教えて!アニコム損保!しつけ・健康相談 皆様のご質問にお答えいたします。

ご注意

回答までのお時間は3営業日以内とさせていただきます。
緊急を要する健康相談の場合は、すぐに動物病院を受診してください。
直接どうぶつさんのご様子を拝見しておりませんので、一般的なご案内となりますこと、また、投稿フォームにはURLを入力できない設定となっておりますことをご了承ください。

証券番号

  • (記入例:S00123452)

  • ご入力いただいた証券番号は公開されません。

ニックネーム

タイトル

コメント

  • URLはご入力いただけません。

添付File

暗証キー

  • (英数字で8文字以内)

投稿キー

  • (投稿時 投稿キー を入力してください)

文字色

犬歯が抜けた?

投稿者:しゅーまま

投稿日:2012/11/07(Wed) 10:15

No.1758

1歳6ヶ月、ロングコートチワワ、男の子です。(去勢済)もともと、歯は理由はわからないですが、永久歯がはえないところが多く、かかりつけの先生に犬歯は4本ともこのままずっと乳歯のままだと思うと言われていました。今日口の中をみたところ、下の犬歯が2本ともありません。かといって永久歯がはえてきている感じではなさそうです。乳歯のままの歯が多いので(二枚歯ではなく永久歯がはえてこない)たとえばひづめなど硬いものは食べさせないようにしています。ご飯はドライフードですがそこまで硬くないと思います。小さい頃はおもちゃでも硬いものを噛んでいましたが、最近はかませないようにしているし、興味もそんなになさそうです。永久歯がはえてきたわけではないのに、乳歯しかない犬歯が抜けてしまうことはあるのでしょうか?折れた形跡もなく、化膿しているという感じでもありません。
口の中は歯磨きをしてチェックしていますが、奥歯のほうに歯石がつかないかばかりをきにしていて、あたりまえにある犬歯がなくなっていたことに気づくのが遅れました。
大丈夫でしょうか。

Re: 犬歯が抜けた?

- 獣医師 山田

2012/11/08(Thu) 15:24

No.1760

しゅーまま様

この度はご相談を頂きまして、誠にありがとうございます。
ロングコートチワワちゃんは永久歯が生えてきていないところが多く、残っていた乳歯が抜けてしまい
ご心配をなさっていらっしゃるとのことでございますね。
お問合せにつきましてご案内させて頂きますが、
実際のご様子を拝見していませんので、一般的なご案内となりますことをご了承ください。

ワンちゃんの歯は、一般的に生後6〜7カ月頃にかけて乳歯から永久歯に生え変わります。
乳歯は下から永久歯が生えて押し上げられることで抜け落ちますが、生え変わりの時期を過ぎても
乳歯が抜けず永久歯も出てこない場合も特に小型のワンちゃんの場合は、比較的よくみられます。
この場合、永久歯そのものがない欠歯や永久歯はあるが歯肉や顎骨に埋もれてしまっている状態
である埋伏歯の可能性があり、口腔のレントゲン検査で調べることが可能です。

埋伏歯とは、歯肉の肥厚、歯の位置の異常、スペースが足りないなどの原因により、
生えるべき永久歯が顎骨や歯肉下に埋もれた状態を指します。
早期に発見された場合、乳歯を抜歯・歯肉を切除するなど生えやすくする処置を行うこともありますが、
歯の生え出る力が弱いためそのまま歯肉内に留まるケースも多いようです。
また、欠歯は先天的に永久歯が無い状態を指します。小型犬の欠歯は埋伏歯に比べ
発生頻度は高いようです。
乳歯は抜けずにそのまま残りますので、ワンちゃんは乳犬歯のまま一生を過ごすことになります。

