教えて!アニコム損保!しつけ・健康相談 皆様のご質問にお答えいたします。

ご注意

回答までのお時間は3営業日以内とさせていただきます。
緊急を要する健康相談の場合は、すぐに動物病院を受診してください。
直接どうぶつさんのご様子を拝見しておりませんので、一般的なご案内となりますこと、また、投稿フォームにはURLを入力できない設定となっておりますことをご了承ください。

証券番号

  • (記入例:S00123452)

  • ご入力いただいた証券番号は公開されません。

ニックネーム

タイトル

コメント

  • URLはご入力いただけません。

添付File

暗証キー

  • (英数字で8文字以内)

投稿キー

  • (投稿時 投稿キー を入力してください)

文字色

外で呼んでも来ない

投稿者:カイ

投稿日:2014/04/10(Thu) 18:03

No.3479

@マルチーズの1歳弱(5月生まれ)の男の子です。お散歩に行って、公園でリードを放したら、駆けずり回って、呼んでも来なくて捕まえるのに四苦八苦しました。どのように躾けたらよいのでしょうか。
82歳の母と暮らしていて、最近は自分本位になってきているように感じています。人間をなめているのか、叱ると隠れてしまいます。
また、最近はおしっこも失敗が多くなりました。


Aおちんちんの玉が1つしかありません。もう1つは体の中にあるといわれましたが、手術をした方が良いのでしょうか。去勢はしていません。

Re: 外で呼んでも来ない

- ドッグライフカウンセラー 三留

2014/04/15(Tue) 16:20

No.3481

カイ 様

若葉萌える頃でございますが、カイ様におかれましては
いかがお過ごしでしょうか。
カイ様のマルチーズちゃんは5月で1歳のお誕生日をお迎えになるのですね。
本当におめでとうございます。ご成長が楽しみでございますね。
愛らしさの中に少しずつ大人の雰囲気をお感じなのではないでしょうか。

この度はご相談を頂戴致しまして、誠にありがとうございます。
早速ご案内をさせて頂きますが、
一般的なご案内になりますことを何卒ご了承下さいませ。

【呼んでも来ないことについて】
マルチーズちゃんを公園で呼び戻そうとした際
つかまえるのに大変でいらっしゃったとのことでございますね。
公園はワンちゃんにとって、気になる物や気になることがたくさんある場所
ですし、マルチーズちゃんは好奇心旺盛で、有り余るほど元気いっぱいの
月齢ですので、追えば逃げるで、たいへんでいらっしゃったことと
お察しいたします。
このような状況で、ワンちゃんが呼んだら戻ってくるという状態をつくることは
かなり難しく、例えば、5年10年と共に暮らし、
「ウチの子はたいてい呼べば戻って来る」という関係であっても、
公園でリードから離れて夢中に走りまわっている状態のワンちゃんを呼び戻す
ことに、手を焼くということはよくあることかと存じます。
また、ワンちゃんは驚いたり、夢中になったりすると、周囲の状況に危険が
あっても見えなくなってしまい、思いもかけない行動をして、
ケガをしたり、迷子になるようなこともございますので、
万が一のことを考慮いただき、少しでも危険な要素がある場所では
リードを離さないようになさったほうが望ましいかと存じます。

「名前を呼ばれたら戻る」という状況を作るためには、
ワンちゃんに、自分の名前を呼ばれたときに、
「何かいいことがあるかもしれない。」という気持ちになるように
日頃からお接しいただくことが大切でございます。
このような気持ちを育む基礎作りのためには、アイコンタクトが大切でございます。
名前を呼ばれたときに、マルチーズちゃんがお呼びになられた方の目をみたら、
「お利口ね」「可愛いね」と優しく明るい声で答えていただくことが
たいへん重要でございます。
さっと振り向いたり、お呼びになられた方の顔をさっと見ただけであっても、
笑顔で応えていただくとよろしいでしょう。
「自分の名前を呼ばれて、反応したら、嬉しい気持ちになった」という経験を
たくさんさせてあげましょう。

このような経験に加えて、いつも過ごすリビングなど、マルチーズちゃんにとって、
静かにゆっくりできる場所で、カイ様やお母様が少しだけ離れたところから
マルチーズちゃんの名前をお呼びいただき、戻ってきたら、うんと褒めて
いただき、その後、オモチャで遊ぶなど、嬉しいことを経験させてあげましょう。
このとき、「オイデ」などという言葉をご利用なさってもよろしいでしょう。
いかにも、いいことが待っているよ、という雰囲気で、お呼びいただき、
呼ばれた声に反応してマルチーズちゃんが戻ってきたら、明るく、楽しい声で
褒めてあげましょう。
すぐに戻ってきたときと、時間はかかったけど戻ってきたときの褒め方には
差をつけるなどして、すぐに戻ってくると、より良いことがあることを
教えてあげてもよろしいでしょう。
どのような行動が望ましいか、分かりやすくするために、
リードをつけた状態にして、オイデとおっしゃったとき、
リードをそっとひくのも一つの方法でしょう。

また、反対に、「名前を呼ばれて行ったら、嫌なことがあった」というような経験
をすると、戻りたがらなくなってしまうかもしれません。
叱るときにはマルチーズちゃんの名前を呼ぶのではなく、
「ダメ」や「いけない」などと、叱るときに使うようにお決めいただいた言葉
でお叱りいただくとよろしいでしょう。
また、低くて、威厳のある落ち着いた声のトーンで叱ることが、
「いけないことをした」ということを伝えるためのポイントでございます。
用事があるときなど、ワンちゃんを追いかけたくなりますが、
逃げようとするワンちゃんを追いかけると
「逃げれば追いかけっこをしてもられって嬉しい」と思わせてしまい、
逃げることにご褒美を与えることになってしまうこともあります。
できれば、マルチーズちゃんが来たくなる状況を作り、
戻ってきたら褒めてあげるのが望ましいでしょう。

