教えて!アニコム損保!しつけ・健康相談 皆様のご質問にお答えいたします。

ご注意

回答までのお時間は3営業日以内とさせていただきます。
緊急を要する健康相談の場合は、すぐに動物病院を受診してください。
直接どうぶつさんのご様子を拝見しておりませんので、一般的なご案内となりますこと、また、投稿フォームにはURLを入力できない設定となっておりますことをご了承ください。

証券番号

  • (記入例:S00123452)

  • ご入力いただいた証券番号は公開されません。

ニックネーム

タイトル

コメント

  • URLはご入力いただけません。

添付File

暗証キー

  • (英数字で8文字以内)

投稿キー

  • (投稿時 投稿キー を入力してください)

文字色

うんちのしつけ

投稿者:マカロニ

投稿日:2017/10/09(Mon) 07:58

No.4977

柴犬4ヶ月の雄です。おしっこは、サークル内とサークル外に2ヶ所あるシーツにすることを覚えましたが、うんちはサークル内では全くせずサークル外でしかしません
。しかもシーツにはせず、毎回違う場所に粗相します。うんちが出そうな時は急いでシーツまで運びますが覚えてくれません。試しにサークル外にシーツを2ヶ所離れた場所に置きましたが、おしっこ場所が増えただけでうんちは違う場所にします。柴犬は他の犬と違ってサークル内ではうんちをしないのでしょうか?また、おしっことうんちは同じ場所でしないのでしょうか?もし柴犬の習性としたらおしっことうんちの場所を分けるしかないのでしょうか?教えてください。

Re: うんちのしつけ

- アニコムカウンセラー 能登

2017/10/12(Thu) 13:42

No.4980

マカロニ 様

この度は、ご相談をいただきまして、誠にありがとうございます。

犬種に関わらず、形の残るウンチは、テリトリーを汚したくないという意識からか、くつろいだり休む場所から
離れた所ですることを好むワンちゃんは多く見られます。
その他にも、トイレでウンチをしようとした時に、ワンちゃんにとって何かイヤな事があったなどの要因も考えられます。

もし、「布製品の上で排泄する」「物陰で排泄する」等、失敗する場所に共通点がある場合には、布製品を一旦撤去したり、
物陰にトイレを設置するなど、失敗しそうな要因を排除し環境を整えてみましょう。

さて、トイレトレーニングでは、マカロニ様も実践されているように「排泄しそうなタイミングを把握して、
成功するように誘導する」ことが重要です。

ウンチをしそうな仕草をしてからトイレに誘導しても上手くいかない場合には、
柴犬ちゃんがよくウンチをするタイミングを記録して、そのタイミングで、排泄の仕草をし始める前に、
トイレシーツを敷き詰めたサークルに誘導してウンチするまでその中で遊んでもらうのも一つの方法です。

トイレシーツが敷き詰められたサークル内であれば、どこで排泄しても褒めてあげることができますし、
慣れてきたら、サークル内で排泄をしなかったスペースのシーツを1枚ずつ外して、
最終的に残った場所を柴犬ちゃんのトイレスペースにしてみても良いでしょう

なお、トイレ以外の場所で排泄した時は、柴犬ちゃんと目を合わせることなく、声もかけずにサッと片付けてしまいましょう。
人が何らかの反応をすると、ワンちゃんは「褒めてもらえた」と勘違いしたり、マイナスな雰囲気を感じて、
「今度は見つからないようにしよう」と隠れてするようになることもあります。

現時点で、「オシッコをトイレでできる」ということは、とても素晴らしいことです。
ウンチに関しても、成功しやすい状況を作ってあげることで次第に覚えてくはずです。
ぜひ、おおらかな気持ちで、柴犬ちゃんと一緒に取り組んでいただければと思います。

