教えて!アニコム損保!しつけ・健康相談 皆様のご質問にお答えいたします。

ご注意

回答までのお時間は3営業日以内とさせていただきます。
緊急を要する健康相談の場合は、すぐに動物病院を受診してください。
直接どうぶつさんのご様子を拝見しておりませんので、一般的なご案内となりますこと、また、投稿フォームにはURLを入力できない設定となっておりますことをご了承ください。

証券番号

  • (記入例:S00123452)

  • ご入力いただいた証券番号は公開されません。

ニックネーム

タイトル

コメント

  • URLはご入力いただけません。

添付File

暗証キー

  • (英数字で8文字以内)

投稿キー

  • (投稿時 投稿キー を入力してください)

文字色

無駄吠えについて

投稿者:匿名

投稿日:2011/10/15(Sat) 21:25

No.1005

2歳雄(去勢済み)のトイプードルです。
何にでも吠えまくります。

インターホン、来客のみならず、掃除機、家族。
じっとしている時は静かかのですが、誰かが立ち上がったりしただけで「わんわんわん!!」
出かける準備も吠えますし、帰ってきて玄関など音がすると激しいです。
子供(家族)にも突然吠えて泣かせ、泣くとよけいに激しく吠えます。

相手にせず無視するとか、コングを使うとか、色々書かれている事は試しましたが効果なし。
興奮している時はマテもできませんし、コングやおやつで興味をそらしても、吠える方を優先して見向きもしないか、すばやく拾ってきてまた吠えるの繰り返しです。
どうしたら良いのでしょうか?

Re: 無駄吠えについて

- ドッグライフカウンセラー 三留

2011/10/19(Wed) 14:56

No.1016

匿名様

日々秋の深まりを感じる頃でございますが、匿名様におかれましてはいかがお過しでしょうか。
この度は、ご相談をいただきまして誠にありがとうございます。
トイプードルちゃんの吠えるご様子にお困りとのことでございますね。
早速ご案内をさせていただきますが、実際のご様子を拝見して
おりませんので、一般的なご案内とさせていただきますことをご了承くださいませ。

トイプードルちゃんはご家族様が立ち上がったり、移動したりする際に吠えるとのことで
ございますね。お伺いした内容からトイプードルちゃんのご様子に関係すると考えられる
ワンちゃんの習性や学習についてから、まずご案内させていただきたく存じます。
参考にしていただければ幸いでございます。

【ワンちゃんの習性について】
1.群れを作る
ワンちゃんは10頭前後で群れを作る社会性豊かなどうぶつだといわれております。
このようなワンちゃんが人間のご家族と生活する際、ご家族に対してどのような意識を持つか
については諸説ございますが、ある程度の群れという意識を持つのではないかと
考えられております。そして、群を率いる存在である人間に対して自らを委ねることができると、
ワンちゃんはリラックスして、安心して生活することができるといわれております。

2.支配と服従
ワンちゃんには「支配したい」という本能と「服従したい」という本能があり、
群の中で任せることができる統率者がいるとワンちゃんは服従をしようとしますが、
ワンちゃんが「自分が群を動かさなくては、いけない」と思ってしまうと自分が周囲を
支配しようとすると考えられております。
したがいまして、自分が群れを管理しなくてはいけないと思わせないようにするため、
「ご家族がワンちゃんを守っているから安心していい」と思わせるあげることが大切です。

【ワンちゃんの学習について】
ワンちゃんは自分が何かしたときに、周りにどのようなことがあったのかを大変よく記憶
しており、この経験をもとに行動を選択するようになるといわれております。

【吠える原因と対応方法について】
ワンちゃんが吠える原因といたしましては、「縄張りを守ろうという防衛本能から吠える」、
「周囲のご家族に要求をして吠える」、「怖くて吠えて何とか身を守ろうとする」、
「周囲のご家族に指示をしようと吠える」など、さまざまな原因が考えられます。
インターフォンがなったときに吠えたり、外で物音がしたりしたときには、
縄張りを守ろうとして吠えているのかもしれません。
トイプードルちゃんの場合、ご家族様が移動するときに吠えることがあるとのことで
ございますが、このときのトイプードルちゃんは、「何かを要求している」、
あるいは「何かを指示しよう」として吠えているのかもしれません。

