教えて!アニコム損保!しつけ・健康相談 皆様のご質問にお答えいたします。

ご注意

緊急を要する健康相談の場合は、すぐに動物病院を受診してください。
直接どうぶつさんのご様子を拝見しておりませんので、一般的なご案内となりますこと、また、回答までにお時間をいただいておりますことをあらかじめご了承ください。

●大切なお知らせ●
大変恐れ入りますが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、新規のご相談受付を一時中止しております。
ご迷惑をおかけいたしますが、何とぞご理解賜りますようお願い申し上げます。

・コールセンター業務の縮小について
https://www.anicom-sompo.co.jp/topics/2020/topics_0200408.html

ドッグランでのマナー

投稿者:下村元洋

投稿日:2012/08/15(Wed) 14:40

No.1536

お世話になります。
メス4歳の柴です。

小さい頃はドッグランに連れて行くと周りのわんちゃんと共に
仲良くレスリングやかけっこをして遊んでいました。
ですが、近頃は、連れて行けば喜びますが、一人で走ったり、
私とボール遊びをすることがメインとなっています。
特に、他のわんちゃんが至近距離に来てお尻を嗅がれたり
すると歯をむき出しにしてギャウギャウと吠え、飛びかかってしまいます。大きな声で吠えうるさいので、きちんと躾するように相手の飼い主様からお叱りを受けてしまうこともあります。まれに仲良く遊べる相手もいますが、それでもにおいをかぎあったりするのは苦手で、とたんに吠えだすこともあります。

いつか本当に噛みついて相手のわんちゃんに怪我をさせてしまってはいけないと思います。ドッグランが嫌いではないので、トラブルなく遊べるようにしたいのですが、
どのように教えるとよいのでしょうか。
小さいころに比べドッグランや公園などの場に連れ出す機会が減ってしまったので、関わり方がわからなくなって怖くなってしまったのでしょうか。
または、ドッグランではなく一人で遊ぶ方がこの子に合っているのでしょうか。

室内飼いで、家の中での吠え癖はなくおとなしいです。
性格は臆病で、来客がいると奥の部屋から出てこないような子です。特に2〜3歳の幼児が怖くて散歩中に声が聞こえただけでも回れ右をして帰ろうとします・・。

恐れ入りますがアドバイスをお願いいたします。

Re: ドッグランでのマナー

- ドッグライフカウンセラー 三留

2012/08/16(Thu) 16:55

No.1539

下村 元洋 様

残暑厳しき折、下村様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
このたびはご相談をいただきまして誠にありがとうございます。
4歳の柴犬ちゃんのドッグランでのご様子にご心配をなさっているとのことでございますね。
早速ご案内をさせていただきますが、実際のご様子等を拝見していませんので
一般的なご案内となりますことを何卒ご了承ください。

下村様の柴犬ちゃんは小さい頃のように、ドッグランで他のワンちゃんとリラックスして
遊んだり、じゃれたりしなくなったとのことでございますね。
ドッグランや公園へお連れになられる頻度が減ったこともあるかもしれませんが
屈託ない子犬ちゃんの頃に比べると、成長に伴いかえって怖さなども分かってきているのかも
しれませんね。

ワンちゃんはもともと、数頭のワンちゃんが群れになって狩りをし、
獲物を分け合いながら生活していたと考えられています。
群れ同士が出合い、すれ違うときには、互いの力関係を量りながらになるのですが、
私たちが思う以上に緊張感が走っているのかもしれません。

ワンちゃんが、ドッグランや公園などでワンちゃんと遊ぶことも
私たち人間が思う以上に緊張することだともいわれています。
ワンちゃん同士が仲良く遊ぶことは当たり前のことでは決してなく、かえって珍しいくらいに
思っていただいてもよろしいでしょう。
ワンちゃんは「この子は大丈夫だ」と思い、また相手のワンちゃんとの相性も良いときでなければ
なかなか仲良くならないものですので、いつケンカが起きてもおかしくないのが現実でございます。
柴犬ちゃんが噛んでしまうのでなくても、相手の子に噛まれることもあるかもしれません。
そのような辛い状況を予防するため、下村様のそばに柴犬ちゃんがいる状態をお作り
いただいたほうがよろしいかもしれません。

下村様のワンちゃんは臆病なところがあるとのことでございますね。
私たち人間と同じようにワンちゃんにも個性がございますので、個性を尊重することも大切
かと存じますし、余計に「嫌だ」と思わせないためにも、無理強いをさせないことが重要です。
子犬ちゃんのときは、リラックスをして楽しんでいたとのことですので、
少しずつ、「ワンちゃんがいるところで過ごすことは楽しい」という経験をさせてあげながら、
慣らしていってあげましょう。
どのワンちゃんも苦手なことや場所を持っているのが普通ですが、
苦手なものを慣らすコツは、苦手なものをワンちゃんの好きなものと結びつけながら、
少しずつ慣らすことでございます。

