教えて!アニコム損保!しつけ・健康相談 皆様のご質問にお答えいたします。

ご注意

回答までのお時間は3営業日以内とさせていただきます。
緊急を要する健康相談の場合は、すぐに動物病院を受診してください。
直接どうぶつさんのご様子を拝見しておりませんので、一般的なご案内となりますこと、また、投稿フォームにはURLを入力できない設定となっておりますことをご了承ください。

証券番号

  • (記入例:S00123452)

  • ご入力いただいた証券番号は公開されません。

ニックネーム

タイトル

コメント

  • URLはご入力いただけません。

添付File

暗証キー

  • (英数字で8文字以内)

投稿キー

  • (投稿時 投稿キー を入力してください)

文字色

ペットホテルについて

投稿者:エースママ

投稿日:2012/11/23(Fri) 20:23

No.1778

年末年始に初めて3泊、11月に1歳になったばかりの愛犬を預けることになりました。動物病院併設のホテルと、一般のホテルどちらがいいのか?迷っています。ホテルの衛生管理などで、なんらかの感染症にかかることもあると聞いて心配です。どのような基準をもとに選んだらいいのか?また、帰宅後、なんらかの健康検査をしたほうがいいのでのでしょうか?(ベンや尿、血液、皮膚など)。今までとても健康で過ごしてきたので、ホテルに預けたことで何らかの病になることがあってせっかくの旅行も心配で楽しめない思い心配です。
ご教授お願い致します。

Re: ペットホテルについて

- 獣医師 山田

2012/11/27(Tue) 17:14

No.1783

エースママ 様

この度はご相談を頂きまして、誠にありがとうございます。
エースママ様におかれましては、年末年始に1歳になったばかりの愛犬ちゃんを預ける事となり、
動物病院併設のホテルか一般のホテルかで迷っていらっしゃるとの事ですね。
お問合せにつきましてご案内させて頂きますが、一般的なご案内となりますことを何卒ご了承ください。

ご存知の通り、ペットの預かりサービスを行っている施設には、
専門のペットホテル、ペットショップやトリミングサロンなどに併設のペットホテル、
動物病院併設のペットホテルなどがございます。
それぞれの施設により、受けられるサービスや特徴が違いますので、
事前に確認をしておいた方が良いでしょう。
特徴や評判については、ご近所の方に評判を尋ねてみたり、
ネットで調べてみたりすると、いろいろな情報が得られますが、相性が最も大切なポイントです。
気軽にお散歩がてら愛犬ちゃんを連れて寄ってみて、それとなく様子を見てみるのも良いでしょう。

ペットホテルを選ぶ際のポイントとなる点がいくつかございます。
以下にご案内するような点を確認していただき、愛犬ちゃんに最も合ったタイプのホテルを
選んであげて下さい。

1. ケージタイプか個室タイプか
一般的なペットホテルはケージタイプですが、最近個室タイプのホテルも
増えてきているようです。多頭飼いの場合やケージでじっとしていることが苦手なワンちゃんなどは、
個室タイプを利用してみても良いでしょう。 
ただし、料金はケージタイプに比べると高くなるところが多いようです。
どちらのタイプも、感染症対策や空調管理が適切に行われているかをチェックしておきましょう。
2. 食事について
日頃から環境の変化に敏感であったり、食べ慣れない物を食べるとお腹の調子を
崩したりしやすい子の場合には、普段与えている食事を持参して与えるほうが望ましいことも
あります。家で与えている食事を持ち込むことができるかを確認してみましょう。
3.散歩
毎日の散歩が楽しみであったり、エネルギー発散のために欠かせなかったり、
外でしか排泄をしないワンちゃんなどの場合、ペットホテルに滞在中の散歩については、
重要なポイントです。
散歩を行うかどうかは、施設によって異なり、外での散歩はしないけれども、 
施設内にドッグランなどがあり、運動や排泄はそこで行うという場合もあります。
また、施設の外へ散歩に連れて出る場合、ワンちゃんの逃亡や事故を防止するために
どのような対策を行っているか(二重リードの使用や、複数人数での大型犬の散歩など)についても
よくチェックしておきましょう。
4.夜間 
24時間施設にスタッフが常駐している場合もありますが、夜間は人が不在となる施設もあります。
何かしらの持病がある子の場合など、夜間の急変が心配されるときなどは、夜間もスタッフが
常駐しているペットホテルを利用すると安心でしょう。
5.病気になった時の対応
ペットホテルという慣れない環境ですから、普段は元気な子であっても体調を崩してしまう
ことがないとはいえません。
動物病院に併設されたペットホテルであれば、すぐに獣医師さんの診察と処置が受けられます。
動物病院の併設でない場合も、万が一、具合が悪くなったときに、どのような対応をするのかを
よく確認しておきましょう。
6.動物取扱業の登録を確認
動物愛護管理法では「業として、動物の販売、保管、貸出し、訓練、展示を行う場合は、
動物取扱業の登録を受けなければならない」と定められており、ペットホテルも「保管を目的に
顧客の動物を預かる業者」として、「都道府県知事または政令市の長の登録を受け、
動物の管理の方法や飼養施設の規模や構造などの基準を守ること」が義務付けられています。 
ペットホテルを選ぶ際には、必ず動物取扱業の登録を受けているかを確認しましょう。

