教えて!アニコム損保!しつけ・健康相談 皆様のご質問にお答えいたします。

ご注意

回答までのお時間は3営業日以内とさせていただきます。
緊急を要する健康相談の場合は、すぐに動物病院を受診してください。
直接どうぶつさんのご様子を拝見しておりませんので、一般的なご案内となりますこと、また、投稿フォームにはURLを入力できない設定となっておりますことをご了承ください。

証券番号

  • (記入例:S00123452)

  • ご入力いただいた証券番号は公開されません。

ニックネーム

タイトル

コメント

  • URLはご入力いただけません。

添付File

暗証キー

  • (英数字で8文字以内)

投稿キー

  • (投稿時 投稿キー を入力してください)

文字色

飲み込む力が弱くなってきた時の...

投稿者:mumu

投稿日:2018/04/19(Thu) 01:23

No.5248

M.DAXの女の子、15歳10ヶ月です。 年末より腎不全で闘病中です。3月に入り、いろんな波が押し寄せてきました(;ω;) その1つ、最近、飲み込む力が弱くなってきてます。
食欲はあまりないものの、食べる時は自分で噛んで食べてくれます。
ですが、喉につまらないかと、心配しながらあげてます。

噛む力が弱くなった時にあげるご飯やおやつについて、どんな物、どんなところに気をつける事を教えて下さい。

口に入れても噛めないとか喉が通らないとかがあると自信がなくなり、余計に食べなくなるのかなと心配です。

Re: 飲み込む力が弱くなってきた...

- 獣医師 霍田

2018/04/20(Fri) 17:16

No.5251

mumu 様

この度は、ご相談いただきまして、誠にありがとうございます。

ワンちゃんは、人間とは異なり食べ物をしっかり咀嚼しないどうぶつさんですが、年齢を重ねると飲み込む力が弱くなることがあります。
フードを食べやすくする工夫をいくつかご案内いたしますので、ご参考になさってください。

●フードの選択
年齢と状態にあった消化に良いフードで、ドライフードでは粒が小さめのサイズのものが望ましいでしょう。おやつはサイズを小さめに調節して、一度にたくさん与えないように注意してください。
●フードに水分を加える
ドライフードはぬるま湯でふやかしてやわらかくします。少量のぬるま湯を加えることでフードが温められ、食欲増進の効果も期待できます。
●食器の高さを調節する
下を向いてフードを食べると喉を圧迫しやすい姿勢になるため、食器を台の上などに置き、高めの位置にすると飲み込みやすくなり、誤飲の防止にもなります。
●水分をしっかりとる
加齢にともない、唾液の分泌量が減ったり、喉の渇きに鈍感になることもあります。水分は食事がスムーズに流れるように助ける役割も担います。
●食事量や回数を工夫する
一度に多くのフードを食べることは、むせたり飲み込みにくくなる原因になります。そのため、1日の食事量を変えずに1回の給与量を減らし、給与回数を増やします。消化もよくなり、嘔吐や下痢を起こしにくくなるメリットもあります。

上記のような工夫をしても飲み込むことが辛い、頻繁にむせるなどがあれば、かかりつけの先生にご相談いただければと思います。

それでは、今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



肥満について

投稿者:わら

投稿日:2018/04/18(Wed) 13:08

No.5246

2歳5ヶ月のトイプードルの女の子です。
ここ1ヶ月ほどで体重が3.8キログラムから4.3キロほどになりました。
食事の量は、ドライタイプの食いつきが悪くなったので、ドライを減らしてウェットタイプのカロリーケアと言うものを少し追加しています。
一日に何キロカロリー与えたらいいものか?
そんなに急に太るのか?
おやつは、歯磨きガム2種類と、ジャーキー的なものを与え、ヨーグルトなどは自分が食べる時に少しあげます。
間違いなくコロコロしてきているので、ダイエットした方がいいです。
どのようにしていったら良いかも含めて教えていただきたいと思います。

Re: 肥満について

- 獣医師 白岩

2018/04/20(Fri) 17:13

No.5250

わら 様

この度は、ご相談をいただきまして、誠にありがとうございます。

さて、肥満は、体に入るエネルギーが消費するエネルギーを上回ることで生じます。
したがって、ダイエットの際には、体に入るエネルギーが消費するエネルギーを上回らないように、食事量を工夫したり、運動や遊びを取り入れたりする必要があります。

そこで、一日に必要なエネルギー量についてですが、ワンちゃんの1日に必要なエネルギー量は、「安静時のエネルギー要求量(RER)×ライフステージ別の係数」で計算できます。※RER=Resting Energy Requirement
RERは、「70×ワンちゃんの体重の0.75乗」という計算式によって求めることができます。
ライフステージ別の係数は、ワンちゃんのライフステージに合わせて設定された係数で、たとえば、不妊手術をしていない子は1.8、不妊手術が済んでいる子は1.6、ダイエットが必要な子は1.0などがあります。

