教えて!アニコム損保!しつけ・健康相談 皆様のご質問にお答えいたします。

必ずお読みください

回答までに数日いただきますので、緊急を要する場合(誤飲、頻回の下痢・嘔吐、おしっこが出ない等)は、すぐに動物病院を受診してください。
当掲示板での回答は、お申し出内容に基づく一般的な回答となります。

証券番号

  • (記入例:S00123452)

  • ご入力いただいた証券番号は公開されませんが、ご契約のどうぶつ情報をもとに回答いたします。

ニックネーム

タイトル

コメント

  • URLはご入力いただけません。

添付File

暗証キー

  • (英数字で8文字以内)

投稿キー

  • (投稿時 投稿キー を入力してください)

文字色

水がうまく飲めない

投稿者:ひお

投稿日:2020/08/26(Wed) 15:00

No.6531

お皿の縁(奥側)ばかり舐めて、水がほとんど飲めてません、
いろんなお皿で試したけど2歳になってもまだうまくのめてないです。

もっとお皿の真ん中でベロを水面につけてのめるようにするにはどうしたらよいでしょうか?

Re: 水がうまく飲めない

- 獣医師 米本

2020/08/28(Fri) 11:00

No.6538

ひお 様

ネコちゃんの水の飲み方は、水面に舌をつける、蛇口からの流水、水に手をつけて舐める、水滴を舐めるなど様々です。
容器の舌触りや、容器に付いた水滴を舐めるのが好きなネコちゃんの場合、水を舐めとっている状態と考えられます。
ネコちゃんが1日に必要な水分量は、体重1kg当たり30〜50ml前後とされています。
水を飲んでもらう工夫としては、蛇口から水を流したり、自動給水器や給水ボトルを用いる、フードに水を加える、水皿に氷を浮かべる等があげられます。
どのような飲み方でも、水分を十分摂取でき、健康に過ごしている場合には大きな問題はありません。
ただ、口内炎等の疾患による痛みや違和感のために、思うように飲水できないケースもありますので、念のため受診をおすすめいたします。

それでは、今後ともアニコムをよろしくお願い申し上げます。



高齢犬のハーネス

投稿者:あぽろ

投稿日:2020/08/26(Wed) 11:54

No.6530

17歳半のポメラニアン。2年前から腎臓病の薬を飲んでいます。体重は減ってきてはいますが、症状は安定しており、よく歩きます。最近、歩くとき、数歩に一度くらいの割合で、左後ろ足が内側に入り込むようになり、よろけるようになりました。ハーネスを使おうと思いますが、調べるといろいろありすぎて迷います。何か良いアドバイスをいただけるとありがたいのですが。

Re: 高齢犬のハーネス

- 獣医師 米本

2020/08/28(Fri) 10:59

No.6537

あぽろ 様

シニア期のワンちゃんにふらつきが見られる場合、原因としては老化や基礎疾患による筋力低下、変形性脊椎症や関節炎、腫瘍等の疾患が考えられます。
いずれの場合も、滑ったり転倒を防止するため、周囲の環境を整えることが大切ですので、散歩時は、滑りにくく歩きやすい場所を選び、室内では滑り止めマット等を使用するのもおすすめです。
歩行補助を行うハーネスを選ぶ場合、性別に応じた排泄しやすい構造になっているか、サイズが合うかを確認する必要があるでしょう。
部分的な介助のみで歩行可能なら、後肢用の補助ハーネスだけでよいかもしれませんし、状況によっては、全体をサポートできる商品の方がよいこともあります。
ふらつきの原因や程度、ワンちゃんの状況等をふまえて選ぶことが望ましいため、あらかじめかかりつけの先生にご相談いただくことをおすすめします。

それでは、今後ともアニコムをよろしくお願い申し上げます。



しつけについて

投稿者:メルちゃん

投稿日:2020/08/24(Mon) 15:38

No.6527

まだ 4ヶ月のチワワの子犬ちゃんですが トイレにうんちは出来るのに オシッコがあちこちで落ち着きません 良いしつけ方法は無いでしょうか。
今のところ ケージ生活です。

Re: しつけについて

- アニコムカウンセラー 伊澤

2020/08/27(Thu) 17:34

No.6536

メルちゃん 様

トイレトレーニングは、「排泄しそうなタイミングを把握して、成功するように誘導し、成功したら褒める」ことが重要です。

チワワちゃんは、トイレの上でウンチをしているので、トイレの場所は把握できているかと存じます。さらに成功体験を増やすことで、チワワちゃんにトイレができる自信をつけてあげるとよいでしょう。

例えば、排泄しそうなタイミング(寝起き・食後・遊んだ後など)や仕草が見受けられた時にトイレまで誘導して、1滴でもトイレで排泄ができたら、褒めてあげるなど、成功体験を積み重ねてもらいましょう。
また、上手に排泄ができた時に、「シーシー」や「ワンツーワンツー」など、決まった声かけを何度も繰り返すことで、「排泄する=合図が聞こえる」という経験により、次第にワンちゃんの中で合図と行動が結びついていきます。
このトレーニングで、排泄場所やタイミングなどのコントロールができるようになることもございます。

なお、ワンちゃんがトイレを失敗した時に、飼い主様が視線を向けたり、あわてて走り寄ったりなどの様子から、「構ってもらえた」「振り向いてもらえた」とワンちゃんにとってご褒美となり、繰り返している可能性も考えられますので、粗相をしてしまった時は、無言で目も合わせずにサッと片付けましょう。