柴犬ちゃんは小さいお子さんが苦手とのことですね。
ちょうど2,3歳のお子様は、体の動きや動作も大きく元気いっぱいの声を苦手とするワンちゃんは、
よく見られます。小さいお子さんが道の向こうにいるなというときは、
柴犬ちゃんがまだ反応しないくらい離れた場所で、大好きな飼い主さんに優しく
話しかけてもらったり、ボール遊びをしたり、嬉しい時間を過ごします。
また、お散歩中などで柴犬ちゃんが小さいお子さんのそばを通りすぎるときは、
お子さんの存在を柴犬ちゃんが認めて反応する直前に、お子さんと柴犬ちゃんとの間に
下村様が入るような位置関係をつくることで、柴犬ちゃんが「パパに守られている」
というように思わせてあげましょう。
そして、下村様は「オスワリ」と指示をなさって、柴犬ちゃんを座らせ落ち着かせます。
できるだけ、お子さんから気持ちをそらすように、柴犬ちゃんに好きなボールを見せたり、
「お利口ね」と優しく声をかけてあげるとよろしいでしょう。
そして、落ち着いて通りすぎることができたら、ご褒美をあげたり、直後に公園で好きな
ボールで遊んであげてはいかがでしょうか。
無理強いをせず、「大丈夫だった」、「何だ、楽しかった!」という経験を少しずつ積み重ねていくことは、
自信をつけてあげることにもつながります。

このことは、ドッグランや公園で他のワンちゃんに慣らすことにもあてはまります。
最初は、柴犬ちゃんの視界に入るところで、楽しく過ごすことを繰り返していただくに
留めておいてもよろしいでしょう。
一人で走り回ったり、下村様とボール遊びをなさったりすることを楽しませてあげることで、
ドッグランやワンちゃんの存在に対して、好ましいイメージを持たせてあげることが
たいへん重要でしょう。

大切なことは、柴犬ちゃんが「どうしよう」と不安そうにしているときほど、
下村様が堂々とリラックスをした表情をお見せいただき、「何があっても守ってあげるから安心しなさい」
という気持ちを伝えてあげることでございます。ドッグランにお連れになられ、
「どうだろう」と心配になられてしまうかもしれませんが、ワンちゃん同士もいろいろな相性があり、
また飼い主さんもいろいろな方がいらっしゃるのでいろいろなことがありますが、
下村様が堂々と、にこやかに相手のワンちゃんの飼い主さんとお過ごしになられると、
「パパは楽しそう。大丈夫なのかな」と感じるかもしれません。

ドッグランで柴犬ちゃんが落ち着かない様子であれば、オスワリと指示を出していただいてもよろしいでしょう。
そして、指示に従ったら、褒めてあげます。生活のさまざまな場面でも同様です。
パパの指示に従えば、安心だ、良いことがあったという経験を常になさることはたいへん重要でございます。
ドッグランでも、時々柴犬ちゃんの名前を楽しそうな明るい声で呼んでいただいたり、車道を渡る際には
「スワレ、マテ」と適切な指示を与えていただき、柴犬ちゃんに下村様の存在を感じさせてあげてください。
また楽しそうに遊んでいるときにはうんと褒めていただくことで、自信を付けさせていただき、
楽しい雰囲気を作ることで「ドッグランって楽しい」と柴犬ちゃんが感じるようにしてあげましょう。
少しずつ慣れてきて、自分から他のワンちゃんと自然に交わるようになるのを
長い目で見守っていただければと存じます。

さて、柴犬ちゃんがドッグランで吠えるときはどんな表情をしていますでしょうか。
「怖い!」であれば、他のワンちゃんとの距離感を保つように誘導してあげましょう。
威嚇をしているような感じであれば、常に下村様が柴犬ちゃんをリードしているという姿勢を
とるようにしましょう。
ワンちゃんはいったん吠え始めると、手がつけられない状態になるのが普通でございます。
また、「静かにしなさい」などと声をかけると、余計に興奮することも多いのですが、
叱るのであれば、低くて落ちいた怖い声でなさることが重要です。
また、「あら、これ何かな」などと下村様がご自身のバッグを開けてみたり、
器に水の用意をするなど、他のことに気をそらし、吠えない状態を作ることも大切でしょう。

下村様がリードをし、指示をする立場だということを示すためには、先にご案内をさせていただきましたが、
「オスワリ」という指示を上手にご利用いただくことが効果があります。
また、「ドッグランに入るときは下村様が先に入るようにしていただく」、
「お家から散歩に出るときも、下村様が先にお出になられる」など、意識的に「下村様が率いる」というところ
をお見せになるとよろしいでしょう。
なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、しつけ相談
サービスを承っておりますので、ぜひご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

時節柄、下村様におかれましてはくれぐれもお身体ご自愛ください。
今後ともアニコムをよろしくお願い申し上げます。



Re: ドッグランでのマナー

- 下村元洋

2012/08/18(Sat) 11:16

No.1544

御丁寧にありがとうございます!

