教えて!アニコム損保!しつけ・健康相談 皆様のご質問にお答えいたします。

必ずお読みください

回答までに数日いただきますので、緊急を要する場合(誤飲、頻回の下痢・嘔吐、おしっこが出ない等)は、すぐに動物病院を受診してください。
当掲示板での回答は、お申し出内容に基づく一般的な回答となります。

証券番号

  • (記入例:S00123452)

  • ご入力いただいた証券番号は公開されませんが、ご契約のどうぶつ情報をもとに回答いたします。

ニックネーム

タイトル

コメント

  • URLはご入力いただけません。

添付File

暗証キー

  • (英数字で8文字以内)

投稿キー

  • (投稿時 投稿キー を入力してください)

文字色

家での排せつ

投稿者:マフィン

投稿日:2014/02/05(Wed) 15:35

No.3401

先日は、お電話での相談にて、ご親切かつ、的確なアドバイス有難うございました。
今回の相談は、先住犬のM・シュナウザー♂5歳の件です。
パピーの頃は、オシッコ・ウンチはゲージの中でしていたのですが、いつの頃からかゲージの中のシートには一切しなくなりました。
ゲージの大きさは、1m80cm×60cmで、その中にワイトサイズのトイレシート(トイレトレイ)、クレートを置いております。(留守番時のみゲージ)

その他、廊下にトイレシート(トイレトレイ)を置いているで、普段は、(留守番時以外)オシッコのみ廊下のトレイでします。
ウンチは家では絶対しません。二日位粘って様子を見たことがあるのですが、こちらの方で根負けして(ウンチを我慢させては、身体に悪いと思い)外に連れ出したしだいです。

ゲージの中で、排せつをしない為、長時間の外出は我慢していると思うと、気が気でできません。(外出の前は、必ず散歩しております)

そこで、どうしたらゲージの中のトイレシートでウンチ・オシッコをしてくれるようになるのでしょうか?
廊下のトイレトレーを無くしたら良いのでしょうか?

また、7か月になる同犬♂は今のところ、ゲージ、廊下のシート両方に排せつできておりますが、先住犬のようにならない為に、今から気を付けておくべき事をアドバイスお願いいたします。
尚、留守番時のゲーシはそれぞれ別で大きさは同じサイズです。
宜しくお願いいたします。

Re: 家での排せつ

- ドッグライフカウンセラー 三留

2014/02/06(Thu) 13:41

No.3405

マフィン 様

春の訪れが待ち遠しい今日この頃でございますが、
マフィン様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
シュナウザーちゃんたちは、お元気で散歩を楽しんでいますでしょうか。
この度はご相談をいただきまして誠にありがとうございます。
早速ご案内をさせて頂きたく存じますが、一般的なご案内となりますことを
何卒ご了承下さいませ。

マフィン様の先住犬のシュナウザーちゃんは、いつの頃からかケージの中のトイレで
排泄をしたがらなくなり、廊下のトイレでオシッコはするものの
ウンチはお家の中ではしないとのことでございますね。

ワンちゃんにはもともと自分の生活スペース(特に寝場所や食事場所)から
離れたところで排泄をしたがる習性があるといわれております。
これは自分を含めて群れの仲間を外敵から守り、自分の生活スペースを
汚さないようにするためではないかと考えられております。
したがいまして、子犬ちゃんのうちは、ケージの中でしていたワンちゃんも
成長に伴ってだんだんと生活スペースでの排泄を嫌がることも多いようで
ございます。ケージの中のトイレではしなくても、ワンちゃんにとって自分の
スペースから離れていると感じる場所ではするというワンちゃんもみられます
ので、マフィン様のお宅でも廊下のトイレがあることは、
かえって望ましいことだといえるかもしれません。
ワンちゃんには、「自分の排泄物の臭いによって、他のワンちゃんに対して
自己主張をしたい」というワンちゃんが本来持つ本能があり、
外でしかしないというワンちゃんは、どちらかといえば自分をアピールする
ことに積極的なタイプの子に多い傾向があるのかもしれません。
また、反対に大人しいタイプのワンちゃんには外でいっさい排泄をできない
というワンちゃんがいます。
このようなワンちゃんも、だんだん自分に自信が持てるようになり、
散歩コースに馴染んでくると、外で排泄するようになることもみられます。

マフィン様のシュナウザーちゃんは、オシッコは廊下のトイレでするので
ございますね。
外でする排泄は、ワンちゃんにとって開放感に溢れて心地良い様ですし、
まったく家の中ではオシッコもウンチもしないというワンちゃんも多いのですが、
シュナウザーちゃんは、お家の中ではどこで排泄をしたらいいのかは把握して
いるのかもしれませんね。
小さい頃はケージの中でしていたのですから、トイレをそのままにしておけば、
どうしても、というといきには排泄することのできるかと存じます。

散歩に行き、歩くことは、大腸の動きを活発にして排便をする条件が整い
便意を催しやすいので、散歩をすると排便したくなることは一般的でございます。
シュナウザーちゃんは外での排便を好み、習慣となっているのかも
しれませんね。まずは、家の中でも排泄すればいいというメッセージを送り続ける
ためにも、廊下のトイレでも、オシッコであっても、
とにかくトイレでしたら褒めることは大切でしょう。

一度、外でしか排泄をしなくなったワンちゃんを家の中でさせるようにするのは、
簡単ではないのですが、シュナウザーちゃんは廊下のトイレでオシッコは
できているので、何かの拍子にウンチが出れば、廊下のトイレで
するようになるかもしれませんね。
ケージの中のトイレでの排泄は、廊下のトイレより難しいかもしれませんが、
くつろぐスペースとトイレがシュナウザーちゃんが区別しやすいように、
ベッドのスペースをスノコなどで一段高くしたり、
ベッドとトイレのスペースを大きくするのもよろしいかもしれません。

