教えて!アニコム損保!しつけ・健康相談 皆様のご質問にお答えいたします。

ご注意

回答までのお時間は3営業日以内とさせていただきます。
緊急を要する健康相談の場合は、すぐに動物病院を受診してください。
直接どうぶつさんのご様子を拝見しておりませんので、一般的なご案内となりますこと、また、投稿フォームにはURLを入力できない設定となっておりますことをご了承ください。

証券番号

  • (記入例:S00123452)

  • ご入力いただいた証券番号は公開されません。

ニックネーム

タイトル

コメント

  • URLはご入力いただけません。

添付File

暗証キー

  • (英数字で8文字以内)

投稿キー

  • (投稿時 投稿キー を入力してください)

文字色

無題

投稿者:ドッグライフカウンセラー  三留

投稿日:2012/09/13(Thu) 13:10

No.1651

ペパーミント 様

いつも大変お世話になりまして誠にありがとうございます。
No.1650のご投稿につきましては、お電話でご依頼いただきましたとおり、削除させていただきました。
今後とも、アニコム損保を何とぞよろしくお願い申し上げます。

ケンカ&マウンティング

投稿者:まるたまママ

投稿日:2012/09/07(Fri) 11:47

No.1629

2歳のトイプードルのまる子と1歳のトイプードルのたまえのけんか&マウンティングに困っています。
先住犬のまる子は、犬が嫌いで、大人しく、後から来たたまえに、最初は慣れず大変でしたが、やっと、落ち着いて暮らせるようになってきました。しかし、たまえが、まる子にたびたび喧嘩をしかけ、噛みついたり、上に乗ってマウンティングをしようとします。まる子も、たまえに鍛えられ、だいぶやりかえしたりしていますが、あまりに困ると、私のところに、逃げてきて、たまえを、私が叱る感じです。
たまえは、まる子のおもちゃも、すぐとってしまい、ほかの人がまる子をかわいがると、やきもちをやいて、まる子に吠えたり、かみついたりします。かみついても、けがをするような噛みつきではないのですが、2匹のすさまじいけんかに、困っています。
どのように2匹に接していったらよいでしょうか??

Re: ケンカ&マウンティング

- ドッグライフカウンセラー 三留

2012/09/10(Mon) 17:47

No.1636

まるたまママ 様

暑さの中にも少しずつ、秋の気配を感じる頃でございますが、
まるたまママ様におかれましてはいかがお過しでしょうか。
この度はご相談をいただきまして誠にありがとうございます。
2歳のまる子ちゃんと1歳のたまえちゃんのけんかやマウンティングにお困り
とのことでございますね。
ご案内をさせて頂きたく存じますが、一般的なご案内になりますことを
何卒ご了承ください。

先住犬であるまる子ちゃんは大人しく、1歳のたまえちゃんの積極的で元気いっぱい
とのことでございますね。
ご家庭に新しくワンちゃんをお迎えになられた当初は、先住のワンちゃんは自分の縄張りや
ご家族の愛情を取られるのではないかと不安になり、元気がなくなったり、
いつもと違う行動をしたり、中には体調に変化が見られることがございます。
まる子ちゃんも、ワンちゃんがあまり好きではないこともあり、最初は慣れず、
たいへんでいらっしゃったとのことでございますね。
まる子ちゃんには、よく頑張ったね、と褒めてあげたくなりますね。
以下、多頭飼いをされるときにご注意いただきたい点をご案内させていただきます。
参考にしていただければ幸いです。

1.「縄張りへの不安」を和らげる
ワンちゃんにとって、「縄張りを取られる」という不安はたいへん大きなものです。
先住犬のまる子ちゃんにとって、「あなたの場所は、ちゃんと守られているよ」と
教えてあげましょう。
元気いっぱいなたまえちゃんにタジタジになってしまっても、
逃げ込める場所があるということは、まる子ちゃんに大きな安心を与えられるでしょう。
まる子ちゃんのケージやキャリーバッグなど、お気に入りの場所に、
たまえちゃんが入ったときには、「ここはお姉ちゃんの場所だから、ダメよ」と
出してしまいましょう。
もちろん、たまえちゃんの落ち着くところがあることも好ましいのですが、
まずは、まる子ちゃんが落ち着けて、安心できる大好きな場所を用意していただき、
いつでも逃げ込めるようにしておきましょう。

