教えて!アニコム損保!しつけ・健康相談 皆様のご質問にお答えいたします。

必ずお読みください

・回答までに数日いただきますので、緊急を要する場合(誤飲、頻回の下痢・嘔吐、おしっこが出ない等)は、すぐに動物病院を受診してください。
・当掲示板での回答は、お申し出内容に基づく一般的な回答となります。
・「ワード検索」にお悩みのキーワード(トイレ等)入れていただくと、過去の類似の回答をご確認いただくことができます。
・ニックネーム、タイトル、コメント欄は全体に公開されますので、氏名や証券番号など、個人情報の入力はお控えください。

証券番号

  • (記入例:S00123452)

  • ご入力いただいた証券番号は公開されませんが、ご契約のどうぶつ情報をもとに回答いたします。

ニックネーム

  • ニックネーム、タイトル、コメント欄に個人情報の入力はお控えください。

タイトル

コメント

  • URLはご入力いただけません。

暗証キー

  • (英数字で8文字以内)

投稿キー

  • (投稿時 投稿キー を入力してください)

文字色

ワクチン接種の回数について

投稿者:東條 亜希子

投稿日:2012/06/30(Sat) 11:16

No.1439

今年の3月31日生まれの犬です。

一回目は5月12日(6種)
二回目は6月3日 (6種)
三回目は6月24日(8種)

ワクチンを接種したのですが、三回目の接種時に獣医さんから生後三ヶ月経過すると母親からの免疫がなくなるので、後一回ワクチンを接種したほうが良いと言われたのですが必要ねのでしょうか。普通ワクチンは2〜3回と聞いています。

どうぞご回答のほうよろしくお願いします  

Re: ワクチン接種の回数について

- 獣医師 岸田

2012/07/03(Tue) 16:45

No.1443

東條 亜希子様

この度はご相談を頂きまして、誠にありがとうございます。
子犬ちゃんのワクチン接種についてのご相談でございますね。
お問合せにつきましてご案内させて頂きますが、
一般的なご案内となりますことを何卒ご了承ください。

ワンちゃんは、生まれて2カ月くらいまでの間は、胎児の時にお母さんからもらった免疫、
初乳の中に含まれる免疫、その後の授乳によって与えられる免疫により
病原体の感染から守られています。
この免疫は、赤ちゃんの体内に病原体が入ってきたときに戦って排除する働きをしますが、
同時にワクチンに対しても干渉してしまい、この免疫が高いうちにワクチンをうっても、
十分な免疫応答が起こらずに、ワクチンの効果が得られないことがあります。
このため、お母さんからの免疫(移行抗体)が消える時期にワクチンを接種する必要がありますが、
この時期はワンちゃんによって個体差が大きいため、3週間くらいの間をあけて
数回ワクチン接種を繰り返す必要があります。
したがいまして、子犬ちゃんの初年度のワクチン接種は、一般的には2〜3回必要とされて
おりますが、接種のタイミング等の状況により、回数は異なります。

お母さんからの免疫がワクチンの効果に影響しない程度まで消失する時期は、
一般的に12週齢程度と言われており、12週齢以降に2回目あるいは3回目のワクチンを
うっていれば、効果があると考えられます。
しかしながら、ワクチンの種類によってもその効果には差があり、
また、ワクチン接種時のワンちゃんの健康状態によっても、きちんとした免疫が得られるかどうかは
変わってきますので、状況に応じて12週齢以降にもう一度接種した方が安心な場合もあります。
また、ワクチンは1回接種して免疫応答を起こさせた後に、もう一度接種することで、
より強い免疫を維持することができ、これをブースター効果と言います。
追加接種をすることにより、このブースター効果を期待することができます。

さて、東條様のワンちゃんは、6週齢で6種、9週齢で6種、12週齢で8種のワクチンを接種された
とのことですね。6種に含まれる病気(ジステンパー、パルボ、アデノウイルス2型、伝染性肝炎、
パラインフルエンザ、コロナ)に関しては、最後の接種が12週齢ですので、
一般的にはこれで完了して大丈夫と言えると思います。
ただし、接種なさったワクチンの種類や2回目3回目の接種時のワンちゃんの健康状態によっては、
もう一度接種した方が安心という場合もあるでしょう。

