教えて!アニコム損保!しつけ・健康相談 皆様のご質問にお答えいたします。

ご注意

回答までのお時間は3営業日以内とさせていただきます。
緊急を要する健康相談の場合は、すぐに動物病院を受診してください。
直接どうぶつさんのご様子を拝見しておりませんので、一般的なご案内となりますこと、また、投稿フォームにはURLを入力できない設定となっておりますことをご了承ください。

証券番号

  • (記入例:S00123452)

  • ご入力いただいた証券番号は公開されません。

ニックネーム

タイトル

コメント

  • URLはご入力いただけません。

添付File

暗証キー

  • (英数字で8文字以内)

投稿キー

  • (投稿時 投稿キー を入力してください)

文字色

肝臓治療

投稿者:みるぷぅ

投稿日:2015/02/27(Fri) 21:39

No.3897

ゴールデンレトリバー10歳の女子。
現在肝臓の治療を継続して行っています。
14年10月の血液検査でGPT161、ALP3028となっています。
8歳の健康診断から断続的に肝臓の治療をしていますが、獣医師からは良くなることはなく、現状維持が出来ればと言われています。
今後もずっと治療をしていかなくてはなりませんか。

Re: 肝臓治療

- 獣医師 山田

2015/03/03(Tue) 19:12

No.3901

みるぷぅ 様

日増しに暖かくなってまいりましたが、みるぷぅ様におかれましては、
いかがお過ごしでしょうか。この度はご相談をいただきまして、
誠にありがとうございます。
ゴールデンレトリバーちゃんのGPTとALPが高く、断続的に肝臓の治療を
行っていらっしゃるのですね。
また、主治医の先生からは、「現状維持が出来れば」とのお話しがあり、
今後もずっと治療を続けていかなくてはならないのかということについての
ご相談でございますね。
早速ご案内させていただきますが、実際のご様子を拝見していないため、
一般的なご案内となりますことをご了承下さいませ。

肝臓は、体の中の毒素を分解して無毒化したり、
栄養素の分解や合成、貯蔵を行なったりと、さまざまな重要な働きをします。
また、機能的に予備能力(余力)が高く、再生能力の高い臓器と
言われております。
そのため、損傷などがあっても症状が現れにくく、
症状が出た時にはかなり進行していることも多いと言われております。
人でも肝臓は「沈黙の臓器」などと呼ばれることもあるかと思いますが、
どうぶつにおいても同じでございます。

さて、ゴールデンレトリバーちゃんは血液検査でGPTとALPが高く、
治療をお受けになられているとのことですね。
GPT(ALT:アラニンアミノトランスフェラーゼ)は主に肝細胞に
存在している酵素です。
肝臓の障害に伴い、肝細胞からこの酵素が血中に出る(逸脱する)と言われて
おり、現在起きている肝障害の程度を表す指標とされます。
検査機器によって幅はありますが、一般的にALTの正常値はおおよそ
100 IU/lくらいまでと考え、正常値から2〜3倍の上昇で軽度の肝細胞病変、
5〜10倍で中等度の病変、10倍以上は著しい肝細胞障害を示していると
考えられます。
みるぷぅ様のゴールデンレトリバーちゃんのGPTは161 IU/lとのことですので、
正常値より少し高いという事になります。

GPTは肝細胞の障害で上昇しますが、その原因は肝臓自体に問題がある場合と、
肝臓自体にそれほど大きな問題が無く上昇する場合があります。
肝臓自体の問題としては、慢性肝炎や急性肝炎などがあげられます。
肝臓自体にそれほど問題がなくGPTが上昇する原因としては、胃腸疾患、
膵臓疾患、代謝性疾患(特に脂質代謝異常)、うっ血性心不全、
グルココルチコイドや麻酔薬など薬剤の使用などにより上昇する事があります。

ALPはアルカリフォスファターゼの略で、肝臓・胆のうをはじめ、
腎臓、骨などの全身の臓器に分布している酵素です。
肝臓や胆嚢の評価に用いることが多い酵素ですが、
それ以外の疾患でも、骨の疾患や種々の薬剤の影響で上昇することもあります。
また、ある種の腫瘍でも上昇がみられることがあります。