どうしても犬のほうが幼児の存在を察知するのが早く、
今まではその場から立ち去る対応ばかりでした。
すれ違うまでおすわりをさせる方法を試してみたいと思います。

ドッグランでも、落ち着いて座らせたり、大勢の犬にいっぺんに近づけないようにしたり、工夫してみます。ありがとうございました。



Re: ドッグランでのマナー

- ドッグライフカウンセラー 三留

2012/08/22(Wed) 14:46

No.1553

下村 元洋 様

この度はご丁寧にご返信をいただきまして、誠にありがとうございます。
ゆったりと、根気強く柴犬ちゃんを見守ってあげてくださいませ。
ご家族皆さまが笑顔いっぱい、柴犬ちゃんとお暮らしになられますよう
いつも応援いたしております。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



分離不安症でしょうか?

投稿者:みぃ

投稿日:2012/08/21(Tue) 17:01

No.1552

添付ファイル

トイレ

投稿者:みんみん

投稿日:2012/08/09(Thu) 23:17

No.1528

パピヨンの♂6カ月を飼っています。
以前飼っていた大型犬のバリケンを室内にいれ普段はそこに入れています。
3ヶ月半でうちに来た時は半々の確率でトイレでしていたのですが、だんだんとトイレを寝床としてそこではせずトイレ以外の隅にするようになりました。
そこでトイレの位置を変えたらトイレがない違う隅でするようになり、ならばとバリケン全部にシーツを敷いたらかみ砕いてぼろぼろに。 次にトイレのタイミングに合わせてトイレ以外でしそうになると声掛けしてトイレに誘導してみましたが、その上で座ったり伏せして我慢してしなくなりました。
次にトイレいがいのスペースをダンボール箱でふさぎトイレのスペースだけにしても、我慢して夕方の散歩までせず。
最近はバリケンから出すと部屋のあちこちでオシッコをするようになり困っています。
良い方法はないでしょうか?

Re: トイレ

- ドッグライフカウンセラー  三留

2012/08/14(Tue) 13:09

No.1532

みんみん 様

秋の気配の待ち遠しい頃でございますが、みんみん様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
この度はご相談をいただきまして誠にありがとうございます。
パピヨンちゃんのトイレのしつけのご相談でございますね。
早速、ご案内をさせて頂きたく存じますが、一般的なご案内となりますことを何卒ご了承下さい。

パピヨンちゃんのトイレは、バリケンの中に用意なさっているということでよろしいでしょうか。
パピヨンちゃんは、トイレの上で座ったり、伏せをしたりしているとのことですので、
トイレがどこなのか、パピヨンちゃんに伝わっていないのかもしれませんね。
トイレシートの上が排泄するところだと教えてあげるためには、なるべく成功しやすい環境を
お作りいただき、偶然でも良いので、上手くいったとき、褒めてあげることでございます。
誘導するタイミングですが、仕草を見て、あわててトイレに連れていこうとすると、そのあわただしさに、
ワンちゃんを戸惑わせてしまうこともございます。
一度、パピヨンちゃんの排泄のリズムをメモにつけるなどして、時間で「そろそろかな」というタイミングで、
楽しげでリラックスした雰囲気でトイレに誘導してみてもよろしいでしょう。
「トイレはここよ」などという決まった掛け声をいつもかけることで、
掛け声を聞くことと、排泄をするという関連付けがパピヨンちゃんについてくると、
みんみん様の声がけに反応して排泄することが期待されますので、声がけをなさるとよろしいでしょう。

みんみん様のパピヨンちゃんはトイレのシートで寝ることがあるとのことですね。
暑い季節になると、ひんやりとしたシートの上が心地良くて、シートの上で寝たがるワンちゃんが多い
のですが、パピヨンちゃんのいつも過ごすあたりに、ひんやりと快適に過ごせる場所はありますでしょうか。
また、バリケンの中のトイレと寝るスペースが狭いなどで、区別がついていないのかもしれません。
区別がつきにくいようでしたら、トイレと寝るところのスペースを広げていただいてもよろしいでしょう。

さて、パピヨンちゃんは、バリケンの中では排泄をしたがらないご様子だとお見受けいたしましたが、
ワンちゃんにはもともと、自分の生活スペースを汚すことを嫌がり、自分の居場所から離れたところに
したがる習性がございます。
バリケンの外に、トイレを今、好んでパピヨンちゃんがしたがる場所に、もう一か所ご用意いただくのも
よろしいでしょう。
バリケンの中で我慢をして、違う場所でオシッコをするのであれば、バリケンから出したときに、
このトイレに誘導してあげてはいかがでしょうか。トイレの場所は、頻繁に排泄する特定の場所にお心当たり
がないようでしたら、ご家族の出入りの少ない、パピヨンちゃんがゆっくりとオシッコができる場所に
お作りいただくとよろしいでしょう。

