教えて!アニコム損保!しつけ・健康相談 皆様のご質問にお答えいたします。

必ずお読みください

・回答までに数日いただきますので、緊急を要する場合(誤飲、頻回の下痢・嘔吐、おしっこが出ない等)は、すぐに動物病院を受診してください。
・当掲示板での回答は、お申し出内容に基づく一般的な回答となります。
・「ワード検索」にお悩みのキーワード(トイレ等)入れていただくと、過去の類似の回答をご確認いただくことができます。
・ニックネーム、タイトル、コメント欄は全体に公開されますので、氏名や証券番号など、個人情報の入力はお控えください。

証券番号

  • (記入例:S00123452)

  • ご入力いただいた証券番号は公開されませんが、ご契約のどうぶつ情報をもとに回答いたします。

ニックネーム

  • ニックネーム、タイトル、コメント欄に個人情報の入力はお控えください。

タイトル

コメント

  • URLはご入力いただけません。

暗証キー

  • (英数字で8文字以内)

投稿キー

  • (投稿時 投稿キー を入力してください)

文字色

シニア犬へのフロントライン投与...

投稿者:ゆー

投稿日:2019/09/04(Wed) 15:13

No.5953

いつもお世話になっております。
チワワ、16才、オス、3.3kg未去勢です。
今日は高齢犬へのフロントラインプラスの投与について聞かせてください。

毎年、6月~10月くらいの夏場だけフロントラインプラスをしています。
肝臓と心臓が悪く、数年前から薬を飲んでいるのですが(幸いなことに、肝臓も
心臓もまだ重症ではなく、今すぐどうのこうのと言った状態ではないようです)
最近、高齢犬へのフロントライン投与には注意が必要との文言を目にしました。

今までは副作用とかもなかったため、特に意識はしていなかったのですが、
年をとるにつれて色んな疾患が出てきたので、気になるようになりました。

現況としては、肝臓&心臓の内服のほかに、最近耳が遠くなったな?足腰が弱くなって
きたな?とよく感じます。時々、後ろ足がふらついたりバタンと座りこんだりします。
あと、1か月少し前から角膜の治療で3種類の目薬をさしています。
(治療中でまだ病名は判明していませんが・・)

話を戻しますが、このフロントラインの高齢というのはどのような場合でしょうか?
具体的に「何歳」とか「この病気がある子」とか基準になるものがあるのでしょうか?

またうちの子の場合で言うと、こういう症状が出たら投与をやめた方がいい!
といったような症状等はありますか?
よろしくお願い致します。

Re: シニア犬へのフロントライン...

- 獣医師 霍田

2019/09/06(Fri) 18:27

No.5958

ゆー 様

フロントラインプラスの説明にある「高齢」の基準については具体的なご案内がいたしかねますが、一般的に高齢のワンちゃんでは、若い頃に比較して、足腰や目や耳などのほか、内臓の機能も衰えていることが考えられます。
また、老化に伴う疾患があったり、表面化していない何らかの不調を抱えているケースもございます。

フロントラインプラスの成分は、大部分が皮脂に留まるため、通常の薬に比べると体に影響は出にくいようですが、稀に副作用(皮膚の発赤、元気消失など)が見られることもあるので、高齢のワンちゃんでは慎重な投与が必要とされています。

安全性が確認されているお薬ではありますが、ワンちゃんの状態によっても投薬の適否が変わりますので、健康状態や現在服用中の薬について把握しているかかりつけの先生に、あらかじめご相談いただくことをおすすめいたします。

なお、食欲や元気がない場合や、嘔吐や下痢、呼吸が粗い、皮膚炎等の症状がある場合は、使用を控えて、主治医の指示を仰いでいただければと思います。

それでは、今後ともアニコム損保をどうぞよろしくお願いいたします。



Re: シニア犬へのフロントライン...

- ゆー

2019/09/11(Wed) 22:39

No.5974

先日は回答ありがとうございました。
もう1つ、フード(療法食)についてお聞きしたいです。

現在、消化器サポートの低脂肪をあげています。
今年に入ってからすい臓の数値が基準値を超えたため、長年食べていた高繊維から低脂肪に切り替えました。
すい臓の数値は現在200台を維持していることもあり、フードのみの様子見で薬等の治療はしていません。

現在飲んでいる薬と、ここ数カ月の血液数値です。
<肝臓>
・ウルソとスパカールを1回1錠×1日2回
・レネバルを1回1錠×1日1回
・サプリのベジタブルサポート ドクタープラス
ALT200〜1700、 ALP300〜900、 ガンマ19〜65、 リパーゼ150〜400、 BUN27〜46、 CRP0.8〜1.6

<心臓>
・フォルテコールプラスを1回1.25錠×1日2回(1日/2.5錠)
超音波検査では、左心房が拡張していると言われています。
BNP1200〜2100くらい

このような状態ですが、肝臓、心臓、すい臓と総合的に判断して、消化器サポート低脂肪はベストでしょうか?
かかりつけ医は、今はこのままで良いとのことでしたが、フード選びはどこを焦点にするのでしょうか?
療法食も色々とありますが、今後のことを考えた時ふっと疑問に思いました。
よろしくお願いします。



Re: シニア犬へのフロントライン...