それでは、今後ともアニコムをよろしくお願いいたします。



スリッパ.靴下に反応して。。。

投稿者:つくね

投稿日:2017/10/06(Fri) 10:29

No.4975

一歳になったばかりのトイプードルです。

普段は穏やかな性格なのですが、ボールが大好きで、少しソファーに座ると、ボールを持ってきて、投げて欲しそうに待っているのでボールを投ると取りに行き、またボールを持ってくるという遊びが欠かせません。
しかし、最近になり、どうやら動いているものに対しての反応が凄くて、靴下を履くと靴下をくわえにきます。もちろん、足までガブリと。。。同じ現象でスリッパを履くとガブリと。。。大きな声で怒ると遊んでもらっていると勘違いするとどこかの本で読んだ気がしたので、最初はびっくりして怒っていましたが、最近はガブリとされた瞬間にゲージに入れるのですが、しはらく経ってゲージから出すと、また同じ繰り返しです。。。

この行動をさせない様にする、いい方法はありませんでしょうか?アドバイス頂きたく、宜しくお願い致します。

Re: スリッパ.靴下に反応して。

- アニコムカウンセラー 能登

2017/10/10(Tue) 16:41

No.4978

つくね 様

この度は、ご相談をいただきまして、誠にありがとうございます。

つくね様がおっしゃるとおり、ワンちゃんは、動くものが大好きで、また、それを噛んだ時に何らかの反応があると、
余計に楽しくなってしまうようですが、噛んで良いものといけないものを、周りの反応をみながら学んでいきます。

「ボールやオモチャで遊んでいる時は、大好きなつくね様が褒めてくれて嬉しい。
足や靴下、スリッパなどを噛むと、楽しい遊びが終わってしまい、つくね様に相手にしてもらえなくてつまらない。」
とトイプードルちゃんに感じてもらうことが重要です。

そのため、じゃれても噛んでも良いもので遊んでいる時には、これまで通りトイプードルちゃんを褒めていただき、
噛んではいけないものを噛んだ時には、まずは毅然とした態度・低く落ち着いた声で叱りましょう。
叱っても止めない場合には、遊びを中断させたり、その場から立ち去りましょう。
その際には、トイプードルちゃんと目も合わせず、声もかけません。

また、靴下やスリッパを履く時など、トイプードルちゃんがじゃれたり噛んだりしてきそうだな、
とつくね様が予見できる場合には、その前に「オスワリ」などの指示をして、トイプードルちゃんの
「動くものにじゃれよう」という気持ちを一旦クールダウンさせてあげましょう。
指示に従えたら褒めて、ご褒美をあげたり、時間があればオモチャやボールで一緒に遊んであげてください。

なお、トイプードルちゃんに、「つくね様の指示に従うと良いことがある」ということを伝えるために、
普段の遊びもトイプードルちゃん主導ではなく、まず、つくね様が「オスワリ」や「フセ」などの指示をだして、
指示に従えたら遊びを開始してみるのも良いかもしれません。

それでは、今後ともアニコムをよろしくお願いいたします。



先住犬とけんか?遊び?興奮して...

投稿者:きなこ

投稿日:2017/10/05(Thu) 15:55

No.4972

7才になるメスの先住犬がおります。先日からマルプーの6ヶ月のメスを飼っております。
先住犬とけんか?遊びなのか、判断できない事が多いです。2匹で走り回り、噛んだり、最後は先住犬が私の方にきて、だっこしてくれとなります。落ち着かせるために、先住犬をだっこして、子犬を後からだっこするのですが、子犬が興奮から冷めず、降ろしても、ひとりで走り回り、トイレシートやタオルを、グチャグチャにします。私の手も噛んでくるので、ダメ、と低い声で叱りますが、それにも火がついたように、走り回り、唸っています。
トイレなど、できた時は、誉めると、そこで出来るようになってきました。
上手くしつけするのは、どうすればよいでしょうか?また、先住犬とは、どうすれば、けんかせずにすむでしょうか?

Re: 先住犬とけんか?遊び?興奮...