また、GPTやALPが上昇しているからといって、必ずしも肝機能が低下している
とは言えません。肝機能は、肝臓が生産する物質と肝臓が処理する物質を
検査する事で確認します。
例えばBUN(尿素窒素)、Alb(アルブミン)、Glu(グルコース)、
T-Cho(総コレステロール)、T-Bil(総ビリルビン)などの数値が高すぎないか
又は低すぎないか等を肝酵素(GOTやGPT、ALPなど)と併せて
総合的に判断いたします。

先に案内した通り、肝臓は機能的に予備能力が高く、再生能力の高い臓器
ですが、肝硬変のように、長い間、肝臓にダメージを受け続けた結果、
肝臓が本来持つ機能を失ってしまったような場合には、
肝臓が広範囲に線維化して硬く変質してしまい、基本的に元の状態には
戻らない(不可逆的変化)とされています。
そのような場合には、治療によって悪化を食い止めたり、
進行を遅らせたりすることは可能ですが、回復させることは難しいと
考えられています。
みるぷぅ様のゴールデンレトリバーちゃんの肝臓の状態は、
このような肝機能不全の状態になっていらっしゃるのでしょうか。
伺ったGPT、ALPの値だけでは判断が出来まねますが、
もし、現在の状態がまだ肝機能不全のような状態でない場合でも
ゴールデンレトリバーちゃんの状態や、他の数値から、
継続的な治療が必要な状態なのではないかと存じます。

肝疾患には様々なものがあり、肝酵素の数値だけで鑑別は困難
となります。また、肝臓自体に原因がなく、他の疾患の影響で二次的に
数値が高くなっている場合もございます。
したがいまして、定期的な血液検査を実施していただき、
高い数値が続く場合には、超音波検査や肝機能の評価を行い、
他の疾患も視野に入れながら追加検査や治療を行っていく必要が
ございますので、是非かかりつけの先生にも、今後の治療方針についても
ご相談していただけたらと存じます。

日増しに暖かくなり、早春の息吹を感じるこの頃でが、
みるぷぅ様とゴールデンレトリバーちゃんがお元気にお過ごしいただけたらと
存じます。また何か気がかりなことがございましたらご相談下さい。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、
しつけ相談のサービスを承っております。気がかりなことがおありの際には、
お気軽にご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 0800-888-8256です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

今後ともアニコムをどうぞよろしくお願い申し上げます。



御礼

投稿者:Y

投稿日:2015/02/28(Sat) 16:24

No.3898

こんにちは。こちらの保険を解約することになりましたが、これまで大変助けていただき誠にありがとうございました。
こちらの掲示板は「不安なことがあるけど、忙しい獣医さんやボランティアさんに聞くのは気が引ける」という時に、
対価を払っているお仕事として回答してもらえるので、逆に気が楽で、これまで3〜4回ほど利用しました。
大変丁寧で分かりやすく書いてくださる回答内容も勿論ですが、自分が一人でとても不安に思っている状況を他の人も知っていてくれて、自分と同時進行で一緒に調べてくれているという心強い状態が生まれるので、
私のような心配性の飼い主には、自分がまず平常心になるという行程のためにも非常に助かりました。
本当にありがとうございました。このような掲示板での対応はとても大変かと思いますが、今後ともどうか、多くの迷える飼い主の支えになって差し上げてください。
ありがとうございました。

Re: 御礼

- ドッグライフカウンセラー 三留

2015/03/02(Mon) 18:37

No.3899

Y 様

寒い日はありますが、少しずつ春の訪れを感じる頃でございますが、
Y様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
この度はご丁寧に温かなお言葉をおかけいただき、誠にありがとうございます。
微力ではございますが、少しでもY様と、どうぶつさんのお役に立てたと伺い、
たいへん嬉しく思っております。

