教えて!アニコム損保!しつけ・健康相談 皆様のご質問にお答えいたします。

ご注意

回答までのお時間は3営業日以内とさせていただきます。
緊急を要する健康相談の場合は、すぐに動物病院を受診してください。
直接どうぶつさんのご様子を拝見しておりませんので、一般的なご案内となりますこと、また、投稿フォームにはURLを入力できない設定となっておりますことをご了承ください。

証券番号

  • (記入例:S00123452)

  • ご入力いただいた証券番号は公開されません。

ニックネーム

タイトル

コメント

  • URLはご入力いただけません。

添付File

暗証キー

  • (英数字で8文字以内)

投稿キー

  • (投稿時 投稿キー を入力してください)

文字色

噛み癖について

投稿者:平尾 由佳

投稿日:2011/02/07(Mon) 12:24

No.650

噛み癖があり、先日トリミング中に急に噛みそうになり、バリカンで足を負傷・・4針縫いました。何とか噛み癖をなおしてやりたいのですが、何か良い方法はないでしょうか?

Re: 噛み癖について

- ドッグライフカウンセラー 三留

2011/02/10(Thu) 10:17

No.659

平尾 由佳 様

寒空に梅の花が楚々とした顔を見せてくれる頃となりましたが、
平尾様におかれましては、いかがお過ごしでしょか。

平尾様のお子様が、先日トリミングの最中に急に噛みそうになり、
足をお怪我をなさったとのこと、さぞかしご心配をなさったこととお察しいたします。
その後、お怪我のご様子はいかがでしょうか。どうぞお大事になさってくださいませ。

さて、平尾様のお子様の噛んだときのご様子からは、怖くて思わず噛んでしまっている、
あるいは噛むことで嫌なことを止めさせようと思い、噛んでいるのではないかと
推測いたしておりますが、いかがでしょうか。

今回のご案内は、上述の二つを原因とする噛み癖についてのご案内とさせていただきたく
存じますが、しつけ・健康相談サイト「どうぶつ相談室」のご案内も参考にしていただければ
幸いでございます。
http://www.anicom-page.com/labo/2009/04/1-7.html
なお、実際のご様子を拝見していませんので、一般的なご案内となりますことを
ご了承くださいませ。

【怖くて思わず噛んでしまう】
ワンちゃんには、それぞれ嫌いなもの、怖いものがございます。
何か嫌悪や恐怖を感じた経験があったことによる場合が多いのですが、
何かの折、そのときと似た状況になっただけで、
また同じことが起こるのではないかと思い、強く反応することがございます。
このような反応や行動は、自分を守ろうとして思わずしてしまう行動でございますが、
動けなくなったり震えたりするワンちゃんもいますし、
噛んだり暴れたりするワンちゃんもいます。

取る行動は異なっても原因は恐怖や嫌悪によるものですが、
どちらについても、「大丈夫だよ」と慣らしていくことが必要でございます。
慣らしていくための方法ですが、
少しずつ、ワンちゃんの好きなものと結びつけながら
慣らしていくのがポイントでございます。

例えば、トリミングが嫌いなワンちゃんであれば、
最初は、サロンが見えるくらいの場所で遊んであげたりして、楽しい記憶を
嫌な記憶の上に少しずつ被せていきましょう。
また、サロンが見えるくらいの場所で、好きなオモチャやオヤツなどで
気持ちをそらしながら、スワレと指示をしていただき、落ち着いていられたら、
褒めたり、ご褒美を与えたりなさることでお子様に自信をつけさせてあげても
よろしいでしょう。
好ましい経験を通して、次第にサロンに入れるようになったら、
トリマーさんに遊んでもらったり、撫でてもらったりして、
サロンが心地よいところだというイメージを与えます。
このような流れを経てトリミングをさせてあげるようになさるとよろしいかと存じます。

しかしながら、平尾様のお子様のように、お怪我をするなど、ショックな経験を
してしまうとそのときの恐怖をなかなかぬぐえない場合もございます。
このような場合には、無理をなさらず、トリミングサロンを変えてみるのも
一つでございます。
お散歩のときにお会いになられたワンちゃんを飼っていらっしゃる方などにお尋ねになられて、
相性の良いトリマーさんとの出会いを探られるのもよろしいかもしれません。