飼い主様がイライラとワンちゃんの排泄を待つことが
ワンちゃんの排泄を促す上でマイナスに作用することも考えられますので、
マフィン様は「うまくいったらいいな」くらいに考えていただき、
のんびりと対応して頂くことがたいへん大切でございます。
お散歩にいらっしゃる前など、このまま歩かせたらウンチが出るだろう、
というタイミングに、まずは廊下のトイレに誘ってみる習慣をお付けになられては
いかがでしょうか。
シュナウザーちゃんが弟のワンちゃんに気を取られたり、ジッとご家族が見つめて
緊張させてしまうことのないよう、
なるべくのんびり、リラックスをして排泄するトイレ環境にしてあげましょう。
ケージの中にお入れになられ、声掛けをし、知らん顔をなさっているうちに排泄を
する可能性もありますし、したら褒めることが大切です。
ただ、ワンちゃんはオシッコにしてもウンチにしても、我慢をする力は人間より
ありますが、我慢比べになるのは、マフィン様がおっしゃるように、
決してシュナウザーちゃんの体にとって望ましい状態ではございません。
何かのきっかけで、したければするだろう、くらいの気持ちで見守って
いただければと存じます。

また、「トイレはここよ」などと声がけをする言葉を決めていただき、
いつも外でウンチをするときに声掛けを繰り返すことで、
シュナウザーちゃんの中で「その合図を聞くと排泄したくなる」という条件反射
となることもございます。
トイレにつれていき、この言葉をかけていただくのもよろしいでしょう。
楽なお気持ちで、偶然でもウンチが出たら褒めてあげます。
このとき、特別のご褒美を与えていただいてもよろしいでしょう。
誘導する前に、お散歩のときのように家の中で歩かせたり、運動させるなど
排便を促すような働きかけをしておくのもよろしいでしょう。

ワンちゃんの排泄行為は、縄張り意識と密接に関わるところもございますし、
多頭のご家族ですと、もう一頭のワンちゃんのオシッコやウンチがあるので嫌だ
ということもみられます。
なるべく排泄物はすぐに片付けるようにしましょう。
また、トイレのサイズを広くしたり、トイレを二つご用意なさるのもよろしいでしょう。

8ヶ月のワンちゃんも、外でしかしなくなることを防ぐには、とのことでございますね。
排泄行為のような生理現象に関しては、はやり個性や好みもございますので、
なかなか周囲の思うようにいかず、難しいこともございますが、
下のお子様に、お家のトイレで排泄をしてからお散歩にいらっしゃる習慣を
お付けになってはいかがでしょうか。
また、褒める、ご褒美をあげるなどをし続けることもよろしいでしょう。
マフィン様の声掛けを耳にすると催す、というように条件付けるため
声掛けを続けていただくとよろしいかもしれません。

ケージの中のトイレに戻るのを躊躇するきっかけが、
自分の生活スペースで排泄をするのが嫌だと感じるようになることも多いのですが、
それ以外にも、叱った後にケージに入れるということをしている間に、
叱られるときのイメージが残り、ケージに入りたがらなくなるということも
みられますので、「ケージは良いところ」と感じるようにしてあげてくださいませ。

排泄行為に関しては、周囲がのんびりと構え、叱らず、出来たら褒めることで、
どこでしたらいいのか、ということを伝えることが大切でございます。
ヒトと暮らすにあたって、もともとの習性と違うことをワンちゃんに強いている部分も
あるかと存じますので、あわてず、のんびりと教えてあげてくださいませ。
マフィン様とシュナウザーちゃんたちが笑顔いっぱいでお過ごしになられますよう
応援いたしております。また、お気軽にお声掛けくださいませ。
厳しい寒さが続きますが、マフィン様におかれましてはくれぐれもお体
ご自愛くださいませ。
今後ともアニコムを宜しくお願い申し上げます。



トイプードル舐めぐせ?

投稿者:sora

投稿日:2014/02/02(Sun) 21:27

No.3397

トイプードル♂2歳の子の相談です。

去勢手術を9ヶ月の頃にし、
それからドンドン甘えん坊になり
(甘やかした私が悪いのですが)
家で誰かが座っていれば、その人の膝で寝、
座りそうになった所で走ってきて、膝に乗ります。

散歩中に出会った人が可愛いわねと座って下さったら
直ぐに膝に乗ろうとします。
 
また舐め癖もひどく
家人だけでなく初めて出会った方にでも、
舐め始めると止まりません。
本などにはお腹が空くと口周りを舐めるとありましたが
顔だけでなく手でも何処でも舐め続けますし、
お腹が空いて舐めているようでもありません。
一緒に寝ているのですが
夜中に突然スイッチが入って舐めだす時もあります。

少し異常に感じますし、何かを要求しているのでしょうか?

また、止めさせる方法がありますでしょうか?

Re: トイプードル舐めぐせ?