Y様のお言葉を励みに、スタッフ一同、心を併せ、
どうぶつさんを愛し、どうぶつさんと暮らすご契約者様のお役に立てる
掲示板を目指し精進してまいる所存でおります。
Y様と可愛いどうぶつさんたちとの毎日が、笑顔いっぱいでありますよう、
心から応援いたしております。どうぶつさんたちにどうぞよろしくお伝えください。



無題

投稿者:ひろみ

投稿日:2015/02/27(Fri) 12:45

No.3895

チンチラのオスとメス猫のけん
回答、ありがとうございました。
とても、参考になりました。
もう一つ、お聞きしたいのですが、発情期がきて、トイレ以外の所におしっこ、ウンチをした時は、怒った方がいいのでしょうか?
怒らない方がいいと聞いたので、怒らないようにしているのですが、やっぱり、怒った方がいいのでは?、と思ってしまいます
どうすればいいでしょうか、教えていただければと思っています
お願いします

Re: 無題

- 獣医師 酒井

2015/02/27(Fri) 16:47

No.3896

ひろみ 様

この度は、ご丁寧にご返信いただき、またご質問をいただきまして
誠にありがとうございます。
今回のご質問は、ネコちゃんの発情期にトイレ以外でおしっこやウンチをした場合の対応
について、でございますね。
発情期にネコちゃんがとる行動は、共に暮らす私たちにとっては困った行動では
ありますが、ネコちゃんにとっては本能による行動です。
その行動に対して、ひろみ様に怒られてしまいますと、肝心のトイレ以外でしてしまう
排泄行動はそのままで、チンチラちゃん自身が安心して過ごせるはずの家で
リラックスをすることができなくなる可能性があります。
そのため、ひろみ様が、今なっているように、怒らないで接してあげることが
望ましいと思われます。

また、現在は発情中のため、特殊な状況と考えられますが、もし発情が落ち着いた際
もトイレ以外の排泄行動が見られる場合には、男の子のチンチラちゃんもご家族に加わり、
トイレが不足している可能性もあります。
通常、ネコちゃんのトイレはネコちゃんの頭数プラス1個用意するのが望ましいと
言われていますので、3つのトイレが必要ということになります。
ネコちゃんはトイレの環境にもとてもデリケートなどうぶつとも言われていますので、
今後の様子によっては、チンチラちゃんのお好みのトイレのタイプを見つけてあげる
必要があるかもしれませんね。

何か気がかりなこと、ご心配なことございましたら、またお気軽にご相談下さい。
ネコちゃんたちにどうぞよろしくお伝えください。
今後ともアニコムをよろしくお願いいたします。



膝蓋骨脱臼の手術について

投稿者:ひよこ

投稿日:2015/02/23(Mon) 14:31

No.3890

5歳のマルチーズミックス犬です。ひと月ほど前に、膝蓋骨脱臼の診断を受けました。これまで服薬、注射などで治療してきましたが、良くならず手術することになりました。グレード3と言われています。現在は主治医は、骨を削り溝を深くし、靭帯の位置を変える方法の手術をする。セカンドオピニオンをいただいた獣医(ベテラン)では、パラプレートという金属を埋め込む方法の手術をするということです。後者の先生によると骨を削ると痛みが酷いし、予後も悪いという説明でした。
ただ、ネットで調べると最近はパラプレートを使わない方式が予後もいいし主流という意見も見られます。どちらが良いか判断がつきません。ご助言お願いいたします。

Re: 膝蓋骨脱臼の手術について

- 獣医師 山田

2015/02/25(Wed) 18:23

No.3894

ひよこ 様

この度はご相談を頂きまして、誠にありがとうございます。
5歳のワンちゃんが膝蓋骨脱臼の手術を受けられるご予定とのことで、
骨を削る方法と金属を埋め込む方法の、どちらの手術様式を選択するべきか
悩まれていらっしゃるのですね。
お問合せにつきましてご案内させて頂きますが、実際のご様子を拝見していないため、
一般的なご案内となりますことを何卒ご了承ください。