- 獣医師山口

2019/09/13(Fri) 16:46

No.5982

ゆー様

さて、一般的に療法食を選ぶ際には、治療中の病気の原因や進行度、その病気に適した成分(タンパク質、脂肪、塩分、線維の量など)、そしてワンちゃんが無理なく食べてくれるかなどの、嗜好性を焦点として、総合的に選択されます。

また、複数の病気を治療中の場合は、それぞれの原因や状態によって優先すべき病気に合った食事を選択することもあります。

上述のとおり、実際のご様子を拝見していないため、特定の療法食を個別におすすめすることはいたしかねますが、現在、チワワちゃんが食べている「消化器サポート低脂肪」は、膵臓に負担をかけやすい脂肪分が抑えられており、消化性によい原材料を使うなどの配慮がされているお食事とされています。

なお、療法食は治療の一環でもあり、毎日食べる大切なお食事のことですので、実際のチワワちゃんのご様子をよくご存じのかかりつけの先生にもご相談いただけたらと思います。

それでは、今後ともアニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



噛み癖

投稿者:yuki

投稿日:2019/09/11(Wed) 17:19

No.5973

生後7ヶ月のトイプードル(メス)ですが、
噛み癖がひどく困っております。
特に手と足を集中的に狙って噛んできます。
これまでおもちゃを与えたり、叱ったり色々試しましたが全く治りません。

初めは甘噛みなのですが徐々にヒートアップして
最後は本気で噛みついてきます。
『いけない事』と教えるにはどうしたら良いでしょうか。しつけ方を教えていただきたいです。

Re: 噛み癖

- しらす

2019/09/12(Thu) 23:33

No.5977

うちはもうすぐ3ヶ月のトイプードルを飼ってます。
うちのワンコも家に来た時は噛み癖が酷く悩まされてましたが、うちのワンコは構って欲しくて噛むのかなと思い、ある時から噛んだ時は「あ〜あ」と言ってサークルへ戻し、相手にしないようにしました。
構ってもらえなくなることを分かったのか、1週間程度経った頃から「あ〜あ」と言うと噛むのをやめるようになりました。
今はまだ甘噛みは完全には治ってませんが、頻度は少なくなってます。
もし同じような理由で噛んできてるのであれば、ご参考にどうぞ。
ちなみに、最近は音の出るボールを与えると、私の手や足より、それを夢中になって噛んでます。



Re: 噛み癖

- アニコムカウンセラー 井添

2019/09/13(Fri) 15:28

No.5981

yuki 様

ワンちゃんが物や人の手などを噛む理由は、主に以下のようなものがあります。
・危険や恐怖を回避するため
・遊びの延長(反応を楽しんでいる)
・乳歯から永久歯への生え替わる時期の違和感
・動くものに反応してしまう  など

子犬ちゃんの時期は特に人間の手や足などヒラヒラと動くものを本能的に追いかけたくなるものではありますが、遊び中で周りの反応を見ながら、噛んで良いものといけないものや噛む力の加減を学んでいきます。

「ヒトを噛んだら、良いことがなくなってしまう」と教えるために、例えば、ヒトの手足などを噛んだ場合は、甘噛みであっても噛んだその瞬間、毅然とした態度・落ち着いた低い声・できるだけ短い言葉で叱り、噛むのを止めたら、そのタイミングで褒めてあげましょう。
叱っても止めない場合、また、さらに激しく噛んでくるような場合は、背を向けてその場から立ち去り、クールダウンするまで、そっとしておきましょう。

なお、高い声や大き過ぎる声で叱ったり、手足をサッと引っ込めるような素振りをみせることで、ワンちゃんにとっては「楽しい」「余計に興奮する」と勘違いさせる可能性もありますので、ワンちゃんが学習しやすいよう、態度にメリハリをつけて接すると良いでしょう。

今まで、あらゆる方法を試してこられたとのことですが、飼い主様の対応が変わることで不安になったり、混乱してしまうワンちゃんもいますので、ご家族様で決めたルールを一貫してしばらく続けていただく方がよいかもしれません。

以下URLにて、ワンちゃんの「噛み癖」について記載しておりますので、よろしければ、ご参考にしてください。

●どうぶつ親子手帳 噛み癖 <子犬編>
https://www.anicom-page.com/all_education_details?type=11&id=43