トイレは成功のチャンスの確率をあげるためには、トイレシートを何枚か広げるなどして、
なるべく広めのトイレを用意なさってもよいでしょう。
あるいは、サークル状の囲いの中の全体にシートを敷いていただくとよろしいかもしれません。
このようにすると、褒めるチャンスはうんと大きくなります。
しばらくして、何枚かのシートのうち、いつもするシートが決まってきましたら、
使わないシートをはずしていってはいかがでしょうか。
また、シートの位置を移動させるときには、数センチずつ日にちをかけて移すと
パピヨンちゃんが戸惑わないかと存じます。

子犬ちゃんですので、まだお家の中の位置関係が把握できていないでしょうし、
まだ排泄の機能が成長の途中ですので、遊ぶことのほうを優先しているうちに出てしまって
いるのかもしれません。
最初はなかなか覚えてくれないので、どうしてもいろいろな方法を試したくなりますが、
ワンちゃんは環境の変化に敏感ですので、あまりトイレの場所などをかえることなく
ゆっくりと、長い目でパピヨンちゃんを励ましていただければと存じます。
成功体験から「リビングのこの場所からは、ケージはこのようにして戻る」、
「キッチンの近くで遊んでいるときは・・・」とわかってくると
何かの折に自分で戻るようになるかと存じます。
そのときは、いつもよりも、たくさん褒めてあげましょう。

上手くいかないと、叱ったり、声をあげたくなりますが、粗相を飼い主様に叱られたことで、
排泄行為そのものがいけないと思い、隠れたところで排泄をするようになってしまうこともあります。
また、粗相を見つけた飼い主様が「あらーっ」と声を上げた様子を、「注目を浴びたこと」「ご褒美」
だと思ってしまい、トイレではない所ですることがご家族の注目を浴びることの一つの手段となって
しまうこともあります。そのようなことを防ぐため、トイレ以外のところで排泄をしてしまっても、
声をあげたり、叱ったり、騒いだりしないようにご注意いただければと存じます。
上手くいったときだけ、注目していただき、排泄ができたときに褒めることだけに、注力しましょう。
また、中には、オシッコを片付ける際の飼い主様の手にある白い雑巾に反応して、
遊べると喜ぶワンちゃんいますので、片付ける際もあまりパピヨンちゃんにその様子を見せないほうが
よろしいかもしれません。

以下、このほかのご注意いただきたい点を挙げさせていただきます。
1. バリケンを好きな場所にする
叱られたときに、バリケンに戻された経験などがあるなど、嫌な経験とバリケンがワンちゃんの中で
結びつくと、ケージに戻ることそのものに躊躇するようになることがあります。
褒めたときにバリケンに戻す、バリケンの中にいるときに優しく声をかけていただくなどして、
バリケンを好きなところにしておきましょう。

2. 紛らわしいものは置かない
ワンちゃんは、マット類やラグ類などの上にいると排泄を誘発される傾向がみられます。
パピヨンちゃんが、お部屋の中で粗相をしてしまうマット類などがあれば
取り除いていただいたほうがよろしいでしょう。

3. リラックスして排泄ができる環境を作る
ワンちゃんは感情を把握する能力のたいへん高いどうぶつですので、
「いつするのだろう」と息を詰めてみていると、緊張感がワンちゃんに伝わってしまい、
かえってうまくいかなくなることも見られます。
たいへんではございますが、できるだけ肩の力を抜いて、見守っていただくことも大切かと存じます。

たいへんではございますが、根気強く、褒めることで、トイレへの道筋を教えていただければと存じます。
アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、
しつけ相談のサービスを承っております。気がかりなことがおありの際には
お気軽にご利用くださいませ。

お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願い申しあげます。

パピヨンちゃんのお健やかなご成長をお祈りいたしております。
体調管理の難しい頃ですが、お体をご自愛いただき、
パピヨンちゃんと素適な毎日をお過しください。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願い申し上げます。



Re: トイレ

- みんみん

2012/08/16(Thu) 21:28

No.1541

 どうもありがとうございました。
バリケンの外にトイレを作り、トイレとバリケンの間を行き来できるようにスペースを広げてみました。
トイレシーツにオシッコをつけているので、以前のようにそこに長居はしなくなったような気がします。
散歩の時にオシックする時には、掛け声もかけるようにしました。
まだ成功はしていませんが、根気強くやってみるつもりです。



Re: トイレ

- ドッグライフカウンセラー 三留

2012/08/17(Fri) 16:43

No.1542

みんみん 様

この度はご丁寧にご返信をいただきまして、誠にありがとうございます。
タイミングをご覧になられ、トイレに誘導することを繰り返すことで
必ず、成功するときがやってくることと存じます。
思い切り褒めてあげるときを楽しみにしていただき、根気強くパピヨンちゃんを
見守ってあげてくださいませ。
パピヨンちゃんのお健やかなご成長を心からお祈りいたしております。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