同時に、人の手や人の存在を「怖い」と感じる経験をさせないことも
重要でしょう。ワンちゃんは、人の手が頭上から降りてくる状況や、
後ろから急に手が伸びてくる状況に恐怖を感じます。
お世話をなさるときなど、マルチーズちゃんの体を触るときには、
できるだけこのような状況を作らないようにしましょう。
特に、マルチーズちゃんがケージの中で過ごしている時にお世話をなさる場合
にもご注意いただければと存じます。

特に小型犬のワンちゃんの目には、人の手は思いのほか大きく怖いもの
に映ってしまうことがあります。
お散歩のときなど、マルチーズちゃんのことを「可愛い」と、触りたがる方が
いらっしゃったら、相手の方にもしゃがんでいただいたほうがよろしいでしょう。
「可愛いから触りたいんだって、いい?」などと声をかけながら、
できれば相手の方の手をマルチーズちゃんの鼻のあたりに持って
いってみましょう。
マルチーズちゃんに相手の方の匂いをかがせて、安心させてあげ、
そっと胸や背中、首の付け根などをそっと撫でていただくように
お声掛けいただくとよろしいでしょう。

また、「いつも自分を守り、安心させてくれるカイ様やお母様のおっしゃる
ことは聞かなくては・・・」という気持ちを持たせることも併せて重要でしょう。
このためには、カイ様やお母様に主導権があることを事あるごとに
お示しいただくことも大切でしょう。

例えば、お母様とマルチーズちゃんがお留守番をなさっていたところに、
カイ様が帰っていらっしゃったとき、マルチーズちゃんがいくら嬉しそうにした
としても、先にお母様に声をお掛けになられてからマルチーズちゃんに
「ただいま」とお声をおかけいただくようにしましょう。
マルチーズちゃんがオモチャを持ってきて、「遊んで」と誘ってきたときも、
カイ様やお母様が「オスワリ」などと指示をしていただき、
指示に従ったから遊んでもらえたというようにマルチーズちゃんにお示し
いただき、主導権をカイ様やお母様が握るようにしましょう。

また、お散歩のときなどお玄関を出る前に、マルチーズちゃんに「オスワリ」と
指示をしていただき、指示に従い、落ち着いた状況になってから
お散歩にいらっしゃるとよろしいでしょう。
お散歩中はお母様やカイ様が先を歩くようにしていただき、
また車が通る道を歩く際などには、必ず、「オスワリ」などと指示をいただき、
カイ様やお母様が周囲の安全確認をなさってから
歩いてよいという指示をいただくとよろしいでしょう。
ワンちゃんにとって、真ん中で上の場所が優先度の高い場所ですので、
抱っこをなさるときなども胸から下くらいの位置で抱っこなさるとよろしいでしょう。
このように、カイ様やお母様が順序や空間を上手に主張しながら
マルチーズちゃんに、カイ様やお母様の指示に従うことの重要性を
伝えるようにしていただき、
「名前を呼ばれたから、反応しなくては・・・」という気持ちにさせてあげましょう。

【停留精巣(ていりゅうせいそう)について】
カイ様のマルチーズちゃんは現在1歳弱で、精巣が1つしか見られない
片側陰睾(潜在精巣)で、カイ様におかれましては
去勢手術を行うべきか悩んでいらっしゃるのですね。

精巣は陰嚢内にある、精子を作る機能を持つ生殖器官です。
精巣は出生時には腹腔内にあり、生後約30日で精巣が陰嚢内に下降し、
外側に2つの精巣を確認することができます。
一般的には生後6〜8週齢までには精巣の下降が完了すると言われていますが、
個体差があり、中にはかなり遅い場合もあります。
停留精巣とは、精巣の片側あるいは両側が適切な時期に陰嚢へ降下せず、
お腹に留まってしまう状態で、「陰睾(いんこう)」、「潜在精巣(せんざいせいそう)」
などとも呼ばれています。
片側の停留精巣は両側の停留精巣よりも多くみられ、
停留した精巣は中年期以降に腫瘍化する可能性が高いことが知られています。
また停留精巣は遺伝する可能性がありますので、繁殖に供さない方がよいと
言われています。
将来的に腫瘍化してしまう前に予防として腹腔内の精巣を摘出し、
正常に下降した精巣も一緒に摘出するのが一般的です。

カイ様のマルチーズちゃんはまだ1歳弱という事ですので、
今の時点ですぐに手術を行わなければいけないという訳ではないと思いますが、
病気を予防するという点では腫瘍化する前に手術をご検討いただくことを
お勧めいたします。

ただし手術には病気が予防出来るというメリットだけでなく全身麻酔をかけるという
リスクや手術後に太りやすくなるという事などもありますので、
手術を行うかどうかや手術の時期につきましては、
かかりつけの先生とよくご相談され、ご納得された上でご検討いただくのが
よろしいでしょう。

アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、しつけ相談
サービスを承っておりますので、ぜひご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