それでは、今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



歯磨きに苦戦

投稿者:みいママ

投稿日:2019/09/11(Wed) 11:54

No.5969

生後5カ月の子猫と1歳の猫を飼っています。
小さい頃から、歯磨きをする習慣をつけると良いと知り、歯磨きの練習をしています。
初めは歯磨きシートのようなものから始め
現在は歯ブラシを使っています。
何度やっても、前脚が出てきて腕が引っかき傷だらけに…。
1歳の方は口を開けようとすると唸り声を上げて嫌がります。
子猫の方はまだ小さいのでなんとか抑えて、歯ブラシするものの、歯ブラシを噛むため中々スムーズにいきません。
歯磨きの時間がストレスです。2人いないとできません。(抑え役と歯を磨く役)しかし、歯を磨かなきゃ歯周病になってしまうし、ご飯も食べられなくなってしまう可能性もあります。
病院でやって貰えば?という話ですが、仕事もあるためそんなに行かないですし動物病院の費用は馬鹿にできません。なんとか家で済ませたいです。
しかし、歯磨きの後におやつをあげたら無意味ですよね?
どうやって歯磨きのしつけをさせればよいですか?
アドバイスをお願いします。

Re: 歯磨きに苦戦

- アニコムカウンセラー 横井

2019/09/13(Fri) 15:24

No.5980

みいママ 様

ネコちゃんの歯周病を予防するためには、みいママ様が実践されているような日常の口腔内ケアはとても大切ですが、初めからうまくいくことは、本当に稀です。
また、自由に身動きがとれない時間が長く続くことを苦手とするネコちゃんも多いので、苦手なケアほど、短い時間から始めて、少しずつ慣れてもらうことが大切です。

特にネコちゃんの場合は、慣れるまでは「嫌がる手前でやめる」ことがポイントでございます。
例えば、ネコちゃんの機嫌がよい時など、日常のスキンシップの中で、あごの下から口の周囲を触ってみるだけで、一旦、ネコちゃんを解放します。
口の周辺を触られることに慣れてきたら、次のステップとして、唇をめくり、1本の歯を触って終了します。
1本触られるのに慣れてきたら、次は2本と徐々に進めていき、奥歯まで触れるようになってきたら、次は指にガーゼを巻いて歯を触ってみるといったように、少しずつステップアップしていけるとよいでしょう。
ゆくゆく歯ブラシでの歯磨きをお考えの場合は、歯ブラシにマイナスイメージを持たせないように、初めのうちは、あえて歯ブラシを猫じゃらしなどの代わりにしてみるなど、「楽しいもの」というイメージを持たせておいたほうが良いかもしれません。

歯磨きは、毎日できればベストですが、できるだけ双方がストレスなく継続していくことが大切なので、2〜3日に1回のケアを目標とするのも良いのではないでしょうか。

なお、以下のURLに、歯磨きに関する内容を記載しておりますので、よろしければ、ご参考にしてください。

●猫の栞
猫の歯磨きのやり方、歯周病予防にも正しい方法で!
https://www.anicom-sompo.co.jp/nekonoshiori/187.html

飼い主様の「さあ、やるぞ」という雰囲気を感じて、ネコちゃんが余計に緊張してしまうこともございますので、リラックスした雰囲気の中で取り組んでいただければと存じます。

それでは、今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



外でしか排泄できない柴の安静方...

投稿者:ゆず

投稿日:2019/09/11(Wed) 11:45

No.5968

先日、突然椎間板ヘルニアのような症状が出ました。
出来るだけ安静を保とうとしているのですが、もともと外でしか排泄でいない上に、外に出ても排泄するまで時間がかかるのでとても悩んでいます。
今はカートに乗せて排泄しそうなところまで連れて行っているのですが、そこで降ろしてもしばらくウロウロしないとオシッコもウンチもしたくならないようです。
どうすればいいでしょうか。

Re: 外でしか排泄できない柴の安...

- アニコムカウンセラー 井添・獣医師 青山

2019/09/13(Fri) 15:22

No.5979

ゆず 様

はじめに、今回はご質問の内容から、ワンちゃんと仮定してトイレトレーニングについて以下に回答いたしますが、ゆず様のワンちゃんの詳しい治療経過や現在の状態が分かりかねますので、かかりつけの獣医師ともよくご相談いただきながら進めていただくようお願いいたします。

まず、一般的に、椎間板ヘルニアの治療方法は、症状に応じて内科治療、外科治療が選択され、症状が比較的軽く、進行性でない場合は内科的治療が選択される場合があり、運動制限やケージレスト(安静)、消炎鎮痛剤の投与やレーザー治療を行います。
※ケージレストとは、運動を制限して安静を管理する方法の一つで、狭いケージの中にワンちゃんを入れ、動きを制限した状態を保ちます。
なお、投薬等によって痛みが改善された場合、ワンちゃんが元気に動き回ると、症状が再発しやすくなるため、上述のとおり、運動制限やケージレスト(安静)が大変重要となります。

