教えて!アニコム損保!しつけ・健康相談 皆様のご質問にお答えいたします。

ご注意

回答までのお時間は3営業日以内とさせていただきます。
緊急を要する健康相談の場合は、すぐに動物病院を受診してください。
直接どうぶつさんのご様子を拝見しておりませんので、一般的なご案内となりますこと、また、投稿フォームにはURLを入力できない設定となっておりますことをご了承ください。

証券番号

  • (記入例:S00123452)

  • ご入力いただいた証券番号は公開されません。

ニックネーム

タイトル

コメント

  • URLはご入力いただけません。

添付File

暗証キー

  • (英数字で8文字以内)

投稿キー

  • (投稿時 投稿キー を入力してください)

文字色

猫の腎臓結石

投稿者:ゆき

投稿日:2018/02/12(Mon) 20:34

No.5125

去年、腎臓に結石があると診断されました。
シュウ酸カルシウムなので食事療法でも改善されず、完治は難しいと言われました。
今は腎臓の数値も良いので、とにかくオシッコをたくさん出させる事が1番だと言われ、ウロアクトを処方されロイヤルカナンのペーハーコントロールライトを食べさせています。(太っているので)
お聞きしたいのはウロアクトと療法食を同時に食べさせて良いのかどうかです。
酸性に傾き過ぎるのではないかと思うからです。

かかりつけの先生には聞ける雰囲気では無かったので心配でご相談しました。
どうか宜しくお願いいたします。

Re: 猫の腎臓結石

- 獣医師 益田

2018/02/14(Wed) 17:32

No.5129

ゆき 様

この度は、ご相談いただきまして、誠にありがとうございます。

ウロアクトは、ウラジロガシエキスとクランべリーパウダーが配合された、尿路疾患用のサプリメントとして販売されています。
またpHコントロールライトはマグネシウムなどのミネラル成分を調整することで、
ストルバイト結石症およびシュウ酸カルシウム結石症のネコちゃんに与えることを目的とした療法食です。

ご存じの通り、シュウ酸カルシウム結石は溶解できる結石ではありませんが、利尿を促すことで成長を妨げることは期待できます。
ウロアクトの尿酸性化作用自体はそれほど強くなく、療法食と併用をしている獣医師も多いようです。

なお、サプリメントおよび療法食それぞれの製品について、詳細のご案内はいたしかねますこと何とぞご了承ください。
それでは、今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



最近の食事について

投稿者: ルフィくん

投稿日:2018/02/11(Sun) 11:37

No.5123

最近2回の食事が一回になり なかなか食べようとしません 体重も減り影になってきました 人間がお鍋を食べてるとその白菜を欲しがります フードを色々と変えてますが 一度は食べますがその後は同じ結果です どうすれば改善できるでしょうか おやつはなるべく与えないようにしてます よろしくお願いいたします

Re: 最近の食事について

- 獣医師 柳原

2018/02/14(Wed) 17:23

No.5128

ルフィくん 様

この度は、ご相談いただきまして、誠にありがとうございます。

どうぶつさんの食欲がおちてきて、体重も減ってきているのですね。
また、フードを色々と変えても続かないのですね。

改善方法は、厳密には食欲がおちてきている原因によって異なります。
どうぶつさんが何らかの病気をもっていて、そのため食が進まない状態なのか、
それとも身体は元気だが、単にわがままを言っていたり、すぐに飽きてしまったりするのかです。
もし、体調が悪くて食べられないのでしたら、まずは病気の治療が最優先で、
治療と併用しながら、食べやすいフードを用意する必要があります。

以下に、基本的な方法ですが、フードを食べてもらうための工夫をいくつかご紹介いたします。

1. 香りを立たせるためにフードを40度程度に温める。(加熱しすぎると栄養素が壊れるのでご注意ください。)
2. ドライフードをぬるま湯や鶏肉のゆで汁などでふやかす。
(傷みやすくなり、脂分の酸化による栄養価や嗜好性の低下も懸念されるため、作り置きせず、食べない場合は15分〜30分ほどで片付けてください。)
3. 飼い主様の手から与える。
4. 食べたら褒める。

一方、身体は健康で単にわがままを言っているだけなのであれば、このような工夫に加え、フード以外のおやつなどは
一切与えない、食事を出して15分〜30分ほどすると食べていなくても下げる、などを行ってください。
食べないからといってすぐに他のものを与えると、もっと良いものが出てくることを期待して、さらに食べなくなることもあります。

また、運動が足りていないようでしたら、食事の前に散歩や遊びなどで運動をしてみると、お腹が空いて食欲が出るかもしれません。
その他、数種類のフードをローテーションで与えるのも効果的な場合もございます。