- ドッグライフカウンセラー 三留

2014/02/05(Wed) 12:18

No.3400

sora 様

梅の香りに春の気配を感じる頃でございますが、
sora 様におかれましてはいかがお過しでしょうか。
この度はご相談をいただきまして誠にありがとうございます。
さっそくご案内をさせていただきますが、実際の様子を拝見していませんので、
一般的なご案内となりますことをご了承ください。

sora 様のトイプードルちゃんは、ご家族のお膝の上が大好きなのでございますね。
人と過ごすことや、人の体に触れていることが大好きなワンちゃんは、
ほんとうに幸せですし、それはご家族が大切になさってきたからでございますね。
トイプードルちゃんにとって、お膝の上で過ごすはたいへん心地良いのでしょうね。
また、トイプードルちゃんがご家族様のお膝の上で気持ち良さそうにしているとき、
ご家族様も幸せそうな表情をなさっていることも関係があるのかもしれませね。

可愛いトイプードルちゃんがお膝にいる時間は、とても素敵なコミュニケーションで
ございますが、お膝にすかさずあがろうとするご様子が、あまりに顕著であったり、
「自分の思うようにご家族の皆様が動くんだ」というような様子が
トイプードルちゃんにあるのであれば、
お家の中の主導権は飼い主様にあるということを、きちんとお示しになられると
よろしいでしょう。
また、お膝にあがりたい素振りのときにすぐ上げてしまうのではなく、
上がる前に、一度、オスワリやマテなどの指示をする言葉をご利用いただき、
「sora 様に主導権があるよ」、「sora 様の指示にしたがったから良い事が
あるんだよ」ということをお示しになられるのも、一つの方法でしょう。
sora様のご都合のよくないときに、お膝に上がりたいという素振りを
トイプードルちゃんがしても、さっと立ち上がってしまい、
「今は無理なのよ」とさりげなく、用事をなさってしまいましょう。

さて、sora様のトイプードルちゃんは、ご家族様をなめることが大好きなので
ございますね。ワンちゃんにとって、なめるという行動は安心できたり、
落ち着いたりすることのできる魅力的な行動のようです。
また、子犬ちゃんは、母犬の口元をなめて、食事を要求しますが、
ワンちゃんが他の人やどうぶつをなめることは、愛着を表現する行動のようで
ございます。ご家族などの人とのふれ合いでもございますし、
なめることそのものが、ワンちゃんにとって魅力的な行動なのかもしれませんね。

魅力的な行動であるだけに、ワンちゃんは、なめ始めると止まらなくなることも
よくみられます。ただ、先にご案内をいたしましたが、この行動はsora様や周りの
皆様への愛着行動ですので、叱るという訳にもいかず、困ってしまわれると思います。
また、sora様やご家族の手をなめたとき、
「くすぐったいよ」とか、「止めて」などとおっしゃられたことがあり、
なめると注目してもらえる、構ってもらえるとトイプードルちゃんが感じるようになって
ご家族の手などをなめることに執着するようになることもございます。

なめて困るときには、トイプードルちゃんの気持ちを他のことに向けたり、
他の用事があるという雰囲気でさっと立ち上がってその場から離れてしまうと
よろしいでしょう。
トイプードルちゃんがsora 様をなめており、身動きがし辛い状態であっても、
さっと立ち上がってしまいましょう。
難しい場合は、隣に座っていらっしゃるほかの方に助けていただき、
その方が立ち上がったり、ドアをあけるなど、
トイプードルちゃんが他のことをしたり、他のところにいこうとするように促しては
いかがでしょうか。

ご存知のように、人とワンちゃんやネコちゃんなどのほかのどうぶつ種との間に
病気が行き来しますが、このような病気を予防するためにも、なるべくお口の辺りは
なめないようになさったほうが望ましいでしょう。
例えば、お口をなめそうであれば、ora様が体の位置を移動なさって、
お口以外のところをなめるように促すとよろしいでしょう。

また、お散歩などの運動量を増やし、エネルギーを発散してあげることは、
健康管理のためにも、たいへん望ましいことでございますので、
寒い時期でございますが、お外で過ごす時間も大切にしていただければと存じます。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、
しつけ相談のサービスを承っております。気がかりなことがおありの際には
お気軽にご利用くださいませ。

電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります

トイプードルちゃんのお健やかなご成長が楽しみでございますね。
ご家族皆様が笑顔いっぱいでお過しになられますことを心から
お祈りいたしております。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



鳴き声

投稿者:みやじ

投稿日:2014/01/30(Thu) 10:25

No.3390

保護犬ダックス推定6歳です。

この子はワンワンと鳴くことがなく、何故か「フニャー!フギャー!ヒャー!」と変な声で全力で大きく鳴くんです。
特に外出した際や支度している時に鳴きます。
その時は周りが見えていないようで必死なんです。

前飼い主は愛情を注がず、虐待していたようで人間に心を開いたのが私が初めてのようです。

私の姿が見えなくなると寂しさや不安で鳴いていると私は思っております。
お留守番も我が家に来た当時は1匹でしたのでやはり変な声で鳴いておりましたが、弟犬を迎え入れてからは落ち着いたようで大人しく待っていられます。

外に連れて行くのが恥ずかしくなる程の声を出します。

どのようにしつけていけばいいのかアドバイスお願いいたします。

Re: 鳴き声

- ドッグライフカウンセラー 三留

2014/01/31(Fri) 15:41

No.3393

みやじ 様

早いもので、新しい年を迎えてから1か月が過ぎようとしていますが、
みやじ様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
この度は、ご相談をいただきまして、誠にありがとうございます。
ダックスちゃんの鳴き声にお困りとのことでございますね。
早速、ご案内をさせていただきますが、一般的なご案内となりますことを
ご了承くださいませ。

ダックスちゃんは、みやじ様のような素敵な方に出会い、初めて心を開くことができ、
そのみやじ様にご家族として迎えられることができ、本当に幸せでございますね。
みやじ様の手に抱かれるまでは、恐怖や不安の中、小さな体でがんばって
きたのですね。
常に不安で、常に緊張を強いられる状況を体験してきたことも想像され、
みやじ様がおっしゃるように、ダックスちゃんは、みやじ様がいらっしゃらなくなる
のではないか不安になったり、いらっしゃらないことが寂しくて鳴いているのかも
しれませんね。
幸いなことに、みやじ様のご配慮で、新しく弟のワンちゃんをお迎えになられ
落ち着かれてきたご様子ですので、
ダックスちゃんがリラックスをして、次第に落ち着いていくまで
あと一歩というところまでいらっしゃっているのではないでしょうか。
以下、ポイントとなる事柄をご案内いたますので、ご参考にしていただければ
幸いでございます。

