教えて!アニコム損保!しつけ・健康相談 皆様のご質問にお答えいたします。

ご注意

回答までのお時間は3営業日以内とさせていただきます。
緊急を要する健康相談の場合は、すぐに動物病院を受診してください。
直接どうぶつさんのご様子を拝見しておりませんので、一般的なご案内となりますこと、また、投稿フォームにはURLを入力できない設定となっておりますことをご了承ください。

証券番号

  • (記入例:S00123452)

  • ご入力いただいた証券番号は公開されません。

ニックネーム

タイトル

コメント

  • URLはご入力いただけません。

添付File

暗証キー

  • (英数字で8文字以内)

投稿キー

  • (投稿時 投稿キー を入力してください)

文字色

しつけ

投稿者:そら

投稿日:2018/12/11(Tue) 09:50

No.5548

@散歩中は道端にある葉っぱ、草等口に入れ食べます。家でも絨毯や廊下を舐めています。そして挙句の果てに
 食べた枯草、絨毯の毛、髪の毛を3日後位に塊で吐きます。

A「おいで」とおやつでしつけてますが、なかなかうまくいきません。

B散歩もうまく飼い主の横について歩きません。常に下をみて食べ物を探しています。
                     
                                     避妊手術は今年7月しました。

しつけについて

投稿者:まーこ

投稿日:2018/12/10(Mon) 21:40

No.5547

うちに来て2週間になります。
外にも散歩に行くようにもなりました。

家の中でおしっこ、うんちをそこらにしてしまい困っております。
どのようにしつけしたら良いですか?

後あま嚙みもしていて痛いし噛まなくなるようにしつけたいので
良い方法をアドバイスお願い頂けませんか?

噛みつき

投稿者:ガーリー

投稿日:2018/12/03(Mon) 10:25

No.5541

生後11ヶ月の雄のA.コッカー・スパニエルと生活しています。我が家は3人家族ですが、彼は、父と私には甘噛み程度ですが、母には本気で噛みつきます。
私は毎日頭が痛いです。
彼の行動に、どう対処すればいいでしょうか?
アドバイス願います。

Re: 噛みつき

- アニコムカウンセラー 澁谷

2018/12/05(Wed) 16:13

No.5546

ガーリー 様

この度は、ご相談いただきまして、誠にありがとうございます。

さて、ワンちゃんが物や人の手などを噛む理由には、主に以下のようなものがあります。
・遊びの延長(反応を楽しんでいる)
・乳歯から永久歯への生え替わる時期の違和感
・動くものに反応してしまう
・主従関係の確認
・ストレス  等

このように、理由は様々ですが、ワンちゃんは、自分が何かした時、その前後に何がおこったかをとても良く覚えており、
その経験をもとに行動するようになります。
そのため、ワンちゃんが何かを噛んだ時、飼い主様が慌てた様子を見せたり高い声で叱ってしまうと、
ワンちゃんが「遊んでくれている、喜んでくれている」と勘違いすることもあります。
例えば、ガーリー様やお父様に比べて、お母様の方が噛んだ時に楽しそうに反応してくれたり、噛んでいてもしばらくは叱られなかったり、
ということがあると、ワンちゃんは、相手によって行動や反応を変えたりすることがございます。

ヒトの手など、噛んではいけないものを噛んだ時は、ご家族の皆様で叱る言葉やタイミングを統一していただいた上で、
低い声を意識して、毅然とした態度で叱りましょう。
一度、叱っても止めない場合は、毅然とした態度で背を向けてその場から立ち去り、A.コッカー・スパニエルちゃんがクールダウンするまで、
視線も向けずにそっとしておくのも良いかと存じます。

以下URLにて、ワンちゃんの「噛み癖」について記載しておりますので、よろしければ、ご参考にしてください。

●噛み癖(1)子犬編
https://www.anicom-page.com/all_education_details?type=11&id=43

●噛み癖(2)成犬編
https://www.anicom-page.com/all_education_details?type=11&id=44

好ましいことと、好ましくないことがワンちゃんに分かりやすいよう、メリハリをつけて、
ご家族で決めた一貫したルールのもと、毅然とした態度で続けていただければと存じます。

それでは、今後とも、アニコムをよろしくお願いいたします。



食事中について

投稿者: SupRe

投稿日:2018/12/03(Mon) 00:36

No.5540

私達の食事中にどうしても落ち着きがなく、食べ物を食べようとしたりしてしまいます、人間の食べ物を食事中等あげたことはありません、また食事は椅子ではなく、下に座る感じなので届きやすいのもありますが、ちゃんとしつけができて入れば、どのような場所にでも人間の食事中に待てができるとおもいます。どのようにしたら良いでしょうか?小さい空き缶の中に小銭数枚を入れたもので音を立てる。ダメ!と言葉で注意する。何度膝の上に来ても降ろす。無視をする。など今までにやって来ましたがどれもその時だけやめる感じです。

