教えて!アニコム損保!しつけ・健康相談 皆様のご質問にお答えいたします。

ご注意

回答までのお時間は3営業日以内とさせていただきます。
緊急を要する健康相談の場合は、すぐに動物病院を受診してください。
直接どうぶつさんのご様子を拝見しておりませんので、一般的なご案内となりますこと、また、投稿フォームにはURLを入力できない設定となっておりますことをご了承ください。

証券番号

  • (記入例:S00123452)

  • ご入力いただいた証券番号は公開されません。

ニックネーム

タイトル

コメント

  • URLはご入力いただけません。

添付File

暗証キー

  • (英数字で8文字以内)

投稿キー

  • (投稿時 投稿キー を入力してください)

文字色

ウンチをいまだに食べちゃう

投稿者:LEO

投稿日:2017/09/03(Sun) 20:57

No.4912

もうすぐ1歳です ウンチを食べちゃう 見てるときは食べないですが 目を盗んで食べちゃう  悪いことをしたらわかっていて隠れたり ごめんなさいのポーズをとります  ウンチにかけて食べない薬や 食事に混ぜるタイプも使いましたが効果なし  とにかく元気で 食欲旺盛 

Re: ウンチをいまだに食べちゃう

- アニコムカウンセラー 澤口

2017/09/05(Tue) 17:03

No.4914

LEO 様

この度は、ご相談をいただきまして、誠にありがとうございます。 

食糞は、ワンちゃんの世界では、それほど珍しいことではありませんが、
一般的な食糞の原因は下記のとおりです。

1.食事の量が適量でない 
2.好奇心や暇つぶし・遊び
3.片付け・隠すため(排泄の失敗を叱られた場合等)
4.注目されたい(過去の経験から)
5.ご飯の匂いが残っている
6.寄生虫感染
7.消化不良         など

食事量も適量で、元気いっぱいであれば、飼い主様の反応を楽しんでいる、
もしくは、かまってほしい等、要求の可能性や、暇つぶしや遊びの対象になっているのかもしれません。

食糞を後から見つけた時も、騒いだり反応しないのがよろしいでしょう。
ウンチに対する執着心があるようであれば、ワンちゃんの気持ちをウンチからそらすようにします。
また、ゆっくり様子を見ていられる時には、「ウンチは食べない方が良いことがある」
ということを伝えるために、ウンチを食べようとした時に、少し離れたところから
ワンちゃんを呼んだり、ボールなどを転がしてウンチから気持ちをそらします。
ワンちゃんがウンチを食べないことを選んで、近くに寄ってきたり、ボール遊びを始めたら、褒めてあげてください。
ウンチより魅力的なご褒美をあげても良いでしょう。
ウンチは気がそれている間に片付けてください。

ウンチに注いでいるエネルギーを他のことで発散させるため、
お散歩の時間や、遊びの時間を少し増やしてみるのも良いかもしれません。

また、例えば大きな音等、ワンちゃんが嫌いなこと、苦手なことがあれば、
ワンちゃんがウンチを食べようとした時に、そのことが起こるようにします。
ワンちゃんは、自分がしたことの前後に何があったかを覚えていますので、
繰り返し続けていただくことで、ウンチを食べなくなる可能性があります。

