教えて!アニコム損保!しつけ・健康相談 皆様のご質問にお答えいたします。

必ずお読みください

回答までに数日いただきますので、緊急を要する場合(誤飲、頻回の下痢・嘔吐、おしっこが出ない等)は、すぐに動物病院を受診してください。
当掲示板での回答は、お申し出内容に基づく一般的な回答となります。

証券番号

  • (記入例:S00123452)

  • ご入力いただいた証券番号は公開されませんが、ご契約のどうぶつ情報をもとに回答いたします。

ニックネーム

タイトル

コメント

  • URLはご入力いただけません。

添付File

暗証キー

  • (英数字で8文字以内)

投稿キー

  • (投稿時 投稿キー を入力してください)

文字色

無題

投稿者:ラムママ

投稿日:2015/05/10(Sun) 07:42

No.3992

わんこたちの留守番や就寝のときなどはキャリーなどにいれたほうがいいですか・以前は入れて就寝していたのですが

留守番のときはスペースに入れていますはどちらがいいですか・

Re: 無題

- 愛玩動物飼養管理士 三留

2015/05/12(Tue) 15:44

No.3997

ラムママ 様

新緑が美しい頃でございますが、
ラムママ様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
この度は、ご相談をいただきましてありがとうございます。
ラムママ様がお留守のときや就寝時の、ワンちゃんたちの環境についてですね。
早速ご案内をさせていただきたく存じますが、
実際のワンちゃんのご様子を拝見していませんので
一般的なご案内となりますことをご了承ください。

お留守番の時や就寝時には、現在、ワンちゃんたちは、
ワンちゃんたちのスペースで過ごしていらっしゃるのですね。
ワンちゃんたちが安心で安全な場所で生活できるということは、
たいへん重要なことでございます。
そのための方法は、それぞれのご家庭により、さまざまですが、
ラムママ様がなさっているように、お家の中に一定の安全なスペースを区切って、
その中で過ごさせていただくことはたいへん望ましいことです。
また、ワンちゃんたちにより落ち着くことのできる環境を用意するためには、
そのスペースに、ある程度自分の体がすっぽりとおさまる、
穴倉のように自分から外を見渡せるけど外から自分の姿が見えないといった
場所をご利用いただくことはたいへん好ましいことでございます。
そのためには、ラムママ様がおっしゃるように、
キャリーバッグやクレートのようなものをご利用なさることは理想的です。
ラムママ様がおっしゃる二つの方法はどちらも良い方法ですが、
二つの方法を併せていただくのも、またおすすめの方法です。
例えば、ワンちゃんたちのスペースに、それぞれの子のキャリーバッグをおいておき、自由に入れるようにしておいてはいかがでしょうか。

キャリーバッグは、ラムママ様が長時間のお留守番をなさるときなどには、
自由に出入りできるほうが望ましいかもしれませんが、
短い時間のお留守番のときなど、状況に応じて、キャリーバッグの入り口を
閉めておいてもよろしいでしょう。
就寝時などはキャリーバッグの上からタオルなどで覆いをしてあげても
より落ち着くかもしれません。

どのような場所で過ごさせてあげるか、ということも大切ですが、
その場所をワンちゃんたちが、「好きな場所だ」と感じるように、
仕向けていただくことも大切なことでしょう。
キャリーバッグは良いところだとワンちゃんたちが感じ、
良いイメージを持つためには、ワンちゃんたちにとって、嬉しいと感じること、
例えば入るとオヤツがもらえた、入ったら大好きなオモチャをもらえた、
などということを繰り返していただくことが効果的でしょう。
また、淋しがりやのワンちゃんの場合、お留守番のときだけキャリーバッグに
入れていると、キャリーバッグがお留守番という淋しい時間の記憶と結びつき、
嫌な場所になってしまうかもしれません。
日常的に、ワンちゃんたちの嬉しそうにしているときに、
ご利用いただくようになさることも大切なポイントでしょう。

なお、アニコムでは下記の受付時間で契約者様からのお電話での健康相談、
しつけ相談のサービスを承っております。
今後、気がかりなことがおありの際には、ぜひご利用ください。

お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

時節柄、体調管理の難しい季節でございますが、
ラムママ様におかれましてはくれぐれもお体ご自愛ください。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願いいたします。




元気な状態でのMRI検査の必要性...

