教えて!アニコム損保!しつけ・健康相談 皆様のご質問にお答えいたします。

ご注意

緊急を要する健康相談の場合は、すぐに動物病院を受診してください。
直接どうぶつさんのご様子を拝見しておりませんので、一般的なご案内となりますこと、また、投稿フォームにはURLを入力できない設定となっておりますことをご了承ください。

証券番号

  • (記入例:S00123452)

  • ご入力いただいた証券番号は公開されません。

ニックネーム

タイトル

コメント

  • URLはご入力いただけません。

添付File

暗証キー

  • (英数字で8文字以内)

投稿キー

  • (投稿時 投稿キー を入力してください)

文字色

猫のお水について

投稿者:ナナ

投稿日:2015/04/06(Mon) 14:03

No.3937

お世話様になります。
アメリカンシヨートヘア(オス)9ヶ月
スコティッシュ(メス)8ヶ月
うちにきて半年ですが、ずっとお水は海洋深層水をあげています。
よく飲んでくれるのですが、成分について問題ないかどうか、よろしくお願いします。

1リットルあたり
マグネシウム 8.3mg
カルシウム 3.9mg
カリウム 2.8mg
ナトリウム 75.6mg
硬度 43.37mg

Re: 猫のお水について

- 獣医師 酒井

2015/04/08(Wed) 14:14

No.3942

ナナ 様

日増しに暖かくなり、新緑の芽吹きに命の力強さを感じる季節となりました。
ナナ様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか?

この度はご相談いただきありがとうございます。
ナナ様の9ヶ月の男の子のアメリカンショートヘアちゃんと、8ヶ月の女の子のスコティッシュちゃんの
飲み水についてのご相談でございますね。
早速ご案内させていただきたく存じますが、ネコちゃん達の実際のご様子を
拝見しておりませんので、一般的なご案内となりますことをご了承ください。

ナナ様はネコちゃん達をお家に迎えて半年間、ずっとお飲料水として海洋深層水を与えていらっしゃる
のでございますね。
海洋深層水とは、200mより深い、深海に分布する海水のことで、表層水と比較してダイオキシン等
の有害化学物質による汚染がなく、細菌なども少ないこと、またミネラルを豊富含んでいることから、
飲料水として商品化して、人用やどうぶつ用にも市販されています。
海洋深層水として販売されているものでも、商品によって含有しているミネラルの組成は様々ですが、
ナナ様がネコちゃん達に使用している海洋深層水の成分はご相談内容に記載していただいている
通りでございますね。

このような、水道水以外のお水をあげる際に注意したいのが、ネコちゃんは尿路結石ができやすい
どうぶつであるということです。
ミネラルの中でも特にカルシウムやマグネシウムを過剰摂取することがないように、食事や飲み水で
注意することが大切です。
一般的に、カルシウム濃度とマグネシウム濃度から水の硬度を求め、水質の指標とします。
日本の水道水の硬度は地域によってかなり異なりますが、硬度の低い軟水の地域が多いかと存じます。
ナナ様の使用している海洋深層水も硬度43.37と低い値で60以下ですので、軟水に分類されます。
このように、尿石症の観点から、ナナ様が利用している海洋深層水はカルシウムとマグネシウムの量
としては、水道水とあまり変わりがありませんので、問題がないかと存じます。
ただし、尿石症になる危険因子は、このようなカルシウムやマグネシウムの摂取量だけでなく、
尿量や尿のpH、比重など他にも様々ありますので、実際には尿検査をして、尿中に石の結晶が
見られるような場合には、食餌療法に加えて、飲み水として用いている水の成分を検討して
見直す必要があるかもしれません。

またかなりの地域差がありますので一概には言えませんが、一般的な水道水と比較すると
ナトリウムの含量が75.6mg/lというのは、比較的高めであるかと存じます。
飲水量はネコちゃんによっても異なり、また季節によっても異なりますので、
実際のナトリウムの摂取量を把握することは難しいかとは思われますが、
将来、ネコちゃん達が高齢になって、腎臓や心臓の疾患がある場合などには
ナトリウムを制限する必要がありますので、一般的な水道水より、
高濃度にナトリウムが含まれる水を普段から与えることは身体にとって、
望ましいとは言えないかもしれません。