ひよこ様もご存じのとおり、ワンちゃんの膝蓋骨脱臼は後肢の疾患で多く認められる
疾患の一つで、膝蓋骨が大腿骨の滑車溝に位置せずに、内側や外側に脱臼した
状態を言います。
特に小型のワンちゃんですと、膝蓋骨が内側へ脱臼する「膝蓋骨内方脱臼」が
多くみられます。
膝蓋骨脱臼の症状は、無症状な状態から歩くことが困難な状態までと幅が広く、
その程度(グレード)により次のように4つの段階に分けられています。

膝蓋骨脱臼は、グレードによって以下のように分類されます。
・グレード1
膝蓋骨が脱臼しても、自然と正常な位置に戻る程度の脱臼です。
通常の生活をしている中で膝蓋骨が脱臼することは少ないです。
痛みや症状はほとんどありませんが、時折スキップのような歩き方をしたり、
挙上することもあります。
病院に行って触診の際に見つかることが多いです。
・グレード2
膝蓋骨は正常な位置にありますが、膝を曲げたときに脱臼が起こります。
日常生活でも時々脱臼が起こるようになりますが、自然と整復できます。
痛みはあまり強くありませんが、脱臼している時には跛行が見られることも
あります。
・グレード3
膝蓋骨は常に脱臼している状態です。
膝蓋骨は手で正常な位置に整復できますが、
膝を屈伸することで、またすぐに脱臼が起こります。
跛行も見られるようになり、また、骨の変形も明らかになってきます。
・グレード4
膝蓋骨は常に脱臼している状態です。
グレード3とは異なり、手で正常な位置に整復させることはできません。
膝関節を伸展させることができないため、うずくまるような歩き方になります。
骨の変形もさらに重度になります。

※疼痛などで正常な歩行ができない様子が跛行(はこう)です。

ひよこ様のワンちゃんはグレード3とのことでございますね。
そういたしますと、おそらく指で押しすと一時的にもとの位置に戻りますが、
膝蓋骨が脱臼したままの状態で、跛行も顕著になっていいらっしゃる状態
かと思います。

膝蓋骨脱臼の治療は、症状が軽度の場合には鎮痛剤やレーザー治療などで
一時的に症状を緩和するという場合もございますが、根本的な治療は
外科手術となります。

外科的治療方法には多くの手術方法があり、どの手術方法を用いるかについては、
ワンちゃんの症状やグレードなどによって異なります。
以下に膝蓋骨内方脱臼の手術様式をいくつか記載させていただきます。

@ 滑車溝(かっしゃこう)形成術
滑車溝が平坦だったり溝が浅いような、滑車溝の低形成を、手術により深く
形成する手術です。

A 脛骨(けいこつ)粗面転位術
脛骨粗面を転位して固定する方法です。この手術の目的は筋肉の位置を
正しくするための手術です。

B 外側の関節包を縫縮
外側の関節包に切開を加えて縫縮する方法です。

C インプラントを打ち込む方法
膝蓋骨が内方に脱臼しないようにステンレスでできたプレートを
大腿骨の膝関節内に打ち込んで膝蓋骨が内側にずれないようにする手術です。

これらの手術方法は、いくつかの方法を組み合わせて実施することが多いです。
ひよこ様におかれましては、主治医の先生とセカンドオピニオンの先生の術式
が異なり、どちらを選択すべきか悩まれていらっしゃるとのことでございますね。

確かに、インプラントを装着する手術は他の術式に比べると回復が早いと
言われておりますが、関節内に異物が残ること、術後違和感が残る場合や
関節液が溜まりやすい可能性もございます。
また、セカンドオピニオンの先生がおっしゃられましたように、
大腿骨の滑車溝を削る術式になりますと、
軟骨を削り取ることになりますため、術後の痛みが強かったり、
回復に時間がかかるという可能性もございます。
このように、それぞれの術式によって特徴は様々ではございますが、
膝蓋骨脱臼の手術は一つの術式ではなく、
状態によって複数の術式を併用することもございます。
したがって、これらの手術方法のうち、どれが一番良いと言うことではなく、
症状やグレードから、手術を受けるワンちゃんに一番あった手術方法を
ご選択いただく事が重要です。

