教えて!アニコム損保!しつけ・健康相談 皆様のご質問にお答えいたします。

ご注意

回答までのお時間は3営業日以内とさせていただきます。
緊急を要する健康相談の場合は、すぐに動物病院を受診してください。
直接どうぶつさんのご様子を拝見しておりませんので、一般的なご案内となりますこと、また、投稿フォームにはURLを入力できない設定となっておりますことをご了承ください。

証券番号

  • (記入例:S00123452)

  • ご入力いただいた証券番号は公開されません。

ニックネーム

タイトル

コメント

  • URLはご入力いただけません。

添付File

暗証キー

  • (英数字で8文字以内)

投稿キー

  • (投稿時 投稿キー を入力してください)

文字色

胆嚢

投稿者:egg

投稿日:2012/05/01(Tue) 18:22

No.1315

10才になるチワワです。
健康診断で胆嚢の中に胆泥が溜まっているのが発見されました。2センチ程で獣医にはここまで溜まってしまうと内服しても改善は難しいのでこのまま経過観察でと言われました。
血液検査はカルシウムが低い他は肝機能など異常はありませんでした。
内服しても改善しないのかもしれないけれどこのまま何もしないよりは薬を飲んでみた方が良いのでは?と思うのですがどうですか?薬を内服する事のリスクの方が高いですか?
よろしくお願いします。

Re: 胆嚢

- 獣医師 岸田

2012/05/07(Mon) 17:39

No.1323

egg様

この度はご相談を頂きまして、誠にありがとうございます。
チワワちゃんが胆泥症で経過観察を行うことになったとのことでございますね。
egg様におかれましては、ご心配のこととお察し申し上げます。
お問合せにつきましてご案内させて頂きますが、実際のご様子を拝見しておりませんので、
一般的なご案内となりますことを何卒ご了承ください。

胆泥症とは、胆汁が変質し泥状になったもの(胆泥)が胆嚢に貯留した状態をいいます。
脂質の消化や吸収に重要な役割を果たす胆汁は、肝臓で生成されて胆嚢に一時貯蔵され、
食事をとると胆嚢が収縮して総胆管(胆汁が胆嚢から十二指腸に抜ける管)を通って
十二指腸に排泄されます。
何らかの原因で胆汁が濃縮して変質し泥状の胆泥になって胆嚢に貯留すると、
胆汁の流れが妨げられて、様々な症状を引き起こすことがあります。
ワンちゃんでは、胆嚢炎や内分泌疾患(甲状腺機能低下症や副腎皮質機能亢進症など)に伴って
胆汁の性状が変化し胆泥症となることが多いようです。

胆泥がたまっていても特に症状を示さず、健康診断等で偶然発見されるケースも多く見られます。
一方、胆嚢炎に伴って起こっている場合や、二次的な肝障害が起こった場合、
胆泥が胆嚢から出て総胆管の通過障害や閉塞が起こった場合には、
食欲不振や嘔吐、発熱、腹痛などの症状があらわれます。
総胆管が完全に閉塞すると黄疸が起こり、
重症の場合には胆嚢や胆管が破裂し腹膜炎を起こすこともあります。

治療法としては、胆汁の生成を促して胆汁の流れをよくしたり、
胆汁の胆嚢からの排泄を促したりする目的で利胆剤が使われます。
胆嚢炎や内分泌疾患(甲状腺機能低下症や副腎皮質機能亢進症など)に伴う胆泥症の場合には、
元となる疾患の治療が必要となります。
また肝障害を伴っている場合には、その治療が必要になります。
胆泥の貯留により胆嚢が腫大したり、胆嚢壁がもろく破裂しやすい状態になっている場合や、
総胆管閉塞の危険が高い場合には、外科的に胆嚢を摘出する手術を行うこともあります。

