教えて!アニコム損保!しつけ・健康相談 皆様のご質問にお答えいたします。

必ずお読みください

・回答までに数日いただきますので、緊急を要する場合(誤飲、頻回の下痢・嘔吐、おしっこが出ない等)は、すぐに動物病院を受診してください。
・当掲示板での回答は、お申し出内容に基づく一般的な回答となります。
・「ワード検索」にお悩みのキーワード(トイレ等)入れていただくと、過去の類似の回答をご確認いただくことができます。
・ニックネーム、タイトル、コメント欄は全体に公開されますので、氏名や証券番号など、個人情報の入力はお控えください。

証券番号

  • (記入例:S00123452)

  • ご入力いただいた証券番号は公開されませんが、ご契約のどうぶつ情報をもとに回答いたします。

ニックネーム

  • ニックネーム、タイトル、コメント欄に個人情報の入力はお控えください。

タイトル

コメント

  • URLはご入力いただけません。

暗証キー

  • (英数字で8文字以内)

投稿キー

  • (投稿時 投稿キー を入力してください)

文字色

散歩中の暴走・犬に対する接し方...

投稿者:小鉄

投稿日:2012/08/31(Fri) 14:13

No.1598

初めて相談させていただきます。
8ヶ月のコーギー(♂)去勢済みです。

お散歩中に大きな音を聞くと家(もしくは車)に向かって一目散にダッシュすることで悩んでいます。
救急車のサイレン、花火、バイクや車のエンジン音、町内放送等、たまにどこからともなく聞こえる大きな音に対して、怖がり走り出します。
抱きしめて落ち着かせようとしては見ますが、おさまらずまた走り出してしまいます。
最近は暑さのせいか、外に出ても歩かなくなっており困っています。
どのようにして落ち着かせればよいのでしょうか?
また、慣れさせていく方法をお教え頂ければと存じます。

次に他のワンちゃんと中々仲良くなれません。
自分から寄っては行くものの、近くになるとガルガル唸ったり吠えたりします。
散歩中に他のワンちゃんに突然吠えられたのがきっかけで、以来ワンちゃんを見かけるだけで、『吠えられる前にこっちから!』と言わんばかりに吠えます。
ペットホテルに預けた時などはおとなしくしているようです(ゲージに入れられていたため安心していた様子)
ドッグランに連れて行ったときはベンチの下に入り、枯葉をかけて隠れていました。
もともと怖がりな性格だと思うのですが、どのようにすればワンちゃんと普通に接することが出来る様になるでしょうか?
しつけ教室など、触れ合える場所に連れて行こうかとも考えていますが、唸って吠えるのを辞めさせる方法はないでしょうか

お忙しいと存じますが、ご指南の程お願い致します。

Re: 散歩中の暴走・犬に対する接...

- ドッグライフカウンセラー 三留

2012/09/03(Mon) 16:54

No.1605

小鉄 様

夜空に浮かぶ月の美しさに秋の訪れを感じる頃でございますが、
小鉄様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
この度はご相談を頂戴致しまして、誠にありがとうございます。
早速ご案内をさせていただきたく存じますが、一般的なご案内となりますことを何とぞご了承ください。

<音を耳にしたときのご対応について>
小鉄様のコーギーちゃんは、散歩中に聞こえる大きな音を耳にすると、お家や車といった安心できる
場所に一目散に逃げ帰るとのことでございますね。
ワンちゃんというと、お散歩が大好きだというイメージがありますが、実際は車やオートバイが走り、
風が吹き、自分より大きな身体のワンちゃんが寄ってくることもあり、ワンちゃんにとって怖く、
緊張を要することでもあるようです。
特に、お外を歩く楽しさを知る前に、何らかの恐怖を感じる経験をしてしまったり、生後2〜3か月ごろの
社会化に適した時期にあまり外に出る経験をしなかったワンちゃんの中には、
お散歩中に不安や恐怖を感じることが多くみられるようです。

