教えて!アニコム損保!しつけ・健康相談 皆様のご質問にお答えいたします。

ご注意

回答までのお時間は3営業日以内とさせていただきます。
緊急を要する健康相談の場合は、すぐに動物病院を受診してください。
直接どうぶつさんのご様子を拝見しておりませんので、一般的なご案内となりますこと、また、投稿フォームにはURLを入力できない設定となっておりますことをご了承ください。

証券番号

  • (記入例:S00123452)

  • ご入力いただいた証券番号は公開されません。

ニックネーム

タイトル

コメント

  • URLはご入力いただけません。

添付File

暗証キー

  • (英数字で8文字以内)

投稿キー

  • (投稿時 投稿キー を入力してください)

文字色

健康診断の結果で

投稿者:蜜柑ママ

投稿日:2019/04/18(Thu) 10:29

No.5780

三月に健康診断を受けました。
その結果C反応性タンパク(CRP)が4.5mg/dlと出ました。
蜜柑は一昨年歯周病が悪化して10本の抜歯をしました。
その時の指数より高いのです。
最近顔を痒がったりくしゃみ?咳?が頻繁に出るようになってきてるのでその所為かな?と思ってますが、
その他の病気が隠れてたりしないかと気になります。
歯磨きは毎日欠かさずしてます。
前の時も膿が歯は一見綺麗で歯石もほとんど見かけないのに、
歯茎の深い所で膿が貯まって危ない状態でした。
この子はこういうことになりやすい子なので年に一度か二年に一度ぐらいで麻酔をかけての診察が必要ですね。と言われました。
かかりつけの獣医師は問題にしてないので突っ込んで聞けなかったのです。
そろそろワクチン接種の時期なので他の病気が疑われるなら接種を考えなければならないと思い質問しました。
よろしくお願いいたします。

Re: 健康診断の結果で

- 獣医師 米本

2019/04/22(Mon) 12:36

No.5786

蜜柑ママ 様

犬CRP検査は、検査時のワンちゃんの状態によっての数値が変動し、一般的には、「炎症性の疾患であるか」「治療効果はあるか」
などを確認するために行います。

一般的に、CRPの基準値は1以下とされており、これ以上ですと体内に炎症があることになります。
口腔内の何らかの原因により、顔を痒がる様子やくしゃみが引き起こされる可能性もありますし、咳をする原因としては、感染症や心疾患、
呼吸器疾患、アレルギー疾患など様々なものが考えられます。

CRPの上昇について、治療が必要なものはないか、かかりつけの先生に診ていただき、ワクチン接種についてもよく相談されることをお勧めします。

それでは、今後ともアニコムをよろしくお願いいたします。



不正咬合の治療について

投稿者:huyu

投稿日:2019/04/15(Mon) 12:09

No.5776

13か月のトイプードル(オス、4キログラム)の不正咬合の治療についての質問です。
6か月で上下両側犬歯の乳歯遺残に気づきました。停留精巣もあり、8か月で去勢と同時に乳歯4本を抜歯。特に指導が無かったので永久歯の生え方が気になりながら様子を見ていました。
歯の汚れのことで、歯科に力を入れている病院を受診し、右下の永久歯の犬歯が舌側に傾いており歯の高さが低いことも診てもらうと、不正咬合で治療が必要との診断でした。
下の犬歯が、上顎切歯の脇に当たり、歯肉がえぐれたようになっています。出血や腫れはありません。
犬歯を短くし断髄処置をする治療を勧められました。処置後は定期的に経過を観察し、歯の神経が感染した場合は再処置が必要だそうです。再処置の可能性は1割くらいだと。
別の病院でも診てもらったところ、断髄は4割ほどが感染を起こすので薦めない、抜髄は神経が太いので難しい、抜歯が良いと言われました。
医師の見解が違う事、現在は元気なことから、どうしたらいいのか迷っています。

Re: 不正咬合の治療について

- 獣医師 山口

2019/04/17(Wed) 15:21

No.5779

huyu様

不正咬合とは、遺伝・乳歯遺残・外傷等により歯が正常な位置よりずれ、上下の歯がうまく噛み合っていない状態をいいます。
噛み合わせがずれていると、フードが食べにくくなったり、歯垢が溜まりやすいことにより歯周病などの原因となったり、
舌や歯肉に傷がついたりすることがあるため、成長のタイミングや口腔内の状態をみて治療をすすめられることがあります。

不正咬合の治療は原因や噛み合わせの状態により異なりますが、一般的には以下の方法があげられます。
・抜歯…原因の歯を抜く
・歯列矯正…矯正器具を用いて歯の並びを整える
・生活歯髄切断術…歯を残して短く切断し、切除面(歯髄)を処置する

先生の考え方や口腔内の状態等により、治療方法が異なる可能性はありますが、いずれの方法にもメリットとデメリットはあります。
ワンちゃんは、もし抜歯を行った場合も、人ほど生活に支障が出ることは少ないといわれておりますが、事前に先生とよくご相談し、
治療方針をお決めいただけますと幸いです。

それでは、今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



仔犬の咳

投稿者:はる

投稿日:2019/04/14(Sun) 09:00

No.5775

2019.2/10生まれの2か月ほどのチワワです。
夜中だけ、度々、咳が出て、鼻水をすするような感じなのですが、わんちゃんも風邪とかひきますか?
風邪の場合は自然に治りますか?

