教えて!アニコム損保!しつけ・健康相談 皆様のご質問にお答えいたします。

ご注意

回答までのお時間は3営業日以内とさせていただきます。
緊急を要する健康相談の場合は、すぐに動物病院を受診してください。
直接どうぶつさんのご様子を拝見しておりませんので、一般的なご案内となりますこと、また、投稿フォームにはURLを入力できない設定となっておりますことをご了承ください。

証券番号

  • (記入例:S00123452)

  • ご入力いただいた証券番号は公開されません。

ニックネーム

タイトル

コメント

  • URLはご入力いただけません。

添付File

暗証キー

  • (英数字で8文字以内)

投稿キー

  • (投稿時 投稿キー を入力してください)

文字色

犬のおう吐について

投稿者:RUN

投稿日:2013/03/17(Sun) 19:00

No.1959

カニヘンダックス(♀4か月)が今朝(7時)から食欲が無く(いつもの半分くらいしか食べませんでした)、昼は食事を与えてません(通常は3回/日与えています)。夕方(18時)黄色い泡状液体をおう吐しましたが、いつも通り元気にしています。その後、いつもの量を2回に分けて与えましたが完食しました。
食後、おう吐はありません。空腹時に胃液・胆汁をおう吐する事もあるそうですが、問題ないでしょうか。

Re: 犬のおう吐について

- 獣医師 酒井

2013/03/19(Tue) 12:01

No.1962

RUN 様

この度はご相談を頂きまして、誠にありがとうございます。
カニヘンダックスちゃんが朝から食欲が無く、夕方に黄色い泡状の液体をおう吐したとのことで
ございますね。
お問合せにつきましてご案内させて頂きますが、実際にワンちゃんの
ご様子を拝見しておりませんので、一般的なご案内となりますことを何卒ご了承ください。

RUN 様のカニヘンダックスちゃんが、3月17日の朝から食欲が無く、いつもの半分くらいしか
食べなかったとのことですが、このようなことは初めてのご経験でしょうか。
また、少し前から環境や食事内容、食事量などに変化はございませんでしょうか。
このほかにも、散歩時に何か拾って食べてしまったり、お家で普段食べない物をいたずらして
口にしてしまったりといったことは、ございませんでしょうか。

もし、このようなことが特になく、一時的な食欲不振で朝の食欲が無く胃の中が空になる時間が
長かったために胆汁液が逆流して嘔吐したのであれば、その後2回に分けてお食事を完食できた
ようで元気もおありのようですので、少し様子をみても良いかと思われます。

RUN様は現在も1日3回に分けてお食事を与えていらっしゃるとのことでございますね。
カニヘンダックスちゃんは、まだ4か月の小犬さんですので、消化吸収する機能もまだ成長の途中です。
このような小犬ちゃんの消化のためには、成犬より回数を多く与えることはとても望ましく、
優しいお食事のスタイルをとっていらっしゃいます。
もし、今後も朝から食欲がなく、半分ほどでやめてしまうようでしたら、お昼にいつもの半量程でしたら
食べられるかを試されるのもよいかもしれません。ただし、嘔吐があったり、食べたくない様子でしたら
無理に与えようとするのではなく、胃を休ませてあげる方を優先してあげて下さい。
また、食欲不振などの症状があった場合、その後元気にお食事を食べてくれたとしても
1週間ほどは、消化のよいものを与えるようにして、おやつ類など脂質の多い物、ガム類など
控えられてよく経過を見てあげることが大切です。

RUN様がおっしゃるように、ワンちゃんが空腹時に黄色い液を吐くことは比較的よくみられ、
胆汁嘔吐症候群と呼ばれます。
たとえば、朝ごはんの前など、長時間空腹になっている時に、何らかの原因で胃の運動機能が低下
していると、本来小腸へ流れるはずの胆汁液が胃へ逆流してしまい、
明け方や朝ご飯の前に嘔吐の症状を示すことがあります。
また嘔吐はなくても食欲が落ちてしまうこともあります。

対策といたしましては、胃が空になっている時間をなるべく短くしてあげるということがあげられます。
夕ごはんの時間をもっと遅くしてみる、お休み前にほんの少量フードを与えてみる等をなさると
改善することがあります。
また、それでも改善しないようでしたら、寝る前に胃の運動を助けるお薬を飲ませてあげると
効果的なこともございますので、かかりつけの先生とご相談されることをお勧めいたします。
ただし、1日の食事量が減ったり、食べ物自体を吐く、下痢をするようなことがございましたら、
他の消化器疾患の初期症状とも考えられますので、なるべくお早めに受診されるようお願いいたします。

RUN様のカニヘンダックスちゃんは4ヶ月ということで、毎日の成長が目覚ましく楽しい時期ですね。
この時期は、何にでも興味を示しいろんな物をかじってみたり、思ってもいない物をおもちゃにして
口にしたりする時でもありますので、遊ばせる場所をある程度制限をなさって、
その場所には口にして困るものはおかないなどご注意をいただき、
また嘔吐や下痢などの胃腸の様子にはよく注意をしてあげて下さい。
RUN様とダックスちゃんがお元気で健やかな毎日を過ごされますよう、
いつも応援いたしております。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、
しつけ相談のサービスを承っております。気がかりなことがおありの際には、
お気軽にご利用くださいませ。