海洋深層水は、ご相談に書いていただいたミネラルだけでなく、多くの微量ミネラルを容易に
摂取できるということで、様々な効能が期待されていますが、残念ながら、ネコちゃんの健康に良い
という医学的な根拠やデータをアニコムでは持ち合わせていないため、
この成分で問題がないかどうかということはお答えすることは致しかねます。
ただ若齢のネコちゃんでも発症しやすい尿石症のチェックを含めた定期的な健康診断を
受けていただき、その結果をふまえて、お食事内容や、飲み水の成分などに問題がないか
先生にその都度ご相談いただければ、今後のネコちゃんの健康維持につながるかと存じます。

これから徐々に暑い季節になってまいります。
水道水は塩素による殺菌処理を施されているため、ネコちゃん用のお皿に水を入れておいても
雑菌が増えにくいのですが、海洋深層水やミネラルウォーター類は、水道水より傷みやすいので、
夏場は特にこまめにお水をかえてあげるようにしましょう。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での
健康相談、しつけ相談サービスを承っておりますので、
ぜひご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

2頭のネコちゃんとご一緒に春爛漫の季節、笑顔一杯お過ごしかと存じます。
皆様のお健やかな毎日を応援しております。
今後ともアニコムを宜しくお願い申し上げます。



無題

投稿者:ひろみ

投稿日:2015/04/06(Mon) 12:55

No.3936

チンチンのメス猫とチンチンのオス猫なのですが、オス猫は食べるのが大好きでメス猫は、そうでもない方なのですが、ごはんを上げると、オス猫は、自分のごはんがまだあるのにメス猫のごはんを取ってしまいます。メス猫は、取られると食べるのをやめてしまいます。なので食べる量も少なくなって、だんだん、やせて行くような気がして心配しています。
いくら、離しても、やっぱりメス猫のごはんが気になって、食べに行ってしまいます。怒っても全然、こりません、どうすれば、ごはんを食べさせたらいいでしょうか
メス猫の3ヶ月後にオス猫が来たのですが、取ってしまって、困ってます

Re: 無題

- 愛玩動物飼養管理士 三留

2015/04/07(Tue) 16:22

No.3941

ひろみ 様

花曇りの頃でございますが、ひろみ様におかれましては
いかがお過ごしでしょうか。
この度はご相談をいただきまして誠にありがとうございます。
ひろみ様の男の子のネコちゃんが食べることが大好きで、女の子のネコちゃんの
お食事を取って食べてしまうのでございますね。
早速ご案内をさせていただきますが、実際のご様子を拝見しておりませんので
一般的なご案内となりますことをご了承ください。

男の子のネコちゃんと女の子のネコちゃんとでは食に対する執着が異なる
ご様子で、女の子は取られると食べるのをやめてしまうとのこと、
ご心配でございますね。
十分な栄養やカロリーが取得できず、やせてしまうことも心配でございますし、
食事量を把握することは、健康管理のためにもたいへん重要ですが、
今の状態ですとどのくらい食べたかという管理も難しくなってしまいます。

離れたところで与えていただいても、男の子のネコちゃんは食べにいってしまう
とのことですので、物理的に取りに行かれないようになさることが必要かも
しれません。
例えばドアストッパーなどをご利用になってドア越しで与えてみては
いかがでしょうか。女の子は先住ネコちゃんでありますので、与える順番を、
まず女の子が食べ始めてから男の子に与えるようになさることもよろしいでしょう。
どうしても女の子が落ち着いて食事を食べられない状態であれば、別の部屋で
与えたり、ケージやバリケンなどがおありでしたら、その中で与えるのも
よろしいでしょう。なお、ケージやバリケンをご利用になっていらっしゃらない場合も、
この中でお食事をして、この中が安心できる場所であることを感じるように
なると、落ち着いて過ごすようになることがよくみられます。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での
健康相談、しつけ相談サービスも承っておりますので、
何かお困りごとがございましたら、ぜひご利用ください。

お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

日によって気温差が大きく、体調管理が難しい季節でございますが、
ひろみ様におかれましてもどうぞご自愛ください。
ネコちゃんたちにどうぞよろしくお伝えください。
今後ともアニコムをよろしくお願い申し上げます。




先住犬が怖がりすぎる

投稿者:しゅーまま

投稿日:2015/04/05(Sun) 20:16

No.3933

先日、2ヶ月半のチワワの子犬を迎えました。
先住犬は3歳11ヶ月、去勢済の男の子です。普段から
おとなしく、おりこうさんです。
そして気が弱かったり、デリケートです。
お散歩のときは犬には挨拶できたりできなかったり、
人間は好きなのでできます。

