教えて!アニコム損保!しつけ・健康相談 皆様のご質問にお答えいたします。

ご注意

回答までのお時間は3営業日以内とさせていただきます。
緊急を要する健康相談の場合は、すぐに動物病院を受診してください。
直接どうぶつさんのご様子を拝見しておりませんので、一般的なご案内となりますこと、また、投稿フォームにはURLを入力できない設定となっておりますことをご了承ください。

証券番号

  • (記入例:S00123452)

  • ご入力いただいた証券番号は公開されません。

ニックネーム

タイトル

コメント

  • URLはご入力いただけません。

添付File

暗証キー

  • (英数字で8文字以内)

投稿キー

  • (投稿時 投稿キー を入力してください)

文字色

生理について

投稿者:ikkuma

投稿日:2010/11/15(Mon) 21:18

No.573

ゴールデンレトリバー8歳の女の子です。
通常は20日程で終る生理が今回はなかなか終らず、むしろ20日目頃から出血量が増え始めました。
すぐ病院に行き、一通りの検査をしてもらうも異常なし。止血剤が処方されました。
今日で服用4日目になりますが、まだ完全には止まらないものの、出血量は順調に減りつつあります。
現在も定期的に通院して検査を続けています。
このまま検査結果に異常がない場合、考えられる原因は何があるんでしょうか?
また、止血剤をやめたとたん、出血がぶり返すということはありますか?
教えてください、宜しくお願いします。

Re: 生理について

- 獣医師 山本

2010/11/18(Thu) 17:09

No.581

ikkuma様 

色とりどりの紅葉が目を楽しませてくれる今日この頃でございますが、ikkuma様に
おかれましてはいかがお過ごしでしょうか?

このたびは、ご相談を頂戴いたしまして誠にありがとうございます。
8歳のゴールデンレトリバーちゃんの生理が止まらず、現在治療中とのこと、さぞかし
ご心配でいらっしゃることとお察しいたします。

早速、お問い合わせの件につきましてご案内をさせていただきますが、ゴールデンレトリバー
ちゃんの実際のご様子を拝見していないため、一般的なご案内になりますことをご了承
くださいませ。
【発情周期について】
女の子のワンちゃんの性周期である「発情周期」は、「発情前期」、「発情期」、「発情休止期」、
「無発情期」の4期に分けられますが、これらは性ホルモンによって支配されています。
そのうち「発情前期」と「発情期」をいわゆる発情と考え、一般的に、性的に成熟した女の子の
ワンちゃんには年に1〜2回のこの発情が起こります。

発情前期は平均7日間続き、この時期のワンちゃんの体内では、発情ホルモンであるエストロ
ジェン濃度が増加します。
この時期のワンちゃんには外陰部の腫脹や血様分泌物の排出、膣の充血・浮腫などが生じ
ますが、中には陰部を気にして、分泌物を全て舐め取ってしまい、飼い主さんが発情に気付
かないこともあります。

発情期は、交尾の許容を示す時期から交尾許容を拒否する時期までを考え、平均9日間
続きます。外陰部の腫脹の軽減や血様分泌物が薄くなる時期であり、エストロジェン濃度の
減少と、プロジェステロン(黄体ホルモン)濃度の増加がおこります。

発情休止期は平均6〜8週間続き、プロジェステロン濃度が高く持続し、さらにプロラクチン
という乳腺を刺激するホルモンが増加します。この時期は、偽妊娠のような兆候が見られる
時期であり、子宮壁が肥厚し、乳腺腫脹がみられ、時には乳汁分泌、おもちゃに愛着を
わいたり、巣作り行動をしたりすることもあります。

無発情期は次の発情前期までをいいます。プロジェステロン濃度は減少します。
なお、それぞれ平均の日数については、かなりの個体差がありますので、参考にしていただけ
ればと存じます。

さて、ikkuma様のお子様は発情出血がいつも20日間くらい続くということでございますね。
平均よりやや長めではございますが、出血の量や期間については個体差がございますし、
ホルモンの分泌などは、その期間のゴールデンレトリバーちゃんの体調等によっても異なる
場合があるかと存じます。
今回はさらにその期間が過ぎても出血が増えてきたということでございますね。
以下、このまま、問題なく落ち着くことも多くあるかと存じますが、ご病気として考えられること
についてご案内させていただきたく存じます。