お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

今後ともアニコムを宜しくお願い申し上げます。



肝臓の数値と食べ物について

投稿者:しゅーまま

投稿日:2013/03/13(Wed) 17:33

No.1948

1歳11ヶ月のロングコートチワワです。以前から肝臓のなんらかの数値が悪いことが多く、病院で定期的に数値をはかっています。このたび、前回83だったALTが207まであがってしまいました。以前は297の時もあったとはいえ、せっかく正常値近くまで下がったのにまたあがりました。他のGGTなどは逆に正常値の14になりました。なので、たかいのはALTのみです。
今は、療法食を主に食べていますが、それに加えてメディカルハーブ(犬用、肝臓に効くダンディライオン)を毎日0.18グラム、それに体重がすぐに増えるので納豆とか、おからをあげています。たまにブロッコリもあげます。カロリーが低くて影響なさそうだと思いました。馬アキレスや犬用クッキーなどは一切やめました。ですが、病院の先生から、人間用の食べ物(納豆やおから)が原因ではと言われました。
前回の血液検査は1月で、そのときすでに納豆やおから、ブロッコリなどは普通に食べていました。食生活で変わったといえば、メディカルハーブですが、飲んで50日くらいですが、ハーブでここまで数値がはねがる可能性はありますか?
メーカーからはいったんやめて様子をみてはと言われました。また、納豆、おからは影響を及ぼす可能性はあるのでしょうか。薬の処方などはないです。

Re: 肝臓の数値と食べ物について

- 獣医師 酒井

2013/03/15(Fri) 15:32

No.1954

しゅーまま様

この度はご相談をいただきまして誠にありがとうございます。
1歳11ヶ月のロングコートチワワちゃんのALTが高く、お食事やメディカルハーブ等の肝臓に対する影響が
ご心配とのことでございますね。
早速ご案内をさせていただきますが、実際にチワワちゃんのご様子を拝見していないため、
一般的なご案内となることをご了承下さいませ。

チワワちゃんの血液検査で、以前よりALTが高めで、一時期正常値になったにもかかわらず
再度207IU/lまで上がったということですね。
検査機器によって幅はありますが、一般的にALTの正常値はおおよそ100 IU/lくらいまでと
思われます。
正常値から2〜3倍の上昇で軽度の肝細胞病変と関連、5〜10倍で中等度の病変、
10倍以上は著しい肝細胞障害を示していると考えられます。
チワワちゃんのALTは正常値の2〜3倍ですので、軽度の肝細胞病変がある可能性があります。
今のところしゅーまま様のチワワちゃんは血液検査上ALTが高いという以外に、下痢や嘔吐、
食欲不振などの臨床症状はみられませんか?
ALTの上昇のみで症状が特にみられない場合には、栄養バランスのよい食餌管理をして、経過を
見ていくのが一般的です。
また代謝疾患がある場合には、低脂質の食餌、低炭水化物の食餌などに変更してみると肝数値が正常に
戻ることもございます。
今、チワワちゃんは療法食を食べているとのことですので、バランスよく配合された療法食以外に様々な
食品を加えることは、あまり好ましいことではないかもしれません。
理由といたしましては、納豆はタンパクが多くカロリーもあるので、療法食で計算された栄養バランスに、
さらにタンパクやカロリーが加わってしまいます。もちろん発酵食品として肝臓に良いという考え方も
ございますので、一概に悪いとは言えませんが、療法食の効果を最大限に引き出すためには、
他にいろいろ与えてしまうと療法食が有効かどうかの判断が難しくなるというデメリットがございます。
納豆と同様に、ブロッコリーやおからも意外とタンパクが多く含まれている食品です。
馬アキレスや犬用のクッキーは一切やめられたということなので、療法食を使うのであればその他の食品も
一度、一切やめてみて効果があるかどうか見るのも一つの方法かと存じます。
また、療法食を減らし、抗酸化作用を期待して納豆や野菜をなるべく食べさせたいとお考えの場合には、
それらを与える量に注意が必要です。チワワちゃんは私達の体重の1/20くらいの体ですので、
私達にとっての一口、私達にとってほんの少しと思っても、ブロッコリー1かけ、納豆1さじが、
チワワちゃんにとってはかなりの分量となってきます。

また、ハーブのダンディライオンですが、こちらはミネラルを豊富に含み、人では古くから胆汁うっ滞の改善、
利尿促進、消化不良などに効果を示すといわれ親しまれているもので、ワンちゃんやネコちゃんにも安全に
使えるハーブとして市販されておりますが、実際にALTの数値が上がった頃とハーブを使い始めた頃が
一致しているのであれば、メーカーさんがおっしゃる通りいったん中止してみて、様子をみられては
いかがでしょうか。

かかりつけの病院の先生からは、納豆やおからが原因で肝数値が上昇しているのではないかと
お話があるようですので、今一度、病院の先生とも栄養バランスのよい食餌にするために何をどれだけ
与えたらよいのかをご相談されてもよろしいかと存じます。
また、食品自体に含まれる脂肪分が酸化して過酸化脂質が増え、肝臓に負担をかける可能性も
あるかもしれませんので、ドライフードの酸化を防ぐため保存の仕方(空気を抜いて密閉ができる袋や
容器などに小分けして保存するなど)にも注意していただくと良いでしょう。

