教えて!アニコム損保!しつけ・健康相談 皆様のご質問にお答えいたします。

ご注意

回答までのお時間は3営業日以内とさせていただきます。
緊急を要する健康相談の場合は、すぐに動物病院を受診してください。
直接どうぶつさんのご様子を拝見しておりませんので、一般的なご案内となりますこと、また、投稿フォームにはURLを入力できない設定となっておりますことをご了承ください。

証券番号

  • (記入例:S00123452)

  • ご入力いただいた証券番号は公開されません。

ニックネーム

タイトル

コメント

  • URLはご入力いただけません。

添付File

暗証キー

  • (英数字で8文字以内)

投稿キー

  • (投稿時 投稿キー を入力してください)

文字色

甘え鳴きについて

投稿者:ダリ

投稿日:2019/05/08(Wed) 08:35

No.5800

8ヶ月のトイプードルの男の子です。留守番は問題なくできるのですが、家の中に人がいるのに姿が見えなくなると(トイレなど)くんくん鳴いて止まりません。ワンワン吠える訳ではないです。無視をしても効果がありません。何か対策はありますか?

Re: 甘え鳴きについて

- アニコムカウンセラー 佐藤

2019/05/10(Fri) 15:44

No.5803

ダリ 様

ワンちゃんの群れで行動をするという本来の習性とは異なるため、独りになることに不安を感じる子は少なくありません。

この場合、「鳴いても要求は通らない」ことをワンちゃんに理解してもらうため、ダリ様が現在、実践されているように、「鳴いている間は構わない」という姿勢はとても重要ですので、ぜひ続けていただければと存じます。
また、しつけのために無視し続けていても、根負けするように要求を叶えてしまうことで、「鳴き続けた甲斐があった」という自信につながることもございますので、根気強く続けていただくことが大切です。

それと同時に、鳴かない方が良いことがあるという経験を積んでもらうこともポイントです。
例えば、姿が見えなくなった後、どのくらいで鳴き始めてしまうのか観察していただき、初めは数秒かもしれませんが、トイプードルちゃんから離れた後、クンクン鳴き始めてしまう前のタイミングでトイプードルちゃんの元に戻り、優しく声をかけていただきます。
このようなことを繰り返していき、少しずつ鳴かずに待っていられる時間を延ばしていくことも方法の一つです。

子犬ちゃんの時期は思い通りにいかないことも多いものですが、一貫したルールで根気強く接しながら、小さな成功体験を積み重ねていただければと思います。

それでは、今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



他の犬や人になつかない

投稿者:みつる

投稿日:2019/04/26(Fri) 15:45

No.5798

7ヶ月のトイプードルですが、散歩の時他の犬や人になつかないのですが、興味はあるようで近づこうとしますが、向こうから来ると逃げてしまうのです。
どの様にすれば他の犬とも仲良くなってくれるのですか?

Re: 他の犬や人になつかない

- アニコムカウンセラー 横井

2019/05/08(Wed) 16:16

No.5801

みつる 様

ワンちゃんは、初めて出会う人や動物に対し、興味や恐怖心、警戒心など様々な感情を抱きます。
みつる様のトイプードルちゃんは、まさに今、周りの状況や様子から、様々な学習をしている時期ではないかと存じます。

今は他のワンちゃんが近づくと、トイプードルちゃんの方から逃げてしまうとのことですが、相手のワンちゃんがトイプードルちゃんを追いかけてきたり、噛みついたり、ということがなければ、徐々に「他のワンちゃんがそばにきても怖いことはない」という経験に繋がっていきます。

まずは、少しずつ、リラックスした雰囲気で、「怖いことはない」という学習をすることがポイントです。
ワンちゃんは、飼い主様の表情をみて状況を把握しようとすることがございますので、みつる様は自信満々に胸をはり、「みつる様は自分を守ってくれる存在で、一緒にいれば大丈夫」と感じさせてあげられるとよいかと存じます。
その上で、まずはみつる様が相手の飼い主様にご挨拶をされるなど、和やかな雰囲気を経験させてあげましょう。

無理に近づけようとすることで、かえって警戒心を強める可能性もございますので、トイプードルちゃんの無理のない範囲で、みつる様も楽しみながら、スモールステップで取り組んでいただくとよいでしょう。

それでは、今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



先住犬との相性について。

投稿者:みゅう

投稿日:2019/04/25(Thu) 15:21

No.5795

トイプードル、3ヶ月です。
先住犬、11歳、トイプードルです。二匹とも雌です。
仔犬が来てから3週間になります。最初は、先住犬も警戒して、唸ったりしてたのですが、仔犬は無邪気にちょっかいかけたりして、うまくいってきたな。と思っていたのですが、昨日から先住犬がやたら仔犬を追い掛け回し、馬乗りになって喧嘩?するようになってしまいました。
仔犬がまだちっちゃいので、怪我をしないか、目が離せません。
このままでは何か心配で仔犬をケージからあまり出せなくなってしまいました。
この前までは、うまく行っていたのになぜこのようになってしまったのでしょうか?不安です。