投稿者:アツコ

投稿日:2015/05/07(Thu) 00:01

No.3987

7歳7カ月、コーギー、オス(12kg)の飼い主です。

昨年11月と先週の二度ほど、急に元気がなくなる→歩行するとかなり痛がり2日ほど殆ど動けない(食欲はあり)→動物病院にて痛み止めをもらい、数日後には(見た目)元通りの元気いっぱいに戻る…というのを経験しました。

処方された痛み止めは、Novartis社Onsior、20mgの半分を一日一回です。

かかりつけ獣医さんによると、半年以内で二回同じ症状が出たので、元気になってもMRI検査を受けた方が良いとの事。
そこで15日(金)に予約を取った次第です。

しかし、こんな元気な状態で高額を支払い全身麻酔で愛犬に負担をかけてMRI検査を受ける意味はあるのか?と疑問に思います。
例えば、椎間板ヘルニアだった場合は一時的に元気になっているだけで、ふたを開けてみれば進行している…という様な具合なのでしょうか?
異常があるかどうかは、詳しく見てみないとわからないというのもわかりますが。

敢えて元気だけれど、MRI検査をするメリットは、一般的に上記症状のコーギーの場合どのようなことが挙げられますか?

教えていただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

Re: 元気な状態でのMRI検査の必...

- 獣医師 酒井

2015/05/11(Mon) 09:47

No.3993

アツコ 様

風薫るさわやかな季節になりましたが、アツコ様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。
この度はご相談をいただきまして誠にありがとうございます。

11月と先週の2回、コーギーちゃんは急に元気がなくなり、歩行するとかなり痛みがあり、
ほとんど動けなかったということでございますね。
歩行すると、かなり痛がるということですので、股関節、膝の関節などの関節の痛みや
椎間板ヘルニア、変形性脊椎症による腰の痛みや、麻痺を生じていたことなどが
考えられるかと存じます。
このような症状の場合、触診や、神経学的検査によって、痛みのある部分の特定や麻痺の有無を
調べ、必要に応じてレントゲン検査を行うのが一般的です。
しかし椎間板や、脊髄は、単純レントゲン検査では写りませんので、椎間板ヘルニアなどが疑われ、
さらに詳しく調べるためには、脊髄造影レントゲン検査やMRI検査が必要となります。
最近ではMRI検査が行える施設も増えたために、かかりつけの先生より紹介されて、
確定診断を早期に行うケースもよく見られるようになりました。

アツコ様のコーギーちゃんはここ半年で2回発症し、どちらも急に症状が出て、オンシオールという
非ステロイド系消炎剤(NSAIDs)の内服で数日という早い経過で落ち着いているということですね。
急性の炎症などがあり、一見薬ですぐに治ったように見えますが、例えば椎間板ヘルニアであれば
脊髄を圧迫している椎間板自体が薬によってなくなったわけではなく、圧迫によって起こっている
脊髄の急性の炎症や浮腫を抑えているだけです。
原因そのものを取り除いたわけではないので、しばらくして再発してしまうことも考えられます。

今回のコーギーちゃんの状態で、MRI検査を勧められたのは、椎間板ヘルニアなどによる
脊髄神経への圧迫が疑われており、その部位や、圧迫の程度を検査によって把握しておくことで、
今後、外科手術を早いうちに検討した方がいいのか、安静と内科療法で経過を見ていて問題が
ないか、また腫瘍など処置を急いだ方がよい病気が他に隠れていないかなど判断をするためかと
思われます。早期に確定診断を行うということは、それだけ、今後の治療方針を決定しやすくなり、
運動制限を積極的に行った方がいい状況かどうかなど、再発を防ぐ対策を立てやすくなる
という点が最大のメリットではないでしょうか。

今回は様子を見て、もし再発があった場合にはMRI検査をして、必要であれば、外科手術を行う
という選択肢もあるかと存じます。MRI検査はおっしゃる通り高額で、麻酔のリスクを伴うものです。
腰や四肢に負担がかからないよう、体重の管理をしっかり行い、足を滑らせたり頻繁に
ジャンプするようなことがないように生活環境を整備し、再発の可能性をなるべく低くして、
今後の経過を注意深く観察していただくのも一つの方法かと思います。