また、6種には含まれていませんが8種に含まれているレプトスピラ病(2種類)については、
まだ1回接種しかしていらっしゃらないようですので、ブースター効果によるきちんとした免疫応答を得る
ためには、もう1回追加接種が必要です。
レプトスピラ病の予防が必要であるかどうかは、お住まいの地域での発生状況や
地域の環境など(感染したネズミやワンちゃんのオシッコからうつります)にもよって変わりますので、
かかりつけの先生に予防の必要があるかどうかをご確認いただき、お住まいの地域の状況によっては
追加接種をお受けになる必要があるかもしれません。
このように、ワクチン接種のタイミングやワンちゃんの体調、地域性などにより接種いただく回数状況は
異なりますので、一度近隣の動物病院さんにお尋ねになられることをお勧めいたします。

子犬ちゃんは3カ月を迎えられ、かわいい盛りでしょうね。
ヤンチャで一番手のかかる時期とは思いますが、貴重な子犬期、楽しんで子育てをしてあげて下さい。
アニコムでは下記の受付時間で、お電話でのご契約者様への健康相談、しつけ相談サービスを
承っておりますので、ぜひご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日祝9:30〜15:30
土日祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

また何か気がかりなことがございましたらいつでもご相談下さい。
子犬ちゃんの健やかなご成長をお祈りいたしております。

今後ともアニコムをよろしくお願い申し上げます。



散歩嫌いになったかも?

投稿者:クロ

投稿日:2012/06/29(Fri) 12:35

No.1437

お世話になります。

梅雨の中休みの状態が最近は続いている東京ですが、
1つ質問させてください。

トイプードル♂(1歳半)がうちのワンコなのですが、
ここ2週間程前から散歩してもなかなか歩こうとしなくなりました。
ちょっと歩いては止まり。の繰り返しです。
それまでは私よりも先に先に!と元気よく歩くワンコだったのですが、
何が起こったのか・・・さっぱり原因がわかりません。
定期的に病院にも通っているのですが、特に健康に問題ないのですが、
雨の多かった6月頭に散歩をなかなかできなかったのが、
原因なのか(雨の日や道路が濡れている時は散歩しません)。
散歩を忘れてしまったのか・・・。

食欲もあり、今日のように晴れている時はできるだけ
外に出してストレス発散させてあげたいのですが。。。

アドバイス頂ければ幸いです。

Re: 散歩嫌いになったかも?

- ドッグライフカウンセラー 三留

2012/07/03(Tue) 10:58

No.1442

クロ 様

7月に入り、梅雨明けの待ち遠しい頃でございますが、
クロ様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
この度はご相談を頂きまして、誠にありがとうございます。
トイプードルちゃんがこの2週間ほど前からお散歩で歩きたがらないとのことでございますね。
早速ご案内をさせていただきますが、実際のご様子を拝見していませんので、
一般的なご案内となりますことをご了承ください。

<考えられる原因と対応策>
1. 以前、お散歩のときに嫌な経験をした
ワンちゃんは一度、嫌なことがあると、そのことと関連のあること全体を嫌がることもあります。
例えば、何かお散歩中に嫌なことを経験したり、あるいは痛みを感じたことがあると、
お散歩に行くと、また嫌なことに出会ってしまうのではないかと、
お散歩そのものに行きたがらなくなることもあります。
私たちからすると何でもないことでも、ワンちゃんの目からみると怖くて仕方がない場合もあります。
例えば、ゴミ袋がぱたぱたと風で動く様子、最近散歩で出会うワンちゃんの存在などが原因となり、
ある特定の場所でどうしても先に進もうとしなくなることもあります。

