教えて!アニコム損保!しつけ・健康相談 皆様のご質問にお答えいたします。

ご注意

回答までのお時間は3営業日以内とさせていただきます。
緊急を要する健康相談の場合は、すぐに動物病院を受診してください。
直接どうぶつさんのご様子を拝見しておりませんので、一般的なご案内となりますこと、また、投稿フォームにはURLを入力できない設定となっておりますことをご了承ください。

証券番号

  • (記入例:S00123452)

  • ご入力いただいた証券番号は公開されません。

ニックネーム

タイトル

コメント

  • URLはご入力いただけません。

添付File

暗証キー

  • (英数字で8文字以内)

投稿キー

  • (投稿時 投稿キー を入力してください)

文字色

しっぽの痙攣

投稿者:

投稿日:2014/10/05(Sun) 21:03

No.3725

1歳9か月の猫と暮らしています。

ここ2,3週間のことなのですが、しっぽの先や後ろ足に無意識のようなピクピクと軽い痙攣のような症状が現れています。

自分でも気になるようで、ピクピク動くしっぽを押さえつけたり頻りに舐めたりしています。

私が気になり始めた頃だったと思うのですが、テーブルの下で物音で驚いた時に飛び上って頭をぶつけました。2,3回頭を振ってその後はいつもと変わりない生活をしていますが、最近のしっぽの動きを見て脳疾患?と不安になっています。

普段は元気に走り回っていますし、フードも残すことなく水分も十分にとれています。排泄も問題なく、排尿は一日で2回程度、便は1回。下痢や便秘はありません。頻回なトイレ通いもありません。

毛並みや鼻の渇きなど一般状態も気になることはありません。

フードは尿管結石をしてから、ロイヤルカナンのphコントロールライトを、今年の2月から与え続けています。

他に気になるところでは、食欲が強く人間の食べるものも口にすることが増えました。乳製品や甘いものが好きで、肥満傾向とも言われており糖尿病も心配しています。

色々な可能性を考えて病院受診も視野には入れていますが、しっぽと足のピクピクの他は以前と全く変わりなく元気な様子なので、まず、こちらで相談して専門家から見ての可能性やそのことへのアドバイスを頂けたらと思い、投稿しました。

よろしくお願いします。

Re: しっぽの痙攣

- 獣医師 酒井

2014/10/07(Tue) 18:19

No.3731

聖 様

すっかり秋も深まり、時折寒さを感じるこの頃でございますが、聖様におかれましては
いかがお過ごしでしょうか?
この度はご相談をいただきまして、誠にありがとうございます。
聖様の1才9ヶ月になるネコちゃんが、ここ2週間ほどしっぽの先や後ろ足にピクピクという
痙攣のような症状が起こっているということでございますね。
お問合せにつきましてご案内させて頂きますが、実際のご様子を拝見しておりませんので、
一般的なご案内となりますことを何卒ご了承ください。

症状として痙攣を伴う病気には、脳・神経の疾患の他にも、中毒、低カルシウム血症や低血糖、
肝臓病など、さまざまです。
聖様のネコちゃんはこのピクピクの症状以外では大変お元気にお過ごしで、食欲もあり、
一般状態には異常が認められないとのことでございますね。
普段の様子は全く変わらず、時折、本人が意図していないのに、しっぽの先や後ろ足などの
身体の一部だけがピクピクという痙攣のような症状を示していることから、
上に挙げたいくつかの病気の中で疑わしいものとして、てんかんの部分発作が考えられます。
てんかんは全身がのけぞるように突っ張ったり、全身性の痙攣を起こすものから、
身体の一部分だけが痙攣を起こすものまであり、その発作の時以外では、症状がなく
普段通りに過ごすことができるのが特徴です。
発作の程度や頻度も様々で、急激に症状が進行することもあれば、
まれにしか発作が起こらないこともあります。
通常頻度が少なく、しかも症状が軽度な場合には特に治療を行わず経過をみることが
一般的です。

