教えて!アニコム損保!しつけ・健康相談 皆様のご質問にお答えいたします。

ご注意

回答までのお時間は3営業日以内とさせていただきます。
緊急を要する健康相談の場合は、すぐに動物病院を受診してください。
直接どうぶつさんのご様子を拝見しておりませんので、一般的なご案内となりますこと、また、投稿フォームにはURLを入力できない設定となっておりますことをご了承ください。

証券番号

  • (記入例:S00123452)

  • ご入力いただいた証券番号は公開されません。

ニックネーム

タイトル

コメント

  • URLはご入力いただけません。

添付File

暗証キー

  • (英数字で8文字以内)

投稿キー

  • (投稿時 投稿キー を入力してください)

文字色

病院に、、、追伸

投稿者:うらりん

投稿日:2013/05/11(Sat) 15:31

No.2054

病院を好きなところにしよう。を読ませていただきました。

参考にさせていただこうと思います。

メスで5歳で避妊済み、7,8キロ、白柴です。

うちの子は、避妊手術の後、何度も鎮静剤を注射されたそうです(あばれるので、帰れず、入院になってしまいました)
1歳になるまで、後ろ脚の皮膚炎が化膿ひどいときは、一本足なめて出血して、脱毛して、2週間くらい数日おきに、ステロイド注射に通いました。9か月病院に通いました。後不注意で、誤飲、しっぽの怪我、
下痢などで、病院の苦い記憶がいっぱいです。

車、ゲージは大好きです。
でも病院とわかると、ふるえて、しっぽはおなかに下がり、
抵抗します。
前後には、獣医さんの入り口の前で、ソフトフードやクッキーで、ほめるようにしてます。

通常生活は、こまめに、かゆみ止めシャンプーなどをしてもらいに、通い最近は皮膚炎はおこさずにすんでます。
毎年梅雨から夏は、かきすぎのかさぶたの小さいのができて、ステロイドのスプレーで、一日でおさまる程度まで改善されてます。

フードはピナクルのアレルギーを考慮した、サーモンとスイートポテトのドライフードです。
アレルギーがでないようですので、
しつけのとき、きゃべつ人参など野菜、チーズ少しなど用いますが、ほんの少しですますようにしてます。

人の手が大嫌いです。

何度か服従的なきついことを他人からされ、私もきつく叱ったことがありますが、それ以後は、やめるようにしてます。

ひどいこわがりで、神経質です。

ブラッシングや手で皮膚状態をチェックしたりの時、前にフードを置いてるのですが、威嚇してくるときがあります。

物音にもこわがり、4歳でやっと郵便やさんに慣れました。宅配便は、その都度フードでならせていますが、まだ、毛を総立ちにして、激しく吠えこわがっているようです。

こんな、ひどいこわがりです。

一番行きやすい獣医さんは、うちの子がこわがりなのでか、
皮膚や毛の検査をしてもらえず、
話を聞き、ステロイドをもらってくるという感じで
触診や詳しい検査をしてくれないのです。

フィラリアの薬ももらいにいかなければいけないのですが、
どこの獣医さんに行くのか、
苦痛になってきてしまってます。


Re: 病院に、、、追伸

- ドッグライフカウンセラー 三留

2013/05/14(Tue) 12:59

No.2064

うらりん 様

No.2054のご相談に関しましては、NO.2053のご相談と併せてご案内をさせていただいております。
何とぞご了承いただきますようお願い申し上げます。



肝機能の異常

投稿者:るなたん

投稿日:2013/05/09(Thu) 03:15

No.2045

前回は食事の件でアドバイスをありがとうございました。

先日、フィラリアの検査と一緒に血液検査をしました。
ALT 125
AST  53
とやや高めの数値が出ました。

約3日程前に混合ワクチンを接種したのですが、ワクチンに
アレルギーがあるので毎年アレルギーを抑える注射を行ってからワクチンを接種します。

獣医によるとワクチンのアレルギーの薬で一時的に高値になっているだけだと思われるのでそんなに心配はしなくてもよいと言われ、念のため一ヶ月後にもう一度検査にきてくださいと言われました。

@ワクチンやアレルギーの薬で肝機能が悪くなる事はあるのですか?