縄張り意識はどの子にもありますが、
この意識を弱めるためには、飼い主様がいれば、外からの危険があっても
心配しなくても良いとワンちゃんに思わせる、つまり飼い主様が統率していることを
示すことが大切でございます。
また、お家の中をどこでも自由にするのではなく、ある程度、
行動を制限することが望ましいともいわれています。

ワンちゃんがご家族に何かを要求している場合ですが、
以前、吠えたことにより、要求が叶った経験がもとになっていると考えられます。
匿名様はトイプードルちゃんが吠えたときに気持ちをそらすために、
コングやおやつを与えることを試されたとのことですが、
この場合、与え方によっては、「吠えたらご褒美をもらえる」と思ってしまう可能性も
ございますのでご注意をしていただければと存じます。

また、一度、要求が叶ったという経験をすると、かなりしつこく吠えることが多いので、
閉口して、要求をきいてしまうと、「がんばって吠えた甲斐があった」ということになって
しまいます。したがいまして、根気強く、「吠えて無駄だ」、と毅然と教えていく
必要があります。日常生活の中では、なかなか難しいとは存じますが、
要求吠えには無視をし続けるようにしましょう。

次にワンちゃんが、ご家族に指示をしようとして吠えている場合でございますが、
先にご案内したように、「この群はボクが支配しなくてはいけない」と日常生活の中で
ワンちゃんに思わせてしまっている可能性がございます。
お家の中はトイプードルちゃんを中心に回っているのではなく、ご家族を中心に動いている、
ご家族に主導権があると感じさせてくださいませ。
具体的には、トイプードルちゃんの要求を安易にかなえるのではなく、
何かなさるときには、飼い主様の指示にしたがったから、要求をかなえてもらったと
思わせることが大切です。
例えば、オモチャをもってきて遊びたそうにしているのであれば、落ち着いた表情で
トイプードルちゃんに「オスワリ」と指示をしていただき、
「指示にしたがったら、良いことがあった」と思わせてあげましょう。
また、ご家族がご帰宅なさったときのワンちゃんへの「ただいま」と挨拶は最後でございます。
トイプードルちゃんが座るソファの位置はいちばん末席に、
抱っこをするときには、飼い主様のお腹のあたりに抱くようにして、
肩など高い位置にあげない、お家の中で見張り番をさせない、などにも
ご注意いただければと存じます。

トイプードルちゃんを見張り番役にしてしまわないようにするためには、なるべく外の様子が
気にならないようにすることも大切でございます。
カーテンは閉めておいたり、パーテーションなどを利用なさるのもよろしいかもしれません。

また、お散歩は群の移動ともいわれますが、お散歩はワンちゃんに「飼い主様に守れている」と
実感させる良い機会でもございます。歩道から車道に出るときにも、必ず「ストップ」「オスワリ」
などと指示に従わせ、飼い主様のおかげで安全に過ごせると思わせます。
さて、ワンちゃんは不安なときにチラリと飼い主様の様子を見ようとすることが多いのですが、
ワンちゃんが落ち着かず、困ったときほど、ご家族が落ち着いて毅然とした表情をお見せ
いただくことにより、「私には飼い主さんがついているから、安心なんだ」と
感じさせてあげましょう。

匿名様がおっしゃいますように、ワンちゃんはいったん吠えてしまうと興奮を治めるのは
至難の業となってしまいます。
したがいまして、トイプードルちゃんが吠えても、興味がないとばかり、
知らん顔をしていたほうがよろしいかもしれません。

また、いつもなら吠える場面で、まだ吠え始めていないときでは、
吠える直前に、「オスワリ」や「ハウス」なとと指示を落ち着いた低い声でしていただき、
いったん落ち着かせて、「お利口ね」と褒めていただければと存じます。
難しいかとは存じますが、いつもなら吠える状況に他の行動を結びつけ、
静かにしていたら良いことがあると教えてあげましょう。

回り道のようにお思いになられるかもしれませんが、日常生活の対応を通して、
次第に、「吠えても無駄だ」「ボクは従っていれば、安心なんだ」ということを
トイプードルちゃんが理解する中で、トイプードルちゃんの行動に変化があらわれる
のではないかと存じます。
根気強くトイプードルちゃんを見守ってあげてくださいませ。

