教えて!アニコム損保!しつけ・健康相談 皆様のご質問にお答えいたします。

ご注意

回答までのお時間は3営業日以内とさせていただきます。
緊急を要する健康相談の場合は、すぐに動物病院を受診してください。
直接どうぶつさんのご様子を拝見しておりませんので、一般的なご案内となりますこと、また、投稿フォームにはURLを入力できない設定となっておりますことをご了承ください。

証券番号

  • (記入例:S00123452)

  • ご入力いただいた証券番号は公開されません。

ニックネーム

タイトル

コメント

  • URLはご入力いただけません。

添付File

暗証キー

  • (英数字で8文字以内)

投稿キー

  • (投稿時 投稿キー を入力してください)

文字色

子犬の眼の充血について

投稿者:池田

投稿日:2011/02/07(Mon) 19:34

No.651

はじめまして。3ヶ月のチワワ♀のことですが
我が家に来た当初から、白目部分に赤い線のような充血があります。

寝不足でもトイレを我慢してるわけでもありません。
充血が出ない時もあれば、片目だけ、両目ともと、見る度に違います。興奮してるからでしょうか?
インターネットで調べても、結膜炎とも角膜炎とも違う気がします。

特に元気がないわけでもなく、痒がっているわけでもないので
まだ病院には行ってません。

何か先天的な病気でしょうか?アドバイスよろしくお願いします。

Re: 子犬の眼の充血について

- 獣医師 垣本

2011/02/09(Wed) 17:16

No.656

池田様

この度は、ご相談を頂きまして、誠にありがとうございます。
チワワちゃんは 生後3ヶ月とのことでございますね。
元気に遊んでいらっしゃる愛らしいお姿が、目に浮かぶようでございます。

ご相談の内容につきまして、早速ご案内させて頂きたく存じますが、
チワワちゃんの詳しい状況が分りかねますため一般的なご案内に
なりますことを何卒ご了承下さいませ。

【白目部分の赤い線のような充血について】
ワンちゃんの眼球の白目部分には、太い血管がございます。
そのため、興奮した時などに充血が起こると、赤い線のように見えることがございます。
チワワちゃんの白目部分にある赤い線のような充血につきましても、
池田様がおっしゃいますように、興奮時などの一時的なものである可能性が考えられます。
もし興奮時に充血がみられ、落ち着いた時間帯に見ていただいて
充血が落ち着いているようであれば、経過をみられてもよいかと存じます。

しかしながら、眼を気にしたり、充血の範囲が広がっていったり、
目やにや涙が増える、眼をシパシパするなどの変化が見られましたら、
眼に炎症を起こし、充血を起こしている可能性もございますため
一度動物病院さんにご相談をいただくことをお勧めいたします。

また、今回、池田様におかれましては、インターネット等でお調べになられた中には
結膜炎や角膜炎についてお調べになられたとのことでございますね。
特にチワワちゃんのようにくりくりとした大きな瞳のお子様の場合、
異物などにより眼を傷つけて、結膜炎や角膜炎を引き起こすことも
ございますので、ご注意いただきたいと存じます。
ご参考までに、結膜炎と角膜炎につきましてもご案内させていただきますので、
参考にしていただきましたら幸いでございます。

・結膜炎について
結膜炎とは、まぶたの裏側にある結膜が炎症を起こす眼の病気です。
結膜炎になりますと、結膜が赤く腫れて涙がでる、眼ヤニが出る、むくむ(浮腫)
などの症状が出ます。
・角膜炎について
角膜炎とは、目の黒目部分の表面をおおっている角膜が炎症を起こした状態をいいます。
角膜に刺激を受けることによっておこるので、ワンちゃんは眼を痛がって、しばしばさせたり、
涙や目ヤニで眼の周りが汚れたりします。角膜炎が重度になると、多くの場合、透明な角膜が白く濁ります。
症状が長期に及ぶと正常な角膜には存在しない血管が生じます(これを血管新生といいます)。
角膜の傷が深く、角膜表面の上皮だけでなく角膜実質におよんだ傷を角膜潰瘍といいますが、
潰瘍の場合、完治にまで長期の時間がかかる場合が多く、痛みも強くなります。