胆石症の場合、薬で溶解できる種類の胆石であれば薬物療法を行いますが、
ワンちゃんの場合、ヒトとは異なり、薬物療法で溶けるタイプの胆石はあまりみられないといわれています。
また、利胆剤による胆泥排泄効果も確実なものではなく、
胆泥症自体に対する有効で確実な内科的治療法が確立されているわけではありません。
そのため、原因となる疾患がなく、特に症状を示さず、肝障害なども伴っていない場合には、
治療をせず経過観察を行うことも多いようです。

egg様のチワワちゃんは、血液検査で肝機能など他の異常が見られず、
原因となる胆嚢炎や内分泌疾患の可能性も低く、
胆嚢破裂や総胆管閉塞の危険も少ないというご判断の上で、
主治医の先生は投薬治療を行わずに経過観察を行うことを選択されたのだと思います。
胆泥が貯留していても、そのまま特に症状を示さず経過する場合も多いですので、
主治医の先生のご指示に従って、血液検査や超音波検査などの定期的な検査をきちんと行い、
経過観察を続けていただければひとまずは安心だと思います。
普段から症状の変化(食欲不振や元気消失、嘔吐、腹痛など)に注意して、
気になる様子が見られたときは早めに受診するようにしましょう。

また何か気がかりなことがございましたらご相談下さい。
アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、しつけ相談
サービスを承っておりますのでぜひご利用くださいませ。

お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

どうぞお大事になさって下さい。
今後ともアニコムをよろしくお願い申し上げます。




唸る

投稿者:haru

投稿日:2012/05/02(Wed) 12:04

No.1316

はじめまして。一才5ヶ月 マルチワmix女の子です。
日頃は夫婦二人共働きの為、ケージで約9時間お留守番しています。私たち夫婦と時々帰ってくる娘にはとても良い子なのですが、お盆やお正月に訪れる実家で母が近づいて、手を出すと、ガウ〜っととても怖い顔でそのまま噛む勢いで嫌がります。

母とは散歩には喜んで行きます。ちなみに母以外の人も同じ態度です。毎月行くトリマーさんは大丈夫です。

社会化がうまく出来なかったのかと反省しています。
ちなみに他のワンちゃんとも仲良くできません

しつけ教室などに連れて行った方がよろしいでしょうか?
ドッグランには時々連れていってます。

母も犬が大好きで抱っこさせてあげたいのです。

Re: 唸る

- ドッグライフカウンセラー 三留

2012/05/07(Mon) 17:17

No.1322

haru 様

新緑が眩しい頃ですが、haru様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
この度はご相談をいただきましてありがとうございます。
「お母様にマルチワちゃんを抱っこさせてあげたい」とのことでございますね。
早速ご案内をさせていただきますが、実際のご様子を承知いたしておりませんので
一般的なご案内となりますことを何とぞご了承ください。

お盆やお正月にご実家にいらっしゃった際、
お母様がマルチワちゃんに手を近づけると、嫌がるご様子がみられる
とのことでございますね。
ご実家には、年に数回いらっしゃるとのことですので、
マルチワちゃんにとっては知らない所も同様ではないでしょうか。
いらっしゃった後、しばらくは、マルチワちゃんも緊張して、警戒状態なのかもしれません。
このような状況で無理に抱っこをしたり、触ろうとしたりすると、
お母様への印象が好ましくなくなってしまうことがあります。
久し振りに会われて、お母様はすぐにでも抱っこをしたいお気持ちかとは思いますが、
少し堪えていただき、しばらくの間は、マルチワちゃんの名前を読んであげて
マルチワちゃんが声に応えた、「お利口ね」と
優しく応えたり、ご褒美を与えていただくくらいに留めていただいたほうがよろしいでしょう。

少しお家の雰囲気になれてきたら、
なるべくリラックスをした雰囲気で、優しく声をかけながら、
撫ぜてあげましょう。このとき、いつもマルチワちゃんが触られて好きな場所を
触っていただくことからお始めください。
マルチワちゃんに、お母様と一緒にいて「心地が良い」という経験を
させてあげながら、無理をさせず、「知らないうちに、抱っこをされていた」という
流れにしていただいたほうがよろしいでしょう。
また、「大丈夫かしら」と周りの方が心配なさっていると、
その不安感がマルチワちゃんにも伝わってしまいますので、
お母様がママやパパと仲良しな人だとマルチワちゃんに理解しやすいよう、
その場の雰囲気をできるだけ和ませていただくことも大切でしょう。