わら様のトイプードルちゃんの場合、現在の体重が4.3kgでダイエットが必要とのことなので、RERが209、係数は1.0となります。そして、1日の必要エネルギー量は209kcalと計算されます。このエネルギー量でお食事を調整していただくと、ある程度の減量の効果が現れるのではないかと推測されます。
ただ、この計算式によるエネルギー量はあくまでも目安であり、ワンちゃんの体質や運動量、季節などによっても変わりますので、ワンちゃんの状態に合わせて調節していただく必要があります。また、減量のために一気にお食事量を制限してしまうと、体調を崩したり、毛艶が悪くなったりすることもございますので、ワンちゃんの体重や体調、ウンチの状態などを見ながら、徐々に調節していただきたいと思います。
また、1日の必要エネルギー量は、食事の他におやつなどを含めた1日の摂取量をトータルして考えていただくことも大切です。

ダイエットの方法としては、食事量の調節以外にも、回数や与え方なども工夫していただくとよいかと思います。たとえば、食事は1日2回でも問題ございませんが、1日3〜4回に分けて与えるとさらに効率的だと言われています。また、適度な運動も大切ですので、普段の生活に散歩や遊びを取り入れていただくこともお勧めいたします。

また、1ヵ月ほどで0.5kg太ったとのことですが、食べる量は変わらない、もしくは減っているのに太ってきた場合は何らかの病気が原因のこともございますので、状況に合わせてかかりつけの先生にご相談されることをお勧めいたします。

それでは、今後とも、アニコムをよろしくお願いいたします。



背中がポキポキ鳴る

投稿者:樽風母

投稿日:2018/04/18(Wed) 10:08

No.5244

つい最近9歳になったトイプードル♂(未去勢)です。
一カ月前ぐらいから抱っこする度に背中がポキポキなります。10日ほど前には夜寝てる体勢から起き上がった時にふらつきがあり、また時々朝散歩途中で震えで座り込みますが、しばらく抱っこして下すとゆっくりですが、また歩き出します。(夕方の散歩時は震えはありません。)体中触りまくりますが、どこを触っても痛がる素振りがありません。
また、先日レントゲン(心臓検診時)で見てもらっても骨には異常がありません。ヘルニアの症状かも?との事ですが、今まだMRIなどの高度検査を必要とする段階ではないとの見解です。特に朝調子が悪いようです。食欲、排便には問題ありません。嘔吐もありません。昨晩は「遊ぼう」とおもちゃを持ってきたりもします。
以前より背中を伸ばすことが気持ちいいのか、よく私の肩に手をかけて「背中をなでて」とせがんできたり、ごはんを準備している間、祈りのポーズで固まって待ってたり、時々急に振り返ってお尻の方を気にしたりしています。
ジャンプ癖があったので、出来るだけさせないようには気を付けてもいます。
ポキポキなること、ふらつき、震え、朝元気がないことが気になります。見解を聞かせていただけると助かります。

Re: 背中がポキポキ鳴る

- 樽風母

2018/04/18(Wed) 10:14

No.5245

追加 血液検査も問題ありませんでした。



Re: 背中がポキポキ鳴る

- 獣医師 山口

2018/04/20(Fri) 17:11

No.5249

樽風母 様

この度は、ご相談をいただきまして、誠にありがとうございます。

背骨(脊柱)は、椎骨と、クッションの役割をする椎間板が交互に重なることで構成されており、多数の関節を有しています。
ポキポキという音は主に関節内に生じた気泡により起こると考えられていて、動きに伴い起こることがあります。
また、椎間板の異常により痛みや麻痺が起こる椎間板ヘルニアなど、関節内に異常がある場合にも音が確認されることがあると言われています。

ふらつきは、加齢による筋力の衰えなどから起こる場合と、椎間板や脳・神経などの病気が原因で起こる場合があります。
震えは、寒い・怖いなどの生理的なものと、痛みや内臓・脳の病気などによるものに分かれます。
朝調子が悪い、ということについては、生理的な理由の場合もありますが、朝方の冷え込みや起床後の体の硬直などで、痛みや違和感が増す可能性も考えられます。

トイプードルちゃんは、痛みはそれほど強くないものの、体のどこかに違和感があるのかもしれません。
座りこむなど、あまり動きたくなさそうなときには無理はさせず、激しい運動も控えていただいた方がよろしいでしょう。