2.「群れの順位への不安」を和らげる
ワンちゃんには集団を群れと考える特性があり、群れの中での自分の位置が明確であることが、
たいへん重要です。ワンちゃんたちの順位を正しく扱うことにより、
まる子ちゃんとたまえちゃんのまるたまママ様への信頼感を深め、
群れへの安心感を作っていきましょう。

(1.)先住犬を優先する
すべてにおいて先住犬を優先することがたいへん重要です。
このことには、飼い主様が視線をむける順番、名前を呼ぶ順番、家や部屋に入る順番
なども含まれます。

(2)群れの理にあった叱り方をする
叱る際には、群れの理屈にあった叱り方をします。
まるたま様の行動が、まる子ちゃんを優先したもので、そのことに対して、
たまえちゃんが怒って自分をアピールしてきても、知らん顔をなさってください。
たまえちゃんがまる子ちゃんに対して、嫉妬してまる子ちゃんに噛む素振りを見せたら、
低くて落ち着いた声で、「いけない」などとご家族で決められた言葉で叱ります。
これは、「上位のお姉ちゃんに対して、そのようなことをしてはいけない」、
と叱るのであり、まる子ちゃんをかばわないようにしましょう。
かばうということは、まる子ちゃんが弱い立場であるということを周囲に
示してしまうことになります。あくまでも、まる子ちゃんを上位で強い存在だとして
扱うことが重要でしょう。
反対に、下位のたまえちゃんがまる子ちゃんを噛み、そのことに対して、
まる子ちゃんがたまえちゃんに対して怒った行動であれば、
群れの上位のワンちゃんが下位のワンちゃんをたしなめる行動ですので、
知らん顔をしていましょう。
群れの中で順位が明確でないときには、ワンちゃんたちがケンカをして、
決めようとすることがあります。
ケンカに対しては、ワンちゃんたちの世界のことですので、もちろん、一緒にいるときは、
必ずご家族の目が届くようにしていただければと存じますが、子犬ちゃんが先住の
ワンちゃんに教わることも多く、ある程度の喧嘩を通して、
先住のワンちゃんが自分を優位な立場であることを子犬ちゃんに伝えることも重要でしょう。
また、このようなことを通して関係や群れ全体が安定していくことが一般的です。
飼い主様は群れの統率者としてワンちゃんたちを落ち着いて見守っていただくと
よろしいのではないかと存じます。
ただし、生活の中ではそうとばかりいってはいられないことがあります。
とにかく2頭を引き離したいというときは、ボールを投げたり、
ドアをあけて歩いたりして、ワンちゃん達の気持ちを他のものにそらすとよろしいでしょう。

また、ご高承のように、マウンティングというのは、自分が上位であることを主張したり、
あるいは上下関係が明確でないため、「はっきりしよう」という行動でもあります。
下位の子が上位の子にマウンティングをしたら、このときも低くて怖い声で
ご家族で決められたことばで、「いけない」などと叱り、やめたら褒めましょう。

(3)統率するのは飼い主様だということを示す
まるたまママ様が、ワンちゃんたちに対してきちんとリーダーシップを取ることが、
群れの安定のため、重要です。例えば、「オスワリ」という指示を使うなどなさって、
飼い主様の指示にしたがうと良いことがあるという流れを作るなど、
しっかりと飼い主様の存在をワンちゃんたちに見せるようにしましょう。
例えば、まるたまママ様がまる子ちゃんとたまえちゃんがお留守番をなさっているときに、
他のご家族様がご帰宅なさったら、一番に挨拶をなさるのは、まるたまママ様へ
「ただいま」とおっしゃっていただき、次にまる子ちゃんに、たまえちゃんは最後になさる
など、お宅は人間のご家族様中心に回っていることが伝わるようにしましょう。

2.愛情への不安を和らげる
まる子ちゃんに対するまるたまママ様の愛情は、
今までどおりであることをしっかりと伝えてあげましょう。

(1)嫉妬心を抱かせない
先住犬であるまる子ちゃんの前でたまえちゃんを構わないほうがよろしいでしょう。
まるたま様のお宅では、まる子ちゃんを構うと、たまえちゃんが怒るとのことですが、
まる子ちゃんに対して、唸ったり、怒ったりしたら、低い声でしっかりと叱りましょう。
たまえちゃんが唸っても、怒っても、まる子ちゃんを構うのをやめて、たまえちゃんを
構うことはなさらないほうがよろしいでしょう。