少しずつ暖かくなってまいりましたが、まだまだ気温差の大きい時節でもございます。
池田様におかれましてはくれぐれもお体ご自愛くださいませ。
チワワちゃんの健やかなご成長を心よりお祈りいたしております。
今後ともアニコムをどうぞ宜しくお願い申し上げます。



Re: 子犬の眼の充血について

- 池田

2011/02/09(Wed) 19:26

No.657

垣本様

ご丁寧な回答ありがとうございます!
おっしゃる通り、大人しい時は綺麗な白目で
遊んでる間だけ、少し血管が出ているような感じです。

とても元気で食欲もありますし、
目を痒がったり目やにが出たりも無いので
もう少し様子を見てみます。

再来週に、予防注射のため病院に行く予定ですので
その際に獣医の方にも相談したいと思います。

大変参考になりました!
本当にありがとうございました。



Re: 子犬の眼の充血について

- 獣医師 垣本

2011/02/10(Thu) 18:00

No.663

池田様

この度はご丁寧にご返信をいただき、またご様子をお聞かせくださいまして、
誠にありがとうございます。
お話のご様子から、池田様のチワワちゃんへの温かいお気持ちが
伝わってくるようでございます。
チワワちゃんがすくすくと、お健やかにご成長されることを
心からお祈りいたしております。

再来週は予防注射のご予定とのことでございますね。
その際に目のご様子をご相談されるとよりご安心かと存じます。

今後の生活の中では、気がかりに思われることもあるのではないでしょうか。
私どもといたしましても、微力ではございますが、
末永く池田様とチワワちゃんのサポートをさせていただけましたら
幸いでございます。
お電話でのどうぶつ相談を含め、お気軽にお声がけくださいませ。
今後とも、アニコムを宜しくお願い申し上げます。



ヒートについて教えてください

投稿者:はなママ

投稿日:2011/02/02(Wed) 11:01

No.642

久しぶりの投稿です。
現在、7か月を過ぎたトイプーの女の子のことです。

本などで、生後6から8か月の間に初めてのヒートが来る。ということなのですが、今のところ確認ができていません。

初めてのことなので、私自身もどういう状態なのかわからないのですが、見た目にも膨らんでくるのでわかると聞いてはいるのですが、今のところわかりません。

おしっこに、混じってる感じもありませんし、普段からちょこちょことなめているので、あまりわかりません。

教えていただきたいのは、
@初めての場合は、どんな感じでしょうか?
A8か月を超えてしまう場合もあるのでしょうか?
B始まる前には、なにか私たちがわかるような兆候があるのでしょうか?

初めてのことで、長々となってしまい申し訳ございません。
よろしくお願いいたします。

Re: ヒートについて教えてくださ...

- 獣医師 垣本

2011/02/03(Thu) 13:35

No.647

はなママ様

春の訪れが楽しみな頃ですが、
はなママ様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
トイ・プードルちゃんは元気にお散歩をしていらっしゃいますでしょうか。

この度はご相談を頂きまして、誠にありがとうございます。
さっそくご案内させて頂きたく存じますが、
一般的なご案内となりますことを何卒ご了承下さいませ。

【「ワンちゃんの発情」について】
女の子のワンちゃんは、一般的に生後6〜12ヶ月頃には体の成長が一段落して
性成熟を迎え、このころ最初の発情を迎え、その後1年に1〜2回、6〜12ヶ月の間隔で
発情を繰り返すことになります。
なお、一般的に小型犬では早く、大型犬では遅いといわれており、品種や成長のスピード
などの個体差により、初回の発情を迎える時期は様々です。

ワンちゃんでは、発情前期には陰部が赤く腫大し出血がございます。
発情出血がある期間は、通常約1〜2週間です。
ワンちゃんの発情出血はヒトの生理とは異なります。
ヒトの場合は排卵後、受精しない時に起こる出血でございますが、
ワンちゃんの場合は発情期の初期に、これから排卵をする準備のための出血になります
(妊娠準備のため肥厚した子宮内膜の毛細血管が切れることによる出血)。
したがいまして、ワンちゃんは発情出血(生理)後に排卵が起こります。