小鉄様のワンちゃんは、怖いと思ったときに、その場を離れて家に帰るということで、お散歩中の突然の
コーギーちゃんの行動に小鉄様は驚かれ、ご対応もたいへんかと存じます。
コーギーちゃんは恐怖のあまり、半ばパニックになってそのような行動をとっていると思いますが、
いったん走りだしてしまうと、制御するのは困難かと存じます。
できれば、走り出す前に、走る以外の行動をさせるようになさるとよろしいでしょう。

例えば、救急車の音をコーギーちゃんが耳にし、「どうしよう」と思ってはいるけれども、
まだ、走って帰ろうという行動をとっていないときに、「オスワリ」とコーギーちゃんを座らせます。
このときの小鉄様の声は決してあわてることなく、明るく落ちついたトーンにすることが重要でございます。
このとき、瞬間的にコーギーちゃんの気持ちをそらすことのできる好きなボールやオモチャを
ポケットにいれておき、コーギーちゃんに見せてもよろしいでしょう。
そして、オスワリをしたら、明るい声で思い切り褒めていただき、コーギーちゃんに自信をつけさせて
いただければと存じます。また、あるいはいったん座らせた後、オリコウと褒めていただき、
抱っこをなさってもよろしいでしょう。

この対応方法は、他のワンちゃんとすれ違うときも有効です。
コーギーちゃんが苦手なものに会った時は無理強いをして近づけることをせず、
適当な距離を保つようにします。
例えば、他のワンちゃんとすれちがうときには、コーギーちゃんがそれほど反応せず、大丈夫そうな距離で、
小鉄様はコーギーちゃんと対象となるものの間に入っていただき、吠え始める前に、「スワレ」、「マテ」と
指示を与えて落ち着かせます。
このときも同様、コーギーちゃんの好きなオモチャなどで気持ちをそらすのもよろしいでしょう。
飼い主様の指示に従ったらうんと褒めてあげます。

<ワンちゃんの恐怖や不安について>
雷や花火の音などに恐怖を感じるワンちゃんは大変多いのですが、特にワンちゃんが雷を怖がるのは、
音だけではなく、空からの振動や雲の動き、湿度、気圧の変化などを含めた“状況”に、恐怖を感じている
といわれています。
小鉄様のワンちゃんがそうであったように、逃げ出すワンちゃんも多いのですが、
それ以外にも震えたり、呼吸が速くなったり、家の中を走り回ったり激しく吠えたりすることがあります。
ご家族様のご不在時などでワンちゃんの不安感が強くなると、物を壊したりすることもあります。

また、ワンちゃんは一度恐い思いをすると、そのときの状況と似たような状況があると、
また同じことがおきるのではないかと不安になります。
あるいは、他のさまざまな音などに対しても不安や恐怖が広がっていくこともあります。

<対応いただく際の注意点>
ワンちゃんが、いつもと違う不安感を感じているときこそ、飼い主様はとにかく平然として、落ち着いている
ことが大切でございます。
また、雷が鳴ったときなど、「大丈夫かしら?」などとワンちゃんの気持ちをうかがったり、なだめたりしない
ようにします。飼い主様がうろたえず、平然と落ちてついて笑顔を見せてリラックスしていることが、
ワンちゃんを落ち着かせることになります。
何があっても、「お母さんたちがあなたを守る!」という強いメッセージをワンちゃんに伝えて
いただければと存じます。
たびたび、音に反応するコーギーちゃんの様子をご覧になられるのはお辛いこととは思いますが、
このことは、コーギーちゃんに、たいしたことはない、と感じさせるようにするためにも
たいへん重要でございます。

<嫌いな音やものに慣らす方法>
嫌いな音や物などにワンちゃんを慣らしていく場合には、その音や物、人などと、
ワンちゃんが好きなものとを結びつけながら、少しずつ慣らしていくという方法をとります。

たとえば、他のワンちゃんに対して慣らすのであれば、無理をなさって他のワンちゃんの間に入れる
のではなく、公園であれば、他のワンちゃんがいるけど、距離が十分離れているくらいの距離で
ボール遊びなどを小鉄様となさって、「他の子がいると、楽しいことがあった」という経験をさせてあげます。
このようにしながら、日にちをかけて、少しずつ、他のワンちゃんとの距離を縮めていただければと存じます。