また、愛犬ちゃんが安全・快適にペットホテルで過ごすために、事前に行っておいて
いただきたいことがございます。
まず、ペットホテルはたくさんのどうぶつ達が集まる場所ですので、伝染病予防のワクチン接種を
必ず受けておきましょう。
ワクチン接種後伝染病に対するきちんとした免疫力がつくまでは1週間ほどかかりますので、
時間に余裕をもって受けるようにしましょう。
ホテルの利用に動物病院発行のワクチン接種証明書の提示が必要なところが多いようです。
接種後、必ずワクチン接種証明書をもらって保管しておきましょう。
また、ノミ・マダニ予防に関しても、季節や環境によってはペットホテルで過ごす間に
感染してしまうことも考えられますので、なさっていただいたほうが良いでしょう。
事前に検便や健康診断を受け、体調を整えておくことも大事でしょう。

もしご家族と離れてのお泊りが初めてなのであれば、
ご家族と離れてペットホテルで過ごすことに慣らしてあげるために、
数時間から半日程度、お試しで預けてみるのもよろしいでしょう。
その際、ペットホテルのスタッフの方と遊んでいただいたり、おやつを与えていただいたりして
ペットホテルの印象をよくしておくことで、
愛犬ちゃんも安心してお泊りができるようになると思います。


ワンちゃんによっては慣れない環境で飼い主さんと離れて過ごすことに緊張して体調を崩してしまう
こともございます。特に多いのはストレス性の胃腸炎ではないかと思います。
ホテルから帰宅後、体調不良(嘔吐・下痢・食欲不振など)があるようでしたら、
動物病院さんを受診し、必要な検査を受けていただいた方がいいでしょう。
また、伝染病に関してはホテル中に感染する可能性もゼロではございませんが、
伝染病予防のワクチン接種をしていた場合は軽症で済む事が多いですので、
愛犬ちゃんの予防注射歴を今一度ご確認ください。

飼い主様がワンちゃんを預けることに不安を感じたり、「可哀想」というような素振りを
お見せになると、ワンちゃんも不安を感じて緊張してしまうことがあります。
不安や心配な様子は見せず、楽しそうに旅行に出かけてあげて下さい。
エースママ様が安心して愛犬ちゃんをおまかせできるペットホテルが見つかるとよいですね。
今回のご案内は一般的なものですが、少しでもエースママ様の不安が解消され、
旅行を楽しんで頂けたらと存じます。

時節柄、体調を崩しやすい季節でございますが、お身体大切にお過ごし下さい。
愛犬ちゃんもどうぞお大事になさってください。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、しつけ相談
サービスを承っておりますので、ぜひご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。



おしっこ&かじりぐせ

投稿者:PON太パパ

投稿日:2012/11/19(Mon) 15:57

No.1774

今月で1歳になったばかりの、チワワの雄のPON太ですが、夏まではおしっこを座ってしていました。
しかし、9月に入った頃から少しずつ足を上げながらおしっこをするようになってしまいました。今までは座ってしていたので、はみ出すこともなくトイレは上手にしていました。
だけど最近は完全に足を上げてし、それも真ん中ではなくいつもトイレシートの端っこにします。よって、端っこからおしっこがもれ床に流れてしまいます。下に新聞紙を引いても新聞紙を食べてしまう始末。ちなみに何でも気に入った物があると囓って食べてしまうのも悩みの一つです。
おしっこシートも大きくするとガリガリと破き、見ていないと食べてしまいます。
囓り癖と、おしっこの悩みをどう解決して良いか悩んでいます。
ちなみに、生後5ヶ月で去勢手術をしました。

