教えて!アニコム損保!しつけ・健康相談 皆様のご質問にお答えいたします。

ご注意

回答までのお時間は3営業日以内とさせていただきます。
緊急を要する健康相談の場合は、すぐに動物病院を受診してください。
直接どうぶつさんのご様子を拝見しておりませんので、一般的なご案内となりますこと、また、投稿フォームにはURLを入力できない設定となっておりますことをご了承ください。

証券番号

  • (記入例:S00123452)

  • ご入力いただいた証券番号は公開されません。

ニックネーム

タイトル

コメント

  • URLはご入力いただけません。

添付File

暗証キー

  • (英数字で8文字以内)

投稿キー

  • (投稿時 投稿キー を入力してください)

文字色

フードをふやかさないと食べませ...

投稿者:コロの助け

投稿日:2019/07/19(Fri) 09:25

No.5896

6カ月のチワワです。
1カ月以上前から、ふやかしたフードからカリカリへの移行の練習をしてたんですが、カリカリの割合が多くなると食べなくなりました。
最近は全量1分ぐらいふやかした物をあげてます。そしたら完食です。

このまま、ふやかしたフードをあげた方が良いのか、再度カリカリへの移行をした方が良いのか悩んでます。
ちなみにかなりのオーバーショットです。それも関係してるのか…

教えてください。よろしくお願いします。

Re: フードをふやかさないと食べ...

- アニコムカウンセラー 佐藤

2019/07/23(Tue) 15:48

No.5902

コロの助け 様

オーバーショット等の噛み合わせによる影響も考えられますが、ドライフードへの移行時期については、ワンちゃんの様子や成長の度合いなどの
個体差によるところも大きいので、焦らずゆっくり移行していただければ良いかと存じます。

また、ドライフードへの移行方法につきましては、ふやかしたフードにドライフードを混ぜていくという方法の他にも、
全量をふやかす時の時間を少しずつ短くしていく方法もございます。
この方法の場合、ふやかす時間を短くしてみて、食べが悪ければ、一旦、元の時間に戻していただくなど
ワンちゃんの様子をみながら移行していけるので、もしよろしければお試しいただければと存じます。

もし、口の中に入れたフードが噛み合わせ等により口からこぼれ落ちてしまい、食べにくそうにしていることがございましたら、
形状が異なるフードや食器を変えてみるなどの工夫してみるのもよいでしょう。

最後に、オーバーショットのワンちゃんは歯に食べ物がつまりやすく、歯垢もたまりやすいため、
日頃から歯磨きなどのケアも大切ですので、幼い頃から楽しい雰囲気の中で口周りや口の中に触られることへ少しずつ慣れさせてあげましょう。

コロの助け様のチワワちゃんの場合、今は成長期でもございますので、必要な栄養をしっかりることも大切な時期ですので、
チワワちゃんの成長をゆっくりと見守ってあげましょう。

それでは、今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



呼吸をする時にふがふがという音...

投稿者:エリーまま

投稿日:2019/07/18(Thu) 17:06

No.5895

時々、突然鼻で呼吸をする時に「ふがふが」という音がします。
10秒くらい続いて、その後は普段と変わらない様子に戻りますが、何か呼吸器系の病気の前兆でしょうか?
人間で言うと、吸うのと吐くのを同時にしている感じです。

Re: 呼吸をする時にふがふがとい...

- 獣医師 青山

2019/07/22(Mon) 10:46

No.5900

エリーまま 様

呼吸の際に「ふがふが」と音がする場合、一般的には「くしゃみ」、「咳」、「嘔吐の前兆」などが考えられますが、判別が難しい場合もあります。
一般的に、「くしゃみ」や「咳」は呼吸器や循環器の疾患、ホコリや刺激物の吸引などでみられますし、「嘔吐の前兆」については消化器や肝臓・腎臓などの内臓の疾患、異物の誤飲などでみられることがございます。
また、飲水・食事の時、興奮した時などに、突然ズーズーと大きな音を立てて息を急激に吸い込み続ける「逆くしゃみ」も考えられます。
音を発する原因によっては治療を行わないこともありますが、病気が隠れている場合も考えられます。
また、症状が出る前に何かきっかけとなる出来事がないか確認することも診断の助けになる可能性があります。
可能であれば動画を撮影し、診察とあわせて、かかりつけの先生にみていただくことをおすすめいたします。

