教えて!アニコム損保!しつけ・健康相談 皆様のご質問にお答えいたします。

ご注意

回答までのお時間は3営業日以内とさせていただきます。
緊急を要する健康相談の場合は、すぐに動物病院を受診してください。
直接どうぶつさんのご様子を拝見しておりませんので、一般的なご案内となりますこと、また、投稿フォームにはURLを入力できない設定となっておりますことをご了承ください。

証券番号

  • (記入例:S00123452)

  • ご入力いただいた証券番号は公開されません。

ニックネーム

タイトル

コメント

  • URLはご入力いただけません。

添付File

暗証キー

  • (英数字で8文字以内)

投稿キー

  • (投稿時 投稿キー を入力してください)

文字色

尿に血液みたいなものが混じる

投稿者:ツミレ

投稿日:2017/01/20(Fri) 10:57

No.4602

1月6日に避妊手術を受け、16日に抜糸を行ったのですが、それから1日に1回から2回程度、気が付くとオシッコに血液のような茶色いややゼリーがかったものが、ほんの少し混ざっています。手術の影響でしょうか? 様子を見ている状態ですが、そのうち自然となくなるのでしょうか。

Re: 尿に血液みたいなものが混じ...

- 獣医師 江口

2017/01/23(Mon) 16:05

No.4606

ツミレ 様

この度はご相談を頂きまして、誠にありがとうございます。
避妊手術の抜糸後に尿に血液のような茶色く、ややゼリーがかったものが
見られるとのことですね。
ツミレ様におかれましてはさぞかしご心配のこととお察しいたします。
お問合せにつきましてご案内させて頂きますが、
実際のご様子を拝見していないため、一般的なご案内となりますことを
何卒ご了承ください。

一般的に、避妊手術後に出血やおりものが見られる原因としては、
次のようなことが考えられます。

・膀胱炎
頻尿や血尿、発熱などの症状を伴うことがあります。
膀胱炎の罹患は尿検査でわかります。
・膣炎
膣粘膜に細菌感染が起こり、分泌物が見られるようになります。
膣炎の罹患は膣粘膜の細胞診検査でわかります。
・子宮、膣、尿道の腫瘍
腫瘍からの滲出液(しんしゅつえき)や、腫瘍が粘膜を刺激することによって
分泌物が見られるようになります。
ワンちゃんに多く見られるものに膣の平滑筋腫があります。
・子宮断端部の炎症
避妊手術で子宮を摘出しているワンちゃんの場合、まれにですが体に残った
子宮の断端部が炎症を起こすことがあります。
状態によっておりものや排膿(=膿が出てくること)が見られることがあります。
・縫合糸に対する炎症反応
避妊手術で子宮を摘出する際に使用した縫合糸に対して過剰な組織反応を
起こし、「縫合糸反応性肉芽腫」というものができてしまうワンちゃんがまれにいます。
この影響で、状態によっておりものが見られることがあります。

その他 膣周囲の皮膚が炎症を起こしていたり、膣周囲に腫瘤があると、
滲出液がおりものと間違われることもあります。
場合によっては、肛門脇の肛門嚢が炎症を起こすことにより滲出液が出ている
場合もあります。

また、尿は膀胱から尿道を通り外に出されますが、尿道口(尿道の終わりの部分)は
膣の中にあり、膣からの物も尿も同じ膣口という出口から出てきますので、
今回の血液のような茶色く、ややゼリーがかったものがどこから排出されているか
を確認することは重要です。
原因によっては、自然となくなることもありますが、治療が必要となることも
ありますので、早めに動物病院さんにご相談されることをお勧めいたします。

ツミレ様とどうぶつさんが、早く安心して過ごすことができるようお祈りしています。
まだまだ寒い日が続いていますが、風邪など引かれませんようご自愛下さいませ。

また、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、しつけ相談
サービスを承っておりますので、ぜひご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター0800-888-8256です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

今後とも、アニコムをよろしくお願い申し上げます。



寒がりの対処法

投稿者:こりぞう

投稿日:2017/01/19(Thu) 16:00

No.4598

今年10歳になりますMピンシャーです
4月生まれでパピー時に梅雨寒で嘔吐下痢があったので
寒くないように寒くないように育てましたら非常に寒がりで
雪が降るくらいの気温は散歩で玄関から出ても歩きません