Re: 先住犬との相性について。

- アニコムカウンセラー 横井

2019/05/07(Tue) 15:49

No.5799

みゅう 様

新しいワンちゃんを迎えた時、最初からスムーズにいくことは本当に稀です。
また、喧嘩のように見える行動もワンちゃん同士が関係性を築く過程では、よく見られますので、ワンちゃん同士のことは、必要以上にみゅう様が間に入ったり、どちらかをかばうということはせず、おおらかに見守る方が良いでしょう。
万が一、どちらかが怪我をしそうな争いに発展しそうな時には、ボールを投げたり、ドアを開けたりして、ワンちゃん達の気持ちを他のものにそらしてあげてください。

その他、何かの機会にみゅう様が子犬ちゃんをかばった(ように見えた)ことで、先住のワンちゃんが「子犬ちゃんが優先された」との勘違いによるヤキモチからの行動であったり、あるいは子犬ちゃんに噛まれたことが単純に痛かっため反射的にそのような行動をしている可能性も考えられます。

そのため、みゅう様がワンちゃん達から目を離す時には、あえて子犬ちゃんはケージの中にいてもらい、先住のワンちゃんが自分のペースで子犬ちゃんを観察できる環境を作ってあげた方がよろしいかもしれません。
また、先住のワンちゃんに今まで通りの愛情があることを伝えるためにも、何かをする時には先住のワンちゃんを優先していただき、先住のワンちゃんとマンツーマンで過ごす時間を作ることも大切でしょう。

以下URLにワンちゃんの多頭飼育について記載しておりますので、よろしければ、ご参考にしてください。

●どうぶつ親子手帳 ワンちゃんの多頭飼育
https://www.anicom-page.com/all_education_details?type=11&id=40

それでは、今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



再手術

投稿者:久美子

投稿日:2019/04/24(Wed) 19:57

No.5794

去年の10月にパテラの手術をしたのですがまたすじがずれたためまたすることいなりました
これはしっぱいになるんですか

Re: 再手術

- 獣医師 米本

2019/04/26(Fri) 14:49

No.5797

久美子 様

膝蓋骨脱臼(パテラ)の手術後は、関節にできる限り負担をかけないことが大変重要となります。
例えば、体重管理、滑りにくい床材の工夫、ジャンプや過度な運動の制限などがあげられます。
しかし、手術が成功し、しっかりと術後の管理を行った場合でも、残念ながら再脱臼などが起こる可能性があります。
再度の治療と術後の管理および今後の生活につきましては、かかりつけの先生とよくご相談いただければと存じます。

それでは、今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



自分の体を噛む

投稿者:さとこ

投稿日:2019/04/23(Tue) 17:31

No.5790

もうすぐ4ヶ月のジャックラッセルテリア(メス)です。
我が家に来て、ひと月あまり経ちました。

叱りつけたあとや、ストレスを感じたときなどに、仰向けになってお腹を見せながら歯をむき出しにし、自分の前足や後ろ足、横腹、しっぽを噛むといった自傷行為をします。
やめさせようとしても、余計興奮してさらに自分を噛みます。エスカレートすると、私の手や足にも噛みついてくるので困っています。
どのように対応したらよいのでしょうか。

Re: 自分の体を噛む

- アニコムカウンセラー 佐藤

2019/04/25(Thu) 15:29

No.5796

さとこ 様

まず、さとこ様のジャックラッセルテリアちゃんの体に皮膚炎や痒み・痛みがないことを前提に回答いたします。
※皮膚炎などの痛み・痒みなどの不調により、体を噛む行動がみられることもありますので、もし、お心当たりがあれば、治療と平行してしつけを行っていただけるとよいかと存じます。

さて、お迎えされてから、まだ日も浅いため、今は、ジャックラッセルテリアちゃんも新しい環境に慣れるため、多かれ少なかれ緊張や不安感を抱いている時期かと存じます。
ワンちゃんは、不安やストレスを感じているときなどに、気持ちを落ち着かせるために体を舐めたりすることはよくありますが、舐めたり噛んだりしたときに「ダメでしょ」「舐めないの」などと声をかけてもらった経験があると、「飼い主さんが構ってくれる、注目してくれる」と同様の行動を繰り返したり、その行動がエスカレートしていくこともございます。

このため、体を舐めたり噛んだりしている様子を見かけた時は、心配になるお気持ちも分かりますが、なるべく知らん顔をしていただく方がよろしいでしょう。
そして、止めさせたい時は窓を開けてみたり、さとこ様がパッと立ち上がって移動なさるなど、ジャックラッセルテリアちゃんの関心を他のことにそらすようにしてみてもよいかと存じます。

特にワンちゃんは、飼い主様に褒められたり、注目をしてもらうことで、様々なことを覚えていくどうぶつさんです。
普段の生活の中でも、手足を噛んできた時などの好ましくない行動には毅然とした態度・冷静な声のトーンで叱り、さとこ様の指示に従った時だけでなく落ち着いている時などの好ましい状態にある時には優しく明るいトーンで声をかけるなど、好ましいことがジャックラッセルテリアちゃんに伝わりやすいよう、メリハリをつけて接してあげられると良いかと存じます。

それでは、今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。