他のワンちゃんが嫌いな子であれば、
急にワンちゃんと挨拶をさせるなど、無理をなさらないようにしましょう。
最初は、遠く、他のワンちゃんの存在が視界に入るが、まだ反応をしないですむ程度の位置で
楽しい経験をさせてあげます。
このようにすることによって、他のワンちゃんに良いイメージを持たせてあげます。
時間をかけて、少しずつ、ほかのワンちゃんが視界に入っていることに慣れてきたら、
遊ぶ距離を少しずつ縮めていきます。

ただし、何かの折、実際に噛んだ場合は、その瞬間に「今やったことはいけないよ」ということを
教えてあげるために、低い落ち着いた声で叱ることが重要です。
「ダメ」などとご家族様でお決めになられた言葉で統一いただき、
とにかく低い落ち着いた声で叱ります。そして止めたら褒めてあげてください。

なお、飼い主様はどんなときも動じない姿勢をワンちゃんに見せてあげる
必要がございます。「何があってもあなたを守ってあげる」という飼い主様の気持ちを
伝えるためにも、ワンちゃんが興奮しているときほど、飼い主様は落ち着くようにしましょう。

【噛んだら嫌なことを止めてもらえると思っている】
ワンちゃんは自分の行動の前後、周囲に何が起きたかを大変よく覚えており、
この経験をもとに、次に行動をとるようになります。
今まで、噛んだら嫌なことを止めてもらえたという経験があると、
噛むことにより、嫌なことを止めさせようとします。

このように、噛むことで嫌なことから逃れようとしている場合は、
「噛んでも、思うようにならない」ということをワンちゃんに教えることが重要です。
例えば、ブラッシングが嫌いなワンちゃんが、止めて欲しくて噛んだときには、
低い声で「ダメ」と叱りながらも平然とした顔でブラッシングを続けてしまいます。
このときに、手を引っ込めなくてもいいように、軍手などをご利用いただくと
よろしいかもしれません。
飼い主様が噛まれても動じず平然としながら、ブラッシングをしながら「お利口ね」
と褒めてあげる行動を続けることで、何が自分にとってよいことをもたらすか、
何をしたらいけないかをワンちゃんは覚えていくかと存じます。

すぐに伝わることではなく、繰り返し、いつも同じ対応が待っていることを通して、
教えていくことになりますので、根気強く対応をしていただければと存じます。
また、日頃から被毛をやさしく撫でることで、飼い主様に触ってもらうのは心地良い
という経験を作ることも大切です。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、お電話でのご契約者様への
健康相談、しつけ相談の無料サービスを承っております。
実際のワンちゃんの状況をお伺いしながらのご案内が可能かと存じますので、
こちらもぜひご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 0800-888-8256
(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土・日・祝日9:30〜15:30
土曜日、日曜日、祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

これから気温差が大きくなる時期を迎えます。
体調維持の難しい時期でございますが、平尾様におかれましてはくれぐれも
ご自愛くださいませ。今後ともアニコムを宜しくお願い申し上げます。



犬の早い起床

投稿者:勝田 葉子

投稿日:2011/02/02(Wed) 17:44

No.645

当初は6時からはじまり5時30分4時40分と、最近は3時30分ごろに犬が吠え出します、近所迷惑になると思い鳴きだすとほっとけずに自分も起きてしまい寝不足になってしまい、どうしていいかわからないので是非教えてください。

Re: 犬の早い起床

- アニコムカウンセラー 早乙女

2011/02/04(Fri) 13:31

No.648

勝田 葉子 様

節分を迎え、春の足音が待ち遠しい頃でございますが、
勝田様におかれましては、いかがお過しでしょうか?

この度はご相談をいただきまして誠にありがとうございます。
勝田様のワンちゃんは朝方に吠え出すとのこと、
ゆっくりとお休みになれないお辛さはいかばかりかとお察し致します。
さっそくご案内をさせていただきたく存じますが、
実際のご様子を拝見していませんので、ご案内が一般的なものとなりますことをご了承くださいませ。

【ワンちゃんが吠える原因】
1.吠える事で要求を叶えてもられると思っている
ワンちゃんが吠えたときに、勝田様は「どうしたの?」、
「静かにしなさい」などとお声をかけたことはございませんでしょうか?
吠えたときに声をかけてもらえた経験によって
「吠えれば大好きなお母さんが話しかけてくれる」
「呼べば誰かがかまってくれる」と、認識してしまうワンちゃんは少なくないようです。
中にはチラッと視線を向けてもらえただけでも嬉しくて仕方がないようですが、
大好きな家族の方に話しかけてもらったり、かまってもらうという事は、
ワンちゃんにとっては最高のご褒美になってしまうようでございます。