それでは、今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



犬同士のトラブルについてご相談

投稿者:ベアー

投稿日:2019/07/17(Wed) 06:53

No.5889

健康相談ではありませんが、トラブル対処について法的な情報を提供して頂きたいと思い、ご連絡しました。
先程、近くの河川敷を散歩中、歩道の脇に柴犬を置いたままリードも離して体操をしている男性がいました。傍を通りかかったところ、私の飼い犬が反応し、吠え掛かり飛びついていきました。私はリードを引き戻そうとしましたが、相手の方はリードを掴むこともできず、防御できないまま柴犬は放置されました。その際、私の犬を足で2度程蹴り、防ごうとしたのです。私が引き離したので、結果、少しの接触はあったものの、大きなトラブルにはならなかったのですが、相手の方は非常に腹を立てたようで、『何やってんだ、馬鹿野郎!』等と罵声を浴びせかけてきたので、リードを離していたこと、係留していなかったことの無責任さを訴えましたが聞き入れられませんでした。それ以上、話し合いもできそうにないので、その場を離れましたが、納得いきません。犬が蹴られたことでの障害は今のところ発生していませんが、今後、何か症状が出るのではないかと心配ですし、大きなトラブルに発展したら困ります。相手方の過失となる点と、現時点でできる対処方法がありましたら、専門家の方に相談に乗って頂きたいと思います。毎日通るコースなので、今後も会う可能性があり、その時、何かを要求されることも考えられますので、早急にご回答を頂きたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

Re: 犬同士のトラブルについてご...

- カスタマーリレーション部

2019/07/18(Thu) 14:20

No.5894

ベアー 様

この度は、お問い合わせいただき、誠にありがとうございます。

今回、ベアー様より投稿いただきました件につきましては、保険商品に関わる内容のため、以下の「教えて!アニコム損保!」のNo. 1412 にて回答を掲載しております。
お手数ですが、下記URLよりご確認いただけますと幸いでございます。

●教えて!アニコム損保!
https://www.anicom-sompo.co.jp/ani_bbs/bbs_001/bbs_001.cgi

今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願い申し上げます。



高齢猫の体重減少(餌の量と必要...

投稿者:TW

投稿日:2019/07/09(Tue) 09:10

No.5874

高齢猫、オス、18歳について、ご相談があります。

5月末くらいまでだいたい体重4.1kgくらいを維持していましたが、
6月くらいからカリカリをあまり食べなくなったため、また高齢で便秘気味のため
ウェットフード主体に変え、カリカリを少し混ぜて食べさせるようにしました。
するとご飯の食いつきがよくなったため、
一日でウェット40g、カリカリ12gの計52gを食べるパターンで来ていました。

しかし、7月に入って体重を図ったところ4.1kgから3.79kgに、約300gほど
体重が減ってしまいました。
ただし、食欲はふつう、様子は以前とは大きく変わってはいません。
(高齢のためほとんど動かず一日寝ています。便は平均二日に1回程度)

フードのパッケージやネットの情報を調べたところ、ウェット40g(半缶)
では体重4kgを維持するために必要な一日のカロリー(210kcal)の半分もとれていないことがわかり
ウェットとカリカリの量を増やす方向で調整を始めました。(7月初旬。)

しかし、そんなに食欲が旺盛なわけでもないので、ウェット2.5缶(必要カロリーをとるための量)を
食べさせるのも難しく、
カリカリならば50gで良いのですが、そもそもあまりカリカリを食べないためそれも難しい。

なんとか210kcal近くを摂取させてあげたいですが、量を増やすのも限界があり、
猫にも無理強いするのは良くないかと悩んでおります。

以下にフードや与える量の情報を記載しますのでアドバイスいただけたら幸いです。

○フードの情報
カリカリ…サイエンスダイエットシニアアドバンス(100gあたり402kcal)
ウェット…サイエンスダイエットシニア(1缶82gあたり90kcal)(※1gあたり約1.1kcal)

○6月中の餌の与え方
1回にウェット10g、カリカリ3g。一日4回合計52g。
ちょうど無理なく完食できる量だった。
ただし、(ウェット11kcal+カリカリ12.1kcal)×4回=92.2kcal
必要カロリー210kcalの半分以下

○現在の餌の与え方(7月上旬以降)
1回にウェット15g、カリカリ5g。一日4回合計80g。
朝一回目の食事は良いが、2回目、3回目の食事と回を重ねるごとに
一回に食べる量も減っていき、あまり食べたくなさそうな雰囲気になってくる。
最近は上記の量もお腹いっぱいなのか残す事が多く、完食しない。
エネルギー量的には
(ウェット16.5kcal+カリカリ20.1kcal)×4回=146.4kcal
※6月中と比べかなり必要カロリーに近い値だが、そもそも食欲的にそこまで食べられないのが難点。
※最近は上記量を食べきるのも難しく、全体的に量を微妙に減らして様子見ている。

