近年、健康への影響において大きな注目を集めているのが「腸内細菌」です。私たち人間の腸内にはおよそ100兆個もの細菌が住んでいて、腸内環境を整えることで健康に良い影響を与えることが知られています。この記事では、大腸と小腸の役割の違いから、なぜ腸内細菌が重要なのか、犬の腸内細菌と健康の関係までご紹介します!

小腸と大腸の役割の違い

小腸と大腸は、一本の管として繋がっていますが、それぞれ異なる役割を果たしています。
小腸は、食物から栄養を吸収し、免疫細胞を作り、セロトニンを生成して感情をコントロールする機能を持った「華やかな臓器」です。一方の大腸は、小腸が吸収できなかった残りカスが体内で不正発酵しないように、水分を絞り取ってうんちを作る役割を果たす、いわば「体外にゴミ出しする裏方の臓器」です。
また、小腸からは消化酵素が分泌されますが、大腸からはほとんど消化酵素が分泌されません。そのため、大腸ではうんちで増殖する雑菌と戦い続ける必要があります

大腸と腸内細菌

このように、裏方として戦いを続けている大腸にも強い味方がいます。それが「腸内細菌」です。
腸内細菌は、栄養素の分解や合成、免疫の活性化、感染症予防など、生体にとって有益な作用を担っています。これらの腸内細菌に対して、大腸は増殖に適した環境(場所、増殖に必要な食物繊維などの栄養素、一定の温度など)を提供しているのです。そのため小腸に住む腸内細菌は1000万個/gなのに対し、大腸はその1万倍にもなる1000億個/g以上もの腸内細菌が住んでいます。
この腸内細菌が私たちの身体に有益な働きを果たすためには、「多様性」を維持することが非常に重要となります。では、一体私たちの腸内ではどんなことが起きているのでしょうか?

腸内細菌の世界は「椅子取りゲーム」

腸内環境と腸内細菌の関係は、椅子取りゲームに例えることができます。

悪玉菌は環境中どこにでもいるため、常に体の中に入ってきます。さらにどんな腸内環境にも対応できる(=どんな椅子にも座れる)、やっかいな菌たちです。一方の善玉菌は、特定の環境(決まった椅子)が必要です。

善玉菌が勝つには、加工度が低い多様な食事が大事

悪玉菌が入ってこないように、善玉菌のチームワークによって腸内環境(椅子)を埋め尽くしてあげる必要があります。そのために重要なのは、なによりも日々の食事。加工度が低く、多様性のある食事が大切です。

善玉菌と悪玉菌

いわゆる「善玉菌」と「悪玉菌」にはどんな細菌がいるのでしょうか?一例をご紹介します。

善玉菌

悪玉菌

大切なのは善玉菌・悪玉菌の「バランス」と多様性

基本的に、多くの細菌は「悪玉菌」「善玉菌」などに分けられると考えられています。ただし様々な研究によって、たとえ善玉菌と考えられる細菌でも、腸内フローラがその細菌ばかりになると、逆に健康に悪影響を及ぼすことが分かってきています。つまり善玉菌と悪玉菌のバランスを保ちながら、多様性を高めることが何よりも重要なのです。
ペットの食事の代表である総合栄養食は、確かに必要な栄養素を満たしていて便利ですが、腸内フローラの多様性をアップさせるという観点では作られていないことがほとんどです。私たち人間が毎日、同じ物を食べることが無いように、犬においても季節の食材をバランスよく摂り入れていくことが大切です。普段のごはんに季節の食材をトッピングするなどして、少しずつ色々な食べものに慣れさせてあげましょう。

▼「腸内細菌の多様性」について、詳しくはこちら

年齢と腸内細菌の関係

アニコムが2023年、約17万頭の犬を対象に行った調査により、以下のことが明らかになっています。

加齢によって腸内フローラの多様性が低下する

※多様性:腸内細菌叢の多様性の指標である「Shannon Index」をもとに算出
※N=166,137

0歳時には平均4.1以上あった腸内フローラの多様性が、9歳時点で平均およそ3.6となり、急激に下がっています。また、9歳以降も緩やかに下がっていることが見てとれます。

加齢により悪玉菌のエンテロバクターが増加する

※N=166,137

いわゆる「悪玉菌」であるエンテロバクター(表最上部)の割合が、歳を重ねるごとに増えていることがわかります。

「お腹健康度」と病気の関係

「お腹健康度」とは、今後の健康状態アップを目指していただくための指標です。「腸内にどんな善玉菌・悪玉菌がどのような比率で存在するか」を保険金支払いデータと照らし合わせて分析し、アニコムグループで算出しています。

※N=166,137
※骨折・誤飲除く

折れ線グラフからは、「お腹健康度」が低いほど病気になりやすく、高いほど病気になりにくいことがわかります。 また棒グラフから、「お腹健康度」が低いほど、赤色の細菌(エンテロバクター)をはじめとする悪玉菌が腸内フローラの多くを占めている一方で、高いほど、善玉菌が多くを占めていることがわかります。
つまり、エンテロバクターを減らすことで、犬の健康を維持できる可能性があるのです。

各クラスターの構成比はこちら▼

まとめ

近年、人の腸内細菌と健康との関係については様々な研究が行われていますが、犬の腸内細菌と健康については、わかっていない部分もまだ多くあります。今後、腸内細菌と健康に関する研究がさらに進み、腸内から愛犬の健康を支えることができるようになれば、とても嬉しいですね。 アニコムでは引き続き腸内フローラの研究を進め、ペットの健康を目指すとともに、愛犬にとっておすすめの食材や、どのような食材をどれぐらい与えるのかよいかといった、愛犬の腸活に役立つ情報をお伝えしてまいります。

監修獣医師

大橋健

大橋健

日本大学獣医学科卒業。2017年にアニコム損害保険株式会社に入社し、遺伝子検査の開発などに従事。現在はアニコム パフェ株式会社の代表取締役社長を務め、腸内フローラ測定やフード開発、電子カルテシステムなどを手掛けている。犬派。