教えて!アニコム損保!しつけ・健康相談 皆様のご質問にお答えいたします。

必ずお読みください

回答までに数日いただきますので、緊急を要する場合(誤飲、頻回の下痢・嘔吐、おしっこが出ない等)は、すぐに動物病院を受診してください。
当掲示板での回答は、お申し出内容に基づく一般的な回答となります。

証券番号

  • (記入例:S00123452)

  • ご入力いただいた証券番号は公開されませんが、ご契約のどうぶつ情報をもとに回答いたします。

ニックネーム

タイトル

コメント

  • URLはご入力いただけません。

添付File

暗証キー

  • (英数字で8文字以内)

投稿キー

  • (投稿時 投稿キー を入力してください)

文字色

ヘルニアの薬について

投稿者:らいむ

投稿日:2019/03/21(Thu) 10:40

No.5729

一昨日、急にパピヨン4歳♀の後ろ足がもつれ、力が入らなくなりました。
慌てて病院へ連れて行き、ヘルニアと診断され、ステロイド剤(プレドニゾロン錠5mg)が処方されました。
家に帰って見ると、家族がリウマチ治療に飲んでいる薬と全く同じで、家族が発症当時は入院しないと飲めない量(35mg)でした。
80kgの人間で35mgは入院対象なのに、犬の体重4kgから換算すると、1日5mgは人間と比べるととんでもない量の気がするのですが、大丈夫なのでしょうか?
先生には悪化したらすぐに薬をやめて来院するように言われましたが、そうなってからでは遅い気がします。
ステロイド剤はリウマチの時に説明を受けているので、余計に心配しています。
今のところ悪化している様子もありませんが、適正量なのでしょうか?
日曜日には再診に行く予定ですが、それまで薬を飲ませないといけないので、よろしくお願いいたします。

Re: ヘルニアの薬について

- アニコム損保

2019/03/22(Fri) 13:37

No.5730

らいむ 様

投稿いただきました内容より、お急ぎのご相談かと存じますが、
当掲示板では、回答までにお時間を要します。
せっかくご相談をいただきましたところ、誠に恐縮ですが、
何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。

私どもでは、下記の方法でも健康相談を承っておりますので、
よろしければ、こちらをご利用いただけますと幸いでございます。

1.どうぶつホットライン
獣医師にLINEでご相談いただけるサービスです。
詳しくは、下記URLをご参照ください。
https://www.anicom-sompo.co.jp/hotline/
<受付時間>平日10:00 〜 17:00

2.お電話による健康相談
予約制となりますので、下記あんしんサービスセンターまでご連絡ください。

●アニコム損保 あんしんサービスセンター
0800-888-8256
<営業時間>平日 9:30 〜 17:30 / 土日祝 9:30 〜 15:30
※土日祝は予約受付のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

それでは、今後ともアニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



脚を舐める理由

投稿者:マカロン

投稿日:2019/03/19(Tue) 10:19

No.5718

2歳半のキャバリアを飼っています
普段はゲージ内で寝ているのですが、夜中起きて泣く為、私のベッドに連れて行き一緒に寝ています。
ベッドに連れてくると必ず5分程、脚を舐めています。飽きるとそのまま寝てしまうのですが、
足裏の色が赤くなるくらい舐めるので少し心配です。考えられる原因や対策があれば教えてください。よろしくお願いします。

Re: 脚を舐める理由

- 獣医師 山口

2019/03/20(Wed) 15:34

No.5728

マカロン 様

一般的にワンちゃんが足を舐める要因としては、以下のようなものがあげられます。

・気持ちを落ち着かせるため
・痛みがある(外傷など)
・痒みがある(アレルギー、感染など)
・痺れや違和感がある(神経疾患など)
・ストレスや退屈しのぎ

いずれの場合も、舐め続けることで口腔内の細菌と唾液が付着し、二次的に皮膚炎につながることがあります。
その際には痒みも生じ、さらに舐めるという悪循環に陥ることもあるため、注意が必要です。

足裏に赤みがある場合は、痒みや痛みなどを伴っている可能性があり、舐め続けることでさらに症状が悪化することも考えられます。
原因を調べるためにも、早めに診察を受けられることをおすすめいたします。

また、ワンちゃんが舐め始めたときに過度に反応しない、他のことで気をそらすといった対応が有効な場合もありますが、原因によっても異なりますので、あわせて動物病院でご相談いただくとよろしいでしょう。

それでは、今後ともアニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



トイプードルのウンチが出ない

投稿者:りなりな

投稿日:2019/03/18(Mon) 21:29

No.5715

トイプードル、8歳です。朝から、震えがあり、散歩もしたがりません。ご飯は三回に分けて食べました。
心配なので、病院に行き、炎症の検査を受けて来ました。
炎症は無いようです。お腹の動きを良くするお薬を飲んで様子を見る事になりましたが、ウンチが出ず、暗いところで、リラックスもできないようです。

Re: トイプードルのウンチが出な...