なお、アニコムでは平日の予約制とはなりますが、ご契約者様からのお電話での健康相談、
しつけ相談のサービスを承っております。気がかりなことがおありの際には、
ぜひご利用くださいませ。

体調維持の難しい季節ではございますが、匿名様におかれましてはくれぐれもご自愛いただき、
トイプードルちゃんと素敵な初夏をお過ごしくださいませ。
ご家族の皆様がお健やかで笑顔いっぱいの毎日をお過しになられることを心からお祈り
申し上げております。今後ともアニコムをどうぞよろしくお願い申しあげます。





トイレのしつけ

投稿者:岩崎 英知

投稿日:2011/10/17(Mon) 19:25

No.1008

ロングコートチワワのオス四ヶ月です。飼い始めて20日ぐらいになるのですが、なかなかトイレを覚えてくれません。1日にだいたい2時間ぐらいゲージから出して遊ばせているのですが、必ず粗相をします。トイレはゲージから出して遊ばせているリビングに置いてありますが、トイレではせずにカーペットの上でしてしまいます。ペットショップの方にそわそわしたり臭いを嗅ぎ出したらトイレにつれて行って下さいと言われたのでそうしようと思うのでが、素早くしてしまうのでうまくいきません。何かいい方法があれば教えて下さい。初めて犬を飼うので分からないことばかりです。よろしくお願いいたします。

Re: トイレのしつけ

- ドッグライフカウンセラー 三留

2011/10/19(Wed) 13:46

No.1015

岩崎 英知 様

木々の葉が少しずつ色づき、秋の深まりを感じる頃でございますが、
岩崎様におかれましてはいかがお過しでしょうか。
ロングコートチワワちゃんは可愛さでご家族をメロメロにしていらっしゃる
のではないでしょうか。

この度はご相談をいただきまして誠にありがとうございます。
さっそくご案内をさせていただきたく存じますが、
一般的なご案内になりますことを何卒ご了承下さいませ。

ロングコートチワワちゃんのトイレのご相談でございますね。
子犬ちゃんのうちは排泄機能がまだまだ十分成長しておらず、
またタイミングをつかむのもなかなか難しいかとは存じますが、
成功体験を積ませてあげることで覚えていきますので、
根気強く頑張っていただければと存じます。

さて、仕草以外にオシッコのタイミングをつかむ方法でございますが、
一度、ロングコートチワワちゃんの排泄のリズムをメモにとっていただいては
いかがでしょうか。
オシッコとオシッコのだいたいの間隔を把握いただき、
そろそろオシッコだな、というときに
「トイレはここよ」などと決まった声がけをしながら
トイレの場所に誘導して、偶然でも上手くいったらほめてあげましょう。

ロングコートチワワちゃんのトイレはリビングだけにおいていらっしゃるのでしょうか。
あるいは、ケージの中にもおいてあるのでしょうか。
ケージの中にトイレを置いてある場合ですが、
ワンちゃんは小さな環境の変化にも敏感なところがありますので、トイレをケージの外に
出したり、ケージに戻したりするのではなく、
いつも同じ場所に固定させておいておくほうがよろしいでしょう。
ケージの中のトイレの場所とベッドとの境目があいまいである場合は、
トイレとベッドの間のスペースを広くしたり、すのこなどを使って区別をつけやすくして
あげましょう。

また、ケージの中でできるようになったワンちゃんでも、
ケージから出すと上手くいかなくなるのはどの子も同じでございます。
広いところに出て位置感覚が分からなくなってしまうこともあるでしょうし、
遊びに夢中でトイレどころでなくなることもあるかもしれません。
リビングのここの位置からはこうしてトイレに行くのよ、と根気強く教えてあげましょう。
例えば、ケージでオシッコをした後、ケージから出してリビングで遊ばせていただき、
「そろそろかな」というときに
声がけをしながら、トイレへ誘導します。
成功体験を積ませて褒めることで、どこでオシッコをしたらいいのかを教えてあげましょう。