さて、しゅーまま様のロングコートチワワちゃんは、永久歯が生えていない乳犬歯が抜けたとのことでしたね。
今回、折れた形跡もなく、化膿も見受けられないとのことなので、
おそらく乳犬歯が抜け落ちたのではないかと思います。
先ほどご説明しました埋伏歯であればこれから生えてくる可能性もあるかもしれませんが、
歯の生え出る力が弱いためこのまま生えてこない可能性もございます。
欠歯の場合は永久歯がありませんので犬歯は生えてはこないことになります。
犬歯が無いことに関して不安に思われるかもしれませんが、
お食事の際に、実際に大切な働きをしている歯は上顎の第4前臼歯と下顎の第1後臼歯の
裂肉歯(機能歯)であり、犬歯は物をしっかりとくわえたり、引っ張って引き裂く時に使われますが、
あまり使われることはございません。
ワンちゃんが大昔、狼のように狩を行っていた頃は、犬歯は肉を引きちぎるために必要不可欠でしたが、
現在ドックフードを食べているワンちゃんでは犬歯は必ずしも必要ではありません。
犬歯がなくても、生活の中で不便は特にございませんので、大丈夫ですので、ご安心ください。

これからは、残っている歯の歯周予防(歯磨きなど)を継続して頂けたらと思います。
しゅーまま様のお話では犬歯が折れたり、口腔内が細菌感染をおこしている様子ではないようですが、
検診の際など、動物病院さんでも一度確認して頂けたらと思います。

時節柄、体調管理が難しい頃ですが、
しゅーまま様におかれましては、くれぐれもお体ご自愛ください。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、しつけ相談
サービスを承っておりますので、ぜひご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。
今後とも、アニコムをよろしくお願い申し上げます。



トイレのしつけ

投稿者:moco

投稿日:2012/11/06(Tue) 20:42

No.1757

3か月と2週間のトイプードルの女の子です。我が家に来た時から、サークル内ではきちんと、トイレトレーの中でおしっこをしていましたが、最近、トイレトレーの端のほうにすわっておしっこをしたり、トイレトレーの外でおしっこをするようになってしまいました。トイレトレーの置く場所とか関係があるのでしょうか?解決策を教えて下さい

Re: トイレのしつけ

- ドッグライフカウンセラー 三留

2012/11/08(Thu) 15:18

No.1759

moco 様

紅葉の美しい頃でございますが、
moco様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
この度はご相談を頂戴いたしまして、誠にありがとうございます。
早速ご案内させていただきますが、一般的なご案内となりますことを
ご了承下さい。

3か月と2週間のトイプードルちゃんが、トイレでのオシッコができていたのに、
トイレの端の方でしたり、トイレトレーの外でオシッコをするように
なったとのことでございますね。
ワンちゃんは、環境の変化に敏感なところがありますので、
些細なことで、できていたトイレでの排泄ができなくなることがみられます。
ワンちゃんは、足の裏の感触・場所・匂いというさまざまな要素が相まって
トイレを覚えるといわれています。
moco様は、トイレの場所についてご心配なさっていらっしゃるご様子ですが、
トイプードルちゃんは、どこがトイレかを理解していたご様子ですし、
場所というより、たまたましていたときに、何か具合の悪さを抱いた
経験をしたのかもしれませんね。
以下、考えられる原因をあげさせていただきます。
1.オシッコをしようとしたら、濡れていた、トレーが動いて怖いなど、嫌なことがあった
ワンちゃんの中には、トイレシートでしようとしたとき、
濡れていて気持ちが悪いなど、嫌なことがあると、
同じ場所ですると、また嫌なことがあるのではないかと、躊躇することがみられます。
また、ガタリと動いたり、何か怖いことがあったのかもしれません。

2.トイレから外れたところでオシッコをしようとしたら、声をかけられた
トイレ以外で排泄をしようとしたり、してしまったときに、声をかけられたり、
叱られたりすることで、戸惑った経験から、どこでしたらいいのか分からなくなる
ことがあります。

特に小犬ちゃんの場合は、どこでトイレをしていいのかが分からなくなることは、
良くみられますが、いずれにせよ、とにかく偶然でも、トイレで上手く
オシッコができたときを見つけて、褒めることが重要です。
今の時点でトイレの位置を動かすよりは、このままの状況で、上手くいったときだけ、
褒めていただくとよろしいでしょう。
注目をしたり、声をかけていただくことなど、mocoちゃんが喜ぶことも
ご褒美となります。また、トイレのシートも濡れていたら片付けてあげましょう。
トイプードルちゃんが、トイレでしようとしているとき、「トイレの端なので、もう少し、
真ん中でしてほしい」という状況であっても、足がトイレトレーの上にあれば、
成功のうちだとお思いいただき、まずは褒めてあげましょう。
オシッコをする位置を変えたいときは、急に体の位置を押して動かそうとすると、
びっくりしてしまうかもしれません。
状況に応じて、優しく体の位置をトイレの真ん中に誘導していただだき、
上手くいったら、特上の褒め方をしてあげましょう。
好きなオヤツやオモチャなどを利用なさってもよろしいかもしれません。