トイプードルちゃんのご様子から、何か嫌いなものに心当たりがおありでしょうか。
たとえば、あるお宅のワンちゃんの存在が嫌なのであれば、
その場所を通らないコースでお散歩をしていただくのも一つの方法です。
また、同時に、少しずつ無理をなさらないように、平気にさせていくとよろしいでしょう。
具体的には、そのお宅がトイプードルちゃんの視界に入っているが、距離があるので
トイプードルちゃんの中で「怖い」、あるいは「嫌」だと思わないで済む場所まで行き、
オスワリをさせて落ち着かせていただいて、落ち着いていられたことに対して、褒めてあげましょう。
無理をなさらないように、嫌なことを好きなことと結びつけながら慣らしていきましょう。

このようにしていただきながら、トイプードルちゃんの変化をあまり気になさらず、
いつもと変わらない様子をみせてあげましょう。
また、ワンちゃんがいつもと違う様子を見ると心配でたまらなくなってしまいますが、
少しでもお散歩を楽しい雰囲気にしてあげましょう。
いつもと変わらず、堂々とした表情をワンちゃんに見せてあげるようにしていただき、
「パパが平気そうだから、大丈夫だね。」「パパがいるから守ってくれる」と感じさせてあげてください。

2. 気候が変わり、不快に感じることが多くなった
ワンちゃんは私たちとは異なり、汗をかいて体温調節をすることがたいへん苦手などうぶつですので、
ワンちゃんは、暑さに弱く、私たちより気温の上昇に関しては感じやすいようです。
この季節は気温があがり、また春から夏にかけては気圧が不安定な時期でもありますので、
お散歩時のワンちゃんの様子がいつもと変わり、飼い主さんを心配させることは比較的よく見られます。
できるだけ涼しい時間帯にお散歩をなさるようにしていただく、お水をお持ちいただくなど
暑さ対策に注意してあげましょう。

3. 立ち止まると、良いことがあると思っている
クロ様のトイプードルちゃんが立ち止まったとき、クロ様はどのようになさっていますでしょうか。
もし、「立ち止まったときに、抱っこをしてもらった」というような経験があると、
抱っこをしてもらいたくて、繰り返し立ち止まるようになる場合もあります。
「立ち止まっても、良いことがないよ」と教えてあげましょう。
立ち止まったときは、クロ様はそ知らぬ顔をして
クロ様のほうから歩かなくなったトイプードルちゃんのほうへ歩いていったり、抱っこをするのではなく、
トイプードルちゃんが立ち止まっても、知らん顔をなさって、
トイプードルちゃんが歩いたら褒めていただき歩くようにしましょう。
トイプードルちゃんが歩み寄ってくるのを待っていただくのが望ましいのですが、
難しいこともあると思います。
抱っこをする時にも、トイプードルちゃんが嫌がったタイミングで抱っこをすると
嫌がったら良いことがあるとなってしまいますので、
「オスワリ」と指示をして、指示にしたがったら抱っこをしてもらえるという
流れを作っていただいくとよろしいでしょう。
また、歩きたがらないようなタイミングで気分をかえるということも大切です。
歩いたときに「楽しいね」と声をかけたり、ときにはヨーイドンと駆けっこを
楽しんだりしてもよろしいでしょう。
また、抱っこをして、好きな公園で遊ぶなど、お散歩のルートに楽しみを
用意していただいくのも望ましいでしょう。

4. 体に不快なところがある
トイプードルちゃんは、定期的に病院さんでチェックを受けていらっしゃるとのことですので、
まずはご安心かと存じますが、歩くときに不快に感じるところがあったり、
体調が思わしくなくて、歩きたがらないこともございます。
しばらく様子をご覧になられ、次の健康チェックのときにでも、トイプードルちゃんにみられる
お散歩時の様子の変化についてご相談いただくことをお勧めいたします。

クロ様の優しさに包まれて、トイプードルちゃんは幸せでございますね。
また何か気がかりなことがございましたらご相談下さい。
クロ様とトイプードルちゃんとがお健やかで楽しい毎日をお過ごしになられますよう、
アニコムスタッフ一同、心からお祈り申し上げます。
今後ともアニコムをよろしくお願い申し上げます。