また、人に触られて嫌がるワンちゃんの中には、以前、知らない人に触られたときに、
「恐かった」という記憶があり、人の手が怖くて、触られると、反射的に、嫌がるように
なっている場合もございます。
特に体の小さなタイプのワンちゃんにとっては、
人の手は大きく、怖いものだと思っている子もいるようです。
できるだけ、「マルチワちゃんの前や後ろから急に手を出さない」「まずニオイを嗅がせて
あげてから触るようにする」、「しゃがんだ状態でお世話をしたり声をかけたりする」
「声を掛けて触るようにする」などの点をご留意いただきながら、
日頃から、お散歩のときなど、なるべく安心できる状態で
触るようにしましょう。

お母様と一緒に、ゆったりと寛いだ時間をマルチワちゃんに過ごさせてあげましょう。
マルチワちゃんは、お母様と散歩に喜んでいらっしゃるとのことですので、
公園のベンチなどで優しく抱っこしていただき、お母様の温もりや匂いを
感じさせてあげましょう。
また、お家の中でも、ご家族でおしゃべりをなさった雰囲気の中で、
何気なく、知らないうちに抱っこをされていたけど、
気持ちよかったと思わせていただければと存じます。

さて、私たち人間でも十人十色という言葉があるように、
皆それぞれの個性が異なりますが、それはワンちゃんにも当てはまります。
また、ワンちゃんによって経験もそれぞれ異なりますし、表現方法も異なりますが、
多かれ少なかれ、どのワンちゃんも苦手なものや嫌いなものがあるのは同じでしょう。
ワンちゃんが苦手な存在が「大丈夫だ」と思ったり、慣れさせていくためには、
「少しずつ」そして「良いことと結びつけること」がポイントです。
「大丈夫だった」「楽しかった」という経験を積み重ねることで、
ワンちゃんに自信を持たせてあげましょう。

マルチワちゃんに、他のワンちゃんが「大丈夫だ」と教えるためには、
公園などに他のワンちゃんがいるとき、無理をして近づけるのではなく、
マルチワちゃんが、嫌がるなど反応しないくらいの場所で、
ママと楽しくボールやオモチャで楽しく遊んであげましょう。
ドッグランでも、他のワンちゃんたちの間に無理をして入れてしまうのではなく、
他のワンちゃんたちの存在がマルチワちゃんの視界に入るくらいのところで
楽しく遊ぶことから初めていただいたほうがよろしいかもしれません。
お散歩などで他のワンちゃんと通り過ぎるときにも、
他のワンちゃんの存在が気にならないくらいの場所で、
「オスワリ」などの指示をすることで、落ち着かせてあげましょう。
その際、haru様が、他のワンちゃんとマルチワちゃんとの間に入って、
「ママに守ってもらっている」という雰囲気で、
また、マルチワちゃんにオモチャやオヤツで気持ちをそらせながら、
落ちついて通りすぎられたら褒めてあげます。
このとき、haru様は落ち着いて、堂々とした表情で、
「ママが守ってあげるから、大丈夫だよ」とマルチワちゃんに安心させてあげましょう。

気温差が大きく、体調を崩しやすい時期でございます。
haru様におかれましては、くれぐれもお身体をご自愛下さいませ。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、お電話でのご契約者様への
健康相談、しつけ相談サービスを承っておりますので、ぜひご利用くださいませ。

お電話番号は、あんしんサービスセンター 0800-888-8256
(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土・日・祝日9:30〜15:30
土曜日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願い申し上げます。



無題

投稿者:tora

投稿日:2012/04/30(Mon) 07:26

No.1313

先日はご回答ありがとうございます。

また質問なんですが発情期のせいなのか陰部が2倍に腫れ上がりむき出しのまま精液がポタポタと出てきます。
腫れてるせいで座ったり伏せるのが嫌らしく夜も寝れないでいます。
何かの病気でしょうか。

Re: 無題

- 獣医師 岸田

2012/05/07(Mon) 10:45

No.1321

tora様

この度はご相談を頂きまして、誠にありがとうございます。
ブルドッグちゃんの陰部が腫れて露出した状態になっており
ご心配なさっているとのことでございますね。
お問合せにつきましてご案内させて頂きますが、実際のご様子を拝見しておりませんので、
一般的なご案内となりますことを何卒ご了承ください。