2.縄張りを守ろうとする
ワンちゃんはそれぞれの子が縄張りを持っており、
外で物音がすると縄張りを守ろうと思い吠えることが大変多いようです。
新聞や郵便を配達される方に吠えることも多いのですが、このような場合、ちょうど配達を終えて去る様子を、自分が吠えたから去っていったように感じることもあるかもしれません。

2.群れから離れた淋しさ
犬は群を作って生活する社会性の豊かなどうぶつですので、群れから離れた淋しさや不安感から吠えたり、飼い主様を探し回ったり、興奮して排泄をしてしまったりする場合もあるようでございます。

このほかにも、排泄物を片付けて欲しくて吠えたり、日中に十分にエネルギーを発散できておらず吠える場合などもございます。

【吠えたときの対応について】
勝田様のワンちゃんのように早朝に吠える場合は、「呼んだら飼い主様が来てくれた」という経験がもとになっていることが、ほとんどでございますが、勝田様におかれましてはいかがでしょうか。このように思っているワンちゃんには、「吠えても無駄だ」と教えることが大変重要でございます。しかしながら、勝田様がおっしゃいますように、早朝ですとご近所のことが気にかかり、知らん顔をし続けることは大変な困難を伴います。特に一度、吠えることを手段として思ってしまうと、吠えることに大変強く固執します。このため、「気付いてくれないのでないか」と長時間吠え続けることになり、飼い主様が耐え切れず声をかけてしまうと、「頑張って吠えて、よかった」と思わせてしまうこともございます。本当は、それでも知らん顔をし続けて、静かになってから声をかけることで、「静かにしていると、いいことがある」という経験をワンちゃんにさせ続けることなのですが、状況に応じて、「吠えたら、顔を見せる」という状況を作らないのも一つの方法かもしれません。

今、勝田様のお休みになっていらっしゃる場所とワンちゃんの寝床は離れているのでしょうか。もし別の場所で休んでいらっしゃるのでしたら、吠えてお母さんを呼ぶ状況を作らないように、勝田様の寝室の一部分に、例えばベッドの足元などに、キャリーバッグなどにお入れになられるのも一つかもしれません。寝床の場所を動かすのが難しいのであれば、ワンちゃんのケージに毛布などをかけたり、ダンボールなどで囲ってみたりして、周囲に守られているような雰囲気を作っていただいたくのも効果があるかもしれません。

一方、ご近所のことをあまり気にしなくてもいいようなお昼間などの時間帯には、たとえワンちゃんが要求をして吠えても知らん顔をするようにしていただき、「吠える=構ってもらえる」というワンちゃんの気持ちの中に出来た鎖をなるべく絶つようにしていただければと存じます。
このことは、ご家族様が外出からご帰宅なさったときにも、吠えたり興奮したりしているワンちゃんには声をかけるのではなく、静かになったときに声をかけるようにしていただき、「静かにしていると、いいことがある」と思わせてあげましょう。

ほかにも、夜のお散歩を長めにして疲れるようにしてあげたり、
遊んであげられる時間はたっぷりと遊んであげて
満足感を与えていただく事なども効果的かと存じます。
また、ホットカーペットなどをケージの全面に敷いてある場合など、
熱くて逃げられなくて吠えるケースなども今の時期には見受けられますが、
お水やお食事量などを含め、環境全般を見直していただければと存じます。

お子様の健やかなご成長と、勝田様とお子様がお過しなられる折々の季節が
輝かしい日々でありますよう、アニコムスタッフ一同心からお祈り申しあげております。



足の不自由な母が飼えそうな犬種

投稿者:大崎利恵子

投稿日:2011/01/31(Mon) 09:39

No.639

時々ぼーっとしてしまう母が少しでも元気になってほしくて、子犬を飼いたいと考えています.

Re: 足の不自由な母が飼えそうな...