3日前に2ヶ月半のチワワがきて、最初は鼻くんくんの
挨拶だけはさせられましたが、あとはなにかと
怖がります。

同じ部屋にみえない感じでそれぞれのサークルがあるので
すが、部屋からリビングにでる時に子犬のサークルを
先住犬が通るのですが、通るのにすごくかたまっています。

昨日は、夜に少しだけ嘔吐しました。

他の行動は、散歩やご飯はいつもどおり。
ただし昼間に部屋の中全部フリーだったのが、どうも
自由に行きたいところに行けていません。

迎えた子犬はまだサークル生活メインです。
これからどのようにゆっくりでもなれさせていけば
いいのかとまだ3日目ですが悩んでしまいます。

飼い主が悩むといけないのはわかっているのですが。

ご飯の時間や優先はすべて先住犬でやっています。

ただとにかく人間のようにデリケートな場合、どうなれさせ
ていくのがいいかと思っています。
ストレスをかけてまた嘔吐などはしてほしくありません。

なお、子犬のほうは度胸があるというか元気いっぱい、
トイレも教えなくてもわりとできてご飯もたくさん
食べて今のところ問題なしです。

よろしくお願いいたします。

子犬の性格

- しゅーまま

2015/04/05(Sun) 20:26

No.3934


子犬の性格ですが、子犬だからというのもあると思いますが、非常に活発で物怖じしません。
先住犬がうちにきたばかりのときはすごく怖がりだったのを覚えているのもあり、すごく違うなと思います。



しっぽをふる

- しゅーまま

2015/04/07(Tue) 08:30

No.3938

昨日からですが、家族が子犬のサークルのところで声をかけたり遊んだりすると、先住犬が遠くからみていて、怒った様子などはなにもなくしっぽをふるようになりました。
これに意味はあるのでしょうか。やはり警戒でしょうか。



Re: 先住犬が怖がりすぎる

- 愛玩動物飼養管理士 三留

2015/04/07(Tue) 16:19

No.3940

しゅーまま 様

春を彩る花々が美しい季節の到来でございますがしゅーまま様におかれましては
いかがお過ごしでしょうか。
この度はご相談を頂戴いたしましてありがとうございます。
3日ほど前に2ヶ月半のチワワちゃんをお迎えになられ、先住のワンちゃんのご様子が
ご心配なのでございますね。

しゅーまま様の先住のワンちゃんは、子犬ちゃんと初対面のとき、ご挨拶をしたとのこと、
新しく子犬ちゃんをお迎えになられたときは、先住のワンちゃんは脅威を感じたり、緊張したり、
落ち着かない気持になったりしたと思いますが、そのような中、がんばって挨拶をしたとのこと、
良く頑張ったね、と褒めてあげてくださいね。

しゅーまま様は先住のワンちゃんを、すべてにおいて優先していらっしゃるとのことでございますね。
先住のワンちゃんに安心や自信を与えていただくために、たいへん重要なことですし、
今までにも増して、一対一の時間を作っていらっしゃるご様子ですので
このまま自信をお持ちになり続けていただければ大丈夫ではないかと存じます。
急がず、ゆっくりと、時間をかけて慣らしていただくことが大切なポイントでございます。
しゅーまま様がおっしゃるように、飼い主様がワンちゃんたちを率いて
群れを主導するという姿勢をしっかりと見せてあげることが大切ですので、
根気強く、自信満々な笑顔でこのままお続けいただければと思います。

先住のワンちゃんは子犬ちゃんの様子を遠くからみて、尻尾を振っていたとのこと、
おっしゃるように、ワンちゃんが尻尾を振るのは嬉しいときだけではなく、
警戒時など感情の動きをともなうさまざまなときに振りますが、伺ったご様子からですと、
少しずつ慣れてきたのではないでしょうか。
そのような先住のワンちゃんをご覧になったら、笑顔で声をかけてあげてくださいませ。

時節柄、お風邪など召されませんよう、くれぐれもご自愛ください。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願いいたします。