また聖様のネコちゃんは乳製品や甘い物も好きで肥満傾向もあり、人間の食べものを口にすることも
増えたとのことですので、脂肪や糖の代謝異常なども視野に入れて、一般的な血液検査や尿検査を
受けられることをお勧めします。こういった検査で異常がなく、痙攣のような症状が続くようでしたら、
その程度や頻度によっては先生とご相談していただき、MRIなどによる、脳の詳しい検査が必要になる
可能性もあります。
てんかんは腫瘍や外傷など原因がはっきりしているものと、特発性てんかんといって原因がわからないもの
に分類されます。原因がわかり、治療が可能なものであれば、まずは原因に対して治療を行いますが、
原因がわからないもので、発作が頻繁または重度になってきますと抗てんかん薬で痙攣が
起こりにくくなるようにコントロールを行います。
ねこちゃんは、何らかの強いストレスにより、小さな刺激に対して、過敏な反応をするようになる場合が
あります。原因ははっきりしていませんが、こういった反応があまりにも過剰になり、異常に活発になったり、
攻撃性を増してくるような場合にもお薬による治療が必要な場合があります。
聖様のネコちゃんがピクピクしたしっぽを舐めたり、しっぽを押さえつけたりする様子が、
もしかなりの興奮状態であったりエスカレートする様子があるようでしたら、注意が必要です。

今は大変軽度な症状で、元気いっぱいのネコちゃんですが、ぜひお早めに今の症状を病院さんに
お話しいただき、今後の経過の注意点、治療方針、検査の予定などをご相談いただければと思います。
2-3週間ほど前からの症状ということですので、覚えている限り、症状が始まった前後の状況、
痙攣の起こった時間、どれくらいの時間痙攣が続いたか、食前食後など食べた時間との関連がないか、
食べた物と食べた時間なども書き出していただき、今後の症状の記録もつけていくようにしましょう。
また、携帯やビデオカメラなどの動画で、症状を記録するようにして、先生に見ていただくと
診断の助けとなる場合があります。

アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、しつけ相談
サービスを承っておりますので、ぜひご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

時節柄、聖様におかれましては、くれぐれもお体ご自愛くださいませ。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



トイレについて

投稿者:チョコ

投稿日:2014/10/05(Sun) 12:51

No.3724

1歳のマンチカンの猫を飼っていますが、いままで一度もトイレ
の失敗は無く順調だったのに先日トイレを一時的に机の上にのせ
おろすのを忘れてトイレに入った瞬間にひっくりかえってしまいました。
それ以降怖いようでトイレで一切しなくなり新しい砂とトイレに
しても全くトイレでしなくなり大変困ってます・・・

今後、どのように改善すればいいでしょうか?

Re: トイレについて

- ドッグライフカウンセラー 三留

2014/10/07(Tue) 18:13

No.3730

チョコ 様

青くつきぬけるような秋の空が美しい季節でございますが、
チョコ様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。
この度は、ご相談をいただきまして、誠にありがとうございます。
早速ご案内をさせていただきますが、
一般的なご案内となりますことを何とぞご了承ください。

チョコ様のマンチカンちゃんが、先日一時的に机の上に乗せたトイレに
入った瞬間ひっくりかえってしまい、それ以降トイレで排泄をしなくなって
しまったとのことでございますね。
チョコ様のマンチカンちゃんのように、ある場所で怖い思いをすると、
それ以降、その場に決して近づこうとしないことは比較的よくみられます。
このような場合、マンチカンちゃんがその場所を認識したときに、
マンチカンちゃんにとって好きなことをしてあげる、ということを時間をかけて繰り返し、
その場所に対するイメージを少しずつ改善をしていくことで、その場に近づくことへの
躊躇を軽減していきます。

チョコ様のマンチカンちゃんがひっくりかえった場所がトイレでなければ、
時間をかけて、この場所の近くまできたらオヤツを与える、などとすることを続けて
近づいたり入ったりすることのできる状態にもっていくことができると思います。
ところが、困ったことに、マンチカンちゃんが怖い思いをした場所が、
健康状態にすぐに影響を与える、排泄をする場所でございます。
トイレは、毎日使う必要のある場所ですので、慣らすことに時間を要する方法より、
すでになさっているように、マンチカンちゃんの気に入るトイレを
新しく用意いただくことがよろしいでしょう。