猫の口臭

投稿者:滝口 智洋

投稿日:2012/08/14(Tue) 21:40

No.1534

平成24年1月生まれのスコティッシュです。
口臭なのか、唾液臭なのか、口の周りのにおいが気になります。
おもちゃなども、ひとかみで臭うほどです。
動物病院では、異常ナシ…と言われています。
口内炎もなく、今のところ他の病状らしいものもなく。何が悪いのかわかりません。
食事はロイヤルカナン(ドライ)を水にふやかして、食べさせてます。
これまでに飼ってきた猫たちには、こんな口臭を感じたことは、ありませんでした。
何処か悪いとこがあるのではないかと心配です。

Re: 猫の口臭

- 獣医師 田村

2012/08/16(Thu) 15:58

No.1538

滝口 智洋様

この度はご相談を頂きまして、誠にありがとうございます。
スコティッシュちゃんの口の周りが臭うとのことでございますね。
お問合せにつきましてご案内させて頂きますが、
実際のご様子を拝見しておりませんので一般的なご案内となりますことを何卒ご了承ください。

口臭の原因で考えられるのは歯に歯垢や歯石が付着していることです。
また、それが原因で歯槽膿漏や歯肉炎を起こしている場合にも口臭がします。
歯には問題がなくても口内炎や舌炎を起こしていてお口が匂うこともあります。
食道や胃に問題がある場合や、腎臓病を患っていてもお口が匂うことがあります。
また、お食事の種類によっても口臭が強くなる場合があります。
さて、スコティッシュちゃんは動物病院さんを受診され、異常は見られないとのことでございますね。
現在7か月齢と若いですし、歯石の付着や歯肉炎、口内炎などが認められず、食欲や元気が普通にあって
内臓疾患の可能性も低いようであれば、ご心配には及ばないのではないでしょうか。

6〜7か月齢というと、ちょうど乳歯から永久歯への生え換わりが起こっている時期で、
この時期に口臭が認められる子猫ちゃんはときどきいらっしゃるようです。
人間のお子さんでも歯の生え換わりに伴って口臭が認められることがあり、
その原因としては、永久歯と乳歯がくっついて生えている状態で、歯並びが凹凸になっていたり、
永久歯が乳歯を押し上げて行く過程で歯と歯茎の間に隙間ができてしまい、そのような場所に
食べ物のかすなど口臭の原因となる物質がたまり、歯磨きなどで取り除きづらい状態になること
などが考えられます。
歯の生え換わり時期の口臭は通常は一時的なもので、歯肉炎などのトラブルを起こさなければ、
生え変わりが完了すれば落ち着いてくるはずですので、しばらくご様子をご覧になっていただいても
よろしいかと思います。
歯肉に赤い部分があったり、ヨダレが多くなったり、口の中を気にしたりという様子が見られる場合には、
歯肉炎などのトラブルを起こしている可能性もありますので、受診していただいた方がよろしいでしょう。

また、今後口臭を予防するためには、歯垢や歯石の付着を防ぐためのお口のケアをお勧めいたします。
お口を触られるのを嫌がらないのであればガーゼなどで歯と歯茎のマッサージをしたり、
歯磨きなどをしてあげましょう。
その他にも猫ちゃんの好む味の歯磨き粉など、デンタルケアの商品は多数市販されておりますので
お試しいただくのもよいでしょう。
また、歯垢の付着の予防に効果があるとされるオーラルケアの食事もありますので
お試しいただくのもよいかと存じます。
スコティッシュちゃんは7カ月になられたとのことで、可愛い盛りですね。
スコティッシュちゃんの健やかな成長を心よりお祈りいたしております。

その他、ご不明な点などございましたら、当メールアドレス宛て、
もしくは、【アニコムあんしんサービスセンター】0120-971-725、
携帯電話・PHSからは、03-3565-8256 までお問合せくださいませ。

今後ともアニコムを宜しくお願い申し上げます。



無題

投稿者:井関絢美

投稿日:2012/08/13(Mon) 22:34

No.1531

はじめまして。1才のミニチュアダックスフントの男の子を飼っています。うちの子はやんちゃで、散歩のときや他人が部屋に入ってきたりすると無駄吠えをしたり、おしっことかも、トイレではせずベランダででしてしまったり、トイレをベットにしてしまったり、撫でようと思ったりすると何故か逃げたり…すぐ落ちているものを口にいれたり、それで以前画ビョウを口にいれていました。幸いなにもなかったのでよかったのですが、なにかいい方法はないのでしょうか?やはりきちんとしつけ教室に通ったほうがいいでしょうか?いろんなところに連れてってあげたいんです。

Re: 無題

- ドッグライフカウンセラー 三留

2012/08/16(Thu) 15:49

No.1537

井関 絢美 様

夏休みで海や山がにぎわう頃でございますが、
井関様におかれましてはいかがお過しでしょうか。

この度はご相談を頂戴いたしまして誠にありがとうございます。
さっそくご案内をさせていただきますが、
実際のお子様のご様子を拝見していませんので、一般的なご案内となりますことを
何とぞご了承くださいませ。