検査の経過で肝数値に著しい変動があれば、やはり肝バイオプシーなどの詳しい検査が
必要となりますが、現在の状態を維持することが出来るのであれば、時々検査で経過をチェックしていれば
心配ないのではないかと思われます。
その他チワワちゃんのお気に入りの場所や出入りできる場所で舐めたり噛んだりするものに
コーティングされている物質や、消毒薬、消臭剤、床のワックス剤その他様々な薬品類など
身の回りのものも、一度点検されると良いかと思われます。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、
しつけ相談のサービスを承っております。気がかりなことがおありの際には、
お気軽にご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

暖かい春の日差しの中でお散歩を楽しめる日が近くなって参りましたね。
しゅーまま様とチワワちゃんが、元気で笑顔いっぱいの毎日を送られますことを心より応援いたしております。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願い申し上げます。



トイレについて

投稿者:きぃきぃ

投稿日:2013/02/23(Sat) 18:07

No.1925

7月で2歳になるトイプードルの♂です。最近トイレに前足だけ載せてオシッコをします。貯めてからするので 量も多く殆どトイレからはみだしています。ひどいときにはゲーギに捕まり立ちションをしています。なんとかやめさせることは出来ませんか。去勢は まだです。

Re: トイレについて

- ドッグライフカウンセラー 三留

2013/02/27(Wed) 11:08

No.1929

きぃきぃ 様

春の訪れが待ち遠しい頃でございますが、きぃきぃ様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
この度はご相談を頂戴致しまして、誠にありがとうございます。
早速ご案内をさせていただきますが、一般的なご案内となりますことをご了承ください。

きぃきぃ 様のトイプードルちゃんが最近、前足をトイレに乗せてオシッコをして
お困りとのことでございますね。
「もう少しなのに・・・」「汚してしまう」とハラハラしてしまいますが、「あら」などと
声をかけることで、飼い主さんに注目をしてもらえる行動として、今度は注目してほしくて
余計に片足だけ乗せるようになることもございますので、
声をかけたり、振り向いたりすることをなさらないようにしましょう。
また、オシッコがはみ出していても、トイプードルちゃんはトイレでしているわけですので、
叱ったり、声をあげたりしないようにしましょう。
飛び散ったり、はみ出したりしてしまう可能性のある所には、ぼろ布やビニール、新聞などを利用して、
できるだけ後片付けをしやすいようにしましょう。
状況に応じて、ダンボールなどで覆うことも一つの方法でございますが、
ワンちゃんは環境の変化に敏感なところがございますので、
あまり変えてしまうと、混乱してトイレの位置そのものがわからなくなってしまうことがあるため、
オシッコが飛んでしまうあたりを覆うくらいになさったほうがよろしいでしょう。

ワンちゃんは、足をシートに乗せたとき、シートが濡れているなどして、「気持ちが悪かった」という
ことがあり、足をつけたがらないことがありますが、トイプードルちゃんはいかがでしょうか。
できるだけ、オシッコの都度シートを替えていただいたり、トイレシートを少し広めに敷いていただき、
オシッコが上手く吸収される状態を作っていただくことも大切でしょう。
トイプードルちゃんが、偶然でも「ちょうど良い位置」に足を置いてオシッコをしていたら、
きぃきぃ様は、特別に嬉しそうに、「お利口」と褒めていただきます。
褒めることで、どこでするのが良いのかを教えてあげましょう。
トイプードルちゃんがオシッコの体勢を取ろうとしているときに、トイプードルちゃんの体を好ましい
位置へと促してあげ、上手くいったら褒めてあげることもよろしいでしょう。
その際、強く動かしたりすると、びっくりとしてオシッコが止まってしまったり、排泄に対して好ましくない
イメージが出来てしまうこともございますので、そっと優しく、撫ぜるように優しく押していただき
動かしてあげましょう。

男の子のワンちゃんはおおむね1歳近くなると男の子として成熟してきます。
きぃきぃ様のトイプードルちゃんは7月に2歳になられるとのことですので、
すっかり性的に成熟を迎えていらっしゃる月齢ですね。
成熟にともない、男性ホルモンの影響を受けて、行動にも変化がみられるようになります。
ワンちゃんはオシッコのにおいを介して、お互いに情報を交換します。
このため、お散歩のときに、クンクンと他の子のオシッコの匂いを嗅ぐ様子がみられます。
オシッコの匂いを残すということは、自分を主張するという意味もあり、
高いところに匂いを残したいという気持ちは自分の優位性の誇示ともいわれています。
男の子が足を上げてするのは、このような自分の優位性を示したという気持ちの表れだとも
いえますが、女の子であっても、活発なワンちゃんなどでは足を上げてオシッコをする様子が
みられます。
お家の外は多くのワンちゃんがお互いの力関係を牽制しあう場でもありますので、
お散歩時のマーキングは、ワンちゃんにとってごく当たり前の自己主張といえるかも
しれませんが、家の中でもマーキングにより縄張りを主張する場合は、
リーダーである飼主様とワンちゃんとの関係を見直すことも重要だと考えられています。
群れの中での飼い主様とワンちゃんとの順位を明確にすること、飼い主様に主導権がある
ことをワンちゃんにしっかりと伝えることで解決する場合もございます。

きぃきぃ様のトイプードルちゃんは、ケージに手をかけて立ったまますることもあるとのことですので、
足をあげ、オシッコをかけようという行動になる可能性があるかもしれません。
今はオシッコの時に足を置く位置が、何らかの原因で不安定になっているだけかもしれませんが、
今後のこともありますので、ご家庭の中の順位を明確にすることは大切ではないかと存じます。
次に、順位を示すためのポイントをご案内させていただきますので、
ご参考にしていただければ幸いです。