色とりどりの春の花が咲き、お散歩の楽しい季節でございますね。
カイ様におかれましては、マルチーズちゃんと素敵な春をお過ごしくださいませ。
マルチーズちゃんのお健やかなご成長を心からお祈りいたしております。
今後ともアニコムを宜しくお願い申し上げます。



Re: 外で呼んでも来ない

- カイ

2014/04/15(Tue) 16:31

No.3482

ご丁寧な回答ありがとうございました。



Re: 外で呼んでも来ない

- ドッグライフカウンセラー 三留

2014/04/16(Wed) 15:16

No.3484

カイ 様

この度はご丁寧にご返信をいただき、誠にありがとうございます。

お母様とカイ様の愛情に包まれ、マルチーズちゃんがお健やかに成長されますことを
心からお祈りいたしております。

なお、先日のご相談時、マルチーズちゃんのオシッコの失敗が
増えてきたとのお話もございましたので、以下の内容も
ご参考にしていただければ幸いでございます。

ワンちゃんは環境の変化に敏感なところがありますので、
今までトイレでの排泄ができていても、ちょっとしたきっかけでどこでしたら良いのか
分からなくなることが良くみられます。
原因としては、以下のようなことが挙げられます。

■「トイレシートでしようとしたら、シートが濡れていて足元が気持ち悪かった」
「トイレでオシッコをしようとしたら大きな音がして怖い思いをした」など、
トイレに対して嫌悪や怖いという感情を持つ経験をした。

■環境の変化により、排泄の場所などが分からなくなった。
「ケージ内のトイレの場所の移動」や「お部屋全体の模様変え」などの環境の変化
などばかりではなく、「自由に遊べるスペースを広げた」、「ご家族内の生活習慣の変化」
などの場合でも分からなくなることがある。

■ワンちゃんのもともとの習性としては、自分の生活スペースから離れたところで排泄をする
といわれているが、ワンちゃんの成長などによりだんだんケージの中などで排泄をするのを
嫌がるようになることもある。

■「ここは自分の場所だ」という自己主張でもあるマーキング。
※ マーキングとは、お散歩の時など自分の縄張りを他のワンちゃんに示すために目印
を付け、侵入者に警告を発しようとするもので、自分の臭いを他の子の臭いにかぶせることで、
自己主張をしようとします。
自己主張以外の原因としては、何らかの不安、ストレス、発情等にあるといわれています。

■粗相を飼い主様に叱られたことで、排泄行為そのものがいけないと思い、隠れたところで
排泄をするようになってしまうことがある。

■粗相を見つけた飼い主様が「あらーっ」と声を上げた様子を「注目を浴びたこと」、「ご褒美だ」
と思った経験があり、トイレではない所ですることがご家族の注目を浴びることの一つの手段
となっている。中には、粗相をしたときに、叱ろうとしたことを、ワンちゃんによっては
「騒いでくれてうれしい」と思うこともある。

■「叱られたときにケージにいれられる」、「お留守番のときにケージに入れられる」など
という記憶からケージが嫌いなところになってなり、ケージ内のトイレに戻ることを
躊躇するようになった。

■お部屋の中で遊んでいるときに、キッチンマットなど、トイレシートと似た感触のもの
があり、どこでオシッコをしていいのかが分からず、区別がつかなくなっている。

■泌尿器科などのお病気があることで、排泄のリズムが変わったり、
オシッコを我慢できなくなったりしている。
また、痛みや違和感への嫌悪感から、排泄を躊躇してしまっている。

このように、いろいろな原因が挙げられ、
お部屋の模様替えをしたり、ワンちゃんの生活のスペースが変わったりなど、
ちょっとした変化でも、混乱が生じて、トイレの場所が分からなくなることがございます。
さまざまな原因で「なかなか、トイレでの排泄がうまくいかない」というときには、
もう一度原点に戻っていただき、「どこで排泄をしたらいいのか」をマルチーズちゃんに
教え直してあげましょう。

まずは、把握いただいているマルチーズちゃんの排泄リズムをもとに、
「そろそろするかな」というタイミングで「トイレはここよ」などの掛け声とともに、
トイレに誘導してあげます。「出来たら褒める」ことを続けることが、
「どこでしたらいいのか」を教え続けることになります。
また、上手くいかなかったときに、あわてたり、騒いだり、叱ったりしないようにしましょう。
叱ったり騒いだりしてしまいますと、排泄行為そのものがいけなかったのかもしれない
と思い、人の見ていないところで隠れて排泄をしようとすることがございます。
また、叱られたり騒がれたりしたことが、「構ってもらえて嬉しいこと」となり、
色々なところで排泄をしようとするワンちゃんもみられます。

中には飼い主様が片付けるときの雑巾や手の動きを面白がるワンちゃんもいますので、
片付ける様子もなるべく見せないようしたほうがいいでしょう。
上手くいかなかったときは何もなかったかのように振舞ってください。

成功だけに目を向けていただき、褒めることで、成功の割合を少しずつ大きくして
いきましょう。
繰り返す中で、「自分からトイレへ行こうとするとき」がくるかと存じますので、
それまでは根気強く見守ってあげてください。
多少はみ出していても大目に見てあげて、トイレシートの上で少しでも排泄ができたら
うんと褒めてあげましょう。

また、いつも粗相をしてしまう場所が
決まっているのであれば、その上にトイレシートを敷くことで、
その場所をトイレの場所にしてあげるのも一つの方法かと存じます。
また、トイレがケージの中にある場合、ケージに戻ることに躊躇することを防ぐため、
ケージの中が好きなところにするようにしましょう。