<お散歩時の注意点>
お散歩は群れの移動だともいわれますが、コーギーちゃんは小鉄様に率いられており、
一人で歩いているのではないと常に意識付けることはたいへん重要です。
そのために、小鉄様は歩きながら、なるべくワンちゃんの名前を呼び、小鉄様のほうを
振り向いたら褒めるようにします。
また、小鉄様の隣を歩いているときには、褒めていただき、一緒に歩くことを意識付けると
よろしいでしょう。
小鉄様がワンちゃんを守り、率いるリーダーであることをお散歩のときだけではなく、
いつも、なるべく感じさせてあげましょう。
日頃から、お散歩のため、家を出るときは小鉄様が先に出る、車道を歩くときも、
「オスワリ」という指示を上手にお使いいただき、コーギーちゃんの安全は小鉄様が守っていることを
示します。


(1)楽しい雰囲気を作る
歩きながら、時々コーギーちゃんの名前を楽しそうな明るいお声で呼んでいき、
小鉄様の呼びかけに反応したら、「オリコウね」と褒めてあげて、「いつも飼い主様がそばにいるからね」と
安心させてあげましょう。また飼い主様の手に、コーギーちゃんの好きなオモチャを持っているなど、
楽しそうな雰囲気を演出して、お散歩にプラスのイメージを持たせるようにしてあげましょう。

(2)飼い主様はいつも堂々と振舞う
何より大切なことは、コーギーちゃんが、「どんなときも、ママに身を任せていれば安心だ」と思わせる
ことです。小鉄様はどんなときもうろたえず、コーギーちゃんに安心感を与えていただくよう、
落ち着いた態度を見せてあげてください。
コーギーちゃんは毎日学習し、毎日成長していきます。けっしてあきらめることなく、
コーギーちゃんをリードしていただければと存じます。

(3)飼い主様がリードする.
散歩に出るときは小鉄様が先に家を出るようにしましょう。楽しそうに家を出る小鉄様の姿を見せることで、
外の世界や音が怖くないことをコーギーちゃんに教えてあげましょう。

ゆっくりと焦らず、コーギーちゃんを見守り、リードしていただければと存じます。
コーギーちゃんのお健やかなご成長を心からお祈りいたしております。
時節柄、小鉄様におかれましては、くれぐれもお体ご自愛くださいませ。

アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、
しつけ相談のサービスを承っております。気がかりなことがおありの際にはお気軽
ご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。
今後ともアニコムを宜しくお願い申し上げます。



拾い食い

投稿者:さっちゃん

投稿日:2012/08/31(Fri) 11:35

No.1596

初めて相談させていただきます。
9か月になるトイプードル男の子です。普段の散歩のときは拾い食いはしないのですが、お友達と私が話してる時や幼稚園の子供のバスを待っているときなどその辺にあるものをくわえてしまいます。ひどいときは石ころなども・・。基本落ち葉や雑草などを引っこ抜いてむしゃむしゃしています。どういったしんりなんでしょうか??

Re: 拾い食い

- ドッグライフカウンセラー 三留

2012/09/03(Mon) 16:41

No.1604

さっちゃん 様

少しずつではありますが、朝晩に秋の気配を感じるようになりましたが、
さっちゃん様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
この度はご相談を頂戴いたしまして誠にありがとうございます。
さっそくご案内をさせていただきますが、実際のご様子を拝見していませんので、
一般的なものとなりますことをご了承くださいませ。

ヒトとワンちゃんとの歴史は、ワンちゃんがヒトの食べ物の残飯整理から始まったと
いわれております。また、厳しい自然界で行きぬいてきたワンちゃんですから、
たとえ食べ物でなくても、今、目の前のものをまず食べてしまおうということが多く、
ワンちゃんの本能だといえるかもしれません。
このようなこともあり、拾い食いをするワンちゃんは多く、
また、好奇心の旺盛な子犬ちゃんの時期には、特にお困りの飼い主様が
多くいらっしゃいます。
最初は落ちているものへの興味から口にしたのかもしれませんが、ワンちゃんの中には、
落ちている物を口にしたときに、飼い主さんがびっくりして振り向いたりすると、
飼い主さんの注意をひくには、落ちているものを口にすればよいと思ってしまうように
なることもあります。
さっちゃん様のトイプードルちゃんも、普段のお散歩のときには口にしないけど、
ご友人と話されているときや、幼稚園のお子様のバスをお待ちになって
いらっしゃるときにトイプードルちゃんは落ちているものを口にするということですので、
さっちゃん様の気をひきたいときに、落ちているものを口にしているのかもしれません。