1. きぃきぃ様が優位な場所や順位を占める
きぃきぃ様がご帰宅された際、トイプードルちゃんが嬉しそうにお出迎えをなさっていると、
ついつい、一番に声をかけたくなりますが、「ただいま」と声をおかけになられるのは、
人間のご家族様が先で、トイプードルちゃんには最後に声をかけていただくとよろしいでしょう。

このほかにも、お散歩時など、お家への出入りをなさる順番も、きぃきぃ様が先にお入りいただきます。
トイプードルちゃんが先に入ろうとしたら、「イケナイ」と低い声で叱って、当たり前という雰囲気で
きぃきぃ様が先にお入りいただきます。ソファーなどにおかけになられる際にも、トイプードルちゃんが
座る位置は端か、あるいはきぃきぃ様の足元に座らせてあげましょう。

2. きぃきぃ様の指示に従うと、良いことがあると思わせる
トイプードルちゃんの要求を安易に呑むのではなく、「きぃきぃ様の指示にしたがったら、良い事があった」
という経験をさせていただくとよろしいでしょう。
具体的には、トイプードルちゃんが、オモチャなどを持ってきぃきぃ様に「遊ぼう」と
誘いに来たら、「オスワリ」などと指示を与え、トイプードルちゃんが指示に従ったことへのご褒美として、
遊んであげるようにしましょう。常にきぃきぃ様が主導権を持つようにします。
また、オモチャなども自由にトイプードルちゃんが選ぶというような状況よりは、
きぃきぃ様が管理していると思わせてあげたほうが良いでしょう。

3. 毅然と、一貫性をもって対応する
常に一貫性があり、感情的にならず、落ち着いた対応をする飼い主様の態度に、
トイプードルちゃんは深い信頼を寄せていくことでしょう。
「リーダーとして毅然した態度で接する」、「しっかりコミュニケーションを取る」、
「褒める時、いけないことを伝える時、メリハリをつけて対応する」などに留意して
いただくことが重要でしょう。

4. トイプードルちゃんの行動範囲はきぃきぃ様が決める
ケージを大好きなところにしたり、キャリーバッグの中にお気に入りのクッションをいれたりして、
お家という縄張りの中に、トイプードルちゃんの小さな縄張りを作ってあげるのもよろしいでしょう。
また、お家の中でも、ここから先はダメ、という場所を作るのもよろしいでしょう。
ベランダやデッキ、窓際で遊ぶ際には、見晴らしがよいところで人やワンちゃんなどが
行きかう様子を見渡せるより、少し目隠しを作ってあげるのもよろしいかもしれません。

5. 一緒に楽しく過ごす
一緒にいると楽しい人のことを大好きになるのは、人もワンちゃんも同じです。
素敵なコミュニケーションの時間を過ごすことはたいへん重要でしょう。

お散歩時、外で他のワンちゃんがしたオシッコの匂いをかぐということは、
嗅覚でのコミュニケーションが重要な役割を果たすワンちゃんの世界では、
大切な会話の時間ともいえますので、できれば、毎日お散歩に連れ出してあげて、
自己主張をする時間を作ってあげることも大切でしょう。

また、時期や状況にもよりますが、去勢手術で変化がみられることもございます。
去勢手術は外科的に男の子の精巣を摘出する手術であり、
一般的に全身麻酔をかけて精巣付近の皮膚を切開して行います。
去勢手術を行うと性ホルモンを分泌する精巣がなくなるために、
男性ホルモンに関連して起こる病気や行動を抑えることができるといわれております。
去勢手術には、このようなメリットもありますが、手術により代謝が変化し、
太りやすくなる傾向がみられるなど、デメリットもございます。
去勢手術によりマーキングが改善する場合もございますが、
一方で、マーキングという行動が固定している場合などでは、
なかなか解消が難しい場合もあるようです。
きぃきぃ様のトイプードルちゃんは、まだ、あちこちで足をあげてオシッコをするという
ことはないご様子ですので、もし、お子さんを作る予定がないのであれば、
今の段階で去勢をなさるのも、よろしいかもしれません。
一度、かかりつけの獣医師さんにご相談されてはいかがでしょうか。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、しつけ相談
サービスを承っておりますので、ぜひご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

きぃきぃ様とトイプードルちゃんが笑顔いっぱいで素敵な毎日をお過ごしになられますよう
心からお祈りいたしております。
体調管理の難しい時期でございますが、きぃきぃ様におかれましては、
くれぐれもお体ご自愛ください。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願い申しあげます。



Re: トイレについて

- きぃきぃ

2013/03/13(Wed) 18:43

No.1949

ご丁寧な解答ありがとうございます。立ちションは しなくなりましたが、ベット(犬自身のベット)でトイレをしたりと こちらが かなりのストレスです。トイレも1回したら変えています。はみだすのは しかたないですが、ゲージの中のトイレ以外でもオシッコをします。



Re: トイレについて

- アニコムカウンセラー 澤口

2013/03/15(Fri) 11:08

No.1953

きぃきぃ 様

この度はご返信をいただきまして、誠にありがとうございます。
トイプードルちゃんが、ベッドなどケージ内のトイレ以外の場所で
オシッコをしてしまうとのことでございますね。
前回のご案内と一部重複いたしますが、以下にご案内させていただきます。