(2)たまえちゃんが来て、もっと楽しくなったとまる子ちゃんに思わせる
たまえちゃんが来てから、まるたまママ様を取られたような気がして、
「少しも楽しくない」とまる子ちゃんは思っているかもしれません。
子犬ちゃんが来てから、「余計に楽しくなった」と思わせてあげましょう。

(3)一対一の時間を作る
なるべくまるたまママ様がまる子ちゃんと一対一で過ごす時間をお作り頂き、
まるたまママ様の愛情は今までと変わらないことをまる子ちゃんに伝えてあげましょう。

根気強く、対応なさり、お互いの立場が明確になることで、群れが落ち着き、
いつの間にか2頭のワンちゃんたちが、並んで愛らしい寝顔に
安らぎをお感じになられる日がくるかと存じます。
ご心配に思われることもお有りかとは存じますが、
ゆっくりと見守ってあげてくださいませ。

夏の疲れの出やすい時期でございますが、まるたまママ様におかれましては
くれぐれもお体ご自愛ください。。
ワンちゃんたちと素適な秋をお過ごしくださいませ。

なお電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願い申しあげます。



Re: ケンカ&マウンティング

- まるたまママ

2012/09/11(Tue) 16:10

No.1639

お忙しい中、ご丁寧なご回答をいただき、とても感謝しております。 教えていただいたことを、なるべく頑張って実行していこうと、思います。
たまえが来た当初のまるこに比べれば、だいぶ距離が縮まって来た2匹ですが、喧嘩&とマウンティング」という新たな問題で困り果てていたので、読んで少し気持ちが楽になりました。

教えていただいたことを、実行しながら、それでも大変な時には、またご助言よろしくお願いいたします。
ありがとうございました。



Re: ケンカ&マウンティング

- ドッグライフカウンセラー  三留

2012/09/12(Wed) 13:43

No.1644

まるたまママ 様

この度はご丁寧にご返信をいただきまして、誠にありがとうございます。
いつも応援いたしております。何かございましたら、お気軽にお声掛けいただければと存じます。

朝晩はずいぶん秋の風を感じるようになりました。お散歩が心地よい季節の到来でございますね。
まるたまママ様におかれましては、まるこちゃんとたまえちゃんと素敵な秋をお過ごしください。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



要求吠えの改善

投稿者:くまちゃん

投稿日:2012/09/10(Mon) 12:19

No.1634

生後8ヶ月のトイプードル(女の子)についてです。
掲題の通り、要求吠えで困っています。
状況は下記の通りです。

【1】さみしがりからの要求吠え
基本的に性格が甘えん坊であるため、一人でケージに入れ我々が別の部屋にいる際には、さみしさから吠えることが多々あります。
しかしながら、分離不安になっても困るので、あえて一人にさせる時間を作っている状況です。

【2】興奮からの要求吠え
散歩に行くことが好きで、我々が散歩の準備を始めるのを見るとうれしさから興奮して吠え始めます。
また、散歩中も大好きな公園が見えてきたり、他の犬を見かけて、遊びたいと思うと興奮して吠えることがあります。

状況は上記の通りですが、いずれのケースも要求吠えをした際には応えない(吠えても一人で居させている部屋へは行かない、散歩中は歩行をやめるなど)ことを徹底しているのですが、どうもうまく言っていないのが現状です。
要求吠えには応えないのは続けるべきと考えていますが、このまま根気よく同じやり方を続ける以外にも、更なる改善方法は
ないでしょうか。

宜しくお願い致します。

Re: 要求吠えの改善

- ドッグライフカウンセラー  三留

2012/09/11(Tue) 19:53

No.1642

くまちゃん 様

夜空に浮かぶ月が美しい頃でございますが、
くまちゃん 様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
トイプードルちゃんは8ヶ月になられ、可愛さの中にも少しずつ大人の表情が
見えてくる頃ではないでしょうか。お健やかなご成長が楽しみでございますね。

この度はご相談をいただきまして誠にありがとうございます。
トイプードルちゃんの要求吠えにお困りとのことでございますね。
早速、ご案内をさせていただきますが、一般的なご案内となりますことを
何とぞご了承くださいませ。