Re: おしっこ&かじりぐせ

- ドッグライフカウンセラー 三留

2012/11/20(Tue) 16:02

No.1776

PON太パパ 様

冬の足音を感じる頃ですが、
PON太パパ様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
この度はご相談を頂戴致しまして、誠にありがとうございます。
早速ご案内をさせていただきますが、一般的なご案内となりますことをご了承ください。

【オシッコについて】
PON太ちゃんがオシッコをする際に、9月頃から足を挙げてするようになったとのことで
ございますね。
ワンちゃんたちのお散歩の様子をみていますと、他の子のオシッコをした跡の匂いを
嗅ぐ様子がみられますが、ワンちゃんは、オシッコのにおいを介して、
お互いに情報を交換していると考えられています。
私たちが言葉を介してコミュニケーションをとるのと同じように、ワンちゃんにとって
お散歩で他の子の匂いを嗅ぐということは、重要なコミュニケーションの時間であると
いえるでしょう。
また、ワンちゃんにとって、オシッコの匂いを残すということは、自分を主張するという意味もあり、
高いところに匂いを残したいという気持ちは自分の優位性の誇示ともいわれています。
足を挙げてするのは、男性ホルモンからの行動というだけでなく、自分の優位性を示したい
という気持ちの現れだともいえますから、女の子であっても、活発なワンちゃんなどでは
足を挙げてオシッコをする様子がみられます。
あるいは、たまたまシートでオシッコをしたときに濡れていて
気持ちが悪かったというような過去の経験がもとで、足をあげてする癖がついていたり、
多頭で飼っていらっしゃる場合などでは他のワンちゃんやネコちゃんに対して
自分を主張しようとして足をあげているような場合もございます。
ワンちゃんの自己主張を十分にさせてあげるためには、お散歩はとても大事な時間です。
これから寒くなり、PON太ちゃんにとってはお散歩がたいへんな時期ではありますが、
気持ちの良い時間などに、十分お散歩をさせてあげることも大切でしょう。

また、縄張り意識や自己主張をするという意識を和らげるためには、
PON太ちゃんはご家族に率いられる立場であり、
守られているから主張などする必要がないということを
PON太ちゃんに伝えることが重要でしょう。
お家の中はPON太ちゃん中心に回っているのでははく、人間のご家族が中心であると
日常生活の中でしっかりと伝えていただければと存じます。

具体的には、オモチャをもってきて「遊びたい」というときには、「オスワリ」と指示を出していただき、
「指示にしたがったから遊んであげよう」という具合に、PON太パパ様に主導権があるということを
示すようにします。
また、ソファなどにご家族様と座るときには、PON太ちゃんは端か足元に座らせていただくと
よろしいでしょう。ご家族が帰宅なさったとき、挨拶をなさるのは人間のご家族が先、
PON太ちゃんには最後に、「ただいま」と声をおかけになられるとよろしいでしょう。
また、サークルから出していただくときには、「オスワリ」と指示をなさるなど、
PON太パパ様の指示にしたがうと、楽しいことが待っているというようになさることも
望ましいかと存じます。

このようなことに注意いただくうちに、お家の中での足をあげてのオシッコがおさまる場合も
ございます。また、足をあげてオシッコをしたとき、注目されることが嬉しいというような表情が
PON太ちゃんにみられるのであれば、注目したり、声をかけることなく、
知らん顔をなさったほうがよろしいでしょう。
ワンちゃんは、注目されたり、構ってもらったり、騒いでもらうことが大好きですので、
足をあげようとしたとき、ご家族が反応なさることがご褒美になってしまわないように、
PON太ちゃんが足をあげてオシッコをすることに対するご家族のテンションは、
さげるようにしましょう。

