教えて!アニコム損保!しつけ・健康相談 皆様のご質問にお答えいたします。

ご注意

回答までのお時間は3営業日以内とさせていただきます。
緊急を要する健康相談の場合は、すぐに動物病院を受診してください。
直接どうぶつさんのご様子を拝見しておりませんので、一般的なご案内となりますこと、また、投稿フォームにはURLを入力できない設定となっておりますことをご了承ください。

証券番号

  • (記入例:S00123452)

  • ご入力いただいた証券番号は公開されません。

ニックネーム

タイトル

コメント

  • URLはご入力いただけません。

添付File

暗証キー

  • (英数字で8文字以内)

投稿キー

  • (投稿時 投稿キー を入力してください)

文字色

去勢手術についてご相談

投稿者:ふく

投稿日:2017/09/13(Wed) 20:30

No.4933

お世話になります。
今月で5か月になるチワワとダックスのミックスの男の子です。
好奇心旺盛で、いたずら好きです。
病院から、将来の病気に備えて去勢手術を勧められました。
麻酔や術後等の不安で、悩んでいます。
室内飼いなので、手術をすればマーキング等の心配や恋の季節の衝動等の心配はなくなりますが、人間の身勝手な
事情だけでする事は控えたいと思っています。
 ただ、手術をしてもう少し落ち着いた子になると、いたずらをして怪我をする心配はなくなるので、心が揺らぎます。
 もし、手術をする場合は何か月で行うのが良いのでしょうか。

 食欲も一定ではなく、3回の食事のうち2回は残すか 1回は食べない事があります。
元気いっぱいでうんちも良い状態ですし、1回の量を少し減らしていても、仕方なく食べる事が多いです。
決して痩せているわけでもなく、体重も微量ですが増えています。
手術をして、食欲がもっと落ちてしまったら大変‥と思ってしまいます。
 長文で申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。

Re: 去勢手術についてご相談

- 獣医師 柳原

2017/09/15(Fri) 16:19

No.4939

ふく 様

この度は、ご相談をいただきまして、誠にありがとうございます。

さて、ふく様がおっしゃるとおり、去勢手術には麻酔や手術に伴う合併症などのリスクがあります。
健康なワンちゃんであれば、麻酔によるリスクはとても低いとされていますが、
事前に動物病院でしっかりと健康状態を確認して、先生と十分な相談をすることが大切です。

手術のメリットとしては、精巣の疾患、前立腺肥大、会陰ヘルニア、肛門周囲腺腫などの病気の予防効果や、
発情した女の子のワンちゃんに反応して起きる放浪やストレス、
場合によってはマーキングや攻撃行動などの問題行動を抑制する効果もあると言われています。
そのため、去勢手術を行うことは、人間の事情だけではなく、ワンちゃんにとってもメリットがあると考えられます。

個体差はありますが、一般的に男の子のワンちゃんが性成熟するのは、生後9〜12ヶ月頃と言われています。
去勢手術によって性ホルモンの分泌がなくなるため、それが関与しているマーキングや攻撃行動などは表れにくくなります。
ただ、個体差もあり、マーキングが既に習慣になっている場合は術後も続くことがあります。
また、基本的な性格は変わらないので、必ずしも落ち着くとは言えないかと思います。

去勢手術の適齢期については、ワンちゃんの状態にもよりますが、およそ生後5〜6ヶ月頃からと言われています。
もし手術をする場合は、マーキングなどの行動が始まる前に行うことをお勧めします。

普段は食事があまり進まないとのことですが、体重が増えているようで良かったです。
一般的に、去勢手術をすると代謝量に変化が起き、ワンちゃんはどちらかというと
食欲が増したり太りやすくなる傾向があります。
手術後に一時的に食欲が落ちることはありますので、術後の管理についても、
あらかじめ先生によく相談されることをお勧めします。

今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



薬の副作用について

投稿者:あられ

投稿日:2017/09/13(Wed) 17:14

No.4932

膀胱炎で一週間前からバイトリル75mgを飲ませてます。昨日あたりから黒目が丸くなったままですが大丈夫でしょうか?

Re: 薬の副作用について

- 獣医師 山ア

2017/09/15(Fri) 16:14

No.4938

あられ 様

この度は、ご相談をいただきまして、誠にありがとうございます。

さて、バイトリルは、グラム陽性菌やグラム陰性菌などの幅広い細菌に対し、強い殺菌力を示します。
投与後は、有効成分エンロフロキサシンがすばやく感染組織に移行する、尿路感染症等の治療に使うお薬ですが、
副作用としては下記のような報告があります。

・嘔吐、食欲不振、流涎等
・非ステロイド性消炎鎮痛剤との併用により、まれに痙攣が起こる

どうぶつさんの黒目は、暗い場所では、光を多く取り込むように瞳孔を大きく見開き、
明るい場所では光が入り過ぎないように、細く縮めて調節しています。

また、どうぶつさんの瞳孔は光以外でも反応します。
緊張や恐怖を感じているとき、攻撃しようとしているとき、満足しているときなど、
感情によって瞳孔の大きさは変化します。