出来る状況をなるべく作り成功体験を積ませてあげ、
偶然であっても成功をしたら褒めてあることがトイレのしつけのポイントです。
最初は偶然であっても、成功の割合を少しずつ大きくしてあげてくださいませ。
成功の確率をあげるためには、ケージの全面にトイレシートを敷き詰めるのも一つの方法です。
同様に、失敗を減らすためにリビングのトイレをサークル状のもので仕切るのも有効な方法で
ございます。
トイレ用のサークルをつくり、中には全部トイレシートを敷いておきます。
トイレシーツが敷き詰めてあるので、結局、サークルの中は全部トイレになりますから、
トイレにさえロングコートチワワちゃんを連れて行ってあげることで、まず成功となります。
排泄をしたら、褒めてあげることで、排泄をすることにプラスのイメージを持たせ、
ここでしたらいいのだよ、ということを教えてあげましょう。
しばらくすると、いつもするトイレシート、しないシートができてきますので、
少しずつトイレシートのスペースを狭めることで、最終的にはトイレシート1枚で
できるようにしていきます。サークルが邪魔になってきたら取り払い、
またトイレシートの位置を動かしたいときには、ロングコートチワワちゃんが戸惑わない
ように、数センチずつ移動させていくとよろしいでしょう。

【ご注意いただきたい点】
1. 粗相をしても、叱ったりあわてたりしない
ロングコートチワワちゃんが粗相をしても、叱ったり、大きな声を上げたりしないように
しましょう。叱られても何が悪いのか理解できず、排泄行為を悪いことだと思い、
隠れてするようになることがございますし、あわてたり、騒いだりすることを、
「構ってもらって嬉しい」と思い、トイレではない所ですることが、
ご家族様の注目を浴びることの一つの手段となってしまうケースもございます。
できたら褒めることにより、成功したときだけ注目をしていただければと存じます。
また、今後、トイレが出来るようになっても褒め続けることは忘れないであげて下さいませ。
粗相をしてしまっても余計な言葉をかけず、何もなかったかのように片付けましょう。
外出してご帰宅なさったときに粗相に気付いても、同様でございます。

2.紛らわしいものを置かないようにする
ワンちゃんは足裏の肉球で、トイレシートの感触を覚えるといわれておりますが、
トイレシートに似た感触の物が行動範囲にあると、区別がつかなくなることがございます。
このため、トイレシーツと似た感触の素材の物などは、取り外してあげましょう。
また、いつも粗相をしてしまう場所が決まっているのであれば、その上にトイレシートを
敷くことで、その場所をトイレの場所にしてあげてもよろしいでしょう。
ロングコートチワワちゃんはカーペットの上でしてしまうとのことでございますね。
カーペットはふわふわとしてワンちゃんが思わずオシッコをしてしまいたくなることが
あるようです。可能であれば取り外したり、いつも粗相をする場所が決まっていれば
何か物を置いてしまったり、あるいはその場所にトイレシーツを置くなどなさるのも
よろしいかもしれません。

3.リラックスをする
.飼い主様にとってのストレスがワンちゃんとってのストレスになることもありますので、 
飼い主様が肩の力を抜くことで、上手くいくこともあるようでございます。

なお、今後、ワンちゃんが成長にしたがい自我が出てくる時期になると、
「ここは自分の場所だ」という自己主張でもあるマーキングをすることもございます。
他のワンちゃんに縄張りを侵される心配のない家の中でのマーキングは、
飼い主様がワンちゃんに対して安心でき信頼できる存在となり、
群れを率いるリーダーとして落ち着いた対応をすることで解消することもあるといわれております。
日常生活で飼主様が一貫性のあるリーダーであり、飼い主様に守られているから
安心だということを今のうちからロングコートチワワちゃんに伝えていただくことも
大切かと存じます。 

ロングコートチワワちゃんの健やかなご成長を心からお祈り申し上げております。
なお、アニコムでは平日の予約制とはなりますが、お電話でのご契約者様への健康相談、
しつけ相談サービスを承っておりますので、ぜひご利用くださいませ。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願い申しあげます。



回答お願いします

投稿者:草川

投稿日:2011/10/16(Sun) 12:58

No.1007

ロングコートチワワのオス2歳です。歯茎に写真のようなプックリと水ぶくれ?ができました。病院で中の水分を注射針ですべて抜いてもらい検査しましたが、水分には悪いものは含まれておらず、傷ができたことでできたのでは?との事。しかしまた1週間位で膨れてきました。見た目は半透明です。この子は、犬歯が生えてきません。犬歯が生えるべき所にこの水ぶくれはできます。違う動物病院に診察してもらうべきか迷っています。