はなママ様のお子様のトイプードルちゃんは、現在7ヶ月過ぎということですね。
初めて迎える発情の時期には個体差がございますため、トイプードルちゃんはまだ発情を
迎えていない可能性もございます。まだ発情の兆候が見られないということでしたら、
もう少し様子をみられてもよろしいかと存じます。

また、出血があっても自分できれいになめとってしまう場合や、
初めての発情を迎える時には、ワンちゃんの体がまだ十分には発達しておらず、
発情出血が非常に少なくて肉眼ではわかりにくい場合もございます。
したがいまして、トイプードルちゃんにおいても、既に初回の発情を終えている
可能性もあります。
実際に発情しているかどうかは、動物病院さんで身体検査をお受けになったり、
膣内部の細胞を顕微鏡で見てもらったりすることでも確認することができます。
また、念のために、順調に成長しているか、栄養状態に問題がないかなども、
かかりつけの動物病院さんで一度チェックしていただくと、さらにご安心いただく
方法かもしれません。

【発情の兆候について】
発情前期になりますと、外陰部は触ると硬いのですが、ふっくらとしてみえます。
これが数日から2週間以上と日数に開きはありますが、この状態が続いた後に発情期が来ます。
発情期になると出血は全く見られなくなり、外陰部はふっくらとしたままですが、
発情前期と異なり、触れると柔らかくなっています。
外陰部の変化以外の兆候としては、排尿回数が増える、陰部を舐める、落ち着きがなくなる、
食欲の変化などがあります。

時節柄、体調管理の難しい時期でございます。
はなママ様におかれましては、くれぐれもお身体ご自愛くださいませ。
トイプードルちゃんがお健やかにお過ごしになられることをアニコムスタッフ一同、
心からお祈り申し上げております。
今後ともアニコムを宜しくお願い申し上げます。



Re: ヒートについて教えてくださ...

- はなママ

2011/02/04(Fri) 15:06

No.649

垣本先生、ご丁寧な回答ありがとうございます。

昨日、ちらっと陰部を見ましたら、赤い部分があったので、血かな?と思って触ってみましたが、手には何も付きませんでした。そろそろなのでしょうか?

もう少し様子を見て、動物病院で見てもらおうかと思います。
病院では、発情期が終わった後でも、発情したかどうかというのは、分かるものなのでしょうか?

よろしくお願いいたします。



Re: ヒートについて教えてくださ...

- 獣医師 垣本

2011/02/08(Tue) 10:35

No.652

はなママ様

この度はご丁寧にご返信を頂戴いたしまして、誠にありがとうございます。
トイプードルちゃんの初めての発情に関することですので、
はなママ様におかれましてもご心配は尽きないことと存じます。
はなママ様の愛情に包まれてトイプードルちゃんはお幸せでございますね。

先日、陰部に赤い部分を確認されたとのことですね。
実際にトイプードルちゃんのご様子を拝見しておりませんが、
もしかしたら発情の兆候である可能性もございます。
今回頂きました「発情期が終わった後でも動物病院さんでは発情したかどうか
分かるか」というご質問についてご案内させていただきたく存じます。

ワンちゃんの発情周期は、「発情前期」、「発情期」、「発情後期」の三つの時期に分かれており、
その後の無発情期を含めて、サイクルを繰り返しています。

ワンちゃんの陰部からの出血は「発情が始まる」という合図ですが、
この出血が見られる期間のことを「発情前期」といいます。
発情前期の後、すなわち出血が止まった頃が「発情期」となりますが、
「発情期」は約10日間続き、この時期に排卵がみられます。
発情期の後、再び男の子を許容しなくなりますが、この時期が「発情後期」といわれる時期です。
ワンちゃんの妊娠期間と同じ期間(約2ヶ月間)続きますが、
この時期にホルモンの関係から妊娠していないのに乳腺が発達したり、乳汁分泌が見られたり、
巣穴を作ろうとすることがあります。
このような症状を一般的に偽妊娠といいますが、一般的には、ホルモンの分泌低下により
数週間から約2ヶ月程度で自然になくなります。なお、偽妊娠の症状が強くあらわれる場合
などには、ホルモンの影響や症状を減らす目的で避妊手術をすることもあります。
発情後期に続いて、発情が全くない「無発情期」が、個体差はありますが約4〜10ヶ月続きます。