投稿者:長谷川千紘

投稿日:2012/06/29(Fri) 12:32

No.1436

愛犬と、遊ぶときに、お座りをさせてからサークルから出します。うるさくしてる場合には当然無視をして、サークルから出しません

今回の相談は、始めからおとなしくしてる時にはお座りをさせてからだしますが、うるさくしてて、おとなしくなってからサークルから出す場合には、直ぐに出しちゃっても大丈夫でしょうか?それとも、おとなしくなった直後に、お座りをさせてからサークルから出したほうがいいんでしょうか?

Re: 躾

- ドッグライフカウンセラー 三留

2012/07/02(Mon) 19:48

No.1440

長谷川 千紘 様

紫陽花の美しさが際立つ頃ですが、長谷川様におかれましてはいかがお過ごしょうか。
この度はご相談をいただきまして誠にありがとうございます。
早速ご案内をさせていただきますが、一般的なご案内となりますことをご了承ください。

長谷川様のワンちゃんをサークルから出すときのタイミングについてですね。
おとなしくなった後に出しても、その後、オスワリしてから出しても、
どちらの対応も望ましい対応かと存じますが、
飼い主様がなさった対応によって、ワンちゃんの行動のどの部分を褒めて、ワンちゃんに意識付けるか
という点が微妙に異なるかもしれません。

長谷川様のワンちゃんが、騒いでいて、静かになってからお出しになられると
「静かにしたこと」をワンちゃんに意識付けることになります。
一方で、静かになった後、オスワリをしてからお出しになられると
「静かにしたこと」と「指示に従い、オスワリをしたこと」を両方意識付けることができるかもしれません。
特に静かになったと思っても、早く出してとソワソワしながらであることも多いため、
より落ち着かせるためにも、オスワリをさせることは望ましいと思われます。
どちらの対応もよろしいかと存じますが、
現在、長谷川様におかれましては、おとなしいときにも、オスワリをしてから出していらっしゃる
とのことですので、一貫性を持たせるためにも、オスワリをしてから出すとご対応を揃えていただくことも
よろしいでしょう。
特にオスワリをさせることで、より落ち着かせることができますので、
静かになったことに対しても、大好きな長谷川様が微笑んであげたり、声をかけていただくことで、
いったん褒めていただき、その後、オスワリとおっしゃっていただいてから出してあげてはいかがでしょうか。

気温差が大きく、体調管理の難しい時期でございますが
長谷川様におかれましてもくれぐれもお体ご自愛ください。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願いいたします。





しつけ

投稿者:トラント

投稿日:2012/06/25(Mon) 16:07

No.1426

初めて利用いたします山田と申します。

 ●トイプードル♂ 1歳2ヶ月
 ●おおまかな性格
  活発で社交的・甘えた・気が強い
 ●オスワリ・マテ・フセ・オイデは
  室内ではほぼ完ぺきですが、外では気が散り
  出来なくなることが多い

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

現在3点 困っている事があります。

@散歩時の引っ張りグセ

犬 引っ張る→私 止まる→
犬 私を見る→私 褒めて歩きだす

これを実践しているのですが
褒めて歩き始めるとまた引っ張り…直りません。

練習時間は、一回30分〜1時間くらいを一日1〜2回
今で2週間ほどです。

他には、犬が引っ張ったら反対方向に歩きそれを繰り返す方法や、"ツケ"の位置でオヤツを使い
"人間の横で歩けば良いことがある"を教える方法も試しましたが、こちらの根気が足りないのか直せずあきらめてしまいました。

犬も思うように歩けず ため息をつくこともあります。
散歩が大好きなのにストレスを感じさせ可哀そうに思いますが、いま実践している方法を気長に続け、改善を望んで良いのでしょうか。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