Re: 食事中について

- アニコムカウンセラー 田澤

2018/12/05(Wed) 16:10

No.5545

SupRe 様

この度は、ご相談いただきまして、誠にありがとうございます。
また、ご質問の内容から、ワンちゃんと仮定して、回答いたしますことご了承ください。

ワンちゃんは嗅覚が優れているため、ヒトの食事に興味を持つのは当然のことであり、SupRe様のワンちゃんの反応は、ごく自然なものかと存じます。
また、今の状況のままで、我慢させることだけを教えるのは、ハードルが高いかと思われますので、
現状への対策と待つ練習を別々にされてみてはいかがでしょうか。

現状の対策といたしましては、ケージやキャリーバッグを使っていただき、ヒトが食事している間は、そこに入っていてもらいましょう。
その際、食事をしている様子がワンちゃんから見えてしまうと、今までの習慣から要求吠え等の行動がみられる可能性があります。
そのため、布をかけたり囲いで目隠しするなどの工夫をされるとよいかと存じます。
また、退屈しないように知育トイやガムなどを入れてあげることで、ヒトの食事に対する意識をそらすことができるかもしれません。

それと並行して、マット等の特定の場所にフセをして待つという練習も始めてみましょう。
いきなり、誘惑の多い食事中の練習は難しいので、まずは遊びの一環として、マット等の上で「フセ」ができるように練習し、
その後、フセの状態で「マテ」ができるように練習していきます。

以下URLにて、ワンちゃんの「マテ・フセ」のトレーニングについて、記載しておりますので、よろしければ、ご参考にしてください。

●ワンちゃんのしつけの基本(3)オスワリ・マテ
https://test.anicom-page.com/all_education_details?type=11&id=145

●ワンちゃんのしつけの基本(4)フセ・ハウス
https://test.anicom-page.com/all_education_details?type=11&id=146

初めは、「マテ」の時間を1〜2秒から始め、少しずつ時間を伸ばしていき、落ち着いていられるようになったら、
ヒトが食卓で間食する時間など、短時間の場面からトライしてみると良いかと存じます。

習慣化している行動を変えるためには、根気が必要ですが、「マテをしているとよいことがある」という経験をたくさん積んで、
いずれは「ヒトの食事の時間=マットで伏せて待つ時間」と認識できるよう、スモールステップを意識して続けていきましょう。

それでは、今後とも、アニコムをよろしくお願いいたします。



乳製品について

投稿者:ベンガル子猫

投稿日:2018/12/02(Sun) 16:05

No.5539

ベンガルの子猫です。生後4ヶ月を過ぎたところですが、子猫用ミルクを一度20cc位食後にあげたところすごく美味しいのか、毎日ミルクをおねだりする様になりました。量は餌と考慮して少な目に上げていますが、毎日あげても大丈夫でしょうか?
下痢などの症状はありません。

また、ヨーグルトも少量なら健康にも良さそうなので無脂肪の物をあげようかと思いますが、こちらも毎日あげても良いのでしょうか?

Re: 乳製品について

- 獣医師 岸田

2018/12/05(Wed) 10:31

No.5544

ベンガル子猫 様

この度はご相談をいただきまして、誠にありがとうございます。

総合栄養食のキャットフードを主食として与えている場合、トッピングなどの副食やおやつは、1日の全体の食事量の1〜2割までを目安に与えていただければ、主食の栄養バランスを大きく崩すことはないと言われております。そのため、子猫用ミルクやヨーグルトをおやつとして少量あげること自体は問題ないと思います。

一方で、子猫用ミルクは高たんぱく、高脂肪でカロリーも高いので、少量でもお腹がいっぱいになり主食の食事量に影響してしまったり、主食の栄養バランスも崩れやすくなります。また、成猫になっても続けていると、肥満の原因になってしまう場合や、嗜好性も高いためにミルクを好んでしまい、主食をきちんと食べられなくなってしまうこともあります。
生後4カ月という成長期は、成長に必要な栄養をバランスよく摂ることのできる主食を、きちんと残さず食べる習慣をつけていただきたい時期です。そのため、子猫用ミルクは毎日の習慣として飲ませるのではなく、おやつやご褒美の一つとしてたまにあげる程度にしていただくとよろしいでしょう。

また、ヨーグルトなどの乳製品は主にタンパク質であるため、体質によってはアレルギーを起こす場合があります。乳製品に限らず、タンパク質を含む食品全般的に言えることですが、毎日同じ食品を長期間にわたって摂取し続けていると、その食品に対してアレルギーを獲得するリスクが高くなる可能性があると言われており、念のため気をつけていただくとよろしいかと思います。

それでは、今後ともアニコムをどうぞよろしくお願いいたします。