- アニコムカウンセラー 能登

2017/10/06(Fri) 17:03

No.4976

きなこ 様

この度は、ご相談をいただきまして、誠にありがとうございます。 

人間から見たら遊びなのか争っているのか、判断が難しい行動は、ワンちゃん同士が関係性を築く過程でよく見られます。
基本的に、ワンちゃん同士のことは、間に入ったり、どちらかをかばうということはせず、おおらかに見守ってあげましょう。
万が一、どちらかが怪我をしそうな争いに発展した時には、ボールを投げたり、ドアを開けたりして、
まず、ワンちゃん達の気持ちを他のものにそらしてあげてください。

なお、普段は指示に従えるワンちゃんでも、興奮しすぎてしまうと、指示が通りにくくなり、落ち着くまで時間がかかります。
そうなる前に、きなこ様が「オイデ」や「オスワリ」などの指示を2頭に出して、一旦、クールダウンさせてあげましょう。

また、ワンちゃんが好ましくないことをした時に、抱き上げたり、焦って反応したりする様子が
ワンちゃんにとってご褒美となっている可能性もあります。先住のワンちゃんに対しても何か指示を出して、
その指示に従えたご褒美として抱き上げていただくなど、そのままワンちゃんの要求に応えないような工夫をして、
きなこ様の姿勢を子犬ちゃんにも見せてあげられると良いでしょう。

ぜひ、きなこ様は、今まで通り一貫して先住のワンちゃんを優先し、おおらかで頼りがいのある雰囲気で
2 頭の様子を見守ってあげてください。

それでは、今後ともアニコムをよろしくお願いいたします。



今後の飼育について

投稿者:まろりん

投稿日:2017/10/04(Wed) 23:38

No.4971

まもなく、4か月になる柴犬(雌)を飼い始めて2週間経ちますが、ペットショップのスタッフさんより
家に連れて来てから、1週間はサークルより出さないようにと言われました。理由は、トイレをきちんと覚えさせる為と、子犬は新しい環境に慣れるのにサークルの中は安心な場所ということを覚えさせる為ということでした。

今月中旬に、狂犬病の注射を接種予定です。3回目のワクチンも既にショップで済んでおります。
まだ、サークルの中でしか過ごさせていないためか、サークルの扉を開けていても飛び出したり、自分で出ていこうとはしません。少しは、出ていこうとするものの知らない場所が不安なのか、あたりを臭いを嗅ぎながらびくびくしている感じがあり、直ぐにサークルへ戻ろうとします。

来月には、お散歩デビューをさせたいなぁ・・・と思っておりますが、今後どのようにして外の環境に慣れさせていったら宜しいでしょうか?いきなり、散歩に連れ出してもいいものでしょうか?
今の状態で、外散歩へ連れて行っても臭いを嗅ぎまわって、様子を伺いながらちゃんと歩いてもらえるのか不安です。外へ出す前に、敷地内の狭い場所から歩かせるなどして、慣らした方がいいのでしょうか?

子犬を飼うのが初めての経験で、全てが手探り状態で育てております。アドバイス宜しくお願い致します。

Re: 今後の飼育について

- アニコムカウンセラー 能登

2017/10/05(Thu) 16:58

No.4974

まろりん 様

この度は、ご相談をいただきまして、誠にありがとうございます。

さて、ワンちゃんにとって、安心できる場所がしっかりあることは、とても良いことです。

柴犬ちゃんは、今はまだ、サークルの外の世界に慎重になっているようですが、
まろりん様は「不安なのかな」と柴犬ちゃんを心配しすぎずに、「私が守っているから、サークルの外も安心だよ」
というおおらかな気持ちで接してあげてください。

