風邪をひいたときなどに起こる症状のひとつ、鼻水。鼻が詰まって苦しかったり、四六時中鼻水が出て集中できなかったり、地味ですが不快な症状ですよね。それは、猫だって同じ。猫もさまざまな理由から鼻水が出ることがあります。今回は、その原因や対処法について見てみましょう。

猫の鼻水とあわせて起こる症状

鼻水が出ているとき、あわせて他の症状が起こることがあります。そのいくつかをご紹介します。

くしゃみ

人と同じく、ウイルスや細菌による感染症を起こしている場合、鼻水とともにくしゃみをする場合があります。また、花粉やハウスダストなどへのアレルギー症状の可能性も考えられます。

発熱

ウイルスや細菌による呼吸器感染症を発症した場合、鼻水とともに発熱が見られることがあります。猫は、発熱すると極度にごはんを食べなくなる子もおり、栄養不足や脱水によってさらに体調が悪化することも。
さらに進行すると肺炎などを引き起こすこともあります。とくに、子猫は免疫力が弱く、感染症にかかりやすいため、気をつけましょう。

目やに

鼻水と目やにが同時に見られる病気は、ウイルスや細菌感染症、クラミジア感染症など、多岐にわたります。これらは伝染する病気です。多頭飼育をしている人はとくに注意が必要です。

猫の鼻水の原因

鼻水が出る理由は、さまざま。具体的には、どのようなものが鼻水の原因となるのでしょうか。

猫風邪による鼻水

俗にいう「猫風邪」とは、猫ヘルペスウイルスが原因の「猫ウイルス性鼻気管炎」や猫カリシウイルスによる「猫カリシウイルス感染症」を総称して言います。
唾液などの微量な分泌物から容易に感染するため、地域猫のほとんどが、潜在的にこの病気をもっていると言われています。免疫の状態によっては、感染しても症状がでない場合も多くありますが、一般的には2~10日ほどの潜伏期間を経て、風邪のような症状が現れます。
回復して元気になっても、ストレスがかかったり、免疫力が低下したときに再発することがあります。

異物が鼻に入る

花粉やハウスダスト、煙など、異物が鼻の粘膜を刺激することで鼻水が出ます。透明でサラサラした鼻水が出ることが特徴です。

鼻炎による鼻水

何かしらの原因で鼻の粘膜に炎症が起こった状態のことを「鼻炎」といいます。ウイルスや細菌、真菌による感染症のほか、花粉やハウスダストなどのアレルギー性のもの、刺激性の薬品・煙、異物によるものなど、さまざまな要因があります。

クリプトコッカス症による鼻水

真菌(カビの一種)により引き起こされる感染症で、感染する場所により症状が変わりますが、呼吸器に感染すると鼻水・くしゃみ・肺炎などの症状が見られます。
土壌やハトなど鳥類の糞便が感染源となり、菌を吸い込むことで感染するほか、鼻の常在菌として存在していることもあります。抵抗力のある個体ではあまり発症しませんが、猫エイズにかかっているなど、免疫力が低下している場合は発症することがあります。
猫だけでなく、人や犬にも感染するので、注意が必要です。

猫の鼻水の色の特徴

病気でなくても鼻水が出ることはあります。その場合は通常透明でサラサラしています。一方で病気にかかった時には、色や粘度が変化することが多いです。どう変わったのかは、獣医師の病気の診断をするうえでも重要なので、しっかり観察しておきましょう。

黄色~緑色の鼻水

主に、細菌の感染によって、白血球などの免疫細胞や細菌の死骸が混ざり、ドロドロとした緑がかった黄色い鼻水が出てきます。

赤色の鼻水

鼻水が赤かったり、ピンクがかっている場合は、血液が混じっていることが多いです。この場合は、重症化した鼻炎や副鼻腔炎や、ケガ等による鼻血であることがほとんどですが、慢性化している場合は、鼻腔内腫瘍(びくうないしゅよう)といった病気も考えられます。

猫の鼻水が出たときの対処法

多少、鼻水をたらしていても、家で様子を見て終わる場合が多いかもしれませんね。ただ、前述の通り、進行して重症化する病気もあります。
猫にとっても、鼻水が出ていたり、詰まっている状態は苦しくて不快ですので、できるだけきちんと対処してあげましょう。

病院で原因を調べてもらう

何より一番有効なのは、やはり獣医師に診てもらうこと。「鼻水は、いつから出ているか」、「色や状態はどうか」、「ほかに症状はないか」、「悪化していないか」など、診断の材料になりそうな情報を、あらかじめメモしておきましょう。

薬を処方してもらう

鼻水の原因が明らかとなり、動物病院で薬をもらったら、用量・用法を守って与えましょう。感染症の場合は、症状がしぶとく続くことが多いです。猫が嫌がるからと、途中で薬をやめてしまうと、症状がぶり返したり、だらだらと長く続いたりします。根気強く治療することが肝心です。

鼻水の拭き取り方

猫の鼻水が気になるときは、ティッシュなどで拭いてあげるとよいでしょう。時間が経ち、固まってしまった鼻水の場合は、無理に取り除こうとしてこすったりせず、濡れたガーゼやコットンなどでふやかしてから、ふき取ってあげてください。

猫専用ダイヤル、好評運用中です!

【ニャンともあんしんサービスセンター】
0800-777-5625(ゴロニャーゴ)

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
受付時間:平日9:30~17:30 / 土日・祝日9:30~15:30
アニコム損保のペット保険(http://www.anicom-sompo.co.jp/

監修獣医師

小川篤志

小川篤志

臨床医時代は、救急医療に従事。どちらかと言えば犬派のはず。だが、気づくとネットで猫の写真ばかり見ている自分に、ぶるぶると首を振る毎日。猫派への移籍も間近かもしれない。