また、手術には麻酔のリスク、手術後の安静期間、ケア方法、費用などのことも
ございますので、ご納得頂ける手術をお受けいただくためにも、
主治医の先生とセカンドオピニオンの先生、それぞれに再度ご確認
いただけたらと思います。

また、手術をなさった後も関節に負担をなるべく
かけないような生活を心がけていただくことはたいへん重要です。
気をつけていただきたいポイントを以下、ご案内いたしますので、
ご参考にしていただければ幸いです。

■体重管理
体重の増加は膝の関節に負担をかけますので、適切な体重を維持する
ようにしましょう。
ただ、体重の増加を気にするあまり、痩せて筋肉を落とした状態になって
しまうことも膝関節に負担がかかりますので、適度な運動で筋肉は維持しながら
適切な体重管理をすることが大切です。

■ジャンプや過度の運動は避ける
ぴょんぴょんと飛び跳ねる・ベッドやソファー、椅子などにジャンプして
飛び乗ったり飛び降りたりする・階段を昇り降りする、といった行動は
膝関節に負担がかかってしまいます。
もし、ソファーなどに飛び乗ったりする習慣がすでにある場合には、
スロープなどを使って飛び乗ったりしないようにする・ソファーなどの
足元の位置にワンちゃん専用の場所を作ってあげる、など
対策をしていただくことをお勧めいたします。
もしくは、ベッドのある部屋には入らないようにする・階段を昇り降り
できないように昇り口に柵をつけるなど、物理的にガードなさるのも
よろしいでしょう。
ある程度の運動は大切ですが、激しい運動は負担がかかります。
お散歩中に走り回ったりしないように、リードを短めにお持ちいただき、
ワンちゃんは、なるべくひよこ様の横を歩かせるようにしましょう。

■室内ではすべらないようにする
室内でワンちゃんが過ごす場所はフローリングでしょうか。
フローリングは滑りやすく、滑ると関節に負担がかかります。
フローリングなどの滑りやすい床にはマットを敷く・滑り止めのワックスを
利用する、などの対策をしましょう。
また、爪が伸びていたり、肉球の間や周りの毛が伸びていると、
床を歩く際に滑ってしまうことがありますので、定期的に爪や足裏の毛の
ケアをしてあげてください。


なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、
しつけ相談のサービスを承っております。気がかりなことがおありの際には、
お気軽にご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 0800-888-8256です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

立春も過ぎ、春を訪れを感じる季節でございますが、
気温差の大きな時期でもございます。
ひよこ様もお風邪など召しませぬようお気を付けください。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願い申し上げます。



発情期について

投稿者:ひろみ

投稿日:2015/02/23(Mon) 12:39

No.3889

9ヶ月のチンチラのメス猫、昨年7月に家に来ました。昨年12月に今6ヶ月のチンチラのオス猫が、家に来たのですが、オス猫が来てから、メス猫の発情期が始まり、それ以来、常に発情期がきて、治まってる時期が、本当に少なく、発情期が来ると、トイレ以外の所にウンチやおしっこをししたりと困っています
私になついているので、今、私の仕事が遅く休みもないため、かまってあげられません。それにオス猫が来てから、遊んであげる時間もなくなり、寂しいのでは?と思うのですが、発情期は、どのくらいで終わるものなのでしょうか?やはり、発情期を止めるには避妊手術をするしかないのでしょうか?
メス猫の避妊手術はその日には、帰って来れるのでしょうか?
手術以外の方法は無いのでしょうか?。あまり、避妊手術をしたくは無いのですが、あまりにも発情期が長くて困っています。

Re: 発情期について

- 獣医師 酒井

2015/02/25(Wed) 18:16

No.3893

ひろみ 様

梅の花も咲き始め、一歩一歩春が近づいていることが感じられる今日この頃でございますが、
ひろみ様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