排泄行為に関しては、好ましい状態に対して褒めることにより、
その行動が良いものと教えることが大切でございます。
オシッコをするときに、優しく、そっと体の位置をトイレの真ん中に誘導をしていただき、
好ましい位置でオシッコをしたら、褒めてあげましょう。
落ち着いて、堂々と行動なさることで、飼い主様の立場の優位性をしっかりと
示すとよろしいでしょう。

オシッコがはみ出てしまうことで、新聞を置いたら、新聞をかじってしまうとのことでございますね。
床にオシッコが流れてしまわないように、ビニールシートなどを一番下に敷いていただき、
その上に新聞紙やトイレシートを重ねていただき、
一番上に、PON太ちゃんがかじってしまわないものを置くことは難しいでしょうか。
ビニールテープや両面テープをご利用いただき、新聞紙が引っ張り出せないようなさるのも
よろしいでしょう。あるいは、切れ目を入れていただいたビニールシートを置いていただき、
オシッコが切れ目を通して、中にある新聞紙にこぼれるようになさってもよろしいかもしれません。
また、はねてしまうオシッコ対策に、ダンボールや、足をあげておしっこをするワンちゃん用の
囲い付きのトイレなどをご利用いただいてもよろしいでしょう。
大切なことは、PON太ちゃんの行動でご家族が振り回されているような雰囲気を
PON太ちゃんに感じさせないことでございます。
どんなときも、毅然と落ち着いているというところをお見せいただき、
偶然でも良いので上手にオシッコができたときに、褒めていただければと存じます。

【かじり癖について】
PON太ちゃんは1歳になられたばかりとのことでございますね。
お誕生日、本当におめでとうございます。
「可愛いくてたまらないけど、いたずらでたいへん」という頃ではないでしょうか。
好奇心から、いろいろなものをかじって口にいれるということが多いのですが、
かじると、ご家族の皆様が騒いだり、構ってくれると思ってしまっている場合も
中にはございますので、落ち着いて対応いただくことが大切でしょう。
叱る際には、とにかく落ちついて、「今やっていることは悪いこと」ということが
PON太ちゃんにしっかりと伝わるように、低くて、落ち着いた声で「いけない」などと
ご家族でお決めいただいた言葉でしっかりと叱りましょう。
そして、かじるのを止めたら、「今、したことはいいこと」ということが伝わるように
明るい声で褒めてあげましょう。
ワンちゃんにいけないことを教えるときは、
まさに今やっているそのときに、
毅然と、怖い、落ち着いた声で教えることが大切です。
何をしても許したくなるほど可愛い時期だとは思いますが、
PON太ちゃんを守るのはご家族ですので、
いけないこと、いいことをしっかりと教えていただければと存じます。

なお、ワンちゃんには無理に口から出そうとすると、取られまいとあわてて飲み込んでしまう
傾向があります。お口の中のものに執着をしないようにするため、口の中のものを
出したら、良いことがあると教えておくとよろしいでしょう。
例えば、日頃から、ガムなどをお与えになられるとき、今口にしているものより、
よりお気に入りのタイプのガムをお見せになられ、「出して」とおっしゃっていただき、
出したら褒めていただき、交換します。
またしばらくしたら、口から出したものを返すようにすると、
渡したものも返してもらえると思うかもしれません。
ご注意いただきたことですが、
口の中の物を出させようと、口の中に物が入っている状態で好物などを与えてしまうと、
いけないものを口にしたことに、ご褒美を与えてしまうことになってしまい、
よけいに、口に入れる行動を強めてしまうことがございます。
必ず、出したことに対して褒めていただくよう
タイミングにご注意いただければと存じます。
なお、日頃から、PONパパ様がPON太ちゃんの名前を呼び、
PONパパ様の方を振り向いたら褒めていただくことは、
「PONパパ様の言葉にまず反応する」という習慣をつけるという意味で
たいへん重要なことかと存じます。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、お電話でのご契約者様への健康相談、
しつけ相談サービスを承っておりますので、ぜひご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 0800-888-8256(携帯電話・
PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 /土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。


PONパパ様とPON太ちゃんが笑顔に溢れた毎日をお過ごしになられますよう
心から応援いたしております。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願い申しあげます。



