教えて!アニコム損保!しつけ・健康相談 皆様のご質問にお答えいたします。

必ずお読みください

・回答までに数日いただきますので、緊急を要する場合(誤飲、頻回の下痢・嘔吐、おしっこが出ない等)は、すぐに動物病院を受診してください。
・当掲示板での回答は、お申し出内容に基づく一般的な回答となります。
・「ワード検索」にお悩みのキーワード(トイレ等)入れていただくと、過去の類似の回答をご確認いただくことができます。
・ニックネーム、タイトル、コメント欄は全体に公開されますので、氏名や証券番号など、個人情報の入力はお控えください。

証券番号

  • (記入例:S00123452)

  • ご入力いただいた証券番号は公開されませんが、ご契約のどうぶつ情報をもとに回答いたします。

ニックネーム

  • ニックネーム、タイトル、コメント欄に個人情報の入力はお控えください。

タイトル

コメント

  • URLはご入力いただけません。

暗証キー

  • (英数字で8文字以内)

投稿キー

  • (投稿時 投稿キー を入力してください)

文字色

犬が時々呼吸困難になります。

投稿者:ベンパパ

投稿日:2020/10/12(Mon) 12:57

No.6648

ミックス犬10才です。
普段の生活中に時々呼吸困難になり、最後は戻しそうになって終わります。原因がわかりません。

Re: 犬が時々呼吸困難になります...

- アニコム獣医師

2020/10/15(Thu) 10:09

No.6659

ベンパパ 様

ワンちゃんが呼吸困難になる原因は、呼吸器(鼻、気管、肺)や心臓の異常、寄生虫感染、熱中症、貧血、腫瘍や何らかのアレルギー反応、過度な肥満や誤飲等、様々なものがあります。
原因によっては早急に治療が必要となる場合もありますので、お早めの受診をおすすめします。

それでは、今後ともアニコム損保をどうぞよろしくお願いいたします。



トリミングのドライヤーについて

投稿者:直子

投稿日:2020/10/11(Sun) 20:53

No.6647

はじめて、ご質問いたします。
11ヶ月のパグのトリミングの際のドライヤーについて教えていただきたいことがあります。
先日、トリミングサロンでボックス型ドライヤーを使って乾かしてもらっていたのですが、箱の中に入るボックス型ドライヤーは短頭種のパグには温風の風が負担がかかってしまうのではと心配になりました。トリミングサロンでは体調を見ながらトリミングしてくださっていると思うのですが、ボックス型ドライヤーの使用は安心安全なものなのでしょうか?
ご回答をよろしくお願いいたします。

Re: トリミングのドライヤーにつ...

- アニコム獣医師

2020/10/15(Thu) 10:05

No.6658

直子 様

一般的に、ワンちゃんの状況に応じて、安全性に十分配慮した上で施術されているかと思いますが、当掲示板では製品の安全性について、ご案内がいたしかねます。

もし、施術後にワンちゃんがぐったりしている、呼吸が荒い等の症状がある場合には、ストレスや体への負担がかかっている可能性も考えられますので、トリマーさんへのご相談をおすすめします。
また、鼻の穴が狭い、肥満傾向、心臓病のような疾患等、ボックス型ドライヤーに入れるリスクが高くないか、かかりつけの先生に診ていただくと安心かと思います。

それでは、今後ともアニコム損保をよろしくお願い申し上げます。



お手とお座りの教えたか

投稿者:みかん

投稿日:2020/10/11(Sun) 19:13

No.6646

7月24日生まれの柴犬の女のこです。
我が家にきて2週間です。
おてとお座りの教え方を教えてほしいです。

Re: お手とお座りの教えたか

- アニコムカウンセラー

2020/10/15(Thu) 09:55

No.6657

みかん 様

「おて」や「おかわり」などの特定のコマンドを教える時には、成功しやすい環境下で始めることが重要です。

お迎えされてから、まだ日も浅く、今は、柴犬ちゃんも新しい環境に慣れるため、多かれ少なかれ緊張や不安感を抱いている時期かと存じます。
まずはしっかりと信頼関係を築いていただき、柴犬ちゃんに無理のない範囲で楽しみながら、スモールステップで取り組んでみてはいかがでしょうか。

下記のURLにて、「おすわり」や「ふせ」に関する内容を記載しておりますので、参考にしていただければ幸いです。

●どうぶつ親子手帳 ワンちゃんのしつけの基本「オスワリ・マテ」 
https://www.anicom-page.com/all_education_details?type=11&id=145

●どうぶつ親子手帳 ワンちゃんのしつけの基本「フセ・ハウス」
https://www.anicom-page.com/all_education_details?type=11&id=146

みかん様の指示に従って行動することは、柴犬ちゃんとのコミュニケーションの一つです。しっかりと信頼関係が築けていれば、できない場合でも問題はございません。
子犬ちゃんの時期は思い通りにいかないことも多いですが、おおらかな気持ちで接していただければと思います。

それでは、今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



生後4ヶ月すぎの子犬が急にトイ...