ワンちゃんは、飼い主様の気持ちに敏感ですので、あせらず、根気良く、
何がLEO様のワンちゃんにとって効果的か、様子を見ていきましょう。

今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



猫の腎臓結石

投稿者:ゆき

投稿日:2017/09/02(Sat) 23:02

No.4911

初めまして5月で満7歳になったアメリカンショートヘアの男の子です。
春頃にストルバイトと診断され、尿に潜血反応がありましたので、フードとウロアクトで経過観察していました。
再度、尿を持って行くと膀胱は綺麗になっていましたが潜血反応が相変わらずあったのでレントゲンと血液検査をしたら腎臓に石が有ることが分かりました。
尿タンパク7、尿素窒素24.5、クレアチニン1.4、リン4.8ヘマトクリット44.3、ヘモグロビン14.1と数値は異常なしでした。お医者さんは結石は溶けないし小さくもあるので手術するか悩むところですね、と診断されました。
腎臓の手術は腎臓の機能の低下につながるらしく、なるべく手術は避けたいのですが詰まってしまうと怖いのでどうしたらいいのか悩んでいます。
本猫はフードもしっかり食べオシッコも一日二回しっかり出ますしこのまま経過観察してもいいのでしょうか。アドバイスを宜しくお願い致します。

Re: 猫の腎臓結石

- 獣医師 山ア

2017/09/05(Tue) 16:57

No.4913

ゆき 様

この度は、ご相談をいただきまして、誠にありがとうございます。

【尿路結石とは】
尿は腎臓で作られ、尿管を通って膀胱に貯まり、尿道を通って排尿されます。
尿が通る経路を尿路と言い、尿路結石とは尿路にできる結石の総称です。
尿には余分なカルシウム、リン、マグネシウム等のほか、体に不要な代謝産物などの老廃物が溶け込んでおり、
尿はそれらを運搬して排泄させる役割を持っています。
この尿中に溶け込んだ様々な物質が、水に溶けない状態になって尿路に溜まったものが尿路結石です。
尿路結石はその問題を起こす部位に応じて、腎臓結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石と呼び方が変化します。

【尿路閉塞とは】
上流でつくられた結石により、下流の尿路に閉塞を生じるものです。
結石が尿管に落ち込んで尿管結石となり、尿管閉塞を生じて急性腎不全をはじめとする
緊急疾患を引き起こすことがあります。
腎臓結石は両側に同時にできることも多く、特にそれらが同時期に尿管閉塞を起こした場合には、
腎不全による尿毒症などが発症し、命に関わる場合もございます。

【治療について】
小さな結石に対しては定期的な尿検査や超音波検査などで経過を観察することもあります。
血尿や尿路感染症、腎炎、腎機能障害を疑う所見があればそれに応じた治療を行います。
今回、血尿が見られているということなので、結石がどこかで尿路を傷つけている可能性があります。
腎臓結石は大きくなると、腎臓を内側から圧迫して腎機能に悪影響を与えますので、
手術によって摘出が必要なこともあります。

手術のメリットとしては、比較的症状が軽いうちに行うことで、重篤化を防ぎ早期に治療できることが挙げられます。
デメリットとしては、腎機能の低下のおそれがあることや、全身麻酔のリスクなどが挙げられます。

ゆき様はできるだけ手術は避けたいお考えで、先生も手術をするか悩んでいらっしゃるのですね。
小さい結石とのことで、ネコちゃんの様子や検査の結果などが落ち着いているのであれば、
先生とご相談の上、定期的に受診して結石や血液検査、尿検査の経過観察を行うという選択肢もあります。
時間経過とともに結石の大きさの変化があるかなどを観察し、もし大きくなってくるようであれば、
手術すべきか否か、また今後の治療方針について、先生とよくお話いただくのも一つの方法かと思います。

今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願い申し上げます。



腸内フローラの年齢について。

投稿者:チロ

投稿日:2017/08/29(Tue) 15:02

No.4909

お世話になります。
先日、腸内フローラの結果が出まして
実年齢より2.1歳も高い結果となりました。

普段は、一度もお腹を壊した事もなく、便通も一日
2〜3回あり、硬さもちょうど良い感じですので、

私の食事管理は、万全と思い込んでおりました。

結果を見て びっくりして、ベットの体を心配して
毎日悩んでおります。
できるだけ、健康で長生きして欲しいので、
今後、腸内フローラが今より
良い状態に戻すには、
どのような食事管理をしていけばよろしいでしょうか?
フードは、ドライのもの3種をミックスして
あげています。
また、ご褒美に、ヨーグルトを小さじ2杯と、
牛乳を小さじ2杯だけ、おやつは、
犬専用の無添加ボーロをたまにあげています。

宜しくお願い申し上げます。

Re: 腸内フローラの年齢について...