【不正発情について】
通常の発情出血期間の後にも出血が長く続いたり、発情の間隔が短くなったり、いつもより
早くにまた出血が始まるなどという不正な発情が起こる場合は、ホルモンの異常、卵巣・子
宮の疾患が考えられることがあります。

女の子のワンちゃんは、発情休止期には妊娠の有無に関わらず、発情の度に
子宮が卵子を着床し易くするために、子宮内膜の肥厚、子宮腺からの分泌の促進を起こし、
胎子が育ちやすいようなベッドを作ることをおこなっています。
このような状態が加齢とともに繰り返されることで子宮内膜過形成や子宮粘液症の発症を
起こす危険性が高まります。さらにこの時期は細菌の侵入が起こりやすく、子宮内膜炎や
子宮蓄膿症の発症につながることもみられますし、高齢期を迎えたワンちゃんは、卵巣・子
宮・膣における腫瘍の発生のリスクも高くなると考えられています。

不正な発情が起こった場合には、何か疾患が隠れているのではないかを総合的に判断
するため、状況に応じてさまざまな検査を行う場合がございます。
例といたしましては、今までの既往歴も含めた問診の後、一般身体検査、血液生化学
検査、レントゲン検査、超音波検査などの検査を獣医師が選択したり、状況に応じて組み
合わせて行うことがございます。
また、ゴールデンレトリバーちゃんのオシッコの出方や元気や食欲、嘔吐・下痢の有無、
飲水量の変化などはいかがでしょうか。
陰部は子宮・膣の出口だけではなく、オシッコの通り道でもあります。したがいまして、血液
が混じったものが陰部より排出しているのであれば、尿道・膀胱の炎症などの可能性も
ございます。
膀胱炎・尿道炎では、排尿回数の増加、排尿時間の延長、排尿痛、尿量の減少・色・臭い・
混濁の有無などの変化が多くの場合、見られます。

ゴールデンレトリバーちゃんは一通りの検査をしていただき、特に異常がなかったとのこと
でございますね。
先にご案内した検査項目の全てに異常がない場合でも、まだその初期段階であり、その後
お時間がたった場合に、検査結果が異なる場合もあるかと存じます。
また、現在の治療をおこなっても状況が変わらないということであれば、かかりつけの先生
とご相談の上、卵巣・子宮を摘出する避妊手術も治療のご選択の一つとしてお話がある
可能性がございます。

避妊手術は全身麻酔が必要な手術でもありますので、術前検査をしっかりとしていただく
ことで、ゴールデンレトリバーちゃんが麻酔をかけられる状態にあるのかなどを評価してい
ただく必要性がございます。
麻酔に関してもよく、かかりつけの先生からお話をお聞きになられることをお勧めいたします。

【出血について】

今回のゴールデンレトリバーちゃんの出血の原因が、はっきりとわかっていないとのことで
ございますが、仮に子宮などからの出血が続くようであれば、ホルモンの分泌異常や重度の
炎症、増殖の著しい腫瘍の可能性、また止血異常などの可能性も考慮しなければならない
かもしれません。
原因によっては止血剤の投与により効果がみられないこともあれば、あるいは、多少改善が
みられても投与を止めればすぐに再発する可能性も考えられるかもしれません。

以上、お伺いした内容をもとに、一般的なご案内等をさせていただきましたが、これらを
ご参考にしていただき、今後の経過を慎重にご覧いただきながら、かかりつけの先生とも
よくご相談いただければと存じます。
ご不安な点などについても、率直にご相談されることをお勧めいたします。

なお、避妊手術や子宮蓄膿症に関しましては、下記のしつけ・健康関連情報サイトも
ご参考にしていただけましたら幸いです。

「どうぶつ相談室」 ワンちゃんの避妊手術・去勢手術
http://www.anicom-page.com/labo/2009/04/post-205.html#more
「どうぶつ相談室」 子宮蓄膿症 
http://www.anicom-page.com/labo/2009/04/post-101.html

晴れた日は、落ち葉のじゅうたんを踏みしめながらのお散歩が気持ちのよい季節ですが、
体調を崩しやすい時節でもございます。
ikkuma様におかれましては、十分にお体をご自愛くださいませ。

ikkuma様が少しでも早く、安心してお子様とお過ごしになられますことを心よりお祈り
いたしております。
今後とも何卒アニコムをよろしくお願いいたします。



鑑札についてです。

投稿者:はなママ

投稿日:2010/11/10(Wed) 15:20

No.558

こんにちは。
4か月のトイプードルの女の子です。

生後3か月を過ぎて、市役所に登録してきました。
その際に、鑑札を頂いたのですが・・・。
法律では、必ず付けないといけないとなっていますが、まだ体も小さく、普段家にいるときは首輪はつけてませんので、どうしても付け忘れてしまいます。