月齢的にマルチーズちゃんの粗相は、マーキングである可能性もあります。
ワンちゃんはもともと群れで生活をしていたどうぶつであり、上位・・・下位と
群れはそれぞれのメンバーの位置が決まることで安定し、本能から縄張りを主張
しようとします。

自分の縄張りを侵入者から守ろうとし、お散歩の時など自分の縄張りを
示すためにオシッコで目印を付け、侵入者に警告を発しようとする行為がマーキング
でございます。
マーキングは、自己主張以外にも、何らかの不安、ストレス、発情も原因となるのでは
ないかといわれています。マーキングは男の子だけがするのではなく女の子もしますが、
支配的な行動や警戒する行動に男性ホルモンがかかわりを持つこともあり、
一般的には男の子に多く、心身ともに成熟し始める生後6か月から1歳前後に始まる
確率が高いといわれています。

このため、去勢手術をすると、男性ホルモンが関与している部分のマーキングを
予防することもございますが、一度行動として記憶された行動は、
続いてしまうことが多いのですが、次第に緩和する傾向もみられます。

成長にともない、一般的にはお散歩時などでするオシッコ時には足をあげてするよう
になります。
屋外やお家の中でも多頭での飼育の場合、ワンちゃんは自己主張する必要があるため、
マーキングが強くみられることが多いのですが、自己主張をすべき相手がいない
お家の中でマーキングには、カイ様やお母さまが、ご家庭でのマルチーズちゃんが
守られる立場であるということをはっきりと示すことで症状に効果がみられる
こともございます。

ワンちゃんを中心にご家庭が回っているとワンちゃんが感じてしまうと、
自分の立場に対する不安感や誤解をワンちゃんに与えてしまいます。
ワンちゃんはマッキー様に守られている、としっかりと伝えてあげることが
マーキングの緩和という点でも重要でございます。
具体的には、先日のご案内と重複する点もありますが、次のような
ことが例として挙げられます。
・叱る内容、褒める内容をご家族様の間で統一する
・叱るときや指示をするときは、落ち着いた低い声で、一貫性のある対応をする
・お留守番に出かけるときなど、お部屋やお宅を出るときのは、お母様やカイ様が先
・お家の中で良い場所(高い場所や真ん中など)はヒお母様やカイ様が占める
・お母様やカイ様の「スワレ」「マテ」「ヨシ」などの指示に従ったら、いいことがあると思わせる
・日々の生活上の諸々のことを決定するのはお母様やカイ様
・一緒に楽しい時間を過ごす、など
なお、他のワンちゃんとの臭いを介してのコミュニケーションをさせてあげるためにも、
お散歩をなさることも大切なことかと存じます。

お母様とカイ様、マルチーズちゃんの笑顔いっぱいの素敵な毎日を心から応援
いたしております。今後ともアニコムをどうぞよろしくお願い申し上げます。



アルブミン

投稿者:アメリカンコッカースパニエル

投稿日:2014/04/07(Mon) 11:21

No.3476

アレルギー性皮膚炎で通院しています。血液検査で、

(ALB)アルブミン 検査数値1.9g/dl
正常範囲 3.3−3.8 →タンパク質不足と言われました。

ドッグフード成分に記載されている
「粗タンパク質」が高い物をあげると、(ALB)アルブミン の数値が上がるのでしょうか?教えて下さい。

Re: アルブミン

- 獣医師 山田

2014/04/08(Tue) 18:54

No.3478

アメリカンコッカ−スパニエル 様

春風の心地よい季節となりましたが、
アメリカンコッカ−スパニエル様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
この度はご相談いただきありがとうございます。
アメリカンコッカ−スパニエル様のワンちゃんは、アレルギー性皮膚炎で
ご通院されており、その際の血液検査の結果、アルブミン(ALB)の数値が
低く、「タンパク質不足」と先生からお話があったのですね。
アメリカンコッカ−スパニエル様のご心配なお気持ちは
いかばかりかとお察しいたします。
早速ご案内させていただきたく存じますが、ワンちゃんの実際の
ご様子を拝見していないため
一般的なご案内となりますことをご了承くださいませ。

アルブミンは肝臓で合成されるタンパク質です。
血液や筋肉など身体中に広く分布しており、
皮膚や血管などの細胞の働きを助ける機能や細胞の再生や修復に
欠かせないものです。
また、血液の浸透圧の調整や、脂肪酸の輸送などにも関与しています。

検査機器にもよりますが、一般的に、血清アルブミン値の正常値は
2.6〜4.0g/dlで、2.2〜2.5g/dl以下であればアルブミンが低いと考えます。
また、血清アルブミンの濃度が1.6〜1.8g/dlになると、血漿の浸透圧が低く
なるため、腹水などが溜まるようになることがあります。
さらにアルブミンの濃度が下がり、1.0〜1.2g/dl以下になると、
腹水の他にも四肢のむくみなども見られるようになります。

アルブミンが低下する場合に、考えられる原因が大きく分けて3つあります。
1. タンパク質の摂取不足や吸収不全の場合
2. アルブミンの合成能力の低下している場合
3. アルブミンが体外へ喪失している場合

1. タンパク質の摂取不足や吸収不全の場合
減量などで長期間、食事から摂るべきタンパク質の量が不足した場合や、
総合栄養食ではなく手作りフードなどで栄養のバランスが崩れた場合などに
起こります。いわゆる飢餓状態といえます。
一般的に市販されているワンちゃん用の総合栄養食や動物病院の処方食
などを適切な量で食べている場合には、飢餓状態は起こらないかと
考えられます。
また、膵外分泌不全や 慢性的な下痢や嘔吐があった場合にも摂取した
タンパク質を上手く体内に取り込むことができないために
アルブミンが低下します。

