教えて!アニコム損保!しつけ・健康相談 皆様のご質問にお答えいたします。

必ずお読みください

回答までに数日いただきますので、緊急を要する場合(誤飲、頻回の下痢・嘔吐、おしっこが出ない等)は、すぐに動物病院を受診してください。
当掲示板での回答は、お申し出内容に基づく一般的な回答となります。

証券番号

  • (記入例:S00123452)

  • ご入力いただいた証券番号は公開されませんが、ご契約のどうぶつ情報をもとに回答いたします。

ニックネーム

タイトル

コメント

  • URLはご入力いただけません。

添付File

暗証キー

  • (英数字で8文字以内)

投稿キー

  • (投稿時 投稿キー を入力してください)

文字色

口から出血

投稿者:まろ

投稿日:2020/03/17(Tue) 21:35

No.6251

6ヶ月の柴犬とビーグルのミックス犬です。
何か口の中に含んでいてモグモグしていたので見ると爪楊枝を噛んでいました。
爪楊枝で歯茎が傷ついたのか、遊んでいたオモチャに出血のあとがありました。噛むオモチャの中に牛爪を与えているのですが結構硬いのでそれで口内を傷つけたのか…
爪楊枝の可能性が高いですが引っ張りあいやボール遊びをすると血がつきます。
出血が止まるまで遊ぶのはやめましたが病院に行った方が良いでしょうか?
犬自身に痛がったり気にする素振りはありません。
人は口内の怪我は比較的治りやすいですが犬も同じでしょうか。

Re: 口から出血

- 獣医師 入江

2020/03/19(Thu) 14:37

No.6257

まろ様

成長期のワンちゃんの口から出血がある場合、オモチャ等によって生じた傷や、歯の生え変わりによる可能性が考えられます。
また、口腔内の軽度の傷は、自然に治癒することもありますが、歯石等、口腔内環境によっては化膿することもあるため、注意が必要でしょう。
既に出血が止まっており、その他の症状がない場合には、必ずしも通院が必要とは限らず、経過観察することもあります。
しかしながら、爪楊枝など鋭利なものを噛んだり誤飲したりすると、健康に支障をきたす可能性がありますので、念のため、オモチャやオヤツは控えて、受診されることをおすすめします。

それでは、今後ともアニコム損保をどうぞよろしくお願いいたします。



フィラリア予防薬

投稿者:りゅう

投稿日:2020/03/16(Mon) 13:45

No.6248

今年はいつから飲ましたらいいですか?暖冬の影響で早めに飲ませたほうがいいのか迷っています。教えて下さい。

Re: フィラリア予防薬

- 獣医師 南場

2020/03/18(Wed) 17:08

No.6255

りゅう様

フィラリア症を媒介する蚊は、気温が15度くらいから活動を始め、予防期間は『蚊が飛び始めてから1か月後に予防を開始し、蚊がいなくなってから1か月後に終了する』とされています。

お住まいの地域によっても、蚊の発生時期が異なるため、実際の投薬期間についてはかかりつけの先生ともご相談いただきたく存じます。

それでは、今後ともアニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



ご飯の与えかた

投稿者:むさしかーちゃん

投稿日:2020/03/16(Mon) 10:27

No.6247

先日アレルギー検査をしたところ鶏肉の数値が高いことがわかりました。現在与えているフードやおやつは鶏肉が入っているものばかりなので、全てやめてごはんはドライフードから他の肉と野菜を煮込んだ物に変えました。本当なら違うフードに変更する場合最低でも一週間くらいは時間をかけて変えていったほうが良いとわかっているのですが今回はアレルギーがあるということがわかったので急に変更してしまいました。ずっとお腹の調子が悪く良くなったと思っても繰り返すことが続いたのでアレルギー検査をしたのですが、急にご飯を変えたせいか
散歩に行くと草をしきりに食べようとしうんちも以前よりユルユルで食欲もありません。やはりアレルギーがあるとわかっても少しずつ変更していったほうがいいのでしょうか?それともしばらく様子をみていてもいいのでしょうか?

Re: ご飯の与えかた

- 獣医師 入江

2020/03/18(Wed) 17:06

No.6254

むさしかーちゃん様

便が緩くなる原因は、寄生虫感染、異物誤食、食物アレルギー等多岐にわたりますが、お食事の急な変更によって軟便になる場合は、アレルギーがあったとしても徐々に変更することもございます。

また、変更前のお食事が、下痢や痒みなど症状の悪化につながる場合は、内服薬等を併用しながら、食物アレルギー用の療法食だけ食べていただくなど、お食事を切り替える場合もあります。

なお、療法食ではなく手作り食を与えていらっしゃる場合は、食材が体質に合っていないことも考えられますので、食事内容、切り替え方、投薬の必要性の有無についてかかりつけの先生とよくご相談頂ければと思います。

それでは、今後ともアニコム損保をどうぞよろしくお願いいたします。



拾い食いについて

投稿者:ハク

投稿日:2020/03/14(Sat) 11:27

No.6246

サモエド2歳です。
散歩中の拾い食いに困っています。
離せ!と口をこじ開けて取ろうとすると、唸りながら中々離そうとせず、飲み込んでは大変と思い噛み付かれるのを覚悟して必死に取り上げます。
こういう場合、どうしたら良いのでしょうか?
そして、拾い食い自体をしないようにするには、どうしつけしたら良いのでしょうか?