体重が減らないように多少無理してもある程度のカロリーを摂取させたほうがいいのか、
猫が満足する量を無理なく食べてもらったほうがいいのか、
ウェットオンリーで一日に2.5缶食べさせたほうがいいのか、
カロリーがとりやすいカリカリを、好みに合うものを探していろいろ試したほうがいいのか
アドバイス頂けますと幸いです。
もしくは、高齢なので、体重減少は何か病気の兆候の可能性もあるのか
というところも含め、
一般的なご回答で結構なので宜しくお願い致します。

Re: 高齢猫の体重減少(餌の量と...

- 獣医師 青山

2019/07/11(Thu) 15:35

No.5879

TW 様

老齢のネコちゃんでは、消化機能の衰え、嗅覚や活動量の低下から、食欲の低下がみられることがあります。
嗜好性を高めるための方法として、ウェットフードを人肌程度に温める、ドライフードをぬるま湯でふやかす、トッピングを用いるなどがあげられます。
また、ネコちゃんがたくさん食べられない場合には、少量で十分なカロリーを摂取できる高栄養の補完食の使用や、栄養価の高いドライフードをふやかして主食として与えるなどもよろしいかと思います。
朝はよく食べるなど、食事のタイミングで食欲に変化がある場合には、1日量の範囲内で配分を工夫してみるのも方法の1つです。
なお、ネコちゃんの理想的な体型は、次のような状態とされています。
・肋骨はわずかな脂肪に覆われ、触ることができる
・上部からの観察で、腰になだらかな隆起を感じられる
・横からみると腹部はごく薄い脂肪に覆われ、腰に適度なくびれがある
しかしながら、ネコちゃんの骨格には個体差があり、体重だけで適正な体型かを評価することは難しいため、動物病院で現在の体型をご確認いただくとよろしいでしょう。
その際に、ネコちゃんに合った食事についても相談されることをおすすめします。

また、口内炎や胃腸・肝臓・腎臓など内臓の病気や、甲状腺疾患や糖尿病などの内分泌疾患、腫瘍性疾患などによって、食欲低下や体重減少などがみられる場合や、季節の変わり目で不調になるネコちゃんもいます。
食事管理で体重が増加する可能性もありますが、何らかの疾患が隠れている場合も考えられますので、かかりつけの動物病院で診ていただくことをおすすめいたします。

それでは、今後ともアニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



Re: Re: 高齢猫の体重減少(餌の...

- TW

2019/07/16(Tue) 21:53

No.5888

獣医師 青山様

ご回答ありがとうございました。また、お返事が遅れ申し訳ありません。

主食のウェット&ドライ以外に、合間を見てカロリーが取れるおやつなどもおりまぜ、
エネルギー補給を試行錯誤しております。

また、ドライフードも、何種類か検討し、好みに合うものがあるかどうかも探す価値はあると思うので
試してみる予定です。

ですがおっしゃる通り、高齢ですし、様子が変わらないにしても何かの病気が隠れているかもしれないので
病院で見てもらうことも念頭に置いて行動してみたいと思います。

ご丁寧なアドバイスをありがとうございました。



Re: 高齢猫の体重減少(餌の量と...

- 獣医師 青山

2019/07/18(Thu) 13:16

No.5893

TW 様

この度は、ご丁寧にご返信いただきまして、誠にありがとうございます。

季節の変わり目でございますので、TW様におかれましても、
体調を崩されませんようくれぐれもご自愛ください。

それでは、引き続きアニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



鳴き声

投稿者:きなこ

投稿日:2019/07/16(Tue) 16:28

No.5886

飼いはじめて10日くらいでお散歩に連れて出歩いたあとから、大好きなひまわりの種を食べなくなり、キュッキュッと鳴くことがあります。何をしてあげればよいのでしょうか。

Re: 鳴き声

- 獣医師 宮下

2019/07/18(Thu) 11:37

No.5892

きなこ 様

早速ではございますが、ひまわりの種が大好きということから、ハムスターの様な小型のげっ歯類のどうぶつさんと仮定して回答させていただきます。

大好きなひまわりの種を食べないとのことなので、ストレスや体調不良などで食欲が低下している可能性があるかもしれません。
小型のげっ歯類では、呼吸器疾患や歯科・口腔内疾患、体の痛みなどが原因でキュッキュッと鳴くことがありますので、お早めに動物病院へ受診されることをおすすめいたします。

それでは、今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。