ワンちゃんが落ちているものを口にしていると、びっくりして駆け寄ったり、声を上げたり
しがちですが、まず落ち着いて対応いただくことが重要でございます。
また、叱っているつもりでも、ワンちゃんにとっては、「構ってもらって嬉しい」と思うこと
がありますので、何か口にしているときに、「いけない」ということを伝えるには、
落ち着いて、低くて怖い声で、「ダメ」などとご家族でお決めになられた言葉で、
お叱りになるだけにしていただき、「構ってもらえた」「振り向いてもらえた」と
トイプードルちゃんの目に映らないようにしましょう。

「拾ったものを口にしたら。構ってもらえた」という経験をさせないことが大切ですので、
いつもこのタイミングで口にする、というときは、可能であれば、トイプードルちゃんを
抱っこをしてしまったほうがよろしいかもしれません。
また、「落ちついているときや、さっちゃん様の言うことをきたときに、良いことがある」と
教えるためには、ご友人と話しをなさるとき、幼稚園のバスをお待ちになるときには、
「オスワリ」をさえていただき、オスワリをしたら、オリコウね、と褒めてあげましょう。
このとき、お気に入りのオヤツを与えたりなさってもよろしいでしょう。
また、オスワリをしている時間は、最初は数分からにしていただき、
少しずつ日にちをかけて延ばしていくのもよろしいでしょう。
オスワリをしていられたら、とにかく褒めて注目をしてあげましょう。
また、日頃から、さっちゃん様がトイプードルちゃんの名前を呼び、
さっちゃん様の方を振り向いたら褒めていただくことは、
「さっちゃん様のことばにまず反応する」という習慣をつけるという意味で
たいへん重要なことかと存じます。

なお、ワンちゃんには無理に口から出そうとすると、取られまいとあわてて飲み込んでしまう
傾向があります。お口の中のものに執着をしないようにするため、口の中のものを
出したら、良いことがあると教えておくとよろしいでしょう。
日頃から、ガムなどをお与えになられるとき、今口にしているものより、よりお気に入りの
タイプのガムをお見せになられ、「出して」とおっしゃっていただき、
出したら褒めていただき、交換します。
またしばらくしたら、口から出したものを返すようにすると、
渡したものも返してもらえると思うかもしれません。

お子様とトイプードルちゃんの笑顔に囲まれて、さっちゃん様はにぎやかにお忙しく
お過ごしかと存じます。
大切なお子様とトイプードルちゃんのご成長が楽しみでございますね。
ご家族皆さまのご健康とご多幸をお祈りいたしております。
なお、アニコムでは下記の受付時間で、お電話でのご契約者様への
健康相談、しつけ相談サービスを承っておりますので、ぜひご利用くださいませ。
気がかりなことがお有りの際には、いつでもお気軽にご利用くださいませ。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、お電話でのご契約者様への健康相談、
しつけ相談サービスを承っておりますので、ぜひご利用くださいませ。

お電話番号は、あんしんサービスセンター 0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日祝9:30〜15:30
土日祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。
なお、日・祝日および年末年始はお休みさせていただきます。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願い申しあげます。



引っ越し

投稿者:Yuri

投稿日:2012/08/29(Wed) 23:28

No.1590

飼っているネコゎ1才2ヶ月の三毛猫なんですが近々、引っ越しをします。しかし、何度も引っ越し先に連れて行ってるんですが、ビクビクしてなかなか慣れてくれません。
しまいにゎ大泣きして入り口から離れません。
おやつをあげたり、遊んだりして楽しいことを解らせたりしてもダメです。しかも、私より母に懐いてしまっているので母に一度、着いてきてもらったんですがその時だけ鳴かなかったのですが、さすがに寝ることもできず。そして母ゎ引っ越さないのでずっとおってもらえないのです。どーしたらイイですか?