私が持ち歩いていても意味がないと思いますので、
なにかいい場所などはありませんでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Re: 鑑札についてです。

- ドッグライフカウンセラー 三留

2010/11/12(Fri) 09:45

No.566

はなママ様

街にはクリスマスのイルミネーションでにぎやかな頃となりましたがいかがお過しでしょうか。

はなママ様のトイプードルちゃんは晴れて市役所に登録も終えられたとのこと、
私達人間でいうと、しっかりと戸籍が作られたということでございますね。本当におめでとうございます。

犬の登録をした際に交付される「鑑札」と
狂犬病予防注射の接種を受けた際に交付される「注射済票」は、
ワンちゃんに着けておくことが義務付けられています。
鑑札にはトイプードルちゃんの登録番号が記載されていますので、
万が一、迷子になってしまっても、鑑札があれば飼い主様の元に戻ってくる確率は高くなります。
そのような点でも、鑑札は飼い主様の大変心強い味方でもあります。

はなママ様がおっしゃいますように、お家の中で首輪を付けずに寛いでいる状態でいると、
いざお出かけというときにどうしても首輪に鑑札を付けることを忘れがちになりますね。
お出かけに備えて、あらかじめ首輪の止め具に鑑札をつけておかれたらいかがでしょうか。

少しずつでもお付けになられることを意識していただき、
習慣化していただくうちに、鑑札が付いていたら当たり前となるかと存じます。
どうか大切なトイプードルちゃんを狂犬病からも迷子からも守っていただければと存じます。

トイプードルちゃんと過ごす初めての冬の到来でございますね。
外は寒いですが、はなママ様とトイプードルちゃんの心はポカポカではないでしょうか。
どうぞ、笑顔の絶えない素敵な毎日をお過しくださいませ。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



Re: 鑑札についてです。

- はなママ

2010/11/17(Wed) 15:24

No.578

三留先生

ありがとうございます。
鑑札は、首輪につけておくことにします。
もし、万一のことがあった場合のことを考えて・・・。

あと、ICチップのことでお伺いしたいのですが、
うちは、やはりチップが小さいとはいえ、可哀想だということで入れませんでした。
特に動物病院の先生などにも、聞かれたり勧められたりはなかったのですが、チップを埋め込むことの良いところ悪いところを教えていただけませんでしょうか?

災害時など、ペットが迷子になった場合、効果的というのは聞いたことがあるのですが。

よろしくお願いいたします。



Re: 鑑札についてです。

- ドッグライフカウンセラー 三留

2010/11/18(Thu) 15:15

No.580

はなママ様

風の冷たさにマフラーや手袋がありがたい頃となりましたが、
トイプードルちゃんは元気に駆け回っていますでしょうか。
鑑札は、首輪に付けておいていただけるとのこと、
ワンちゃんは大きな音などに驚いたり、恐怖等を感じたりしたときには、
思わぬ行動をとることがありますが、鑑札がトイプードルちゃんのお守り代わりに
なってくれると安心でございますね。

さて、今回ご質問いただきましたICチップでございますが、
一般的にマイクロチップと呼びます。
メリットについては、はなママ様がおっしゃいますように、まず「災害時や迷子のときなどの際に
安心」という点です。
他にも、「何か物理的な衝撃があっても外れてしまうことなく、身元等の情報を証明してくれる」、
「海外に引越しをされるときなど、マイクロチップの挿入が検疫の条件となっていることが多い」など
も挙げられます。

なお、平成17年に改正された動物愛護法では、飼い主さんの責任として、
「動物が自分の所有であることを明らかにするための措置を講ずること等に努めなければならない」と明示
されていますが、マイクロチップは所有者であることを示す措置として
たいへん有効な手段であるかと存じます。

デメリットとしては、「読み取りのためのリーダーがあって初めて情報を読み取ることができる」、
「痛みについては、人側からの推測でしかないので、正確には把握できない」、
「開発してからの年月がまだ短く、挿入による個体への影響について正確な情報がつかめていない
可能性がある」などが挙げられます。
なお、最近では体温測定の機能のついたマイクロチップが開発されていますが、
今後の研究が楽しみな分野でもございますね。