Re: 回答お願いします

- 獣医師 羽鳥

2011/10/19(Wed) 11:15

No.1014

草川様

秋晴れが心地良く、お出かけの楽しい季節となりましたが、
草川様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
この度はご相談をいただきまして誠にありがとうございます。
チワワちゃんの歯茎に水ぶくれのようなものが出来てしまい、ご心配ということでございますね。
早速、ご案内をさせて頂きたく存じますが、お子様の詳細なご様子が分かりかねるため、
一般的なご案内になりますことを何卒ご了承くださいませ。

歯肉に水疱または嚢胞(液体で満たされた袋状の構造物)が出来る場合には、
一般的に以下のような原因が考えられます。

@ 口内炎
口内炎を起こすと口腔内に水疱や赤みや腫れ、潰瘍などが認められるようになります。
原因としては外傷性の他、ウイルス・細菌感染、歯石の蓄積による歯周病などがあります。

A 外傷や慢性的な刺激による炎症反応
外傷による一過性の傷が原因で感染を起こしていたり、下顎の歯などが慢性的に当たってしまうこと
などにより炎症を起こし、腫れや嚢胞の症状を引き起こすことがあります。

B 歯根の部分に膿が溜まる歯根嚢胞
感染が歯根部分にまで到達して、歯の根元で炎症を引き起こします。
その際に歯の根元に袋状に膿がたまりますが、それが歯肉の表面に漏れ出る場合もあり、
これはフィステル(婁孔:ろうこう)と呼ばれます。

C 埋伏歯による刺激への反応
「埋伏歯」とは、歯が生えてくる時期が過ぎているにも関わらず、歯の全部または
一部が、歯肉や顎の骨の中に埋まって出てこない状態のことをいいます。
正常の歯の本数よりも少ない状態を「欠歯」といいますが、小型犬や短頭種の
ワンちゃんではこのような歯の本数の異常が比較的よくみられます。「欠歯」には
元々生えてくるべき場所に歯が存在しないということもありますが、「埋伏歯」が
外見上「欠歯」のように見えている場合もあります。
「埋伏歯」がある場合、位置や方向の異常を伴うことが多いので、他の歯に障害を
与えたり、「埋伏歯」の周囲に嚢胞を形成したりすることがあります。

D 天疱瘡や類天疱瘡などの自己免疫疾患      
天疱瘡や類天疱瘡はワンちゃんに稀にみられる疾患で、皮膚や粘膜に潰瘍や
痂皮(=かさぶた)、水疱や膿疱を形成します。
また食欲不振や元気消失、発熱などの症状も認められます。

歯肉に水疱や嚢疱がみられた場合には以上のような原因が考えられますが、
チワワちゃんの場合、水疱の内容物を検査しても異常は認められなかったということでございますね。
また、水疱が認められているのは右の上顎部分の一カ所のみで、その他の症状は認められていない
ということでございますので、Aの「外傷や慢性的な刺激による炎症反応」や
Bの「埋伏歯による刺激の反応」である可能性が高いかと思われます。

もし「外傷や慢性的な刺激による炎症反応」である場合には、刺激の原因となるものを
取り除くことが重要となります。他の歯が上顎の歯肉部分に当たることが原因となっている
ようであれば、抜歯をしたり、歯内治療(板管治療)を併用して歯を
短くすることにより治療をいたします。

また、「埋伏歯による刺激の反応」である場合には、口腔のレントゲンを撮影し、
埋伏歯の有無を確認することが重要となります。もし埋伏歯がみられるようであれば、
歯肉の一部を切除し、抜歯を行う必要があります。特にチワワちゃんの場合は、
右上顎の犬歯の永久歯が生えてきていないということでございますので、
「埋伏歯による炎症」も考慮に入れる必要があると思います。

現在、特にその他の症状は無いという事ではございますが、
今後、口腔内の別部位にも同様の症状がみられたり、その他の症状が認められたりするようであれば、
原因疾患について治療を行う必要がでてきます。