2. アルブミンの合成能力が低下している場合
アルブミンは肝臓で作られるタンパク質ですので、
慢性肝炎や肝硬変などの重度の肝疾患によりアルブミンの合成能力が低下し、
低い値を示す場合があります。
そのため、臨床検査ではアルブミンは肝機能の指標の1つとされています。

3. アルブミンが体外へ喪失している場合
肝臓でアルブミンが正常に作られていても、
尿や便、分泌液などで体外へ出て行ってしまうと低アルブミンになります。
蛋白漏出性腸症や蛋白喪失性腎症、重度の皮膚欠損、重度の出血など
によりおこります。
また、敗血症(細菌感染症が全身に波及したもので非常に重篤な状態)や
重症の熱傷(やけど)などの場合には、体は多大なエネルギーが必要となるため、
様々な代謝が著しく亢進します。
その中で、タンパク分解も亢進(タンパク異化亢進)状態となり、
肝臓が正常に機能していても低タンパク血症になることがあります。
その他、内分泌疾患や悪性腫瘍でもタンパク異化亢進がおこる場合ございます。

さて、アメリカンコッカ−スパニエル様のワンちゃんは、
かかりつけの先生からアルブミンの数値が低く「タンパク不足」と言われた
のですね。先生がおっしゃる通り、タンパク質そのものが足りていないことで
アルブミンが低い可能性もございます。
アメリカンコッカースパニエル様の質問にもあるように、ドッグフードの成分に
記載されている「粗タンパク質」が高いフードを与えることで、アルブミンの数値
が上がってくる可能性もございます。
良質なタンパク質を摂取していただき、その後に再度血液検査を実施して
いただきますようお願いいたします。
また、現在アレルギー性皮膚炎でご通院中との事でございますので、
お食事の変更などについては皮膚疾患との兼ね合いもあるかと存じますので、
かかりつけの先生とご相談していただきますようお願いいたします。

※粗タンパク質とは、食品や飼料の成分で、タンパク質の純粋な成分以外に
アミノ酸等も含まれて測定されたもののことを言います。

お食事を変更したり良質なタンパク質を与えてたりしても、
アルブミンの数値が低い場合には、タンパク質の摂取不足ではなく、
先にご案内をしたような他の原因(アルブミンの合成能力が低下している場合や
アルブミンが体外へ喪失している場合)の可能性が考えられますので、
かかりつけの先生とご相談され、必要な検査をお受けいただけたらと思います。

ワンちゃんは現在、お水を飲む量、元気、食欲には変わりはありません
でしょうか。また、便の状態や体重の変化などはいかがでしょうか。
もし下痢などをしていらっしゃる場合には、
腸からの吸収不良やタンパク質が体外に漏れ出ている蛋白漏出性腸症の
可能性などもございますので、お早目にかかりつけの先生に
ご相談をされることをお勧めいたします。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、
しつけ相談のサービスを承っております。気がかりなことがおありの際には、
お気軽にご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

アメリカンコッカースパニエル様におかれましても風邪などお召しにならぬよう
お体ご自愛くださいませ。
ワンちゃんにもどうぞよろしくお伝えくださいませ。
今後ともアニコムをよろしくお願いいたします。



軟便

投稿者:ロッキーママ

投稿日:2014/04/04(Fri) 07:48

No.3473

同じフードで最近内容がリニューアルされたらしく美味しくなったとのことですが 軟便が続いてます フードを変えた方が良いのでしょうか? 軟便時に 狂犬病予防注射は 接種しても 特に問題はありませんか?

Re: 軟便

- 獣医師 秋吉

2014/04/07(Mon) 16:19

No.3477

ロッキーママ 様

うららかな春日和が心地良い季節となりましたが、
ロッキーママ様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
この度はご相談をいただきまして誠にありがとうございます。
ロッキーママ様のワンちゃんは軟便が続いており、
フードを変えた方がいいのかご心配とのことでございますね。
また軟便の時に狂犬病予防注射を接種して問題があるか
ということでございますね。
早速ご案内をさせていただきますが、実際にワンちゃんのご様子を
拝見していないため、一般的なご案内となることをご了承くださいませ。

ワンちゃんの口から入った食べ物は、食道、胃、小腸を経由して
消化・栄養素が吸収され、大腸で水分が吸収されて便になります。
軟便や下痢がおこる原因ですが、消化不良などにより大腸からの
水分吸収が上手く機能していない場合や、まだ水分吸収が不十分で、
排泄される段階ではない便が、何らかの原因で排泄されてしまった場合
などがあります。

下痢や軟便は「小腸性下痢」と「大腸性下痢」とに大別されます。
1.小腸性下痢
小腸は食べた物の消化・吸収を行っています。小腸に異常があり下痢が
起こる場合は、1回の便の量は多いけれど回数はそれほど増えません。
便の性状は様々でやや軟便のこともあれば、水っぽいこともあります。
小腸に出血がある場合は、便の色が黒っぽくなってきます。
小腸性下痢が長期にわたって続くときは、
合併症状として体重の減少や嘔吐、脱水などが見られます。
2. 大腸性下痢
大腸は水分吸収を行っています。大腸に異常があって下痢が起こる場合は、
1回の便の量は正常か少なめの傾向があり、回数は頻回になります。
便の性状は軟便で粘液が混ざっていることが多いです。
大腸で出血がある場合には、血便が見られることもあります。
大腸性下痢では、体重の減少はあまり見られません。