獣医さんと相談して室内では服は着せないいきなり寒い外には出さずに窓を開けて服を着せるなど段階を上げています

散歩時の服は手作りでインナーとコートだけで二着だけど
人間の服で5枚重ねになる作りにしています
インナー フリースとTシャツ
コート 合皮とウール✖2です

それでも寒い時期は普段と違って抱っこ抱っこであるきません
抱っこで公園に連れて行きそこから歩くかやはり抱っこです


無理にもっと歩かせるか
悩んでいます

年齢的に痴呆が心配なので長距離の散歩で刺激を与えるべきか
暖かい室内で遊ぶか
室内ではおもちゃを一斉に投げてモッテコイと頭を使わせるようには
しているつもりです

御回答お待ちしています

Re: 寒がりの対処法

- 愛玩動物飼養管理士 三留

2017/01/20(Fri) 12:20

No.4604

こりぞう 様

寒さ厳しき頃でございますが、こりぞう様におかれましては
いかがお過ごしでしょうか。
この度は、ご相談をいただき、誠にありがとうございます。
早速ご案内させていただきますが、実際のワンちゃんのご様子を拝見して
おりませんので、一般的なご案内となりますことをご了承下さい。

夏の暑さにくらべて、寒さには比較的強いといわれているワンちゃんですが、
「原産国が寒い地域であるか、比較的暖かい地域であるか」、「被毛が下毛で寒さから
守られているダブルコートか、上毛だけのシングルコートか」「毛足が長いか、短いか」
「日常生活の環境」などにより、寒さへの耐性はそれぞれのワンちゃんによって
異なるようです。
こりぞう様のワンちゃんはMピンシャーちゃんということですので、毛足が短く、ワンちゃんの中でも
寒さが嫌いな傾向がたいへん強いワンちゃんたちといえるでしょう。

こりぞう 様のMピンシャーちゃんも寒くなるとお散歩が辛く感じるようで、冬場の散歩では歩こうとせず、
抱っこが多くなってしまうので、無理して歩かせたほうがよいのか悩んでいらっしゃるとのことでございますね。
Mピンシャーちゃんは10歳とのことで、よい良いシニアライフを、ということもご考慮なさっていらっしゃる
ご様子、素晴らしいことですね。
骨格筋は熱を作り出すために大変重要な部位ですが、加齢とともに筋肉量が低下
しますので、体温の調節機能はシニアになると段々低下します。
また、このため、ワンちゃんも年齢を重ねる毎にだんだん寒さに弱くなってきますので、
筋肉量を維持し、体力をつけるためにも、できるだけお散歩に連れていってあげるように
なさることも大切なことだといえます。
また、こりぞう様がおっしゃるように、程良い刺激を与えてあげることはずっと若々しさ
を保つためにも大切なことですので、今後もできる限り、外の空気を吸い、
歩かせてあげることはたいへん重要なことといえるでしょう。

ただ、嫌がっているときにも歩かせたほうが良いのか、というとそうともいえず、
なるべく心地よい状態でお散歩にいらっしゃって、少しでも、一緒に歩くと楽しいね、
という状況を冬の間はお作りになったほうがよろしいかもしれません。
寒い時期のお散歩だけを嫌がり、暖かくなるとお散歩を楽しめるということでしたら、
寒い時期のお散歩はなるべく心地良く歩くことができる暖かい時間になさるに
留めていただいてもよろしいのではないでしょうか。
お散歩にいらっしゃる時間帯は、なるべく暖かい時間帯にしていただき、
少しでも歩いたらほめてあげてください。

主導権はこりぞう様にあり、Mピンシャーちゃんは守られているから安心、ということを伝えるためにも、
歩くのが嫌だ、といえば抱っこをしてもらえる、という状況をつくるより、
こりぞう様のご都合やご意思で公園までは抱っこをするわよ、となさるのも一つでしょう。
「ほんの短時間でも、少し歩きましょう」ということを、一年を通して根気強く
続けていただくことが大切でしょう。

ワンちゃんが冬の散歩を嫌がるようになるのは、寒さ以外にも、強い風や風に
はためく自転車カバーなどにびっくりした、などというような冬ならではの光景も
あるようです。
怖い経験をすると、そのときと結びつくことに、「また怖いことがあるのかしら」と、
お散歩自体が嫌いになってしまうことも中にはあります。
できるだけ「お散歩は楽しい」と感じさせてあげることも大切でしょう。 
また、「何があってもこりぞう様が守ってくれるから安心」と感じさせてあげるためにも、
こりぞう様がお散歩中、堂々とMピンシャーちゃんを率いている、という余裕のある笑顔で
お歩きになることも大切でしょう。