トイプードルちゃんは、どのような時にトイレ以外の場所でオシッコをしてしまうのでしょうか。

1. 飼い主様の気をひきたい
トイレ以外の場所でオシッコをした時に、声をかけたりトイプードルちゃんを見たりされると
その反応を、「ここでオシッコをすると自分に注目してくれる」と勘違いしてしまい、
飼い主様の気をひきたいがための手段として、トイレ以外の場所でオシッコをすることがあります。
騒がず、慌てず、ショックを受けた様子をトイプードルちゃんに感じ取られないように、
いつもと変わらぬ様子で片づけるようにしましょう。
また、飼い主様が片づけている様子に興味を持つこともありますので、
トイプードルちゃんには片づけている姿を見せないようにするのがよろしいかと存じます。
ベッドでオシッコをした時に、飼い主様が注目してくれず、
何かイヤな気持ちになるということを教えてあげることが大切です。

2. 排泄をかくしたい
これまでの経験から、「叱られた」という印象が強く残っていると、
オシッコをすること自体が「いけないこと」と認識してしまいます。
この場合、飼い主様が見ていない時は、きちんとトイレで排泄を行いますが、
見ている時は飼い主様に見つからない場所を探したり、
飼い主様の目を盗んでオシッコをするようになってしまうことがあります。
トイプードルちゃんにそのような様子がございましたら、決して叱らず、
上手にできた時に褒めてあげましょう。

3. マーキング
テリトリーを主張するために目印をつける「マーキング」は、目立つような場所を選んで行います。
トイプードルちゃんが自分のテリトリーだと主張している場合は、
きぃきぃ様が常にリーダーシップをとるように心がけましょう。
また、トイプードルちゃんが落ち着いて排泄ができる場所を整えることも大切でございます。

ワンちゃんは自分の寝床を汚さないという習性があり、
トイプードルちゃんがケージを寝床と認識するとケージの中での排泄はしなくなるかと存じます。
ケージの中にトイレがある場合、広さを十分にとり、トイレとベッドのスペースを明確に分けるようにしましょう。
なお、トイレがケージの隅に接している場合、ケージの柵の圧迫感などから
前脚だけのみトイレに載せることも多いようでございます。
少しケージの隅からトイレを離したり、オシッコをする場所がベッドの場合は、
ベッド自体を取り除いてまうのもよろしいかと存じます。
ワンちゃんは飼い主様の様子や気持ちを敏感に察しますので、
きぃきぃ様のストレスは、トイプードルちゃんにとってもストレスとなります。
焦らず、ゆっくり、根気よく、きぃきぃ様も気分転換をしながら、
トイプードルちゃんと過ごしていただければと存じます。

少しずつ暖かくなってまいりましたが、体調を崩しやすい時期でもございますので、
きぃきぃ様におかれましてはくれぐれもお体ご自愛ください。
今後とも、アニコムをよろしくお願い申し上げます。



ALTの上昇

投稿者:ちびまる

投稿日:2013/03/10(Sun) 23:43

No.1944

今月2歳になるトイプードルの♂です。下痢が続いた為、病院へ行き血液検査をしたところ、ALT(肝臓)の値が226もありました。少し様子を見ましょうとの事でしたが調べてみたら、原因にフードかご飯の酸化とありました。今現在保存料のないレバーミンチを混ぜてあげていますが、食が細い為食べるまで出しっぱなしです。最近、一週間に一回程度、白い泡の様なものも吐きます。この事が原因でしょうか?それとも他の病気でしょうか?アドバイスお願いします。

Re: ALTの上昇

- 獣医師 酒井

2013/03/12(Tue) 13:59

No.1947

ちびまる様

この度はご相談をいただきまして誠にありがとうございます。
2歳のトイプードルちゃんが下痢をした時の血液検査でALTの数値が高くご心配とのことですね。
早速ご案内をさせていただきますが、実際にトイプードルちゃんのご様子を拝見していないため、
一般的なご案内となることをご了承くださいませ。

ALT(アラニンアミノトランスフェラーゼ)は主に肝細胞に存在している酵素です。
ALTが血液検査で上昇しているということは、何らかの理由で肝細胞に損傷がおき、
このことによって酵素が血中に出ている(逸脱している)状態をあらわしていると考えられます。
検査器械によって幅はありますが、一般的にALTの正常値はおおよそ100 IU/lくらいまでと
思われます。
ちびまる様のトイプードルちゃんのALTは226 IU/lとのことですので、正常値の2倍以上で
ございます。正常値から2〜3倍の上昇で軽度の肝細胞病変と関連、5〜10倍で中等度の病変、
10倍以上は著しい肝細胞障害を示していると考えられます。
今回のトイプードルちゃんの場合では血液検査のALTの検査結果のみでは原因は
わかりませんが軽度の肝細胞病変が関連している可能性がある、という状況です。

肝臓自体にそれほど大きな問題は無くてもALTの上昇がみられることもあり、
代表的な疾患に胃腸、膵臓疾患、代謝性疾患(特に脂質代謝異常)などがありますが、
このほかにも、ウイルス性肝炎、薬剤性肝障害、慢性肝炎、肝癌 肝硬変、 胆汁うっ滞、
閉塞性黄疸などが関連している可能性もございます。
こういった病気の時には、再度血液検査を行った場合にさらに数値が上昇したり、体重減少、
元気消失などの症状が考えられますので状態の変化をよく見ていくことが大切です。
一方、ちびまる様のトイプードルちゃんの場合、かかりつけの先生が少し様子をみてみましょうと
おっしゃったのは、ちょうど下痢をしていた時の検査結果ですので、下痢が落ち着けば数値も
落ち着く可能性を考えられたのではないかと思われます。