猫の声が出なくなりました

投稿者:久美子

投稿日:2015/04/05(Sun) 21:02

No.3935

こんにちは。今年で5歳になる女の子の猫ちゃんを飼っています。被災猫のため年齢は定かではありません。

よく鳴く子なのですが、3ヶ月ほど前から声が出なくなりました。出ないというか、かすれているような感じです。本人は鳴いているつもりのようですが、ほとんど出ていません。

3週間ほど前に近くの動物病院に連れていき、血液検査と口の中を目視で見ていただいたのですが、とくに異常はなく、原因はわかりませんでした。一応、消炎剤を処方していただきましたが効果はありませんでした。これ以上の検査は全身麻酔をかけて調べないとわかりませんと言われました。

本人はとても元気で食欲もあり、排便排尿もいつもと変わりありません。全身麻酔をかけてまで検査をする必要があるのかと悩んでおります。

環境の変化があるとすれば、昨年の9月に新しい猫ちゃんを飼い始めたことです。その子とはとても仲良くしているのですが、何らかのストレスがかかっているのでしょうか?

福島から来た被災猫ちゃんのため、この声の原因が放射能の影響でないかとても心配です。

よろしくお願い致します。

Re: 猫の声が出なくなりました

- 獣医師 山田

2015/04/07(Tue) 16:12

No.3939

久美子 様

外の様子もすっかり春一色となり、気持ちのいい季節になりました。
久美子様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
この度はご相談いただきありがとうございます。
推定で5歳になる女の子のネコちゃんの声が3ヶ月ほど前から出なくなった
のですね。声はかすれた感じで、ネコちゃんは鳴いているつもりでも、
ほとんど声が出ていないのですね。
早速ご案内させていただきたく存じますが、実際のご様子を拝見していませんので、
一般的なご案内となりますこと、ご了承下さい。

ネコちゃんはストレスに敏感なことが多く、何らかの原因でストレスが溜まることで、
声が出なくなったりすることがあります。
ストレスの原因の多くは環境の変化が多く、「新しいネコちゃんを迎えた」
「留守番の時間が長くなった」などがあげられます。
久美子さまのお宅では、昨年の9月に新しいネコちゃんをお迎えになったとのこと
でございますね。
今まで一人で過ごしていたところに、新しいネコちゃんが加わったことで、
多少のストレスを感じた可能性はあるのかもしれません。
しかし、そのネコちゃんとはとても仲良くしており、声がかすれて出ない状態
3か月前から続いているという事を考えると、
新しいネコちゃんを迎えた環境の変化だけではない可能性もあるかもしれません。

声がかすれたり、声が出なくなる疾患に、咽頭の炎症や腫瘍があります。
喉頭は、発声、嚥下、そして呼吸を正常に機能させています。
そのため、喉頭が炎症を起こした場合や、腫瘍ができた場合などは、
発咳や声の変化が見られることがあります。
ネコちゃんに多く見られる伝染病であるネコ伝染性鼻気管炎やネコカリシウイルス
感染症(いわゆる猫風邪)は、喉に炎症が起こって声がかれたり出なくなったり
という症状がみられやすい病気の一つです、
また、声の変化以外にも発熱や流涙、目やに、くしゃみ、咳、口内炎などが
見られることがあります、
腫瘍の場合には、声の変化以外に発咳や喘鳴がみられることがあります。
症状が進行すると呼吸困難やそれに伴いチアノーゼを認めることもあります。
また、稀ですが、甲状腺や唾液腺にできた腫瘍が喉頭を圧迫することも
あります。

久美子様のネコちゃんは、とても元気で食欲もあり、
3週間ほど前には動物病院で血液検査と口の中の診察をお受けいただき、
特に異常はなかったのですね。
また、これ以上詳しいことを調べるためには、全身麻酔をかけての検査
を行わなければならず、その必要があるかどうか悩んでいらっしゃるのですね。

かかりつけの先生がおっしゃる通り、より詳しい検査となると、
喉頭鏡や気管支鏡、あるいはCTなどを用いたものとなり、麻酔が必要になってきます。
ご存じのとおり、麻酔をかけるという事は、多少なりとも体に負担がかかりますので、
検査をすべきかどうかの判断に悩まれるお気持ち、お察しいたします。
しかし、一定期間消炎剤の投与を行っても改善傾向がなく、
声が出なくなって3か月と経過が長い事からも、
治療を行うためには、ある程度、原因の追究を行う必要もあるのかと思います。
麻酔は体に対する負担もかかりますので、現時点で麻酔をかけての検査をする
べきかどうかについては、実際のネコちゃんを診察していらっしゃる
かかりつけの先生と再度ご相談いただけたらと思います。