ワンちゃんの発情に関する状態を調べるためには、膣の細胞の検査をすることで、
その時点での発情周期を判別することになりますが、
「無発情期」に入ってしまうと、発情が来る前の状態と区別をすることが難しい
ようでございます。しかしながら、「発情前期」〜「発情後期」の間の検査であれば、
膣の細胞の状態により発情の有無を診断することができます。
また、「発情前期」、「発情期」、「発情後期」には外陰部や乳腺の状態などの視診のみで
発情の有無やおおよよの発情周期を診断できる場合もございます。

少しずつ暖かくなり、お散歩もいっそう楽しみになってまいりましたね。
発情を控えたトイプードルちゃんにとっては、体調を崩しやすい時期でもございます。
くれぐれもお大事にお過しください。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



Re: ヒートについて教えてくださ...

- はなママ

2011/02/09(Wed) 11:19

No.655

先生、ありがとうございます。

その後、陰部の腫れなどはまだ確認できませんが、相談させていただいてから、尿の回数が以前より増えてます。

もう少し、様子を見てみたいと思います。

ありがとうございました。



Re: ヒートについて教えてくださ...

- 獣医師 垣本

2011/02/10(Thu) 17:45

No.662

はなママ様

ご丁寧なご返信を頂き誠にありがとうございます。
トイプードルちゃんの発情出血を確認なさる日が待ち遠しいのではないでしょうか。
また、確認されると、はなママ様もご安心でございますね。
もう少し、見守ってあげてくださいませ。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



犬去勢後のフードについて

投稿者:岡田 孝正

投稿日:2011/02/10(Thu) 00:15

No.658

トイプードルを飼っていますが、生後6か月になりましたので、先日去勢手術を受けました。獣医師からは、ロイヤルカナンのニュータードケアという去勢後のフードを勧められましたが、BHAが使われているため気が進みません。現在ユーカヌバの子犬用に少量の缶詰を混ぜて与えていますが、成犬用体重管理フードを今から与えたほうが良いのでしょうか?

Re: 犬去勢後のフードについて

- ペット栄養管理士 三留

2011/02/10(Thu) 16:33

No.661

岡田 孝正様

春の訪れが待ち遠しい頃ですが、
岡田様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

この度はご相談をいただきまして誠にありがとうございます。
さっそくご案内をさせていただきたく存じますが、
実際のトイプードルちゃんのご様子を拝見していませんので、
一般的なご案内となりますことを、何とぞご了承くださいませ。

岡田様のトイプードルちゃんは現在6か月であり、また先日、去勢手術をなさった
とのことでございますね。
ワンちゃんは犬種や個体によっても異なりますが、ほぼ一年間で成犬になりますので、
ヒトと比べて短期間で著しい成長をいたします。
したがいまして、トイプードルちゃんは成長期の真っ只中でございますので、
成犬になってからのワンちゃんが、健康を維持するための栄養やカロリーを
要しているのに比較しますと、健康維持に加えて、成長のための栄養やカロリーが
まだまだたくさん必要な時期でございます。

なお、小型犬の子犬ちゃんの成長は大型犬の子犬ちゃんの成長よりも早く、
急激に成長をしてきたと今までと比較すると、6ヶ月齢になられ、
必要とするカロリーが以前よりは段々と下降してきている段階にあります。
また一方で、去勢をするとホルモン代謝や運動量が変化し、
消費エネルギーが減ることから太りやすくなるといわれております。

成長に必要なエネルギーや栄養をたっぷり与えることが重要な時期でもあり、
同時に太りやすくなるといわれている時期でもあるので悩んでしまわれるかと存じますが、
優先すべきは、「成長に必要な栄養やカロリーを充分に与えること」ではないかと存じます。
したがいまして、仮に体重管理のためのフードをお与えになられる場合でも、
成犬用ではなく、6ヶ月のワンちゃんに与えることも想定されたフードであることが
重要でございます。