ちびまる様がお調べになられたように、フードの脂質の酸化もALTの軽度の上昇の原因となると
言われています。私たちも袋を開封したポテトチップスを1週間後に食べる気がしないのと同じで、
ワンちゃん達のドライフードも開封して酸化が進んでいると、味も風味も落ちますが、酸化した脂質は
肝臓への影響も懸念されます。
特にちびまる様のトイプードルちゃんは普段より食が細いとのことですので、フードがなかなか消費
されにくいのかもしれません。特にこれから気温も湿度も上がる季節ですので、
ドライフードに関しましてはなるべく小さめのパッケージを購入されて、開封されたらその都度
しっかりと空気を抜いて密閉できる容器などに保存されるとよいでしょう。
また最初に密封ができる市販の袋などにいくつかに小分けしておき、空気を抜いてしっかりパックして
おくと、フードが空気に触れることによっておこる酸化の機会を減らすことができます。
またトッピングに保存料無添加のレバーミンチを与えられているとのことですが、食べるまでに
どれくらいの時間室温に置かれているのでしょうか。
通常のウエットフードはドライフードと違って室温に出してすぐに食べるように作られています。
また保存料が無添加ということは肝臓にとっては良いことだとは思われますが傷みやすいという
デメリットはありますので、出しっ放しにすることはないようにしましょう。

なお、ドッグフードの容袋に記載されている食事量は、あくまでも目安ですので、
運動量など、ワンちゃんの生活環境等で調節していただくことになります。
運動量を増やしていただいたり、一度にたくさん食べられないタイプのワンちゃんであれば
回数を増やしていただくこともよろしいでしょう。
トイプードルちゃんは食が細いタイプのワンちゃんとのことでございますが、
トイプードルちゃんにとってのお食事の適量や運動量を調整いただきながら、食べさせたい分量を
容器にお入れになられるのではなく、食べられるだけの分量を器にお入れになられ、
食べたら、褒めながら増やしていくことで、食べることに楽しいイメージを与えていただくのも
一つでしょう。そして、残しても20、30分くらいで片付けてしまうようにしましょう。
もう少し食べさせたいというときは、1〜2時間してから与えていただくとよろしいでしょう。
缶詰タイプやレバーミンチを数回に分けてあたえるときには、残りは容器に入れ、
冷蔵庫にしまいましょう。次のお食事時にトッピングするときには、冷たいままですと体にも
良くありませんので、人肌に温めていただくとお腹に優しいかと存じます。
軽度のALT上昇であれば栄養バランスの良いお食事のみで改善することもよくあります。
食が細いということですので、お食事にはご苦労されているとは思いますが、
お食事の内容がトッピングメインにならないよう注意は必要です。
お食事内容についても、1度かかりつけの先生にアドバイスいただくとよろしいでしょう。

また1週間に1回程度白い泡を吐いているとのことですね。
ワンちゃんは空腹時、時々正常でも嘔吐することはありますが1週間に1回と、
比較的頻回のようですし、もともと食が細いとのことですので、胃が空になる時間が長く、
胃酸過多となり食欲減退につながりやすい体質ということも考えられます。
ご安心のためにも、お早めにかかりつけの先生にお食事のことと併せてご相談されることを
お勧めします。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、
しつけ相談のサービスを承っております。気がかりなことがおありの際には、
お気軽にご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

春の日差しを気持ちよく感じるこの頃ですがまだまだ寒暖の差が激しい時期でもございます。
ちびまる様におかれましてはくれぐれもお身体ご自愛下さい。
また、トイプードルちゃんもどうかお大事になさって下さい。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願い申し上げます。



Re: ALTの上昇

- ちびまる

2013/03/13(Wed) 19:16

No.1950

ご丁寧なアドバイスをありがとうございました。これから暖かくなとっていくので、ご飯のだしっぱなしは気を付けていきたいと思います。病院の先生からも食べない時は、かたずけてしまう事も大事だと言われているのですが、なにせ1.5と小柄な為少しでも食べさせないとと言う考えが現在に至っています。酒井先生もおっしゃって下さるので実行に移してみます。これから食事に気を付けて様子を見てみます。ありがとうございました。



Re: ALTの上昇

- 獣医師 酒井

2013/03/15(Fri) 10:24

No.1952

ちびまる様
この度はご丁寧にご返信をいただきまして、ありがとうございます。
トイプードルちゃんの小柄な身体で、食が細いと少しでも食べてもらいたいというお気持ちになるのは当然のことと思います。
お食事の管理は毎日のことで、神経質になりすぎるとお互い疲れてしまいますので
少しずつ喜んで基本のフードを食べてもらえるように工夫されていくとよいと思います。
ちびまる様とトイプードルちゃんが毎日健康で、お元気な日々を過ごされることをいつも応援いたしております。
何か気がかりなことや心配なことがありましたら、またぜひお気軽にご相談下さい。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



新入り猫の夜鳴き。返事をするほ...