今後、サークルの外での楽しい遊びや楽しい時間を積み重ねることで、積極性もでてくるかと思います。

また、慎重な性格のワンちゃんですと、はじめてのお散歩はちょっと緊張してしまうかもしれません。
社会性をはぐくむという意味でも、お散歩デビューまでの間は、抱っこなどで外出して、
外の様子や音を感じさせてあげましょう。まずは、玄関先からはじめて、少しずつ距離を延ばしてみてください。
なお、家の中でも、首輪やリードに慣れてもらうことから始めて、首輪などに慣れたら、一緒に歩く練習を、
ご褒美を上手に使ったり、優しく声をかけたりしながら少しずつ自信をつけてあげましょう。

それでは、今後ともアニコムをよろしくお願いいたします。



右前足を上げびっこをひく。

投稿者:ぷうたろう

投稿日:2017/10/02(Mon) 10:29

No.4965

10歳のトイプードル雄です。
2週間ほど前から右前足に違和感を感じているのかびっこをひくようになりすぐに病院に連れて行触診では特に異常なしで関節炎かもとの診断。鎮痛消炎剤を処方してもらい服用、その後治ったかと思うと又びっこを引き出したりで再度病院でレントゲンを撮って貰いましたが異常無く。血液検査も特に問題無く。なかなか原因が分からずにいます。しいて言えば指間が少し赤いくらいです。急に涼しくなった為か、精神面では娘が独立して家を出たこと。
びっこをひいている時は痛々しくてかわいそうで・・・食欲は普通です。しかし雨や雷には敏感でその天候のときは食欲も元気も無くなります。音に対して凄く敏感です。宜しくお願いします。

Re: 右前足を上げびっこをひく。

- 獣医師 柳原

2017/10/05(Thu) 16:52

No.4973

ぷうたろう様

この度は、ご相談いただきまして、誠にありがとうございます。

右前足の跛行(疼痛などで正常な歩行ができない様子)がなかなか治らないということですね。
ワンちゃんの跛行の原因は多岐にわたりますが、小型犬で成犬の場合、一般的に代表的な原因には以下のようなものがあります。

【足裏の異常】
・パッドや指間の傷や腫瘍
【神経の疾患】
・頸部の椎間板疾患
・腕神経叢の腫瘍
・橈骨神経麻痺
【骨や関節の疾患】
・骨折
・肩関節の脱臼や亜脱臼、不安定症
・変形性関節症
・関節炎
・腫瘍
【筋肉や腱の疾患】
・腱の損傷

今回は、触診やレントゲン検査、血液検査では異常が見つからなかったとのことですね。
ただ、全ての疾患がそれらの検査で診断できるというわけではなく、疾患によっては関節液の検査や、
関節鏡検査という小さなカメラを関節に挿入しての検査が必要な場合もあります。
こういった特殊な検査は、どの動物病院でも行っているものではございません。

今回、可能性があると診断された関節炎は、骨同士の接合面を保護して、関節の動きを滑らかにしている軟骨に、
何らかの支障が出ることにより、関節の炎症を起こす疾患です。
炎症が起こると関節の動きがスムーズではなくなり、痛みが現れることも多くあります。
人と同じように、ワンちゃんも高齢になると筋肉量が落ちたり、関節軟骨がすり減ったり、骨の変形が起こりやすくなり、
関節疾患のリスクが上がるとされます。また、気候が涼しくなったことも関節の痛みに関連しているかもしれません。

治療としては、一般的には消炎鎮痛剤の服用や、何よりも安静にすることが大切ですが、補助としてグルコサミンや
コンドロイチンなどを主成分とするサプリメントを利用することも多くあります。
軽度の痛みの場合、鎮痛消炎剤の使用により、痛みを忘れて元気に動き回るワンちゃんも多いのですが、
一時的にお薬で痛みが改善されているだけのため、運動をすることで症状が再発しやすくなってしまいます。
そのため、運動制限やケージレスト(安静)が大変重要となります。

しかし、何度も症状を繰り返したり、跛行がひどくなったりするようでしたら、関節炎以外の疾患も疑う必要があるかと
思いますので、今後の検査を含む治療方針について、かかりつけの先生にご相談いただくことをお勧めいたします。

今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。