トイレ以外のところでしそうなとき、「違うでしょ」などと声をかけることで、
注目してもらえると思わせてしまうことがあります。
また、粗相を叱った場合、叱られたけど、何がいけないのか分からず、
オシッコをすることそのものがいけないことだと思ってしまうこともみられ、
飼い主様の目を盗んでオシッコを隠れてすることがみられます。
もし、トイレ以外のところでしてしまっても、声をあげたり、叱ったりせず、
何事もなかったかのように、片付けてしまいましょう。

中には、飼い主様の片付ける行為そのものが楽しくて
トイレ以外のところでする場合もございます。
あるいは、片付けの際、ケージから出してもられることが楽しいと思う
ワンちゃんもいます。片付けるときにも、なるべく、何もなかったかのようになさったほうが
よろしいでしょう。

トイプードルちゃんは愛らしくて、たまらないほどなのではないでしょうか。
トイプードルちゃんのお健やかなご成長を心からお祈りいたしております。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、しつけ相談
サービスを承っておりますので、ぜひご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

時節柄、moco様におかれましては、くれぐれもお体ご自愛くださいませ。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願い申し上げます。



猫の度重なる粗そうに困っていま...

投稿者:ま〜

投稿日:2012/11/04(Sun) 01:14

No.1753

はじめまして。満2歳になるスコティッシュの男の子の粗そうに困っています。
生後9ヶ月で去勢をしたのですが、去勢前に始まった粗そうが中々おさまらず、半年前からエスカレートしてきて毎日の様に私達の寝室で粗そうのそぶりをみせたり、目を離した隙を狙って粗そうを繰り返します。
じっくり観察して気付いた事は同居猫(1歳半 ミックス ♂)との相性が悪く、激しいケンカをした後や、トイレを同居猫に先に使われた時、長時間の留守番をさせた後、自分の要求がすぐに通らない時などに多く見受けられる様です。
現在の環境は夫婦2人と猫2匹、子供はいません。
トイレが2つ(使ったら即片付け、月1回は砂を総入れ替え)

粗そうを繰り返す場所に背丈の低いハンモック付きのタワーを設置し遊び場にしてみましたがそのタワーのハンモック部分に粗そうされてしまいました....。
ありとあらゆる事を試してみましたが一向におさまる気配がありません。
間違っているのかもしれませんが、寝室で粗そうしそうになった時におやつで気をそらせご機嫌をとり、何とかトイレに行く様促し、キチンとトイレを使ってくれたら又少しご褒美をあげています。遊びも1日1回30分程たっぷり遊んでいます。

ネット等で調べた所、一番当てはまるのは『縄張り意識が強いタイプ』に一番近い様に感じます。

性格は割と勝ち気ですが内弁慶で見知らぬお客さんには極度に恐がります。

正直な所、こうも毎日続くとかなりのストレスになってしまって.....。

粗そうを上手く回避するにはいったいどうしたら良いのでしょうか?
それとも性格だからとあきらめなければならないのでしょうか(涙)

何かいい方法がございましたらアドバイスをお願い致します。


Re: 猫の度重なる粗そうに困って...