A一か月後に再検となっていますがフィラリアの内服と
狂犬病のワクチンがあるのですが通常通り行っても肝機能には
影響はないでしょうか??

Re: 肝機能の異常

- 獣医師 山田

2013/05/13(Mon) 13:10

No.2061

るなたん様

この度はご相談をいただきまして、誠にありがとうございます。
ワンちゃんの血液検査でALTが少し高く、気になっていらっしゃるとのことですね。
早速ご案内させていただきますが、一般的なご案内となりますことをご了承下さいませ。

ALT(アラニンアミノトランスフェラーゼ)は主に肝細胞に存在している酵素です。
肝臓の障害に伴い、肝細胞から酵素が血中に出る(逸脱する)と言われており、
現在起きている肝障害の程度を表す指標とされます。
検査機器によって幅はありますが、一般的にALTの正常値はおおよそ100 IU/lくらいまでと考え、
正常値から2〜3倍の上昇で軽度の肝細胞病変、5〜10倍で中等度の病変、10倍以上は著しい
肝細胞障害を示していると考えられます。
るなたん様のワンちゃんのALTは125 IU/lとのことですので、
正常値よりほんの少し高いという事になります。

上述したように、ALTは肝細胞の障害で上昇しますが、その原因は肝臓自体に問題がある場合と、
肝臓自体にそれほど大きな問題が無く上昇する場合があります。
肝臓自体の問題としては、慢性肝炎や急性肝炎などがあげられます。
肝臓自体にそれほど問題がなくALTが上昇する原因としては、胃腸疾患、膵臓疾患、
代謝性疾患(特に脂質代謝異常)、うっ血性心不全、
グルココルチコイドや麻酔薬など薬剤の使用などにより上昇する事があります。

るなたん様のワンちゃんは混合ワクチンを接種する際に、ワクチンアレルギーを抑える注射を
行ったとのことですね。また、かかりつけの先生からはワクチンアレルギーの注射で一時的に
ALTが高値になっているだけで、そんなに心配はしなくてもよいと説明を受けたのですね。

混合ワクチンのアレルギーを抑える注射は一般的に、グルココルチコイドを使用する事が
多いので、かかりつけの先生がおっしゃるとおり一時的にALTが上昇する事がございます。
また、ALTが上昇しているからといって、必ずしも肝機能が低下しているとは言えません。
肝機能を確認する為には肝臓が生産する物質と肝臓が処理する物質を検査する事で確認します。
例えばBUN(尿素窒素)、Alb(アルブミン)、Glu(グルコース)、T-Cho(総コレステロール)、
T-Bil(総ビリルビン)などの数値が高すぎないか又は低すぎないか等を
肝酵素(ALTやAST、ALP)と合わせて総合的に判断いたします。
ですから、ALTが少し高い=肝機能障害と言うわけではなく、ALTのみが高い場合は
肝細胞が何らかの障害を受けているということになります。
るなたん様のワンちゃんは現在、ALTが著しく高いということではありませんので、
かかりつけの先生がおっしゃるとおり、アレルギーを抑える注射の影響の可能性も考えられますので、
少し経過を見て再検査をして頂けたらと思います。
1ヵ月後の再検査で数値の変化が無いようでしたり、さらに数値が上がるようでしたら、
今後の対応についてかかりつけの先生とよくご相談していただけたらと思います。

また、1ヵ月後にALTの再検査予定となっており、それまでの間にフィラリア予防薬の内服と
狂犬病のワクチンを通常通り行っても肝機能に影響がでないかどうかについてもご心配との事ですね。
フィラリア予防薬にもいくつかの種類がありますが、適切な用量でしたら、薬の副作用はほとんど発生
しないかと思います。
また、肝機能への影響も懸念されているとの事ですが、こちらも適切な薬用量で与える分には
問題はないかと思いますので、ご安心ください。
もし現在、肝数値の上昇で何かお薬が出ていた場合には、その薬の内服時間とフィラリア予防薬の
内服時間を少しずらして与えていただけたらと思います。
(例えば肝臓のお薬が朝晩の内服だった場合は、フィラリア予防薬をお昼に与えるなど)