トイレは今までと異なるタイプでありながら、好みにあったトイレを、
今までの設置場所とはまったくことなる場所に用意いただいたほうが
よろしいかもしれません。
ひっくりかえるのではないか、というような心配の感じない、安定性があり、
マンチカンちゃんの好みにあったトイレを、幾つかご用意いただくとよろしいでしょう。
お気に入りのトイレであれば、何かの拍子に、その場所で排泄をするようになると
思いますので、急がず、しばらく様子をみてみましょう。
偶然でも、何かの拍子でトイレで排泄をしたら、お褒めいただいたり、
マンチカンちゃんの好物を与えていただくとよろしいでしょう。
もちろん、粗相をしても叱ったり、騒いだり、声をあげたりせず、
できたときに褒めるだけにしてください。

一般的には、ネコちゃんは埋めやすく、掘りやすい、ある程度の重量感のある砂を
好みます。紙やペレット状タイプの砂を好まないネコちゃんも多く、
またフタのあるタイプを好まないネコちゃんも多いようです。
トイレの場所は、静かでご家族の行き来が少ない場所を好むネコちゃんが
多いようでございますが、マンチカンちゃんのお好みのタイプはいかがでしょうか。
また、雰囲気からマンチカンちゃんもいつもと違うことがあったことを忘れるように、
できるだけリラックスをして排泄ができるのんびりとした環境にして
いただければと存じます。
オシッコやウンチをいつもしてしまい、困ってしまう場所で食事をさせてあげたり、
オヤツを与えていただいたり、入れないように工夫いただくとよろしいでしょう。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、
しつけ相談のサービスを承っております。気がかりなことがおありの際には、
ぜひご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

チョコ様とマンチカンちゃんがお健やかに笑顔いっぱいでお過ごしになられますよう
心から応援いたしております
今後ともアニコムを宜しくお願い申し上げます。



トイレのしつけ

投稿者:ラムママ

投稿日:2014/10/05(Sun) 00:30

No.3723

たびたびすいません

トイレのしつけについてですがそろそろ我が家に来て10日ほどのキャバリアがいます
3ヶ月位の女の子なのでそろそろと思っています

しかし先住犬2歳のペギニーズの男の子がいる為中々フードを持ったまますることは難しいのかと思います

ぺぎにーずは家に来た時からトイレシートの上でしかしない子でしたので苦労はありませんでした

多頭飼いでするのは初めてなのでなにかいい方法はありますか?

本などを見ますが1匹の想定が多いので困っています

よろしくお願いします

Re: トイレのしつけ

- ドッグライフカウンセラー 三留

2014/10/07(Tue) 18:08

No.3729

ラムママ 様

木々の色が少しずつ秋の装いを帯びる頃でございますが、
ラムママ様におかれまして、その後、いかがお過しでしょうか。

お迎えになられて10日ほどのキャバリアちゃんのトイレのしつけについての
ご質問でございますね。
早速ご案内をさせていただきますが、一般的なご案内となりますことを
ご了承ください。

子犬ちゃんは排泄機能が未発達ですので、興奮のあまり、
あるいは遊びに夢中になったりして、トイレまで戻らずに
そのままその場でしてしまうこともあるかもしれません。
サークルの中で、サークルの外で、その場所に応じて褒めることによって、
どこで排泄したらいいのかを根気強く教えてあげましょう。
そろそろかな、というタイミングでトイレに誘導いただき、
「トイレはここよ」などといういつも決まった言葉をかけながら、
偶然でもできたら褒めていただきます。
タイミングの把握の仕方ですが、キャバリアちゃんの仕草の変化をご覧いただき、
トイレへお連れいただくのも一つの方法ではございますが、
オシッコをしようと思うと、ママが緊張した面持ちで走ってくる、
などということになると、慌ただしくなってしまい、
キャバリアちゃんがその場の雰囲気にのまれてしまう、
というようなこともあるかもしれません。
したがいまして、大体どのくらいの間隔で排泄をしているかという
キャバリアちゃんの記録をおとりいただき、そろそろというタイミングで
「トイレはここよ」などという声がけとともにトイレに連れて行ってあげ、
偶然でもオシッコをしたら、「お利口」と褒めてあげます。