- ドッグライフカウンセラー 三留

2012/11/06(Tue) 15:28

No.1755

ま〜 様

秋の深まりを感じる頃でございますが、
ま〜様におあれましてはいかがお過ごしでしょうか。
ネコちゃんたちは、日向ぼっこを楽しんでいらっしゃいますでしょうか。
このたびはご相談をいただきまして誠にありがとうございます。
早速ご案内させていただきますが、一般的なご案内となりますことを
ご了承くださいませ。

子猫ちゃんが成長して性的に成熟する頃になると、
通常の排泄以外にも、縄張りや自己の存在の主張等のためにオシッコを
することがあります。
この行為はマーキングとも、また、少量のオシッコを垂直の物に対して立ったまま、
後方に向かって吹き付けるように飛ばしますので、スプレー行為とも呼ばれます。
マーキング時のオシッコは強烈で独特な臭いがします。
まず、ま〜様がお困りのスコティッシュ・フォールドちゃんの行動は、
このマーキングと仮定をして、ご案内をさせていただきます。

マーキングは、発情期の女の子の匂いに誘われてする場合もありますが、
ま〜様がおっしゃるように、他にも「縄張りへの主張」が関わっている場合、
環境の変化などがあり不安感を抱いており、マーキングにより匂いをつけることで
「不安を軽減」しようとする場合や「特別な関心」があるものにする場合もあります。

ま〜様のスコティッシュ・フォールドちゃんは去勢の手術をなさった後も続いている
とのことでございますね。
すでに去勢手術前にマーキングがみられるネコちゃんの場合、
去勢後も、すでにマーキングが行動として記憶に残り定着しており、
手術後も続くことが多いようです。
ただ、男性ホルモンの出方自体が変化するわけですので、
だんだん頻度等が緩和していくことが多いようです。
女の子にもマーキングがみられることもあるように、男性ホルモンの影響というよりも、
マーキングをする背景に、不安や縄張りを主張する要因がある場合には、
頻度等の緩和もみられないケースも多くみられます。
この場合には、不安要因の影響をなるべく感じないようにする、
また縄張りを主張しなくても済む環境を作ることが大切でしょう。

ネコちゃんは、たいへん縄張り意識の強いどうぶつでもありますし、
相性のよくないネコちゃん同士が、常に意識しながら過ごすというのは
たいへんストレスが強いということが考えらます。
まずは、ま〜様のネコちゃんたちのストレスを緩和することが重要でございます。
以下、ご対応につきましてご案内をさせていただきますので、
ご参考になさっていただければ幸いでございます。

1. 安心できる場所を作る
お家の中で、お互いに縄張りを上手に住み分けできているか環境を見直してみましょう。
もし、上手く住み分けができていないようでしたら、
隠れる場所、好みの場所など、好むような場所を幾つか増やしてみましょう。

ネコちゃんが体そのものをすっぽりと隠してしまえる場所もあるとよろしいでしょう。
特にネコちゃんは高いところが好きですが、取り合いになるような場所があれば、
それと同じような場所をもう一か所ご用意いただくのもよろしいでしょう。
様子によっては、過ごすお部屋を分けてしまったり、ケージを利用なさるなど、
過ごすスペースそのものを、分けるのもよろしいかもしれません。
お留守番の後に、粗相をすることが多いとのことですが、
お留守番のときだけ別々の部屋で過ごさせてあげるのもよろしいかもしれません。
お留守番のときだけ別々のケージで過ごさせ、
それぞれ専用で使えるトイレをケージの中に用意しておいてあげるのもよろしいでしょう。
また、爪とぎも自分の匂いをつけ、安心するという行動ですので、
お気に入りの爪とぎがお部屋にあるかをチェックしてみましょう。

2. それぞれの子専用のトイレを作る
現在、トイレの取り合いはしていませんでしょうか。
自分がしようと思ったら、もう一頭のネコちゃんがしてしまうようなことがないように、
トイレをもう少し増やしてはいかがでしょうか。
一般的に、トイレの個数は頭数プラス1個といわれていますが、
ま〜様のネコちゃんの場合、共有で使わなくても、
それぞれのネコちゃん用のトイレにすることができるように、
もう少し、増やしてあげてもよろしいかもしれません。
また、なるべく臭いを残さないように、トイレの砂を全部取り替える頻度を
もう少し多くなさってもよろしいかもしれません。