なお、マイクロチップについては、
以下の「どうぶつ相談室」に関連記事がございます。
ご参考にしていただければ幸いです。
http://www.anicom-page.com/labo/2009/09/post-268.html#more

年末年始のあわただしさを感じる頃でもございますが、
はなママ様におかれましては、くれぐれもご自愛くださいませ。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



避妊手術とリンパについて

投稿者:メイプル

投稿日:2010/11/12(Fri) 21:51

No.569

3歳のミニピン女の子です。
生後6カ月から1歳ごろまで耳の下から頬の下あたりのリンパ
が腫れたので治療をしておりました。原因は不明。
現在は、多少腫れ(しこり)が残っているようにみえます。
避妊手術を行うと何か影響(リンパの腫れ再発)がありますか?
避妊手術は何歳ごろまでに行えばよいですか?
子宮蓄膿症の見分け方があれば教えてください。
以上よろしくお願いします。

Re: 避妊手術とリンパについて

- 獣医師 山本

2010/11/17(Wed) 15:20

No.577

メイプル様

日ごとに秋の色が深まり、紅葉も目を楽しませてくれる時節となりましたが、
メイプル様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか?

この度はご相談を頂きまして誠にありがとうございます。
以前にリンパが腫れて治療を行った経験がおありで、避妊手術に対してご不安とのことで
ございますね。

早速、お問い合わせいただきました件についてご案内をさせていただきますが、 
ミニピンちゃんの実際のご様子を拝見していないため、一般的なご案内になりますことを
ご了承くださいませ。

【リンパ節について】

リンパ節は免疫に関与して、病原体などの外敵から体を守る役目をしており、ワンちゃんの
体にはたくさんのリンパ節が存在しています。
リンパ節は感染症、炎症、腫瘍、自己免疫疾患、アレルギーなど、さまざまな疾患で腫れる
ため、リンパ節の腫れの原因を追究するため、その時の症状などにあわせて検査を行う場
合が多くございます。

リンパ節には腫れると体の表面から触れることができる「体表リンパ節」と、内臓の近くの
体内深部に存在する「深部リンパ節」があります。
今回、メイプル様のワンちゃんの症状があらわれている「下顎リンパ節」は体表のリンパ節
の一つであり、その他の体表リンパ節には、「浅頚リンパ節」、「腋窩リンパ節」、「鼡径リンパ節」、
「膝窩リンパ節」などがあります。

【リンパ節の腫脹について】

「いつから腫れているのか」、「どのくらいのペースで大きくなっているのか」などがポイントと
なりますが、「腫れが一個なのか複数なのか」という点も診断する際の重要なポイントです。
リンパ節が腫れているのに気付いた場合は、まず触れてみて、「他のリンパ節が腫れていない
か」を確認いたします。
また、「リンパ節やその周囲に痛み、熱感、皮膚の発赤がないか」、「穴があいて漿液などの
液体が出ていないか」 「硬いのか、軟らかいのか」などを確認します。なお、あまり頻繁で
あったり、また強く触って刺激することは、さらにリンパ節への刺激を与えてしまうためなるべく
避けていただき、動物病院の先生へ確認をしていただくことをお勧めいたします。

リンパ節の腫れだけでなく、腫れの程度がどんどん大きくなり、悪化する傾向にあったり、
さらに食欲不振、元気消失、発熱、体重減少など全身状態の不調がある場合は、重大な
問題が考えられるため、早急な対応が必要になります。
組織にはそれぞれ所属するリンパ節がありますが、ある組織が炎症などを起こすとその
所属するリンパ節が腫れます。メイプル様のお子様のように下顎周囲のリンパ節が腫れ
た場合は、まずは口腔内の疾患、顔面・頚部などの疾患、その周囲の皮膚などに変化が
ないかを疑います。また、その他のリンパ節などに腫脹がないかも確認いたします。

複数のリンパ節の腫脹がみられるときや、単一でも腫脹の拡大がみられたり周囲組織へ
の影響などがあれば、リンパ節の腫脹の原因が全身的なものでないかを調べるために
「血液生化学検査」や「レントゲン検査」、「超音波検査」などを早急に進める必要がある
こともあります。