狂犬病のワクチンも注射自体が肝機能に影響を与えることはありませんので、
接種していただいて問題はないと思いますが、肝数値を1ヶ月後にチェックしてから狂犬病のワクチンを
行った方が良いかどうかを、念のためかかりつけの先生にもご相談頂き、判断して頂けたらと思います。

春風が気持ちよく、過ごしやすい季節になってきましたが、
るなたん様とワンちゃんがお元気にお過ごしいただけたらと存じます。
また何か気がかりなことがございましたらご相談下さい。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、
しつけ相談のサービスを承っております。気がかりなことがおありの際には、
お気軽にご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

今後ともアニコムをどうぞよろしくお願い申し上げます。



ワクチンの証明

投稿者:わんこ

投稿日:2013/05/08(Wed) 22:41

No.2044

8種のワクチン接種をしました。
証明書には8種が印字されていましたが、貼付されていたシールは6種でした。
後日気が付いて病院に問い合わせたら「カルテに8種となってるので間違いありません」という回答でした。
そして「正しい証明書と差し替えるので間違っている証明書を持ってきてください」と言われました。
接種する時は診察室から飼い主は出されました。
仮に同席していても、わざわざ「間違いなく8種です」とみせてくれる病院ってあるのでしょうか?
もし6種しか打ってないのであれば、犬の体調に問題ないのであれば打ち直しとか相談したかったのですが、「間違いない」と言われて、今後の関係も考えるとそれ以上言えませんでした。
ですが、バイアルにシールが添付されているのではないのですか?打った注射液と違うシールを貼るなんてありえるのでしょうか?
今後、病院との関係を壊さないままで、こういう不安をもたずにいるためにはどうすればよいでしょうか?

Re: ワクチンの証明

- 獣医師 酒井

2013/05/10(Fri) 12:36

No.2050

わんこ様

春の暖かな日差しが気持ちの良い季節ですが、わんこ様につきましては
いかがお過ごしでしょうか?
この度はご相談をいただきまして誠にありがとうございます。
8種のワクチンを接種したはずなのに、ワクチン証明書のシールが6種になっていたということで
ございますね。
お問合せにつきましてご案内させて頂きますが、
一般的なご案内となりますことを何卒ご了承ください。

ワンちゃんの混合ワクチンはメーカーさんによっても違いはありますが、一般的に1箱に10頭分程
入っていて、バイアルにそのワクチンの製造番号が印字されたラベルが貼り付けてあります。
またワクチン証明書に添付するためのシールが箱に頭数分同梱されています。
そのため証明書に添付するシールはバイアルに貼ってあるものと異なります。
病院によってその管理方法は異なる可能性はありますが、その子に接種したワクチンの種類と
その製造番号がわかるように、接種後間違いがないようにバイアルに貼ってあるラベルをはがして
カルテに添付しておいたり、記入しておくのが一般的です。
ワクチンは冷蔵保存ですので冷蔵庫で保管されますが、一旦箱を開封すると証明書に
添付するシールはワクチン証明書など発行する受付などに他のワクチンのシールと一緒に
保管している場合があります。
あってはいけない間違いではありますが、この証明書を作成する時点でシールを取り違えてしまった
可能性は考えられると思います。あくまで推測であって実際はどういった手違いであったのかは
わかりかねますが、カルテの記載と証明書の印字は8種となっているのであれば、
間違いはないのではないかと思われます。

また接種するワクチンを飼い主さんに間違いがないかどうか見せてくれる
病院があるかどうかについてですが、これに関しては、病院さんの方針にもよるとは思いますので、
私どもではご返答いたしかねますこと、何とぞご理解いただきたく存じます。
ただ今回のような経験をされたので、接種前に確認させて下さいというお願いをすれば
対応してくれるところはあるのではないかと思います。
どちらにしても病院さんとは信頼関係を築いてこそ安心してワンちゃんをお任せできますので、
ご不安な点ありましたら再度かかりつけの先生とご納得いくまでじっくりお話をされるか、
どうしても不信感がぬぐえないようでしたら、一旦他の病院さんを受診されて
ご相談されることも1つの方法かと思われます。

