

ベジタブルサポートドクタープラスファイバーは、カボチャやブロッコリーなどの野菜から
作られ、可溶性食物繊維を豊富に含む栄養補助食品の1つで、
腸疾患の改善のため栄養管理のサポートとして使用されています。
いくつかの症例報告では、ステロイドや低脂肪食などの治療と併用して使用されて
おり、その効果を一概に評価することは難しいかと存じますが、
腸リンパ管拡張症や、慢性腸炎などの低蛋白血症を伴う疾患の栄養管理に
補助的に使用し、一定の効果があるのではないかと考えられています。

今回ベジタブルサポートドクタープラスファイバーを与えた時にも吐き気を催した
ということで、飽きたためなのか、胸が悪かったのかはわからないということですね。
何らかの原因で蛋白漏出性腸症があり、もしステロイドなど薬を使用せずに適切な
栄養管理によって維持ができるのであれば、それに越したことはありませんので、
もしよろしければ再度ベジタブルサポートドクタープラスファイバーを少量ずつ
もしくは剤型を変えて(パウダーを使用であればタブレットへ、
タブレット使用であればパウダーへ)様子を見ながら再度与えてみるのも
良いかもしれません。

なお、食事、健康補助食品などのことに関しましては、特に胃腸疾患の場合には
治療に関わってくる大切なことでございますので、ぜひかかりつけの先生にご相談
いただき、お決めいただければと存じます。

朝夕の冷え込む季節ですが、しゅーまま様も体調など崩されませんようご自愛下さい。
ロングコートチワワちゃんの症状が1日も早く落ち着きますよう願っております。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、
しつけ相談のサービスを承っております。気がかりなことがおありの際には、
ぜひご利用くださいませ。

お電話番号は、あんしんサービスセンター 0800-888-8256です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

今後ともアニコムを宜しくお願い申し上げます。