草川様におかれましては、その後、チワワちゃんの歯茎の水ぶくれのご様子を動物病院さんで
診ていただいていらっしゃいますでしょうか。
最初に受診されてから現在に至る経過によっては治療内容が変更されることも多くございますので、
今一度、水疱の症状が再発されたことも含めてかかりつけの先生にお伝え頂き、
追加検査の必要性など、再度ご相談頂く事をお勧めいたします。

また万が一、再度ご通院されて治療をお受け頂いても症状の改善が無い場合には、
セカンドオピニオンとして他院を受診されたり、専門性の高い病院について
今、受診をなさっているかかりつけの先生のご紹介を頂く事も可能かと存じますので、併せて
ご検討頂ければと存じます。

秋らしくなり、朝夕は冷え込むことも多くなってまいりました。
草川様におかれましては、お体にお気をつけてお過ごしくださいませ。

今後とも、アニコムを宜しくお願い申し上げます。



便についての相談です

投稿者:秋吉 女久美

投稿日:2011/10/14(Fri) 17:21

No.1003

3歳7か月のミニチュアダックス、雄、です。食にムラがあり突然食べなくなったり突然戻ったりします。今少しずつ便の様子を見ながらフードを移行中です。そこで相談です。同じものを食べているのにいい便の時もありかなり軟便のときもあります。朝1番に出る便はとてもいいのですが、散歩中にでる便は軟便です。家の中と外で違うのはなにか理由があるのでしょうか?因みに愛犬はとても臆病で散歩中おどおどしているようです。散歩は必要でしょうし、かといって軟便もかわいそうです。よろしくお願いします。

Re: 便についての相談です

- ペット栄養管理士 三留

2011/10/18(Tue) 17:47

No.1013

秋吉 女久美様

秋晴れが続き、過ごし易い日が続いておりますが、秋吉様におかれましてはいかが
お過しでしょうか。
この度はご相談をいただきまして誠にありがとうございます。
3歳7か月のミニチュアダックスちゃんの食にムラがあり、またお散歩時の軟便が
ご心配とのことでございますね。
早速ご案内をさせていただきますが、実際にミニチュアダックスちゃんのご様子を拝見
していないため、一般的なご案内となることをご了承くださいませ。

<食にムラがある>
私たち人間でも、食欲のある日も、何だか食欲がない日もあり、
食欲のない日には少し食べる量を控えることで消化器官への負荷を減らして
体調が戻るということがございますが、ワンちゃんの場合も同じでございます。
ペットフードの裏袋に印刷してある分量はあくまでも目安量ですので、
また、体調が万全のときでもその日の運動量や気候などにより、ある程度(1〜2割)増減が
あっても問題がないといわれておりますので、
体調が悪いときはそれ以下になってしまうこともあるかもしれません。

食べ方が少ない日には、どうしても飼い主様は心配になってしまい、「もう少し食べようね」
などと声をかけてしまうこともおありかと存じますがいかがでしょうか。
ワンちゃんの中には、食べないでいるときに、声をかけてもらった体験や
フード以外のものを食べさせてもらったりすることで、
「食べないでいると良いことがある」と感じてしまうことがございます。
したがいまして、ミニチュアダックスちゃんの食べ方が少なくて心配なときに声を
かけるのではなく、食べたときに、「お利口ね」と声をかけてあげましょう。
「食べたら、褒めてもらえた」とミニュチュアダックスちゃんが感じるように
していただければと存じます。

また、フードを出したままにしておくと酸化により品質が劣化したり、
味が落ちたりしますので、ある程度時間を決めていただき、食べなければ片付けて
しまってしまうことも大切です。

なお、食欲の低下や便の不安定が続いたり、嘔吐や元気の低下など、
ご心配な様子が見られましたら、体調不良からくる食欲不振である可能性もありますので、
お早めに動物病院さんでご診察をお受けになられますようお勧めいたします。

<便の様子が違いついて>
口から入った食べ物は、食道、胃、小腸を経由して消化・栄養素が吸収され、
また大腸で水分が吸収されて便になります。
軟便がおこる原因ですが、消化不良などにより大腸からの水分吸収が上手く機能
していない場合や、まだ水分吸収が不十分で、排泄される段階ではない便が、何らかの原因で
排泄されてしまった場合などがあります。