ワンちゃんの健康を第一に、何でも相談できる関係を動物病院の先生と築くことが
出来ればいいですね。
文面からもワンちゃんのこととても大切にされているご様子よく伝わってまいりました。
どうぞこれからも愛情いっぱいワンちゃんとの生活を楽しまれるよういつも応援致しております。
アニコムでは下記の受付時間で、お電話でのご契約者様への健康相談、しつけ相談サービスを
承っておりますので、ぜひご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。

今後ともアニコムをよろしくお願い申し上げます。



Re: ワクチンの証明

- わんこ

2013/05/10(Fri) 19:25

No.2051

ご回答ありがとうございました。

開封してあって、シールとバイアルを別々に保存していたかもしれない、ということがあるのですね。
今後は酒井先生のおっしゃる通り、同席してお薬の確認をさせてもらおうかと思います。

すごく不安な気持ちでいましたが、カルテにはバイアルに貼ってあったものが貼られてるはずだと思ったら安心しました。
(この病院がそうしてるかはわかりませんが信じたいと思います)
念のため、キャンプとかは次のワクチン接種まで控えようと思いますが(^_^;)

相談させていただいてよかったです。
ありがとうございました!



Re: ワクチンの証明

- 獣医師 酒井

2013/05/13(Mon) 12:49

No.2060

わんこ 様

この度はご丁寧に返信をいただきまして、誠にありがとうございます。
わんこ様のご不安な気持ちを少しでも和らげるお手伝いが出来て、私も嬉しく思います。
動物病院での受診中、疑問に思ったり、分かりにくいことがあったり、不安に思ったりなさったとき、
その場で解決できるのが一番ですが、現実問題として、なかなかゆっくりと時間を取って
いただけないことも多く、そのまま不安が残ることは、多いのではないかと思います。
また何か気がかりなことがございましたら、いつでもお気軽にお声掛けていただければと存じます。

今後ともアニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



口臭

投稿者:ちびまる

投稿日:2013/05/08(Wed) 19:50

No.2043

2歳-トイプードルの♂です。口のまわりをペロペロと舐めてくる時に気が付いたのですが、最近魚の腐った様な生臭いにおいがします。フードに缶詰を混ぜて与えているので、そのせいかな?とも思ったのですが、その頃から寝ている時にしきりに、口をくちゃくちゃする事も気になり始めました。余談ですが、2ヶ月前の血液検査で肝臓の値ALTが223と高かった為、強肝剤を1ヶ月飲んだ結果73に戻り他も全部正常値でしたが、念のため今も飲んでいます。
何か病気でもあるのでしょうか?歯は少し黄色のところもありますが、歯石がたまっている状態ではありません。よろしくお願いいたします。

Re: 口臭

- 獣医師 山田

2013/05/13(Mon) 12:42

No.2059

ちびまる 様

この度はご相談を頂きまして、誠にありがとうございます。
2歳のトイプードルちゃんのお口が生臭いようで、ご心配をなさっているとのことでございますね。
また、トイプードルちゃんは寝ている時にもお口をくちゃくちゃする事も気になるとの事ですね。
お問合せにつきましてご案内させて頂きますが、
実際のご様子を拝見しておりませんので一般的なご案内となりますことを何卒ご了承ください。

口臭の原因で考えられるのは歯に歯垢や歯石が付着し、歯槽膿漏や歯肉炎を起こしている
場合です。歯には問題がなくても口内炎を起こしていてお口が匂うこともあります。
そして、内臓、特に腎臓病を患っていてもお口が匂うことがあります。