この度はご相談をいただきまして、誠にありがとうございます。
男の子のチンチラちゃんをお迎えになられて以来、9ヶ月になる女の子のチンチラちゃんに、
常に発情が来て困っていらっしゃるということでございますね。
お問い合わせにつきましてはご案内させていただきますが、実際にチンチラちゃんのご様子を
拝見しておりませんので一般的なご案内となりますことをご了承下さい。

女の子のネコちゃんは、一般的に性成熟を迎えるのが生後6ヶ月から9ヶ月頃だと言われています。
また、ネコちゃんは季節性多発情性動物といって、早春から秋にかけて、複数回、発情期を迎えます。
発情の季節は日照時間によってコントロールされているのですが、家の中で人工的な照明の中で
生活していると、季節性がなくなり、頻繁に発情を繰り返すこともあります。
一回の発情周期はネコちゃんによってかなり個体差がありまちまちですが、平均すると2〜3週間
ほどです。この時に交尾がなかった場合には、数週間で再度発情することもあります。
またネコちゃんは交尾排卵といって、男の子のネコちゃんとの交尾があった場合にのみ排卵をするため、
非常に受胎率が高いのが特徴です。
この発情期の間には、特徴的な鳴き声で鳴いたり、スプレー行動(少量のおしっこをあちこちに
かけて歩く)、落ち着きなくうろうろするなど家で一緒に生活するには困った行動がみられるようになります。
ひろみ様はお仕事がお忙しく、かまってあげる時間が少なく寂しいのではということをご心配されて
いらっしゃいますが、このネコちゃんの発情の行動はいわゆる本能による衝動であるため、
飼い主さんが十分な時間、遊んであげたとしても、おさまるものではありません。
その上、去勢はされているかとは存じますが、男の子のネコちゃんが一緒にいる環境でしたら、
さらにコントロールは困難になるでしょう。

ネコちゃんの発情を止めるためには一時的なものであれば、交尾刺激を人工的に行う目的で、
陰部を滅菌した綿棒などで、刺激をするという方法がありますが、陰部を傷つける可能性もあり、
お勧めできません。やはり、発情を止めるための確実で安全な方法としては避妊手術しか
ないといえるでしょう。

さて、避妊手術が日帰りで行えるかどうかにつきましては、かかりつけの動物病院さんとご相談が
必要かと存じます。一般的には全身麻酔をしての開腹手術となりますので、
術後の回復具合により、日帰りから一泊入院を勧める病院さんが多いのではないかと思います。
また、飼い主さんが忙しく家にいらっしゃらない状態でしたら、術後の様子をみることができません
ので、入院してケアしていただいた方が安心な場合もあります。
開腹手術以外では、特殊な器具での手術となるため実施されている病院さんは少数であるかとは
存じますが、腹腔鏡下で、避妊手術を行っている病院さんもあります。メリットとしてはネコちゃんの
手術による傷が小さくなるため、体への負担が少ないことが挙げられます。

避妊手術自体は通常どこの動物病院さんでも一般に行われており、他に発症している病気など
もなく、術前検査で問題なければ、比較的リスクは少ない手術ですが、やはり、全身麻酔のリスクは
ゼロではありませんので、手術を受ける際には、かかりつけの先生ともよくご相談されてご納得の上、
手術を受けるかどうか決めることが大切かと存じます。
女の子のネコちゃんの飼い主さんは、ひろみ様と同じように、発情期の行動にお困りになって、
避妊手術を選択されることがよくあります。
チンチラちゃんが落ち着いて、家でゆっくりと過ごせるよう避妊手術を前向きに
ご検討されてはいかがでしょうか。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、
しつけ相談のサービスを承っております。気がかりなことがおありの際には、
ぜひご利用くださいませ。

お電話番号は、あんしんサービスセンター0800-888-8256です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

春らしい柔らかな日差しの中、のんびりとネコちゃん達がくつろいでいる姿をみると
本当に幸せな気持ちになりますね。
ひろみ様とチンチラちゃん達との生活が一日も早く穏やかになりますよう、願っております。
今後ともアニコムを宜しくお願い申し上げます。