教えて!アニコム損保!しつけ・健康相談 皆様のご質問にお答えいたします。

ご注意

回答までのお時間は3営業日以内とさせていただきます。
緊急を要する健康相談の場合は、すぐに動物病院を受診してください。
直接どうぶつさんのご様子を拝見しておりませんので、一般的なご案内となりますこと、また、投稿フォームにはURLを入力できない設定となっておりますことをご了承ください。

証券番号

  • (記入例:S00123452)

  • ご入力いただいた証券番号は公開されません。

ニックネーム

タイトル

コメント

  • URLはご入力いただけません。

添付File

暗証キー

  • (英数字で8文字以内)

投稿キー

  • (投稿時 投稿キー を入力してください)

文字色

歯ぎしり

投稿者:おかぁしゃん

投稿日:2018/06/25(Mon) 19:55

No.5345

一歳になったばかりの若猫ですが、最近歯ぎしり?をします。
おやつをあげた後にしばらくして、シャリシャリというような音を立てて、何かを噛んでいるような仕草をしています。
おやつを食べてしばらくして、することが多いです。
猫種はペルシャです。

Re: 歯ぎしり

- 獣医師 霍田

2018/06/27(Wed) 16:48

No.5351

おかぁしゃん 様

この度は、ご相談いただきまして、誠にありがとうございます。

一般的に、ネコちゃんが何かを噛むような仕草をしたり、歯ぎしりのような音を立てる時は、吐き気や、口の中の違和感に起因する可能性が考えられます。
吐き気の原因は様々ですが、例えば消化器系などの内臓疾患やストレス、食事に起因するもの、誤飲などがあげられます。
また、口の中の違和感の原因としては、口内炎や歯肉炎などの炎症や、不正咬合、歯石、歯のぐらつきや生え変わりによるものなどがあります。
その他にも、病的なものではなく、フードやオヤツが歯に付着したり挟まったりすることによる、違和感からおこなう仕草の可能性も考えられます。

痛みを伴う場合は嫌がることもあるのですが、可能であればまずはペルシャちゃんの口の中を確認していただくとよろしいでしょう。
オヤツを食べたことに起因している場合には、食後の歯磨きなどで改善する可能性もありますが、それでも続くようであれば病的な原因の可能性も考えられます。
可能であれば動画を撮影して、念のためかかりつけの動物病院を受診いただくことをおすすめいたします。

それでは、今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



急性膵炎

投稿者:とも

投稿日:2018/06/24(Sun) 18:00

No.5343

急性膵炎で4日間入院しました。途中経過はご飯も食べれるようになってました。そして今日迎えに行った時、また膵炎の検査をしたようです。入院中は膵炎の値の検査は一度もしてなかったようです。
そして先生から話がありました。
初日の数値●リパーゼ正常値10〜160に対し192
●C反応性蛋白正常値〜0.7に対し5.2

そして今日の検査結果●リパーゼ3733●12.5

入院後、かなり上がってました。何千倍も上がっていました。
このまままた入院になりましたが、ここの病院に任せていいのでしょうか。
まだ10ヶ月のマルチーズですが、こんな小さい子でなるのは珍しいとばかり言われますが、ての尽くしようがないのでしょうか。

Re: 急性膵炎

- 獣医師 柳原

2018/06/27(Wed) 11:01

No.5349

とも 様

この度は、ご相談をいただきまして、誠にありがとうございます。

ワンちゃんの急性膵炎は、典型例では嘔吐、食欲不振、腹痛などの症状が見られ、
局所性または全身性の強い炎症反応を引き起こします。
そのため、重症例では、膵炎以外に急性腎不全や多臓器不全などの合併症が起こることがあります。
発症年齢は、中齢以降であることが多いのですが、数ヶ月齢から発症することもまれにあります。
膵炎に対する特異的な治療法はないので、脱水や腹痛などの各症状への対症療法が中心になり、
入院による点滴や吐き気止め、痛み止めなどの治療や、合併症がある場合はそれに対する治療が必要になります。

マルチーズちゃんは、入院中ごはんを食べられるようになったとのことですが、
4日後の検査結果を見る限り、まだ入院による集中治療が必要な状態と考えられます。
リパーゼは膵臓から分泌される消化酵素で、膵炎に伴い血中濃度が上昇しますが、
膵炎のみならず他の消化管疾患や腎疾患、肝疾患などにおいても上昇することがあります。
今回は、リパーゼやC反応性蛋白が上昇していることから、マルチーズちゃんは膵炎が重度であるか、
もしくは合併症が起きている可能性も考えられます。

膵炎の重症度や合併症については、詳しい血液検査や画像診断などで把握し、
状態をよくモニタリングしていくことが大切です。
重度の膵炎では、入院期間は長期になることがよくあり、状態が改善し、
食事をとれるようになるまで、入院は必要になるかと思います。

マルチーズちゃんの急な症状に、ご心配なことも多いかと思いますので、
ぜひ、かかりつけの先生に、ご心配ごとや今後の治療方針などについて、
しっかりご相談していただくことをお勧めいたします。