Re: 引っ越し

- ドッグライフカウンセラー 三留

2012/08/31(Fri) 16:44

No.1600

Yuki様

昼間は、ついつい日陰を探してしまいますが、
朝晩は虫の音が秋の訪れを告げる頃となりました。
Yuki様におかれましてはお引越しを控えていらっしゃるとのこと、
お忙しくお過ごしなのではないでしょうか。

この度はご相談を頂きまして、誠にありがとうございます。
早速、ご質問につきましてご案内させて頂きます。
実際にネコちゃんのご様子を拝見しておりませんので
一般的なご案内となってしまうことをご了承くださいませ。

環境の変化に敏感なネコちゃんにとって、お引越しはたいへん大きな出来事でございます。
Yuki様のネコちゃんも、お家に連れて行っても、入り口から中に入ろうとしない
とのことでございますね。新しいお宅は今住んでいらっしゃるお宅から遠いのでしょうか。
そんなに離れていないようでしたら、時間をかけて、根気強く、少しずつ慣らす気持ちで
なさったほうがよろしいかもしれません。
入り口から入ろうとしないのであれば、キャリーバッグに入ったままでよろしいので、
入り口で好物を与えてみたり、ネコじゃらしで遊んでみたり、
新しいお宅に好ましいイメージを付けていくとよろしいでしょう。
ネコちゃんは、無理をして何かをさせると、強い嫌悪感につながってしまい、
後々まで影響を及ぼすことがございます。
まずは、少しずつ、新しいお宅に対して、良いイメージ付けをするだけでよろしいでしょう。
もし、お母様と一緒であればリラックスをしているということであれば、
お家に対して良いイメージを作るために、しばらくはお母様のお力をお借りになられても
よろしいでしょう。
ご高承のように、ネコちゃんは縄張り意識のたいへん強いどうぶつですが、
新しいお宅は、ネコちゃんにとって、まったくといってよいほど、
今まで馴染んだ匂いを感じることができませんので、不安で緊張しているのかもしれませんね。
玄関に今まで使っていたネコちゃんのお気に入りのタオルを置いてみたり、
可能であれば、少し今まで使っていた家具など、入れた状態にしておいてから連れていった
ほうがよろしいかもしれません。好みの爪とぎを置いておくのも良いでしょう。
無理をなさらず、新しいお宅にできるだけ以前の馴染んだお宅の匂いをつけながら、
大丈夫だということを根気強く教えてあげましょう。

また、気分を落ち着かせる効果のあるサプリメントなどもあり、
引越しなどの大きな環境の変化があるときに使用していただくことで効果がある場合
もありますので、かかりつけの病院さんでご相談いただいてはいかがでしょうか。

お引越しの準備等でたいへんかと存じますが、Yuki様におかれましてはお体ご自愛ください。
なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、しつけ相談
サービスを承っておりますので、ぜひご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

今後とも、アニコムをよろしくお願い申し上げます。



散歩中吠える事について

投稿者:まる

投稿日:2012/08/29(Wed) 18:09

No.1588

いつもお世話になっております。しつけの事でご相談させてください。マルチーズの女の子1歳5ヶ月です。
飼い始めた時から気の強い子でしたが、しつけを間違ったのか、私達飼い主では手に負えなくなくなってしまった為
4月に、ドッグスクールに1ヶ月程預けてしつけをしてもらいました。帰ってきてから、私達の言う事は聞くようになったものの散歩中に、わんちゃんの姿を見ると凄い興奮するようになってしまいました。
一匹で行く時は、他のわんちゃんともおとなしくきちんと挨拶が出来るのですが
同居犬(マルチーズ男の子2歳)と一緒に散歩に行くと、発作でも起こしてのではないかと思うくらいに鳴きわめきます。
スクールに預けるまでは、外では全然吠えたりしない子だったのに、逆にスクールに預けたのが失敗だったのかな・・・と思ってしまいます。
スクールでは、毎日わんちゃんと遊んでいたそうです。
やはり、2頭一緒にいるとと気が強くなってしまいそうなってしまうのでしょうか。
スクールでは、散歩中に吠えた場合、リードを強くひいてショックを与えることを教わり何度かやりましたが、その方法でも効き目がないです。