男の子のワンちゃんの陰茎が発情や興奮に伴って腫れて
包皮から露出したままになってしまうことはときどき見られます。
通常はしばらくすれば自然に元に戻りますので心配はいりませんが、
腫れやうっ血がひどい場合や陰茎の根元まで露出してしまった場合など、
なかなか元に戻らない状態になってしまうこともあります。

露出した部分はとても傷つきやすいため、長時間露出したままの状態でどこかにこすってしまったりすると、
炎症を起こしたり化膿したりして、さらに充血が起こり、戻りにくくなる場合もあります。
また、露出したまま乾燥してしまい元に戻りづらくなる場合もございます。
そのため、なかなか元に戻らないようでしたら、手で元に戻してあげる必要があります。
充血がひどい場合には水をかけてやさしく冷やしながら戻すと戻る場合もあります。
どうしても戻らない場合や、うっ血や腫れがひどい場合、出血が見られる場合、
たびたび同じような状況を繰り返す場合などは
炎症や化膿を起こしている可能性もありますので、受診していただいた方がよろしいでしょう。
また、液体がぽたぽた出る場合、精液の可能性もありますが、
膀胱炎や前立腺炎、前立腺嚢胞、包皮炎などでも同様の症状が見られることがあります。
tora様におかれましては、以前、受診をされたように承っておりますが、
くりかえし症状が見られるようでしたら安心のためにも再度、受診されることをお勧めいたします。

男の子のワンちゃんには特に決まった発情期というものはなく、
発情中の雌犬ちゃんのフェロモンの臭いで、いつでも発情します。
ワンちゃんの嗅覚はとても優れていますので、
かなり離れた距離でもフェロモンの臭いをかぐことができるといわれています。
今回ブルドッグちゃんに見られた症状も発情に伴ったものと考えられますが、
同様の症状を何度も繰り返すようでしたら、
性的なストレスから解放してあげるためにも去勢手術を行うのも一つの方法でしょう。

また何か気がかりなことがございましたらご相談下さい。
どうぞお大事になさって下さい。
今後ともアニコムを宜しくお願い申し上げます。



ドッグフードについて

投稿者:maraika

投稿日:2012/04/30(Mon) 11:27

No.1314

9ヶ月のトイプードルですが元々偏食気味で以前から悩んでおりましてドッグフードに鶏肉もも肉ミンチを混ぜて与えて前は何とか残しながらも食べてたのですが最近は肉ミンチだけを食べドッグフードは殆ど残しそれが数日続いています。二週間後に膝蓋骨脱臼の手術もひかえていますので入院の時ご飯はどうしたらいいのかわかりません。術後のことも考えこの先どうしたら食べてくれるようになるでしょうか・・・よろしくお願いします。

Re: ドッグフードについて

- ペット栄養管理士 三留

2012/05/02(Wed) 18:36

No.1317

maraika 様

木々の緑が目にまぶしい頃ですが、maraika 様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。
この度はご相談を頂戴致しまして誠にありがとうございます。
トイプードルちゃんは、小さいときから偏食気味で、鶏モモ肉のミンチを和えて
与えていらっしゃるものの、最近ではドッグフードを残すことが続いているとのこと、
膝蓋骨脱臼の手術を控え、ご心配なお気持ちお察しいたします。
以下、ご案内させて頂きたく存じますが、トイプードルちゃんの詳しいご様子が
分りかねるため、一般的なご案内になりますことを何とぞご了承下さいませ。

<嗜好性を増しながら、ドッグフードを食べるようにする>
ドッグフードに和えている鶏ミンチはお湯で煮たり、油で炒めたりして
いらっしゃるのでしょうか。
ドッグフードにも美味しい匂いが移り、ドッグフードとお肉が一体のものと見えるように、
煮汁のままで和えたり、調理をした鶏ミンチをよくかき混ぜていただければと存じます。
あるいは、煮汁でドッグフードをふやかしたり、ドッグフードをつぶして与えたり、
ウェット・タイプの総合栄養食を利用なさるのもよろしいかもしれません。
なお、お肉やお野菜を和える際に注意いただきたい点ですが、
総合栄養食であるドッグフードには、すでに栄養のバランスが整えてあるため、
加える食事の量は全体の1割程度に抑えていただくことで、栄養のバランスを
崩さないようにしましょう。