また、リンパ節に針を刺して細胞を取って行う「針吸引細胞診」やリンパ節を外科的に切除
して行う「病理組織学的検査」などを行えば、腫脹の原因となっているのが、炎症なのか
腫瘍なのか、あるいは過形成なのかについて、ある程度の診断を行うことができます。

治療はその病状によりさまざまですが、リンパ節の腫脹の原因となったものに対しての治療
を行うことになります。炎症などがあれば、抗生物質や消炎鎮痛剤などの投与を行うこともあ
りますし、リンパ腫のような、悪性の腫瘍によりリンパ節が腫脹しているのであれば、抗がん剤
などの投与を行います。

メイプル様のお子様のように、リンパ節が腫れていても原因が不明であることは多くあり、
治療を終えた後も大きくなることはなく、病的な変化がなければ経過をみることもございます。
多少の腫れ(しこり)が残っているとのことでございますので、今後の経過が重要でございま
す。何か変化があった場合は、すぐにかかりつけの先生へご相談をしていただくことをお勧
めいたします。

【避妊手術について】

小型犬の女の子においては平均して年2回の発情がございますが、避妊手術を行うことに
より、さまざまな病気の予防ができることが知られています。
<避妊手術のメリット>
・  望まない交配、妊娠を回避できる。
・ 卵巣・子宮の病気になることを避けることができる。
・ 発情に関するストレス(発情周期に伴う体調や行動の変化など)から解放でき、
また発情出血などの煩わしさもなくなる。
・ 早期に避妊手術を行うことにより、乳腺腫瘍になる確率が低くなる。
<避妊手術のデメリット>
・麻酔に対するリスクがゼロではない。
・避妊手術をした後には代謝の変化により、太りやすくなる傾向がある。     など

避妊手術は全身麻酔をかける必要がある手術ですので、若く健康状態が良好な間に
行うことが望ましいといわれています。
また程度はお子様より異なりますが、年を重ねることで心臓、肝臓、腎臓などの全身の機能
は徐々に低下し、全身麻酔はその分、リスクが生じることが想定されます。
さらに卵巣・子宮などのご病気が生じてからでは一般状態も悪くなっているため、さらに
リスクは増えることになります。
したがいまして、避妊手術の時期は極力若い時期のほうが好ましく、また健康状態の良好な
時期に行うことが望ましいといえるでしょう。

【リンパ節への影響】

避妊手術は、お腹を開けての卵巣・子宮の摘出手術を行うことが一般的ですが、手術をした
ことにより手術創の修復をするために免疫系が作用するため、その組織を支配するリンパ節
に影響を与えることは起こり得るかと存じます。
また、既にリンパ節の腫脹が起こっており、腫脹の原因が基礎疾患にあるのであれば、全身
麻酔をかけることにより、もととなる基礎疾患が悪化する引き金になることも可能性としては
ございます。
一方で、治療をお止めになってから時間も経過して、その後、特に大きな変化もないという
ことであれば、それほど問題もない可能性もございます。
避妊手術を行わないリスク、麻酔のリスクなどを含め、メイプル様がご不安になられている
内容を率直に先生にお伝えして、納得されるまでご説明を受けられると、よろしいかと存じ
ます。

【子宮蓄膿症について】

子宮蓄膿症は、開放型と閉鎖型に分けられますが、開放型は膿や血液のような分泌液が
外陰部にみられ、元気消失、食欲不振、多飲多尿、発熱などの症状が現れることがあります。
軽症で分泌物が少量しかみられないこともあり、症状はさまざまです。

閉鎖型は外陰部からの分泌物はみられませんが、分泌物が排泄されず、腹部膨満の症状
がみられることがあります。また、分泌物の排泄以外は開放型と同様の症状が起こります。
また、開放型と比べて、膿が排出されない分、敗血症に移行することもあり、他にも下痢、
嘔吐、ショックなどの重篤な症状を示すこともございます。

女性ホルモンの影響から、発情後期に免疫状態が低下し、細菌感染を受けやすい状態と
なるため、特にこの時期には子宮蓄膿症の発生リスクが高まります。


なお、子宮蓄膿症に関しましては、下記のアドレスのしつけ・健康関連情報サイトも参考に
していただけたら幸いです。

「どうぶつ相談室」  子宮蓄膿症
http://www.anicom-page.com/labo/2009/04/post-101.html

朝晩の気温差が大きく、お風邪を引きやすい時期ではありますが、
メイプル様におかれましては、体調を崩されませぬようくれぐれもご自愛くださいませ。
少しでも早くメイプル様がお子様と安心してお過ごしになられますことを、心よりお祈り
いたしております。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願い申し上げます。



ドッグフードの量としぐさについ...