また、こりぞう様のMピンシャーちゃんの場合にはあてはまらないかもしれませんが、
高齢になってから寒さに急に弱くなった、というような場合、
「甲状腺機能低下症」という病気に罹患している場合もあります。
甲状腺ホルモンは体の代謝を活発にするホルモンで、
甲状腺機能低下症では、甲状腺ホルモンの分泌が減少することによって、
体温が低下したり、寒さに弱くなるという症状がみられることがあります。
高齢犬には比較的多く見られる病気です。
他にも、動きたがらず寝ている時間が多い、顔つきがぼんやりしている、
毛がぱさついたり脱毛する、などの症状が見られる場合には、
甲状腺機能低下症の可能性もありますので、
気になる点がおありの際には、
念のため主治医の先生にご相談いただくとよろしいかと思います。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、
しつけ相談のサービスをうけたまわっております。
気がかりなことがおありの際には、ぜひご利用ください。
電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

愛情いっぱいのこりぞう様のお手製のお洋服を着て、Mピンシャーちゃんは幸せですね。
寒くても、心の中はぽかぽかなのではないでしょうか。
こりぞう様とMピンシャーちゃんの笑顔のいっぱいの毎日を心から
お祈りいたしております。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



綿棒を飲んでしまった

投稿者:りり

投稿日:2017/01/20(Fri) 08:19

No.4600

2017/01/20 am7:20に紙芯の綿棒を1本飲んでしまいました。
吐く、下痢などの症状が出るまでは様子をみることしかできなぃのでしょうか?
それから遊びが好きですが、安静の方がいいのでしょうか?
回答をよろしくお願いします!

Re: 綿棒を飲んでしまった

- りり

2017/01/20(Fri) 08:23

No.4601

補足
1.8kgヨーキー♀です。
何度もすみません。



Re: 綿棒を飲んでしまった

- 獣医師 岸田

2017/01/20(Fri) 11:50

No.4603

りり 様

この度はご相談を頂きまして、誠にありがとうございます。
ヨーキーちゃんが紙芯の綿棒を飲みこんでしまったとのことでございますね。
お問合せにつきましてご案内させて頂きますが、
一般的なご案内となりますことをご了承ください。

飲みこんでしまった綿棒の素材や飲み込んでしまった時のご様子はいかがでしょうか。
プラスチック芯ではなく紙芯の綿棒ということで、
もし綿棒を細かく噛み砕いて飲みこんでいるようであれば、
おそらく便の中に排泄される可能性が高いのではないかと思います。
一方で、もし綿棒を長いまま飲みこんでしまっているとすると、
紙芯の材質によっては水分を含んでやわらかくなりそのまま便の中に排泄
されると思いますが、場合によっては胃から上手く排出されず
胃の中に長期間残ってしまったり、腸の中を移動するときに粘膜を傷つけたりという可能性が
全くないとは言い切れないかと思います。
特に体重1.8kgと小さなワンちゃんということですので、
綿棒の棒の長い部分がやわらかくならずに固いまま残ってしまうということであれば、
なんらかの影響が出る可能性はあるかもしれません。

可能であれば、飲みこんでしまった綿棒と同じものを持参して、
念のため動物病院でご相談されることをおすすめいたします。
もし材質によって胃の中に残ってしまう可能性が高そうであれば、
内視鏡などの処置が必要になる可能性もあるかもしれません。
便の中への排泄が期待できそうであれば、
減量用の療法食など、繊維質の多い食事を与えることで、
なるべく腸に傷をつけずに異物を排泄させることができますので、
必要があればそのような食事を処方していただくとよいでしょう。

お家では特に安静にしている必要はないと思いますが、
嘔吐や下痢、腹痛などの症状がでないかどうかを観察していただき、
排便後には飲みこんでしまった綿棒がちゃんと排泄されたかどうかを
毎回確認していただくとよいかと思います。
綿棒の誤飲の場合、紙芯の部分は確認が難しいこともあるようですが、
先の綿の付いている部分はそのまま確認できることが多いようです。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、
しつけ相談のサービスを承っております。気がかりなことがおありの際には、
ぜひご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります

今後ともアニコムをよろしくお願い申し上げます。



色素沈着

投稿者:ほのか

投稿日:2017/01/17(Tue) 21:02

No.4596

いつもお世話になっております。

先日、右の黒目に黒っぽいシミを見つけたので、病院に連れていったところ「色素沈着です。たぶん半年くらい前から症状はあったと思います。」と言われ、ロメワンとヒアルロン酸で治療しています。

黒い部分はまったく見えていないのでしょうか?
予後はどうなりますか?目薬で治りますか?
この症状に良い治療法や目薬があれば教えてください。
よろしくお願いします。