<食べたく思わせてしまう、対応方法のポイント>
1. 「いつでも食べられる」と思わせない
maraika様はトイプードルちゃんがドッグフードを残したとき、
どうなさっていらっしゃいますでしょうか。
トイプードルちゃんがお食事を残してしまうと、心配になってしまい、ついつい声を
かけてしまいますが、このことが、かえって、食べないでいると、構ってもらえるという
ご褒美を与えてしまうことになってしまうことがあります。
また、出したままにしておくことで、ドッグフードが空気に触れ、食感や風味等が
落ちることが懸念されますし、いつでも食べられると思うと、食事は後回しにして、
目の前にある別の興味のあることに夢中になってしまうことがあります。
食べなくても、知らん顔をしていたほうがよろしいでしょう。
出してから15分〜30分くらいで片付けてしまい、「ママが出してくれたときに、
食べないと、困る」と思わせてしまいます。
食べ方が少なくて心配なときは、1〜2時間したら、再度、食事の時間にしても
よいでしょう。
食事のスタートはいつでも、「オスワリ」「マテ」「ヨシ」という合図から始め、
「ママのお蔭で食べられること」を教えてあげましょう。
さらに、「マテ」から「ヨシ」にいたる時間を、トイプードルちゃんのお口からよだれが
出るくらいじらすと、ワンちゃんの体の食事を受け入れる態勢を
万全にさせることができるといわれています。

2.「食べることが楽しい」と思わせる
食べることが嬉しくなるように、少しでも食べたら、「美味しいね」「お利口」などと
声をかけてあげましょう。
また、一度に食べさせたい量を最初から食器の中に一度に入れてしまうのではなく、
食べたら、褒めてあげながら、少しずつ入れていただいてもよろしいでしょう。
また、食事をさせることが飼い主様にとって心配な時間になってしまうと、
食事の時間に重い雰囲気が漂ってしまうことがあります。
食事は楽しい時間であると思わせるためにも、明るい雰囲気を作ってあげましょう。

3.運動量を増やす
トイプードルちゃんは2か月後にお膝の手術を控えていらっしゃるとのことで
ございますので、お散歩の制限もなさっていらっしゃるのでしょうか。
抱っこをして、お天気の良い日にお散歩をしていただき、
気に入りのお散歩などで、無理のないように、少し下ろしてあげるなど、
少しで体を動かしたり、気分転換をさせてあげ、できるだけ、
お食事の時間を「お腹が空いているから、おいしい」という時間にしましょう。
なお、食前や食後の運動によって嘔吐をしてしまうことがあります。
少なくとも食前・食後30分の激しい運動は控えましょう。

4.フードをオヤツ代わりにする
フードを少し取り分けてお持ちいただき、お利口なときご褒美の代わりに与えて
いただくと楽しい雰囲気に思わず食べるかもしれません。

<入院時のお食事について>
トイプードルちゃんは2週間後に膝蓋骨脱臼の手術をなさるとのことでございますね。
入院期間のお食事については、病院さんにもよりますが、個々の状況の相談に乗ってくださる
場合もございますので、一度、かかりつけの動物病院さんにご相談いただければと存じます。
また、ワンちゃんの中には、お家ではフードを食べようとしなかったのに、
病院ではペロッと食べる場合もございます。
まだ、2週間もございますので、様子をご覧いただければと存じます。

maraika 様のワンちゃんは現在、子犬用のお食事を与えていらっしゃるということで
よろしいでしょうか。子犬用のお食事は成長と健康維持のために栄養価やカロリーが
たっぷりと含まれていますし、ドッグフードの容袋に印刷されている分量もあくまでも、
目安でございます。
適量は、個々のワンちゃんの運動量や飼育環境などに、さまざまな要因で
個々のワンちゃんによって変わってきます。
また、個体差はございますが、ワンちゃんはほぼ生後一年間で成犬となります。
9か月になる頃といえば、ヒトでいえばそろそろ思春期を迎える頃にあたり、
そろそろ身体的な成長が落ち着いてくるころです。
そのため、食欲の低下がある程度みられるのはごく通常のことともいえます。
食が細いワンちゃんもいれば、大食漢の子もいるのは人間と同じです。
maraika様におかれましては、トイプードルちゃんの手術も控えて
たいへんでございますが、ワンちゃんは、飼い主様の気持ちをたいへんよく感じ取りますので、
ゆったりとした気持ちで、トイ・プードルちゃんを守り支えていただければと存じます。
アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、しつけ相談
サービスを承っております。お気がかりなことがお有りの際には、ぜひご利用くださいませ。