さて、肥満とは摂取するエネルギーより、動いたり排泄したりすることにより消費する
エネルギーが多いことで起こります。
肥満を防ぐためには、摂取するエネルギーをコントロールすることと同様、
消費するエネルギーを増やすことも有効でございます。
したがいまして、成長期のトイプードルちゃんには、お散歩や遊びなどで
消費するエネルギーを増やしてあげることで調節いただくことが望ましいのかもしれません。
また先述の通り、これから成長のスピードがだんだん下降していく時期でもありますので、
フードの規定量を目安にして頂き、成長の段階にあせてお食事の量をコントロールして
頂ければと存じます。

トイプードルちゃんは、元気いっぱいで目が回りそうに大変な時期ですが、
目の中に入れても痛くないほど愛らしい時期でございますね。
ご家族様を楽しませてくれているのではないでしょうか。
トイプードルちゃんがお健やかにご成長されますことを
アニコムスタッフ一同、心からお祈りいたしております。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



柑橘系

投稿者:飯田優子

投稿日:2011/02/01(Tue) 08:54

No.640

うちの猫たちは果物が好きです。
特に八朔が気に入ってて皮をむいている時からすごい騒ぎです。
柑橘系もいろいろ食べます。蜜柑ぐらいなら問題なさそうですが八朔はエグみが気なりますが、問題ないのでしょうか。

Re: 柑橘系

- ペット栄養管理士 三留

2011/02/03(Thu) 12:00

No.646

飯田 優子 様

日向ぼっこが心地よい季節ですが、
飯田様のネコちゃんたちはいかがお過ごしでしょうか。
この度はご相談をいただきまして誠にありがとうございます。
さっそくご案内をさせていただきたく存じますが、
ご案内が一般的なものとなりますことをご了承くださいませ。

飯田様のネコちゃんたちは果物が大好きとのことでございますね。
食べたくて、嬉しそうに飯田様のお顔を見上げる猫ちゃんたちのご様子が
目に浮かぶようでございます。

<猫ちゃんの食性>
もともと肉食動物であるワンちゃんが人間との生活の中で雑食化してきたのに対して
猫ちゃんは完全な肉食のままのどうぶつです。
そのため、お野菜や果物などを消化・吸収することはあまり得意ではありません。
ただ、肉食動物であっても、たんぱく質以外の多くのバランスが取れた栄養素を
必要としています。
野生の猫ちゃんの場合は、捕食したどうぶつの腸管の中に含まれる
半消化の炭水化物や繊維質、ビタミンやミネラル
などさまざまな栄養素を吸収して、栄養素を摂取しています。

さて、果物一般の特徴ですが、
水分をたっぷり含んでおり、たいてい甘みがありますが、
これは果糖(フルクトース)でございます。
猫ちゃんの身体にとって水分をたっぷり摂取することは大変重要ですが、
一方、猫ちゃんの身体には果糖(フルクトース)を分解する酵素が欠如しています。
このため、果糖をエネルギー生産のため体に取り込むというのではなく、
尿中に排泄させることになり、大量に摂取してしまうと猫ちゃんの泌尿器系に
負担をかけることが懸念されます。

これらのことを考え併せると、
果物の摂取は、飯田様とのコミュニケーションを楽しむ時間という程度にしていただき、
できるだけ少量に留めておいていただいたほうが好ましいかもしれません。
また、かんきつ類の皮などに多く含まれているリモネンという成分は
個体差はありますが、猫ちゃんによっては強く反応をする場合もあり、
状況によっては一種の中毒症状(神経症状など)を起こす可能性も
あるようでございます。
このため、お与えになられる場合は皮をむいた後、
身の部分だけ、少量になさったほうがよろしいかもしれません。