ワンちゃんは、「自分で何かしたときに周囲で何がおきたか」ということをたいへん良く
みており、この経験をもとに、次に自分でする行動を決めていきます。
例えば、ケージに入ったとき、くまちゃん様のそばでもっと遊んでいたいと、
甘え上手の可愛らしい声でクンクンと甘えて声を出したときに、
「どうしたの?」と声をかけてみたり、目を配ったりなさると、
「鳴けば構ってもらえる」ということを覚えていきます。
ワンちゃんは、とにかく、構って欲しい、愛して欲しいと、社会性豊かな、
愛情に貪欲などうぶつですので、飼い主様が目を配ることだけでも、
ご褒美となってしまいます。
このようなことを下地として、ワンちゃんは要求するときに吠えるようになることが
一般的でございます。

したがいまして、トイプードルちゃんが何かを要求して吠えているな、というときには、
今、くまちゃん様がすでになさっていらっしゃるように、
知らん顔をしていただき、「吠えても無駄だ」ということを教えてあげることが基本です。

ワンちゃんは一度上手くいったという行動に対しては、
かなり強く執着するため、知らん顔をしていると、いつまでも吠え続けるのですが、
このときに根負けをしてしまうと、「やっぱり、頑張って吠えた甲斐があった」
ということで、ますますトイプ-ドルちゃんにとって、吠えることが大切な手段に
なってしまいます。
このようなときには、もう一頑張りしていただき、相手にしないようになさることが
重要です。そして、あきらめて静かになってから声をかけることで、
静かにしているときに良いことがあると教えてあげましょう。

しかしながら、日常生活の中ではご近所の手前、鳴いてもそのままにしておく
ということが難しいこともあると思います。
「鳴いた後に、いいことがあった」と思わせないことが重要ですので、
日頃からくまちゃん様の指示に従ったらいいことがあったと思わせるように
するのもよろしいでしょう。
トイプードルちゃんをケージやサークルから出したり、オモチャで遊んであげるなど、
何かしてあげるのは、鳴いた後ではなく、オスワリという飼い主さんの指示に
従ったときだというように教えてあげることも望ましい方法でしょう。

トイプードルちゃんは、寂しいときと、興奮したときに、要求吠えがみられる
とのことでございますね。
どちらも、要求しているときには、かまわないとのことが大切ですが、
良い状態でいるときに、褒めてあげることがたいへん重要です。
例えば、別の部屋でトイプードルちゃんが一頭でいらっしゃり、吠えていないときに、
声をかけてあげたり、「お利口ね」と褒めてあげます。
また、傍にいてほしくて吠えているのですから、吠えたら、くまちゃん様は背中を向けて
トイプードルちゃんの傍から離れるようにするのもよろしいでしょう。
また、「ケージの中は安心できる場所だ」と思わせて
あげるようにすることも重要でしょう。

ケージの中を安心できるお気に入りの場所にしてあげるためには、
叱ったときにケージに入れるのではなく、ケージに入ったら良いことがあると
思わせるようにしましょう。
ケージに布をかけてあげることも安心して落ち着いた雰囲気にするために
有効でしょう。ケージに入ったら褒めていただいたり、大好きなことをした後に
ケージの中に入れるとよろしいでしょう。
また、ケージから出すときには、静かにしているとき、
「おすわり」と指示をなさって指示に従ったら、出すようになさるとよろしいでしょう。
吠えているときに、良いことがあるのではなく、静かにしているとき、飼い主様の指示に
したがったら良いことがあると感じるようにしましょう。

トイプードルちゃんは興奮したときに吠えるとのことですね。
どうしても子犬ちゃんのうちや若いワンちゃんは、興奮しやすいのですが、
一度、興奮して吠え始めると、なかなか止まないこともございます。
成長するにしたがって落ち着くようになることも多いのですが、
トイプードルちゃんが興奮しているときほど、ご家族様は冷静に、
ゆったりと落ち着いた様子でいらっしゃったり、興奮が冷め、落ち着いてきたら、
声をかけたり、遊んであげるようにしていただければと存じます。
遊びたいよ、と吠えているとき、吠えたら遊べなくなると教えるために、
相手のワンちゃんから離れてしまわれるのもよろしいでしょう。