投稿者:まる

投稿日:2020/10/11(Sun) 04:48

No.6645

トイプードル、月齢4ヶ月半、♀
室内でゲージ内で飼育、そこにベッドとトイレを入れ、ゲージから遠くない外の場所にもう一つトイレを置いています。
トイレに成功したり、こちらのタイミングで1日3-4回、1回15分程度ゲージの外の狭い範囲に出して遊ばせています。
生後2ヶ月半で迎え入れ、トイレは家に来た頃で7割、そこから2〜3週間ほどでほぼ完璧になっていましたが、最近ゲージ内のトイレ以外の場所でおしっこをするようになったり、トイレから少しはみ出すようになりました。お留守番のときは失敗せず、失敗するのは決まって私か主人が見ているときです。
社会化のために1ヶ月ほど前から週に1回犬の保育園に通わせていますが、失敗はなく、広いスペースで遊ばせていても自らトイレに向かうそうです。またドッグランに連れて行っても自分からトイレに行っておしっこをしています。

粗相をしたら静かに目も合わせず片付けていますが
なぜこのようになってしまったのか理解ができず、わざとなのかと思う節もあります。どのように対処すれば良いでしょうか。
とくにトイレを失敗したあとにどのような態度で接すれば良いのでしょうか。
成功したときはかなり大げさに褒めています。
なお粗相をするのはいつもおしっこで、ウンチの失敗はありません。
ご回答いただけますと幸いです。

Re: 生後4ヶ月すぎの子犬が急に...

- アニコムカウンセラー

2020/10/15(Thu) 09:42

No.6656

まる 様

一般的にトイレを失敗する理由としては、トイレの汚れ、トイレの場所、注目されるための手段としている等のほか、環境の変化等がきっかけとなることもあります。まる様のワンちゃんは、ご家族様が見ている間だけトイレ以外で排泄するという状況が、「まる様やご家族様から注目してもらうための手段のひとつ」となっている可能性が考えられます。

トイレトレーニングは、現在まる様が実行されているように、「成功したら褒める」「失敗したら、目を合わせることなく声もかけずにサッと片付ける」ことが基本です。

なお、「トイレを失敗したら、飼い主様がそばに来てくれる」などと感じている場合、ケージにトイレシーツを敷き詰めるなど、トイレ以外でおしっこをしても、まる様がすぐに片付けなくてもいい環境を作ることも一つの方法でしょう。
あわせて、飼い主様の注目を集めたくて、あえてトイレを失敗している場合、一緒に遊ぶ時間や、お散歩の時間を長くしたりすることで、改善に向かっていくこともございます。

それでは、今後ともアニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



ワクチン接種

投稿者:アトム

投稿日:2020/10/09(Fri) 15:57

No.6642

 7歳になるノルウエージャン・フォレストキャット(女の子)の相談です。
昨年、フェリバック3(猫ウイルス性鼻気管炎・猫カリシウイルス感染症・猫汎白血球減少症)を接種しました。
その夜に、食欲なく、頻繁に嘔吐しました。今年、ワクチン接種について、獣医に相談したところ、個体によって強く反応がでる事が、そういう個体はワクチン接種しない方がよいと言われました。ワクチンしなくてもいいでしょうか。
接種しない場合、この病気の感染経路や予防法を教えてください。

Re: ワクチン接種

- アニコム獣医師

2020/10/15(Thu) 09:32

No.6655

アトム 様

猫ウイルス性鼻気管炎や猫カリシウイルス感染症の感染経路は、くしゃみや咳からの飛沫感染、触れ合いによる接触感染、人の体や服を介するものがあります。
そのため、敷地内に野良ネコちゃんを入れない、手洗いを徹底する、帰宅後ネコちゃんと触れ合う前に着替える等が望ましいです。

猫汎白血球減少症は、3種の中で最も死亡率が高く、糞便、尿、唾液等からの経口感染と、汚染物を介した間接的な感染で起こります。
この疾患の原因であるパルボウイルスは、抵抗力が強く、環境中で数年生き残り、一般的な消毒液は有効ではないこと等から、ワクチンによる予防が推奨されます。

なお、ワクチンの副作用としては顔面の浮腫、かゆみ、蕁麻疹、嘔吐、下痢などが多く、ごくまれに起こる重症例ではアナフィラキシーショックや死亡例もあります。
副作用が出た場合、接種自体を控えることももちろんありますし、ワクチンのメーカーを変えたり、接種前に抗アレルギー薬を用いることや、事前に抗体価を調べて、ワクチンの接種の是非を判断することもあります。
状況により判断が異なりますので、かかりつけの先生とよくご相談ください。

それでは、今後ともアニコム損保をどうぞよろしくお願いいたします。