- ドッグライフカウンセラー 三留

2011/02/02(Wed) 12:08

No.644

大崎 利恵子様

少しずつ梅の花が寒空に顔を見せてくれる頃でございますが、
大崎様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。

この度はご相談をいただきまして誠にありがとうございます。
お母様のことを案じる大崎様のお気持ちをうかがい、
お嬢様の温かいお気持ちに感激いたしております。
お母様は本当にお幸せでいらっしゃいますね。

さっそくご案内をさせていただきますが、
実際のお母様のご様子が分かりかね、
また、ワンちゃんには同じ犬種であっても個体差が大きいため、
一般的なご案内となってしますことをご了承くださいませ。

世界でケネルクラブを統括する国際畜犬連盟に公認されている犬種は、
2009年6月現在で339種であり、血統書の発行団体であるジャパンケンネルクラブには
このうち189種が登録されています。
たいへん多くの犬種があるのですが、これはさまざまな用途にあう犬種を人間が
作出してきたからでございます。
現在、たとえその用途に使われておらず、家庭犬として飼育されていても、
どのような役割を担うように作られてきたワンちゃんであるかを知ることは
大変重要かと存じます。

たとえば狩猟犬や牧羊犬であれば、運動量も大きいため、かなりの量のお散歩が
必要となります。もちろん、時が流れる間に、もともと持っている気質が弱められている
可能性もございますが、それでも、仕事を任されてきた犬種ですから、
その分、賢く、気質が強い傾向もみられます。
また、獲物を追うのが得意であれば、お散歩の途中に目にするネコちゃんや自転車など、
動くものに強く反応してしまうかもしれません。
ヨークシャー・テリアやジャック・ラッセル・テリアなどのテリア種も狩猟のお手伝いを
してきた犬種ですので、体は小さいですが、運動能力が高く、気が強い子も多いので、
飼ってみて戸惑う飼い主様も多いようでございます。
また、柴犬などの和犬も同様に高い狩猟能力を持っているワンちゃんたちです。

このようなことを考えあわせますと、
ヒトが可愛がるために作出してきた愛玩犬(トイ種)と呼ばれるグループのうちでも
体が小さいタイプの犬種がよろしいかもしれません。
シーズーやマルチーズ、ペキニーズなどは比較的、気質が大人しいといわれています。
ただ、これらの犬種は被毛が伸び続ける犬種でもあるので、
トリミングにお通いになる回数が多くなってしまうかもしれません。
また、チワワも体が小さく可愛いので適しているといえますが、
気質もいろいろですので、中にはなかなか気が強い子もいるようでございます。
トイ・プードルも賢くて愛らしいのですが、
身軽で遊び好きですので、ゆったりと生活をなさっているご高齢の方は、
「目が回りそう」というお気持ちになってしまわれるかもしれません。
なお、男女差でいえば、一般的には女の子のほうが、気質が大人しい様です。

お母様は足が悪くていらっしゃるとのことでございますが、
実際にワンちゃんとの生活が始まった後に、トイレのしつけやお散歩などのため、
大崎様が時折、お母様のお宅にいらっしゃることは可能でしょうか。
特に、成犬になれば大人しくなるのであっても、子犬ちゃんの間はどの子も元気いっぱい、
大変なのが一般的です。
子犬ちゃんの時期には、お母様が子育てに戸惑ってしまわれないためにも、
可能であれば時折お顔を出していただくとよろしいかと存じます。

なお、体の小さなタイプのワンちゃんをお飼いになられる際、特にご注意いただきたい点は、
ヒトやヒトの手を怖いと思わせないため、お世話のときなど、
ワンちゃんの頭の上から手を振り下ろしたり、
後ろから急に手を出したりしないことでございます。

ワンちゃんとの生活がお母様の心に張りをもたらし、
いきいきなさると嬉しいですね。
何かお手伝いできることがございましたらお気軽にご相談くださいませ。
心から応援いたしております。

まだまだ厳しい寒さが続くようでございます。
大崎様におかれましてはくれぐれも御自愛くださいませ。
お母様にもよろしくお伝えください。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



ウンチを食べてしまいます。

投稿者:山根 千恵子

投稿日:2011/01/29(Sat) 07:49

No.638

生後5か月のシーズーの♂を飼っていますが、ウンチを食べてしまいます。昼間は、誰もいません。なぜ、ウンチを食べるのでしょうか?食べない方法はありませんか???