Re: 拾い食いについて

- アニコムカウンセラー 中村

2020/03/18(Wed) 16:10

No.6253

ハク様

ワンちゃんが何かを口にした時、慌てて駆け寄ったり声を上げると、ワンちゃんも驚いたり「とられまい」として飲み込むことがありますので、落ち着いて対応することが重要です。

「くわえたモノは離さない」という行動は、ワンちゃんの本能的な部分が強いですが、ワンちゃんは、自分が何かした時、その前後に何がおこったかをとても良く覚えており、その経験をもとに行動するようになりますので、「号令で離したらもっと良いモノをもらえた」「口から離しても取り上げられない」ということを学習してもらうために、号令により口の中のモノを出すトレーニングをすることも非常に有効です。

例えば、オモチャを与えたあと、「ちょうだい」と言いながら、くわえているオモチャより、サモエドちゃんにとってもっと魅力的なものを差し出して、交換してみます。号令によりくわえているものを離せるようになったら、「褒める」ことをご褒美にしていきましょう。

このトレーニングが楽しくできると、号令で、自分から口にしたものを離すことができるようになり、万が一のときも安心かと存じます。

なお、お散歩時には地面よりハク様に注目しながら歩けるよう日頃からアイコンタクトの練習をしてみたり、口にしそうなものが前方に落ちている時は、前もってそこへ意識を向かせないように号令をかけて誘導し、万が一口にしてしまった場合は、慌てず落ち着いていつもと同じ声のトーンで対応してみてください。

以下URLに、拾い食いに関する内容を記載しておりますので、よろしければ、ご参考にしてください。

●拾い食い(1)<犬>
https://www.anicom-page.com/all_education_details?type=11&id=46

最後に、拾い食いが続く場合、ごはんの量や満腹感が足りていない場合や、思わぬ病気が隠れていることもございますので、気になる点がございましたら、かかりつけのどうぶつ病院に相談されるとよいでしょう。

それでは、今後ともアニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



散歩

投稿者:累ム

投稿日:2020/03/14(Sat) 09:58

No.6245

散歩デビューしてまだ二週間ぐらいです。4ヶ月の、ラブラドールですが、思っていたほどに、楽しそうではなく、すぐに止まってしまったり行きたくないモードになります。まだ、散歩中におしっこや、便もしたことなく、早くおうちに帰りたいかんじです。散歩も、定期的に朝晩決まった時間に行けてないからかもしれません。行かない日もあります💧散歩が好きになるのでしょうか?外でストレス発散してほしいのですが…

Re: 散歩

- アニコムカウンセラー 佐藤

2020/03/18(Wed) 16:07

No.6252

累ム 様

ワンちゃんは散歩好きというイメージがありますが、ワンちゃんが散歩を苦手とするワンちゃんもおります。その理由には、以下のようなことが考えられます。

・散歩コースに苦手なものがある
・首輪、ハーネス等をつけることが苦手
・テリトリーの外に出ることが不安になった
・歩かないことで飼い主の気をひけるので、甘えている
・病気やケガなどの体調不良がある

例えば、脊髄疾患や関節疾患などにより体に痛みを感じていると、お散歩を嫌がったりすることがありますので、気になることがあれば、ワンちゃんの体調に問題がないかなど、一度、動物病院で診ていただけると安心かと存じます。

体調に問題がなければ、散歩に対するイメージアップに取り組みましょう。

初めてのお散歩の際に、恐怖などの好ましくない経験が原因となっている場合、散歩コースや散歩の時間を変えてみましょう。また、ワンちゃんの好きなオヤツやオモチャがあれば、散歩の途中でオヤツやオモチャを使ったり、匂いを嗅いだり、人に会ったり、ワンちゃんにとって楽しいと思える経験をさせてあげましょう。

この他、テリトリー外へ出て行くことに不安感を抱いている場合には、「累ム様と一緒にいれば心配いらない」ということを教えていくために、はじめは人や他のワンちゃんの往来が少ない公園などワンちゃんにとって安全な場所へ車などで連れて行き、そこで一緒にゆっくりとした時間を過ごしてみるのもよろしいかもしれません。

いずれの場合も、無理強いせず、ワンちゃんが自分で歩ける時間や距離を少しずつ長くしていくことがポイントとなります。少しでも歩いた時には、「気持ちいいね、楽しいね」など、明るく楽しい雰囲気で声をかけていただけると、ワンちゃんの自信にも繋がっていくかと存じます。

ワンちゃんは飼い主様の気持ちも敏感に感じ取ります。累ム様が散歩を楽しんでいただき、おおらかな気持ちで見守っていただけるとよいかと存じます。

それでは、今後ともアニコムをよろしくお願いいたします。