お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

時節柄、maraika様におかれましてはくれぐれもお身体をご自愛くださいませ。
今後ともアニコムを宜しくお願い申し上げます。



無題

投稿者:tora

投稿日:2012/04/26(Thu) 19:32

No.1311

3歳のブルドッグ♂です。

4月に転勤になり家族で引っ越しして1か月になりますが引っ越してから元気はあるのですがご飯をあまり食べなくなりました。
やはり環境が変わったのが原因でしょうか?

Re: 無題

- ドッグライフカウンセラー 三留

2012/04/27(Fri) 17:57

No.1312

tora様

新緑が鮮やかな頃ですが、 tora様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
この春、お引越しをされたとのことでございますね。新しい環境はいかがでしょうか。
ブルドッグちゃんを伴ってのお引越しですので、たいへんだったのではないでしょうか。
この連休はお疲れを取るには最適でございますね。
くれぐれもお体ご自愛ください。

お引越しをされてから、ブルドッグちゃんに食欲不振のご様子がみられるとのこと、
ご心配でございますね。
ただ、一般的にワンちゃんは環境の変化に敏感ですので、
お引越し後などに食欲不振などが見られることはよくございます。
元気はおありとのこと、食欲以外の体調は良好ということですので、
もうしばらく様子をご覧になられてはいかがでしょうか。
新しい環境の中に、「ぼくの好きな場所」と感じられる場所がたくさんできて、
リラックスをして生活を送れるようになると
食欲がまた戻ってくるのではないかと存じます。

以下、ブルドッグちゃんが新しい環境に馴染むためのポイントをご案内させていただきます。
ご参考にしていただければ幸いです。

1. 「食べると、楽しい」と思わせる
大事な我が子が食べないでいると、心配でたまらなくなりますので、
ついつい、「どうして食べないの?」と声をかけてしまいますが、
このことが、意に反して、食べないことにご褒美を与えることになってしまっている場合が
ございます。
食べたことに対して、「すごいね」「美味しいね」と褒めてあげましょう。

2. 今まで使っていた、馴染みのあるものを使う
ブルドッグちゃんが今まで使っていた馴染みのあるタオルなどを
食器の下に敷いたり、ケージの中に好きなクッションを置くなど、
生活環境に対して「ホッとする」と思わせてあげましょう。

3. ゆっくりと待つ
お散歩にいっても、知らない匂いに最初のうちは戸惑っているのかもしれません。
また、お部屋の匂いも今までの匂いとは違いますので、ブルドッグちゃんはどうしても
緊張をしてしまうかもしれません。
新しい環境に、少しずつ、楽しい記憶を積み重ねながら、馴染んでいきますので、
ゆっくり待ってあげましょう。

4. 安定した生活のリズムを繰り返す
ワンちゃんは、安定した生活を繰り返すことで安心感を得ます。
生活を繰り返す中で、大丈夫だと安心させてあげましょう。

5. tora様が余裕の笑顔を見せる
心配だな、とブルドッグちゃんが思っても、
「ママが楽しそうだから、このお家は安心なんだ」と思える表情を
ブルドッグちゃんに見せてあげましょう。

なお、お散歩道にも慣れ、
また新しいお家にも馴染んできているのにもかかわらず
食欲が戻らないようでしたら、
体調不良である可能性もございますので、今後の様子をご覧になられた上、
ご安心のために一度、獣医師さんにご相談をいただくことをお勧めいたします。

色鮮やかな景色に春を感じながらのお散歩が楽しい季節ですね。
ブルドッグちゃんが早く新しい環境に馴染み
楽しく生活をされることを心からお祈りいたしております。

また、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、しつけ相談
サービスを承っております。お気がかりなことがお有りの際には、ぜひご利用くださいませ。

お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

今後ともアニコムを宜しくお願い申し上げます。