その一方で、ある程度、歩き回ることにより腸の動きが促進されて排便をしたり、周辺の臭いを嗅ぐことで排尿が促されるなど、今まではお散歩中に自然に行われていたことが制限されている状況であるため、地面に降ろしてから排泄するまでに時間がかかっている可能性は考えられますので、状態によっては、ワンちゃんのペースに合わせていただくことも必要かもしれません。

ワンちゃんは居住空間(特に寝場所や食事場所)以外のところで排泄をする習性や自分や他のワンちゃんの臭いを嗅ぐことで「自己主張をしたい」と思う本能も相まって、外でしか排泄をしなくなるワンちゃんは多くいます。
このため、例えば、予めトイレシートなどにワンちゃんのオシッコを少し付けておいて、そのトイレシートをお散歩に持って行き、排泄させたい場所に敷いて臭いを嗅がせてみるという方法もございます。
この他、ワンちゃんが排泄している時に、例えば「ワン・ツー」や「シーシー」等、決まった声掛けをして、排泄できたら褒めるということを、何度も繰り返すことで、時間はかかるかと存じますが、次第にその声がけにより排泄が促されるようになる場合もございます。

なお、椎間板ヘルニアは進行すると、麻痺や排便・排尿障害などの症状が現れ、治療を行っても完全に回復しない場合もあります。
そのため、ワンちゃんのご様子をみていただき、元気・食欲がない、痛がる、足をひきずる、ふらつくなどの症状の悪化が見られる場合には、お早めに動物病院を受診されることをおすすめいたします。

それでは、今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



敷布団に粗相

投稿者:CHURAMAMA

投稿日:2019/09/10(Tue) 08:36

No.5965

もうすぐ4才のチワワとポメのハーフ犬を飼っています。ケージの中にトイレを置いて有りますがそこでは二回ほどしかしたことが無く、ケージ外のトイレでします。トイレが汚れていたりすると時々廊下や洗面所のバスマットの上でする事が有るので気を付けていたのですが、この前主人の敷布団にオシッコをしてしまいました。上に敷いて有った冷感マットを洗い対処しました。今朝気が付くとうんちが敷布団に有り片付け暫くして見ると今度はオシッコをしてました。なぜ主人の敷布団にしてしまうのでしょうか?普段は違う部屋に居てもちゃんとトイレでしているのですが…どうしたら良いのでしょ?教えて下さい。今朝は臭いが残っていたのかなぁと思い敷布団のシーツを外し敷布団にはファブリーズもしましたが今後が心配です。

Re: 敷布団に粗相

- アニコムカウンセラー 佐藤

2019/09/12(Thu) 18:06

No.5976

CHURAMAMA様

布団やマットのようなところは、フワフワした感触や吸水性の良さなどから、そこでの排泄が習慣化してくワンちゃんはいます。
また、ワンちゃんが布団やマットでオシッコをしたときに、飼い主様が視線を向けたり、あわてて走り寄ったりなどの様子から、「構ってもらえた」「振り向いてもらえた」とワンちゃんにとってご褒美となっているため、繰り返している可能性も考えられます。
この他、ワンちゃんにとって、トイレシートと似たような感触であるため間違えてしまうというケースもございますので、シートでオシッコをすることを思い出すまでは、ワンちゃんを布団に近づけないようになさったほうがよろしいかもしれません。

なお、ご主人様の布団にトイレをしてしまうのは、マーキングの可能性もございます。
この場合、まずはワンちゃんに「自分は飼い主に守られる存在である」と認識させ、群れの中での生活に安心感を持たせてあげましょう。
日常の生活では、「コミュニケーションを取る」「好ましい行動とそうでない行動に対してメリハリをつけて対応する」などに留意していただくことが重要でしょう。
スキンシップの時間を増やしたりすることでも、安心が感じられるでしょう。

トイレトレーニングについては、成功するように誘導し、出来たら褒めることを繰り返すことが大切です。
そのためには、あえて行動範囲をケージ周辺のみに制限したり、排泄しそうなタイミングや仕草が見受けられた時に、トイレまで誘導して、1滴でもトイレで排泄ができたら、褒めてあげましょう。
ワンちゃんは、飼い主様に褒められたり、注目をしてもらうことで、様々なことを覚えていきます。

習慣化している行動を変えるには、飼い主様の一貫した態度と根気が必要になります。
まずは焦らずにゆっくり「好ましい行動」を根気強く教えてあげましょう。

それでは、今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。