A拾いグセ

食事は体重など個体に合わせ 量って与えていますが
幼い頃から 道・室内に落ちているモノを食べます。

石・タバコは最初の頃と比べると口に入れにくくなっていますが、葉っぱや砂・枝や虫などほとんどのモノを口に入れ食べようとします。

どのような改善策がありますか。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

B吠える 噛む

私にのみ この行動があります。

夫婦で飼っており、しつけ方は統一しております。
強いてどちらかと言えば
一日のうちで接する時間の長い私に依存。

私と二人の時は、相手してやれる時だけ
ゲージから出すようにしています。

それでも何かの拍子にイタズラします。
低い声で『ダメ』と叱ると
やめる時もありますが時にすごい大声で反抗的に吠え
私が無視をしようと後ろを向くと軽く噛みつきます。

主人に叱られ近寄られるとお腹を見せ
上記の行動はありません。

犬の心理は
『イタズラしたら相手してもらえる』
       ↓
『でも叱られそのうえ無視』
       ↓
『相手してほしくて噛む』

なのかなぁと思っています。

可哀そうですが、今は 甘えたで淋しがりの性格を利用し
イタズラをしたらダメと言い
止めなければ 又は吠え返してきたら
私たちの姿が見えない別の場所に一人(一匹)にさせ
天罰式です。

2週間ほど経ちますが直りません。
他の方法を考えるべきでしょうか。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

犬の一生はヒトと比べ短いため
互いに仲良く楽しく過ごせる時間を
少しでも長くもちたいです。
何かアドバイスがありましたら
よろしくお願いいたします。

Re: しつけ

- ドッグライフカウンセラー 三留

2012/06/27(Wed) 18:47

No.1431

山田 様

梅雨の晴れ間が嬉しい頃ですが、山田様におかれましてはいかがお過しでしょうか?
山田様のトイプードルちゃんはこの間一歳のお誕生日をお迎えになられたとのこと、
本当におめでとうございます。
さて、この度はご相談をいただきまして誠にありがとうございます。
早速、ご案内をさせていただきますが、一般的なご案内となりますことを何卒ご了承ください。

【ひっぱり癖について】
トイプードルちゃんの散歩時のひっぱり癖にお悩みとのことでございますね。
トイプードルちゃんは元気いっぱいで、あれこれと興味のあるものに気持ちが逸って、
先へ先へと走りたがるのかもしれませんね。
現在、山田様がなさっている訓練方法は良いかと存じますが、
一つご注意いただきたいことが、褒めるタイミングです。

現在、トイプードルちゃんが山田様の方を振り向いたときに褒めていらっしゃるとのことですが、
振り向いた後、トイプードルちゃんが山田様の方へ歩み寄ってきたタイミングで褒めていただいた
ほうがよろしいかもしれません。
もちろん、山田様のほうを振り向くことも、ワンちゃんとの関係を育む上で望ましいことですので、
笑顔で応えていただくことは大切なことですが、歩み寄ってきたら、「お利口ね」と褒めていただき、
「一緒に歩くことは楽しい」という雰囲気で歩き始めましょう。

また、歩きながらトイプードルちゃんの名前を呼ぶことも
「お散歩はママが一緒だよ」ということをトイプードルちゃんに伝えるためにとても良い方法です。
お散歩の途中、度々トイプードルちゃんの名前をお呼びいただき、
トイプードルちゃんが名前を呼ばれて、山田様のほうを振り向いたら褒めてあげましょう。

山田様におかれましては、ツケの位置でオモチャなどを見せ、上手に歩いたら褒める
ということをなさっていらっしゃったとのことでございますね。
どのように歩いたら良いかを教えるためには望ましい方法ですので、
お散歩のときに、時折オモチャを見せていただき上手に歩いたら褒めるということを
楽しみながら続けていただいてもよろしいでしょう。

練習の時間をお決めになられるというのもよろしいですし、
お散歩の中で、そのときの状況で褒めたり、叱ったりすることにより望ましいこと、
いけないことを教えるというのでもよろしいでしょう。
山田様がおっしゃるように、お散歩を楽しむことも大切なことでございます。
「よーい、ドン」と一緒に駆けっこをしてみたり、公園でボール遊びをする時間を作っていただいたりして
お散歩の時間内に、いろいろな要素を盛り込み、メリハリを付けていただくのもよろしいでしょう。