ロッキーママ様のワンちゃんは軟便が続いているとのことでございますので、
「大腸性下痢」の可能性があるのではないかと思います。
一般的に、大腸性の下痢が続く場合に考えられる疾患としては
@感染性腸炎(細菌性、寄生虫性など)A炎症性腸疾患 B腫瘍 
C繊維反応性下痢 D食事性過敏症 などが挙げられます。
明らかに疑う原因があれば、その原因(食事、寄生虫など)を排除し、
対症療法で症状が改善すれば仮診断することができます。
しかし明らかに疑う原因がないものの対症療法で症状が改善した場合や、
症状が自然と改善した場合は原因を特定できないこともあります。
基礎となる疾患がなく、一過性の要因により大腸性下痢を起こした場合は、
通常、経過は良好です。

ロッキーママ様のワンちゃんは、お食事がリニューアルされてから軟便が
続いているとのことですね。
「食事性過敏症」とは、食べ物に対する過敏症で、食事に含まれる成分
によって引き起こされると言われております。
食物アレルギーや食事不耐性などが含まれます。

※食物アレルギー:特定の食物抗原タンパク質に対する
免疫反応によって起こる反応のこと。
※食事不耐性:ある特定の食物を摂取した時に、体質的に消化に
必要な酵素が不足しているなどによって起こる反応のこと。
例、牛乳に含まれる乳糖の不耐性

フードのリニューアルがどのようなものなのかの詳細が分かりかねますが、
リニューアルに伴い、フードに含まれる成分などに少し変更があった
場合などは、同じ製品でもお腹の調子を崩してしまう事もございます。
また、フードの変更の際には、新しいフードを最初は1割程度から今お使いの
フードに加え、徐々に配合の割合を増やしていくと、ワンちゃんのお腹に
優しいのですが、急に変更なさったときなどにも、
調子を悪くすることがございます。

ロッキーママ様が検討されているように、
フードを変更することで軟便が改善されるのであれば、
お食事が原因であったと言えます。
しかし、軟便が一定期間続いている場合は、お食事の変更だけでなく
内科治療(抗下痢薬、整腸剤など)を併用すべきこともあります。
お食事以外に原因がある可能性もございますし、今のワンちゃんの
便の状態をかかりつけの動物病院の先生に診察して頂いた上、
お食事についてもご相談いただくことをお勧めいたします。

ロッキーママ様のワンちゃんは狂犬病予防接種のご予定がおありで、。
軟便の症状があるときに接種しても問題ないかということでございますね。
狂犬病予防接種や混合ワクチン(5種、6種ワクチンなど)の接種の際に、
以下に該当する場合は注射の適否の判断は
慎重に行うことが必要となります。

・ 発熱・咳・下痢・重度の皮膚疾患などの症状があるとき
・ 疾病の治療を継続中のもの、または治癒後間もないとき
・ 分娩前、分娩直後のとき
・ 非常に高齢であるとき
など

このような場合は獣医師が注射をすべきか延期(または中止)すべきか、
どうぶつさんの体質や健康状態を考慮して判断します。
ワクチン接種後はまれに一過性の副反応(元気・食欲の消失、下痢・
嘔吐など)が起こる場合があります。
ワクチンの副反応と現在ある症状の区別が困難だったり、
すでにある症状の悪化が懸念される場合、治療を優先し、
改善後にワクチンを接種することが望ましいことが多くあります。
ワンちゃんの軟便の治療と合わせて、予防接種の時期についても
かかりつけの先生にご相談いただくことをお勧めいたします。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、
しつけ相談のサービスを承っております。気がかりなことがおありの際には、
お気軽にご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

一日も早くロッキーママ様のワンちゃんが元気になり、
ロッキーママ様やご家族様と一緒に楽しくお過ごしいただける事を祈っております。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願い申しあげます。



毛玉を吐かない長毛猫について

投稿者:もえは

投稿日:2014/04/03(Thu) 16:00

No.3472

お世話になります。現在7か月になるペルシャ猫のことで相談させてください。

猫草を食べたりもしていますが今までに一度も毛玉を吐いたことがなく、便に出ている気配もありません。以下質問事項を箇条書きさせてください。

・吐かずにいても平気なのかどうか。また、月齢的にまだ余り排出しないものなのかどうか。
・便と共に毛玉を排出させる粘性の毛玉除去剤の使用をした場合に、猫への健康に影響がないかどうか。また連用していいものなのかどうか。
・自然に毛玉を吐かせる良い方法など。

恐れ入りますがご回答を頂けますと幸いです。

Re: 毛玉を吐かない長毛猫につい...