ちびまる様のトイプードルちゃんは、歯に少し黄色のところはあるようですが、
歯石がたまっている状態ではないとの事でございますね。
現在2歳齢と若く、歯石の付着や歯肉炎、口内炎などもないのかと思いますが、
最近では、3歳以上のワンちゃんの85%が歯石の問題を抱えており、
4歳以上のワンちゃんの約10%が重度の歯周病に罹患しているとの報告もありますので、
お口の中の状態をかかりつけの先生にチェックしていただいてもよろしいでしょう。
また、歯垢の付着を予防するためにも、お口のケアをお勧めいたします。
お口を触られるのを嫌がらないのであればガーゼなどで歯と歯茎のマッサージをしたり、
歯磨きなどをしてあげましょう。
その他にもデンタルケアの商品は多数市販されておりますし、お試しいただくのもよいでしょう。
歯周病に対するケアは大切ですので、歯周病予防のためにも、
お家での歯磨きを習慣付けると良いのではないかと思います。
(ワンちゃんの歯磨きについては、「どうぶつ相談室」の次の記事をよろしければ
ご参考にしてください。 http://www.anicom-page.com/labo/2009/04/2-15.html  )

さて、お口の中に異常がなかった場合の口臭の原因ですが、
匂いの強い食べ物を食べた時、内臓疾患時、内分泌疾患時、呼吸器疾患時など
様々な状況でお口が匂うことがあります。

内臓疾患で代表的なものは、尿毒症(腎臓が障害を受けて十分に機能しなくなり、
老廃物や毒素が体内に蓄積した状態)で、アンモニア臭(尿のような臭い)がすることがあります。
内分泌疾患では、糖尿病のときにアセトン臭(甘酸っぱいような臭い)がする事があります。
ちびまる様のトイプードルちゃんのお口の臭いは生臭いとの事ですので、
尿毒症や糖尿病の可能性は低いかと思います。
また、尿毒症や糖尿病は血液検査で分かりますので、2ヶ月前に血液検査を行った際に
かかりつけの先生からお話がなかったのであれば、尿毒症や糖尿病の可能性は
極めて低いかと思います。 

鼻炎や副鼻腔炎などの呼吸器疾患の時にも口臭が出る事がありますが、
この場合、口臭だけではなく、鼻水やくしゃみとなどの症状が伴うことが多いようです。
その他、胃腸炎や巨大食道症(食道が拡張し、食道の運動が低下する病気)、
肝機能障害などの内臓疾患時でも口臭を伴う事がありますが、
やはりその際も口臭だけではなく、他の症状(例えば嘔吐や下痢、食欲不振など)を
伴うことが多いです。
歯周疾患以外が原因の場合は、病気に応じた適切な治療が必要となりますので、
お口の臭い以外にこれらの症状がないかどうか確認していただき、
いつもと様子が異なる様であれば、かかりつけの動物病院で診察して頂けたらと思います。

お口の中の匂いは食事の影響を受けることもあります。
缶詰はドライフードより匂いが強い場合がありますので、可能であれば一度、
缶詰を与えるのをやめて頂き、お口の臭いに変化があるか試していただくのも一つの方法
かと思います。
また缶詰はドライフードに比べて、口腔内に残りやすいため、歯の間や歯茎と頬粘膜との間に
付着したりしていると、臭いの原因となってきます。
はっきり歯垢や食餌の残りカスが見えなくても食餌の後に歯磨きとガーゼによる拭き取りを実施
していただくと臭いが軽減されるかもしれません。

また、トイプードルちゃんは寝ている時にお口をクチャクチャさせているということですね。
寝ている時だけでしょうか。起きているときもお口をクチャクチャされているでしょうか。
ワンちゃんがお口をクチャクチャしている場合、お口周りの毛が口に入っていて、
お口周りが気になる時や、吐き気などがあり気持ち悪い時などに
そのような行動を取る事があります。
お口周りの毛が口に入るようであれば、少し短くカットしてみてもいいかもしれません。

今回の口臭と寝ている時にお口をクチャクチャさせていることに
関係性があるかどうかについては非常に難しい判断となりますので、
口臭がきつくなるようでしたら、かかりつけの先生にご確認いただけたらと存じます。