3. 粗相をした後、騒いだり、叱ったりしない。
汚れた場所は素早くふき取り、なるべくニオイや跡を残さないようにしましょう。
ただ、その場所に、アルコールや匂い取りの薬剤などを使うと、
今度はその匂いに反応して粗相を誘発してしまうことになりますので
ご注意いただければと存じます。
粗相を目にしても、声をあげたり、叱ったりしないようにしましょう。
粗相をしそうなときには、オヤツでトイレに誘導して、トイレでしたら褒めて
いらっしゃるとのことでございますね。
他のことに気をひき、トイレですることを褒めるためにはよろしいかと存じます。
粗相をしようとすると、構ってくれるという雰囲気を伝えないようにするため、
なるべく、騒がす、静かな雰囲気で誘導なさるとよろしいでしょう。
あるいは、ぬいぐるみを投げるなどネコちゃんの意識を他のものやことに
そらすようにするのもよろしいかもしれません。

4.粗相を繰り返す場所で食事をさせる
今までにない匂いや物などに不安を感じると、粗相をする傾向がどのネコちゃんにみられます。
また、一方で、その場でお食事をさせると、その場所で粗相をしなくなる傾向がみられます。
いつも粗相をする場所でお食事をさせたり、スコティッシュ・フォールドちゃんの食器を置いておく
のもよろしいでしょう。
また、ふかふかの布団や布製品など、特定の足触りのものに好んで排泄をするネコちゃんも
いますので、ビニールシートで覆ったり、アルミホイルを揉んで敷いてみたり、
粘着テープを貼るなどをして、その場所を行きたくない場所にするのもよろしいでしょう。

5.焼きもちをやく場面を作らない
もう一頭のネコちゃんとの関係を見直していただき、
もし、スコティッシュ・フォールドちゃんが先住猫ちゃんであれば、すべてのことに、
スコティッシュ・フォールドちゃんを優先していただくとよろしいでしょう。

これまで、スコティッシュフォールドちゃんの粗相が、マーキングということでご案内をさせて
いただきましたが、不適切な場所での排泄行動の場合も、不安に思っているであろうことや
物があればできるだけ安心して過ごせる環境を作っていただくことがまず、重要でございます。
これ以外にも、スコティッシュ・フォールドちゃんのトイレの砂の状態やトイレの大きさや形状等が
気に入っているのかをご確認ください。
承ったご様子では、トイレでなさることもあるようですので、スコティッシュ・フォールドちゃんは
トイレについては理解しているのではないでしょうか。
粗相を構ってもらうことと感じているようであれば、トイレでなさったときだけ、褒めていただくことは
続けていただければと存じます。

また、ネコちゃんの不安感が強いことがマーキングの原因になっている可能性が高い場合には、
環境の改善と合わせて、不安を軽減するためのサプリメントや抗不安薬などの薬物療法を
併用することで良い結果が得られる場合もあります。
一度かかりつけの先生にご相談されてみるとよろしいかもしれません。

なお、膀胱炎や尿路結石などの泌尿器疾患においても、
同様の、トイレ以外の不適切な場所での排泄がみられることもございます。
そのような疾患にかかっていないことを確認するために、
念のため一度動物病院さんで尿検査をお受けになるとご安心かと存じます。

たいへんではございますが、頑張ってください。応援いたしております。
なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、
しつけ相談のサービスを承っております。気がかりなことがおありの際には、
ぜひご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

時節柄、ま〜様におかれましては、お風邪など召されませぬよう、
くれぐれもお体ご自愛ください。
今後ともアニコムをよろしくお願いいたします。



ドッグフードと体重

投稿者:はっしー

投稿日:2012/10/31(Wed) 19:59

No.1751

8ヶ月のマルチーズです。ドックフードに書いてある体重が現在の体重なのか、標準サイズの体重なのか悩んでいます。
マルチーズが標準2.5〜3kgなので、その間でドックフードをあげていました。
この前病院に行って体重を測ったら、3.9kgありました。
でも、肥満ではなく、あばら骨も背中も手に当たります。
先生にも肥満ではなく、「大きくなる子」と言われました。
現在は、パピー用をあげています。
私は、健康に育ってくれれば、大きくても全然かまわないのですが、肥満は困ります。
4kgだとあげる量もかなり違います。
ドックフードは、現在の体重であげた方がいいのでしょうか?
よろしくお願い致します。

