教えて!アニコム損保!しつけ・健康相談 皆様のご質問にお答えいたします。

必ずお読みください

回答までに数日いただきますので、緊急を要する場合(誤飲、頻回の下痢・嘔吐、おしっこが出ない等)は、すぐに動物病院を受診してください。
当掲示板での回答は、お申し出内容に基づく一般的な回答となります。

証券番号

  • (記入例:S00123452)

  • ご入力いただいた証券番号は公開されませんが、ご契約のどうぶつ情報をもとに回答いたします。

ニックネーム

タイトル

コメント

  • URLはご入力いただけません。

添付File

暗証キー

  • (英数字で8文字以内)

投稿キー

  • (投稿時 投稿キー を入力してください)

文字色

嘔吐について

投稿者:Natsu

投稿日:2020/07/15(Wed) 01:00

No.6417

犬が2.3日に1回嘔吐します。
毎回発生条件や吐瀉物は様々で、吐いた後にも元気いっぱいの時もあれば全く元気がない時もあり、飼い主も原因がわかりません。
飼い主として思い当たることは、吐瀉物やうんちに犬自身の毛がたくさん固まって出てくる時があること。
コロナの影響で在宅勤務が始まり、一時期終わったり、また始まったりとしているので精神的に不安定にさせてしまっているのでは、ということの2点です。
かかりつけの病院でも原因不明と言われ、今はアレルギー検査の結果待ちです。
考えうる原因はなにかありますでしょうか?
また、病院の薬を飲んでいても吐くことが無くなる訳では無いのですが、病院を変えたりするべきでしょうか?

Re: 嘔吐について

- 獣医師 米本

2020/07/17(Fri) 15:30

No.6423

Natsu様

ワンちゃんが嘔吐する原因は、年齢と状況によって様々なものが考えられます。
一般的な原因としては、ストレス、毛や異物が消化管内に詰まっている場合、食物アレルギー、空腹、細菌や寄生虫感染症、腫瘍、食道炎や胃腸炎などがあげられます。

毛を飲み込んだ場合も、大部分が排出されれば、一過性の嘔吐で落ち着くことがほとんどですが、消化管内に残ったり頻繁に飲み込むと、症状をくり返すことがあります。
ストレスに起因している場合は、できる限り原因をとり除き、スキンシップや一緒に遊ぶ時間をしっかりと作ることが望ましいでしょう。
何らかの疾患に起因している場合は、まずはその疾患に対する治療が必要になります。
嘔吐が長引く場合やその他の症状がある場合には、より詳しい検査を検討するのも1つの方法です。

なお、嘔吐の治療薬は、原因や目的によって様々で、「処方された薬では症状が変わらないという情報」も治療方針を決める上で重要となる可能性があります。
そのため、投薬後の様子をかかりつけの先生にお伝えいただければと存じますが、症状が続く場合には、別の獣医師の見解を尋ねるのもよろしいかと思います。

それでは、今後ともアニコム損保をよろしくお願い申し上げます。



パテラの手術について

投稿者:ちくわママ

投稿日:2020/07/14(Tue) 12:57

No.6415

2歳半のポメラニアン♂について、グレード3のパテラであると診断され、手術を勧められています

2年前に初めて痛みを感じ、その時はグレード2との診断でした
その時にも手術を勧められましたが、飼い主の決心がつかず、手術に至りませんでした

それからしばらくたちますが、現時点で痛みを感じている様子はなく、歩行についても問題はなさそうに見えていたのですが、獣医師の見立てでは、すでに外れっぱなしの状態になっているとのこと

将来のことを考えると手術すべきかどうか悩んでしまいます

手術した後も1ヶ月程度はケージレストが必要との話を聞くこともあり、手術自体も術後も犬にとってはかなり負担となるように思うのですが…

パテラはどの程度の期間で進行するものなのでしょうか? すぐにでも手術しなければグレード4に移行してしまうものなのでしょうか?
もし手術するのであれば、飼い主として術後はどんなことに気をつけなければいけませんか?
あいにく1ヶ月ずっと犬に付き添ってあげることも難しく、術後のケアにも不安が残ります