また、トイプードルちゃんが好きな方向へ行こうとしたときには、「ダメ」とおっしゃっていただき、
お散歩のルートなどを決めるのは山田様だということを示すことも重要でございます。
ワンちゃんに教えようとする際はなかなか思うような成果が得られないものですが、
同じことを、一貫性を持って根気強く続ける姿勢をお見せいただくことで、
ワンちゃんからの目には飼い主様が頼もしく映るようでございます。
あきらめないで、根気強く頑張っていただければと存じます。

【拾いグセについて】
トイプードルちゃんがお散歩中にいろいろなものを口にしてしまうとのことでございますね。
拾って口にすることは、好奇心が旺盛な若い時期のワンちゃんに特に多くみられます。
以下、ご対応の際にご注意いただきたい点をご案内いたします。

1.お散歩中は意識を山田様に向ける習慣をつける
お散歩時には山田様のほうにトイプードルちゃんの意識を向け続ける習慣をつけるように
することも大切です。
ひっぱることへの対応でのご案内とも重複してしまいますが、歩きながらトイプードルちゃんの名前を
呼ぶようにして、トイプードルちゃんが山田様に注意を向けたら「お利口ね」と声をかけてあげることが
拾いグセ対策としても重要です。
また好きなオモチャなどを山田様がお持ちいただくなどして、
興味のあるものは上にある、というイメージ付けをしてあげてもよろしいでしょう。

2.道端には行かないように誘導する
どうしても道端にはトイプードルちゃんの興味のあるものがたくさんありますので、
なるべく道の真ん中を歩くようにしていただくとよろしいでしょう。

3.山田様の指示を待つ習慣をつける
日頃から、「オスワリ」などの指示を利用いただき、指示にしたがってから要求をかなえるように
していただくことで、山田様の指示にしたがったら良いことがあるという流れを作るとよろしいでしょう。
山田様のペースで生活が進むという意識付けも大切でしょう。
また、車の往来があったり、何らかの危険が想定される場所では、必ず「ストップ」や「スワレ」などの
指示をします。危険がないことを確認してから、「ヨシ」と歩かせるようにします。

4.「落ちているものを口にすると構ってもらえる」と思わせない
ワンちゃんは自分がある行動をしたとき、「周囲にどのようなことが起きたか」を大変よく覚えていて、
この経験をもとに行動をとります。
ワンちゃんが落ちているものを口にしたときに、あわてて飼い主さんが走り寄ってきたり、
声を掛けるご様子から、「飼い主さんに構ってほしいときは、落ちているものを口にすればいい」と
学習してしまうことが、しばしばみられます。
ワンちゃんは、飼い主さんの愛情を少しでも多く欲しいというどうぶつですので、
チラリと目を向けてもらったり、声をかけてもらったりするだけでも、ご褒美になることがあります。
トイプードルちゃんが落ちているものを口にしようとしているときは、とにかく落ち着いていただき、
低いトーンで「いけない」等、ご家族であらかじめ決められた言葉で叱り、
トイプードルちゃんが口にしないことを選んだら、「いい子ね」と褒めてあげましょう。
あわてたり、騒いだりしないことが重要です。
落ちているものを口にしなければ、大好きなことをしてもらえて、
楽しく過ごせるということを根気強く教えてあげてください。

5.落ちている物を口にしたら、嫌なことがあると思わせる
砂を口にした瞬間に、嫌なことがあると思わせるのも一つでしょう。
ペットボトルにビー玉や石などをいれておき、お散歩中などにトイプードルちゃんが砂を口にした瞬間に
ペットボトルを地面に落として、嫌なことがあると思わせるというのも一つの方法です。
ただし、山田様が嫌なことをしたとは思わせず、天罰がおりたように演出していただくことが必要です。