Re: 散歩中吠える事について

- ドッグライフカウンセラー 三留

2012/08/31(Fri) 16:04

No.1599

まる 様

残暑厳しき折ですが、吹く風に時折、秋の気配を感じますが、
まる様におかれましてはいかがお過しでしょうか。
この度はご相談をいただきまして誠にありがとうございます。
まる様のマルチーズちゃんがお散歩時に吠えてお困りとのことでございますね。
さっそくご案内をさせて頂きたく存じますが、一般的なご案内になりますことを
何卒ご了承下さいませ。

まる様のマルチーズちゃんは、ドッグスクールにお預けになられてから吠えるようになり、
また2歳の男の子のマルチーズちゃんが一緒にお散歩にいらっしゃるときに限り吠える
とのことでございますね。
男の子のマルチーズちゃんが一緒だと、まる様がおっしゃるように、
強い気分になっているのかもしれませんね。
また、お散歩は群れの移動ともいえますが、女の子のマルチーズちゃんが男の子の
マルチーズちゃんを守るつもりで他のワンちゃんに対して吠えていることも考えられます。
マルチーズちゃんは環境の変化に敏感ですので、ドッグスクールにお入れになられたことが契機となり、
マルチーズちゃん同士のバランスに変化がみられたということも考えられるかもしれません。

ワンちゃんは、どちらの子が上位で、どちらの子が下位であるかということ、群れの中の自分の位置が
明確に理解することで安心し、安定いたします。
まず、マルチーズちゃん同士の上下関係がはっきりと分かるようにしてあげましょう。
2頭のワンちゃんのうち、月齢的にいうと男の子のマルチーズちゃんが先住犬という
ことでよろしいでしょうか。
女の子のマルチーズちゃんは気の強いところがみられるとのことですので、
マルチーズちゃん同士で上下関係を決めさせると、もしかして女の子が上位に上がろうと
主張するかもしれませんね。
ただ、男の子が上位にみえるように、すべて男の子を優先することで、男の子を上位に人為的に
してしまうほうが、よろしいかもしれません。
この場合は、見る順番、声をかける順番、すべて男の子を優先します。
また、お散歩のとき、ぐいぐいと女の子が先に行こうとしても男の子が先に歩くように調整しましょう。

実際に吠え始めると、ワンちゃんは手がつけられないようになるのが普通です。
今は他のワンちゃんを見ると、吠えるという行動に結びついてしまっているようですが、
吠えるという行動以外の行動を代わりにさせる方法です。
お散歩中に、向こうからワンちゃんが来ているということが視界に入り、
「マルチーズちゃんが吠えそうだな」というときには、
まず、まる様は落ち着きはらって、マルチーズちゃんと相手の方との間に入り、
落ち着いた表情と声でマルチーズちゃんに「スワレ」と指示をします。

このときには、なるべくまる様が統率者らしい堂々とした態度で、マルチーズちゃん達が守られて
いるような雰囲気を作ります。まる様が目隠しになるような状態で立ってくださいませ。
座った後におもちゃやボールなど好きなものを見せてあげてもよろしいでしょう。
とにかく吠えている対象から気をそらすようにしてあげましょう。
このようにして吠えない状態を作り、吠えないでいることに対して、「お利口ね」と声をかけながら
相手のワンちゃんが通りすぎるのを待ちます。
吠えないで通りすぎることができたら、うんと明るい声で褒めてあげましょう。
場合によっては、特別にご褒美をあげてもよろしいでしょう。

「また吠えたら嫌だな」と、まる様がびくびくしてお散歩したり、吠えたことを相手のワンちゃんの飼い主さんに
申し訳なさそうに謝ったりすることは、リーダーであるまる様がワンちゃんの目に、弱く、頼りなげに
映ってしまうかもしれません。どんなときも、堂々と落ちついている様子でいるようにしましょう。