また、食欲や元気はあり排便排尿も問題ないとのことでございますが、
ネコちゃんの声の変化以外に、「咳やくしゃみの有無」「食事中または飲水中の様子
(上手く飲み込めない様子などがないか)」「呼吸困難の有無」「喘鳴音の有無」
「チアノーゼや失神の有無」なども見ていただけたらと思います。

最後に、福島から来た被災ネコちゃんであるため、声が出ない原因が放射能の
影響ではないかとご心配されていらっしゃることのことでございますね。
被災地域で保護されたり現在もそこで暮らしている動物たちの被曝の現状、
そして、その放射能の影響がどのようなものであるかは、
現在のところでは残念ながらはっきりわかっておりません。
保護されるまでの状況や保護された場所、保護されるまでの期間によっても
被曝のリスクは変わってきますし、
久美子さまのネコちゃんの声の変化の原因が放射能の影響によるものかどうかに
ついては、何とも申し上げることはできません。
ただ、放射能と無関係にかかってしまう病気や腫瘍などもたくさんありますし、
これまで大きな病気をせず元気にして暮らしてきたのであれば、
放射能の影響だけを極端にご心配なさることはないと思います。
おそらく保護されるまでとてもつらい思いをされたネコちゃんだと思いますが、
今は久美子さまと出会われて、新しいネコちゃんとも仲良くなって穏やかに
暮らされていて、本当によかったと思います。
これからも、ネコちゃんが心穏やかに楽しく暮らしていかれるよう、
見守っていただければと思います。


なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、
しつけ相談のサービスを承っております。気がかりなことがおありの際には、
ぜひご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 0800-888-8256です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

ネコちゃんが春の暖かい日だまりで伸びている姿を見ているとそれだけで本当に
幸せな気持ちになります。
久美子様とネコちゃん達がお元気で楽しい毎日を過ごされますよう、
心より応援いたしております。

今後ともアニコムを宜しくお願い申し上げます。



弟をむかえいれるか否か

投稿者:しゅーまま

投稿日:2015/03/29(Sun) 01:48

No.3923

お世話になります。3歳11ヶ月、去勢済みロングコートチワワ男の子がいます。
今まで全然考えていなかったのですが、この子が少し病気がちだったり、またお留守番が苦手なことなどをふまえて、弟をむかようかなと今真剣に考えています。
いまいる子はブリーダー出身で、生後3ヶ月近くまでしっかり社会化されてきました。
ですが、もうすぐ4歳で一人っ子としての期間が長いために、実はひとりでいるのが好きなのではないか、弟なんてこちらの都合でほしいものの来たら嫌なのではないかと悩んでいます。
仲良くさえなってくれればこんなほほえましいことはないと思っています。
こればかりはやはり相性かと思いますが、どうしても弟をむかえいれられないようなデリケートな子はやはりいるでしょうか。
うちの子はデリケートな部分もありますが、のんびりおなかをだしてねていたり、おっとりしている性格です。
お散歩は人にはすごくなつき、わんちゃんは勢いがあるとびっくりして少しにげてしまいます。

Re: 弟をむかえいれるか否か

- しゅーまま

2015/03/30(Mon) 23:06

No.3927

結局お迎えを決めましたが、やはり先住犬の反応が心配です。あまり気にしすぎずにやっていけばいいのでしょうか。
迎える子は2ヶ月半ちょっとで、やんちゃな感じの男の子です。



ごはん

- しゅーまま

2015/03/31(Tue) 09:04

No.3928

すみません、それとご飯なのですが、最終的には二人一緒(先住犬を先には食べさせます)をしますが、迎え入れたばかりのとき、弟と兄の食事の回数と時間が全然違います。これは、無理にあわせる必要はないのでしょうか。
徐々にでよいのでしょうか。
兄は獣医の指示もあり、1日4回です。(7時、12時、5時、22時)
弟は今は3回とのことです。(9時、12時、5時)