ちなみに、普段から日中はケージで過ごしており、夜飼い主が帰宅したあと、ケージから出て過ごしています
また、現在我が家には月齢6ヶ月のポメラニアン♀もおり、いつもはその子とおいかけっこをしたりしています

Re: パテラの手術について

- 獣医師 南場

2020/07/16(Thu) 16:54

No.6422

ちくわママ様

ワンちゃんの膝蓋骨脱臼がどの程度の期間で進行するのかは、骨の形、筋肉量、肥満度、運動量、住環境、年齢などが複雑に影響するため、一概に判断することは困難なものになります。

また、膝蓋骨脱臼の治療は、症状が軽度の場合には鎮痛剤やレーザー治療などで一時的に症状を緩和するという場合もございますが、根本的な治療は外科手術となり、症状やグレードなどによって、手術適期や手術方法も異なります。

膝蓋骨脱臼の手術後は、1ヶ月ほどケージ内で安静に過ごしていただくことや、関節にできる限り負担をかけない生活をすることが大切になります。
術後、1ヶ月ずっと付き添う必要はありませんが、体重管理や滑りにくい床材の工夫、ジャンプや同居のワンちゃんとの遊び、過度な運動の制限など注意していただければと存じます。

なお、ポメラニアンちゃんの脱臼は【グレード3】のため、膝蓋骨は常に脱臼しており、筋肉が引っ張られることで、足の歪みや骨の変形、股関節や足首の関節にも影響が及びます。
また、膝蓋骨脱臼のあるワンちゃんは膝の靭帯断裂(前十字靭帯断裂)が併発しやすいことや、罹患している側の足を庇うことで、反対側の足を痛めてしまうこともあるため、
このようなリスクを考えて、早期の手術が望ましいと判断される場合があります。

手術はお体への負担や痛みを伴いますが、傷が治るにつれて、その痛みは緩和していきます。反対に、万が一、脱臼が悪化した場合、その痛みはずっと続き、徐々に増していく可能性があります。

ポメラニアンちゃんの状態によっては、手術が望ましい場合もありますが、麻酔のリスク、手術後の安静期間、ケア方法、費用など、様々な要因が関連するため、ご納得のうえで手術をお受けいただくためにも、手術の必要性や手術の時期などについては主治医の先生に再度ご相談いただけたらと思います。

それでは、今後ともアニコム損保をどうぞよろしくお願いいたします。



歯周病

投稿者:ぷうたろう

投稿日:2020/07/13(Mon) 16:19

No.6411

12才のトイプードルです。歯周病で歯の抜歯をすることになりました。全身麻酔なので不安を感じておりますが、術前検査で、血液、心臓、肺のレントゲンを撮って頂きどれも異常なしで、歯周病はかなり進んでいるとのことで、抜歯の度合いは先生にお任せしておりますが、もしこのまま歯周病を放置して痛み止めでごまかす、という方法ではやはり愛犬のためには、かわいそうな事なのでしょうか?年齢的にも今がギリギリのとこかと思っておりますが、本当に抜歯の選択でいいのでしょうか?悩んでおります。奥歯はすでに2本自然に抜けたので、歯周病はかなり進んでいるかと、、アドバイス宜しくお願いいたします。

Re: 歯周病

- 獣医師 南場

2020/07/15(Wed) 14:44

No.6419

ぷうたろう様

歯周病は歯茎や顎の骨が炎症によって破壊され、歯が抜け落ちるだけでなく、全身の病気と深く関係があることがわかっています。
原因となる歯周病菌は、痛みの他、心臓の疾患、糸球体腎炎や肝炎、肺炎等の様々な疾患を引き起こすとされます。
全身麻酔下での処置は、危険性や負担がゼロではありませんが、重度の歯周病は、投薬による根治が望めないため、抜歯や歯石除去等の歯科処置が必要になります。
また、症状が進行し、抜歯がどうしても必要となった際、健康状態によっては治療が行えず、生活の質への影響が懸念されるため、処置が可能なうちの治療が推奨されます。
抜歯により、痛みが改善してワンちゃんの負担は減りますが、全身麻酔のリスクもふまえ、不安な点は先生にお伝えいただき、あらかじめよくご相談いただくことをおすすめいたします。