投稿者:Y

投稿日:2013/03/04(Mon) 16:23

No.1937

いつもお世話になっております。3〜4歳の日本猫(メス・避妊済)を飼っております。
以前、2匹目の猫として被災猫を迎えることをご相談させていただきました。
当初は、福島県で保護されたオスの子猫を予定していましたが
甘えん坊の性格だったので、日中仕事で留守の当宅では可哀想かということになり
「先住猫優先ルール」の実践のことも考慮して、人慣れしていない状態の
2〜4歳の日本猫(メス・避妊済)をシェルターから迎えました。
その新入り猫の相談です。

こちらも福島県で保護された被災猫なのですが、元々半野良だったような印象で
人間を警戒しているので、爪切りや病院通いは洗濯ネット必須にて
ネットに入れる際は、爪や牙が出て人間も血を見るというような野生児です。
しかし、このワイルドな性格が当宅には適していたようで
先住猫を優先していても、それに対して嫉妬などがなく
12/29に当方へ来てから2/10までの長いケージ生活も
逆にケージ内のほうが安心するという感じで過ごしてくれ、
ケージから出せと鳴くことも一切なく、
その後の先住猫との合流もそれなりにうまく行きました。

2/10からは先住猫と同じ部屋にフリーにしていますが、
沢山の猫がいるシェルターに1年ほどいたせいか、猫に対しての対応もうまく
先住が威嚇したり、追いかけたりしても「やめてよー」という感じで
軽く逃げてかわしてくれて、大げんかになることがなく
かといって、必要以上に先住を恐れたり萎縮するような様子もなく
新入りなりに自分のペースをあまり崩すことなく過ごしている印象です。
ずっと入っていたケージを自分の寝床としていて
フードも先住の倍くらい食べ、排泄も先住の倍くらいして、快食快便です。

と、ここへ来て、急に新入り猫の夜鳴きが始まりました。
夜鳴きは、迎え入れた最初の1〜2週間に起こるものだという認識でしたが
これまでは、夜鳴きどころか(洗濯ネットinの際の威嚇以外は)
一言も声を発しない大人しい猫だったので、助かるなーと油断しておりましたが
ここ5日ほど、私が布団に入って電気を消すと、深夜3時頃から明け方くらいまで
ギャオオオーン!ギャオオオーン!ギャオオオーン!と、大声で切羽詰まったように鳴きます。
廊下や他の部屋をウロウロして、戸の隙間や空気孔などをガリガリ掻いています。
先住猫は、そんな新入りの様子が気になるようで、廊下で追いかけ回してみたり
お尻の匂いを嗅ぎに行ったり、物陰から飛び出して驚かすなどちょっかいをかけています。
(2猫でフーシャー言うこともありますが、喧嘩というよりは遊びの延長のような雰囲気です)

先住も元野良でしたので、当宅へ来てから1週間くらいは
外へ出られる隙間はないか、ガリガリやって鳴いていたことがあったので
新入りの夜鳴きも、1〜2週間くらいで落ち着いてくれないかなと願っているのですが
集合住宅で、階下の住人が神経質なため、毎晩ハラハラしながら過ごしています。
(12/29の段階では、これから1〜2週間ほど鳴くかもと
階下に手紙しましたが、大幅に時期もずれてしまったので・・・)

原因も考えてみましたが
ボランティアさんのシェルター(マンション)で1年過ごしておりましたし
ボランティアさん宅でもほとんど鳴いたことがなかったそうなので
今頃、外が恋しい、外へ出たいと鳴いているというのも少し違う気がしたり
健康な若い猫ですので、高齢でよくある夜鳴きとも違う気がしますし
運動不足だとしても、猫じゃらしなどでの遊びには全然乗ってこないので
何か他に不安があるのか、新入りなりに人間に構ってほしいのかな?と疑問です。

ボランティアさんからは「鳴き出したら、ハーイとか、ハイハイとか返事をして
あなたも気にかけているよということを示してあげてください」とアドバイスがあり
しかし、猫の専門誌などでは「鳴けば要求が通ると思わせてしまい
要求鳴きがエスカレートするので、無視して一切構わないこと」と注意があり
当宅の場合では、どちらを実践したらよいのか迷っております。


Re: 新入り猫の夜鳴き。返事をす...

- ドッグライフカウンセラー 三留

2013/03/06(Wed) 12:43

No.1941

Y 様

こちらこそ、いつもお世話になりまして誠にありがとうございます。
梅の花が愛らしく咲く頃でございますが、Y様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
その後お迎えになれたネコちゃんは快食、快便で体調はすこぶる良好とのこと、
また先住のネコちゃんとの関係も上手く保っていらっしゃるとのことでございますね。
新しい環境に馴染むようにお心をお配りになったY様の優しいお気持ちが
伝わってくるようでございます。

さて、ネコちゃんがここ5日ほど前より夜中から明け方にかけて鳴くご様子にお困り
とのことでございますね。
早速ご案内をさせていただきますが、一般的なご案内となりますことをご了承ください。
ネコちゃんは、Y様がお迎えになられた後も、またお迎えになられる前のボランティアさんの
お宅でも、夜中に鳴くことはなく、5日ほど前から急に鳴くようになったとのことで
ございますね。
そのころに、何か環境の変化等はございませんでしょうか。
もし、変化にお心当たりがおありでしたら、その前の状況に戻されてみるのも一つの方法
かもしれません。例えば、ちょうどケージから出してフリーにするようになってから
ということであれば、ケージの中での生活にお戻しになられる、あるいは、ケージ内を寝床
としていらっしゃるとのことですので、出入りを自由な状態のまま、周りに毛布などで
しっかり覆って落ち着けるようになさってもよろしいでしょう。
また、電気を消すことにネコちゃんが不安を感じるようであれば、
電気をつけたままになさってみて、ご様子をご覧になられるのも一つの方法でしょう。