1.穏やかな毎日を繰り返す
いつもと同じように落ち着いた生活を繰り返すことで、ワンちゃんは安心
していきます。いつも通る散歩道、散歩の後にはみやじ様から食事をもらい、
みやじ様の穏やかな笑顔に安心をする・・・何気ない毎日の繰り返しの中で、
ダックスちゃんは、もう安心していいのだと感じるのではないでしょうか。
根気強く、見守るうちに、何だかこの頃、鳴き方が変わってきたね、と感じる
ようになられるかと存じます。

2.心配な気持ちを見せない
ダックスちゃんの不安そうな泣き声や表情をご覧になると、みやじ様もご心配
かと存じますが、心配そうなご様子をダックスちゃんにお見せにならないほうが
よろしいでしょう。
また、これまで可哀想だってねと、なぐさめるような表情もなさらないほうが
良いでしょう。
ダックスちゃんの鳴き声にも心を痛めていらっしゃるかと存じますが、
鳴いている様子や声にも、みやじ様は表情をお変えになったり、なだめたり、
声をかけたりなさらず、今を生きるダックスちゃんに、素敵なみやじ様と出会えて、
ダックスちゃんは世界一幸せよ、と声をおかけください。
楽しそうに、なるべくリラックスした雰囲気を作ってあげていただき、
ゆっくりと、ゆったりと、見守ってあげてください。

3.お家に中に、安全で安心できる場所を作る
もともと、穴倉のようなところで暮らしていたと考えられるワンちゃんですので、
狭くて、自分から周囲は見渡せるけど、周囲から自分の姿は見えないという所に
安心を覚えます。
クレートやバリケンなどが適していますが、これ以外でも、サークル、ケージ、
ドーム型のベッドやダンボールなどでもよろしいでしょう。
中に大好きなみやじ様の匂いのする着古した洋服やお気に入りのクッションや
タオルなどを入れてあげるとよりくつろげるかもしれません。
また、お留守番のときだけ、ケージやサークルなどに入れるのではなく、
お食事の後やお散歩の後などにゆったりとくつろぐ場所になさるなど、
心地良い場所、安心できる場所だとダックスちゃんが感じるようにして
いただければと存じます。

4.さりげなく外出し、帰宅する
ダックスちゃんは、みやじ様がお出かけの支度をなさったり、ドアを開けて外出
される際に鳴くとのことでございますね。
「外出してしまうかもしれない」という不安がワンちゃんを苦しめると考えられて
いますので、ダックスちゃんがみやじ様の外出を連想する行動があれば、
この行動の後、外出をなさらないようになさることも大切でしょう。
例えば、バッグを持ったまま、お宅でお過ごしになったり、
鍵を持ったままソファに座って新聞を読んだり、鍵を持って部屋を出ても、
トイレに行くだけですぐに戻るなど、ワンちゃんの不安につながる連想を断ち切って
あげてくださいませ。
出かけるときはさりげなく、また、ご帰宅なさったときもさりげなくなさることで、
みやじ様の外出が特別なことではなく、日常の一コマであることを教えてあげましょう。

5.鳴かないでいたら、褒める
いつもなら鳴いてしまうような状況でも、鳴かないでいたり、
オスワリなどの指示をなさって、指示にしたがったり、良い状態のときには褒めて
いただき、自信をつけさせてあげましょう。
みやじ様のご不在にも、少しずつ慣らしてあげてくださいませ。
例えば、ゴミを出すときなど、短時間から、新しくお迎えのワンちゃんとお利口さんに
過ごせたら「すごいね、お利口ね」と褒めてあげましょう。
ご不在の時間は、少しずつ、短時間から延ばしていただくとよろしいでしょう。
また、お出かけの予定のある日には、長めのお散歩をなさって、疲れて
ウトウトするような状況を作っていただくのもよろしいでしょう。

6.自信をもたせる
新しいワンちゃんをお迎えになられ、お兄ちゃんとして自信を持たせていただく
良い機会でございますね。
声をかける順番、目を配る順番、様々な状況で、ダックスちゃんを優先して
いただき、ダックスちゃんの目にも、新しくお迎えのワンちゃんの目にも、
ダックスちゃんが強くて頼もしく映るようにしてあげましょう。

7.みやじ様の自信や毅然としたご様子を見せる
みやじ様がいらっしゃれば、守ってもらって安心だということをダックスちゃんに
伝わるようにワンちゃんの顔色を見たり、要求を叶えたりするのではなく、
みやじ様に主導権があり、みやじ様を中心に、この家は回っている、ということを
しっかり伝えるようにしていただければと存じます。

みやじ様とワンちゃんたちの笑顔いっぱいの毎日を心から応援いたしております。
なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、
しつけ相談サービスを承っておりますので、ぜひご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

少しずつ春の温もりを感じる頃ですが、
まだまだ厳しい寒さが続くと思われます。
みやじ様におかれましては、くれぐれもご自愛くださいませ。
今後ともアニコムをよろしくお願い申し上げます。



Re: 鳴き声

- みやじ

2014/02/02(Sun) 11:01

No.3396

的確なアドバイスありがとうございます。

そうなんです。
彼(ダックス)にとって私の存在は何物にも代えられないくらい強い愛情を持ってくれているようです。
私もとても嬉しいですし、幸せです。

それと、私の書き方が少し悪かったのかもしれませんが、彼を含めて外出する時(お散歩を含め、ドライブやペット同伴可のショッピング等)も同じ声で鳴き叫ぶのです。
一緒に居るのにも関わらず鳴くのは何が不満で不安要素なのかもわかりません。
周りからも「躾のできていない子ね」と言われたことも何度もあります。