6.口の中の物を出すともっと良いことがあると思わせる
ワンちゃんが気に入ったものを口にしたときに、周囲の方が口の中の物を
あわてて取り出そうとすると、取られまいと思い、夢中で呑み込んでしまうことが多いため、
トイプードルちゃんが落ちているもの口にしたときには、まず、ご家族様が落ち着いていただくことが
大切です。いったん口にしたものを取り出すことは大変難しいことが多いので、
日頃から、お口の中の物を出すと、もっといい物がもられると教えておくとよいでしょう。
トイプードルちゃんがガムなどをかじっているときに、もっと好みのタイプのオヤツなどを
トイプードルちゃんに見せます。そのときに、「出して」などの言葉をかけて、口の中のものを出したら
山田様の手にあるオヤツなどをトイプードルちゃんに与えます。
また、しばらくしてから、トイプードルちゃんが口から出したものをトイプードルちゃんに返してもよいでしょう。

【吠えること・噛むこと】
トイプードルちゃんがいたずらをしたときに、低い声で「ダメ」と叱ると、
止めるときがあるとのことでございますね。この瞬間に、すかさず、褒めてあげましょう。
相手にして欲しくて、吠えたり噛んだりしているとのことですので、
「吠えても噛んでも相手にしてもらえない」、「吠えないとき、噛まなければ、相手にしてもらえる」と
根気強く教えてあげましょう。噛んだときにもその場で「ダメ」と低い声で叱り、
止めれば褒めてあげましょう。
どんなときも毅然と、堂々としたご様子をトイプードルちゃんにお見せいただくことで、
お家の中がパパとママが中心に回っていることを教えてあげましょう。

山田様はトイプードルちゃんが止めなかったり、吠え返してきたら
トイプードルちゃんを独りにしていらっしゃるとのことでございますね。
良い方法かと存じますが、もし、独りにさせるため、抱っこをしてトイプードルちゃんを
どこかに置いていらっしゃることが、
トイプードルちゃんの目に、「構ってもらっている」と思っているような雰囲気があるようでしたら、
その場を山田様とご主人様が去ってしまうという方法でも良いでしょう。

山田様がおっしゃるように、ワンちゃんと過ごす豊かで愛情に溢れた日々を楽しむということは
本当に素晴らしいことでございますね。
たいへんなこともございますが、トイプードルちゃんをどんなときも守るという強い気持ちと
日々を楽しむ気持ちがさえあれば、どんなことも乗り越えていかれるかと存じます。
お話のご様子から山田様の愛情豊かなお人柄が伝わってくるようでございます。
山田様ご夫妻とトイプードルちゃんが笑顔に溢れた毎日をお過ごしになられますよう
心からお祈りいたしております。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、お電話でのご契約者様への健康相談、しつけ相談サービスを
承っておりますので、ぜひご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日祝9:30〜15:30
土日祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

日々、気温差が大きく、体調管理が難しい時期でございますが、
山田におかれましては、くれぐれもお体ご自愛くださいませ。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願い申しあげます。



Re: しつけ

- トラント

2012/06/28(Thu) 23:17

No.1435

三留様

丁寧な内容でのご返信
まことに有難うございます。

散歩時の"メリハリ"など
気付かされ参考になるアドバイスがいくつもありました。

あたりまえながら犬にも個性があり
教えて頂いた通りのやり方で改善できるかは未知ですが
個性の理解と工夫、そして私たちに足りない根気をもち
仲良く暮らしていけるよう努めます。






Re: しつけ

- ドッグライフカウンセラー 三留

2012/06/29(Fri) 17:22

No.1438

トラント 様

この度はご丁寧にご返信をいただきまして誠にありがとうございます。
トラント様がおっしゃるように、我が子の個性にあった対応をすることはたいへん大切なことでございます。
ゆっくりと、トイプードルちゃんと素晴らしい絆を育んでくださいませ。いつも応援いたしております。
気がかりなことがお有りの際はお気軽にお声掛けください。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願いいたします。



誤嚥(ごえん)