- 獣医師 阿部

2014/04/07(Mon) 09:38

No.3475

もえは 様

この度はご相談をいただきまして誠にありがとうございます。
現在7ヶ月になるペルシャ猫ちゃんが、一度も毛玉を吐いたことがなく、便の中に
毛が排出されている気配がないため、ご心配とのことでございますね。
早速ご案内させていただきますが、実際にネコちゃんのご様子を拝見していないため、
一般的なご案内となりますことをご了承下さいませ。

ネコちゃんは、毛づくろいをする習性があり、ザラザラとした舌で全身をなめて身体をきれいにしています。
その時に舌に引っかかった抜け毛を飲み込んでしまいますので、その毛を毛玉として
吐いたり、便と一緒に排泄したりします。毛玉を吐くこと自体は病気ではありませんが、
吐くときに胃酸や胆汁などの刺激の強い液体が食道や喉を通って逆流し、
食道炎などの二次的な障害を引き起こしてしまうことがあります。
そういった場合には、毛玉はなるべく吐かせないようにすることが大切です。

また、抜け毛の時期に多くの毛を飲み込んでしまい、被毛が消化管内にとどまり、
吐くことも便と一緒に排泄することもできなくなると、「毛球症」という病気になる場合がございます。

猫の毛球症の症状としては以下のようなものが挙げられます。
・元気がない、食欲が無い、便が出ない
・1日以上吐く仕草をするのに吐けない

もえは様のネコちゃんには、今までこういった症状は見られませんでしたか。
このような症状もなく、お元気に過ごされているようでしたら7か月齢とまだ若いので、
そもそも抜け毛が少ないために便に混ざっている毛が目立たないのかもしれません。
もしくは、もえは様がブラッシングをこまめになさっていて十分抜け毛を取っているために、
ほとんど毛を飲み込んでいないのかもしれません。
また、グルーミングがもともとあまり好きではないネコちゃんの場合にも飲み込む毛の量が少なくなります。

しかしながら、今後、先にご案内をしたような毛球症の症状がみられ、
消化管に毛玉がとどまってしまっている可能性がある場合には、
すぐに動物病院で受診されることをお勧めします。

毛球症を予防するためには、おもに2つの方法がございます。
まず、一つは飲み込む毛をできるだけ減らしてあげることです。
そして、もう一つは毛球除去剤で毛球を吐かせるのではなく便と一緒に排泄するように促すことです。
もえは様は毛球除去剤の使用や連用について、ご不安とのことでございますね。
現在入手することのできる毛球除去剤は数種類ございますが、
ワセリンや流動パラフィンなどが主成分となっているものが
多いようです。
定期的に舐めさせることにより、胃に停滞しがちな毛玉を腸へ流しやすくする効果があります。
これらの成分は石油から得られるものですが、飲み込んでも体内で吸収されずに排泄されるため、
健康なネコちゃんへの使用は問題ないと考えられています。
ただ、このワセリンや流動パラフィンは緩下剤といって便を柔らかくする作用もありますので、
投与量や頻度によっては、軟便になってしまうこともあるようです。
便の硬さをみながら投与量を加減していただくとよろしいでしょう。
また、その緩下効果から、長期にわたって連用することで、
脂溶性ビタミンなどの栄養分の吸収を妨げてしまう可能性も指摘されています。
毛球除去剤の使用だけにたよるのではなく、ブラッシングなどで口に入る毛の量を減らすことを
同時に行いながら、使用回数をなるべく減らすようにしていくとより安心です。

また高繊維の毛球除去効果が期待できるフードも毛球除去剤よりはマイルドな
効果ですが、軟便になる心配がない点ではお勧めです。

なお、飲み込む毛を減らすためにはやはりブラッシングが一番です。
ネコちゃんの毛は柔らかいため、ブラシをかけたときに切れてしまうことがあります。
ブラシを使う場合は力を入れすぎないようにご注意いただけたらと思います。
また、ブラシではなくクシをご利用いただくのも一つの方法です。
最初はクシをあまり寝かさずに、毛の根本まで入れずに柔らかく梳かします。
目の粗い方のクシを使い、スムーズに通るようになったら細かい目の方で行います。
毛は一気に梳かすのではなく、少しずつ分けて毛先から徐々にとかした方がネコちゃんは
嫌がらないでしょう。
次にクシを寝かして毛の根本まで入れてしっかり梳かしていくことで、抜け毛をとっていきましょう。
抜け毛をクシにからませたままにしておくと、抜ける必要のない毛まで一緒に取りすぎてしまいますので、
クシについた抜け毛はなるべくこまめに取るとよろしいでしょう。
ブラッシングを嫌う長毛のネコちゃんは、自分の毛づくろいだけでは不十分で、毛玉ができやすくなりますので、
1年に1回程度、暖かい時期にライオンカットのようにすっきりカットしてあげるのも一つの方法です。

また、多くのネコちゃんは猫草を食べることで毛玉を吐き出しますので、
毛球症の予防にはなりますが、食道炎などの二次的な障害を起こしてしまう可能性
もありますので、猫草を食べて吐いて頻繁に吐いてしまう場合には、
あまりおすすめはできません。

なお、アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、
しつけ相談のサービスを承っております。気がかりなことがおありの際には、
お気軽にご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

春の陽射しが心地良い季節ですが、
気温差が大きく、体調維持の難しい時期でもございます。
もえは様におかれましては、お風邪などひかれませんようお気を付け下さい。
今後ともアニコムをどうぞよろしくお願い申し上げます。



去勢について

投稿者:桃太郎

投稿日:2014/04/03(Thu) 14:36

No.3470

お世話になっております。

犬の去勢についてご相談がございます。

現在3月で7歳になったミニチュアダックスフント(6.3s)を
飼っているのですが、先日かかりつけの獣医さんに会陰ヘルニアの予防に去勢を勧められました。

うちの犬は、肛門腺がすぐ溜まり、1〜2週間に一度は
絞らないといけないので、時々肛門腺炎になるときもあります。

このように、肛門腺に異常というか問題のある犬は、
会陰ヘルニアになる可能性が高いのでしょうか?