ミニチュアダックスフントちゃんは元気いっぱいな年頃ですので、井関様におかれましては、
「可愛くて楽しいけど、たいへん!」と思われることも多いのではないでしょうか。
生活を共にする中で、ワンちゃんとの絆は作られていき、これからどんどんと変わり
成長していくでしょう。
また、ワンちゃんは、「自分が何かした後、周囲にどのようなことがあったか」ということを
大変よく覚えており、この経験をもとに、自分の行動を組み立てていきますので、
ご家族様のご対応を少し見直していただくことでもワンちゃんの行動は変わっていきます。
根気強く、ミニチュアダックスフントちゃんの成長を見守り、ご対応いただければと存じます。
以下、お伺いした内容をもとに、ご案内させていただきますが
一般的なご案内となりますことをご了承ください。

【吠えることについて】
ワンちゃんが吠える原因には、「縄張りを守ろうという防衛本能から吠える」、
「周囲のご家族に要求をして吠える」、「怖くて吠えて何とか身を守ろうとする」、
「周囲のご家族に指示をしようと吠える」など、さまざまな原因が考えられます。

1.散歩のときの吠え
井関様のミニチュアダックスフントちゃんは、お散歩のときに吠えるとのことでございますね。
吠えているときの表情はいかがでしょうか。
怖くて吠えている子もいれば、「それ以上、こっちに来るんじゃない」と相手に警告するため
吠えている子もいます。遊びたくて吠えることもあるかもしれませんが、
ミニチュアダックスフントちゃんはいかがでしょうか。

ミニチュアダックスフントちゃんが吠えた後に、ご褒美にあたることが起きないように
注意をしましょう。
例えば、遊びたくて吠えているワンちゃんが、「吠えた後に遊べた」という経験をすると、
「吠えれば遊んでもらえる」と学習してしまい、次から遊びたくて吠えるように
なるかもしれません。
また、怖くて吠えている子が吠えたときに抱っこをすると、「吠えれば抱っこしてもらえる」
と覚えてしまうでしょう。
「吠えても遊べない」、「吠えても無駄だ」ということを根気強く教えていきましょう。

さて、実際にミニチュアダックスフントちゃんが吠えたときに、井関様はどのように
対応なさっているでしょうか。
「静かにしなさい」、「吠えちゃダメよ」などと、叱るつもりで声を掛けることを
「飼い主様が応援してくれている」とワンちゃんが勘違いしてしまったり、興奮して、
余計に吠えたりすることもみられます。
ワンちゃんの行動は習慣化しやすいので、「他のワンちゃんをみる」、「吠える」という
二つの行動がなるべく結びつかないように、吠えそうなときに他の行動をさせていただき、
落ち着かせることが望ましいでしょう。
お散歩で、いつもあのタイプの子に吠える、というようなワンちゃんが近づいてくるとき
には、ミニチュアダックスフントちゃんと飼い主さんに連れられた相手のワンちゃんとの間に
井関様がお入りになり、落ち着いた表情と声でミニチュアダックスフントちゃんに
「スワレ」と指示をしましょう。
ミニチュアダックスフントちゃんが井関様に守られているという雰囲気を作りましょう。
ミニチュアダックスフントちゃんが座ったら、おもちゃやボールなど好きなものを
見せてあげてもよろしいでしょう。とにかくいつも吠える対象から気をそらすようにします。
このようにして吠えない状態を作り、「お利口ね」と声をかけながら
相手の飼い主さんとワンちゃんが通りすぎるのを待ちます。
吠えないで通りすぎることができたら、うんと明るい声で褒めていただき、
場合によっては、特別にご褒美をあげてもよろしいでしょう。

なお、ミニチュアダックスフントちゃんが戸惑ったり、不安だったり、怖いと思って
吠えたりしているときには、チラリと飼い主様の様子や表情を見ることが
多いようでございます。
このようなときには、とにかく飼い主様が落ち着いた表情をしていると、
ミニチュアダックスフントちゃんは、「ママが大丈夫そうだから、平気かな」と
安心するかもしれません。
また日常生活においても飼い主様が主導権を持つことで、
「自分は井関様に従っていけばいい」と感じさせてあげましょう。

「可愛い子ですね」などといって急に知らない人が手を出してきた経験があると、
人が近づいてくると「また怖い思いをしなくてはいけない」と思うかもしれません。
特に後ろや前から急に触られるのはどのワンちゃんにとっても大変怖い経験となります。
もし、外で撫でたいという方がいらっしゃったときには、まずはミニチュアダックスフントちゃんに
その方の手のニオイを嗅がせてあげ、「触っていい?」と声をかけていただいてから、
びっくりさせないように、斜めの位置から手を出すようにしていただきましょう。

