これから猫と一緒に暮らしたい! となったら、「どんな猫を迎えようか?」と迷い始めることでしょう。いろいろと話しを聞いたり、調べたりすると、猫の種類の多さや猫種によっての性格の違いに驚かれる方もいらっしゃるかもしれません。

ここでは、ラグドールという種類の猫について、特徴や魅力、一緒に暮らす上で気をつけておきたいことなどをご紹介したいと思います。ぜひ、家族の一員として末永く、仲良く一緒に暮らしていくための参考にしてみてください。

ラグドールの性格は?

ラグドールをはじめ、猫と良い関係を保ちながら暮らしていくためには、その性格を理解しておくことが大切です。では、ラグドールの性格はというと? いくつか見ていきましょう。

落ち着いている

大きな体つきも影響してか、ラグドールは、落ち着いた性格の子が多いとされます。相手が他人だったとしても(子どもだったとしても!)抱っこされると全力で体を預けてくるほどです。

また、遊ぶことは大好きなのですが、あまり激しい遊びは好まないとのこと。リラックスして、ソファーやクッション、飼い主のひざの上にいる方がお好みのようです。

従順な性格

抱っこが大好き、というくらいなので、性格は従順です。他の猫に比べると「気ままだなぁ」と感じることは少ないでしょう。しつけもしやすいので、初めて猫を迎えるという飼い主も安心して一緒に暮らしていけそうです。

情が深い

おっとりとした性格で、小さな子供がちょっかいを出してきても「にゃー!!」と怒ることは少ないでしょう。もちろん本当に嫌なときには反発しますが、基本的には大らかに受け止めてくれるので、子供と一緒に成長していくことができそうです。

飼い主のそばで静かに寄り添っている姿は、情の深さを感じさせますよ。

ラグドールの魅力


しつけもしやすく、騒いだりしないこと。そして、大らかで、人間に抱っこされることが大好きというラグドール。この猫を迎えたい! と考える方が多いのも納得ですね。しかし、ラグドールの魅力はこれだけではありません。ひとつずつ紐解いていきましょう。

大きな身体

ACCスタンダードブックによると、「やや大型の体躯は多少長めのボディで、骨格頑健、骨量豊富、極端に大きな体重を持つ。首は太く、頑強で重厚感を持つ体躯に良く調和している。胸深・胸幅は共に豊かで、肩幅と腰幅は同じ広さを持つ。筋腱良く発達し、特に腰部、後躯に大きな重量を持つ」とあり、大型猫であることがよく分かります。

筋肉質でがっしりしているところがラグドールの魅力といえます。

成長がゆっくり

血統書発行団体「TICA」によれば、ラグドールは、およそ4年かけてゆっくりと成猫になっていきます。大人になったときの体重は男の子が6~9kg、女の子は4.5~6kgと、猫の中では大きめです。抱っこされることがラグドールにとっての至福とも言えるので、飼い主は心しておきましょう!

きれいな毛色

多くのラグドールの毛色はバイカラー(白と他の色の2色の毛色)、顔周りや耳、しっぽなどはこげ茶色やグレーなどの濃い色、それ以外は白やキナリといった淡色になっています。つやつやでゴージャス、上質なシルクのような手触りはラグドールの猫の特徴です。
毛の長さはセミロングで短毛種ではありません。ただ、短めの毛を持つラグドールはいます。
上質な毛並みを保つにはバランスのよい食事とストレスフリーな暮らしが不可欠。飼い主としては、いつだって美しい被毛であるように健やかな暮らしを支えてあげたいですね。

周囲に癒しを与える

ラグドールに限らずですが、猫と一緒に暮らしていると、気ままに遊んでいたり、こちらに甘えてきたりと、“予測不能な様子”に心奪われます。

それに加えて、ラグドール特有の大きな身体を寄せて甘えてきたり、抱っこすると全身の力を抜いて信頼していることを示してくれる様子は、飼い主にホッと安らぎと癒やし、あたたかい気持ちをもたらしてくれるでしょう。

飼いやすい

従順な性格やしつけがしやすいこと、そして、騒がしく動き回らないといった点は、集合住宅を住まいとする現代のライフスタイルに馴染みやすいと言えるでしょう。また、大きな声で鳴くことも少ないとされるので、ご近所に迷惑をかけることも少なそうですね。

もし困った点があるとすれば「身体が大きくて抱っこが大変…」というところかもしれませんが、それも魅力のうちでしょう。

ラグドールを家族の一員として迎える方法


いよいよ、ラグドールを迎えたい! と考えたなら、どんな迎え方があるでしょうか? よく知られる3つの手段を挙げて解説していきます。

ペットショップでラグドールを探す

ペットショップなら、フードやトイレなど、猫に必要なものを一緒に揃えられるため、迎えたその日からきちんと住環境を整えてあげることができそうです。しかし、ラグドールはまだまだめずらしい猫種。ペットショップで出会うことは少ないと考えられます。

ブリーダーさんから紹介してもらう

他の猫種に比べて少ないながら、日本でもラグドールの専門ブリーダーさんが見られるようになってきました。費用はブリーダーさんごとに違いがあるので、事前にしっかりと確かめておくようにしましょう。

この方法の最大の特徴は、迎えると決めた子の特徴やクセ、これまでの成長の様子や環境などを聞いたり、質問できる点が挙げられます。また、親猫や兄弟・姉妹たちの姿を見る機会も得られる可能性があるので「将来どんな風に成長していくのか」を想像しやすくなるでしょう。

