母猫の母乳あるいはミルクを飲んですくすくと育っていく子猫。成長とともに必要となる栄養量が変わってくるので、当然のことながら、母乳から普通のフードへと変えていく必要があります。
まず、最初のステップは、母乳(ミルク)から離乳食への切り替えです。

子猫の離乳食をはじめる時期はいつから?進め方は?

離乳食をはじめるタイミングや、その進め方についてご紹介します。

離乳食ってどんなものをあげるの?

子猫は約1年で成猫になるので、子猫の時期は成猫よりも多くの栄養分が必要になります。栄養不足だと骨や筋肉がしっかりと育たないので、十分な栄養分が摂れるものを与えることが大切です。
離乳食は、「お湯でふやかしたドライフード」か「缶詰タイプのウエットフード(いわゆる離乳食)」をあげるようにしてください。いずれも「子猫用」のものを選ぶようにすることが重要です。
どちらにしても、必ず「総合栄養食」と記されたものを選びましょう。

はじめるときの注意点

おっぱいだけで育ってきた子猫にとって、「食べる」という意味で、離乳食は未知です。なので、そう簡単に食べてくれない場合も多々あります。
そこで、離乳食をはじめるときには、以下のステップで進めるのがおすすめです。
まずは母乳(ミルク)を与えている時期に、離乳食を少し混ぜてあげて、においや食感に慣れさせていきます。ここでは、食べなくても構いません。あくまで慣れさせるためです。
興味を示さなかったり、食べなかったりしても気長に与えてみましょう。

徐々に、母乳(ミルク)を与える回数を減らしていき、離乳食の量を増やしていくのがコツです。

離乳食の与え方、回数

離乳食への切り替えは、生後2~3週間前後が目安ですが、前述したとおり、慣れないうちは母乳(ミルク)から徐々に移行していくようにしましょう。
子猫のうちは胃が小さく、消化機能も十分に発達していないので、1回でたくさんの量を食べることができません。1日の総量を、少しずつ分けて与えるようにします。
週齢にもよりますが、1日4~8回くらいに分けるとよいでしょう。

ドライフードに変えていくタイミング

猫は、生後2~3週齢頃から乳歯が生え始め、生後8週齢頃までには、すべての歯が生えそろいます。
歯が生えてくれば噛むことができるので、ドライフードを少しずつ与えていくとよいでしょう。しかし、初めからカリカリの固形フードを食べるのは難しいため、「子猫用のフードを、お湯でふやかして食べさせる」ことから始めてみてください。1~2週間ほどかけて、ふやかし方を徐々に減らしていき、最終的にはドライフードだけで食べられるまで続けてみてください。

離乳食はいつまで与えるのか?

「この日で離乳食は終わり!」といった、明確な期日があるわけではありません。しばらく続けても問題ありませんが、しっかり歯が生えそろう時期になったら、徐々に固めのフードを与えるようにしてみてください。

離乳食期間中のトラブル対応


当然のことながら、離乳食期間中はまだまだ子猫。成猫とは違い、体力がない時期です。ちょっとしたトラブルでも体調に変化を及ぼすことが考えられるので、十分注意しましょう。

離乳食を食べてくれないときは?

「昨日は食べてくれていたのに、今日は嫌がって食べてくれない」ということもあるでしょう。嫌がるからといって与えないわけにはいきません。
そんなときは焦らず、母乳(ミルク)を与え、次の日に再度、離乳食を試してみましょう。また、食べてくれたとしても、量が少ない場合は、また母乳(ミルク)の量を増やしたり、粉ミルクを離乳食にふりかけてあげるのも方法の一つです。

離乳食を食べて下痢をしてしまったら?

離乳食の食べ始めの頃にゆるい便をするようなら、離乳食の量を減らして母乳(ミルク)の分量を増やしたり、少なめの量を数回に分けてあげてみてください。

それでもその日のその後の排便に改善がみられない場合や、水のような下痢の場合、いままで離乳食を食べて問題がなかったのに、突然、下痢をしたというような場合は、すぐに動物病院へ連れて行ってあげてください。
その際、獣医師にどんなものを食べさせたのかわかるよう、離乳食を持参するとよいでしょう。

また、当日の便を病院に持って行くと診断の手助けになります。

おすすめの離乳食と作り方

前述しましたが、成長期である子猫の時期は多くの栄養分を必要とします。必要な栄養分をバランスよく含む離乳食を手作りするのはとても難しいことです。

離乳食の作り方

手作りは避け、子猫専用のフード(総合栄養食)をお湯などでふやかす方法がおすすめです。

おすすめ離乳食

子猫専用のフードは消化がよく、少量でも効率よくエネルギーとなるので離乳食に適しています。
離乳食を与えるときは、しっかり栄養が摂れる「総合栄養食」を選ぶようにしましょう。

猫専用ダイヤル、好評運用中です!

【ニャンともあんしんサービスセンター】
0800-777-5625(ゴロニャーゴ)

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
受付時間:平日9:30~17:30 / 土日・祝日9:30~15:30
アニコム損保のペット保険(http://www.anicom-sompo.co.jp/

監修獣医師

萱原英実

萱原英実

2006年、日本大学獣医学科卒業。在学中は猫の乳腺腫瘍におけるアポトーシス遺伝子と予後との関係についての研究に没頭し、現在はさまざまな病気と腸内細菌との関係に興味あり。幼い頃から様々などうぶつと暮らしている。今一番の願いは猫を飼うこと。