なお、他のワンちゃんと遊びたくてマルチーズちゃんが吠えているのであれば、吠えたら遊べなくなる
という流れにする必要があります。
ワンちゃんたちが、戸惑ったり、怖いと思い、吠えるときにはチラリと飼い主様の様子や表情を見ることが
多いようでございます。このようなときには、とにかく飼い主様が落ち着くことで、マルチーズちゃんたちに
「大丈夫」という安心感を与えてあげましょう。
また日常生活においても飼い主様が主導権を持つことで、
「自分はまる様に従っていけばいい」と感じさせてあげましょう。
まる様は、スクールでリードをひく方法を教わったとのことでございますね。
いったんリードをゆるめ、きゅっと素早くひくことで、ワンちゃんに「こちらに注目しなさい」と
いうメッセージが伝わります。
このとき、マルチーズちゃんがまる様のほうを注目したら、褒めていただくとよろしいでしょう。
まる様のメッセージに反応したら、いいことがあるということを教えてあげることは重要でございます。
また、日頃から、名前を呼んで、反応したら褒めるということをなさることもよろしいでしょう。

早く涼しくなって、過ごしやすくなるとよろしいですね。
まる様におかれましては、マルチーズちゃんたちとどのような実りの秋を
お過ごしになられるのでしょうか。どうぞ素敵な秋をお楽しみくださいませ。



熟睡中の呼吸が一週間に一度ほど...

投稿者:みぃ

投稿日:2012/08/24(Fri) 00:23

No.1565

獣医は人間のシャックリみたいなものと仰ってました

通常の呼吸:お腹がすーっと膨らんですーっと縮む
おかしい呼吸:お腹がすーっと膨らんで喉をヒュッヒュッヒュッヒュッヒュッと鳴らしながら喉の音に合わせてお腹が波打ちながら縮む

アニコム獣医様はどう思われるでしょうか?


獣医は普通だと仰ってました

熟睡中の目の閉じ方ですが
目頭から1/3舜幕が出て残りの2/3の下半分が白目で上半分が黒目の状態が週に数回あります

アニコム獣医様はどう思われるでしょうか?

Re: 熟睡中の呼吸が一週間に一度...

- 獣医師 岸田

2012/08/27(Mon) 15:49

No.1573

みぃ様

この度はご相談をいただきまして、ありがとうございます。
ワンちゃんの熟睡中の呼吸と眼の閉じ方についてのご相談でございますね。
お問合せにつきましてご案内させて頂きますが、
一般的なご案内となりますことを何卒ご了承ください。

<睡眠時の呼吸について>
みぃ様のワンちゃんは1週間に1回ほどの頻度で、
睡眠時に呼吸の仕方が変化する様子が見られるとのことでございますね。
そのような様子が見られた後に、ワンちゃんが息苦しさで目を覚ましてしまうようなことは
ございますか。

実際のご様子を拝見しておりませんのではっきりしたことは申し上げ兼ねますが、
そのような呼吸の後にすぐもとの呼吸状態に戻り、ワンちゃんが熟睡を続けているようであれば、
主治医の先生がおっしゃるように普通の状態であり、
おそらくご心配することではないのではないでしょうか。

私たち人間と同様にワンちゃんも、睡眠中はレム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)
を繰り返すことが知られており、浅い眠りであるレム睡眠の時に眼球が動いたり夢を見たりする
ことがあるとされております。
このレム睡眠の時には、循環や呼吸の状態に関係する自律神経系の働きが乱れることがあり、
心拍数が乱れたり、呼吸が浅くなったりということもよく見られます。
みぃ様のワンちゃんに見られる呼吸の仕方の変化も、このような自律神経系の働きの乱れによる
可能性もあるかもしれません。

しかしながら、もし呼吸の変化の後にワンちゃんが苦しくて目が覚めてしまうようなことがあったり、
呼吸に変化がみられる頻度が頻繁になってきたり、呼吸が乱れている時間が長くなってくる傾向
があるようであれば、咽喉頭や呼吸器系などに何らかの問題があったり、
自律神経系の働きに何らかの問題がある可能性も考えられます。
実際の様子を見てみないと判断できないこともありますので、
携帯電話の動画等で実際のご様子を撮影し、主治医の先生に診ていただくことを
お勧めいたします。