Re: ドッグフードと体重

- ペット栄養管理士 三留

2012/11/01(Thu) 16:47

No.1752

はっしー 様

この度はご相談を頂きまして、誠にありがとうございます。
爽やかな秋風を感じながらのお散歩が楽しい季節でございますね。
マルチーズちゃんは元気にお散歩を楽しんでいらっしゃいますでしょうか。

この度はご相談をいただきまして、誠にありがとうございます。
マルチーズちゃんは、先日、体重を測ったら、3.9kgだったとのことで、
お食事量についてご心配をなさっていらっしゃるご様子ですね。
概して、男の子のほうが女の子より体格が大きく、体重がある傾向がみられますが、
同じ性であっても、骨格はみな違います。
したがいまして、体重だけでは、太り気味なのか、痩せ気味なのかを評価することは
難しく視覚と触覚で判断をいたします。
そのためのボディ・コンディション・スコア(BCS)という基準が推奨されております。
(詳細については、しつけ・健康相談サイト「どうぶつ相談室」の次のページを
ご参考になさってください。http://www.anicom-page.com/labo/2009/10/1-15.html
ボディ・コンディション・スコア(BCS)では、胸のところを触って肋骨が触れるかどうか、
骨格の大きさ、筋肉あるいは脂肪のつき具合などを総合的に見て、
「太っているかどうか」を判断することになります。
はっしー様のマルチーズちゃんは、触ったとき、あばら骨も背中も手に当たるとのことですので、
おっしゃるように、肥満とは程遠く、骨格がしっかりとした、お子様のようでございますね。

さて、お食事のフードの袋に印刷されている分量ですが、
パピーちゃん用のフードの場合、ワンちゃんの現体重と月齢を目安にした量が記載されている場合や、
成犬時の予想体重と月齢を目安にした量が記載されている場合など、
フードのメーカーさんによって記載方法が違うようです。
ご不明な場合には、フードメーカーさんにお問い合わせ下さい。
特に詳しい説明がない場合には、現在のワンちゃんの体重に対する目安の量になると思います。

いずれにしても、記載の分量は大まかな目安と考えていただくものですので、
それぞれのワンちゃんの運動量や環境などにより調節をいただくことになります。
一般的に、体調が良い状態で、食事量が足りないときには、ウンチが固めに、
分量が多いとウンチが柔らかめになる傾向がみられます。
ウンチの状態をご覧になられながら、食事の分量を調節なさるのも一つのポイントです。

現在、はっしー様は、マルチーズちゃんにパピーちゃん用のお食事を与えていらっしゃる
とのことでございますね。
小犬ちゃんの時期は、成長と健康維持のために、特別に栄養価もカロリーもたくさん要する時期であり、
パピーちゃん用のお食事は、この要求にしっかりと応えたものです。
そろそろマルチーズちゃんは8ヶ月になられ、成長のペースがゆるやかになる頃ですので、
フードの種類によって、給与量を減らすように印刷されていたり、
そろそろ成犬用のお食事をお与えになられることを視野に入れられても
よろしい時期でございます。

ハッシー様はこれまでマルチーズちゃんに、2.5〜3sのワンちゃんの目安の分量のお食事を
与えていらっしゃったとのことでございますね。
マルチーズちゃんは体重が3.9kgとのことで、4kgのワンちゃんの目安の分量に増やした方が
よいのかお悩みでいらっしゃるとのことでございますが、
現在のお食事の量でマルチーズちゃんが特に痩せていたり、お食事が足りなくてお腹をすかせている
様子が見られないようであれば、その量がマルチーズちゃんにとって適量ということになりますので、
特に無理に増やす必要はないでしょう。
もし痩せ気味であったり、食事量が足りずにお腹をすかせている様子が見られるようであれば、
増やしていただいた方がよろしいですが、成長がひと段落してくる今の時期に急激に増やすのではなく、
少しずつ増やして様子を見ていただいたほうがよろしいでしょう。
その状態で、ウンチの状態や食後のマルチーズちゃんの様子などをご覧になりながら、
調節していただければと存じます。