今までの経過を見ていただいているかかりつけの先生にも、今すぐにMRI検査を行うメリット、
検査を行わず経過を見るデメリットについても今一度よくご相談いただいた上で検査をするか
どうか決められてはいかがでしょうか。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、
しつけ相談サービスを承っております。
気がかりなことがございましたら、お気軽にご利用ください。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

お散歩に気持ちいい季節です。コーギーちゃんの痛みの再発がなく
お元気でお散歩がいつまでも楽しめますよう、願っております。

今後ともアニコムをどうぞよろしくお願い申し上げます。



留守番時のトイレについて

投稿者:ジュエママ

投稿日:2015/05/01(Fri) 17:45

No.3986

長時間の留守番中も我慢せず、自然にトイレ(尿)をするようになる方法を教えて下さい。

Re: 留守番時のトイレについて

- 愛玩動物飼養管理士 三留

2015/05/08(Fri) 15:40

No.3991

ジュエママ 様

新緑の美しい頃でございますが、ジュエママ様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか?
このたびはご相談を頂戴いたしまして、誠にありがとうございます。
早速ご案内させていただきく存じますが、一般的なご案内になりますこと、また、ジュエママ様の
お子様はワンちゃんということでお話を進めさせていただきますこと何とぞご了承下さい。

ジュエママ様のワンちゃんは、長時間の留守番中もオシッコを我慢してしまうとのことでございますね。
ワンちゃんはジュエママ様のご帰宅を待って、お散歩でしか排泄をしないということでよろしいでしょうか。

ワンちゃんには、もともと自分の居住空間(特に寝場所や食事場所)から離れたところで排泄
をする習性があるといわれております。これは自分を含めて群れの仲間を外敵から守り、
自分の居住空間を汚さないようにするためではないかと考えられております。
また、「自分の排泄物の臭いによって、他のワンちゃんに対して自己主張をしたい」という
本来の本能が成長に伴い発揮されて、子どもの頃はお家の中で排泄していたワンちゃんも
だんだん外でしかしなくなることは多くみられます。
この他の理由として、外でする排泄が開放感に溢れて心地よいということも挙げられます。

日常生活の中で、偶然でも、お家の中のトイレでオシッコをしたら褒める、という状況を通して、
「ここでしてもいいのだよ」ということを教えていただくことが大切でしょう。
できれば、偶然、お家の中のトイレでオシッコをしてしまった、という状況を自然に誘発して
いただくことが望ましいでしょう。

ただ、ワンちゃんの中には、頑なに、ぜったいに外でしかしないワンちゃんもみられ、
一度、外でしか排泄をしなくなったワンちゃんを家の中でさせるようにするのは、
なかなか困難が伴うのは事実でございます。
何とかしてお家でさせたいという、焦る気持ちがご家族におありですと、かえってワンちゃんの
排泄を促す上でマイナスに作用することも考えられますので、飼い主様は「できればいいな」と思う
程度に考えていただき、のんびりと対応して頂いたほうがよろしいでしょう。
また、万が一、トイレ以外のところでしてしまっても叱らず、さりげなく何もなかったかのうように
接していただいたほうがよろしいでしょう。

さて、次に具体的な方法をご案内させていただきたく存じます。
ジュエママ様のお宅では、ワンちゃんのトイレは家の中にありますでしょうか。
もし、トイレをもう取り払ってしまったのであれば、子犬ちゃんの頃、いつもしていたところなどに
トイレを用意してあげましょう。廊下の端っこやリビングの端など、静かでそっとオシッコがしやすく、
あまり周囲のことを気にしなくてもすむ場所も良いでしょう。

日ごろからオシッコをするときにジュエママ様が「オシッコね〜」などと声をおかけになられる
のであれば、その言葉を添えて、ワンちゃんの膀胱にオシッコが溜まっているであろう
状態の時にトイレに誘導していただきます。
たとえば、長時間のお留守番後、オシッコがたまっていて、「さあ、外にでてオシッコだ」という
タイミングに、外へ出る前に一度トイレシートに誘導していただくなどいかがでしょうか。
お散歩が大好きなのであれば、首輪やリードをつけて、散歩と同じように演出してみるのも
宜しいかもしれません。少しでもトイレでオシッコができたら褒めてあげて下さい。
ご褒美としてその後にお散歩へ連れて行ってあげる、というような雰囲気をおみせになり、
また、もし排泄をしなくても、そのままさりげなく、いつものようにお散歩にいらっしゃると
よろしいでしょう。