- 獣医師 霍田

2017/08/30(Wed) 17:23

No.4910

チロ 様

この度は、ご相談をいただきまして、誠にありがとうございます。

腸内フローラとは、ヒトやどうぶつの腸に生息している腸内細菌を指します。
ヒトでは近年、大きな注目を集めています。
現状、どうぶつの腸内フローラについてはあまり研究がされていませんが、
ワンちゃんの腸内細菌のバランスを整えることは、健康のためにもよいと考えられています。

この度は、「腸内健康年齢」が実年齢より高い結果となったため、ご心配なさっているのですね。
腸内フローラには個体差がありますが、食事の他にも、ストレスや疾患、投薬、
また暑さのような環境ストレスなど、様々なものから影響を受け、日々変動します。

また、便の1箇所だけ採便ブラシでこするなど、便の一部だけから採取することで
測定結果に誤差が出ることもあるようです。
そのため、今回の測定結果のみで、必ずしも腸内環境が良くないとは言えないでしょう。

どのようなものを与えると腸内環境が改善されるかは、現状では残念ながらわかっていませんが、
アニコムでは腸内フローラに多様性を持たせることが良いのではないかと考えています。
多様性とは「多くの個性によって構成すること。形式や種類が多くあるさま。」という意味を持ちます。
腸内フローラの多様性を持つとは、腸内フローラを形成する細菌の種類が多くあるということを意味します。

多様性を持たせるには、一般的にはヨーグルトやオリゴ糖、
食物繊維が含まれる野菜や果物をとることが有効であるとされます。
例えば、無糖のヨーグルトと一緒に、バナナや、すり下ろしたリンゴなどを
少量試してみるのもひとつの方法かと思います。食物繊維はとりすぎるのも望ましくないので、ご注意ください。
また、いわゆる善玉菌を増やすといわれるサプリも市販されておりますので、お試しになっても良いかもしれません。

ただ、ワンちゃんによっては体に合わなかったり、食べ慣れないものでお腹を壊してしまうこともあります。
もし新しいものを与える場合は、今までの食事の総量を超えないようにしていただき、
その後のワンちゃんの様子や体重、便の様子などに変化がないか注意してください。

その他、ワンちゃんにとって運動量が足りなかったり、お留守番が多い、
もっと遊んでほしいなどの欲求不満がストレスになり、腸内環境に影響を与えることもあります。

また、「腸内健康年齢」は、加齢や健康と関係があると考えられる3項目を元に、
あくまでもアニコムが独自で算出した指標であるため、病気になるリスクを示しているものではございません。
ワンちゃんが元気で過ごせることが一番大切ですので、健康状態が良好で、便の回数や形状なども問題ないのであれば、
必ずしも今の食事内容を変える必要があるとは言えないかと思います。

今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



夜鳴き

投稿者:ロック

投稿日:2017/08/24(Thu) 14:53

No.4905

ここ一ヶ月の間に数回 夜中から朝方にかけて クンクン鼻を鳴らし ゲージから出ようとしたりすることがありました。運動不足かと 散歩も増やしたり 夜泣いた時に外に出しておしっこさせたりしましたが 昨夜もまた鳴きました?昼間はいつも通り元気で 普通です。なにか理由があるのでしょうか

Re: 夜鳴き

- アニコムカウンセラー 能登

2017/08/28(Mon) 18:05

No.4908

ロック 様

この度は、ご相談をいただきまして、誠にありがとうございます。
ワンちゃんが、夜間に鼻を鳴らしたり、ケージから出ようとすることについてのご相談ですね。

ワンちゃんが上記のような行動を取る場合、考えられる原因としては、生理的な欲求・甘えなどからの要求、
周囲の物音が気になる・体調によるもの等が挙げられます。
ロック様のワンちゃんは、体調も悪くなく、お散歩も増やしていらっしゃるとの事ですので、
「体調によるもの」に関しては当てはまらないのかもしれません。