Re: 色素沈着

- 獣医師 霍田

2017/01/19(Thu) 18:15

No.4599

ほのか 様

こちらこそいつもお世話になり、誠にありがとうございます。
また、この度はご相談をいただきましてありがとうございます。
どうぶつさんの右の黒目のシミが、色素沈着の可能性を疑われ、点眼液で治療なさって
いるのですね。
さっそくご案内をさせていただきますが、実際のご様子を拝見していませんので、
一般的なご案内となりますことを、何とぞご了承ください。

黒目に黒っぽいシミが見られる可能性のある、一般的なものについてご案内いたします。
1.色素性角膜炎
黒目の部分を覆っている透明な膜を角膜といい、表面から上皮、実質、デスメ膜、
内皮という層から成る薄い組織です。
この角膜が黒く混濁してしまう疾患が「色素性角膜炎」です。
色素性角膜炎は、何らかの原因によって角膜に炎症が起こり、血管新生(傷を治す
ための新しい血管ができること)と色素沈着が起こります。
角膜表面の露出が多いペキニーズ、パグ、シーズーなどの短頭種と言われるワンちゃん
に多く見られます。また、眼瞼の内反などが原因となることがあります。
この疾患では逆さまつげなど、慢性的な刺激が原因となることがありますので、
涙が減少するドライアイが色素性角膜炎を引き起こすこともあります。
症状が悪化して角膜が全体的に真っ黒になると、最終的に視覚を失うこともあります。
治療には原因の除去が必要です。角膜への慢性的な刺激を抑えるために、
目薬を使用して保護したり、ドライアイがある場合には、その治療を同時に行います。
視覚が著しく障害されている場合などは、状況によって黒い部分を除去する手術を
行うこともありますが、リスクも検討する必要があります。

2.乾性角結膜炎(ドライアイ)
涙が減少することにより角膜や結膜の表面に炎症が起きる疾患です。原因としては
感染や外傷などの他、自己免疫性、原因不明の特発性と呼ばれるものがあります。
進行すると結膜に色素沈着します。 
また、角膜にも血管が侵入して色素の沈着がみられることもあります。
治療には人工涙液や眼軟膏、抗生物質の点眼薬を併用したり、場合によっては
免疫抑制剤の点眼薬を用いることもあります。

3.虹彩母斑
局所的に発生する良性の色素過剰症です。虹彩表面の状態に変化はありません。

4.虹彩嚢胞
良性の増殖性疾患で、毛様体と虹彩色素上皮が増えることによって起こります。
黒い嚢胞(液体状のものが入った袋のようなもの)がみられ、光が当たると
嚢胞内が透けて見えます。
虹彩嚢胞は自然に消失することもあり、どうぶつさんの生活に支障が出るような
症状がない場合がほとんどなので、通常、治療は不要です。

5.腫瘍
発生率は低いですが、角膜に腫瘍ができて、黒っぽく見えることがあります。

このように、さまざまな可能性がございますので、ほのか様のどうぶつさんの目の
黒い部分の見え方については分かりかねますが、色素性角膜炎である場合、
黒くなっている部分は光を通さなくなるので、見えにくくなります。
今後の予想されるご様子についても色素沈着の原因によって異なりますので、
何とも申し上げられないのですが、炎症によって起こっている色素沈着であれば、
現在の目薬での治療に反応が良い場合、改善する可能性はあるかもしれません。
しかしながら、程度にもよりますが、完全に色素がなくならないこともありますし、
原因や状況によっては色素沈着の状況が変わらなかったり、広がる可能性も考えられます。
現状では、なるべく目への刺激を抑えるために、点眼薬・眼軟膏で目を保護したり、
感染を予防・コントロールするために抗生物質を用いて経過を観察していくこと
かと存じます。

目薬の必要性について分からないどうぶつさんに目薬をさすことには、
どの飼い主様も苦心をなさっていますが、ほのか様のどうぶつさんはいかがでしょうか。
目薬が近づいてくる様子が見える状態から薬を近づけると、怖くてたまらなくて
払いのけようとするのが通常の行動だと思いますので、できるだけどうぶつさんが
目薬の存在が気にならないように、例えば顔の脇からそっと視界に入りにくい
ようにして点してあげるとよろしいのではないでしょうか。
点させてくれたらほめていただき、がんばって目薬を点した後には嬉しい
気持ちにさせてあげてください。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での
健康相談、しつけ相談サービスを承っておりますので、ぜひご利用ください。

電話番号は、あんしんサービスセンター0800-888-8256です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

寒い季節でございますので、風邪など引かれませんようご自愛ください。
今後ともアニコムをよろしくお願い申し上げます。



糖尿病

投稿者:伊藤 さつき

投稿日:2017/01/17(Tue) 17:05

No.4595

run丸が糖尿病と診断が出ました。今は、糖コントロールを与えていますが、インシュリン注射をした方が良いとの診断です。
検索すると、猫の糖尿病は診断が難しいとあります。セカンドオピニオンも考慮した方がいいのでしょうか?