外は大好きなんです。

車での移動時はキャリーに入れています。キャリーに入ることが当たり前なんだと教えてから自分からもすんなり入ります。
でもその中で目的地に着くまでずーっと鳴いてるんです。
自分から乗り込むくらいなので、車での移動が嫌いというわけでもないんです。

不安になりやすい子なんだということはわかりますが、どうやったら少しでも安心してもらえるのかと思ってます。



Re: 鳴き声

- ドッグライフカウンセラー 三留

2014/02/04(Tue) 14:11

No.3398

みやじ 様

この度はご丁寧にご返信をいただきまして誠にありがとうございます。
ダックスちゃんが、運命の人であるみやじ様の温もりに包まれ、
幸せそうに過ごすご様子が目に浮かぶようでございます。

先日のご案内に実際のご様子に沿わない部分があり、誠に申し訳ございませんでした。
ダックスちゃんは、みやじ様がお出かけになるときだけではなく、
一緒にお出かけをなさるときにも、吠えるのでございますね。
ワンちゃんが吠えることには、さまざまな要因が考えられますが、
吠えることが「注目を浴びるための手段」になっていることがございます。
ダックスちゃんの様子をご覧になられて、みやじ様をはじめ、
周囲の皆様の関心を得る手段になっているということはございませんでしょうか。
このような場合、「吠えても周囲の関心は得られない」とダックスちゃんが
分かるようになさることが重要です。
状況にもよりますが、例えば、車の中でキャリーに入っているときなどに
ダックスちゃんが吠えても声もかけず、
あきらめて吠えるのを止めて静かになったときがあったら、
声をかけたり、体を優しくなぜたりしていただくとよろしいでしょう。
また、どのようにすることが好ましいかをダックスちゃんに教えていただくため、
日頃から、「オスワリ」などの指示を上手にお使いになり、
ダックスちゃんが指示にしたがったときや、落ち着いて静かにしているときに褒める
など、好ましい状態のときに、嬉しいことをしてあげることを根気強く続けて
いただければと存じます。

お散歩やショッピング時に吠えるのは、怖かったり慣れなかったりするから
かもしれませんね。
他のワンちゃんや人が、怖い存在ではなく、好ましい存在だとダックスちゃんに
感じさせてあげるため、怖い、嫌だという状況と、ダックスちゃんの好きなことを
関連付けた経験をさせていただくのもよろしいでしょう。
例えば、お散歩のとき、向こうから近づく飼い主さんに連れられたワンちゃんに
対していつも吠えるのであれば、
まだある程度の距離があって、ダックスちゃんが吠えていない状態のときに、
落ち着いた、穏やかな声で、「オスワリ」などと声をかけてみてはいかがでしょうか。
みやじ様は、相手のワンちゃん連れの方とダックスちゃんとの間に
まるで、「ダックスちゃんを守ってあげる」という感じで位置を取っていただき、
また、ダックスちゃんの好きなオモチャなどで気持ちをそらしてあげてください。
吠えることなく、相手のワンちゃんが通りすぎたら、褒めてあげていただき
褒められることで、「大丈夫だ」と自信をつけてあげましょう。

また、お散歩のときや外出の際など、歩くとき、お宅の出入り、お部屋の出入りなど
みやじ様が堂々と先をお歩きいただき、いつもみやじ様に率いられ、守られている
ことをダックスちゃんに伝えていただければと存じます。

恐らく、ダックスちゃんの心はみやじ様に出会うまではかたくなだった
のではないでしょうか。ダックスちゃんの心を開き、たくさんの愛で満たすみやじ様は
ほんとうに素晴らしい方ですね。
ダックスちゃんと笑顔いっぱいの日々の積み重ねのうちに、
あんな日があったね、といつか思い出としてお話になる日がやってくるかと存じます。
いつも応援いたしております。
また何かございましたら、お気軽にご相談ください。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願い申し上げます。



ゲージと夜泣き

投稿者:にゃっき

投稿日:2014/01/28(Tue) 07:48

No.3387

6か月 柴 ♂についての相談です。
2か月の時に小さめのゲージを購入して、夜は中に入れてねていました。最近体重が7キロになり、自宅に迎えた時の体重
の3倍にもなりましたので、ゲージが手狭になってきています。
中にベッドを購入しなおして入れていますが、ゲージのスペースの3分の2になり、水がおけるスペースがあるのみです。またゲージのかんぬきも手で開けてしまい、自分でゲージから出てきます。夜寝るときはゲージに抱いて連れて行き扉を閉めています。
家族の寝室と別の階にひとりで寝ていますが、昨晩ゲージの外に出て、騒ぎ夜泣きと遠吠えをしてしまいました。近所迷惑になるため、結局私の部屋に来てしまい、その後は安心して布団の上で寝てしまいました。たまたま夫が出張で自宅にいなかったのでこのようにしましたが、今後こういったことが続くと、自分のスペースがお互い保てずにいるのではないかと思っています。昨晩もほおっておいてと思ったのですが、ご近所迷惑になると困りますし…
散歩は朝晩2回です。日中はひとりで留守番ですので、日中によく寝てしまっているのかもしれませんが。昨日の夕方の散歩は短めでした。

最近はパワーアップしてとにかく遊んでくれと、ボールを持ってくるのですが、自宅にいる間ほぼ遊んで攻撃で正直大変になってきました。またゴミ箱あさり・マウンティングも目立つようになりました。
また階段を降りられるようになりましたので、行動範囲が広くなり、寝室階でおしっこもするようになってしまいました。
今まではゲージのあるリビング階のみで、決められた場所に排泄してましたが、元に戻った感じです…
アドバイスをいただけますでしょうか。よろしくお願いいたします。