しかし、病気が原因で瞳孔が開いたままになることもあり、
両目であったり、片目だけがその状態になることもあります。
これは、目の病気だけでなく、さまざまな原因が考えられ、
例えば、緑内障、網膜変性症、白内障、慢性腎不全等が原因で瞳孔の拡大が見られることがあります。

今回、バイトリルが起因となっているかどうかは分かりませんが、
いつもと違う様子が見られるようでございますので、注意深く観察していただき、
一度動物病院を受診されることをお勧めいたします。

今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



フロントラインスプレー

投稿者:白子

投稿日:2017/09/12(Tue) 11:01

No.4926

生後2〜3週間の子猫を保護して健康状態に異常は無いようですが
のみ・ダニ駆除にフロントラインスプレーは使用しても大丈夫でしょうか?
一応、製品には2日目より使用可能とありますが
薬だけに心配なのでお問い合わせしてみました。

Re: フロントラインスプレー

- 獣医師 明永

2017/09/13(Wed) 14:05

No.4931

白子様
この度はご相談をいただきまして、誠にありがとうございます。
フロントラインスプレーについてのご相談でございますね。

フロントラインスプレーはスポットタイプの製品に比べ、アルコール成分を多く含んで薄く設定してあるため、
生後2日以降のワンちゃん、ネコちゃんでも使えます。
しかし、予防のために使用する場合は全身に塗布しないといけないため、大きい動物さんには使いにくいかもしれません。
子犬ちゃんや子猫ちゃん、小型のわんちゃん、ネコちゃんに使ったり、ノミやダニ成虫をすぐに排除したい時などには
使いやすくなっています。安全性は証明されていますので、健康状態に異常がないのであれば、使用されても問題ないと思います。
念のため、特に初めて使用する際は様子を注意して見てあげてください。

使用量につきましては、ネコちゃんの体重や毛の長さによって違いがありますので、説明書をよくお読みになってご使用下さい。
ご心配な時は初めは少なめに使用してみてもいいかと思います。

全身に塗布した後、アルコール成分で体温が奪われてしまうことがありますので、体調がいい時に使用し、寒くない環境を
作ってあげて下さい。少々舐めても構いませんが、アルコール成分に反応し、よだれを垂らしたり吐いたりすることが
ありますので、使用後は遊んであげたりして気をそらせた方がいいと思います。

ノミは放っておくと卵を産み、その卵が家の中に散らばり大発生する可能性もあります。
ネコちゃんの体調を見ながら早めに対処してあげたいですね。

今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願い申し上げます。



初めての生理

投稿者:さくらちゃん

投稿日:2017/09/09(Sat) 14:13

No.4925

6ヶ月になったばかりの柴犬です。
一週間前位から、急に餌を残すようになり 今日から出血していて ビックリしました。

何も分かりません、いつも散歩する場所に、柴犬の男の子が沢山おります

一ヶ月位は、行かない方がいいでしょうか?
後何か気をつける事がありますでしょうか?

初歩的な事ですが、よろしくお願いします。1576

Re: 初めての生理

- 獣医師 霍田

2017/09/13(Wed) 13:02

No.4930

さくらちゃん 様

この度は、ご相談をいただきまして、誠にありがとうございます。

女の子のワンちゃんは、一般的に生後6〜12ヶ月頃には体の成長が一段落して性成熟を迎え、
このころに最初の発情が起こります。
その後1年に1〜2回、6〜12ヶ月の間隔で発情出血(生理)を繰り返し、ホルモンを分泌し妊娠が可能になります。
このワンちゃんの発情期のサイクルは、発情前期、発情期、発情後期、無発情期に分かれます。

1.発情前期 
発情前期には卵巣からの卵胞ホルモン(エストロジェン)によって陰部が赤く腫大し、発情出血がみられます。
この発情前期は、通常約1〜2週間ですが、ワンちゃんによって3日〜27日ほどと個体差があります。
発情前期になると、外陰部を触ると硬く、ふっくらとしてみえます。この状態が続いた後に発情期が来ます。
ワンちゃんの発情出血は妊娠準備のため、肥厚した子宮内膜の毛細血管が切れることで起こり、
この発情出血の後に排卵します。
発情前期のワンちゃんは落ち着きがなくなったり、頻尿になることがあります。
また、男の子のワンちゃんを引きつけるようになります。

2.発情期
男の子のワンちゃんに交尾を許す期間で5〜20日ほど持続します。
発情期になると外陰部はふっくらとしたままですが、触れると柔らかくなっています。
発情前期と同様に排尿回数が増える、陰部を舐める、落ち着きがなくなる、食欲の変化などがあります。
発情期の後半から腫れていた外陰部は縮小します。