Re: ウンチを食べてしまいます。

- ドッグライフカウンセラー 三留

2011/02/02(Wed) 11:53

No.643

山根 千恵子 様

春の足音が待ち遠しい頃でございますが、
山根様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。

このたびはご相談をいただきまして誠にありがとうございます。
早速ご案内をさせていただきますが、実際のご様子等を拝見していませんので
一般的なご案内となりますことを何卒ご了承くださいませ。

5ヶ月のシーズーちゃんがウンチを食べるとのことでございますね。
人間の世界ではびっくりするような行為である食糞ですが、ワンちゃんがウンチを食べることは
そんなに珍しいことではございません。
一つの例としては、ワンちゃんの世界では、お母さんが住処である巣穴を汚さないため、
また臭いを消して子犬ちゃんを守るため子犬ちゃんの排泄物を食べるということが挙げられます。
子犬ちゃんは母犬が排泄物を食べるところを見ていたこともあるからでしょうか。
子犬ちゃんのうちには、ウンチを食べる子が多いのですが、成長にしたがって
だんだん食べなくなることもあるようでございます。

ウンチを食べる原因としては、一般的に次のようなものが挙げられます。
1.食事の量が多すぎたり少なすぎたりして、適量でない 
2.好奇心から食べてしまう
3.ウンチを片付けているつもりで食べてしまっている
4.排泄の失敗を叱られた経験からウンチをすることがいけない行為と思い、
ウンチを隠すため食べるようになる
5.ウンチを食べたときに周囲がびっくりして声をかけてもらった経験を構ってもらえると思い、
注意をひきたくて食べてしまう
6.環境の大きな変化などの不安が原因となり、このストレスのはけ口としてウンチを食べる
7.退屈のあまりウンチで遊んでいる間に食べてしまう
8.ウンチに食事の匂いが残っている
9.寄生虫感染
10.消化不良         など

まず、ウンチを動物病院にお持になり、シーズーちゃんのお腹に寄生虫がいないかのチェックをしていただき、
その際に消化の状況も併せてみていただくとご安心でしょう。

またウンチが、シーズーちゃんにとって遊びの対象になっているのかもしれません。
あるいは、たまたま、ウンチで遊んでいるときに、飼い主様が驚いたり、叱ったりして声をかけて様子を
飼い主様に構ってもらえたと思い、ウンチに執着している可能性もございます。
中には、食べさせないように、ウンチを急いで片付ける飼い主様の様子を
飼い主様もウンチを欲しがっているのだと思い、飼い主様に取られまいと
急いで食べてしまうワンちゃんも見られます。

ウンチへの執着心を軽減するために、可能な限り、ウンチをした後シーズーちゃんの気持ちを
ウンチから離してしまいましょう。
具体的には、ウンチをしたシーズーちゃんを少し離れたところから呼んで、
ウンチから離す習慣をつけるとよろしいでしょう。
「上手にできてお利口ね」と褒めていただき、おもちゃなどで遊ばせてあげているうちに、
さっと片付けてしまいます。
あるいは、ボールなどを転がして気持ちをそらしてしまい、シーズーちゃんがボールなどで遊んでいる間に
片付けてしまいましょう。

山根様がご在宅の際には、上述のように、食べるチャンスをなるべく与えないようになさるのが
一番大切なポイントでございますが、お仕事などでお留守の際にもウンチを食べることが気なるところで
ございますね。お出かけの前になるべく排泄を済ませていただく以外、
何ともならないところがございますが、ご在宅の際にウンチへの興味が薄れさせていただくことで、
だんだんと食べなくなるかもしれません。

なお、今は子犬ちゃんですので、ウンチの回数も多いかもしれませんが、
成長にしたがい、排泄の回数も減ってくる傾向にありますので、
だんだんコントロールしやすくなるようでございます。
なお、ご帰宅なさったとき、シーズーちゃんがウンチを食べていたことに気がついた際の
ご対応でございますが、「ウンチを食べること=構ってもらえる」という状況にならないためにも
知らん顔をなさっていたほうがよろしいでしょう。

このほかにも、食糞防止のための商品がペットショップさんなどで販売されているようでございますが、
この効果については、個体差もあるようでしょうし、詳しい情報も持ち合わせていませんので、
お店の方にお問い合わせいただければと存じます。

シーズーちゃんは愛らしくて、まるでキラキラと輝く宝物でございますね。
ヒトとワンちゃんとは、異なる種でございますので、戸惑うこともあり、また成長段階等により
さまざまな行動をして、びっくりなさったりすることもあるものでございます。
しかしながら、それ以上の大きな喜びを山根様のお気持ちに届けてくれることを
どうぞ、楽しみにしていただき、大切にシーズーちゃんをお育てくださいませ。

