教えて!アニコム損保!しつけ・健康相談 皆様のご質問にお答えいたします。

必ずお読みください

回答までに数日いただきますので、緊急を要する場合(誤飲、頻回の下痢・嘔吐、おしっこが出ない等)は、すぐに動物病院を受診してください。
当掲示板での回答は、お申し出内容に基づく一般的な回答となります。

証券番号

  • (記入例:S00123452)

  • ご入力いただいた証券番号は公開されませんが、ご契約のどうぶつ情報をもとに回答いたします。

ニックネーム

タイトル

コメント

  • URLはご入力いただけません。

添付File

暗証キー

  • (英数字で8文字以内)

投稿キー

  • (投稿時 投稿キー を入力してください)

文字色

猫にとっての塩分

投稿者:まーご

投稿日:2018/11/04(Sun) 08:46

No.5508

一歳半女の子のペルシャを飼っています。
キャットフードの塩分についてですが、現在与えているフードにしてから、塩分が多いのか水をたくさん飲みます。もちろんおしっこも、それなりの量をします。
うんちは大変状態は良いですが、猫がたくさん水を飲むこと自体は問題ないのでしょうか?

前のフードの時は、あまり水を飲まないせいか、うんちがコロコロでとても固かったです。ラム肉主体のフードでしたが、ナトリウムは0.4%でした。

現在のフードの栄養素ですが、

粗タンパク質 36%、粗脂肪 20%、粗繊維 3%、粗灰分 8.5%、水分 9%、オメガ6脂肪酸 3.5%、オメガ3脂肪酸 0.6%、カルシウム 1.0%、リン 0.8%、マグネシウム 0.1%、ナトリウム 0.5%

となっています。ナトリウムが0.5%あります。以前のフードと1%程しか違いませんが、ナトリウムが多いので水をたくさん飲むのでしょうか?また、飲まないよりは、飲んだほうが良いのでしょうか?

お返事よろしくお願いします。

Re: 猫にとっての塩分

- 獣医師 白岩

2018/11/06(Tue) 16:51

No.5510

まーご 様

この度は、ご相談をいただきまして、誠にありがとうございます。

まず、水を飲むこと自体はどうぶつさんの体にとって大変重要です。
特にネコちゃんは、腎不全や尿石症、膀胱炎など泌尿器系の病気にかかりやすいので、これらの予防のためにも水をしっかり飲むことが大切です。
一般的には、フードに含まれる塩分が多いほど喉が渇きやすく飲水量は増えますが、塩分だけでなく味や他の成分、気温や運動量などによっても飲水量は変化します。

一方、病気によって飲水量や尿量が増えることもあります。
一般的にネコちゃんの1日の飲水量としては、体重1kgあたり25〜45ml、尿量については20〜40mlと言われていますが、100ml以上の飲水量がある時には「多飲」、50ml以上の尿量がある時には「多尿」と判断され、病気を疑います。
ネコちゃんに多いものでは、慢性腎臓病、糖尿病、甲状腺機能亢進症などがあげられます。

このようにフードの影響だけではなく、病的な原因が隠れている場合もありますので、一度、実際の飲水量を測っていただくとよいでしょう。
やはり飲水量や尿量が多い場合、または、尿の状態(量や色、ニオイなど)や、その他の体調面などで気になることがある場合は、すぐにかかりつけの先生にご相談いただくことをおすすめいたします。

それでは、今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



震え、食欲、血液数値、薬につい...

投稿者:ミルク

投稿日:2018/10/29(Mon) 12:22

No.5504

今回、健康診断で血液が逆流が認められビモベハートの服用が開始されました。心音で雑音は確認できなかったけれど、エコー診断で診断となりました。咳も特になく、年に2回程むせたようや程度を聞く程度です。
又、血液検査でTCHOが361.ALPが1288.H Tが43.7総蛋白が7.4、GPTが39、GLUが104と正常値を大きく超えています。現在食事は、アミドペプチドフォーミュラと薬服用時に少量のかぼちゃと鹿肉ジャーキーを少量のみで、油分や脂肪が多いものは摂取しておりません。
ウルソと言う薬を1カ月服用し、再採血をと現在はチラージンと、痒み時にアポキルと、今回の追加の薬を入れ4種類とサプリでドックパートナーというものを服用しております。
追加の薬を服用後、食欲不振で一日で一食程の量しか食べず、頻繁に震えるようになりました。
薬の副作用か病院に相談すると、心臓の薬を半量で慣らすようにとの回答がありました。
心臓の薬が不要なレベルだったのではないか、血液検査に伴う正しい治療診断がなされていないのではと日々不安な状況です。高齢の大切な家族を一日でも長く元気に過ごして欲しいのです。ご助言をお願い致します。

Re: 震え、食欲、血液数値、薬に...

