腫瘍について

 

どうぶつの平均寿命は、獣医療の進歩、飼い主さんの知識の向上、食事の質の改善などにより、年々伸び続けていますが、それに伴い、老齢になると発症しやすい病気も増え続けています。
腫瘍もそのひとつで、病院に訪れる老齢のどうぶつが罹る疾病の上位を占めています!

 

 

腫瘍とは?

 

正常な臓器・組織は、必要以上に分化分裂を行わないように遺伝子レベルで調節されていますが、何らかの要因により無秩序に、また過剰に細胞分裂が起こり、異常に細胞が増殖したものを腫瘍といいます。腫瘍は、さまざまな機能障害をもたらすだけでなく、他の 臓器や組織へ転移して、最悪の場合、罹患した個体を死に至らしめます。

腫瘍は大きく分けると、「良性腫瘍」と「悪性腫瘍」に分けられます。
さらに「悪性腫瘍」は大きく分けると「癌(腫)」と「肉腫」に分けられます。

良性腫瘍 ・・・一般的に増殖速度が遅く、転移しない。
悪性腫瘍 ・・・一般的に増殖速度が速く、放っておくとどんどん増殖し続けて組織を破壊し、他の組織へ転移する。

 

 

「癌」と「肉腫」ってどう違うの??

 

癌(腫)...上皮系にできる悪性腫瘍のことをいう。
※上皮系とは、体表面を覆う表皮や腸などの臓器の粘膜、内・外分泌腺を構成  する腺細胞や肝などの臓器実質の細胞などのことをいう。

肉腫  ...上皮系以外(=非上皮系)にできる悪性腫瘍のことをいう。
※非上皮系とは、筋肉・血管・骨・脂肪などの組織、血液・リンパ系の組織などのことをいう。

良性であっても、発生部位によっては非常に大きくなり周囲の組織を圧迫したり、痛みを伴ったり、機能障害をもたらしたりすることもあります。
また時には悪性に転化することさえあります。
「しこり」などを見つけたら、まずは動物病院の先生に相談しましょう。

 

 

原因は?

 

原因は大きく分けると、「外的要因」と「内的要因」に分けられます。

外的要因 :化学的発癌因子
     (さまざまな化学物質・排気ガス・大気汚染物質・食品・食品添加物など)
      物理学的発癌因子(放射線・紫外線・慢性的な機械的刺激など)
      生物学的発癌因子(腫瘍ウイルスなど)

内的要因  :遺伝的、性、年齢、品種など

 

 

腫瘍細胞は毎日私たちの体にもできている!?

 

正常な免疫は、異常細胞を排除してくれます。
ところが、悪性の腫瘍は、この大事な免疫に対して異常な細胞であるにもかかわらず、"自己"の組織として認識させて、攻撃しないように仕向けてしまいます。
このようにして、悪性の腫瘍は、異常細胞の増殖を手助けしてしまうのです。

 

 

診断は?

 

発生部位にもよりますが、その腫瘍の性格を識別するためには、状況に応じて細胞診(細い針を患部に刺して吸引し、取れた細胞を用いて診断をする針吸引生検等)、また手術等で組織を採取して診断をする病理組織学的検査を行います。腫瘍の性格によっては、腫瘍が全身へ影響を及ぼしていないかをチェックするという意味で、血液生化学検査、X線検査、超音波検査、さらにCTスキャンやMRI(磁気共鳴画像)検査などを行い、症状も含めて総合的に判断します。

 

 

治療は?

 

良性腫瘍であれば、完全な外科的切除で良好な予後、完治も可能です。
一方、悪性腫瘍については、その腫瘍の種類により治療はさまざまです。外科的切除やその他、放射線療法、抗がん剤などの化学療法、免疫療法などの複数の治療を組み合わせて治療を行うこともあります。
年齢や病状、治療経過などを考慮して、その子にあった治療を選択してあげることが大事です。

 

 

予防は?

 

腫瘍は、早期発見を行うことが重要です。
皮膚腫瘍のような体表にできる腫瘍等であれば、シャンプーやブラッシングなどの日々の
ケアやスキンシップを通して飼い主さんが早期発見しやすく、その分病気の進行も少ない状態で対処できます。
内臓などの腫瘍は外見ではわからず、早期発見しづらいですが、わが子の元気、食欲、体重の減少、胃腸症状、呼吸の状態、跛行の有無などの異常に気付いたらすぐ動物病院の先生に相談していただくことが少しでも早く対処することにつながります。

バランスの良いお食事、適度な運動、飼い主さんとの楽しい時間を過ごして免疫をしっかり整えましょう。そして、「わが子のわずかな変化」に気付いたらすぐに先生にご相談してくださいね!

みなさんからのコメント

Comment
アニコム獣医師・田中
2020-08-13 10:16:01
>どんぐり様
細胞診は細い針で細胞を採取し、肝生検は肝臓の一部の組織を採取します。そのため組織を採取している量が多い肝生検の方が情報量も多いと言えます。ただ、どちらの検査も腫瘍ができている部分を採取できなければ異常はないと判断されてしまうことがあります。細胞診で悪性腫瘍が疑われていますので、定期的な観察や追加検査等が必要かどうか、かかりつけ医ともご相談いただきますようお願いします。
どんぐり
2020-08-11 20:54:54
肝臓の針生検で複数の悪性腫瘍を疑われ、抗がん剤治療をするために肝生検をしたら、腫瘍を示唆する所見も悪性所見も認められない、とのこと。こういうことは稀にあるそうですが、どちらを信じればいいのでしょうか?
ゆうくん(夕陽)
2020-03-16 23:37:42
11歳 茶トラ 雑種 息子が最近のゆうくんの歩く姿がおかしいと気にしはじめました。3日間ほどで、右脚を引きずる様に歩き、腫れてきたかと思うと硬く触れるようになりました。すぐにかかりつけの病院に行きました。受診した当日に生検・採血検査施行   えっ!確認もなく生検?  何が起こっているのか!
結果は一週間後非上皮性悪性腫瘍。細胞がたらず確定疾患までには至らず再検査。最後まで見守りたい!(T^T)
アニコム獣医師・鈴木
2019-12-24 18:17:01
ワンちゃんや猫ちゃんは、目が見えなくなっても人のようにQOL(生活の質)は下がらないので、家の中の移動や衣類運びは問題なくできますよね。
お薬については腫瘍の種類やどうぶつさんによってあうあわないがあります。ぴったり合うお薬を探すのは難しいですが、獣医師と相談してチャトラちゃんにあうお薬を探してあげてくださいね。
チャチャ  名前はチャトラ15歳六ヶ月
2019-12-22 11:38:29
体調は多少日々変化をするも、現在は高血圧と心臓肥大で投薬のお陰で、マァ無事に
過ごしています。最近冬虫夏草を飲み出して、便の色が正常になったと喜んでいる~♪

あ、それから白内障の網膜剥離で点眼 目は光が見える程度ですが、最近まで画像の様に
二階から階下まで衣類を運んだりしていました。

右手右足の腫瘍で毎日大変!なにかよいくすり無いかしらね。

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。