投稿者:maru

投稿日:2010/11/09(Tue) 22:44

No.553

以前もご相談させていただいた、3ヶ月のマルチーズを飼っているものです。体重は1.2キロです。


2点程相談させて下さい。
ドッグフードの量なのですが、家に来た時からずっと1日3回
合計30グラムあげています。(ペットショップで指示あり)
大きくなってきたので、足りないのではないかと思っています。ペットショップの店員さんに聞いたところ、お腹の張り具合がちょうどよいので、増やさず今のままで良いと言われましたが、ドッグフードを食べる時も、すごく早く1分もしないうちに食べてしまうのです。噛んでいないような気がします。
食事の量が足りないからそういう行動に出てるのかな?と思ってしまいます。
増やしたほうが良いのでしょうか?

もう1点ですが、1週間くらい前から、時間を決めてケージの外に出しています。
やはり、走り回ったりしてすごくうれしそうです♪
その時、家族にお尻をくっつけたり、足にまたがってくるのです。腰を振るわけではなくて、またがったままなのですが
これはマウンティングでしょうか?

よろしくお願いします。



Re: ドッグフードの量としぐさに...

- ペット栄養管理士 三留

2010/11/11(Thu) 18:57

No.565

maru 様

雲一つなく、心地よい晴天が続いておりますが、
maru様におかれましてはいかがお過しでしょうか。
この度はご相談をいただきまして誠にありがとうございます。

さっそくご案内をさせていただきますが、
実際のマルチーズちゃんのご様子を拝見していないため
一般的なご案内となることをご了承くださいませ。

<お食事量について>
一般的にドッグフードを包装してある袋には「総合栄養食」と印刷されていますが、
maru様が与えていらっしゃるドッグフードはいかがでしょうか。
ワンちゃんの健やかなご成長のため、また健康維持のためには、
ワンちゃんの食性に適した栄養素の摂取や相互の栄養バランスが必要となりますが、
このための栄養基準を一定以上満たしているフードを「総合栄養食」といいます。
また、ライフステージにあわせ、必要なカロリーや栄養のバランスは異なりますので、
幼犬用、成犬用など、その時期にあわせたフードが販売されています。
(なお、オールステージ用として全てのライフステージにも適する商品もあります。)

マルチーズちゃんは生後3か月とのことですね。
成犬のように健康維持だけということではなく、この時期は成長が著しく、一生の中でも
特別に多くのカロリーや栄養が必要でございます。
マルチーズちゃんにも現在、幼犬用のフードをお与えになって
いらっしゃるのではないでしょうか。

フードを包装してある袋には、それぞれのワンちゃんの状況(年齢や体重など)に応じた
必要な分量が目安として印刷されていますが、その時期のワンちゃんの状況に食事量が適しているか
確認しながら増減していく必要がございます。
個々の商品により一粒当たりのカロリーや栄養素は異なるかもしれませんが、
一粒あたりのカロリーが少なければ与える分量が多くなり、
反対に多ければ、与える分量は少なくなります。なお一般的に幼犬用のフードは、一粒あたりの
栄養素やカロリーが高いのが特徴です。

ワンちゃんの成長のスピードや、犬種等により、また個々のワンちゃんによりある程度の相違は
ありますが、概ね8ヶ月くらいになると成長が一段落いたします。
そのため、必然的に、この頃になると食事量を減らすように作られている商品が多いようですが
だいたい生後半年くらいまでは、成長にしたがい食事量を増やすように製造されている
ことが多いようです。
マルチーズちゃんには、お迎えになられてから同じ量を与えていらっしゃるとのことですが、
一度、ドッグフードの包装袋の分量とマルチーズちゃんの成長の状態が合致しているかどうか
の確認をしてみてはいかがでしょうか。
なお、この分量はあくまでも目安であり、その子の運動量や季節等の条件により
1割くらいの増減は問題ないといわれておりますので、
マルチーズちゃんの環境にあわせて調節していただければと存じます。