- 獣医師 山口

2018/10/30(Tue) 17:09

No.5507

ミルク 様

この度は、ご相談いただきまして、誠にありがとうございます。

投稿の内容から、ワンちゃんの僧帽弁に起因する血液の逆流と仮定して回答いたしますこと、あらかじめご了承ください。

さて、高齢のワンちゃんで多い僧帽弁閉鎖不全症については、アメリカ獣医内科学学会(ACVIM)により、
診断や治療のガイドラインが発表されています。
そちらでは、レントゲン検査や超音波検査で心臓に異常を認めるものの、咳などの症状が発現していない段階から
治療を開始することが推奨されています。
そのため、近年はこのガイドラインに基づいて治療方針を決めているどうぶつ病院さんが多いようです。

ピモベハート(ピモペンダン)は心筋に作用して、僧帽弁閉鎖不全症に伴う心不全の症状の改善を期待できる薬です。
頻脈や嘔吐などの副作用が起こる可能性もあるので、初回は特に慎重に投与しますが、万が一、症状が出た場合には、
薬の量を減らしたり、種類を変更して治療を行います。

また、一般的にホルモン疾患、高脂血症といった、脂質代謝の異常がある場合や、食餌内容などが原因となり、
肝臓・胆管系の数値の上昇や胆汁のうっ滞などが認められることがあります。
ウルソ(ウルソデオキシコール)は、そういった場合に処方される薬の一つで、胆汁の分泌を良くして、
肝臓の負担を減らす作用があると言われています。
比較的安全性が高く、副作用が起こることは稀とされていますが、服用後は定期的な検査をして、
治療効果なども含めて確認していくことが重要でしょう。

治療は継続的に行われることが多いので、今一度、診断基準や今後の方針について、
かかりつけの先生にご確認いただき、納得された上で治療されることをおすすめします。

それでは、今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



うんち

投稿者:ばじる

投稿日:2018/10/28(Sun) 12:09

No.5503

8ヶ月になるアメショの女の子がいます。
いままでずっとうんちが軟便です。
エサを代えてみたりもしましたが、変化はありません。本人もすごく元気です。
8歳になるアメショもいるのですが、彼女のとは明らかに違います。
なにか問題があるのでしょうか。

Re: うんち

- 獣医師 柳原

2018/10/30(Tue) 16:50

No.5506

ばじる 様

この度は、ご相談いただきまして、誠にありがとうございます。

早速ですが、ネコちゃんの軟便の原因について、いくつかご案内いたします。

@ストレス
環境の変化や同居猫との関係など、種々のストレス
Aフード
食物アレルギーなどがあり、フード自体が体質に合わない場合や、一度に食べる食事の量が多すぎるなど
B感染症
細菌の他、寄生虫やウィルスなど
Cその他の疾患
膵炎や腸炎などの疾患

フードの変更が症状改善に有効な場合もありますが、変更後のフードにも軟便の原因となる食物が入っていると、軟便は治りません。
もし食物アレルギーが疑われる場合は、アレルギーを起こしにくい専用のフードを一定期間与えて、
軟便が治るかどうかを確認する方法や、血液検査でアレルギーの原因を調べる方法があります。
また、普段からおなかの弱いネコちゃんのために、消化しやすいように作られたフードを試してみてもよいかと存じます。

しかしながら、長期間、軟便が続いているとのことですので、成長に影響が出ていると心配です。
一度かかりつけの病院を受診し、糞便検査などの必要性や、今後の治療についてもご相談いただくことをお勧めします。