ワクチン 副作用

投稿者:アイ

投稿日:2012/11/16(Fri) 23:33

No.1773

こんばんわ、先日2ヶ月のダックス♀のワクチン接種を受けました。1回目のワクチンは6種で今回は獣医師の勧めで7種を受けました。直後は元気よく夕方もいつものようにエサを食べ元気だったのですがその晩抱き上げた際、キャインと鳴き痛がった様子で少し身体が腫れているような感じでおとなしかったです。夜遅かった事もあり一晩様子を見てたのですが翌日にはかわりなく元気で抱き上げても平気でした。ですがどうもろっ骨辺りが腫れている様に感じ病院で見て貰いました。
おそらくワクチンの副作用でしょう、しばらく様子をみてかわらなれば細胞検査も考えましょう。との事でした。
本来はどの程度で腫れは収まるもんでしょうか?
現在ワクチンを打って一週間です。
このまましこりが残る可能性はあるのでしょうか?
その場合やはり手術で取り除かなければいけないでしょうか?
また悪い腫瘍に変化する確率はどれ程でしょうか?

Re: ワクチン 副作用

- 獣医師 山田

2012/11/20(Tue) 13:45

No.1775

アイ様

この度はご相談を頂きまして、誠にありがとうございます。
2ヶ月齢のダックスちゃんが7種混合の予防注射接種後、身体が腫れているというご相談
でございますね。
お問合せにつきましてご案内させて頂きますが、
一般的なご案内となりますことをご了承ください。

まず、ワクチンについて少しお話させて頂きます。
ワクチンとは感染症を予防するために、病原体を無毒化または弱毒化したものを体に接種し、
病原体への抗体(病原体という敵に対して防御する体の働き)を作ることで、
感染症に対する免疫力をつけるためのものです。
混合ワクチンは、ワンちゃんにとって致死率の高いいくつかの感染症に対して免疫力をつけ、
かりに感染しても軽症で済むようにするためのものです。
なおワクチンを接種してから病気への免疫ができるようになるまでには 1 週間から 2 週間かかります。

現在日本では、 2 種混合ワクチンから 9種混合ワクチンまでのいくつかの種類が販売されています。
(犬パルボウイルス感染症に対しては単体のワクチンもあります。)
5 種混合ワクチンには通常、犬ジステンパー、犬伝染性肝炎、犬アデノウイルス感染症、
犬パルボウイルス感染症、犬パラインフルエンザウイルス感染症の予防ワクチンが含まれています。
何種のワクチンを接種するか等については、ワンちゃんの体調やお住まいの地域性などの
さまざまな点を考慮の上、決定することが多いようです。
いずれにせよ、大切なワンちゃんを感染症から守るため、定期的なワクチン接種はたいへん重要です。
ただし、ワクチンには副反応が出る場合がございます。
ワクチンの副作用としては、以下のようなものがあげられます。
@ワクチンへのアレルギー反応
ワクチンに含まれる何らかの成分に対するアレルギー反応で、接種後数分〜6時間くらいまでの間に
症状が出ることが多いです。
症状は顔面の浮腫、掻痒、蕁麻疹、嘔吐、下痢などが多く、
重症な場合にはアナフィラキシーショック(虚脱、血圧低下、呼吸困難、痙攣など)や死亡例もあります。
原因となる成分はいろいろありますが、不活化ワクチンの効果を高めるために添加されるアジュバント
に対するアレルギーが比較的多いといわれています。
5種混合ワクチンに含まれる病原体は生ワクチンといって、アジュバントを必要としないものですが、
7種以上のワクチンに含まれるレプトスピラ(とコロナウイルスの一部)は不活化ワクチンであるため、
アジュバントが添加されています。そのため、それらをふくむワクチンは、5種以下のワクチンに比べて
アレルギー反応が起こる確率が高くなっています。
(アジュバント以外のものに反応して起こるアレルギーもありますので、5種以下のワクチンで
アレルギー反応が起こらないというわけではありません。)

A発熱
ワクチンウイルスに対する免疫反応に伴い一過性の発熱がみられることがあります。
B注射部位の疼痛・腫脹・硬結※
通常は一過性ですが、、1カ月以上腫脹や硬結が残る場合は切除して病理検査が勧められます
※硬結とは、本来は柔らかい組織が炎症や鬱血(うっけつ)などにより硬化することをいいます。
Cワクチン関連肉腫(猫ちゃん)
1,000頭に1頭から10,000頭に1頭の確率で発生するといわれています。
不活化ワクチンに使われるアジュバントに対する過剰な組織反応が原因とされていますので、
生ワクチンでは見られません。