Re: 仔犬の咳

- 獣医師 米本

2019/04/17(Wed) 10:11

No.5778

はる 様

ワンちゃんに咳が見られる原因は、呼吸器疾患によるものと、心臓疾患によるものに大きく分けられますが、温度差や乾燥などで誘発されることもあります。

心臓疾患による咳は子犬ではまれですが、ウイルスや細菌による感染症である「ケンネルコフ」は、免疫力の弱い子犬期に多く、
ワンちゃんの風邪といわれることもあります。
ケンネルコフは咳の他、鼻水や目やに、発熱、食欲不振などがみられることもあり、重症化すると肺炎へ移行することもあるので注意が必要です。

咳の原因やワンちゃんの様子等によっても、治療の必要性や方法も異なりますが、子犬は体力や抵抗力がまだ強くないため、
早めにご通院いただくことをおすすめします。

それでは、今後とも、アニコムをよろしくお願いいたします。



仔犬の鳴き声

投稿者:のん

投稿日:2019/04/11(Thu) 12:45

No.5765

先日、仔犬が急にきゃんっと鳴く事で質問させて頂きました。実はその夜いつも通り5〜10分程毛が長めの絨毯で遊ばせていたところ、また急に「きゃーん」と大きい声で鳴き座ってしっぽを噛みたそうにしていました。そしてまたすぐに何もなかったように歩いたと思ったら大きな声で鳴くといったことが、2、3回続き心配になりました。あしの引きずりもなく相変わらず食事も完食してくれています。しかし鳴き声は首根っこをつままれた時の痛みに似た声でした。救急に連絡して事情を話したところ様子みて大丈夫との事でしたが、やはり何故この鳴き方をするのかわかりません。尿の色は蛍光色似た黄色です。
今思うと、強く噛んできた時に首根っこを鳴くまで少しずつつねりました。鳴いたらすぐにやめています。大きなきゃんっという鳴き方を頻繁にしたのはその翌日でした。
2017年にウサギをうったいで亡くしているので不安でいっぱいです。考えられる原因は一体何なのか教えていただけにでしょうか。

Re: 仔犬の鳴き声

- アニコム損保

2019/04/12(Fri) 14:50

No.5772

のん 様

こちらのご相談につきましては、No.5771に併せて回答を掲載いたします。
何とぞご了承いただきますようお願いいたします。



仔犬の睡眠

投稿者:のん

投稿日:2019/04/10(Wed) 15:25

No.5761

2019/1・28生まれのチワプーを飼っています。今はケージの中で育てていて5〜10分ほど部屋で遊んでいます。

今まで睡眠中の寝言は、わんっ。と言うくらいでせいぜい小さなかわいい声できゃんっというくらいでした。それが今日は頻繁に大きな声できゃーん。や、きゃんきゃんと鳴いています。一瞬起きてまた眼をつぶってすぐに再度鳴く事もありました。首根っこをつままれた時の痛みの声にも似ている感じでした。ただ便の調子もよく、御飯も食べてくれています。起きている時、耳の後ろをあしで掻いてる時にも1回だけ鳴いたので、あしを触ってみたのですが痛い様子もなく鳴きませんでした。仔犬だけに心配なったので質問させて頂きましたが、これはただ夢を見てるだけだと思っていいのでしょうか?

Re: 仔犬の睡眠

- 獣医師 米本

2019/04/12(Fri) 14:48

No.5771

のん 様

さて、ワンちゃんも眠りの浅いときに夢を見たり、体が動くことがあると言われており、寝言を行ったり、吠えたりすることもあります。
しかし、起きているときにも鳴くのであれば、体のどこかに痛みがある可能性もございます。
特に子犬ちゃんの首はデリケートなので、少しの衝撃で痛めてしまうことがあります。
何度か鳴く様子が見られるということであれば、痛みなどの病的な原因によるものではないか、お早めにかかりつけの先生に
診ていただくことをおすすめいたします。
その際、可能であれば、睡眠中や鳴いた際の様子を動画等で撮影してお持ちいただくと、診断の助けになるかと思います。

なお、飼い主様が手を使って叱る方法は、ワンちゃんの恐怖心や警戒心を引き出しやすい点が指摘されており、
ヒトとワンちゃんとの間の信頼関係を育む前に恐怖心を抱かせてしまうこともございます。
飼い主様に対するワンちゃんの安心感や信頼感を育んでいただくためにも、叱るときに手などの力を使われる方法は、
避けていただいた方がよろしいでしょう。

それでは今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。