褒めるというと、フードやオヤツで、とお思いになるかもしれませんが、
ワンちゃんにとっては、飼い主様に構ってもらえる、ちらりと見てもらえる、
騒いでもらえるということもすばらしいご褒美です。
また、フードやオヤツをご利用いただく際には、
必ずラムママ様の声で「お利口ね」と添えていただくことで、
ラムママ様のお声をより有難いものに感じさせていただくようにしましょう。

トイレのしつけで重要なことは、粗相をしても声をあげたり、
叱ったりしないということです。
「あらーっ」などと飼い主様が声を上げたり、騒いだりすると、
ワンちゃんは「トイレの失敗=自分に注目してもらえる」と思い、
ご家族様の気を引くため、あちこちで粗相をしていることもみられます。
特に多頭で飼育なさっていると、ワンちゃんたちは、少しでも、
もう一頭のワンちゃんより構ってもらうためにはどのようにしたらいいのか、
ということを大変よく見ています。トイレのシートの上で排泄をしたら
褒めてもらえる、構ってもらえると感じさせてあげましょう。
また、お兄ちゃんのペキニーズちゃんがシートでしているときに、
「お利口ね」と褒めていただき、時にはオヤツをあげるのを
キャバリアちゃんに見せていただくことで、シートの上でオシッコをすれば
褒めてもらえるということを理解するかもしれません。
できるだけゆったりとした気持ちで、子犬ちゃんの排泄と取り組んでいただき、
できたときに褒めることで、どこでしたら良いかを教えてあげましょう。
また、ワンちゃんは周囲の雰囲気を感知する能力がたいへん高いどうぶつ
ですから、「うまくいくかしら」という飼い主様の緊張感などの言外のお気持ちが、
ワンちゃんに伝わってしまうこともみられます。
排泄は生理現象ですので、できるだけリラックスした雰囲気を
作っていただくことも大切でしょう。

現在、キャバリアちゃんは、主にハウスで過ごし、ハウスの中にトイレを置いて
いらっしゃるのでしょうか。
ハウスの中で、ほとんどの時間を過ごす子犬ちゃんですと、
ハウスの中のベッド用のタオルの上でしてしまったり、
トイレシーツの上で寝てしまったりすることもございますが、
キャバリアちゃんはいかがでしょうか。

ワンちゃんが寝る場所とトイレを分かりやすくしていただくため、
スノコなどを利用なさって寝る場所を一段高くするなどなさってもよろしいでしょう。
また、褒めるチャンスを増やすために、休むところ以外には、
全面にトイレシートを置いていただくのも一つの方法でしょう。
しばらく様子をご覧いただき、するシートとしないシートができてくれば、
しないシートを取り外してもよろしいでしょう。
トイレの周囲をサークルで囲ったり、家具などで囲んだり、
トイレ用のサークルを作るなど、ご家庭の状況にあわせて、
工夫をなさってください。
トイレ用のサークルを作る場合、ケージ内にはトイレシートを
全面に敷きつめておきます。
このようにすると、サークルの中は全部トイレになりますので、
その場所にさえキャバリアちゃんを連れて行ってあげることで、
トイレはまず成功となります。
その際には、必ずすぐに褒めてあげましょう。
しばらくすると、いつもするトイレシート、しないシートができてきますので、
それから、少しずつトイレシートのスペースを狭めることで、
最終的にはトイレシート1枚でできるようにしていきます。
また、そのぐらいの時期には周囲のサークルを取り外しても宜しい
かもしれません。
トイレの位置を移したいときには、キャバリアちゃんが戸惑わないように、
一日に数センチずつ好ましい位置まで移動してください。

サークル以外で遊ぶようになっても、そろそろというタイミングで
サークル内のトイレやサークル外に用意いただいたトイレに
誘導いただきます。
教え続ける、褒め続けることで、生活スペースが広くなっても、
どこにトイレがあるのかを理解しやすくしてあげましょう。
また、フワフワとしたラグやマット類などは粗相しやすくなりますので、
トイレでの排泄が定着するまでは、このようなものは
取り外していただいたほうがよろしいでしょう。