今回、アイ様のダックスちゃんはワクチン接種から1週間ほど経過しているけれども、接種部位が
腫れているとの事ですね。
おそらく上述したようにワクチンの副反応による、接種部位の疼痛・腫脹・硬結が考えられるかと
思います。この腫脹や硬結が残る場合もございますし、時間ともに腫れがひいていく事もございます。
腫れがひくまで1ヶ月くらいかかるワンちゃんもいますので、経過をみていただけたらと思います。
経過観察中にしこりがどんどん大きくなる様子や、ダックスちゃんが気にしている様子が見られたら、
かかりつけの動物病院さんで確認して頂いた方がいいでしょう。
また、悪性腫瘍に変化する確率についてでございますが、
ネコちゃんではワクチン関連肉腫といってワクチン接種部位に悪性腫瘍の発生が報告
されておりますが、ワンちゃんではこの様な報告は聞かれていませんので、
おそらく接種部位での炎症や肉芽反応ではないかと思います。これが悪性腫瘍に変化するかどうかは、
正直わかりかねますので、やはり患部に何か変化(大きくなる、ダックスちゃんが気にして引っ掻くなど)
があった場合には、かかりつけの動物病院さんで細胞診(細胞の検査)などを行ってもらいましょう。

時節柄、体調を崩しやすい季節でございますが、お身体大切にお過ごし下さい。
ダックスちゃんもどうぞお大事になさってください。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、
しつけ相談のサービスを承っております。気がかりなことがおありの際には、お気軽にご利用くださいませ。

お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

今後ともアニコムを宜しくお願い申し上げます。



散歩に行きたがらなくなった

投稿者:masu

投稿日:2012/11/05(Mon) 11:36

No.1754

こんにちは
6才のウェスティ(去勢雄)です。9才の母犬と暮らしています。
10月10日以降,週に1〜2回程散歩に行きたがりません。
散歩は朝6時頃の1回で,夜はケージの中で寝かせていますが,朝ケージを開けて呼び掛けても丸まったまま目を開けるだけで出てきません。
散歩に行く時は,何度か呼び掛けていると出てきて,散歩中は他の犬や猫を見かけると興奮してひっぱる元気はあります。

昨年の2月,朝の散歩中に黄色い液を少し吐いて歯茎が白っぽく,ぐったり倒れこんだことがあり(その後通院したら特に異常ありませんでした),散歩に行きたがらない時は無理に連れ出していません。

食欲はあり,体を触っても特に痛そうにはしません。朝は歯茎や瞼の裏が白っぽいようですが,母犬も同じ位の色で散歩に行っています。
時々午後に散歩に行く時は嬉しそうに出掛けます。

皮膚をかゆがるので10月7日からステロイドを服用していますが,他に病気はしていません。
午後の散歩に行った翌朝は散歩に行きたがらないのかとも思いましたが,必ずしもそうではないようです。
今の状態は通院すべきなのでしょうか?それとも息子犬のわがまま(?)にさせずに散歩に行かせるべきか,行きたがらないときは行かせなくていいのか...
アドバイスをよろしくお願い致します。

Re: 散歩に行きたがらなくなった

- 獣医師 岸田、ドッグライフカウンセラー 三留

2012/11/06(Tue) 17:49

No.1756

Masu 様

この度はご相談を頂きまして、誠にありがとうございます。
6才のウェスティちゃんが、週に数回散歩に行きたがらない様子が見られる
とのことでございますね。お問合せにつきましてご案内させて頂きますが、
実際のご様子を拝見していないため、一般的なご案内となりますことを何卒ご了承ください。

以前は喜んでお散歩に行っていたワンちゃんが、急に散歩に行きたがらなくなる原因として
一般的には、以下のような原因が考えられます。
1.足腰が痛い、だるいなど、どこか調子がよくないという身体的理由
2.怖い思いをした、痛い思いをしたなど、散歩に行きたくなくなるような経験をしてしまった
などの精神的理由