もし、「鼻を鳴らすこと」や「ケージを出ようとする事」を、要求を叶えるための手段として学んでしまった場合には、
ワンちゃんは要求が叶うまで頑張ることが多いです。そして、根負けして要求を叶えてしまうと、「頑張った甲斐があった」と
ますますその手段に固執します。
この場合、根負けせずに無視をして、「鼻を鳴らしても、ケージから出ようとしても無駄だ」と理解してもらう必要があります。

ただし、夜間ですと、ワンちゃんの出す音の大きさによっては無視が難しいこともあると思います。
まずは、お腹いっぱいで心地よい疲れの中でぐっすり休めるように、夜ご飯の時間や回数、ワンちゃんと遊ぶ時間帯や
散歩の時間帯などを見直してみても良いかもしれません。
また、就寝前に排泄を促し、周囲の様子が気になる場合は、就寝時にはケージに薄い布をかぶせて、周囲を気にせずに
休める環境を作ってあげるのも良いでしょう。

そして、普段の生活の中で、ワンちゃんが落ち着いて一人遊びをしているなど、良い状況の時に、
褒めてあげることを続けましょう。
また、ワンちゃんの要求を叶えてあげる時には、まず、「オスワリ」などの指示をして、それに従った事を褒めてあげて、
その後に要求を叶えてあげましょう。
「落ち着いて過ごしている時やロック様の指示に従うと良い事がある」とワンちゃんに理解してもらうことも大切です。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での
しつけ・健康相談サービスをうけたまわっております。
気がかりなことがございましたら、お気軽にご利用ください。

●あんしんサービスセンター 
0800 - 888 - 8256
平日 9 : 30 〜 17 : 30 / 土日・祝日 9 : 30 〜 15 : 30(年末年始を除く)
※土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



散歩中の出来事

投稿者:wan

投稿日:2017/08/23(Wed) 20:38

No.4904

3歳のラブ(女・去勢スミ)についてです。
以前からでしたが、ここ最近になりひどく散歩中に電柱の臭いをかぎまくるようになりました。
そして興奮。走り出す勢いの時も。そんな時に他のワンちゃんに会うと興奮はマックスに。
気になる臭いの方に行こうとする事もあり、地面に這いつくばり、ためしにわんこの行きたい方へ足を向けると
歩く状態です。そして先日、いつものように興奮しながら歩いて30分ほど歩いた後、2〜3回休息をとる様子が見られました。最近このようなことが多くあります。舌の色は問題なく、咳もなし。肉球が白っぽく感じましたが
水でぬらすと黒くなりました。食欲もあり、体重は変わりません。去勢手術の際の検査やそのあとも写真を撮る機会があったのですが心臓は問題なし。(去年1月くらい)ドッグランでは前ほど走らなくなり(ちょろちょろして喜んではいます)3歳になり落ち着いたのかなと思ったのですが、疲れやすくなったのが心配です。ただ、引っかかるのが、子犬がきてなにかと1番に対応するようになり、精神的なものもあるのだろうかとも思ったりします。あと、散歩中の出来事は家族で私だけのようなのです。(少し休もうとしたことがあっても、首輪を引くと歩く)ケージは別々で仕切りも作り、散歩も別々。1日2回ほど部屋で2匹を遊ばせるのですが、このときはドッグランでのおとなしさはなく、部屋の中を走り回り、がうがう激しいのです。1度病院には連れて行こうとは思うのですが、病気じゃない場合、精神的な面でもこのようなことが起こりうるのでしょうか。
また、別件になりますが、わんこの行きたいとこに自由に歩かせることはやはり問題があるのかと思うのですが、色々拝見したところ、臭いかぎの件は意見が分かれているように思います。実際にはどうなのでしょうか。
病気、精神面、個体差、年齢による落ち着き、何が考えられるでしょうか。