投稿者:辻本雅志

投稿日:2012/06/23(Sat) 19:21

No.1422

水を飲んだあと、誤嚥したように「がっはっ」といいます。
ほぼ毎回です。医者に見せた方が良いですか。

Re: 誤嚥(ごえん)

- 獣医師 田村

2012/06/27(Wed) 16:15

No.1428

辻本 雅志 様

この度はご相談を頂きまして、誠にありがとうございます。
お子様が水を飲んだ後にむせてしまい、ご心配なさっていらっしゃるとのことでございますね。
お問合せにつきましてご案内させて頂きますが、実際のご様子を拝見しておりませんので、
一般的なご案内となりますことを何卒ご了承ください。
なお、今回のご相談は、辻本様のお子様がワンちゃんということでご案内をさせていただきます。

【飲水時のスタイルについて】
辻本様のお子様はどのようなスタイルでお水を飲んでいらっしゃるのでしょうか。
幼いころからずっとお水を飲んだ後にむせてしまうのでしょうか。
また、お水を飲むとき以外に咳をすることはありませんか。

幼いころから繰り返し水を飲むとむせてしまう場合、上手くお水を飲むことが出来ていないのかも
しれません。お水の与え方を変えてみてはいかがでしょうか。
今まで食器にお水を入れて与えているのであればボトルタイプの水飲みを用意してみましょう。
その逆で、ボトルタイプで与えているのであれば食器に入れて与えてみましょう。
食器に入れて与えると一気に飲み込んでしまい、かえってむせてしまうことがあります。
その場合には一度にたくさんのお水を与えずに、様子を見ながら少しずつ与えて頂き、
飲み終わったらまた注ぎ足すようにしましょう。
食器は床にじかに置くよりも少し高め(首を大きく下に曲げなくても飲めるくらいの位置)にしていただくと、
むせる症状がおさまる場合もありますので、試してみて下さい。
ボトルタイプの場合も、取り付け位置がワンちゃんの体型等にあっているか確認してみましょう。
また、冷たいお水は刺激があるので、人肌くらいの温かさのお水を与えて頂くなどの工夫をして頂くことも
よろしいかと存じます。

【誤燕性肺炎について】
お水を飲むたびにむせているとのことですので、ワンちゃんが誤嚥をしているのではないかと
ご心配のことと存じます。
肺にある程度の量の個体または液体が吸引されると起こる肺の炎症が誤嚥性肺炎ですが、
通常吸引される物質は胃内容(嘔吐)や食物、あるいは飲み水です。
吸引した物質によって、肺の化学的損傷、気道閉塞、感染などが生じ、
炎症反応が引き起こされます。
著しい急性炎症や吸引した物質によって気道閉塞が生じると呼吸困難となることもございます。
誤燕性肺炎にかかっている場合に見られる症状として以下のようなものが挙げられます。

・咳をする。
・発熱がある。
・食欲がない。
・元気がない。
・呼吸困難を起こしている。

辻本様のワンちゃんは、毎日お水を飲む度にむせているとのことですので、
ご安心のためにも一度かかりつけさんを受診されることをお勧めいたします。

気温の変化の激しい時期でございますので辻本様におかれましてもお身体大切にお過ごしください。
なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、しつけ相談
サービスを承っておりますので、ぜひご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。
今後とも、アニコムを何卒宜しくお願い申し上げます。



Re: 誤嚥(ごえん)

- 辻本雅志

2012/06/28(Thu) 00:49

No.1432

ご返答ありがとうございます。アドバイスを頂いたように
ボトルまたは食器などから水を与えることについて
工夫してみようと思います。動物病院にも相談してみます。
有難う御座いました。



Re: 誤嚥(ごえん)

- 獣医師 田村

2012/06/28(Thu) 15:37

No.1434

辻本 雅志 様

この度はご丁寧にご返信をいただきまして、誠にありがとうございます。
辻本様のワンちゃんがご家族の愛情に包まれ、お健やかに過ごされることを
お祈りいたしております。

また、気がかりなことやご心配なことがございましたら、
いつでもお気軽にお声掛けください。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願いいたします。