ケージの中のトイレに戻りたがらないこともございますが、
この場合、叱ったときにケージに入れるなど、
ケージとワンちゃんにとって嫌なことが結びついてしまっていることもあります。
ケージに入ると良いことがあるという流れを作っていただき、
ケージを好きなところになさるとよろしいでしょう。

また、ワンちゃんは元々、自分の生活スペースを汚したくないという習性が
あるといわれています。
そのためか、成長に従い、サークルの外などケージから離れたところや、
お散歩中でしたがることもございます。
ケージ内のトイレ以外にも、サークル外の静かな排泄しやすい場所に
トイレをご用意いただいてもよろしいでしょう。

また、ワンちゃんにとって排泄行為は縄張りの主張と密接な関係がございます。
ペキニーズちゃんのトイレをキャバリアちゃんが利用することを、
ペキニーズちゃんが嫌がるかもしれません。
ご様子をご覧いただき、ご様子によってはペキニーズちゃんのトイレ、
キャバリアちゃんのトイレ、というように分けていただいた方が、
よろしいかもしれません。
また、ワンちゃんは群れの中の位置が明確に分かっていないと、
マーキングやマウンティングによって、自分を主張しようとする側面を
持っていますので、ペキニーズちゃんを優先することはずっと続けていただき、
どちらが上なのか分からない、という状況はなるべく
お作りいただかないのがよろしいでしょう。

子犬ちゃんが小さいうちは、大変なことは多いものですが、
「ウチの子たちは最高!」というお気持ちでのんびりと構え、
ゆっくりと根気強く取り組んでいただければと存じます。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、
しつけ相談のサービスをうけたまわっております。
気がかりなことがおありの際には、ぜひご利用ください。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

ラムママ様とワンちゃんたちの笑顔いっぱいの毎日を応援しております。
お気軽にお声がけください。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願い申し上げます。



ハウス

投稿者:ヒロ君ママ

投稿日:2014/10/04(Sat) 17:21

No.3721

初めてご相談します。今まで出かける時、就寝時にはハウスの扉を閉めていましたが、数日前から扉を開けたままにしています。朝、私の姿を見るとハウスから出てきます。昼間は仕事に出かけている為私が帰宅すると玄関で待っております。扉は開けたままにしておいてもよいのでしょうか。

Re: ハウス

- ドッグライフカウンセラー 三留

2014/10/07(Tue) 17:54

No.3728

ヒロ君ママ 様

真っ青な秋の空が美しい季節でございますが、
ヒロ君ママ様はいかがお過ごしでしょうか。

この度は、ご相談をいただきまして、誠にありがとうございます。
早速ご案内させていただきますが、
一般的なご案内となりますことをご了承ください。

ヒロ君ママ様のお宅では、数日前からお出かけの時や就寝時に、
ハウスの扉を閉めていたのを、明けるように変更なさったとのこと、
ヒロ君ママ様の姿を見てハウスから出てきたり、
ヒロ君ママ様のご帰宅を心待ちに玄関で待つワンちゃんの可愛いご様子は、
これから始まる一日を笑顔にしてくれ、またお仕事の疲れを吹き飛ばしてくれますね。

ワンちゃんは、体を包み込まれるような落ち着ける場所があり、
怖いとき、不安なときに逃げ込める状態にあると安心いたします。
元々の習性に適しているというだけではなく、
ワンちゃんに安全で安心な環境を用意するという意味でも、
ヒロ君ママ様がなさっているように、サークルを上手にお使いになられることは大変大切なことです。
サークルを利用するときに重要なことは、ワンちゃんが自分のサークルを
お気に入りの場所だと感じるようにすることです。
このためには、叱るときにサークルに入れたり、お留守番や就寝時だけに入れる、というのではなく、
日頃からワンちゃんの嬉しいことがあったときに入ったという経験や、
入ったら嬉しいことがあったという経験をさせてあげることが重要です。
このようなことからも、お気に入りのときに出入りできるようにしておくことは好ましいことでごしょう。