それでは今後ともアニコム損保をどうぞよろしくお願い致します。



汗と水分摂取

投稿者:りん

投稿日:2020/07/11(Sat) 20:50

No.6409

おもらしなのか汗なのか分からない程布団が濡れます。臭いは尿の臭いがしないのですが、こをなに汗をかくものでしょうか。
また、お水を全く飲まず犬用の牛乳しか飲みません。お水で薄めて与えるようにしていますが、どうやってお水を飲むようにしたらいいでしょうか。
更に、飲むとむせます。固形の時はむせません。器や位置を変えてみているのですが。
チワワ3キロですが、卵が大好物です。1日1/2個は多すぎるでしょうか。

Re: 汗と水分摂取

- 獣医師 山口

2020/07/14(Tue) 16:17

No.6416

りん様

ワンちゃんの汗腺は、肉球と鼻にのみ存在するため、ヒトのように多くの汗をかくことはありませんが、体温調節のためや口腔内の疾患、涎の量が増えるケースは考えられます。
また、膀胱炎等で失禁がみられることもありますが、尿の臭気には個体差があります。

水分摂取を促す方法としては、牛乳を薄める水の量を徐々に増やす、氷等を加える、水の場所を増やす、循環式の給水機を使用する等が挙げられます。
その他、フードをふやかす等、食事と一緒に水分をとれるよう工夫する方法もあります。
なお、飲むとむせるという経験から積極的な飲水を嫌がるケースもあり、病的な原因がひそんでいる可能性も考えられます。

また、卵は栄養価やカロリーが高く、与えすぎると体に負担がかかる可能性もあります。
卵の一般的な摂取目安量に比較して多めの可能性がありますが、現在の食事とのバランスが大切ですので、むせることとあわせて、かかりつけの先生にご相談なさることをおすすめします。

それでは、今後ともアニコム損保をどうぞよろしくお願いいたします。



夜泣きに関して

投稿者:ラッキーママ

投稿日:2020/07/10(Fri) 13:38

No.6403

現在16歳5か月です。もう後ろ足が思うように動かす事ができずにトイレにも行けずオムツをした状態です。昼間はずっと寝てばかりいて夜になると『くうくう』『はあはあ』言ってわたしたちを寝かせてくれません。動物病院で安定剤のお薬を貰って2週間が過ぎようとしていますが
全然改善されません。何か他にいい方法はないでしょうか。とにかく朝までゆっくり寝てくれればいいのですが。
よろしくお願いいたします。

Re: 夜泣きに関して

- 獣医師 大内

2020/07/14(Tue) 12:52

No.6414

ラッキーママ様

高齢犬の夜鳴きの原因には、体の痛みや不安感、何らかの要求、生活リズムのずれ、認知症など脳の疾患に伴うものなどがあります。

ご自宅では、まず生活リズムを整えることを意識するとよいかもしれません。
日光や外気に触れることが体内リズムを整える刺激になるので、抱っこやカートを活用して、明るい時間帯に外へお散歩に出かけてみましょう。
また、日中寝ていると昼夜が逆転してしまうので、話しかけたり、スキンシップや軽いマッサージを行ったり、遊びに誘うなどして心地よい疲れを感じてもらい、夜にぐっすり眠れるように誘導することがおすすめです。

最近は高齢犬のためのいろいろなサービスもあるようですので、うまく取り入れることも1つの方法かと思います。

投薬後の様子によっては、サプリメントの使用を検討したり、薬の量や種類の調整が必要な場合もありますので、かかりつけの先生とよくご相談ください。

それでは、今後ともアニコム損保をどうぞよろしくお願いいたします。