ミニュチュアダックスちゃんの場合、お散歩のときのみ軟便がみられるということですので、
お散歩の運動やお散歩中の緊張やストレスが刺激となり、排泄されるべきでない便が出て
しまっている可能性があります。

また、同じものを食べても、腸中細菌のバランスなどによっても
腸内の吸収する能力がその日の体調により便の状態が異なります。
なお、他にもウイルスや細菌、寄生虫の感染や腸炎などの消化器疾患や胃腸以外の疾患など、
何らかお病気が原因となって軟便が継続している場合も中にはございます。
ご安心のためにも一度、動物病院さんへご相談頂き、便検査など必要な検査などを
ご検討されることをお勧めいたします。

<お外でのお散歩を楽しむために>
ミニュチュアダックスちゃんはお外では臆病なご様子がみられるとのことでございますね。
お散歩では、車が急に走ってきたり、大きな犬が歩いてきたりと、
ミニュチュアダックスちゃんが恐い思いをしたことが多いのではないでしょうか。
たいていのワンちゃんにも苦手なものや恐いものがありますが、
「大丈夫だった」、「楽しかった」という経験を少しずつ重ねることで、
自信をつけさせてあげることが大切でございます。

1. 楽しそうな雰囲気を演出する
お散歩は群れの移動ともいわれています。そして、群れを統率するのが飼い主さんですので、
飼い主さんが自信満々の表情で、「安心して付いていらっしゃい」とミニュチュアダックスちゃん
に声をかけながら、楽しそうな表情で安心をさせてあげましょう。
名前を呼んであげたり、時にはミニュチュアダックスちゃんの好きなオモチャを見せていただいたり、
ベンチで抱っこをして体を優しくなげてあげるなど
楽しい時間をミニュチュアダックスちゃんに用意してあげましょう。

2. 褒めて自信をつける
褒めてもらうことで自信を持ち、嬉しい気持ちになるのは、ワンちゃんも同じでございます。
お散歩中にミニュチュアダックスちゃんの名前を呼んであげて、
ミニュチュアダックスちゃんが振り向いたら、「お利口ね」と褒めてあげましょう。
偶然でも、秋吉様の隣を上手に歩いたら、「上手だね」と声をかけてあげると
得意げな表情を見せてくれるかもしれません。

3. 悠然とした雰囲気で
ミニュチュアダックスちゃんは、自分が不安なときに、ちらりと飼い主さんの表情をみながら
状況を判断します。他のワンちゃんとすれ違うときなど、ミニュチュアダックスちゃんに
とって、恐くて思わずドキドキとしてしまいそうなときほど、「守ってくれているから安心」
という心強さをミニュチュアダックスちゃんに感じさせてあげましょう。

4. 飼い主様の指示に従う習慣をつける
車道を通るときなどでは、ミニュチュアダックスちゃんに「待て」と声をかけていただき、
車がいないのを確認したら、「よし」ときちんと指示を出してあげるなど、
飼い主様がいらっしゃれば、自分は安全だと思わせてあげましょう。

ワンちゃんは、今までの経験の中に、お散歩中に恐い思いをした経験があると、
似た状況で、また同じようなことが起きるのではないかと、恐がる場合がございます。
また、マンホールや旗などを恐がるワンちゃんも多くみられますが、
ワンちゃんに嫌がるものやヒトなどがある場合には、
無理をして近づけ、慣らすのではなく、
ミニュチュアダックスちゃんの好きなものと結びつけながら、
少しずつ慣らしていきましょう。

たとえば、ミニュチュアダックスちゃんの視界にその場所が入っているけど平気な場所で、
「オスワリ」などで落ち着かせていただき、「お利口だね」とうんと褒めたり、ご褒美を
あげることで、少しずつ好ましいイメージをつけてあげてください。

ミニュチュアダックスちゃんの便の状態が安定し、秋の陽を楽しんでお過しに
なられますことを心からお祈り申し上げております。
時節柄、秋吉様におかれましてはお体ご自愛くだささいませ。
今後ともアニコムをよろしくお願い申し上げます。