ただし、一方で、ワンちゃんは思わぬものを口にしたり、好奇心からいたずらをするのが当然と
お考えいただき、誤飲などの事故に十二分の注意が必要だということをご考慮いただく必要がございます。
サークルが置いてある部屋に危険なものはございませんでしょうか。
例えば、観葉植物の中には、口にしてしまうと中毒症状を起こしてしまうものが多くあります。
お風呂場でいたずらをしていてお水の中に入ってしまうということはございませんでしょうか。
ご家族のお薬やサプリメントなどは、絶対にワンちゃんの手が届かないところにしまってありますでしょうか。
様々な危険性を鑑みたとき、お出かけのときや就寝時など、
ワンちゃんの身に危険が迫っているときに、手を差し伸べられないことが想定できるときには、
サークルの周りを柵などで仕切って、活動できる範囲を安全な状態にしておいたり、
サークルが広いのであれば、サークルの中にクレートやキャリーバッグを入れて
サークルの扉をしめるなどなさることも大切でしょう。
クレートやキャリーバッグのような自分から周囲は見渡せるけど、
周りから自分の姿をみられない、というような物はワンちゃんにとっては格好の隠れ家になるでしょう。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、
しつけ相談のサービスをうけたまわっております。
気がかりなことがおありの際には、ぜひご利用ください。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

ヒロ君ママ様とワンちゃんの笑顔いっぱいの毎日を応援いたしております。
今後ともアニコムをよろしくお願い申し上げます。



無題

投稿者:とりてん

投稿日:2014/09/30(Tue) 16:41

No.3710

7月半ばから黒い便をするようになり、すぐに動物病院に行き胃炎の治療を続けていました。
しかし、回復せず貧血がどんどん進み、高齢の為もあって麻酔の必要な検査ができず、レントゲンとエコー検査を受けました。
レントゲンは異常は見つからず、エコーで胃に4cm大の腫瘍が見つかり、余命は1ヶ月程度と診断されました。
一時は貧血の為(HCT9.8)かなり危険な状態となったのですが、輸血を受けなんとか持ち直しました。
そのうちに胃からの出血が止まったようで(便が黒くなくなった)貧血が改善し始め食欲も戻り、ぐんぐん元気になりました。
2週間ほど前に再度エコー検査を受けたところ、腫瘍がどこに有るか分からないと言われ、獣医さんには「病理検査などしていないので確実なことは言えない。腫瘍の可能性が0ではないが、これだけ回復したのでおそらくは腫瘍ではなく潰瘍からの出血だったのではないか」と言われました。
問題は、エコー検査を受ける数日前からまた便が黒くなっていることです。
検査の時に獣医さんにその旨を伝えたところ、「下痢止めの薬(ビスマス)で便が黒くなる事が有る為、その影響かもしれない」と言われ、便が黒くならない薬を処方されました。
しかし、引き続き黒っぽい便が出ています。
実は貧血になったため、獣医さんからの指示でずっと鉄分サプリを与えています(商品名ペットチニック)
また、胃の腫瘍と診断された時にn/d缶に食事を変更したのですが、どうしてもかなりの軟便になる事と価格的な事が有り、エコー検査の数日前からイノーバエボのウェイトマネージメントという高タンパク質低炭水化物のドライフードに変更しました(ビスマスを飲ませ始めた後に変更)
便が黒いのは貧血が改善しているのにペットチニックを同じ量与えているからかとも考えて、この3日間与えるのと止めました。
すると次の日から黒っぽい便ではなく、こげ茶色の便をするようになりました。
その為、やはりペットチニックの影響で黒くなっていたのは分かったのですが、それでも以前の便に比べると今の方が黒っぽいこげ茶色のような気がします。
この便の黒っぽさが出血のせいないのかどうかを、調べる方法というのはないのでしょうか?
素人考えですが、便を検査すれば血が混じっているかどうかが分かるのではないかと思うのですが…。
食べさせるフードによって便の色が変わるので、もしかすると今与えているフードがこげ茶色の便が出るフードなのかとも思うのですが、与えるのが今回初めてなので判断できないのです。
今週末に再度血液検査に動物病院に行くので、便に血が混じっているかどうか便の検査でわかるなら、お願いしようと思っています。
ご回答よろしくお願いいたします。