Re: 散歩中の出来事

- アニコムカウンセラー 澤口

2017/08/28(Mon) 17:15

No.4907

wan 様

この度は、ご相談をいただきまして、誠にありがとうございます。

早速ですが、ワンちゃんの嗅覚は、人間より約1000倍〜1億倍も優れており、特に動物の発する匂いには敏感だと言われております。
匂いを嗅ぐのはワンちゃんの習性で、お散歩中に電柱や草むら等の匂いを嗅ぐのは、他のワンちゃんのおしっこの匂いから、
自分のテリトリーが荒らされていないかを確認する目的もありますが、嗅ぐ頻度や嗅いだ時の反応には個体差があります。

wan様のラブちゃんが、以前にも増して、散歩中の匂い嗅ぎにより興奮するようになったとのことですが、
子犬ちゃんを迎えられたことも、きっかけの1つとして考えられるかもしれません。
他にも、例えば、お住まいの地域に新しいワンちゃんがいたりすることでも、よく匂いを嗅ぐようになる場合もございます。

3歳のラブちゃんにとって、今までは自分とwan様ご家族様が暮らしていたテリトリーに、突然知らないワンちゃんがやって来て、
これまでの生活が変わってしまうのではないか等、不安な気持ちや、敵対心を抱いている可能性があります。

そのため、まずは、3歳のラブちゃんに、子犬ちゃんも家族(群れ)の一員で、
テリトリーを脅かす存在ではないことを認識させることが大切です。
お散歩、ご飯、声掛け等、基本的には全て先住のラブちゃんから行うことで、wan様の愛情は今までと変わらないこと、
お家も安心して過ごせる場所であり、順位も子犬ちゃんより優位であることを行動で示してあげましょう。

また、ラブちゃんが好きなことや喜ぶことを、あえて子犬ちゃんがいる時に行うことで、
「子犬ちゃんがいると良いことがある」と感じ、次第に好意を持つようになります。
ある程度、順位が明確になることで、2頭の関係も安定していくでしょう。

たしかに、散歩中の匂い嗅ぎについて様々な意見がありますが、匂いを嗅ぐことで安心感を得ていたり、
ストレスを発散している場合には、過剰に制限する必要はないかと存じます。

ただ、落ち着いて散歩ができるよう、臭いを嗅ぎそうな場所が近くなったら、遊びの一貫として楽しく走りながら通り過ぎてみたり、
おやつやフードを使って、歩きながら名前を呼んだり声をかけたりして、ラブちゃんの視線を上に誘導します。
そして、おやつに注目させたまま歩かせ、その場を通過できたらご褒美をあげることで、
上を向いてお散歩すると良いことがあると教えてあげるのも一つの方法です。

今は、テリトリーへの意識が高まっていて、他のワンちゃんに対して過敏に反応している可能性がありますが、
リーダーであるwan様が落ち着いた態度で接することが大切です。
また、ラブちゃんの行きたい方へwan様がついて行く状況は、ラブちゃんがリーダーの役目を負うことになりますので、
wan様が前を歩いてラブちゃんを誘導してあげましょう。

ラブちゃんは、ドッグランで前ほど走らなくなったとのことですが、食欲もあり体重変化もないとのことで、
成長による落ち着きも考えられますが、性格や個体差もありますし、興奮してお散歩することによる
疲れも多少なりとあるかと思います。

受診もお考えいただいているとのことで、健康状態に問題がない場合は、wan様の主導で適度に休憩を取っていただけたらと存じます。

アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での
しつけ・健康相談サービスをうけたまわっております。
気がかりなことがございましたら、お気軽にご利用ください。

●あんしんサービスセンター 
0800 - 888 - 8256
平日 9 : 30 〜 17 : 30 / 土日・祝日 9 : 30 〜 15 : 30(年末年始を除く)
※土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。