2.家の中に人が入ってくると吠える
ミニチュアダックスフントちゃんは家に人が入ってくると吠えるとのことでございますね。
家という縄張りに知らない人が入ってくるのですから、ワンちゃんにとって、
たいへんな脅威だともいえるでしょう。
「怖い!」「自分たちを守らなくては!」という思いを弱めてあげられるように、
ご家族は振舞ってあげましょう。
自分には守ってくれる飼い主さんがいると思わせ、安心させるためには、
ワンちゃんの興奮を相手にせず、ご家族様が大丈夫そうな落ち着いた表情をお見せいただく
ことが効果的です。
また、ケージやサークルなどの中など、お家の中に自分が逃げ込める安心できる場所を
用意するのも大切でしょう。

このほかのワンちゃんが吠えているときのご対応についてご案内させていただきます。
1. 外の様子や音が気にならない環境を作る
ワンちゃんが、玄関や窓の外の様子がよく見渡せる場所でいつも過ごしているのであれば、
カーテンを引いたり、外を見渡せる場所に行かれないようにしたり、
パーテーションで目隠しをするなど、周囲の様子が気にならないようにしてあげましょう。
また、ラジオやテレビをつけておくのもよろしいでしょう。
また、可能であれば、インターフォンの音を下げたり、音を変えてもよろしいかもしれません。

2. いつも吠えるタイミングに、吠える以外の行動をするように習慣付ける
インターフォンがなったり、車が外を通ったり、人の足音がしたときなど、
いつもならミニチュアダックスフントちゃんが耳をそばだてて吠えそうなときがありましたら、
吠える寸前に吠える以外の行動をさせるようにすると良いでしょう。
ケージやクレートの中に入るように指示や誘導をしていただき、
中に入って吠えない状態であれば、「お利口」と褒めたり、ご褒美を与えたりしましょう。
「ハウス」以外でも、大好きな座布団の上に「オスワリ」をさせてもよろしいでしょう。

3. 吠えそうになったら、他のことに気をそらす
外の音に反応をしそうなときには、ボールを投げたり、窓をあけて、吠える以外のことに
気持ちをそらすことに効果がみられる場合もあります。

4. ご家族の指示に従うと良いことがあることを教える
ミニチュアダックスフントちゃんはご家族様に従えば、何も心配がいらないと感じさせて
あげましょう。何かにつけて、「オスワリ」と指示をして、指示にしたがったら良い事が
あることやソファの真ん中の位置など、お家の中の良い場所はご家族様の場所であることなどを
根気強く教えていきましょう。このようなことを続ける中で、日常生活の対応を通して、
次第に「ボクは従っていれば、安心なんだ」ということを理解するようになるでしょう。

【トイレのしつけについて】
ミニチュアダックスフントちゃんは、オシッコをベランダでしたり、
トイレシートの上で寝てしまうことがあるとのことでございますね。
もしかしたら、ミニチュアダックスフントちゃんにどこでオシッコやウンチをしたら
良いのかが伝わっていないのかもしれません。
また、暑い季節ですので、ひんやりとするトイレシートがのんびりする場所になっている
のかもしれません。
ふかふかのベッドもこの時期になると暑く、ひんやりする場所を探しているのであれば、
ベッドを取り外し、ベッド代わりにお気に入りのタオルを床に直接おくなど、
環境を見直してみましょう。

さて、ワンちゃんにウンチやオシッコをする場所がどこなのか教えるときのポイントは、
偶然でも、シートの上でできたら、褒めてあげることです。
一日のオシッコやウンチのリズムを把握しておき、
そろそろオシッコかな、ウンチかな、というときに「トイレはここよ」などと
決まった言葉をかけて、シートに誘導してみましょう。
シートで排泄をするときにいつも同じ言葉をかけることで、トイ・プードルちゃんの中に
「声かけの言葉=排泄」という条件反射ができるかもしれません。

布団のようなフワフワしたものや、ラグ、マット類はトイレの失敗を誘いやすいようです。
しっかりとトイレの場所が把握していないうちは、
これらのある部屋にいかれないようにする、またはマット類などを
取り外しておくほうがよろしいかもしれません。

上手くいかないと、叱ったり、声をあげたくなりますが、粗相を飼い主様に叱られたことで、
排泄行為そのものがいけないと思い、隠れたところで排泄をするようになってしまうこともあります。
また、粗相を見つけた飼い主様が「あらーっ」と声を上げた様子を、「注目を浴びたこと」「ご褒美」
だと思ってしまい、トイレではない所ですることがご家族の注目を浴びることの一つの手段となって
しまうこともあります。そのようなことを防ぐため、トイレ以外のところで排泄をしてしまっても、
声をあげたり、叱ったり、騒いだりしないようにしましょう。
上手くいったときだけ、注目していただき、排泄ができたときに褒めることだけに、注力しまします。
また、中には、オシッコを片付ける際の飼い主様の手にある白い雑巾に反応して、
遊べると喜ぶワンちゃんいますので、片付ける際もあまりパピヨンちゃんにその様子を見せないほうが
よろしいかもしれません。

