教えて!アニコム損保!しつけ・健康相談 皆様のご質問にお答えいたします。

必ずお読みください

・回答までに数日いただきますので、緊急を要する場合(誤飲、頻回の下痢・嘔吐、おしっこが出ない等)は、すぐに動物病院を受診してください。
・当掲示板での回答は、お申し出内容に基づく一般的な回答となります。
・「ワード検索」にお悩みのキーワード(トイレ等)入れていただくと、過去の類似の回答をご確認いただくことができます。
・ニックネーム、タイトル、コメント欄は全体に公開されますので、氏名や証券番号など、個人情報の入力はお控えください。

証券番号

  • (記入例:S00123452)

  • ご入力いただいた証券番号は公開されませんが、ご契約のどうぶつ情報をもとに回答いたします。

ニックネーム

  • ニックネーム、タイトル、コメント欄に個人情報の入力はお控えください。

タイトル

コメント

  • URLはご入力いただけません。

暗証キー

  • (英数字で8文字以内)

投稿キー

  • (投稿時 投稿キー を入力してください)

文字色

草を食べます

投稿者:ユウ

投稿日:2021/04/14(Wed) 17:00

No.7109

ダックスフンドの5才男の子

散歩中、草を食べたり、砂を食べたりします。
やめさせる方法はないでしょうか?

体重が増えて困っています

投稿者:アヴィの母

投稿日:2021/04/14(Wed) 12:39

No.7108

フクロモモンガが2匹いますが、年末頃から体重が増加しており、フードを減らしても体重が変わらないため困っています。
4歳半の女の子。ベスト体重87g(これは、獣医さんが触診して判断してくれました。別な用事で受診した際体重が標準かどうかも診て貰いました。)ここ1〜2年くらい85〜87gでしたが、2020年末頃から91gを超えるようになりました。見た目は太っている感じではありませんが、首回りは以前より太くなり、胸回りも肋骨のあたりを触ると肉付きが良くなった感じです。囓るのが好きなので、秋頃からウサギ用のパパイヤビッツというパパイヤの茎を乾燥させて短く切った市販のおもちゃを与えていましたが、これが原因だったのでしょうか。体重増加の原因になっていると困るので1月には与えるのを止めました。もしくは加齢のため代謝が落ちたのでしょうかか?フードは現在フクロモモンガ専用フード2種類を併せて3.5gとヨーグルトにビオフェルミンを混ぜて0.5g、合計4gを毎晩与えています。フードのメーカー推奨量は体重の5〜10%とありますが、12月に体重が増加するまではフードを4gとヨーグルトは0.5gより少し多めに与えていました。4〜5ヶ月で0.5gフードを減らしたことになります。1ヶ月ずつ様子を見ながら0.1〜0.2gずつ減らしましたが、体重は91gのままです。2月には一時93gになったのでフードを減らしたお陰かもしれません。これ以上体重が落ちない場合はフードをこれ以上減らして大丈夫でしょうか?また、フードを減らしているために運動量が減り、体重が減らないのかなど、いろいろ心配です。今のところ部屋遊び中はフードを減らす前とあまり変わらない動き方で良く動いてくれます。が、夜中も見張っているわけではありません。また、春になると毎年少し体重が減っていたので、もう少し様子を見た方が良いのでしょうか?札幌在住で冬場はストーブで部屋を暖めています。ケージ内に小動物ヒーターを設置して補っていますが、夏場より室温差が大きく出てしまいます。そういったことも体重に影響するのでしょうか?
3歳になった女の子。今年の2月末までは85g前後の体重でした。ベスト体重は85g(やはり獣医さんに触診して診て貰いました)太りやすい子なのでフードは2種類をあわせて3.3gとビオフェルミンを混ぜたヨーグルト0.5gを2年位変わらず与えています。この子は3月に急に88g、最近89gになってしまい、フードは元々少なめなのでもう減らすのが難しのではと思い困っています。この子も先の子と同じタイミングでパパイヤビッツを与えていました。体重は変わりませんでしたが、太りやすい体質なので予防のため同じタイミングでビッツは止めました。
2匹は仲が悪いので別なケージで暮らしており、部屋遊びの時間も別で、お互いが相手の姿を見ないように、同じ部屋ではありますがベニヤでケージを囲い対応しています。臭いや声は隠せないので、どこかにいると認識しているようですが、今のところ発情期?(月に2〜3日くらいは「シュー」「フー」など鳴き声を発して警戒や威嚇を強めています)以外は問題なく過ごしています。
またおやつなど、食事以外の物はこの1年くらい与えていません。
動物病院に相談しようか悩みましたが、コロナ流行のご時世なので、なんとか受診しないで解決できればと思い投稿しました。よろしくお願いします。

会陰ヘルニアのマッサージ方法等

投稿者:fan

投稿日:2021/04/11(Sun) 13:36

No.7095

9才 未去勢 ヨークシャテリア
触診のみで「会陰ヘルニアかも」と言われました。
確かに、今まで踏ん張ったらスルッと出てきてましたが、今は、数回踏ん張って、チョロっとだったり、今まで通りは排便だったりという状態です。
硬くはないですし、食欲も今まで通り。
整腸剤や、食事指導の他に、何か、マッサージ方法や運動とかあれば教えて頂きたいです。
よろしくお願い致します。

Re: 会陰ヘルニアのマッサージ方...