とくに、はじめて猫と一緒に暮らすという方は、いろいろと心配ごともあるでしょう。そうした心配事を相談することもできるので、心強いですね。

里親になる

最近は「せっかく猫を迎えるなら、保護猫の里親になりたい」と考える方が多くなってきたようです。譲渡会の情報もチェックしやすくなってきました。ただ、そもそも譲渡会や保護猫の成り立ちを考えると「ラグドール」という純血の猫種との出会いの場としては、あまり馴染まないかもしれません。

お迎えの費用

アニコムパフェ株式会社が運営する「ハローべいびぃ」によると、ペットショップで迎える場合は、150,000~310,000円(2018年4月現在)といったところでしょうか。迎え方によって費用も異なってくるので、ご家族でよく検討しましょう。

■お迎えに際してはコチラを参照
「ハローべいびぃ」ラグドール一覧

ラグドールを飼う注意点

おとなしく人懐っこいラグドールを迎える方は多く、人気の猫種のひとつとなっています。しかし、だからといって一緒に暮らすうえで気をつけることがない、ということではありません。

病気のリスクや日常の中でストレスを感じること、フードにだって注意を払う必要があります。とくに注意したいポイントをいくつか挙げてみましょう。

かかりやすい病気

ラグドールの遺伝的な病気として、「肥大型心筋症」があります。この病気は、心筋が分厚くなる心臓の病気です。

病状にもよりますが、疲れやすくなったり、呼吸が早くなったり苦しくなったりする症状が見られます。薬によって病気の進行を遅らせることができますので、早期発見のためにも、マメな定期健診が重要です。

このほか、尿路結石はどんな猫にも起こり得るので、おしっこの量や色や臭い、排尿時の様子(痛がったり、爪を立てたりしていないか、など)には気を配るとよいでしょう。

また、ラグドールは毛量が豊富なので、毛づくろいによって飲み込む毛が多く、上手く排泄できずに、胃内で毛がフェルトのように固まってしまう「毛球症」を起こすことも珍しくありません。

こまめなブラッシングを習慣化し、生え変わりの時期にはとくに注意しておきましょう。食欲が低下しているように見えたり、えづいたりするようであれば、かかりつけ医に診てもらい、適切に処置してもらいましょう。

ストレスを与えない

ラグドールに限りませんが、猫はお家の模様替えをしたり、引っ越しをしたりするとストレスを感じることがあります。

そうした時には、新たな居場所が安心して過ごせる場所であることを教えてあげて、早くストレス状態から開放してあげたいもの。飼い主が抱っこしたり、撫でたりして落ち着かせてあげると安心してくれるはずですよ。

また、飼い主やそのご家族があまり構ってくれなかったり、抱っこしてくれなかったりすると、寂しさからストレスを感じることもあります。ぜひ日ごろからたくさん遊んであげてください。

キャットタワーについて

多くの猫たちは キャットタワーが大好き。しかし、ラグドールはあまり高い場所を飛んだり跳ねたりするタイプの猫ではないと言われています。「あ、なんか置いてるな」とスルーされることも…。そのため、もしキャットタワーを用意するとしても低めのもので十分です。ただ、それで遊んでくれるかどうかは、猫次第です…。

もし選ぶなら、もっとも注意すべきなのは、高さではなく「安定性と安全性」です。ラグドールは大きい子なら10kg近くの体重になります。その体重を支えられるものでなければならないことを心得ておきましょう。

フードの選び方

ラグドールは食欲旺盛! しかし、年を経るごとに運動量が少なくなり、肥満になりやすい傾向があります。そのため、フード選びは慎重に。成猫になるまでは、「高たんぱくで高カロリー」な栄養たっぷりのフードを選ぶようにしましょう。栄養が偏ったり、不足したりすると自慢の毛並みが維持できなかったり、きちんとした身体づくりができなかったりと、後々の猫生に影響が出てきます。

成長が止まった後は、「高カロリー食」は、肥満を招きます。高齢になるにつれ消化不良の心配も出てきますので、ライフステージにあったフードに変えていくようにしてください。

飼い主は猫の健やかな成長を支える存在です。もしフード選びに自信がなかったら、専門家やかかりつけ医に相談するのもひとつの手です。

まとめ

アニコム損害保険株式会社の「ペット保険」に加入しているネコちゃんのうち、ラグドールのお友だちはおよそ2,500頭で、人気上位第10位の猫種です(アニコム家庭どうぶつ白書2017より)。周囲の飼い主友だちの中にも、ラグドールと一緒に暮らしているという方がいらっしゃるかもしれません。

■お迎えに際してはコチラを参照
「ハローべいびぃ」ラグドール一覧

猫専用ダイヤル、好評運用中です!

【ニャンともあんしんサービスセンター】
0800-777-5625(ゴロニャーゴ)

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
受付時間:平日9:30~17:30 / 土日・祝日9:30~15:30
アニコム損保のペット保険(http://www.anicom-sompo.co.jp/

監修獣医師

麻生拓也

麻生拓也

2012年、日本大学獣医学科卒業。在学中は繁殖学の研究室に在籍、卒業後は都内の動物病院で勤務、現在は予防、食事を中心にペットサービス事業の企画、運用に従事している。 猫アレルギー疑惑があるも新生活を機に保護ネコを迎えようと画策中…。犬も猫もストレスなく暮らせるライフスタイルを夢見る獣医。