さて、八朔のエグミでございますが、
これはナリンギンと呼ばれる抗酸化作用をもつポリフェノールの一種でございますので、
特にご心配には及ばないかと存じます。

果物には大変多くの種類がありますが、このうち、ブドウはワンちゃんにとっては腎臓機能に
障害を与えるという報告もあがっているようです。
しかしながら、猫ちゃんへの影響については、まだはっきりとしたことは
分かっていないようでございます。
ただ、猫ちゃんであっても、ご安心のためにお与えになるのはできるだけお控えになられた
ほうがよろしいかもしれません。
他にもアボガドに反応を示す場合などもございます。
初めてお与えになられる種類の食べ物は、ほんの少しずつ、
大丈夫であるのを確認しながら増やしていったほうがご安心でしょう。

今日は節分でございますね。だんだん春の彩りが強くなっていくのでしょうか。
飯田様と猫ちゃんたちがお過ごしになられる毎日が、温もりに満ち、笑顔に溢れたものであるよう
心からお祈り申しあげております。
猫ちゃんたちによろしくお伝えくださいませ。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



Re: 柑橘系

- 飯田優子

2011/02/09(Wed) 09:25

No.653

お返事ありがとうございました。
いろいろ調べたのですが、柑橘系は猫は食べない。らしく情報が得られず不安でした。
どうしても与えたいわけではないのですが、要求が激しいので、毒にならないのなら、すこしぐらいあげてもいいのかと思います。



Re: 柑橘系

- ペット栄養管理士 三留

2011/02/10(Thu) 14:56

No.660

飯田 優子様

ご丁寧にご返信をいただきまして誠にありがとうございます。

冬は蜜柑や八朔の美味しい季節、
美味しいものをネコちゃんたちと一緒に分け合うのは
とても素敵なことでございますね。
ネコちゃんの体に負担を与えたり、肥満につながったりするほど
たくさんあたえなければ問題は生じないかと存じますので、
一緒に食べる時間を楽しんでくださいませ。

気がかりに思われることがおありの際には、
お気軽にお声掛けくださいませ。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



噛み癖について

投稿者:平尾 由佳

投稿日:2011/02/07(Mon) 12:24

No.650

噛み癖があり、先日トリミング中に急に噛みそうになり、バリカンで足を負傷・・4針縫いました。何とか噛み癖をなおしてやりたいのですが、何か良い方法はないでしょうか?

Re: 噛み癖について

- ドッグライフカウンセラー 三留

2011/02/10(Thu) 10:17

No.659

平尾 由佳 様

寒空に梅の花が楚々とした顔を見せてくれる頃となりましたが、
平尾様におかれましては、いかがお過ごしでしょか。

平尾様のお子様が、先日トリミングの最中に急に噛みそうになり、
足をお怪我をなさったとのこと、さぞかしご心配をなさったこととお察しいたします。
その後、お怪我のご様子はいかがでしょうか。どうぞお大事になさってくださいませ。

さて、平尾様のお子様の噛んだときのご様子からは、怖くて思わず噛んでしまっている、
あるいは噛むことで嫌なことを止めさせようと思い、噛んでいるのではないかと
推測いたしておりますが、いかがでしょうか。

今回のご案内は、上述の二つを原因とする噛み癖についてのご案内とさせていただきたく
存じますが、しつけ・健康相談サイト「どうぶつ相談室」のご案内も参考にしていただければ
幸いでございます。
http://www.anicom-page.com/labo/2009/04/1-7.html
なお、実際のご様子を拝見していませんので、一般的なご案内となりますことを
ご了承くださいませ。

【怖くて思わず噛んでしまう】
ワンちゃんには、それぞれ嫌いなもの、怖いものがございます。
何か嫌悪や恐怖を感じた経験があったことによる場合が多いのですが、
何かの折、そのときと似た状況になっただけで、
また同じことが起こるのではないかと思い、強く反応することがございます。
このような反応や行動は、自分を守ろうとして思わずしてしまう行動でございますが、
動けなくなったり震えたりするワンちゃんもいますし、
噛んだり暴れたりするワンちゃんもいます。

取る行動は異なっても原因は恐怖や嫌悪によるものですが、
どちらについても、「大丈夫だよ」と慣らしていくことが必要でございます。
慣らしていくための方法ですが、
少しずつ、ワンちゃんの好きなものと結びつけながら
慣らしていくのがポイントでございます。

