みかんと子猫の画像

猫ちゃんの保険ならアニコム損保におまかせ
猫ちゃんの保険ならアニコム損保におまかせ

あなたのパートナー猫を探そう。全国のアニコム損保ペット保険取扱ペットショップから探せる
あなたのパートナー猫を探そう。全国のアニコム損保ペット保険取扱ペットショップから探せるマッチングサイト ハローべいびぃ

みかんを食べているとき「スンスン…」と、猫がみかんに顔を近づけてくることってありますよね。ニオイを嗅いでいたのかと思ったら、目を細めてプイッと後ずさり。
たいていの猫は柑橘系のニオイが苦手なようです。そこには何かワケがありそうです。

猫にみかんは与えないで!

猫とみかんが一緒にうつっている画像
ところで、猫にみかんを与えてもいいものなのでしょうか。結論から言えば与えないほうがよいでしょう。その理由について説明します。

皮に含まれる成分が危険

さわやかな気持ちにしてくれる柑橘系の香り。気分をリフレッシュしたいときに匂いたくなる香りです。しかし、そのさわやかさの一方、皮などに含まれるエッセンシャルオイルや、ソラレンという成分が、猫にとっては有害と言われています。

同様に、レモンやグレープフルーツといった柑橘系の果物には、ソラレンが含まれており、猫だけでなく、犬や馬でも毒性があると考えられています。

みかんを食べるとどうなる?

報告例は多くないものの、猫がみかんを食べると、嘔吐、下痢、皮膚炎等を起こすと言われています。ただ、どのくらい口にしてしまうと症状が出るのかは、はっきりと分かっていません。いずれにせよ、みかんの皮は、猫が口にしないよう注意することが大事です。

みかんの果肉、果汁は大丈夫?

ソラレン等の(猫にとっての)毒性成分がどの程度含まれているかにもよりますが、毒性がある以上、果肉をあげることもやめた方が良いでしょう。

猫がみかんの皮を食べてしまったら?

テーブルの上に置いたままにしておいたみかんの皮を食べてしまった!好奇心旺盛な猫の場合、そんなハプニングが起こる可能性があります。
さて、そんなとき、どうしたらよいのでしょうか。

食べてしまったときの症状

猫にはソラレンを分解する酵素がないため、摂取すると次のような中毒症状を引き起こします。

・嘔吐
下痢
・皮膚炎

このような症状が現れたら、すぐに動物病院へ連れて行ってください。

【関連リンク】
アレルギー性皮膚炎 <猫>

応急処置は?

前述しましたが、中毒症状が出たときは、すぐに病院へ連れて行くことが基本です。応急処置としては、できるだけ水分を与える ことがあげられますが、実際問題として難しいことですし、獣医の判断なく自宅で処置することは避けたいところ。中毒症状を起こしたときは、入院が必要な場合もありますので、できる限り早く動物病院に連れて行ってください。

猫にみかんをのせるのは大丈夫?

花やお菓子、果物を頭にのせて記念撮影している「のせ猫」さんのブログは、猫好きでなくてもご存じなのではないでしょうか。
猫と一緒に暮らしていたら、そんなユニークでかわいらしい写真を、一度は撮りたいと思うもの。そういえば、大丈夫なの?と思うかもしれませんが、ここは大丈夫です。体内に入るわけでもないのですから。

いやがる子にはやめておこう

ただ、そもそも「いや」ですよね。
当然のことですが、いくらインスタ映えするといっても、いやがる子に無理矢理やらせてはいけません。みかんに慣れてしまうことで、いずれ誤食してしまうことだってあるでしょう。ほかの方法を探す方が賢明です!

【関連リンク】
ネコちゃんの食事(4) <注意が必要な食材>|どうぶつ病気大百科

猫ちゃんの保険ならアニコム損保におまかせ
猫ちゃんの保険ならアニコム損保におまかせ

猫専用ダイヤル、好評運用中です!

猫大好きオペレーターがお電話を承ります!
【ニャンともあんしんサービスセンター】0800-777-5625(ゴロニャーゴ)

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
※しつけカウンセラーや獣医師によるしつけ・健康相談はご契約者向けのサービスとなります。
受付時間:平日9:30~17:30 / 土日・祝日9:30~15:30
アニコム損保のペット保険

どうぶつの病気に関するデータを公開

どうぶつ診療費ドットコム

アニコム損保が保有する世界最大規模の診療データをもとに、猫種別・年齢別・性別のかかりやすい病気や、診療費の目安、平均通院回数などの統計データを調べることができます。

監修獣医師

小寺由希子

小寺由希子

2008年、鹿児島大学獣医学科卒業。卒業後は、大学病院にて内科系レジデントとなり内科全般および消化器内科について経験を積み、大阪府内動物病院にて犬猫中心に診療を行っていました。現在は、予防医療の実現をめざし飼育知識の普及活動および診療を行っている。小さな頃から猫と共に過ごし、現在も2頭の猫と暮らす。その生活はネコ中心。環境を処方することで猫の病気を減らし、猫ライフをより幸せにすることを目標に日々活動中。