- 獣医師 山口

2019/03/20(Wed) 14:41

No.5727

りなりな 様

ワンちゃんのウンチが出ない原因には、以下のようなものがあげられます。

・胃腸機能の低下
・食事や水分量の影響
・便の通り道の物理的な閉塞(誤飲、腫瘍、前立腺肥大、腸の脱出など)
・足や腰などの痛み(ウンチを踏ん張れない) など

炎症の検査を受け、お薬の処方もされているとのことですが、今後も改善が見られない、何度も排便姿勢をとるが便が出ない、食欲が減ってくる、嘔吐をするなど、症状の悪化があるようでしたら、お早めに再度受診されることをおすすめいたします。

それでは、今後ともアニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



下痢便が、治らない。

投稿者:お客様

投稿日:2019/03/20(Wed) 14:30

No.5725

13歳のチワワの男の子です。
元気で食欲ありなんですが、2か月ほど下痢便が続いています。
病院で血液検査、レントゲン、便の検査しました。
特に異常はなく、食事もドックフードから缶詰のペースト状の食事にして、整腸剤とかの薬を毎週変えて現在は、ステロイドを飲んでます様子を見ていますが、未だに治りません。
胃腸は、大丈夫でしょうか?
ストレスでしょうか?どなたか、同じような症状で、完治された方、アドバイスをお願い致します。

※上記は、2019/3/17(Sun) 07:55に「教えて!アニコム損保!」へ投稿いただいた内容です。

Re: 下痢便が、治らない。

- 獣医師 山口

2019/03/20(Wed) 14:33

No.5726

お客様

一般的にワンちゃんの下痢は、以下のように様々な原因が考えられます。

・胃腸炎(消化不良、感染、ストレス)
・膵炎などの内臓疾患
・アレルギー
・中毒
・炎症性腸疾患
・腫瘍 など

治療方法も原因によって異なりますが、ストレスの場合は、環境やお食事を見直していただくことが、現在の治療の手助けとなることもあります。
しかしながら、2ヶ月ほど続いているとのことですので、今後の治療方針や追加検査などについて、再度、かかりつけの動物病院にご相談されることをおすすめします。

それでは、今後ともアニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



膝蓋骨脱臼の手術について

投稿者:nijiiro

投稿日:2019/03/16(Sat) 20:32

No.5710

チワワ 3歳です。左後脚を屈伸している姿をよく見ます。
先日、ケンケンするような姿が見られたので病院へ行き、左脚が「膝蓋骨脱臼のグレード3」との診断を受けました。
現在のかかりつけの獣医からは、症状が続かなければ手術はしなくてもよいとのこと、
セカンドオピニオンでは、グレード3で常にずれている状態なので手術を考えてもよいとのことでした。

2年前、かかりつけ医院で、右脚(グレード3)の膝蓋骨脱臼手術を受けており、その時点では左脚はグレード1で
手術の必要はないとのことでした。その際の説明では、右脚はグレード3で足を引きずる等の症状が見られなくても
今後のことを考えて手術をした方がよいと言われました。
現在、かかりつけ医院の担当医が代わられ、右脚手術の時とは説明が異なるため手術の判断ができかねています。(考え方や方針もあり、症状等を総合的に判断してとのことだと思いますが…。)
飼い主としては、グレードも進行しており、将来のことを考えるとすぐに手術をした方がよいのではと考えていますが、
迷っています。ご助言等、お願いいたします。

Re: 膝蓋骨脱臼の手術について

- 獣医師 山口

2019/03/20(Wed) 14:25

No.5724

Nijiiro 様

ワンちゃんの膝蓋骨脱臼は、症状が軽度であれば、一時的な症状緩和のために鎮痛剤やレーザー治療などを行うこともありますが、根本的な治療は外科手術となります。
また、診断には4つのグレードを用いることがありますが、必ずしも症状が比例するわけではないため、グレードの他、年齢、痛みなどの症状、炎症の有無なども含めて、治療方針を決めることが一般的です。

なお、一般的に以下の場合は、手術適応とされることが多いと言われております。
@痛みがある
A機能障害がある(跛行など)
B関節炎が進行している
C今後@〜Bの症状が出る可能性が高い

しかしながら、獣医師によって判断が異なることがあります。
今一度、手術を行うメリット・デメリットや、手術を行わない場合の治療計画などをご確認いただき、かかりつけの先生にnijiiro様のお考えもお伝えの上で、よくご相談いただけますと幸いです。

それでは、今後もアニコムをどうぞよろしくお願いいたします。