それでは、今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



血液検査でANP診断

投稿者:ウィリアム

投稿日:2018/06/24(Sun) 20:18

No.5344

コーギー 2歳4か月 オス 体重11キロ前後

血液検査でANP診断されました。
クスリ フォルテコール錠5rを処方

詳しい診察を受けたいと思います
どのような診察を受ければいいのでしょう

Re: 血液検査でANP診断

- 獣医師 芹川

2018/06/27(Wed) 10:49

No.5348

ウィリアム 様

この度は、ご相談いただきまして、誠にありがとうございます。

ANPは心房(心臓の4つの部屋のうち上の2つ)の壁に負荷がかかったときに合成・分泌されるホルモンで、
心房内の圧力によって心房筋が伸展することで上昇します。
したがって、僧帽弁閉鎖不全症や三尖弁閉鎖不全症など心房負荷をおこす病態が存在すると高くなります。
また、ANPを測定することによって心不全や腎不全の重症度を調べることができます。

さて、心臓の病気はレントゲンや超音波検査、心電図検査で精査することができます。
レントゲンでは心臓の大きさや形、位置を知ることができ、
同時に心臓病と密接な関わりのある肺の様子も確認できます。
超音波検査では心臓内の血液の流れや心臓の壁の厚さ、心房の大きさなどを評価することができます。
また、心電図では心臓に流れる電気の流れを知ることによって不整脈や心拍数を調べられます。

いずれにしても、病態の進行の程度を知ることは重要なことです。
今後の治療方針については、各種検査の結果や状態によっても異なりますので、
かかりつけの先生とよくご相談ください。

それでは、今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



耳の中に白い斑点

投稿者:マーゴ

投稿日:2018/06/23(Sat) 21:08

No.5342

ペルシャスコティッシュMIXです。
気付くと右耳の中の出っ張り部分に不揃いの白い斑点が、びっちりありました。
頭の毛を掻き分けると、頭の皮膚にもびっちりあります。
凹凸はありませんし、痒がる様子もありません。
左耳の中はありません。
前はありませんでした。皮膚病でしょうか?
また、最近やたらと飼い主がいない時に、しっぽの毛をむしっています。
太くて立派な尻尾が小さくすかすかになりました。関係あるでしょうか?

Re: 耳の中に白い斑点

- 獣医師 黒澤

2018/06/26(Tue) 17:40

No.5346

マーゴ 様

この度は、ご相談いただきまして、誠にありがとうございます。

さて、一般的に耳に見られる斑点としては、フケや角質、細菌や真菌などの感染、できものなどが考えられます。
また、皮膚や耳介に痒みや赤み、腫れ、脱毛や外見的な異常があると、皮膚炎の可能性もあります。

フケの場合は皮膚の乾燥や炎症で見られることが多いですが、治療が必要かどうかを確認する必要があるでしょう。
白い斑点ができている原因によっては、現在より広がってきたり、痒みなどその他の症状が出る可能性もありますので、
一度受診されることをおすすめいたします。

それでは、今後ともアニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



子猫の血液検査

投稿者:ねこさん

投稿日:2018/06/21(Thu) 15:01

No.5339

2か月の子猫を飼っています。
保護した後に病院に行った際に多頭飼いではないので
血液検査はしなくてもいいとのことでエイズや白血病の
有無は調べていません。
これは大丈夫なのでしょうか。
またワクチンの接種を一度していて二度目の接種は未接種です。
一度目のワクチン接種の後はじめは元気だったのですが、
家に帰ってしばらくしてから猫が震えていて元気が少しありませんでしたが
しばらくすると元気そうだったので、病院に連れて行きませんでした。
いまさらですがこれは大丈夫だったのでしょうか。
副作用の話などはなかったのでいまさらながら心配になってしまい
質問しました。
宜しくお願いします。

Re: 子猫の血液検査

- 獣医師 明永

2018/06/22(Fri) 18:04

No.5341

ねこさん 様

この度は、ご相談いただきまして、誠にありがとうございます。

ウイルス検査に関しましては、かかりつけの先生のご指示にもありますように、
多頭飼育でないのであれば必須のものではないかと思います。
今後、新しいネコちゃんをお迎えになる場合や、何かしらの不調が続く場合は、
基礎疾患としてウイルス保有の有無を調べることが必要になるかと思います。

また、ワクチン接種は、体に弱毒化した病原体を入れることになりますので、副反応として発熱や消化器症状、
蕁麻疹などの一過性の症状が出たり、何となく元気がないような状態になることはあります。
これらは通常、時間の経過とともに落ち着くことが多いです。体が免疫を作る過程の反応とお考えいただければと思います。

まれにアナフィラキシーという急性症状がおこることがありますが、一般的に接種後数分から数時間後に
見られることが多く、緊急処置が必要な状態となります。
ねこさん様のネコちゃんの状況は、一過性の反応ではないかと思われますので、現在元気があり落ち着いているのであれば、
様子を見ていただければと思います。

なお、副反応が強くあらわれる場合には、ワクチンのメーカーを変えるなどの対処が必要になることもあります。
次回ワクチンの接種前に、前回接種後の状況をかかりつけの先生に詳しくお伝えの上、ご相談ください。

それでは、今後ともアニコムをどうぞよろしくお願いいたします。