例えば、トリミングが嫌いなワンちゃんであれば、
最初は、サロンが見えるくらいの場所で遊んであげたりして、楽しい記憶を
嫌な記憶の上に少しずつ被せていきましょう。
また、サロンが見えるくらいの場所で、好きなオモチャやオヤツなどで
気持ちをそらしながら、スワレと指示をしていただき、落ち着いていられたら、
褒めたり、ご褒美を与えたりなさることでお子様に自信をつけさせてあげても
よろしいでしょう。
好ましい経験を通して、次第にサロンに入れるようになったら、
トリマーさんに遊んでもらったり、撫でてもらったりして、
サロンが心地よいところだというイメージを与えます。
このような流れを経てトリミングをさせてあげるようになさるとよろしいかと存じます。

しかしながら、平尾様のお子様のように、お怪我をするなど、ショックな経験を
してしまうとそのときの恐怖をなかなかぬぐえない場合もございます。
このような場合には、無理をなさらず、トリミングサロンを変えてみるのも
一つでございます。
お散歩のときにお会いになられたワンちゃんを飼っていらっしゃる方などにお尋ねになられて、
相性の良いトリマーさんとの出会いを探られるのもよろしいかもしれません。

他のワンちゃんが嫌いな子であれば、
急にワンちゃんと挨拶をさせるなど、無理をなさらないようにしましょう。
最初は、遠く、他のワンちゃんの存在が視界に入るが、まだ反応をしないですむ程度の位置で
楽しい経験をさせてあげます。
このようにすることによって、他のワンちゃんに良いイメージを持たせてあげます。
時間をかけて、少しずつ、ほかのワンちゃんが視界に入っていることに慣れてきたら、
遊ぶ距離を少しずつ縮めていきます。

ただし、何かの折、実際に噛んだ場合は、その瞬間に「今やったことはいけないよ」ということを
教えてあげるために、低い落ち着いた声で叱ることが重要です。
「ダメ」などとご家族様でお決めになられた言葉で統一いただき、
とにかく低い落ち着いた声で叱ります。そして止めたら褒めてあげてください。

なお、飼い主様はどんなときも動じない姿勢をワンちゃんに見せてあげる
必要がございます。「何があってもあなたを守ってあげる」という飼い主様の気持ちを
伝えるためにも、ワンちゃんが興奮しているときほど、飼い主様は落ち着くようにしましょう。

【噛んだら嫌なことを止めてもらえると思っている】
ワンちゃんは自分の行動の前後、周囲に何が起きたかを大変よく覚えており、
この経験をもとに、次に行動をとるようになります。
今まで、噛んだら嫌なことを止めてもらえたという経験があると、
噛むことにより、嫌なことを止めさせようとします。

このように、噛むことで嫌なことから逃れようとしている場合は、
「噛んでも、思うようにならない」ということをワンちゃんに教えることが重要です。
例えば、ブラッシングが嫌いなワンちゃんが、止めて欲しくて噛んだときには、
低い声で「ダメ」と叱りながらも平然とした顔でブラッシングを続けてしまいます。
このときに、手を引っ込めなくてもいいように、軍手などをご利用いただくと
よろしいかもしれません。
飼い主様が噛まれても動じず平然としながら、ブラッシングをしながら「お利口ね」
と褒めてあげる行動を続けることで、何が自分にとってよいことをもたらすか、
何をしたらいけないかをワンちゃんは覚えていくかと存じます。

すぐに伝わることではなく、繰り返し、いつも同じ対応が待っていることを通して、
教えていくことになりますので、根気強く対応をしていただければと存じます。
また、日頃から被毛をやさしく撫でることで、飼い主様に触ってもらうのは心地良い
という経験を作ることも大切です。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、お電話でのご契約者様への
健康相談、しつけ相談の無料サービスを承っております。
実際のワンちゃんの状況をお伺いしながらのご案内が可能かと存じますので、
こちらもぜひご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 0800-888-8256
(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土・日・祝日9:30〜15:30
土曜日、日曜日、祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

これから気温差が大きくなる時期を迎えます。
体調維持の難しい時期でございますが、平尾様におかれましてはくれぐれも
ご自愛くださいませ。今後ともアニコムを宜しくお願い申し上げます。