成長著しい子犬ちゃんのお宅では多くの場合、マルチーズちゃんと同じように
あわただしいお食事の風景がみられるのではないでしょうか。
噛まないので心配に思われるご家族様も多いのですが、特にご心配はいらないかと存じます。
ワンちゃんの歯には、もともとは肉食動物であった名残りが残っており、
お肉のようなものを噛みちぎるのには適しています。ところが、ドッグフードのようなタイプの
お食事をすり潰して食べるにはあまり得意でありませんが、ドッグフードを噛まずに
食べてしまっても、健康状態の良好であれば
胃腸でしっかりと消化吸収をしますので、一般的には問題はございませんので
ご安心くださいませ。

<マルチーズちゃんの仕草について>
私たち人の世界では、視覚が情報収集の大きな役割を担っていますが、
ワンちゃんの世界では、嗅覚や聴覚が大きな役割を果たしています。
ワンちゃんがお散歩のときに、地面に残るほかのワンちゃんのにおいを夢中になって
嗅いでいる様子をご覧にならえることがありますが、
ワンちゃんは他のワンちゃんのオシッコのにおいから、多くの情報収集をしています。
また、お尻には肛門腺があり、この中には分泌液がはいっていますが、
ワンちゃん同士はこの匂いを嗅ぐことにより相手を知り、自分を知ってもらいます。
挨拶のようなものですが、挨拶をするにも順序がございます。
ワンちゃん同士には序列がありますが、下位のワンちゃんが上位のワンちゃんにお尻をみせて
嗅いでもらい、ようやく下位のワンちゃんが上位のワンちゃんのお尻の匂いを
嗅がせてもらう順番がくるのです。
マルチーズちゃんがご家族様にお尻をむけるとのことですが、
マルチーズちゃんの行動は、上述のワンちゃん同士の挨拶行動に類するものであるかもしれません。

他にも、お尻を何かにこすりつけるような行動をする場合には、
お尻周辺に何か違和感がある可能性もありますので、
このような場合には、一度動物病院さんにご相談いただければと存じます。

また、足をまたぐ動作でございますが、
maru様にじゃれているのではないでしょうか。
あるいは偶然maru様の足をまたいだときに、周囲の方が何か声をかけたり、
楽しそうに笑ったり、騒いだりなさったことがあり、
「足をまたぐこと=遊んでもらえる」とマルチーズちゃんが記憶をしたのかもしれませんが、
お心当たりはございませんでしょうか。

さて、マウンティングとは、ワンちゃんが後ろ足で立って、相手のワンちゃんの背中に
覆いかぶさったり、ヒトの足や物などにしがみつき、腰などを振ったり、チョンチョン
飛び跳ねたりする行動をいいます。このマウンティングは発情行為などの性的な行動
である場合だけではなく、群れの中での順位付けのために行われ、相手よりも自分の方が
上位であることを確認する行為だともいわれております。

マルチーズちゃんの今の行動は、マウンティングではないかとは存じます。
ただ、今後のことをお考えいただくと、マルチーズちゃんがmaru様の足をまたいだときには、
表情も変えず、masu様はその場を離れてしまったらよろしいかもしれません。

maru様と楽しそうに遊ぶマルチーズちゃんの、元気いっぱいのご様子を思い浮かべるだけで
思わず笑みがこぼれてしまいます。
マルチーズちゃんのお健やかなご成長を心からお祈り申し上げております。



Re: ドッグフードの量としぐさに...

- maru

2010/11/14(Sun) 20:55

No.571

ご丁寧なお返事をありがとうございました。

ドッグフードの量はパッケージに記載されている量に
変更したところ、お腹の張り具合もちょうど良い具合になりました。

まだぐ行為はマウンティングでは無いとの事で安心しました。

またご相談させていただくと思いますのでよろしくお願い致します。



Re: ドッグフードの量としぐさに...

- ペット栄養管理士 三留

2010/11/16(Tue) 16:39

No.575

maru 様

この度はご丁寧にご返信をいただき誠にありがとうございます。
maru様から承ったご様子からマルチーズちゃんがお腹がいっぱいのときの
可愛らしい、満足げな表情が目に浮かぶようでございます。
キラキラとした瞳の愛らしいマルチーズちゃんに、どうぞよろしくお伝えくださいませ。

今後ともアニコムをどうぞよろしくお願い申しあげます。



トイレのしつけについて

投稿者:maru

投稿日:2010/11/13(Sat) 21:02

No.570

いつもご相談にのっていただきましてありがとうございます。

3ヶ月のマルチーズなのですが、ケージの外に出すようにしてから色々な場所でおしっこ、うんちをするようになってしまいました。
する度に叱っていますが、悲しそうな顔をしています。
本、インターネットで調べると色々な事が書いてあり、どうするのが一番良いのか分からなくなっています。
叱らないほうが良いでしょうか?
叱らないのであればどのようにしつけたら良いでしょうか?