ウェスティちゃんは、特に体調が悪いということはないようにお見受けいたしましたが、
それでも、まずは、かかりつけの病院さんで、お散歩に行きたがらなくなるような
身体的な原因がないかどうかを診ていただくことをお勧めいたします。
もしどこかに痛みや不快感などがあってお散歩に行きたがらないのであれば、
治療を受けることによってまた前のように楽しくお散歩に行けるようになるかもしれません。
また、歯茎や瞼の裏が白っぽく見えることがあるとのことでございますね。
個体差がありますのでワンちゃんによって全く問題ない可能性もありますが、
中には、何らかの病気に伴ってそのような様子が見られる場合もないわけでは
ございません。まずは、ご安心のため、この点についても
併せてご相談いただくとよろしいでしょう。
また、10月7日からステロイドを服用されているとのことですが、
ワンちゃんによってはこのステロイド剤で、倦怠感や呼吸が速くなるなどの症状が
でる場合もあるようです。この点についてもかかりつけの病院さんに
確認されてもいいかと思います。

受診いただいた結果、特に治療を必要とするような身体的な原因がないようであれば、
何か怖いことや、びっくりしたことがあったのかもしれませんね。
お散歩は飼い主様とワンちゃんたちがコミュニケーションをとりながら楽しむための
ものであり、いずれの原因にしても、嫌がるワンちゃんを無理に散歩に連れて行く必要が
あるものではありませんので、現在masu様がなさっていらっしゃいますように、
行きたがらない時は無理に連れ出さなくてもよいと思います。
ただ、お散歩は運動不足やストレスの解消、気分転換にも重要で、健康維持のためにも
とても役に立つものですので、
できるだけ、ワンちゃんが毎日楽しんでお散歩に行かれる状況にしてあげたいですね。

また、嫌だと意思表示をすれば、ママは思う通りの行動をしてくれるということで、
主導権がウェスティちゃんにあるように見えてしまうことも懸念されます。
体調に問題がないということを確認いただいているのですので、
楽しそうな雰囲気でお散歩に誘っていただいたり、
置いていくよ、とお母さんのウェスティちゃんを誘って先にいらっしゃる振りをなさったり、
あるいは抱っこをしてでもよろしいので、お連れになられてはいかがでしょうか。
一歩でも二歩でも歩いたら、褒めてあげていただき、
楽しそうに声をかけてあげましょう。

また、ある場所に行くと立ち止まったり、恐怖を感じている様子があれば、
無理をなさらず、対象となる物や事柄を、ウェスティちゃんの好きなものを関連付けながら、
少しずつ慣らしていきます。
例えば、あるお家のワンちゃんにほえられたことが恐怖として残っているのであれば、
そのお宅のある程度近くではあるけれども、まだ反応を示さないくらいの場所で、
そのあたりで、楽しく遊んであげてもよろしいでしょう。
ある程度、なれて来たら、その場所に近づいたら、
オスワリをさせていただき、落ち着かせていただき、フードやオヤツを与えるなど、
嬉しいことを経験させてあげましょう。

また、masu様はなるべく心配そうな表情はみせず、今までと変わらない生活を
なさるほうがよろしいでしょう。
どんなときも、ママは、あなた達を率いていくので、安心しなさい、という落ち着いて
毅然とした表情でワンちゃん達を見守ってあげてください。

時節柄、体調管理が難しい頃ですが、
masu様におかれましては、くれぐれもお体ご自愛ください。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、しつけ相談
サービスを承っておりますので、ぜひご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。
今後とも、アニコムをよろしくお願い申し上げます。



Re: 散歩に行きたがらなくなった

- masu

2012/11/13(Tue) 22:21

No.1770

ご回答頂きありがとうございます。
アドバイス頂いたように散歩に持って行こうとフードを準備していると喜んでケージから出てくるようになりました。
最近少し単調な散歩になっていたようなので,フードの他にも楽しみを見つけながら散歩したいと考えています。
今後もよろしくお願い致します。



Re: 散歩に行きたがらなくなった

- 獣医師 岸田 ドッグライフカウンセラー三留

2012/11/14(Wed) 16:21

No.1772

masu 様

この度は、ご丁寧にウェスティちゃんのその後の嬉しいご様子をお教えいただきまして、
誠にありがとうございます。本当によろしかったですね。
masu様の温かな愛情に包まれ、ウェスティちゃんたちの幸せそうなご様子が
目に浮かぶようでございます。
masu様とワンちゃんたちが笑顔いっぱいの日々をお過ごしになられますことを
心からお祈りいたしております。お気軽にまたお声掛けください。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