くまちゃん様は、トイプードルちゃんを分離不安にしないように、日頃から注意を
なさっているとのことでございますね。
独りでいることに、特別な感触を与えないようにすることは必要なことでございます。
また、独りでいられたら、褒めていただくことで、
ワンちゃんに自信を持たせてあげることも大切でしょう。
しつけ・健康情報サイト「どうぶつ相談室」には、分離不安について記事がございます。
よろしければ、ご参考までにご覧いただければと存じます。
http://www.anicom-page.com/labo/2009/04/post-240.html

トイプードルちゃんのお健やかなご成長を心からお祈りいたしております。
くまちゃん様とトイプードルちゃんが、笑顔いっぱい、楽しくお過ごしになられますよう
いつも応援いたしております。
なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、
しつけ相談のサービスを承っております。気がかりなことがおありの際にはお気軽に
ご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。
今後ともアニコムを宜しくお願い申し上げます。



嫌がる

投稿者:コロちゃん。

投稿日:2012/09/09(Sun) 21:53

No.1633

11か月になるヨーキー(メス) が、頭をさわられるのをすごく嫌がります。ヨシヨシするのもあまり好きではないみたいで嫌がります。頭の毛を伸ばしていこうと思ってるので、リボン付きのゴムでくくってます。ですが、ボサボサになるのでくくり直したいのですが、ゴムでくくる動作をするだけで、怒って噛もうとします。他のお家のワンちゃんは、毛をくくる事は嫌がらずにしてるのかな? っと気になって。。。どうしたら嫌がらずにくくれるようになりますか? おやつを食べさせてないので、おやつ誘導以外で教えてほしいです。

Re: 嫌がる

- ドッグライフカウンセラー  三留

2012/09/11(Tue) 19:48

No.1641

コロちゃん。 様

朝晩には秋の風を感じる頃ですが、
コロちゃん。様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
この度はご相談を頂戴致しまして、誠にありがとうございます。
コロちゃん。様のヨーキーちゃんが、頭を触られるのを嫌がり、
ゴムをくくり直すときにお困りとのことでございますね。
以下、ご案内をさせていただきますが、実際のご様子が分かりかねますので、
一般的なご案内となりますことをご了承ください。

ワンちゃんは、どの子も「自分を守る」という本能があり、
頭を触られることを嫌がるのが普通です。
特に小型のワンちゃんからすると、人の手は大きく恐怖を感じるようですので、
頭の上から手を持っていくと、怖がりますし、後ろから急に近づくことも怖がります。
まず、日頃から、人の手が怖いという経験をさせないように注意をしましょう。
特に、ヨーキーちゃんが歩いているときなどに「可愛いですね。撫ぜてもいいですか。」
と人が近づいてきたときは、ヨーキーちゃんに「触るけどいい?」と一言に声をかけて
相手の方の手の匂いを確認させてあげ、頭の上や後ろから急に手を出さないように
注意をしてあげましょう。
このように、ワンちゃんはもともと頭部を触れることを嫌がるのが通常ですが、
頭をゴムでくくった後、いいことがあった、という経験を積み重ねていくことにより、
ゴムでくくられることへのイメージをよくすることが大切です。
また、コロちゃん様に体を触られることが気持ちよい、という心地良さを
感じさせてあげることがたいへん重要です。
ゴムで結んだら、ヨーキーちゃんが日頃から喜ぶこと、大好きなことをなさると
よろしいでしょう。大好きなボール遊びをする、「よく似合うわね、美人さんね」
と笑顔で褒めてあげることなどもよろしいでしょう。
また、ゴムでくくるときは、被毛をひっぱって痛い思いをさせないように
十分注意をしましょう。
楽しそうに名前を呼びながら、いかにも楽しいことをしているという雰囲気で、
心地良い状態を作ります。
最初からヨーキーちゃんの頭部に手をやるのではなく、触られて気持ちがよい場所を
触ることから始めるのもよろしいでしょう。
また、たいへん嫌がるようでしたら、無理をなさらず、ほんの少し触ることくらいから、
少しずつ慣らしてくのもよろしいでしょう。

一方で、毅然とした表情をお見せになられることも大切です。
ヨーキーちゃんが怒ったり、噛もうとする表情に、コロちゃん様がうろたえて、
手を止めると、噛めば思うようになるとヨーキーちゃんが感じてしまいます。
怒っても、噛んでも、主導権はコロちゃん様にあって、すべきことはやる、という
堂々とした雰囲気をお見せになられることはたいへん重要でございます。