あるいは、トイレ用のサークルを作ってあげるのも一つの方法でしょう。
子犬ちゃんの頃に使っていたケージがあれば組み立てていただき、中には全部トイレシートを
敷いておきます。
もし、ケージをお持ちでなくても、ホームセンターなどでトイレのスペースの周りを囲うような
ものをご用意いただくとよろしいでしょう。
「オシッコをしたいだろうな」という時間を見計らってこのサークルの中へワンちゃんを誘導します。
しばらくこの中で過ごさせてあげて、偶然でもサークル内で排泄をしたら、褒めてあげましょう。
褒めるときには、ジュエママ様の「オリコウね」という言葉と併せて、
時にフードを一粒与えて頂いたり、オヤツをご利用なさってもよろしいかもしれません。

ワンちゃんにとって、自分の居場所だと思う場所を狭めていただくことも大切でしょう。
もし、ワンちゃんが家の中全体を自由に動き回って生活をしているのであれば、
安心できる居心地の良いケージやサークルなどを準備し、その中でワンちゃんがのんびりと
過ごす時間を作ってあげると良いでしょう。
また、「この場所は、入っていけないのよ」という場所を作ってもよろしいでしょう。

排泄の際の合図を決めて頂き、合図によって排泄を促すようトレーニングして頂くのも効果が
ある場合もございます。
まず、お散歩中の排泄時、毎回「オシッコね」や「ワンツー」などと決まった合図をかけて頂き、
何度も繰り返すことで、ワンちゃんの中では「その合図を聞くこと=排泄したい」という条件反射
となっていくことがあります。
家の中でも排泄の際に合図をかけて頂き、合図によって排泄ができるようにトイレトレーニング
してみましょう。

トイレシートの感触を覚えるために、お外での排泄の際に、トイレシートを使用して頂く方法も
ございます。
お散歩中に、排泄のタイミングでトイレシートを敷き、「トイレシート=トイレ」と認識することが
できるようになったら、家の中でのトイレトレーニングの開始となります。
トイレシートの上で上手に排泄ができたら褒めてあげましょう。

ワンちゃんが長い時間オシッコをしないで、ジュエママ様のご帰宅を待っているということは、
落ち着かず、お辛いものがおありではないでしょうか。
ただ、年齢や飲水量、運動量などによっても異なりますが、一般的に成犬のワンちゃんは
半日以上の長い時間、排泄を我慢できるようです。
もちろん、できれば我慢させないほうが、オシッコの病気を予防する意味でも望ましいのでは
ありますが、私たち人間が排泄を我慢するという状態とは同じではないのかもしれません。
また、トイレを用意していただき、日常的に誘導いただくことで身近にしてあげ、一度でも二度でも
オシッコをした経験をしていれば、本当にワンちゃんがオシッコをしたいときは、
トイレですると思われます。

排泄行為に関しては、周囲がのんびりと構え、叱らず、出来たら褒めることが大切です。
先にご案内したように、人と暮らすにあたって、もともとの習性と違うことをワンちゃんに強いている
部分もあるかと存じますので、あわてず、のんびりと教えてあげてください。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、しつけ相談サービスを承っておりますのでぜひご利用くださいませ。

お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

ジュエママ様とワンちゃんの笑顔いっぱいの毎日を心から応援いたしております。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願い申しあげます。




食べてもいいの?

投稿者:やせなくっちゃ

投稿日:2015/05/01(Fri) 15:04

No.3984

キャバリア3歳。
庭にさいているナルコユリという植物の新芽をむしゃむしゃと
おいしそうに食べてしまいました。
特に下痢をしたりということはありませんが、犬が食べても害のない植物なのでしょうか?
庭に行くと、ナルコユリの咲いているところにまっしぐら、よほどおいしいようです。
人間は食べてもいいようで、別名ヤマアスパラと言われているようですが。
万が一毒だったらと思うと心配です。


Re: 食べてもいいの?