それでは、今後もアニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



子猫の拾い食い

投稿者:ののこ

投稿日:2018/10/27(Sat) 17:25

No.5502

4ヶ月の子猫ですが、なんでも口に入れてしまいます。食べれる大きさの物であれば飲み込んでいます。部屋を綺麗にすることに注意していますが、取り返しのつかない誤飲が心配です。子猫の時期特有ですか?それとも性格などによるものですか?お腹が減ってるのかと思ったり…食いしん坊なので、規定量より少し多めに与えていますが、もっと食べたい様子です。

Re: 子猫の拾い食い

- アニコムカウンセラー 横井

2018/10/30(Tue) 16:05

No.5505

ののこ 様

この度は、ご相談いただきまして、誠にありがとうございます。

さて、ご心配されているように、いろいろなものに興味を示し、遊びたい盛りの子ネコちゃんには、
異物誤飲への注意が特に必要です。

また、子ネコちゃんの時期を過ぎても、遊び好きのネコちゃんは、オモチャになるような大きさの物や
紐状の物などで遊んでいるうちに、そのまま飲み込んでしまったり、
ご飯が好きなネコちゃんは、人の食べ物のニオイがするものに興味を示して、誤食してしまうケースもございます。

異物誤飲を防ぐためには、ののこ様が実践されているように、ネコちゃんの生活エリアに飲み込みそうな物や、
興味を示しそうな物を置かないことが重要です。
お留守番のときなどは、ケージを使って、子ネコちゃんの行動範囲を制限してあげてもよろしいかもしれません。

その他、以下URLに、異物誤飲に関する内容を記載しておりますので、よろしければ、ご参考にしてください。

保護猫アメと里親マリの肉球記(18)〜異物誤飲〜
https://mag.anicom-sompo.co.jp/4393

なお、食事量につきましては、フードの袋に記載されている量は、あくまでも目安のため、
子ネコちゃんの成長や、体型などに合わせて調節してあげる必要があります。
成長期の大切な時期ですので、一度、かかりつけの先生に、今の子ネコちゃんにとって適切な食事量を
ご相談されてみてもよろしいかもしれません。

それでは、今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



ご飯の量について

投稿者:おはげ

投稿日:2018/10/24(Wed) 20:03

No.5498

5ヶ月1.7kgになり、急に食欲が落ちてます。
フードの袋に記載されている1日70gくらいを2回に分けて与えようとしますが40〜50g位を食べるのがやっとです。おやつもほとんど与えてません。
ウンチの状態はいいです。量は減りましたが。
散歩も行き、元気ではありますが、これでいいのでしょうか?

Re: ご飯の量について

- 獣医師 霍田

2018/10/26(Fri) 15:00

No.5501

おはげ 様

この度は、ご相談いただきまして、誠にありがとうございます。
投稿の内容から、ワンちゃんと仮定して回答いたしますこと、あらかじめご了承ください。

ワンちゃんに必要な食餌量は個体差があり、フードの袋に記載されている分量は、あくまでも目安とされています。そのため、運動量や体調などの状況に応じて、適正な食餌量に調整することが大切です。
一般的に、現在の給与量が適正かどうかの判断は、体重や体格が順調に増加しているか、良い便が出ているかなどで行います。
記載されている分量を食べていなくても、体重の減少がない、もしくは増加している場合、必要な栄養やカロリーがとれている可能性もありますので、こまめに体重を測って確認しましょう。

さて、5ヶ月齢の子犬ちゃんは、一度に多くの食餌を消化することが難しいので、生後6 ヶ月程までは1日に3 〜4 回に分けて与えるのが理想的です。
食が細い場合、ほんの少しのおやつでも満腹を感じたり、フードが味気なく感じてしまう可能性もあるので、一度中止して、フードの食べ具合を確認するのも良いでしょう。

また、食欲を刺激するために、フードを複数の箇所に置く、40度程度に温める、ぬるま湯でふやかす、食べたらほめる、などをお試しいただくのも効果があるかもしれません。

一方で、体調不良や、歯の生え替わりなどで口の中に違和感がある場合にも、食欲が落ちることがあります。
急に食欲が落ちたとのことですので、現在の体型やフードの給与量が適正かどうかも含めて、かかりつけの動物病院でご確認いただくことをおすすめします。

それでは、今後ともアニコムをよろしくお願いいたします。