3.発情後期
発情期の後は発情後期となり、この時期には男の子のワンちゃんを許容しなくなります。
発情後期は約2ヶ月続き、プロジェステロン(黄体ホルモン)と呼ばれるホルモンが分泌されます。
このプロジェステロンは、妊娠維持の作用を持ちますが、妊娠していなくても分泌されます。
この分泌が低下した頃に乳腺を刺激するホルモンが分泌されます。

4.無発情期
発情後期が終わると無発情期となります。
無発情期はワンちゃんの年齢、種類などによって異なり、個体差がありますが、約4〜10ヶ月続きます。

ワンちゃんの発情はこれらのサイクルの繰り返しになっています。
発情中は、陰部の腫脹や発情出血などの体の変化だけではなく、頻尿、食欲不振、消化器症状などを示すこともあります。
発情に伴う体調の変化が大きい場合は、早めに動物病院を受診しましょう。

また、未去勢のワンちゃんは発情中のワンちゃんの匂いに敏感に反応します。
お散歩などで男の子のワンちゃんと接触がある場合には、追いかけ回される、
ケンカに巻き込まれるなどのトラブルが考えられます。
必ずしも発情中のお散歩がいけないわけではないですが、トラブルを避けるために、
たくさんのワンちゃんがいる時間帯や場所に行くのは控えたほうがよいでしょう。
いつものコースに男の子のワンちゃんがたくさんいるのであれば、
落ち着くまではお散歩のコースや時間帯を変えることをお勧めします。
柴犬ちゃんの様子によってはお散歩をお休みしたり、短時間で済ませるなど、
状況によって適宜ご対応いただければと思います。
お散歩に出かける際には、リードや首輪が外れやすくなっていないかを確認しましょう。

また、ワンちゃんが発情中であることを周囲の飼い主さんに伝え、他のワンちゃんとの距離をとるなど、注意が必要です。
発情休止期は、黄体から分泌されるホルモンであるプロジェステロンの作用により、
免疫力が低下して細菌感染を起こしやすい状態になります。
そのため、陰部などを清潔に保つように心掛け、いつもと様子に変化がないか注意して観察してください。

今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願い申し上げます。



娘との関係

投稿者:しまりん

投稿日:2017/09/08(Fri) 12:29

No.4922

今、10ヶ月のメスのマルプーが我が家に来て7か月になります。この頃、散歩をむすめ三人でしていると、娘に向かって前に出ないように一目散に走りより、叱るように吠え立てます。以前はそんなことをしなかったのが、最近するようになりました。家ではそんなことはありません。娘が乱暴に犬を扱うので、時々、私が、娘を叱っています。その行為がもしかしていけなかったのだろうかと考えたりしています。この行為をやめさせるにはどうしたら良いでしょうか?散歩中、吠え立てるので近所迷惑になっているようで困っています。

Re: 娘との関係

- アニコムカウンセラー 澤口

2017/09/12(Tue) 18:16

No.4928

しまりん 様

この度は、ご相談をいただきまして、誠にありがとうございます。

さて、ワンちゃんが吠える理由は様々ですが、たて続けに何度も吠える様子であれば、
「警告のサイン」の場合が多いようです。
外ではしまりん様に代わって、マルプーちゃんがお嬢様に、「危ない」「誰かがくるよ」
「いつもと様子が違うよ」等、教えているのかもしれません。

マルプーちゃんの月齢ですと、徐々に自我が芽生え、自己主張も強くなる頃です。
ぜひ今のうちから、マルプーちゃんは、飼い主様に守られていて、何も心配する必要はなく、
頑張らなくて良いということを教えてあげましょう。
お嬢様含め、飼い主様がリーダーであることを伝えるために、
生活の中でマルプーちゃんへの接し方を意識してみましょう。

1.飼い主様優先
扉の出入り、食事等、何でも飼い主様が優先です。
2.毅然とした態度で接する
どんな時でも堂々と落ちついた態度で振る舞いましょう。
3.要求には答えない
遊び、散歩、食事等、誘うのは飼い主様からです。
4.アイコンタクト
ワンちゃんの名前を呼び、注目したら褒めましょう。
5.指示を出す
オスワリやフセ等、飼い主様が指示を出し、従えたら褒めましょう。

また、お散歩中に偶然でも、いつもなら吠える状況で、吠えないでいられたら、褒めてあげましょう。
ワンちゃんは吠え始めると、収拾がつかなくなることが多いため、吠える前段階に対応するのがポイントです。
今にも吠えそうな様子があれば、落ち着いた声で「オスワリ」等指示を出し、できたら褒めます。
吠えていない時に嬉しいことがあると経験を積むことで、ワンちゃんは良いことを選択するようになります。
大好きなオモチャを見せるなど、他のことに気持ちをそらすのも一つの方法です。

今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。