もし、ヨーキー様が「止めて」と噛んだら、その瞬間、低くて、怖い声で、
「ダメ」などとご家族でお決めになられた言葉で叱ります。
噛むことを止めたら褒めていただき、笑顔で平然と続けましょう。

ヨーキーちゃんはもうすぐお誕生日でございますね。本当におめでとうございます。
ヨーキーちゃんのお健やかなご成長を心からお祈りいたしております。
時節柄、コロちゃん様におかれましては、くれぐれもお体ご自愛くださいませ。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、
しつけ相談のサービスを承っております。気がかりなことがおありの際にはお気軽
ご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。
今後ともアニコムを宜しくお願い申し上げます。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願い申しあげます。



噛みぐせ

投稿者:ぺこ

投稿日:2012/09/08(Sat) 10:16

No.1632

現在4歳の小型犬(メス)ですが、子犬のころから布系のものをかじってボロボロにしてしまうことが多々あり、困っています。


タオルやハンカチ、枕カバー、毛布、洋服など、、
(ふとんやシーツなどは、今のところかじりません)
洋服は、何度ボロボロにされたかわかりませんし、先日もバスタオルや軍手などもボロボロにかじられてしまいました。


かじりながら食べているとは思いませんが、少し食べているかもしれないし、ときどき糞にそれらしきものが混じっていることもあります。
今後の続くようですと体に蓄積されてしまうのではないかと心配です。


いつもお留守番が多く、子犬のころから散歩には行きません。

このところドックフードだけは、おなかがすいてないと食べず、好きなものを混ぜてあげると好きなものをより分けて食べて、そのあとにドックフードを食べます。

何かのストレスなのでしょうか?

どうしたら直すことができますでしょうか???

宜しくお願い致します。


Re: 噛みぐせ

- ドッグライフカウンセラー 三留

2012/09/11(Tue) 19:42

No.1640

ぺこ 様

秋の訪れが待ち遠しいですね。ぺこ様におかれましてはいかがお過しでしょうか。
この度はご相談を頂戴いたしまして誠にありがとうございます。
さっそくご案内をさせていただきますが、実際のお子様のご様子を拝見していませんので、
一般的なご案内となりますことを何とぞご了承くださいませ。

ぺこ様のワンちゃんが衣類などをかじる癖があり、お困りとのことでございますね。
以下、お伺いした内容をもとに、ご案内させていただきますが
一般的なご案内となりますことをご了承ください。

以下、そのような場合に考えられる原因と対応例を挙げさせていただきます。
ご参考にしていただければ幸いでございます。

1. かじることそのものが面白い
ぺこ様のワンちゃんのように、繊維類をかじる子は多く、またクッションのようなものをみるとかじり、
中から綿を出すのに夢中になる子もいますし、プラスチックをかじる癖のある子もいます。
ぺこ様が心配をなさっているように、解れた糸が口に入ることで、手術が必要な事態に
陥るなどもあります。特に、解れた後、長い糸状のものが出てくるものは、たいへん危険です。
http://www.anicom-page.com/labo/2012/04/post-430.html

まずは、ワンちゃんの生活スペースに、ワンちゃんが好奇心を示すタイプの衣類などは
おかないようにしましょう。あるいは、ケージの周辺をあらかじめ柵などで囲み、
生活のスペースを限るようにしておき、この中なら自由にしても問題がないようなスペースを
あらかじめ決めておくのもよろしいかもしれません。

また、噛みたいというワンちゃんの本能を満たしてあげるためにも、かじっていいオモチャを
与えることも重要です。この場合、ワンちゃんの好みに出来るだけ合った素材のものを
与えると良いでしょう。

2.エネルギーが有り余っている
エネルギーが十分に発散しきれておらず、お家の中でのいたずらがしたくなることも
多いようです。
ぺこ様のワンちゃんはお散歩にいっていらっしゃらないとのことですが、
気候がよく、お散歩に適したときに、抱っこをしてもよろしいので、
お外を歩いていただき、好奇心やエネルギーを発散させてあげるとよろしいでしょう。
お休みの日など、抱っこをなさって公園にお連れになられ、
歩くのに適した場所に、下ろしてあげ、楽しく歩かせてあげるのもよろしいですね。
また、お家の中でも、ボール遊びなどで「あぁ、楽しかった」というように、
エネルギー発散をさせてあげることもよろしいでしょう。