ワンちゃんはほぼ一年間で成犬になりますが、成長が一段落しているにも
かかわらずパピーフードを与え続けてしまうと、今度は栄養過多で肥満などの悪影響が
生じてしまいます。したがいまして、マルチーズちゃんも時期をみて
成犬用のフードに切替えになられるのではないでしょうか。

成犬用のフードに切り替える時期は、フードにもよりますが、一般的には、
小型犬ですと8〜10カ月、中型犬では11〜12カ月、大型犬では12〜14カ月くらいが
目安になるでしょう。しかしながら、ワンちゃんの成長速度には個体差がありますので、
それぞれのワンちゃんで、最適な切り替え時期を見極める必要があります。
骨格の成長と体重の増加が一段落して、ある程度しっかりとした体が作られていると
判断されているかというのがポイントとなります。
なお、避妊手術や去勢手術を受けた場合、体内のホルモン値の変化によって、
カロリー要求量が減少し、太りやすくなるといわれています。これらの手術を受けた場合
には、体の成長具合も考慮しながらですが、手術からの回復時期を一つの目安として、
フードの切り替えを始める場合もあります。

食事の切替えのポイントは、突然、ある日変更するのではなく、
最初の日には、パピーちゃん用のものの中に成犬用のお食事を1割、次の日は2割・・・
というように、だんだん増やしていくようにしましょう。


肥満にならないように、マルチーズちゃんの健康を管理なさることは
たいへん大切でございます。マルチーズちゃんは素敵な飼い主様に守られて幸せで
ございますね。
肥満は、入るカロリーと出るカロリーのバランスが崩れることから始まります。
オヤツなどを含めて、一日に摂取するカロリー数とちょうど見合う運動量を確保することは
肥満防止のためにはたいへん重要です。
一般的に、肥満ということを視野にいれた際の理想的なお散歩は、一日2回
休まずに20分間歩き続けることだといわれておりますが、
運動を習慣付けることで、マルチーズちゃんの健康を守っていただければと存じます。
マルチーズちゃんのお健やかなご成長を心からお祈りいたしております。

昼夜の寒暖の差が大きく、体調を崩しやすい時期ですので、
はっしー様もマルチーズちゃんも、どうぞお体を大切にお過ごし下さい。
今後ともアニコムを宜しくお願い申し上げます。



歯の治療

投稿者:

投稿日:2012/10/27(Sat) 21:03

No.1747

 歯に歯垢があるのです。奥の歯が虫歯のような感じがします
 口臭も気になるのですがどうすればいいでしょうか?
 ちまみに、歯の治療に保険を使うことができますか?

Re: 歯の治療

- 獣医師 山田

2012/10/31(Wed) 14:02

No.1749

ぽ 様

この度はご相談を頂きまして、誠にありがとうございます。
ワンちゃんの歯に歯垢があり、奥歯が虫歯のような感じがするとのご相談でございますね。
お問合せにつきましてご案内させて頂きますが、
実際のご様子を拝見していませんので、一般的なご案内となりますことをご了承ください。

まず、ワンちゃんの歯周病についてお話させて頂きます。
歯周病の原因は歯垢の中に住んでいる細菌です。これが歯周組織に炎症を起こしていきます。
歯垢の成分は、食べ物の残りかすや口腔内粘膜が剥がれもの、口腔内の細菌であり、
とても粘調性の高いものでございます。
この歯垢は食後6〜8時間くらいで形成され、歯垢をそのまま放置しておくと、
約3〜5日くらいで唾液に含まれるミネラルと結合して
石のように硬い歯石と言われるものになっていきます。
歯石が歯の表面に付着することで、歯の表面がざらつき、
さらに歯垢がつきやすくなっていきます。
この状態を放置しておくと歯肉炎が起こり、歯肉の腫れや出血、口臭などの様々なトラブルを
引き起こしていき、歯肉だけに炎症が見られる歯肉炎が、さらに歯周組織まで及んだものが
歯周炎です。
中には、歯の根っこの周囲に起こった炎症が、口腔内粘膜や皮膚を溶かして穴が開けてしまう
「歯瘻(しろう)」と言われる状態や、上顎の歯の根っこの周囲で炎症に起因して、鼻との間にある
骨を溶かして口腔と鼻腔が貫通してしまうような「口鼻瘻管(こうびろうかん)」と言われる状態などが
引き起こされることがあります。
下顎の歯の炎症が進行すると、歯を支えている骨の吸収がおこり、
下顎の骨が薄くなり、硬いものを噛んだときに支えきれず、骨折することもございます。
こうした段階になると物をしっかり噛めなくなったり、口の痛みで食事が出来ないこともあります。