- 愛玩動物飼養管理士 三留

2015/05/07(Thu) 19:37

No.3989

やせなくっちゃ 様

陽射しに夏が近いことを感じる頃でございますが、
やせなくっちゃ様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
この度ご相談をいただきまして誠にありがとうございます。
キャバリアちゃんがお庭のナルコユリの新芽を美味しそうに食べてしまうのですね。
ご案内をさせていただきたく存じますが、実際のご様子は分かりかねるため
一般的なご案内となりますことをご了承ください。

植物はそれぞれ種を他の動物や鳥や環境の変動などから守るため、
アルカロイドというような化学物質を有していることが多く、また中には
オリゴ糖と糖以外の物質が結合した配糖体(グリコシド)に属する物質などを持ち、
他の動物などに毒性を示すことがあります。
ユリ科の植物には毒性が強いものがあり、特にネコちゃんではユリの花を飾った
後のお水を飲んでも命に関わるような中毒症状を発することがあり、
注意を要します。ユリ科の植物で危険性のあるものには、オニユリ、
チューリップ、ヒヤシンス、イヌサフラン、シュロソウ、オモトなどがあげられます。

キャバリアちゃんが食べたナルコユリは、一応ユリ科に属す植物ですが、
おっしゃるように人の摂食では問題がなく、漢方では薬用植物として
利用されている様でございますね。
人に毒性がみられないのであれば、ワンちゃんにとっても問題がないと類推する
ことも可能ですが、体の大きさや、もともとの食性も異なりますので、
人で問題が発生しないからワンちゃんでも大丈夫ということはございません。
また摂取後すぐに影響がみられなくても、臓器等になんらかのダメージが及んで
いることが、後になって判明することもあるかもしれません。
このように、不明なことも多く、正確なワンちゃんへの毒性の有無は
良くわかっていないのが実情の様です。たとえ、薬効のある植物であっても、
多量に摂取すると毒に転ずることもございますので、まずこれ以上は食べない
ようにしていただいたほうがよろしいでしょう。
また、腎臓や肝臓などへの負担が大きいと、腎機能や肝機能が十分には
働けないような状態を招くことも中にはありますので、現時点での体の状態を
把握するために、動物病院さんにご相談をいただくとご安心いただけるでしょう。

夏のように汗ばむ日もあれば、ひんやりと肌寒い日もあり、体調管理の難しい時期でございますが、
やせなくっちゃ様におかれましては、くれぐれもお体ご自愛ください。
今後ともアニコムを宜しくお願い申し上げます



胆泥症

投稿者:カズ

投稿日:2015/04/27(Mon) 17:16

No.3980

5歳のポメラニアンです。
健康診断で、アルカリフォスファターゼの値が494で超音波で調べたところ、胆汁がドロドロしてるから、油の物を控えると言われたのですが、おやつくらいしか、思いあたらないので、ドッグフードを無添加の物に代えている途中です。
他に何が原因でしょうか?

Re: 胆泥症

- 獣医師 阿部

2015/04/30(Thu) 16:12

No.3983

カズ 様

この度はご相談を頂きまして、誠にありがとうございます。
カズ様の5歳になられるポメラニアンちゃんの健康診断の結果では
アルカリフォスファターゼ(ALP)の値が494と高値であり、
超音波検査を行ったところ、胆汁がドロドロしているため、
油の物を控えるようにいわれたのですね。
しかしながら、おやつ以外の原因が思い当たらず、現在、お食事を無添加の
ものに変えていらっしゃるのですね。
カズ様のご心配なお気持ちはいかばかりかとお察しいたします。
早速、お問合せにつきましてご案内させて頂きますが、実際のご様子を拝見して
おりませんので、一般的なご案内となりますことを何卒ご了承ください。