時節柄、山根様におかれましては、くれぐれもお体ご自愛くださいませ。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願い申しあげます。



9ヶ月の猫についてです

投稿者:eri

投稿日:2011/01/28(Fri) 03:21

No.637

お願いします

9ヶ月になるスコティッシュフォールド♀のことです

2ヶ月前くらいまで食欲旺盛で出されたフードは缶詰でもドライフードでもあるだけ食べていたくらいでしたが、最近食が細くなり、以前喜んで食べていた缶詰も全然食べずに、お腹が空いて仕方なく食べているという感じなんです。

うんちやおしっこは普通にしています。

体調が悪くて食欲が無いのか、好き嫌いなのか、ちょっと成長して食欲が落ち着いただけなのか、見極められず悩んでいます。

最近2ヶ月以内に膀胱炎に2回なり治療をうけましたが、関係あるのでしょうか・・・

それから、普段無口な子なのですが、ここ数日何か伝えたいのかよく鳴きます。

一度病院に連れて行ったほうが良いでしょうか??

Re: 9ヶ月の猫についてです

- 獣医師 羽鳥

2011/02/01(Tue) 14:25

No.641

eri様

まだまだ寒い日が続き、春の訪れが待ち遠しい頃ですが、eri様におかれましては
いかがお過ごしでしょうか。

この度はご相談を頂戴いたしまして、誠に有り難うございます。
早速頂きましたご相談につきましてご案内をさせて頂きたく存じますが、
お子様の実際のご様子を拝見しておりませんので、一般的なご案内となりますことを
ご了承下さいませ。

9ヶ月齢になるスコティッシュフォールドちゃんが、最近食が細くなっていて
ご心配とのことでございますね。

食欲不振の原因といたしましては、体調不良、発情、成長に伴う食への執着の低下、環境の変化、
食事の好みの変化などが考えられます。

便や尿に関してはいつも通りとのことでございますね。
そのほか、元気がない、飲水量に変化がある、
気にしている箇所がある、気持ち悪そうにする素振りがあるなど、
いつもと変わったご様子はありませんでしょうか。

もし体調に変化がある場合、体調不良による食欲不振も考えられます。
原因として考えられる病気には、消化器系疾患をはじめ、口腔内疾患、他の臓器の不調からくるもの
など様々なものがあげられます。またどこかに痛みがある場合にも食欲不振が起こることが
考えられます。

【膀胱炎の治療との関連】
スコティッシュフォールドちゃんは、最近膀胱炎の治療を受けたばかりとのことでございますね。
膀胱炎の状態によっては食欲が低下することがございます。
現在スコティッシュフォールドちゃんの排尿の状態は落ち着いているご様子ですので、
一旦はご安心かと存じますが、トイレの回数や排泄時間、尿の状態、排尿時の様子などに
何か気になる点がございましたら早めに受診されることをお勧めいたします。

【発情期との関連】
スコティッシュフォールドちゃんは、最近鳴く事が多くなったとのことでございますが、
このような行動の変化があるときは、発情を迎えている可能性もございます。

初回の発情は個体差や品種差はありますが、6ヶ月齢〜1才までの間に迎えることが
多いといわれています。
発情の特徴としては、「いつもと違った声で鳴く」「排尿回数が増える」「お尻をあげる」
「四肢で足踏みをする」などがあります。
発情中は食欲が低下することもあるため、発情を迎えた事による
食欲不振である可能性もあります。


【成長に伴う食への執着の低下】
現在スコティッシュフォールドちゃんは9ヶ月になられたとのことでございますが、
この頃は段々成長のスピードが緩やかになってくる時期でもあります。
そのため、今までは旺盛だった食欲が段々と落ち着きをみせてくるという
可能性はございます。

スコティッシュフォールドちゃんに与えていらっしゃるお食事の容器や袋には、
月齢にあった必要な食事量が印刷してあるかと存じます。
この分量をだいたい食べられており、
その他に特に体調の変化がないということでしたら、ご様子をみて頂くことも
一つかと存じますが、食欲不振が続くようでしたら、ご安心のためにも
一度ご通院をされることをお勧め致します。

通り抜ける風が冷たく、身を縮めてしまうような厳しい寒さが続いておりますが、
eri様におかれましてはお風邪など召されませぬようご自愛下さいませ。

今後とも、アニコムを何卒宜しくお願い申し上げます。