Re: 弟をむかえいれるか否か

- ドッグライフカウンセラー 三留

2015/03/31(Tue) 13:13

No.3929

しゅーまま 様

春の装いの草木を愛でながらのお散歩が楽しい季節でございますが、
しゅーまま様におかれましてはいかがお過しでしょうか?
もうすぐ4歳をお迎えのロングコートチワワちゃんに、弟をお迎えになることに
なさったのでございますね。
環境が変わるのですから、確かにしゅーまま様にとっても、
ロングコートチワワちゃんにとっても、たいへんなことはあるかとは存じますが、
それ以上の、新しい家族を迎えた喜びや発見があり、楽しみいっぱいなのでは
ないでしょうか。
スムーズにロングコートチワワちゃんと子犬ちゃんとがなじむように、
ご注意いただきたい点等をご案内いたしたく、
ご参考にしていただけましたら幸いでございます。

ワンちゃんは環境の変化に敏感で愛情に貪欲なところがあり、一般的に、
新しくワンちゃんをお迎えになられることは、先住のワンちゃんにとっては、
今まで自分だけに注がれていた愛情に対して、また自分だけの場所だった
縄張りに対して、多かれ少なかれ、不安を感じるようです。
そのため、お迎えになられた当初は、行動や体調に変化が生じることも
ありますが、先住のワンちゃんが新しいワンちゃんを受け入れやすいように
していただくことで、先住のワンちゃんへの影響は大きく変わってくるでしょう。

1.「縄張りへの不安」を和らげる
ワンちゃんにとって、「縄張りを取られる」という不安はたいへん大きなものです。
「あなたの場所は、ちゃんと守られているよ」と教えてあげましょう。
(1) 最初は匂いから慣らす
子犬ちゃんをお迎えになるときは、最初から同じ空間で過ごすのでなはなく、
最初は子犬ちゃんの匂いのついたタオルなどをロングコートチワワちゃんの
お気に入りのベッドに忍ばせたり、大好きな食事のときに器の下に
敷いてみてはいかがでしょうか。
ロングコートチワワちゃんのお気に入りの時間に子犬ちゃんの
匂いを感じることで、新しくお迎えのワンちゃんに対する好感度をあげることから
始めるとよろしいでしょう。
また、新しくお迎えのワンちゃんをサークルから出してあげて一緒に過ごす
時間は最初は5分、10 分、次は 20 分、 30 分と短い時間から少しずつ
延ばしていきながら、同じ空間にいることに徐々に慣らしていきましょう。
また、慣れてきても、四六時中先住のワンちゃんの視界に新しくお迎えの
ワンちゃんがいるというのは、先住のワンちゃんに緊張を強いたり、
ストレスになるかもしれません。
いっしょに過ごす時間が増えてきて、例えば、同じ部屋にハウスを置く場合にも、
お互いがなるべく気にならないようにスペースをお開けいただいたり、
隣であっても間に目隠しになるものをおいたりなさるとよろしいでしょう。

(2)先住のワンちゃんの逃げ場所を用意する
子犬ちゃんは元気いっぱい、落ち着きがなくて当然ですが、もう大人の
ロングコートチワワちゃんがゆっくりとしたくても、おかまいなしで騒いでしまう
こともあるかもしれません。
先住のロングコートチワワちゃんの気が休まらなくて、疲れてしまうことのない
ように、まずは、ロングコートチワワちゃんが逃げたり、隠れることのできる
安心な場所を用意してあげましょう。
ケージをご利用であれば、開けたままにしておいたり、お気に入りの
キャリーバッグを部屋に置いておくなどして、逃げられるようにしてあげます。

(3)今までのチワワちゃんのお気に入りの場所を守る
お気に入りの空間は先住のロングコートチワワちゃんの場所として、
新しくお迎えになるワンちゃんが入らないようにしましょう。
またなるべく生活のリズムを今までと変えないようにしましょう。

2.「愛情への不安」を和らげる
ロングコートチワワちゃんへのしゅーまま様の愛情は一つも変わらないと
安心させてあげましょう。ロングコートチワワちゃんとの一対一で過ごす
時間を今まで以上に作るように心がけていただき、
ロングコートチワワちゃんにやきもちを焼かせないようにするため、
できるだけロングコートチワワちゃんの前で、後からお迎えになられた
ワンちゃんを抱っこしたり、遊んだりしないほうが良いでしょう。