ちびまる様のトイプードルちゃんは2か月前、肝酵素のALTが少し高かったが、
お薬の内服で現在は数値が73 IU/Lと正常値になったとの事ですね。
数値が正常となり、ちびまる様も一安心なされているかと存じます。
このまま数値が安定して、トイプードルちゃんが元気にお過ごしいただける事を
私どもも祈っております。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、
しつけ相談のサービスを承っております。気がかりなことがおありの際には、
お気軽にご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

今後ともアニコムを宜しくお願い申し上げます。



子犬の「吠え」について…

投稿者:いのり

投稿日:2013/05/07(Tue) 10:16

No.2037

こんにちは。お世話になります。

先日(5日)、2ヶ月の黒のラブラドール♂をお迎えしました。
我家には先住犬のもうすぐ7歳のゴールデン♀がおり、この子は全く吠えない上に、数々のコマンドも聞き分けてくれて、とてもイイコに育ってくれました。

先住犬の仔犬の頃も、来て1,2日はほんの少し鳴くこともありましたが、基本的に鳴いたり吠えたりということに悩むことはほぼ無く、今お迎えした黒ラブ♂は、先住犬と比べるとよく鳴く(吠える)所為か、ご近所に迷惑をかけているのでは・このまま大きくなったら益々吠え声は大きくなるのにどうしたら…と不安です。

初日から不安と要求吠えに対し、徹底無視をすることで20分ほどずっと鳴いていましたが、大人しくなり、早朝5時半から吠えていたのも徹底無視で5分で治まりました。
今朝は私の目覚ましが6時半になり、私が起きだすまで静かにしていてくれて有難かったのですが、トイレの為に1度ゲージから出して(普段はトイレ以外は基本的にゲージに入れています。食事もゲージで与えています)、5分くらいウロウロさせたりしてからゲージに戻すと物凄く吠え立てます。

こういう吠えに対し、徹底無視をすることで今のところ初日は20分鳴き止まなかったのが今は5〜10分程度で諦めてくれるのですが、先住犬が吠えに対しては本当にお利口にしてくれていたので(その分、別のことで色々悩みましたが^^;)、とにかく今は毎日が不安で堪りません。
子犬だし覚えるのに時間がかかる、まだ来て2、3日で改善は無理に近いのだろうなとは思っていても、ご近所にとてもよく聞こえている様で、子犬が来た時点で先に謝罪と挨拶を済ましているのですが、本当にこのまま吠えは改善されるのかと心配です。
ゲージに入れるたびに吠える、またゲージから出たいと要求吠えすることもあります。(共に無視して、大人しくなった時に少し出したり、そのまま寝かせていたりしています)

また、先住犬は子犬に対し強く出れないタイプで、しっぽを咬まれたりちょっかいを出されるたびに逃げ回り、それを見ているのも何だかとても先住犬に申し訳ない気がして辛いです。
(何でも先住犬を優先しているのですが…)

先住犬のことも書いてしまいましたが、とにかく今は子犬の「吠え」についてとても悩んでいます。
我家ではご近所にも迷惑がかかることから、絶対に吠えないことをルールとして教えておきたいので、吠えの対策として子犬になるべく負担をかけないで、何か他に出来ることや、今行っている方法で問題は無いか、是非ご教授宜しくお願いします。

Re: 子犬の「吠え」について…

- ドッグライフカウンセラー 三留

2013/05/09(Thu) 12:43

No.2047

いのり 様

春の香りを感じるころでございますが、いのり様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
この度はご相談をいただきまして誠にありがとうございます。
ラブラドールちゃんの吠えるご様子にお困りとのことでございますね。
早速、ご案内をさせていただきますが、一般的なご案内となりますことを
何とぞご了承くださいませ。

ワンちゃんが吠える原因といたしましては、
「縄張りを守ろうとする防衛本能から吠える」、「周囲のご家族様に要求をして
吠える」、「怖くて吠えて何とか身を守ろうとしている」、「お知らせをしようと吠える」
「周囲のご家族様に指示をしようと吠える」など、さまざまな原因が考えられます。
子犬ちゃんのうちは、要求して吠えることがたいへん多いようですが、
成長にしたがい、縄張り意識が発達してくると、
防衛のため吠えることも増える傾向がございます。
いずれの場合も、群れの統率者である飼い主様が、
毅然と、堂々と、落ち着いている様子を見せることは、たいへん重要でございます。