去勢をすれば病気の予防になるのは承知しているのですが、
もう7歳ですので躊躇しています。

もし、肛門腺炎も会陰ヘルニアの要因になるなら
すぐ去勢手術を受けようと考えています。

以上、よろしくお願い致します。

Re: 去勢について

- 獣医師 竹田

2014/04/07(Mon) 09:30

No.3474

桃太郎 様

この度はご相談を頂きまして、誠にありがとうございます。
会陰ヘルニアの予防のため、ミニチュアダックスフントちゃんの去勢手術を
かかりつけの獣医師さんで勧められ、
お悩みでいらっしゃるとのことでございますね。
お問合せにつきましてご案内いたしますが、実際のご様子を拝見して
おりませんので、一般的なご案内となりますことを何卒ご了承ください。

会陰ヘルニアは肛門周囲の筋肉が衰え、薄くなり、排便時のいきみや、
吠えたりした際に腹圧がかかってできた隙間から直腸や膀胱などが飛び出す病気です。
ウンチが出にくい、肛門の周りがぽっこりと膨らんできた、などの症状から
飼い主さんが異常に気づき、受診される場合が多いようです。
ほとんどが高齢の去勢をしていない男の子に発症し、前立腺肥大を併発している
場合も多くみられます。
原因として男性ホルモン(アンドロゲン)が関与していると強く推測されており、
去勢によって予防できる(発症のリスクを軽減できる)病気の1つと
考えられています。

一方、肛門腺炎(肛門嚢炎)は犬が便に自分の臭いをつけるための分泌物を
産生する腺の炎症です。
肛門嚢は袋状になっており、肛門の斜め下方向、4時と8時の位置に一対ある
のですが、分泌物が多かったり、詰まりやすかったりという原因がある場合には、
両方または片方がしばしば炎症を起こします。

このように会陰ヘルニアと肛門嚢炎とは別々の原因で発症する病気のため
ミニチュアダックスフントちゃんが肛門嚢炎になりやすいことが、
会陰ヘルニア発症のリスクを直接高めるというわけではないと思われます。
しかし肛門腺の炎症が繰り返し起こっているために、周囲に炎症が波及し、
肛門周囲の皮膚や筋肉が脆弱になっている可能性はあるかもしれません。
会陰ヘルニアの発症自体は肛門嚢炎と関連して起こるものでなくても、
今までの肛門嚢炎の経過によっては、もし会陰ヘルニアになった場合に、
整復手術が困難になるので去勢手術をすすめられたのかもしれません。

肛門周囲の皮膚や筋肉に特に問題が無くても
ある程度の年齢に達していて、将来交配させる予定のない男の子のワンちゃんに、
会陰ヘルニアを含む生殖器関連疾患の予防のため、去勢手術をおすすめになられる
獣医師さんは多くいらっしゃいます。
会陰ヘルニアは症状の程度や年齢などにより便を出しやすくするなどの内科療法で
維持することもありますが、根本治療は手術での整復になります。
全身麻酔下での手術となるため高齢で発症した場合には手術自体のリスクが
高くなることが予想され、最悪の場合、麻酔に耐えられないため手術できない、
ということも考えられます。
会陰ヘルニアに関して言えば、好発年齢は8歳以降と言われていますが、
昨今、ワンちゃん達の平均寿命は長くなってきており、
末永く元気にお過ごしいただくために、
健康で体力のある6〜7歳くらいまでに、獣医師さんが予防的に
去勢手術をすすめるのはこういった理由からです。

もちろん健康であっても、麻酔や手術のリスクはゼロではありませんから、
実際に手術するかどうかはメリット・デメリットを検討のうえ、
かかりつけの獣医師さんとよく相談されて決めていただければと存じます。

最後に去勢手術についての一般的な内容をご案内します。
去勢手術は、外科的に男の子の精巣を摘出する手術です。
去勢手術のメリットは、男性ホルモンを分泌する精巣が無くなるために、
男性ホルモンに関連して起こる病気や行動を抑えることができることです。
予防できる病気としては、先にご案内をした、会陰ヘルニアをはじめ、
肛門周囲腺腫、前立腺の病気(前立腺肥大など)、精巣腫瘍
などがあげられます。
また、男性ホルモンの影響で起こる攻撃性を抑えたり、マーキングやマウンティングなどの
性行動を抑える効果も期待できます。
性的欲求から解放してあげることで、穏やかな落ち着いた生活ができるようになることも
期待されます。

しかしながら、ワンちゃんの攻撃的な行動に関しては、男性ホルモンの影響以外に
原因があることもあります。マーキングやマウンティングなども、性的行動としてではなく、
縄張りや順位の主張として行っているような場合、あるいは去勢手術以前にすでに
行動として記憶している場合などには、去勢手術をしても
行動が改善されないこともあります。

また、手術のデメリットとしては、
去勢手術後は、代謝エネルギー量が減るために太りやすくなることですが、
手術後に体重の変化をチェックしながら食事の量を調節していただくことと
適度な運動を続けることでリスクが軽減できると
いわれています。
また何か気がかりなことがございましたらお気軽にご相談下さい。

アニコムでは下記の受付時間で、ご契約者様からのお電話での健康相談、しつけ相談
サービスを承っておりますので、ぜひご利用くださいませ。
お電話番号は、あんしんサービスセンター 
0800-888-8256(携帯電話・PHSからは、03-6810-2314)です。
平日9:30〜17:30 / 土日・祝日9:30〜15:30 (年末年始を除く)
土日・祝日は予約のみ、実際のご相談は翌営業日以降となります。

今後ともアニコムをよろしくお願い申し上げます。