子猫の血尿

投稿者:ユリヒメ

投稿日:2011/10/15(Sat) 22:27

No.1006

生後4ヶ月の子猫なんですが、
多飲多尿かなって思っていました。
そしたら、血尿を今週してしまいました。

血液もエコーも特に以上がなくただの膀胱炎と言われたのですが、子猫の血尿は、あまり例がないと聞かれたので心配で相談をさせていただきました。

Re: 子猫の血尿

- 獣医師 岸田

2011/10/18(Tue) 15:58

No.1012

ユリヒメ様

この度はご相談を頂きまして、誠にありがとうございます。
4カ月の子猫ちゃんに血尿の症状が見られご心配されているとのことですね。
お問合せにつきましてご案内させて頂きますが、実際のご様子を拝見していないため、
一般的なご案内となりますことをご了承ください。

血尿は様々な原因で見られます。
一般的には、尿路系(腎臓、尿管、膀胱、尿道)の感染、腫瘍、結石、炎症、構造異常などによる出血、
前立腺や子宮、膣などからの出血で見られます。
また、血尿ではありませんが、溶血や重度の筋肉の障害などが原因で赤い色のおしっこ(血色素尿)が
出ることがあります。
他にも薬剤や食餌中の色素などが原因で、赤い色のおしっこが出る場合や
特発性(特別な原因がみあたらないこと)に腎臓からの出血がみられるという例も
まれにあります。

ワンちゃんやネコちゃんに赤い色のおしっこが見られた場合には、尿検査で、それが血尿なのか
血色素尿なのか(あるいはそれ以外なのか)を調べます。
また、血尿であれば、その出血が何の原因で起こっているのかを調べる必要があります。

ユリヒメ様のネコちゃんは、かかりつけの先生に膀胱炎と診断されたとのことですね。
ネコちゃんの膀胱炎の多くは、細菌や真菌などの感染や、
膀胱内の尿石や尿結晶が膀胱粘膜を傷つけることが原因となって起こりますが、
これは、生後数カ月の子ネコちゃんでも見られることがあります。
尿検査の時に尿沈渣(おしっこを遠心したとき沈む成分)を調べると、
膀胱の上皮細胞や、白血球、細菌、結晶などが見られることで診断できます。
また、感染や尿結晶がなくても起こる特発性膀胱炎(間質性膀胱炎)もあり、
比較的若いネコちゃんに見られることが知られています。
はっきりした原因はわかっていませんが、ストレスが発症に関与している可能性が指摘されています。
一度よくなっても再発することが多い病気です。

膀胱炎が起こると、膀胱粘膜が過敏な状態になり、膀胱内におしっこがたまっていなくても尿意を感じて、
頻繁にトイレに行く症状(頻尿)が見られることがあります。
ユリヒメ様のネコちゃんに見られていた多飲多尿の症状も、この頻尿状態が原因かもしれません。

ユリヒメ様のネコちゃんは血液検査やエコーの検査では特に異常は認められなかったとのことですので、
尿路系における形態的な異常や腎機能の異常、エコーで確認できる大きさの結石などはなかったようですね。
症状から考えても、かかりつけの先生が診断されたように、
現在のところ膀胱炎の可能性が最も高いと考えられるのではないかと思いますので、
まずは、膀胱炎の治療をきっちり行って、経過をよくみてあげて下さい。

膀胱炎の治療のためには、投薬以外にも、
・水分をたくさんとること
・トイレを我慢させないように常に清潔にすること
(ネコちゃん1匹あたり2つはトイレが必要だと言われています)
・ストレスを与えないようにすること
・尿石が認められる場合には食餌療法を併用すること
(子ネコちゃんの場合には栄養面を優先して食事の変更は行わず、サプリメントなどを使用する場合もあります)
などが大切です。

また、万が一膀胱炎の適切な治療や対策を行っても血尿を繰り返してしまうような場合には、
何らかの基礎疾患や、エコーではわからないような泌尿器系の奇形や形態的異常
などがないかどうかを確認するために、
レントゲン検査、造影検査、血液検査など、さまざまな精密検査が必要になることもありますので、
かかりつけの先生とよくご相談ください。

4カ月の子ネコちゃんというと、やんちゃでいろんなものに何でも興味を示し、
飛びまわって、可愛い盛りでしょうね。
早く膀胱炎の症状がよくなられることをお祈り申し上げております。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、
しつけ相談のサービスを承っております。気がかりなことがおありの際には、
ぜひご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

今後ともアニコムを宜しくお願い申し上げます。