かなり大声で切羽つまったような鳴き方とのことですが、身体的に違和感などから、
というようなご様子ではないでしょうか。
例えば、ウンチを催しているが、上手くできないで苦痛である、あるいはお腹が空いている、
排泄をしたけれども、ちょうど先住ネコちゃんが
した後だったなど、一度、トイレの環境等を見直していただくのもよろしいでしょう。
なお、トイレの場所はネコちゃんの頭数+1個以上が望ましいとされております。
日中も排泄時のご様子に、もし気になる点がおありでしたら、
お腹に虫がいないか、便秘気味になっていないかなど、
一度健康面等のチェックを、かかりつけの獣医師さんにご相談されてはいかがでしょうか。
また、ネコちゃんは、ネズミのような小動物を捕食するどうぶつですので、
少量を、何回にも分けて食べる習性があります。
お腹が空いているようでしたら、夕食の後、もう一度くらいお食事を与えていただいたり、
食事を少量、お皿に入れておかれてもよろしいでしょう。
もちろん新鮮なお水はいつもたっぷりと用意してあげましょう。

本来、ネコちゃんにとって、夜半から明け方までの時間は
活動する時間ですので、
どうしてもこのくらいの時間帯に動き回る傾向はございます。
エネルギーが発散しきれず、活動を欲している可能性もあるかもしれません。
遊びに誘っても、あまり乗ってこないご様子ですが、
ネコちゃんにとって、狩猟することは本能ですので、そのような本能を解消したという満足感を
得させてあげることは大切でしょう。
例えば、ネズミさんくらいのオモチャを投げてみる、
ネコじゃらしを、棒の先に付けて、釣竿のようにして誘ってみるというように、
狩猟したいという気持ちに働きかけるのもよろしいでしょう。
お仕事からのご帰宅後でお疲れかとは存じますが、
できれば、寝る前の時間に十分に遊ばせていただき、
満足したという気分を持たせてあげることも大切でしょう。

Y様がボランティアさんにご相談をなさった際、「鳴き出したら、ハーイとか、
ハイハイとか返事をしてあなたも気にかけているよということを示してあげてください」という
アドバイスをお受けになられたとのことでございますね。
ネコちゃんに「気にかけているよ」ということをお伝えになられることはたいへん重要な
ことですが、できれば、鳴いていないときにお伝えいただくとよろしいでしょう。
この点に関してはY様もご懸念なさっていらっしゃいますが、
ネコちゃんが、構って欲しいと思っている状態で、
鳴いたら、構ってもらえたという経験をさせると、鳴いて構ってもらうという行動が
続く可能性はございます。
ご近隣の方のことも心配でございますが、まずは、お体や環境等の面から
見直していただき、鳴いてしまう原因を取り除いていただくことをお勧めいたします。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、
しつけ相談のサービスを承っておりますので、ぜひご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

今後ともアニコムをどうぞよろしくお願い申し上げます。

Y様とネコちゃんたちが笑顔いっぱいにお過ごしになられますよう
心から応援いたしております。
Y様におかれましては、時節柄、くれぐれもお体ご自愛くださいませ。
今後ともアニコムをよろしくお願い申し上げます。



解決いたしました!

- Y

2013/03/11(Mon) 18:39

No.1945

いつもご丁寧で分かりやすいお返事をありがとうございます。
アドバイスいただいたことを1つずつ試してみようと思い
紐の猫じゃらしで少し遊ばせてみたりしておりましたが
寝る時に、廊下の電気を2灯つけたままにしてみたところ
あれほど切羽詰まっていた夜鳴きがぴたりとおさまり
えっ!消灯が原因だったの?とびっくりいたしました。

よく考えてみれば、福島の警戒区域で救助された猫だったので
人が消えて、電気が消えて、犬や野生動物が走り回る町で
ギリギリの日々を生きてきた、当時の恐怖や不安が
猫の心に残っているのではないか
電気が消えた部屋でそれを思い出して
不安になってしまうのではないかと思い当たりました。

本猫は現在トライアル中なのですが、正式譲渡となりましたら
先住と同じく、ぜひ保険に加入させていただきたいと思います。



Re: 新入り猫の夜鳴き。返事をす...

- ドッグライフカウンセラー 三留

2013/03/12(Tue) 12:54

No.1946

Y 様

この度は、ネコちゃんのその後の嬉しいご様子をお教えいただき誠にありがとうございます。
Y様がおっしゃるように、ネコちゃんがどれだけ被災後の厳しい状況を生き抜いてきたかと思うと、
胸が張り裂けるような思いがいたします。
ただ、ネコちゃんは、Y様と運命の出会いを果たすという、ラッキーな星のもとに生まれてきたので
ございますから、これからはたくさんの幸せな時間が待っているかと存じます。
Y様と先住ネコちゃんと新しくお迎えになるネコちゃんの温かな日々を心から応援いたしております。
また、ネコちゃんを正式にお迎えになられる際は、アニコムにお入りいただけるとのこと、
誠にありがとうございます。ご不明なことがおありの際、またお困りの際、お気軽に
あんしんサービスセンターまでお問い合わせくださいませ。
【アニコム損害保険株式会社】
一般電話からはアニコム損保あんしんサービスセンター(0800-888-8256)へ、
携帯電話・PHSをご利用の場合は 03-6810-2314 へご連絡ください。
 平日      9 : 30 − 17 : 30
 土日・祝日  9 : 30 − 15 : 30
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願い申し上げます。