Re: ゲージと夜泣き

- ドッグライフカウンセラー 三留

2014/01/30(Thu) 14:05

No.3392

にゃっき 様

春の訪れが待ち遠しい頃でございますが、
にゃっき様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
この度はご相談をいただきまして誠にありがとうございます。
ご案内をさせていただきたく存じますが、一般的なご案内となりますことを
ご了承くださいませ。

にゃっき様のお宅では、柴犬ちゃんをご家族に迎えられて数ヶ月が経ち、
お健やかにご成長のご様子、何よりでございます。
柴犬ちゃんくらいの月齢のワンちゃんは、エネルギーに溢れ、やんちゃ盛りということに加えて、
経験の中からさまざまなことを学習することで、今までしなかった行動をして飼い主様を戸惑わせる
頃でもございます。
そのため、「可愛いけど、こんなにたいへんだとは思わなかった」と
多くの飼い主様がおっしゃる時期でございますが、にゃっき様におかれましては
いかがでしょうか。

さて、6ヶ月になる柴犬ちゃんは、夜鳴きをして、にゃっき様を困らせてしまったとことで
ございますね。
ワンちゃんは、自分がした行動の前後に周囲に何があったかという経験をもとに、
さまざまな行動を選択するようになります。
また、一度、上手くいったという行動に関しては、ワンちゃんはかなり執着します。
したがいまして、ワンちゃんが何かして欲しいと要求して吠えているときに
相手をしてしまうと、「吠えれば思うようになる」ということになってしまうことがございます。
鳴いてもにゃっき様は視線もむけず、知らん顔をしていただき、
柴犬ちゃんが静かにしているときや、指示に従ったときに、声をおかけいただくなど、褒めて
あげることが望ましいでしょう。

ただ、吠える行動は、ご近所へのお気遣いもありますので、なかなか難しいのですが、
柴犬ちゃんの目からみて、「吠えたから、何かしてくれた」と思わせないようになさることが重要で
ございます。

そのためには、「鳴いたから寝室につれていく」というのではなく、
あらかじめご夫婦の寝室の中に、柴犬ちゃん用ベッドを用意なさって、
同じ部屋だけど、違う布団で眠るとなさってもよろしいでしょう。
また、にゃっき様と同じ布団やベッドで眠るのであれば、
お入れになる前に、「オスワリ」と指示をなさって、オスワリをしたら、「言うことを聞いたから入れて
あげる」というようなさるとよろしいかもしれません。

ドアをあける部屋に入るときにも、にゃっき様が「オスワリ」と指示をなさって、
指示に従って、落ち着いてから、「よし」と入らせてあげましょう。
にゃっき様の許可が出て、初めて要求がかなうと、何かにつけて感じさせてあげてくださいませ。
「ご主人様やにゃっき様が中心にお家の中が回っている」ということをしっかりと示すため、
入る順序は、ご主人様やにゃっき様が先に、柴犬ちゃんは後、そして、いつも毅然と堂々と
胸をはって行動なさると、なお望ましいでしょう。
このことは、日常的に、習慣付けていただければと存じます。

柴犬ちゃんは、「遊んで」とボールを持ってくるとのこと、可愛いですね。
このときも、そのまま遊ぶのではなく、
「オスワリ」と指示をなさることで、主導権をにゃっき様が持つようになさると望ましいでしょう。
ご主人がご帰宅なさったら、お家の中の順序を示すため、まずにゃっき様に声をかけて
いただき、興奮が冷めて落ち着いた状態の柴犬ちゃんに、「ただいま」と声をかけていただくと
よろしいでしょう。

柴犬ちゃんくらいの月齢のワンちゃんは、だんだん自分と周囲の方との力関係を認識するように
なりますので、柴犬ちゃんに「何でも思うようにすることができる」と思わせないようになさる
ことがたいへん重要でしょう。
ちょうどこのころのワンちゃんは、元気いっぱい、パワーアップしてきて
パパやママは「ああ、疲れた」と、振り回されてしまいますが、
「パパやママは自分を守ってくれる人」だとしっかりと示すためにも、
堂々と、毅然とした態度で、にゃっき様を中心にお家の中が回っていると思わせて
あげましょう。

また、ケージの中やケージのあるリビングを、柴犬ちゃんの安心できる場所にするように
することも、重要でしょう。
このためには、リビングが楽しく遊べる楽しい場所にしていただいたり、
ケージに入ったら褒めてあげたり、
ご褒美をあげたりすることを繰り返していただくとよろしいでしょう。
ワンちゃんの行動は、どんどん変わっていきますので、
どうしようとお思いになられることもあるかと存じますが、
あきらめず、根気強く、自信ありげに、対応いただくことが大切でございます。

行動範囲が広くなると、時には手を焼いてしまうこともあるかと存じますが、
入って良い場所、いけない場所を決めていただき、入っていけない場所には、柵などを
利用なさるなど、入れないようにしていただくと、
日常生活がスムーズに、にゃっき様もホッとくつろいでいただけるかもしれません。

また、ワンちゃんはゴミ箱あさりが大好きですが、危険がいっぱいですので、
ゴミ箱は柴犬ちゃんの手の届かない場所に置いたり、
しっかりと蓋が開かないタイプのものに変えてしまわれてはいかがでしょうか。

柴犬ちゃんの散歩は一日2回なさっているのでございますね。
たいへんかと存じますが、散歩でしっかりとエネルギーを発散させることは
たいへん重要でございます。
お散歩のときにお宅を出るときも、にゃっき様が先にお出になり、
なるべくにゃっき様が前を歩くようになさって、
寒い時期ですが、お散歩でのコミュニケーションを楽しんでいただければと存じます。