ALPは肝臓・胆管や骨など全身の諸臓器に分布し、特に肝・胆管系の評価に
用いられることが多い酵素の1種です。また、胆泥症とは、胆汁が変質し
泥状になったもの(胆泥)が胆嚢に貯留した状態をいいます。
脂質の消化や吸収に重要な役割を果たす胆汁は、肝臓で生成されて胆嚢に一時貯蔵
され、食事をとると胆嚢が収縮して総胆管(胆汁が胆嚢から十二指腸に抜ける管)
を通って十二指腸に排泄されます。
何らかの原因で胆汁が濃縮して変質し泥状の胆泥になって胆嚢に貯留すると、
胆汁の流れが妨げられて、様々な症状を引き起こすことがありますが、
胆泥がたまっていても特に症状を示さず、健康診断等で偶然発見されるケースも
ございます。

胆泥症の発症に関与するものとして、高カロリー、高脂肪のお食事やおやつの
他に、胆嚢炎や甲状腺機能低下症や副腎皮質機能亢進症のような内分泌疾患が
挙げられます。
胆嚢炎は細菌感染や、腸炎・膵炎・肝炎・胆管炎などから併発して起こりますが、
胆嚢炎が起こると胆汁の性状が変化するために胆石や胆泥ができやすくなります。
甲状腺機能低下症や副腎皮質機能亢進症などの内分泌疾患でも胆汁の性状が変化
するために胆石や胆泥ができやすくなります。
また、これらの原因以外にも、ワンちゃんの体質や犬種、肥満や運動不足、加齢
に伴う発症などもみられます。

治療法としては、胆汁の生成を促して胆汁の流れをよくしたり、
胆汁の胆嚢からの排泄を促したりする目的で利胆剤が使われます。
なお、胆嚢炎や内分泌疾患(甲状腺機能低下症や副腎皮質機能亢進症など)に伴う
胆泥症の場合には、元となる疾患の治療が必要となります。
肝障害を伴っている場合には、その治療が必要になりますし、胆泥の貯留に
より胆嚢が腫大したり、胆嚢壁がもろく破裂しやすい状態になっている場合や、
総胆管閉塞の危険が高い場合には、外科的に胆嚢を摘出する手術を行うことも
あります。
なお、原因となる疾患がなく、特に症状を示さず、肝障害なども伴っていない
場合には治療をせず経過観察を行うことも多いようです。

カズ様のポメラニアンちゃんも、主治医の先生のご指示に従って、血液検査や
超音波検査などの定期的な検査をきちんと行い、経過観察を続けていただければ
ご安心だと思います。
普段から症状の変化(食欲不振や元気消失、嘔吐、腹痛など)に注意して、
気になる様子が見られたときは早めに受診するようにしましょう。

胆泥症の予防には、高カロリー、高脂肪の食事を避けることと、栄養バランスの
とれた食生活をすることが大切だと言われております。
なお、低脂肪であるというだけではなく、炭水化物やタンパク質など、
それぞれの栄養のバランスが重要でございますので、低脂肪で栄養バランスのよい
総合栄養食か療法食を与えていただくのがよろしいかと思います。
また、お食事の回数を増やしていただくと、その分、胆のうが収縮する回数が
増えるので、胆泥の貯留を改善できる場合があります。
もし1日2回の食事でしたら、1日のトータル量はそのままに、1日3回に分けて
与えていただくといいでしょう。

また何か気がかりなことがございましたらご相談下さい。
アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、しつけ相談
サービスを承っておりますのでぜひご利用くださいませ。

お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

どうぞお大事になさって下さい。
今後ともアニコムをよろしくお願い申し上げます。



Re: 胆泥症

- カズ

2015/05/01(Fri) 15:44

No.3985

ご返答ありがとうございました。
アドバイスを参考に実践していきたいと思います。
少し安心しました。
散歩も長めにして、体重管理をしっかりしていきたいと思います。
ありがとうございました。



Re: 胆泥症

- 獣医師 阿部

2015/05/07(Thu) 17:53

No.3988

カズ 様

この度はご丁寧にご返信をいただきまして、誠にありがとうございます。
カズ様がポメラニアンちゃんを大切にお育てになっていらっしゃる
温かな情景が目に浮かぶようでございます。
ポメラニアンちゃんは幸せでございますね。

カズ様とポメラニアンのお健やかで笑顔いっぱいの毎日を
心から応援いたしております。
また、気がかりなことやご心配なことがございましたら、
いつでもお気軽にお声掛けください。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願いいたします。