Re: 糖尿病

- 獣医師 江口

2017/01/19(Thu) 15:56

No.4597

伊藤 さつき 様

初春とはいえ厳しい寒さが続いておりますが、
伊藤様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
この度はご相談をいただきまして誠にありがとうございます。
run丸ちゃんが糖尿病とのこと、大変ご心配なこととお察しいたします。
早速ご案内をさせていただきますが、実際のご様子を拝見していないため、
一般的な案内となりますことをご了承ください。

通常、膵臓から分泌されるインスリンにより血糖値は一定に保たれます。
インスリンは体の中で血糖値を下げる唯一のホルモンですが、このインスリンの
不足(T型糖尿病)、またはそのインスリンの作用の不足(U型糖尿病)によって
糖質、脂質、タンパク質代謝の異常を起こすのが糖尿病です。
人でもよく知られている糖尿病ですが、ネコちゃんでも近年では肥満の増加などと
ともに発症が多くなっており、持続的な血糖値の上昇が特徴です。
ネコちゃんではU型糖尿病からはじまって、徐々にインスリンを分泌する膵臓自体が
破壊され、T型糖尿病に移行することが多いようです。
糖尿病は初期での発見が難しく、初期症状としては、飲水量が増え、尿量が増す
多飲多尿や、食欲があるのに体重が減少するなどがあります。
症状が進行すると血液中にケトン体という有害な物質が現われ、
ケトアシドーシスという状態になり、嘔吐や下痢などの症状を引き起こします。
重症になると神経障害や昏睡などを起こし、死に至ることもあります。
また、糖尿病は合併症を伴うことが多く、合併症には白内障や腎疾患、肝疾患、
細菌感染症などがあります。
遺伝や免疫疾患、感染、慢性膵炎、膵臓の癌、肥満やストレス、偏った食事、
加齢などが原因あるいは発症を促す要因となります。

伊藤様はネコちゃんの糖尿病の診断は難しいということをご覧になったのですね。
糖尿病の診断は多飲多尿や多食、体重減少といった典型的な臨床症状、身体検査、
持続的な絶食後の高血糖、糖尿の有無から判断します。診断自体は比較的容易ですが、
ネコちゃんの場合、興奮やストレスで血糖値が上昇しやすいということがあります。
そのため、糖尿病ではなくても、採血時に一過性に血糖値が上昇してしまう
ことがあり、これが診断を難しくすることがあります。
できるだけストレスや興奮を避けるため静かな場所でネコちゃんが落ち着いている
時に採血できるのが理想的です。
お家で安静時の尿で尿糖のモニターをすることもあります。
血糖値が上昇する疾患は糖尿病以外にも多くあるので、血糖値の評価は厳密に
行わなくてはいけません。
このような理由から診断が難しいということがあるかと存じますので、
かかりつけの動物病院さんにしっかりご相談頂きますようお願い致します。
その上でセカンドオピニオンを検討して頂ければと思います。

また、糖尿病では病態を悪化させないよう、血糖値のコントロールが治療の
主体となります。
食事療法と、インスリンの投与や経口血糖降下薬などの投与を併用して行います。
また、下痢をしている場合は下痢止めの投与、脱水時やケトアシドーシスを
起こしている場合には点滴による治療など、さまざまな症状に応じて対処療法を行います。

糖尿病の治療は、基本的には生涯継続となります。
家庭内での処置(インスリン投与)やモニター(多飲多尿、多食、体重、尿糖など)と
動物病院さんでの定期的な血液検査や体重測定などのモニターが大変重要となります。
かかりつけの獣医師のご指示に従い、一緒に治療を継続していくことができるよう、
動物病院さんとの連携をしっかり取っていく必要があります。
疑問点などはそのままにせず、しっかりご相談なさり、run丸ちゃんの様子を
細かく報告することで、動物病院さんにも伊藤様のお考えやrun丸ちゃんの
ご様子を詳しく理解して頂け、よりよい治療に繋がっていくと思います。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、
しつけ相談のサービスを承っております。気がかりなことがおありの際には、
ぜひご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 0800-888-8256です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

寒さが続きますので、伊藤様もrun丸ちゃんもくれぐれもご自愛ください。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願い申し上げます。