3.後からお迎えのワンちゃんのイメージをアップさせる
ロングコートチワワちゃんが、後からお迎えになられたワンちゃんをお家に
迎えてから、前よりもっと楽しくなったと思うようにするのが望ましいでしょう。
例えば、キャリーバッグやクレートに入った新しくお迎えのワンちゃんの近くで、
しゅーまま様はロングコートチワワちゃんと楽しく遊んだり、
ロングコートチワワちゃんの体を優しく撫でるなどなさってはいかがでしょうか。

3.「群れの順位への不安」を和らげる
ロングコートチワワちゃんを常に優先することで、順位への不安を払拭して
あげましょう。

(1)順番に注意する
お食事も、飼い主様が名前を呼んだり視線を向ける順番もすべて
ロングコートチワワちゃんを先にしましょう。
お散歩にいらっしゃるようになっても、お家から出るのは
ロングコートチワワちゃんが先、歩く順番もロングコートチワワちゃんが先
になるようにしましょう。
そして、2頭のワンちゃんたちを統率して守るのがしゅーまま様ですので、
しゅーまま様が何をなさるのもワンちゃんより先であることは
今までと変わりありません。

(2)ロングコートチワワちゃんを強い存在として扱う
ロングコートチワワちゃんは先住犬ですので、後からお迎えになられた子犬ちゃん
の目に、強く、たくましい先輩犬として映るようにしましょう。
ロングコートチワワちゃんが新しくお迎えになられたワンちゃんの元気さに
タジタジになっているときに「可哀想に・・・」とロングコートチワワちゃんを
かばってしまうと、新しくお迎えになられたワンちゃんの目には
ロングコートチワワちゃんが弱く頼りなく映ってしまうかもしれません。
お兄ちゃんに失礼なことをしてはいけないのよ、とロングコートチワワちゃんを
立てるようにしましょう。

(2) ワンちゃんたちのことはワンちゃんたちに任せる
しゅーまま様がロングコートチワワちゃんの順位を上に扱うことで、ワンちゃんたちの順位付けが
できるだけ明確になるようにするとワンちゃんたちの関係が安定しますが、
ワンちゃん同士の順位が不安定な場合には、ケンカをすることで順位をはっきりさせて
ワンちゃん同士の関係が安定することもあります。
ロングコートチワワちゃんが自分で自己主張をして、新しくお迎えになられたワンちゃんに
「そういうことはいけない」と叱ったり教えたりすることもありますが、
このようなワンちゃんたちのご様子は飼い主さんをハラハラとさせてしまいます。
ワンちゃんの世界の理屈を理解しないで、飼い主様が入ると、「ママは分かっていないな」と
いうことになってしまうかもしれません。ある程度、ワンちゃん同士のことはワンちゃん同士
にまかせたほうがよろしいでしょう。
しゅーまま様は、リーダーとしてワンちゃんたちを落ち着いて見守って
いただければと存じます。もちろん、ワンちゃんたちを一緒に過ごさせるのは、
しゅーまま様が傍にいらっしゃるときにしましょう。

(3)統率するのは飼い主様だということを示す
しゅーまま様が、ワンちゃんたちに対してきちんとリーダーシップを取ることが、
群れの安定のため、重要です。
日常生活の中でも、飼い主様はお子様を守るリーダーとして一貫性のある
落ち着いた対応をなさるとよろしいでしょう。

また、ワンちゃんたちのお食事についてでございますが、一日トータルで、
それぞれのワンちゃんに適した食事量を与えることができれば問題は
ございません。
その子の食事の消化等の様子により、一日に与える回数で食事量を割り、
一回の食事量を調節しますが、食事の回数が多いと、消化器官への負担は
少なくてすみますし、消化能力のまだ未発達の子犬ちゃんにとって、
回数は多いほうがかえって望ましいのかもしれません。
食事の回数をあわせたほうが与えやすいのであれば、
お兄ちゃんも子犬ちゃんも4回にしていただいてもよろしいでしょう。
あるいは、子犬ちゃんは成長期ですので、食事もあわただしくて、
お兄ちゃんがゆっくりと食べられないというような状況であれば、
食事の場所を別にして、それぞれの与え方でなさってもよろしいでしょう。
お兄ちゃんが「自分が優先されているな」ということだけ理解できるように
していただき、自然に、子育てを楽しんでいただければと思います。

新しく子犬ちゃんをお迎えになられることで、ロングコートチワワちゃんの
新たな素敵な一面を発見してあげられたら素敵なことでございますね。
しゅーまま様とロングコートチワワちゃんと子犬ちゃんの笑顔いっぱいの
新たな日々を心から応援いたしております。

アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、
しつけ相談のサービスを承っております。気がかりなことがおありの際には
お気軽にご利用ください。電話番号は、あんしんサービスセンター 0800-888-8256です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

ロングコートチワワちゃんの体調はいかがでしょうか。
気温差が大きな時期でもございますので、しゅーまま様もお体お大事になさってください。
今後ともアニコムを宜しくお願い申し上げます。



ベッドについて

- しゅーまま

2015/03/31(Tue) 22:27

No.3931

ありがとうございます。楽しく、アドバイスどおりにしっかりと子育てをしていこうと思います。

お迎えにあたり、先住犬の余っているベッドがあり、そちらを最初迎える子犬のベッドにしようと思っているのですがそのようなことは先住犬のことを考えるとやめたほうがいいのでしょうか?



Re: 弟をむかえいれるか否か

- ドッグライフカウンセラー 三留

2015/04/01(Wed) 15:15

No.3932

しゅーまま 様

この度はご丁寧にご返信をいただきまして、誠にありがとうございます。
お話のご様子からしゅーまま様の素敵な優しいお人柄が伝わってまいります。
ワンちゃんたちは幸せでございますね。

さて、以前、先住のロングコートチワワちゃんがご使用になったベッドを子犬ちゃんのベッドとして
ご利用されることを検討なさっていらっしゃるのですね。
ワンちゃんにとって、「自分のもの」だと認識しているものを、たとえ実際にはもう小さくなって
しまったので使わない、という場合であっても、他のワンちゃんが使うというのは、
なかなか複雑なものがあるようでございます。

所有欲の強弱はそれぞれワンちゃんによって異なりますが、たとえ日ごろから
あまり所有しているものへの執着を見せないワンちゃんでも、ベッドには自分の匂いが
ついていることもありますので、「子犬ちゃんがボクのベッドを使っている」という状況は、
できればお避けになられたほうがよろしいかもしれません。
もし今でもロングコートチワワちゃんが使うことができれば、できればそのベッドに
ロングコートチワワちゃんのお気に入りのオモチャやクッションなどをお入れになられたり、
大好きなしゅーまま様の匂いのついた使い古しのバスタオルなどをお入れになられたりして、
ロングコートチワワちゃんの場所としてお使いになられてはいかがでしょうか。
もうすっかり使うことがなくなっていても、ロングコートチワワちゃんのものとして置いておけば、
自分の場所、安心できる場所として認識するかもしれません。

子犬ちゃんは2ヶ月半ちょっと、とのことですね。
元気いっぱい、楽しそうな子犬ちゃんの表情は、周囲の皆さまを元気にするエネルギーが
あふれていて、素晴らしいことでございますね。
子犬ちゃんには先住のロングコートチワワちゃんがいらっしゃることもあり、楽しくて誘惑が
いっぱいですので、ついつい遊びすぎてしまうこともあるかもしれません。
ただ、お迎えになられて1〜2か月くらいすると、環境の変化もありましたので、免疫力が落ち、
体調を崩す子犬ちゃんがたいへん多くみられますので、構いすぎないようにするということは
健康管理のポイントです。
もし、周囲のことが気になって仕方がないようでしたら、昼間であっても大判のタオルケットや
使い古しのシーツなどをご利用なさって覆いをしてしまい、ゆっくりと睡眠をとらせて
あげてください。なお、子犬ちゃんには一日19時間程度、うとうとと休ませてあげるのが
望ましいといわれています。

また、一般的に生後1か月半から3か月半くらいの間の子犬ちゃんは、くったくなく、初めてのことを
受け入れることができ、社会性を育む上でたいへん大切な時期だといわれております。
ちょうどこの時期は、ワクチン接種による免疫の獲得が不十分な時期である場合が多い
のですが、もし予防措置が十分でないようでしたら、抱っこをしたりキャリーバッグに入れたりして
直接汚いものに触れないようにしていただき、散策をなさるなど外の環境と触れるチャンスを
子犬ちゃんに与えていただくとよろしいでしょう。

本日から4月、春の輝きが増す季節の到来でございますね。
しゅーまま様とロングコートチワワちゃんと子犬ちゃんの笑顔いっぱい、輝くような毎日を
いつも応援いたしております。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願いいたします。