<睡眠中の目の閉じ方について>
みぃ様のワンちゃんは睡眠中に目がきちんと閉じていないことがあるとのことでございますね。
目をきちんと閉じないまま寝ているワンちゃんはよく見られます。
浅い眠りのレム睡眠中には、夢や周りの状況に反応して反射的に目が開いてしまうこともあり、
寝ているとき常に目が開いているというのでなければほとんどの場合は問題ありません。
なお、まれにではございますが、眼瞼の動きを司る神経の異常で瞼がきちんと閉じなくなって
いる場合や、アトピー性皮膚炎などの影響で瞼の皮膚が肥厚して硬くなり閉じづらくなっている
ような場合、また、瞬膜炎などを起こしていて瞬膜が腫れて閉じづらくなっているような場合も
あります。

みぃ様のワンちゃんは主治医の先生に診ていただいて、
特に眼や眼瞼の異常等は見られなかったご様子ですので、おそらく心配なさらなくても大丈夫だと
思います。ただ、睡眠中に眼が閉じていない時間が長い場合、眼球表面を覆う角膜が乾燥してしまい、
起きたときに眼の痛みや充血が起こったり、角膜炎を起こしてしまうこともございますので、
そのようなご様子が見られるようでしたら、就寝前に眼軟膏を入れて乾燥を防ぐなどの
対策をしてあげるとよいと思います。

毎日暑い日が続き体調を崩しやすい時期ですが、
みぃ様もワンちゃんもどうぞお身体大切にお過ごし下さい。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、しつけ相談
サービスを承っておりますので、ぜひご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

今後とも、アニコムをよろしくお願い申し上げます。



熟睡中の呼吸が一週間に一度ほど...

- みぃ

2012/08/29(Wed) 10:55

No.1582

▽そのような呼吸の後にすぐもとの呼吸状態に戻り、ワンちゃんが熟睡を続けているようであれば、主治医の先生がおっしゃるように普通の状態であり、おそらくご心配することではないのでは
心配になっていたときは
「来夢!」と呼び掛けたり
握手をしてみたり
頭や体を撫でてあげたりしてましたが
私の心配なんてソッチノケでスグサマ睡眠に入ってました

▽帯電話の動画等で実際のご様子を撮影し、主治医の先生に診ていただくことを
説明不足ですみません
勿論上記のことをさせていただいた上で獣医師に問題ないと判断してもらいました

▽呼吸の変化の後にワンちゃんが苦しくて目が覚めてしまうようなこと、呼吸に変化がみられる頻度が頻繁、呼吸が乱れている時間が長くなってくる傾向があれば
今現在は上記の症状が全く見られないので
知識として頭に入れておきます



目の閉じ方についてご回答いただき
誠に有り難う御座います

来夢が起きたときに目を擦るしぐさ
来夢が起きた数分以内に
瞬膜や眼球の白い部分を確認してますが
5〜6回の確認で1回見られる程度です

眼軟膏は
アメコカが外耳道摘出手術をしたあと
左半分顔面麻痺になり
1ヶ月程
朝晩に左目の目頭に直径3mm程の量を入れて
上瞼と下瞼を手動でパチパチさせてましたので
どのような軟膏か判ります


呼吸・目の閉じ方
共に問題がないということで安心いたしました

有り難うございました



Re: 熟睡中の呼吸が一週間に一度...

- 獣医師 岸田

2012/08/30(Thu) 13:27

No.1594

みぃ様

この度はご丁寧にご返信をいただき、ありがとうございます。
動画で実際のご様子を主治医の先生に診ていただいて、
その上で「問題ない」というご判断だったとのことですので、ご安心でございますね。

ワンちゃんの日常的なしぐさや動作が何かの病気のシグナルではないかとご心配される
飼い主様はとてもたくさんいらっしゃいます。
ワンちゃんをかわいがり、よく観察されていらっしゃるからこそ、ご心配されるのだと思います。
そのようなしぐさや動作は全く心配する必要のないことである場合がほとんどですが、
中にはそれが病気の早期発見のためのシグナルであるような場合もございます。
何かおかしいのかな?と感じた時に、専門家である獣医師にご相談いただくことは
とても大事なことだと思います。

これからもみぃ様と来夢ちゃんが楽しい毎日を送れますよう応援しております。
また何かご不明なことがございましたらご相談下さい。

今後とも、アニコムをよろしくお願い申し上げます。