Re: トイレのしつけについて

- ドッグライフカウンセラー 三留

2010/11/16(Tue) 16:20

No.574

maru 様
落ち葉が舞い、木々の彩りが美しい頃となりましたが、
maru様におかれましてはいかがお過しでしょうか。

この度はご相談をいただきまして誠にありがとうございます。
マルチーズちゃんをケージの外に出すようになってから
オシッコやウンチを色々な所でするようになったとのことですね。

ケージの中にいるときにはトイレの場所が把握できているワンちゃんでも
ケージの外に出るようになり生活のスペースが広がると
色々なところでオシッコやウンチをしてしまうことは
ごく普通のことでございます。

ケージの外は広いですし、行動範囲が広がったり変わったりしたら、トイレがわからなく
なってしまうことはどのお子様も同じかもしれません。
遊びに夢中になっていて、トイレまで戻らずにそのままその場でしてしまう場合も
あるでしょう。
あるいは、子犬ちゃんは排泄機能が未発達のため、本人は「トイレに行かなくては・・」と
思っていても、トイレにいくまでに排泄行為が起きてしまうこともあるでしょう。

このようなときには、ついつい飼い主様も戸惑ってしまい叱ってしまうかと存じますが、
maru様がおっしゃいますように、叱らないことが大切でございますし、
慌てず、騒がないことも同様に重要です。
理由といたしましては、叱られることにより、排泄そのものをいけないことだと思ってしまい、
隠れて排泄したり、隠すために排泄物を食べてしまうことも起きるからです。
叱る以外にも、「あらーっ」などと飼い主様が声を上げてしまったり、騒いでしまうことで
ワンちゃんは「トイレの失敗=自分に注目してもらえる」
と思い込み、ご家族様の気を引くためわざとトイレを失敗することにつながる場合もあります。
中には、オシッコを片付けていると、飼い主様の手の雑巾を目がけて、遊ぼうと突撃してくる
ワンちゃんもいますが、片付けるところもできるだけ見せないほうがよろしいかもしれません。

それでは、どのようにしてトイレの場所を教えるかという点でございますが、
失敗をしたときではなく、成功をしたときに焦点をあててくださいませ。
偶然でも成功体験を持たせてあげ、褒めてあげましょう。
ケージの外で遊びに夢中になっている時などにも、時間の間隔やマルチーズちゃんの素振りから、
「そろそろ排泄しそうな様子だな」という時にはトイレに誘導していただき、
「トイレはここよ」と、その都度トイレへの道筋を根気強く教えてあげましょう。
「トイレ、トイレ」などとトイレの際に声掛けをすることにより
そのうちにmaru様の号令を聞くと尿意や便意を催すようになるかもしれませんので、
号令の言葉を決めてき声をかけ続けてあげてもよろしいでしょう。
また、ケージの中に入るといいことがあるということを、日頃からマルチーズちゃんに
教えておくことも大切かと存じます。

なお、お部屋の状況などによっては、リビングなどの端の静かなところなどに
もう一か所、広めのトイレを用意してあげるのも一つの方法でしょう。
また、ワンちゃんは足裏の肉球で、トイレシートの感触を覚えて、尿意を覚えると
トイレシートの上に行きますが、トイレシートに似た感触の物があると、区別がつかなくなります。
マルチーズちゃんの行動範囲にトイレシーツと似た感触の素材の物などは、取り外してあげましょう。
また、いつも粗相をしてしまう場所が決まっているのであれば、その上にトイレシートを敷くことで、
その場所をトイレの場所にしてあげてもよろしいかもしれません。

アニコム損保にはしつけ・健康関連の情報サイト「どうぶつ相談室」がございます。
お困りのときは、ぜひご利用くださいませ。
http://www.anicom-page.com/labo/

ここ数日急に気温が下がり、体調管理の難しい頃でございますが、
maru様におかれましてはくれぐれもご自愛くださいませ。

今後ともアニコムをどうぞよろしくお願いいたします。