なお、お鍋の白菜を欲しがるとのことですが、もし病気をお持ちでしたら、
かかりつけの先生に食べてもよいかどうかはご相談いただくことをお勧めします。

それでは、今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



うなる行動

投稿者:マリー

投稿日:2018/02/09(Fri) 19:29

No.5122

先日、食糞について相談しました、ゴールデンレトリバー7ヶ月メスです。
ありがとうございます。

食糞の他に、最近、新しいガムを
与えましたが、あまりにも執着してるので
気にいったのだと思い、撫でたら、ピタッと
止まり、また触ると、唸るようになり、直さなきゃと思い、軍手をして、かじられてもいいように
しつけをしようと思いましたが、散歩中でも
口に入れた物を、出そうとすると、絶対に口を開けず、唸るような感じになりました。
大型犬ですので、今から直さなければと思いますが、どうしたら効果的でしょうか?

普段の食事の時は、触っても、そういうことはありません。

Re: うなる行動

- アニコムカウンセラー 小山

2018/02/14(Wed) 09:50

No.5127

マリー 様

この度は、ご丁寧にお返事をいただきまして、誠にありがとうございます。

ワンちゃんが唸る理由として、一般的には下記のようなことが考えられます。

1. 自分の所有物を守るため。
2. 自分の縄張りを守るため。
3. 不快なことや怖いことを自分から遠ざけたいとき。
4. 自分の優位性を示すため。 
5. 遊びに夢中になり、楽しさから興奮が高まったため。
6. 痛い体の箇所を守るため。 など

マリー様から伺った状況ですと、大好きなガムを取られまいとして唸っている
可能性があるのではないかと思いますが、いかがでしょうか。

「唸ることはいけない」とワンちゃんに伝えることも大切ですが、
「大好きなものを取られたくない」という理由で唸っている場合は、
「マリー様は自分が大好きなものをくれる存在。取り上げるだけではなく、返してくれる。」ということを、
日常生活の中で実感してもらうことも重要になります。

例えば、ワンちゃんがオモチャをくわえているときに、口にくわえているオモチャより魅力的なフードを見せます。
その際、ワンちゃんがマリー様の手にあるフードに興味を示し、
口をあけようとしたら「ちょうだい」と声をかけて、オモチャが口から離れたら、
手に持っていたフードを褒めながら与えましょう。
フードが食べおわったら「オスワリ」などの指示をして、指示に従えたら褒めて、
口から落としたオモチャを、またワンちゃんに与えましょう。
いったん口から離したオモチャを再度与えることで、
「また返してもらえる。取り上げられる訳ではない。」ということを教えてあげます。

上記のトレーニングを繰り返すことで、次第に「ちょうだい」などの言葉で、
くわえていたものを離すことができるようになり、口にしてはいけないものを
くわえたときの対応が楽になっていくかと存じます。

なお、ワンちゃんは自分がした行動の前後に、どのようなことが周囲に起きたか
ということを大変よく見ており、この経験をもとに行動を選択していくようになります。
「唸ったら、自分の要求が通った。(自分のイヤなことを止めてもらえた)」と間違えた学習をしないように、
マリー様が実践されているように、「唸ることはいけない」「唸っても要求は叶わない」と教えることも必要です。

ワンちゃんが唸ったときに、堂々とした態度、低くて落ち着いたトーンで「ダメ」などの
短い言葉で伝え、唸るのを止めたら、優しい声で褒めてあげます。
唸っても思い通りにはならないこと、唸っても意味が無いことを根気強く教えてあげましょう。

それでは、今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



ゴールデンレトリバーの食糞

投稿者:マリー

投稿日:2018/02/07(Wed) 12:07

No.5118

ゴールデンレトリバー7か月メス
なのですが、生後2ヶ月にペットショップから我が家にきましたが、1週間前から程経つ頃から今までずっと食糞をします。
かかりつけの病院の先生にも、毎回相談しますが、
したら、片付ける。
叱らないを続けてきましたが、全く直らず
エスカレートしてきたので、気をそらすようにしたり、すぐに取り上げたりもしたせいか、ウンチをする時は、チラチラこちらを、見て、したら、直ぐに食べるようになり、量も多いので、何とかやめさせたいのですが、どうしたらいいのか分かりません。
フードも変えました。下痢が続いたので、それもあって低カロリー、食物繊維の多いのに変えてから
下痢は収まりましたが、このフードで食べるのは
あまり、考えがたいと先生に言われました。
多分私が見張るように、見ているからだと思いますが、今度どうしたら、良いでしょうか