今後については、現在の症状の頻度が上がる、脚を引きずる、抱っこや触ったときにキャンと鳴いたり嫌がる、など症状の変化がみられる場合には、超音波やCT、MRIなど、さらなる検査が必要になることもあります。
その様な場合はぜひ早めにご通院され、かかりつけの先生にご相談いただくことをお勧めいたします。

それでは、今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



うんちの膜について

投稿者:クッキー

投稿日:2018/04/17(Tue) 19:45

No.5243

ミニチュアダックス7歳の女の子です。
4日くらい前から、うんちに白い半透明の膜がつくようになりました。腸の調子が悪いのかと思い、ドライフードをふやかしてあげるようにしたら、普通のうんちに戻りました。でも、ふやかすのをやめて1日たったくらいからまた膜が張るようになりました。
下痢もなく、血便もありません。
食欲、元気も十分あります。
どこか悪いのでしょうか?

Re: うんちの膜について

- 獣医師 明永

2018/04/18(Wed) 16:11

No.5247

クッキー 様

この度は、ご相談をいただきまして、誠にありがとうございます。

さて、うんちに付く白い膜ですが、大腸から分泌される粘液が便に混ざりきらず、うんちに付いて出てきている可能性があります。

大腸は通常でも便をスムーズに排出させるために粘液を分泌しますが、炎症を起こすと過剰に分泌されたり、水分の吸収が減って
下痢になったりします。
大腸に炎症が起こる原因は多くありますが、代表的なものとしては、細菌感染や、フードが合わない、ストレスなどが考えられます。
フードをふやかすことで症状が落ち着くようであれば、フードが大腸に負担をかけている可能性もありますが、
病気が隠れている可能性もあります。

念のため、ご通院いただき、かかりつけの先生にフードについてもご相談いただくと安心です。
その際には、粘膜の付いたうんちをお持ちいただくと、診断の助けになるかと思います。

それでは、今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



チワワの耳の毛

投稿者:夏紀

投稿日:2018/04/10(Tue) 09:21

No.5238

生後7ヶ月のロングコートチワワ♂です。

耳の内側の飾り毛?はふわふわと長く伸びているのですが、外側の毛がほとんどありません。

耳の外側の皮膚自体がこげ茶色のため毛がないのは目立たないのですが、さわると産毛がほんの少し生えているだけでほぼ皮膚に触れている感触しかありません。

耳の中は月1〜2回ペット用ウェットティッシュなどで拭いて清潔にしていたのですが、耳の外側は盲点で、数週間前に気付いたのが耳のフチの部分他の皮膚よりが少しだけ厚くなっており、脂と垢?のようなものが固まっている状態でした。

ウェットティッシュで拭いて取れた汚れは、黒くてネトッと脂っぽい固まりに産毛が混じった感じでした。
拭いたあとの皮膚は脂っぽさが抜け、念入りに拭いた部分だけ質感が変わってしまったので『脂の除きすぎもよくないだろう』ととりあえず見送り。

後日シャンプーをした際には耳回りを重点的に濡らし汚れをふやかしたつもりでしたが、一度ですっきりとはならず、風呂あがりにふやけた汚れを少しだけ拭き取るに止めました。

この状態だと、なにかの病気の可能性はありますか。
病気ではないのだとしたら耳の外側だけ毛がほとんどないのにはどんな原因がありますか。
耳のフチの汚れ?はどう対処すればいいでしょうか。

Re: チワワの耳の毛

- 獣医師 白岩

2018/04/11(Wed) 17:06

No.5242

夏紀 様

この度は、ご相談をいただきまして、誠にありがとうございます。

さて、ワンちゃんの耳の外側に脱毛がみられる場合、耳の中の病気が外側にも影響している・
皮膚病・全身性の病気に伴う症状など、何らかの病気が関連している可能性が高いと考えられます。

耳の中の病気には、耳ダニ感染症や外耳炎などがあり、耳の中の赤み・黒い耳垢・痒みなどが主な症状です。
ワンちゃんは、耳に痒みがあると耳や周囲を引っ掻き、耳の外側や周囲の皮膚が傷ついたり、脱毛がみられたりします。

皮膚病には、寄生虫感染症(疥癬・ノミアレルギー性皮膚炎・ツメダニ症など)、
真菌や細菌感染症(皮膚糸状菌症・膿皮症など)、アトピー性皮膚炎などがあります。
これらの場合にも皮膚の赤みやフケ、脂っぽい分泌物などが見られることがあります。

また、副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)や、甲状腺機能低下症のような内分泌疾患でも、
耳や全身に脱毛を起こすことがあります。

いずれにしましても、一度受診していただき、かかりつけの先生にご相談いただくことをお勧めいたします。

それでは、今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。