【撫でようとしたら逃げることについて】
ワンちゃんから見ると、人の手は大きくて怖いと感じることもあるようです。
撫でようとしたり、お世話をなさるときには、なるべく怖いと思わせないように、
ミニチュアダックスちゃんの頭の上から手を振り下ろさないように注意をしましょう。
また、井関様が撫でようとして逃げたときに、追いかけてくれて楽しかったという経験などがあると、
逃げると、飼い主さんと追いかけっこができると思い、遊びに誘いたくて、逃げようとすることもあります。
日頃から、飼い主さんの声がけに反応すると、良いことがあると教えておくようすることは
たいへん重要なことです。
ミニチュアダックスちゃんの名前を呼んで、井関様を見たら、「お利口ね」と褒めてあげましょう。
また、逃げたときには知らん顔をしておき、逃げずに撫でさせたときには、うんと楽しい経験をさせてあげましょう。

【何でも口にいれてしまうことについて】
井関様のミニチュアダックスフントちゃんは、落ちているものを口に入れることがあるとのこと、
これまで、大事に至らず本当によろしかったですね。
若いワンちゃんは、特に好奇心が旺盛ですから、いけないものを口にしてしまうことが多いので、
飼い主さんをハラハラさせてしまいます。
ワンちゃんとは、とにかく、落ちているものを口にするどうぶつさんだとお考えいただき、
充分にミニチュアダックスちゃんの安全を守ってあげてください。
以下、生活の中の注意点をご案内させていただきます。
ご参考にしていただけましたら幸いでございます。

1. 「落ちているものを口にしないと、良いことがある」「拾い食いをすると嫌なことがある」と
思わせる
(1)「してはいけないよ」とミニチュアダックスフントちゃんに伝えるための言葉
(「いけない」「だめ」など)をご家族様の間で決めていらっしゃいますでしょうか。
落ちているものを口にしそうになったらこの言葉を使って、低く落ち着いた声で
しっかり叱ってください。口にするのを止めたら、褒めたり、ご褒美を与えたりします。
「落ちているものを口にしないことを選んで、よかった」と思わせてあげると
よろしいでしょう。

口にしてしまったときにも同様に、低い怖い声で叱りますが、無理に口から出そうとすると、
取られまいと慌てて飲み込んでしまうかもしれません。
また、飼い主様が慌てた素振りを見せたり、騒いでしまうと、「落ちているものを食べようと
すること」が「注目してもらえること」だとミニチュアダックスフントちゃんに伝わってしまいます。
落ち着いて低い声で対応いただき、「いけない」ということが伝わるようにしてくださいませ。
構ってもらうためには、落ちているものを食べればいいと思っているようでしたら、
相手にしてもらえないと思わせたほうがよろしいでしょう。
そのためにも、ミニチュアダックスフントちゃんの過ごす環境には、口にして困るものは
置かないようにしましょう。

2. 拾い食いをする環境を作らないようにする
(1)お家の中で自由に過ごせるスペースを制限していただき、その中にいれば、口にして
困るものはないから安心だというようになさるとよろしいでしょう。

(2)ご家族様の食事時などにミニチュアダックスフントちゃんが食卓の下で過ごす習慣があると、
こぼれたものをワンちゃんが食べてしまうことが起き兼ねません。こぼれたものを食べない環境作り
のためにも、ご家族様の食事の時はお子様はケージやサークルの中で過ごすなど、
食卓と離れた場所で過ごすようにしたら宜しいでしょう。

しつけ教室にいらっしゃることもよろしいとは存じますが、
井関様がどのように接するかを、まず、見直していただき、
井関様とミニチュアダックスフントちゃんの関係を築くことがたいへん重要でございます。
たとえば、井関様が帰宅なさったときに、嬉しくて騒いでいるミニチュアダックスちゃんに、
他のご家族様より先に声をかけると、自分が家族の中で優位な立場にいること、そして騒いでいると良いことがある、
ということを教えることになってしまいます。
まずは、井関様がしっかりと主導権を握っていることをミニチュアダックスちゃんの目によく分かるように
していただければと存じます。

井関様がミニチュアダックスちゃんを守っているから安心すればいいことや、
井関様が頼りになることをミニチュアダックスちゃんによく見えるようにアピールしていただき、
また、お子様に自信をつけさせるためには、望ましい行動に対して
明るい声でうんと褒めてあげていただけばと存じます。

ミニチュアダックスちゃんのお健やかなご成長を心からお祈り申し上げております。
何かお気がかりなことがありましたら、いつでもお声掛けくだしませ。
なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、しつけ相談
サービスを承っておりますので、ぜひご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

体調維持の難しい頃でございますので、井関様におかれましては、く
れぐれもお体ご自愛くださいませ。
今後もアニコムをどうぞよろしくお願い申し上げます。