腐った食べ物食べた時

投稿者:あーちん

投稿日:2012/11/12(Mon) 22:39

No.1767

私の犬が、腐った何の食べ物かわからないんですけど、
ほんっとに臭いも色も腐った食べ物を食べていたんですけど、その場合って病院に連れてったほうがいんですかね(´・_・`)?
ミニチュワダックスフンドなんですけど、

Re: 腐った食べ物食べた時

- 獣医師 山田

2012/11/14(Wed) 15:31

No.1771

あ-ちん様

この度はご相談を頂きまして、誠にありがとうございます。
ミニチュアダックスフンドちゃんが、腐敗したものを食べてしまったとのことでございますね。
お問合せにつきましてご案内させて頂きますが、実際にワンちゃんのご様子を
拝見しておりませんので、一般的なご案内となりますことを何卒ご了承くださいませ。

ワンちゃんが腐敗したものを食べた際には、いわゆる食中毒の症状が出ることがあります。
一番多いものは嘔吐・下痢・腹痛などの消化器症状となります。
数日経ってから症状を示す子もいますので一概には言えませんが、症状が出るまでの日数は、
腐敗したものを摂取した当日から数えて1日から2日以内に体調不良を示すワンちゃんが
多いかと思います。

またその症状も軽度から重度まで様々で、腐敗したものをどれだけ食べたか、
あるいはワンちゃんの感受性によっても変わってきます。
さらに、食べた内容物によっても出てくる症状が異なりますので、
まずはどのような物が腐敗しており、どれだけ食べたのかを確認して頂いた方がよいでしょう。

人の食べ物であっても、ドッグフードであっても、腐敗しているものを口にすると、
上述のように、胃腸障害が見られる事がございますが、
腐っていなくても、食べたものが揚げ物などの脂分の多いものですと、
消化酵素を分泌する膵臓に負担がかかり、急性膵炎を起こす場合もございます。
鶏の骨や魚の骨などであった場合や、食べ物と一緒に付いている爪楊枝や竹串などを
食べてしまうと咽頭や消化管を傷つける原因にもなります。
また、ワンちゃんは人間の食べ物で中毒を起こす場合もございますので
(チョコレート中毒、たまねぎ中毒など)注意が必要です。
腐敗したものが中毒になるようなものであった場合は、
下痢・嘔吐以外にも様々な症状(流涎、貧血、抑鬱、痙攣など)が出てくることもございます。

治療に関してですが、食中毒に対しては、必要に応じて輸液療法、抗生剤の投与、対症療法を
行います。摂取から時間がたっていない場合は、催吐処置といって摂取した毒物を吐かせる
処置を行い、身体の中から出す方法を行う事もございますが、摂取から時間が経っている場合には、
すでに毒物が体内に吸収されておりますので催吐処置ではなく、点滴治療がメインとなってきます。
膵炎が疑われる場合には、膵炎の検査および治療を行います。
骨や異物の誤飲では、内視鏡や外科的処置による摘出が必要になる場合もあります。

あーちん様のミニチュアダックスフンドちゃんの様子はいかがでしょうか。
上記の様な症状(下痢・嘔吐)や食欲不振、元気消失などいつもと様子が異なるような事は
ございませんか。
食べてるものにもよりますが、念のため、かかりつけの病院さんで一度見て頂く事を
お勧めいたします。また、ワンちゃんは自分で食べていいものと悪いものの区別が
できませんので、お散歩のときも含めて、なるべく腐敗したものや中毒を引き起こすもの、
飲み込んでは危険なものなどが、ワンちゃんの口に届かないような工夫をお願い致します。

寒暖の差が大きく体調を崩しやすい季節ですが、お身体大切にお過ごし下さい。
ミニチュアダックスフンドちゃんもどうぞお大事になさってください。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、
しつけ相談のサービスを承っております。気がかりなことがおありの際には、
お気軽にご利用くださいませ。

お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

今後ともアニコムを宜しくお願い申し上げます。