柴犬ちゃんがいけないことをしたときには、たくさんの言葉で叱るのではなく、
低くて落ち着いた声で、今あなたがしたことはいけないのよ、ということが的確に
柴犬ちゃんになるべくよく伝わるように、胸を張って、堂々と叱るようになさってくださいませ。
叱る言葉は、ご主人様と決めていただき、一貫性をもって、対応なさることが重要でしょう。
また、ワンちゃんにとって、高くて真ん中が良い位置ですから、
柴犬ちゃんにソファやベッドで良い位置を譲ってしまわないようになさるとよろしいでしょう。

柴犬ちゃんは、行動範囲が広くなって、トイレ以外のところで排泄するようになったとのことで
ございますね。
ケージの中から見たトイレの場所がわかっていても、ケージの中から出て広いところに行くと、
どのようにしてケージに戻ったらいいのか分からなくなるのはどのワンちゃんも同じで
ございますので、ワンちゃんには行動範囲が変わるたびにトイレへの道筋を教えてあげること
が必要となります。
そのためには、「そろそろするかな」というタイミングを見計らっていただき、
声をかけながらトイレに誘導してあげ、出来たら褒めることの繰りかえしを続けることが
必要でございます。
このときに、「トイレ、トイレ」などと何か掛け声を決めていただくとよろしいでしょう。
出来る状況をなるべく作ってあげ、成功体験を積ませてあげます。
多少はみ出していても大目に見てあげて、トイレシートの上で少しでも排泄ができたら
たくさん褒めてあげてください。
偶然であっても成功をしたら褒めてあげ、成功の割合を少しずつ大きくしてあげましょう。
繰り返す中で、自分からトイレへ行こうとするときがくるかと存じますので、
それまでは根気強く見守ってあげてくださいませ。

また、カーペットやマット類などのトイレシートに似た感触の物が行動範囲にあると、
区別がつかなくなることがございます。
もし可能であれば、カーペットを取り外していただいたり、いつも粗相をしてしまう場所が決まって
いる場合、その上にトイレシートを敷くことで、その場所をトイレの場所にしてあげると
よろしいでしょう。

また、いつも遊ぶリビングや寝室へ通じる廊下などにもう一つトイレを作ってあげても
よろしいでしょう。
この際に、失敗を減らすために最初はサークルを使うのも有効な方法でございます。
トイレ用のサークルをつくり、中には全部トイレシートを敷いておきます。
トイレシーツが敷き詰めてあるので、結局、サークルの中は全部トイレになりますから、
トイレにさえ柴犬ちゃんを連れて行ってあげれば、まず成功体験をさせてあげられます。
排泄をしたら褒めてあげることで、排泄をすることにプラスのイメージを持たせ、
ここでしたらいいのだよ、ということを教えてあげましょう。
しばらくすると、いつもするトイレシート、しないシートができてきますので、
少しずつトイレシートのスペースを狭めることで、最終的にはトイレシート1枚で
できるようにしていきます。
また、サークルが邪魔であれば取り払い、トイレシートの位置を動かしたいときには、
柴犬ちゃんが戸惑わないように、数センチずつ移動させるのもよろしいでしょう。

柴犬ちゃんが粗相をしたときには、つい声をあげてしまったり、怒りたくなってしまうかも
しれませんが、このときに叱ったり、大きな声を上げると、ワンちゃんが排泄行為を悪いこと
だと思い隠れてするようになったり、
「注目を浴びたこと」=「ご褒美」だと思いトイレではない所ですることがございます。
このため、粗相をしても余計な言葉をかけず、何もなかったかのように片付けていただいた方
がよろしいでしょう。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、
しつけ相談のサービスを承っております。気がかりなことがございましたらお気軽
ご利用くださいませ。
あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

にゃっき様と柴犬ちゃんの笑顔に溢れる毎日を心から応援いたしております。
今後ともアニコムをよろしくお願い申し上げます。



下部尿路疾患の食事療法について

投稿者:アクア

投稿日:2014/01/28(Tue) 07:13

No.3386

2歳になるノルウェージャンフォレストキャットの女の子です

ストルバイト結石およびシュウ酸カルシウム結石があると診断され、ロイヤルカナンphコントロール0を食べ続けるように医師に言われ、食事を切り替えてから、1か月で尿はきれいになりました。

今後も療養食を食べつつけるように指示されましたが、phコントロール0を与え続けても問題はないのでしょうか?
長毛種なので毛玉ケアの食事も与えたいのですが、混ぜない方がいいのでしょうか?
同居猫にもphコントロール0を与えるように指示されましたが問題ないでしょうか?

何か目安となるアドバイスを頂戴できればと思っております。
何卒宜しくお願い申し上げます。

Re: 下部尿路疾患の食事療法につ...