3.かじると構ってもらえると思っている
ワンちゃんは社会性が豊かなどうぶつですので、とにかく飼い主様に自分を見て欲しい、
声をかけて欲しくて仕方がなく、飼い主様に注目してもらうことは、
ワンちゃんにとって、大きなご褒美となります。
また、ワンちゃんは、自分がした行動の前後の周囲の状態を大変よく見ており、
この経験をもとに、次の行動を選択しますが、衣類をかじっているときに、
ご家族が振り向いたり、声をかけるというご様子を「構ってもらえた」と思った経験があると、
「構ってもらうためには、かじればいい」と思ってしまうことがあります。
飼い主様が、叱っているつもりでも、「だめよ」などと振り向いて声をかけたご様子や、
飼い主様がご帰宅なさったとき、かじった様子をご覧になられるという反応も
ご褒美になっている場合もございます。
「かじっても、いいことがない」「かじらないでいたら、いいことがある」ということをワンちゃんに
しっかりと示す必要があります。

もし、衣類をかじっているのをご覧になられたときは、
低く落ち着いた声で、「ダメ」など、ご家族で決めた言葉でしっかりと叱り、
噛むのを止めたり、躊躇をしたら、「いい子ね」と明るく褒めてあげましょう。
ポイントは、とにかく落ち着いて、低い声で叱ることです。

また、かじりながら、ワンちゃんがぺこ様のほうにチラチラと目を配るなど、
「構って欲しくてかじっている」ということを感じる場合には、
「かじってしまうと楽しい時間が終わる」ということをワンちゃんが理解できるように、
低い声で「ダメ」と叱りながらワンちゃんの傍を離れてしまうことが有効なこともございます。

衣類をかじっているのを止めさせようとオモチャで誘うと、
ワンちゃんの中では、「かじっているとオモチャでママが誘ってくれる」という流れが
できてしまうことがありますので、かじり始める前にオモチャで気をひいて遊んであげると
よろしいでしょう。かじっていないときに十分に注目をしてあげて、豊かなコミュニケーション
の時を過ごしていただくことで、かじっていないときに、楽しいことがたくさんある
と感じさせてあげましょう。
かじること以上にワンちゃんが好むような遊びが何かあれば、
その遊びに夢中にさせることもたいへん望ましいでしょう。

いつもかじる場所には、まずい味のものを塗っておく、かじったときに嫌な音
をさせるなど、かじったとき嫌な経験をさせる「天罰方式」も一つの方法です。
嫌な味がするものとしては、ワンちゃんのいたずら予防のためにいろいろな商品が
ペットショップさんで販売されていますので、このような商品をご利用なさるのも
よろしいでしょう。
この場合、嫌なことを起こすのは、飼い主さんではなく、天の神様だとワンちゃんの
目に映るようにしましょう。

4.退屈でついかじってしまう
退屈さ、からかじることもありますので、お留守番の前に、お宅のご近所を散策なさるなど、
心地良い疲労の後、うとうととするような流れを作っていただいてもよろしいでしょう。
また、遊んでいるうちに、中から食べ物を出すコングのようなオモチャを与えていただいても
よろしいでしょう。

ケージやサークル、クレート、キャリーバッグのような
ぺこ様のワンちゃんが「自分のおちつく場所」を用意してあげることもよろしいでしょう。
ハウスを好きにする方法については、しつけ・健康情報サイト「どうぶつ相談室」の
次のページをご参考になさってください。
http://www.anicom-page.com/labo/2009/04/post-136.html

また、ワンちゃんは、お食事に好きなものとフードを一緒にすると、好きなものを先に食べ、
フードを後で食べるとのことでございますね。
多くの飼い主様は、ワンちゃんが好きなものしか食べなくなってしまい、
困っていらっしゃいます。ぺこ様のワンちゃんは、好きなものを食べた後であっても、
ちゃんと食べるとのことで、お利口さんですね。
お食事を食べたときに、褒めてあげ、ご飯をたべることが楽しい、という雰囲気を
作ってあげましょう。

ご相談のご様子から、ぺこ様がワンちゃんを大事に思っていらっしゃるお気持ちが
伝わってまいります。
ワンちゃんと笑顔いっぱいの毎日をお過ごしください。
なお電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

今後ともアニコムをよろしくお願い申し上げます。