それでは、歯周病の予防をどうしたらいいかと言いますと、歯磨きの実施が一番効果があります。
しかし、ねっとりとした状態の歯垢なら歯磨きで落とせる可能性がありますが、歯石のように石のように
硬くなったものは歯磨きでは落とせませんので、定期的な歯磨きの習慣をつけていただき、
歯石になる前に歯垢を除去することが重要です。
また、歯周の炎症が強い場合などは歯磨きなどで口の中を刺激すると出血など起こし悪循環に
なることもあります。
歯石付着がひどい場合は動物病院さんでご診察をお受け頂き、状況によっては全身麻酔下で
歯石除去の処置が必要になってくるかもしれません。


ぽ様におかれましては、ワンちゃんの虫歯をご心配のご様子でございますね。
ワンちゃんは人間と比べると虫歯にはなりにくいと言われております。
理由といたしましては以下のようなことがあげられます。
1. ワンちゃんの口腔内はpHがアルカリ性で虫歯菌が繁殖しにくい。
2. 人の唾液には食べ物中のデンプンを糖に分解するアミラーゼという酵素があるが、
ワンちゃんにはこれが無いため、お口の中に糖があまりとどまらない。
3. 人の歯は臼のような形なので、噛み合わせの面の窪みに細菌が溜まりやすいが、
ワンちゃんの歯はほとんど薄くとがった形をしており、窪みが少ないので細菌が溜まりにくい。

ぽ様のワンちゃんは歯垢が付着し、奥歯に虫歯のようなものがあるとの事でございますが、
虫歯はワンちゃんには少ないと言われていることから、歯垢が付着して歯石になっている状態なの
かもしれません。
歯垢であれば前述したように、歯磨きで落とすことが可能な場合がございます。
歯磨き以外ですとデンタルガムやおもちゃを噛ませる事で歯の表面の弱い研磨作用が期待できる
ともいわれております。
また、リキットタイプ(飲水に少量混ぜるもの)や、スプレータイプ(口腔内に直接スプレーするもの)
もあり、これらで歯垢の付着予防が行えるようです。
ただし、堅すぎるオモチャやガム類は、歯が欠けたり、折れたりすることが懸念されますので、
ご注意いただければと存じます。

最近では、3歳以上のワンちゃんの85%が歯石の問題を抱えており、4歳以上のワンちゃんの約10%が
重度の歯周病に罹患しているとの報告があります。
お口の中の菌が血液に乗り、各臓器の疾患の原因となることもみられます。
歯周病に対するケアは大切ですので、歯周病予防のためにもお家での歯磨きを習慣付けて
あげましょう。(ワンちゃんの歯磨きについては、「どうぶつ相談室」の次の記事をよろしければ
ご参考にしてください。http://www.anicom-page.com/labo/2009/04/2-15.html  )
なお、ワンちゃんに虫歯は少ないとはいえ、ゼロではありませんので、一度かかりつけの
動物病院さんで診察して頂くことをお勧めいたします。

最後になりましたが、歯肉炎や歯周炎があり、抜歯や歯石除去が必要な場合には保険の
補償対象となりますが、予防や美容目的として行う場合は補償の対象外となっております。
また、症状があり全身麻酔をかけて行う歯科処置は手術扱いとさせていただいております。
まずは、動物病院さんで現在の口腔内の状態を確認して頂き、処置が必要か判断されては
いかがでしょうか。

朝晩の寒暖の差が大きい日が続いています。
ぽ様もワンちゃんもお身体に気をつけてお過ごし下さい。今後ともアニコムをどうぞよろしく
お願い申し上げます。
なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、
しつけ相談のサービスを承っております。気がかりなことがおありの際には
お気軽にご利用くださいませ。

お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。
今後ともアニコムを宜しくお願い申し上げます。