- アニコム獣医師

2021/04/14(Wed) 10:48

No.7107

fan 様

会陰ヘルニアは、両側もしくは片側の肛門横の筋肉が萎縮し、腸などの腹腔内の臓器が入り込む病気です。
直腸が逸脱すると排便障害が起こり、便が肛門横に貯留して膨隆することや触診により疾患を疑うことがあります。
便の硬さを調整したり、貯留した便を肛門側に押す等のサポートで、排便しやすくなる場合がありますが、根本治療は外科手術となります。
なお、痛みや違和感等から、触られることを嫌がることもありますので、排便のサポートを含む今後の治療方針については、あらかじめかかりつけの獣医師によくご相談ください。

それでは、今後もアニコム損保をどうぞよろしくお願いいたします。



ワクチン

投稿者:西山

投稿日:2021/04/11(Sun) 11:50

No.7094

保険はワクチン接種でもききますか?

Re: ワクチン

- アニコム損保

2021/04/14(Wed) 10:46

No.7106

西山 様

アニコム損保のペット保険では、どうぶつさんのケガ・病気の治療に関する
診療費を補償しております。
そのため、ワクチン接種は、補償の対象外とさせていただいております。

その他ご契約に関するお問い合わせにつきましては、ご契約内容の詳細を確認のうえ、回答させていただきますので、お手数をおかけいたしますが、弊社コールセンターまでご連絡いただけますようお願いいたします。

●あんしんサービスセンター
電話番号 0800-888-8256
営業時間 平日9:30〜17:30/土日祝日9:30〜15:30

最後に、タイトルに入力された証券番号は、個人情報保護の観点から、弊社にて変更いたしましたこと、ご了承ください。

それでは、今後ともアニコム損保をどうぞよろしくお願いいたします。



食後の総胆汁酸数値について

投稿者:Lunaのママ

投稿日:2021/04/11(Sun) 00:40

No.7093

いつもお世話になっております。
3歳3ヶ月になるチワワの女の子です。

先月行った血液検査で食後の総胆汁酸の数値が49.5µmol/L(基準値の約2倍)という高い数値が出てしまいました。
今まで5回検査をしていて、初回は何故か食後の数値が基準値より低く、2回目は正常値、去年の夏に追加で受けた時は37.6µmol/Lと高くなり、その4ヶ月後の昨年11月は正常値、そしてまた4ヶ月後の今年3月に検査してもらったところまた高くなっていました。

他の数値(総蛋白、アルブミン、総ビリルビン、GOT、GPT、ALP、γ-GTP、尿素窒素、BCAA、チロシン、BTR等)は正常値でした。

先生からは気になる症状はないものの、もしかしたら門脈体循環短絡の可能性があるので気になるようならCTと手術ができる大学病院を紹介します、といわれています。

今のところ食欲減退や体重減少、嘔吐、食欲不振といった症状は見られず元気なので、全身麻酔をしてCTを、、という気になれず。。かと言って肝臓は沈黙の臓器と言われているので症状がないうちに調べた方が良いのか、、とかなり悩んでおります。

食後の総胆汁酸値だけが高いという場合、考えられることは門脈体循環短絡だけなのでしょうか。それだと血管の奇形とのことなので食事を変えたりしても無駄なのでしょうか。
もし食事で気をつけた方がいいことがあれば教えていただきたいです。
また、CTをやる前になにか他に身体に負担のない検査方法などはないものでしょうか。。
なにか私ができることで数値が改善出来る可能性があるものがあればやりたいと思っております。

長文となり申し訳ございませんがご教示いただけますと幸いです。
どうぞよろしくお願いします。

Re: 食後の総胆汁酸数値について

- アニコム獣医師

2021/04/14(Wed) 10:43

No.7105

Lunaのママ 様

総胆汁酸は肝臓と腸の間を循環しており、通常は血液中にほとんど存在しないとされます。
総胆汁酸が高値を示す場合は、門脈体循環シャントによる肝臓と腸の循環障害、もしくは胆汁のうっ滞や肝機能不全の可能性が考えられます。
胆汁のうっ滞は、胆汁の排出経路が阻害され、血液中に胆汁の成分が流出した結果、総胆汁酸が上昇する状態です。
原因としては、肝炎や肝硬変、薬剤、腫瘍、胆泥、胆のう粘液嚢腫、胆管狭窄、膵炎等様々な疾患が考えられ、必要に応じて超音波検査や肝生検を行うことがあります。

また、重度の肝疾患では、蛋白質の代謝時、アンモニアを解毒できないため、食事の蛋白質や、状況によっては脂質の量を制限することがあります。ただし、軽〜中程度の場合は、療法食等で消化性の高い蛋白質を適切に摂取できるように調整する必要があるでしょう。

なお、門脈シャントの確定診断にはCT検査が必要ですが、全身麻酔のリスクがあるため、できるだけ若く、健康状態がよい際に行うことが理想的です。
検査を行うメリットやデメリットを含め、今後の治療方針や食事管理について、主治医とよくご相談ください。

それでは、今後ともアニコム損保をどうぞよろしくお願いいたします。