Re: 無題

- 獣医師 霍田

2014/10/02(Thu) 12:14

No.3715

とりてん 様

天もひときわ高く感じられるころとなりましたが、
とりてん様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

7月半ばから黒い便をするようになり、すぐに治療を開始したけれども貧血が進み、
エコー検査によって胃に4cm大の腫瘍が見つかったとのことでございますね。
輸血および治療により、エコー検査でも腫瘤が確認出来ないほどになり、
症状は改善したとのこと、なによりでございます。
しかし、エコー検査を受ける数日前からまた便が黒くなっているとのことでございますね。

早速ご案内をさせていただきますが、実際のご様子を拝見しておりませんので、
一般的なご案内になりますこと、何卒ご了承ください。
また、n/dをお使いだったとのことで、ワンちゃんと仮定し、
お話させていただきますこと、ご了承ください。

まず便が黒くなる原因としましては、次のようなものが挙げられます。
1.鉄分の摂取量が多い
2.胃腸などから出血がある
3.フードなど食べものに起因する
4.薬剤に起因する

ペットチニックはビタミン群の他に鉄を含むサプリメントであるため、
とりてん様がお考えになったように便を黒くすることがあります。
これは身体に吸収されなかった鉄が便に排出され、化学変化を起こすためです。
また、現在はイノーバエボのウェイトマネージメントというドライフードを
お使いになっているとのことですね。
こちらのフードも、原材料に鉄などが含まれていますし、それまでお使いだったフードと
色や成分なども異なるかと思いますので、便の色が以前と変わることはありますので
フードの影響で以前よりも便が黒っぽくなっている可能性もあるかと思います。
この他にも、例えば重度の歯肉炎や口腔内の傷など、口腔内に出血があった場合には、
飲み込んだ血液が胃酸により変色して便に排出されるため、黒い色調の便に
なることがあります。
また、水分量が乏しい固い便、もしくは便秘の際にもやはり便が黒くなることがあります。
黒っぽい便がすべて病的というわけではありませんが、とりてん様のワンちゃんは
胃の腫瘤からの出血が疑われ、治療中とのことですので、
症状が改善していても心配でございますよね。

続きまして便の黒っぽさが出血のためなのかどうかを調べる方法について
ご案内いたします。
詳しく調べる場合は内視鏡検査となるのですが、麻酔をかけての検査と
なるため、今回はそれ以外で記述をいたしますね。
どうぶつさんへの負担がなく、便への出血の有無を確認するには、
やはり糞便検査を行うことをお勧めいたします。
しかし、高い精度で潜血反応を確認するというのは難しいかもしれません。
通常院内で行うような糞便検査では、黒い成分が血液由来か否かを見極めることは
困難ですが、最近では外部の検査センターに依頼し、ヒトの便潜血反応検査と同じように、
ワンちゃんの糞便中における、血液成分(ヘモグロビン)を検査できることもあるようです。
一度、かかりつけの先生にお尋ねいただいてはいかがでしょうか。
また、通常の糞便検査を行い、現在の便の状況を把握することは、
大変意義があることと思います。
検査精度は新鮮な便であるほど上がりますので、ぜひ、ご通院当日の便をお持ちいただき、
糞便検査を受けられることをお勧めいたします。
一度だけではなく、何度か便の検査を行うことで、色調や性状の変化にも
気付きやすくなるため、かかりつけの先生とご相談いただければと思います。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、
しつけ相談のサービスを承っております。気がかりなことがおありの際には、
ぜひご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

今後ともアニコムを宜しくお願い申し上げます。



Re: 無題

- とりてん

2014/10/04(Sat) 23:25

No.3722

ご回答ありがとうございました。
検査して頂き、便に血は混じっていない、また血液検査の結果からも、出血兆候は見られないとの事で安心しました。

今後ともよろしくお願いいたします。



Re: 無題

- 獣医師 霍田

2014/10/06(Mon) 19:59

No.3726

とりてん 様

ご丁寧にご返信をいただきまして、ありがとうございます。
検査結果に問題がなかったとのこと、何よりでございますね。
私も安心いたしました。

とりてん様とどうぶつさんの笑顔をいつも応援いたしております。
お気軽にお声がけください。
今後ともアニコムをよろしくお願いいたします。