うまくいかない時もあるかと思いますが、トイレトレーニングに関しては特に、あわてず、おおらかな気持ちで、取り組んでいただくのがよろしいかと存じます。

最後に、タイトルにご入力いただいた証券番号につきましては、個人情報保護の観点から、弊社にて変更いたしましたこと、何とぞご了承ください。

今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



ドライフード

投稿者:シンパパ

投稿日:2020/08/24(Mon) 13:31

No.6526

偏食が酷かったので某通信販売のドライフードの試供品を試したところ食いつきが良く購入しました。
が、数日も経たないうちにまた飽きてしまい普段から食いつきの良かったドライフード(キューブ状の少し柔らかいもの)に戻してみたり混ぜてみたり・・・。
適切な食事の与え方をご教示願いたいです。個体差によるただの気まぐれかも知れませんが・・・。

Re: ドライフード

- 獣医師 米本

2020/08/27(Thu) 17:16

No.6535

シンパパ 様

ワンちゃんが今まで与えていたフードを食べなくなる場合、一般的に、以下のような原因が考えられます。

・フードに飽きた
・フードの開封から時間が経過すると風味が落ち、美味しくないと感じる
・周りで大きい音がするなど、環境変化によるストレス
・口腔内の炎症や痛み等の違和感
・胃や腸などの内臓疾患による不調

食べない時の対処法としては、フードの風味が落ちないように完全密封するなどの保存方法に変える、フードを温めて香りを立たせる、ぬるま湯でふやかす、トッピングや缶詰を混ぜて味に変化を持たせる、などの方法があります。

また、食べないフードをそのまま置いておくと、新たな味や新しいものが出るまで待ち続けるワンちゃんも多く、いつまでも食べない悪循環になりますので、一定の時間が経過したら、フードを撤収することも大切です。

ただ、いずれの方法を試していただいても改善が無い場合、体調不良が原因の場合もありますので、一度かかりつけの先生にご相談いただくことをお勧めいたします。

それでは、今後ともアニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



先住犬が突然攻撃的に。。。

投稿者:もん

投稿日:2020/08/23(Sun) 20:42

No.6525

ウェルシュコーギー
先住犬/ 3歳(♀)避妊有(甘えん坊、怖がり、音に過剰に反応する)
新しい子/7ヶ月(♀)避妊無(やんちゃ、怖がり)
     (3月中旬迎え入れ、5月末頃より一緒のスペースで生活)
基本的には居間で放し飼い。

●現在の問題:現在2頭のコーギーを飼っているのですが、20日の夕食後より突然先住犬が新しい子に攻撃的になってしまい、新しい子をサークルに入れて保護している状態です。
今までは毎日行動を共にしてガウガウじゃれている程度だったので、何が起こったのかが分からず困っています。
たまに、食べ物がらみで新しい子に攻撃かけて流血はありましたが、暫く経つともと通りの仲に戻っていました。
今は、いること自体が気に入らないようで唸りながら近づき流血させています。
噛み付いて離さないので無理にでも引き離しています。
その都度新しい子は、お腹を見せてキャンキャン鳴いて、オシッコやうんこを漏らしてます。
じっと見られているだけでも怯えて固まってしまうこともあります。
新しい子が食べるのが遅く、先住犬が欲しくて近づいて行くので止めたりしていたのがマズかったのか。。。
何が気に入らないのか?もと通り仲良くしてもらうにはどうしたら良いのか教えて下さい。

Re: 先住犬が突然攻撃的に。。。

- アニコムカウンセラー 中村

2020/08/27(Thu) 17:07

No.6534

もん 様

ワンちゃんの多頭飼育については、何らかのきっかけがあり、関係が不安定になることがあります。今まで仲良くしていたワンちゃん達の様子が急に変わる原因として、きっかけは様々であり、いくつかの原因が複合的に作用している可能性もございます。

例えば、何かの機会に、もん様が子犬ちゃんをかばった(ように見えた)ことで、先住のコーギーちゃんが「子犬ちゃんが優先された」との勘違いによるヤキモチからの行動であったり、食事の時間に何らかのストレスを感じたことも考えられます。

原因と思われるお食事やオヤツを与えるときは、ケージの中で食べてもらったり、できるだけケンカにならないよう、ワンちゃんのたちの距離を一度離してみるなど、日々の生活環境を工夫することが必要かもしれません。

まずは、飼育場所を分けていただき、時間をかけ、少しずつ馴染ませていくことが必要になります。始めは5分、10分と一緒にいる時に短い時間から合わせることを再度スタートし、徐々に延長していくことで少しずつ慣れさせましょう。
また、先住のコーギーちゃんが一人でリラックスできる空間や、先住のコーギーちゃんと、もん様との二人の時間を確保してあげましょう。

お互いの存在を良いものだと感じさせてあげるためには、ワンちゃん同士を縄張り以外のところで慣らしていくのも一つの方法です。決して無理強いをせず、近くでそれぞれ楽しい時間を過ごすだけで十分です。そのために、近所の公園などで、一緒の時間を過ごすことで、「あの子が傍にいたら、楽しかった」という記憶を縄張り以外の場所で作ってあげましょう。

以下URLにて、ワンちゃんの「多頭飼育」について記載しておりますので、よろしければ、ご参考にしてください。

●みんなのどうぶつ病気大百科 ワンちゃんの多頭飼育
https://www.anicom-sompo.co.jp/doubutsu_pedia/node/1232

先住のコーギーちゃんの様子が変わり、もん様が戸惑うお気持ちもよく分かりますが、焦らずにゆっくり「お互いのワンちゃんがいると良いことがある」という経験を積んでもらい、根気強く教えてあげましょう。

それでは、今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。