さて、いのり様のラブラドールちゃんはケージに入ったとき「ケージから出して欲しい」
などと吠えているようなご様子でございますね。
ワンちゃんは、「自分で何かしたときに周囲で何がおきたか」ということを
たいへん良くみており、この経験をもとに、次に自分でする行動を決めていきますが、
ラブラドールちゃんはこれまで、いろいろな体験をされていると思います。
例えば、ケージに入ったとき、いのり様のそばでもっと遊んでいたいと、
甘え上手の可愛らしい声でクンクンと甘えて声を出したときに、
「どうしたの?」と声をかけてもらえたり、目を配ったりなさると、
「鳴けば構ってもらえる」ということを覚えていきます。
ワンちゃんは、とにかく構って欲しい、愛して欲しいと、社会性豊かな、愛情に貪欲な
どうぶつですので、飼い主様が目を配ることだけでも、ご褒美となってしまいます。
このようなことを下地として、ワンちゃんは要求するときに吠えるようになることが
一般的ですので、いのり様がなさっているように、吠えたときには徹底的に無視をして
いただき、吠えても無駄だということを、自信をお持ちいただき、
教え続けることが必要です。

ワンちゃんは一度上手くいったという行動に対しては、かなり強く執着するため、
知らん顔をしていると、いつまでも吠え続けるのですが、
このときに根負けをしてしまうと、「やっぱり、頑張って吠えた甲斐があった」
ということで、ますますラブラドールちゃんにとって、吠えることが大切な手段に
なってしまいます。
このようなときには、もう一頑張りしていただき、相手にしないようになさって、
やっぱり、吠えても無駄だったという経験をさせてあげましょう。
そして、あきらめて静かになってから声をかけることで、
静かにしているときに良いことがあると教えてあげましょう。
ワンちゃんには繰り返し、根気強く教えることが大切でございますので、
たいへんではございますが、吠えても思うようにならないということを
教えてあげましょう。

先住犬のゴールデンちゃんは吠えることがなかったとのことですが、多くの子犬ちゃんは、
環境の変化への戸惑いや不安もあり、夜中や明け方に鳴いて飼い主さんを困らせて
しまうことはよくみられます。
中にはお腹が空いてしまっていたり、生理的な要求があることもございます。
お腹が空いて鳴いているようであれば、夕飯を取り分けておき、寝る前に少し、
お夜食を与えていただいてもよろしいでしょう。
ラブラドールちゃんの吠えるご様子に戸惑ってしまわれることとは存じますが、
ワンちゃんはどんどん学び、どんどん変わっていきます。
まだまだ子犬ちゃんですので、「吠えても思うようにならない」
「安心していればいいんだ」とわかるうちに、良い状況が生まれてくるでしょう。
ぜひ、長い目で見守っていただければと存じます。

日常生活の中ではご近所の手前、鳴いてもそのままにしておくということが
難しいこともあると思います。
「鳴いた後に、いいことがあった」と思わせないことが重要ですので、
例えば、いのり様の姿がみえるところに、ラブラドールちゃんをケージごと移動なさるのも
一つの方法でしょう。
ケージに布をかけてあげることも安心して落ち着いた雰囲気にするために
有効でしょう。
また、ケージの中を安心できるお気に入りの場所にしてあげることもたいへん重要です。
叱ったときにケージに入れるのではなく、ケージに入ったら良いことがあると
思わせるようにしましょう。
ケージに入ったら褒めていただいたり、大好きなことをした後にケージの中に入れると
よろしいでしょう。反対に、叱られることとケージとイメージを結び付けない
ようにするため、ケージをお仕置きの場所になさらないほうがよろしいでしょう。
よろしければ、しつけ・健康情報サイト「どうぶつ相談室」の次のページを参考に
なさってください。
http://www.anicom-page.com/labo/2009/04/post-136.html

