アレルギー性皮膚炎 <猫>

概要

Overview

アレルギー性皮膚炎とは、アレルギー症状を起こす原因物質であるアレルゲンによって、ネコちゃんの体の中の免疫機構が過剰に反応するために生じる皮膚炎のことをいいます。アレルゲンの種類にはノミやハウスダスト、花粉や食物などがあります。

 

アレルギー性皮膚炎の診療フローチャート

原因

アレルギー性皮膚炎は、原因によって次のような種類が挙げられます。
(1)吸引性アレルギー
 ハウスダストや花粉、カビなどがアレルゲンとなり、これらを吸引することによって発症します。
(2)食事性アレルギー
 アレルゲンとなる食物を摂取することによって引き起こされます。主にタンパク質
が原因となることが多く、牛乳や肉類等が挙げられます。
(3)ノミアレルギー
 ノミの唾液中にあるタンパク質がアレルゲンとなり、ノミがネコちゃんの皮膚に寄生して吸血することでアレルギーを起こします。
(4)接触性アレルギー
 じゅうたんや食器等など身の回りにあるあらゆるものがアレルゲンとなり、アレルゲンに皮膚が触れることによって引き起こされます。

症状

アレルギー性皮膚炎では、皮膚の痒みが主な症状で、ネコちゃんが体をしきりに舐めたり噛んだりする行動が見られます。症状が進行すると脱毛や小さな発疹が見られます。
食事性アレルギーでは同時に外耳炎や、下痢などの消化器症状を引き起こす場合もあります。
また、接触性アレルギーでは、原因となるアレルゲンと接触した部分に皮膚炎がみられます。

治療

治療にあたっては、まず原因となるものを特定を行い、原因を除去していくとともに、抗ヒスタミン剤や副腎皮質ホルモン剤などを用いることによって症状の緩和を行ないます。他に減感作療法を行い場合もあります。この方法はアレルギーの原因をゆっくり身体に入れて最期には体に慣れさせてしまおうという治療法です。
これらの治療にあわせて、ネコちゃんのいる環境を清潔にすることでアレルゲンとなりうる物をなるべく排除するという環境づくりも重要となってきます。

予防

ノミアレルギー性皮膚炎では、ノミの駆虫剤を定期的に使用することで予防することが出来ますが、他が原因となる場合、なかなか予防は難しくなってきます。
どうぶつが痒がるという仕草はよく見られ、その原因はたくさんあります。飼い主さんの日々の観察が、原因の早期発見につながり、またネコちゃんの環境や、食事内容等正確に獣医師に伝えることで早期治療が可能となります。普段から、ネコちゃんとのスキンシップを心がけましょう。

病気のデータ

Disease data

病気のかかりやすさ(%)

平均年間通院回数
通院1回あたりの平均単価
他の動物種のデータを見る

病気のデータ

他の動物種のデータを見る

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。