- 獣医師 山田

2014/01/29(Wed) 15:59

No.3389

アクア 様

厳しい寒風が吹く頃ですが、アクア様におかれましてはお変わりなく
お過ごしでしょうか。
この度はご相談を頂きまして、誠にありがとうございます。
アクア様のノルウェージャンフォレストキャットちゃんの
ストルバイト結石とシュウ酸カルシウム結石が、pHコントロール0をお与えになられ、
尿がきれいになられたとのこと、よろしかったですね。まずは一安心なさっていらっしゃったことと存じます。
さて、今回のご相談は、「今後もロイヤルカナンpHコントロール0をお食事で与え続ける
こと」、「毛玉ケアの食事も与えたいが、混ぜない方が良いのか」、「同居ネコちゃんにも
pHコントロール0を与えても問題がないのか」について、でございますね。
お問合せにつきましてご案内させて頂きますが、実際にネコちゃんのご様子を拝見
しておりませんので、
一般的なご案内となりますことを何卒ご了承下さいませ。

アクア様のノルウェージャンフォレストキャットちゃんはストルバイト結石および
シュウ酸カルシウム結石が出ていたのですね。
尿石症は尿路結石症ともいわれ、尿に含まれるリン、カルシウム、マグネシウム
などのミネラル成分が腎臓、膀胱、尿道などの泌尿器で結晶化し、結晶化したものが
集まって結石となるため、さまざまな症状を引き起こす病気です。
特にネコちゃんでは尿がアルカリ性に傾くことで形成される
リン酸アンモニウムマグネシウム結石(ストラバイト結石)が多く見られます。
結石の形成については、食事の種類やビタミン・ミネラルバランスの悪さ、
飲水量の不足、肥満や運動不足、細菌による尿路感染、遺伝的体質などが原因
であるといわれています。

形成された尿石の大きさや位置によっては外科手術で摘出する場合もありますが、
結石を溶解させ、結石の形成を予防するために食事療法を行ないます。
他に血尿がみられたり、尿路感染がある場合は止血剤や抗生物質の投与など、
対症療法も併せて行います。

尿石症の日々のケア方法としては、
「調整された療法食を与えていただくこと」、「尿を酸性に傾けるようなお食事を
与えていただくこと」、「肥満を防ぐこと」、「飲水量を増やすためにいつでも簡単に
水を飲める環境を整えること」、「排尿しやすい環境を作ること」などが挙げられます。

さて、アクア様のノルウェージャンフォレストキャットちゃんは現在pHコントロール0
の療法食を食べていらっしゃるとのことでございますね。
このお食事は下部尿路疾患(ストルバイト結石症やシュウ酸カルシウム結石症)の
ネコちゃんのために作られた、マグネシウムなどのミネラル成分が調整された
お食事です。
pHコントロールにはpHコントロール0やpHコントロール1、pHコントロール2
など関連した製品がございます。
この番号による大きな違いは、より積極的に結石を溶かすように調整されているか
どうかで、pHコントロール0がもっとも尿結石を溶解するように調整されたお食事
になっています。
アクア様のノルウェージャンフォレストキャットちゃんは病院の先生に
「お食事を続けるように」と指示されたとの事ですので、尿結石が出来やすく、
お食事でコントロールしないと再発しやすいのかもしれませんね。
その様な場合には、pHコントロール0を継続していただく必要がありますし、
継続して与えることも可能なお食事となっております。
ただ、尿石症のお食事は、結石を溶かしたり、結石ができにくいように調整されて
いますので、
心臓病や腎臓病などの疾患があった場合には、あまり積極的に用いらない方が良い
場合がありますので、pHコントロール0を続けるにあたっては、定期的に尿検査や
健康チェックを病院の先生に行っていただき、先生の判断でお食事を続けるという
事が大切です。
また、現在は尿がきれいになられたということですので、今のお食事の
pHコントロール0からpHコントロール1やpHコントロール2などに
変更して与え続けることも可能です。
ただ、この場合も定期的な尿検査や健康チェックを行っていただくことが大切です。

pHコントロール0と毛玉ケアの食事を混ぜて与えることですが、
尿のpHはお食事により変化しますので、毛玉ケアの食事を混ぜることで尿のpHが
変化して、せっかく療法食を食べていても尿結石が出来てしまう可能性もございます。
尿石症の事を考えたら、毛玉ケアの食事とは混ぜない方がよろしいかと思いますが、
ノルウェージャンフォレストキャットちゃんで長毛種という事から、
毛球症もアクア様におかれましては心配な点かと思います。
かかりつけの先生にも、毛玉ケアの食事と尿石症の食事を混ぜて与えても
尿石症の治療に影響が出ないかどうかをご確認していただきますよう
お願いいたします。

毛球症の予防として、食事以外の方法もございます。
すでに実施されていらっしゃるかもしれませんが
丁寧にブラッシングをすることで、できるだけ飲み込む毛を減らしてあげること、
また、ラキサトーンなどの毛球除去剤を利用していただき、
飲み込んでしまった毛を便と一緒に排泄するように促すことです。
毛球症を防ぐために猫草を利用される方もいらっしゃいますが、
多くのネコちゃんは猫草を食べることで毛玉を吐き出しますので、
毛球症の予防にはなりますが、食道炎などの二次的な障害を起こしてしまう可能性
もありますので、猫草を食べて吐いてしまう場合には、
あまりおすすめはできません。

さて、同居のネコちゃんにもpHコントロール0を与えても問題がないのかどうか
についてですが、療法食ですので、同居のネコちゃんの尿の状態や健康状態で判断
する必要がございます。
かかりつけの先生は、同居のネコちゃんのご様子を診察した上で、
pHコントロール0を与えて下さいと指示されていらっしゃるのかと思います。
先ほどもご案内いたしましたが、pHコントロール0は
下部尿路疾患(ストルバイト結石症やシュウ酸カルシウム結石症)に対しての療法食
ですので、万が一、心臓病や腎臓病などを患っていた場合にはあまり適した食事とは
なりません。
同居のネコちゃんもpHコントロール0を食べるようであれば、
定期的に尿検査や健康状態のチェックをかかりつけの病院さんで行って
いただきましょう。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での
健康相談、しつけ相談サービスを承っておりますので、ぜひご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

時節柄、アクア様におかれましてもお風邪など召しませぬようお気を付けください。
ネコちゃんもどうかお大事になさってくださいませ。
今後ともアニコムをよろしくお願い申し上げます。