さて、先住犬のゴールデンちゃんは、ラブラドールちゃんに対して強く出られないタイプ
とのことでございますね。
子犬ちゃんは元気いっぱいで、落ち着いた年頃の先住のワンちゃんが後からお迎えに
なられたワンちゃんの動きやいたずらについていけず、戸惑うことはよくみられます。
ゴールデンちゃんを優先していらっしゃるとのことで、たいへん重要なポイントを
押さえていらっしゃいますね。
できれば、「ゴールデンちゃんがラブラドールちゃんの元気さを避けたい」という
ときに逃げる場所を用意いただくとよろしいかもしれません。
また、ゴールデンちゃんは、いのり様の愛情も縄張りも、今まで通りで、何も心配が
ないと感じさせてあげるとよろしいでしょう。
できるだけ、今までのお気に入りの場所はゴールデンちゃんのものとなさり、
また、ゴールデンちゃんと一対一で過ごす時間も大切にしていただければと存じます。
いのり様がおっしゃるように、今までいのり様の愛情を一身に受けてきた
ゴールデンちゃんですので、「何だか可哀想」と思われるとは存じますが、
ワンちゃんの世界では、可哀想な相手と扱われるということは、弱い存在ということに
なってしまいます。
ラブラドールちゃんの目に、ゴールデンちゃんが先住犬として、強く、たくましく
見えるようにご対応いただき、ゴールデンに自信を持たせていただければと存じます。
例えば、ラブラドールちゃんがゴールデンちゃんの尻尾を噛んでしまったときは、
「可哀想なことをしてはいけない」とかばいながら叱るのではなく、
「上位のワンちゃんにそのようなことはしていけない」という雰囲気で
叱ったほうが望ましいでしょう。

アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、
しつけ相談のサービスを承っております。気がかりなことがおありの際にはお気軽
ご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

いのり様とワンちゃんたちが笑顔いっぱい、楽しくお過ごしになられますよう
いつも応援いたしております。
今後ともアニコムを宜しくお願い申し上げます。



Re: 子犬の「吠え」について…

- いのり

2013/05/09(Thu) 18:37

No.2049

ドッグライフカウンセラー 三留 様。

こんばんは。
丁寧な回答、本当にありがとうございました。

ラブの吠えに対し、本当に今のままで良いのか…本当に良くなるのかがとても不安でしたが(今もまだ少し不安は残りますが^^;)、教えて頂いたことのほとんどが実行できていたことと「自信をお持ち頂き〜」と言って頂けたことが、本当に嬉しく思います。

先住犬のゴールデンの為にも、今のラブラドールの為にも、
毅然と、堂々とした態度が取れるように頑張って行きたいと思います!

ゴールデンの方は相変わらず逃げ回っていて、やっとあまりにも子犬が酷いときは「ヴーッ!」と唸り、今朝は一声だけワン!と吠えたのですが(7年間で初めて聞きました/笑)、私の方も犬は犬同士で、こちらから干渉してはいけないと思っていたので、ゴールデンに対し子犬が絡んでいくのを止めなかった為…可哀想と思う気持ちもより強く出ていたのかもしれません。

今日からは「上位の子にそれはしちゃいけない!」ということを子犬に教えつつ、ゴールデンの子にも自信を持ってもらえるように接しようと思います。

これからの暮らしがより良いものに変わっていけるように頑張りたいと思います。
本当にありがとうございました!



Re: 子犬の「吠え」について…

- ドッグライフカウンセラー 三留

2013/05/13(Mon) 11:26

No.2058

いのり 様

この度はご丁寧にご返信をいただきまして誠にありがとうございました。
お話のご様子から、いのり様のゴールデンちゃんとラブちゃんが愛情に包まれた
幸せそうなご様子が目に浮かぶようでございます。
ゴールデンちゃんはがんばってラブちゃんに「だめだよ」と教え始めたご様子でございますね。
ゴールデンちゃんが先住犬として、誇らしく、ラブちゃんを導いていくご様子を
見守っていただければと存じます。

ワンちゃんとの暮らしは、喜びが多い分、たいへんなこともございますが、
自信満々の笑顔で、根気強く頑張ってくださいませ。
いつも応援いたしております。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願い申し上げます。