Re: ゴールデンレトリバーの食糞

- アニコムカウンセラー 小山

2018/02/09(Fri) 15:56

No.5121

マリー 様

この度は、ご相談をいただきまして、誠にありがとうございます。

食糞の原因は様々ございますが、気をそらしたり、すぐに片付けるようにしていても、
なかなか食糞をやめない場合には、食糞をすることでゴールデンレトリバーちゃんにとって
何かしらのメリットが生じている場合がございます。

現在、排便をする時、マリー様とゴールデンレトリバーちゃんがお互いの様子を
伺っている状況とのことですので、ウンチを美味しいと感じて食べているわけではなく、
ゴールデンレトリバーちゃんの中では「どちらが先にウンチを取るか」という
楽しい遊びになっているかもしれません。
その他、急いで飼い主様がウンチを片付ける様子をみて、
「ママもウンチを欲しがっているみたい、取られるものか」と、
かえってウンチへの執着心を強くしている可能性もございます。

このようなケースでは、「ウンチを食べても楽しいことがない」と感じさせて、
少しずつウンチへの興味をなくしていくように導いていくと良いかと存じます。
例えば、排便時には注目しすぎず、食べそうになっている瞬間を見かけた時には、
音が鳴る好きなオモチャを他の方向へ投げるなどの方法で気をそらせるようにしてみます。
しかし、そのままウンチを食べてしまった場合には、マリー様は知らん顔をなさる方がよろしいかもしれません。

その中で、偶然にでもウンチを食べずに他へ興味が移った時や、
日頃から好ましい状態にある時は積極的に明るい声や表情で褒めていただくことで
「ウンチを食べない方が良いことがある」と教えてあげましょう。

今後、ウンチよりも魅力的な遊びやオモチャと出会うことで、
ウンチへの執着心も自然に薄れていくことと思いますので、
ぜひ、ゆったりとした気持ちで取り組んでいただければと存じます。

それでは、今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



外耳炎治療

投稿者:める

投稿日:2018/02/06(Tue) 13:35

No.5116

我が家の柴犬(オス・5歳)の外耳炎で悩んでいます。2歳になるまでは病気一つしなかったのですが、外耳炎の発症を繰り返すようになりました。アレルギー検査は特に問題もなく、再発を繰り返しています。かかりつけの獣医さんか紹介されて大学病院でも診察していただいたのですが、効果もなく困っています。他の動物病院での治療を検討した方が良いのでしょうか?神奈川県藤沢市在住ですが・・・外耳炎治療でお勧めの動物病院があれば教えて下さい。

Re: 外耳炎治療

- 獣医師 霍田

2018/02/08(Thu) 18:02

No.5120

める 様

この度は、ご相談をいただきまして、誠にありがとうございます。

外耳炎はワンちゃんで多く見られる疾患の一つで、湿気や異物、細菌、真菌、耳ダニなどの寄生虫、
アレルギーなどが原因となりますが、発症には体質や犬種的素因(耳道に毛が多い、垂れ耳)なども大きく関係しています。

一般的には検査で、耳道内の病変、腫瘍や異物、鼓膜の損傷の有無を確認し、寄生虫、細菌や酵母感染、炎症の有無なども調べます。
細菌の感染が認められた場合は、必要に応じて薬剤感受性試験を行い、どの薬が効果的か検査を行うこともあります。
外耳炎の原因が判明すれば、適切な治療により症状が改善することもありますが、慢性化したり、原因の特定が難しい場合、
基礎疾患※がある場合などには、症状改善が難しかったり治療が長期化することも珍しくありません。
※基礎疾患としてはアレルギー疾患やホルモン異常、糖尿病などが挙げられます。

また、ワンちゃんのアレルギー検査は複数種類があり、年月の経過によって今まで害がなかったものが
アレルゲンになるなど、結果が変わることもあります。
もし、耳の他にも痒みや赤みなどの皮膚の症状があるようでしたら、再度アレルギー検査を行う必要性があるか、
ご相談なさってみるのも良いかと思います。

なお、大変心苦しいのですが、アニコムでは動物病院のご紹介を行っておりません。
何とぞご了承いただけますよう、お願いいたします。

ご検討なさっているように、他の動物病院を受診することで、異なる獣医師の意見を聞けたり、
場合によっては別の治療法の提案があったりというメリットもあるかもしれません。
かかりつけの動物病院は、現在までの既往歴も把握され、める様との信頼関係も築かれていると思いますので、
大学病院での受診結果を受け、皮膚科専門医等をご紹介いただけるか、相談されるのも一つの方法かと思います。

今後とも、アニコムをどうぞよろしくお願いいたします。