猫ちゃんの保険ならアニコム損保におまかせ
猫ちゃんの保険ならアニコム損保におまかせ

あなたのパートナー猫を探そう。全国のアニコム損保ペット保険取扱ペットショップから探せる
あなたのパートナー猫を探そう。全国のアニコム損保ペット保険取扱ペットショップから探せるマッチングサイト ハローべいびぃ

猫がよく吐くのはなぜ?

猫と一緒に暮らしていて気がつくのは、「よく吐く」ということではないでしょうか。ゲェッゲッと苦しそうな声をあげて吐く姿を見ると、家族としてはとても不安になりますが、もともと猫はよく吐くどうぶつなのです。

猫は元来、狩りをして食べるものを手に入れてきました。そのとき、獲物を丸のみに近い状態で食べる習性があり、自分の胃袋の大きさ以上の量を食べてしまうことがあります。そのため、吐き出すことが多くなったのです。

猫が吐いたものや色を確認しよう

吐いている姿を見ると、あわててしまいがちですが、落ち着いて吐いた物をよく観察してみましょう。嘔吐物によっては、それほど心配しなくてよい場合もあります。

毛づくろいする猫

毛玉を吐いた時

猫は自分で自分の身体を舐めてグルーミングをします。そのとき、知らず知らずのうちに毛を飲み込んでいるため、胃の中に溜まった毛が毛玉となって吐き出されることがあります。毛玉ができやすい子は、日常的によく吐き出します。嘔吐物が毛玉だけなら、必要以上に心配をしなくてよいかもしれません。

【関連記事】
猫の毛玉対策は?いつもと違う毛玉を吐いたらどうする?
【関連リンク】
毛球症 <猫>|みんなのどうぶつ病気大百科

黄色い液体を吐いた時

お腹が空きすぎているときや胃の運動が低下していると、たいていの場合、透明な液体や泡だけを吐きますが、まれに黄色い液体を吐くことがあります。この黄色い液体は、胆汁である可能性が高いです。

なぜ胆汁を吐くのでしょうか。それはお腹が空きすぎて胃の運動が低下していると、本来、腸に流れるはずの胆汁が胃に逆流してくるからです。お腹が空きすぎないようにすれば逆流することがないので、食事を何回かに分けて与えることがひとつの予防策となります。

ただし、胃そのものに問題があって胃液を吐いている場合は、この予防策は悪化の原因になります。自分で判断せず、動物病院へ連れて行き、獣医師の判断をあおぎましょう。

透明の胃液のような液体や白い泡を吐いた時

透明な液体や白い泡を吐くことがあります。これは、胃液です。胆汁を吐くときと同様に、お腹が空きすぎると胃液を吐くことがあるのです。胃液を吐いた後、ごはんを食べて、けろっとしていれば心配がない場合が多いですが、繰り返す場合は病気のサインかもしれません!

また、「誤飲」をして吐いていることもあるので注意が必要です。胃の中に消化できないものが残っていると、なんとか吐き出そうとして、胃液を吐いてしまうことがあるのです。

【関連サイト】
異物誤飲 <猫>|みんなのどうぶつ病気大百科

嘔吐物に血が混じる時

吐物に血が混じる時は、出血元が呼吸器の可能性があります。この場合、出血してから時間が経過しているので、黒っぽい茶色をしている場合が多いです。

ただ、呼吸器が出血元であるケースはまれで、たいていは、口腔内出血や咽頭部の出血、食道内出血が要因であることが多いでしょう。この場合の血の色は鮮やかな赤色です。まずは色を観察して、出血元を確認しましょう。

 嘔吐物に異物が混じっている時

嘔吐物にフード以外の異物が混じっている場合は、誤飲のおそれがあります。吐き出したものをよく観察して、何を誤飲したのかを確認してみましょう。吐き出した後、ケロッとしていても、胃や腸の中に残っている場合があるので、動物病院へ連れて行きましょう。

もしも、白くて細長いそうめんのようなものを吐き出した場合は、「ネコ回虫」という寄生虫がいる可能性があります。ネコ回虫は、小腸に寄生する回虫で、軽い下痢や体重減少を引き起こすこともあります。人間にも感染することがあるので、注意が必要です。

※嘔吐物に異物が混じっていなくても、誤飲の可能性はあります。

【関連リンク】
回虫(トキソカラ)症 <猫>|みんなのどうぶつ病気大百科

危険なサインとなる嘔吐。すぐに病院に連れて行こう

吐きそうな表情の猫

 茶色のものを吐いた時

胃や腸など内臓から出血している場合に、黒っぽい茶色のものを吐くことがあります。出血したばかりの血液の色は真っ赤ですが、時間が経つと酸化して、茶色っぽい色に変わるのです。

重度の潰瘍や腫瘍が原因となっていることもあるので、病院に連れて行くことをおすすめします。

何度も繰り返し吐く、毎日吐いてしまう

たとえ胃液だけであっても、1日に何度も吐いたり、吐くことが何日か続いた場合は、誤飲や消化器系の病気のサインかもしれないので、早めに病院に連れて行きましょう。

吐こうとするのに吐き出せない

吐きたがってえずいているのに、何も吐き出さないあるいはよだれだけが出る、といった場合は、毛玉が溜まってしまっている毛球症(もうきゅうしょう)や異物誤飲かもしれません。

ただ、それ以外の要因がさまざま考えられます。時間が経てば経つほど、消化器へのダメージが大きいので、すぐに動物病院へ連れて行きましょう。

【関連リンク】
毛球症 <猫>|みんなのどうぶつ病気大百科
異物誤飲 <猫>|みんなのどうぶつ病気大百科

嘔吐以外の症状も同時に見られる

・下痢や発熱、けいれんなどがある

中毒症状である可能性があります。中毒になる原因はさまざまです。なんらかの薬品がついた身体をグルーミングのときに舐めてしまったり、観葉植物を食べたりした場合などに起こります。

・震えている

上記の中毒症状で震えていることがあります。原因が特定できないので、早めに病院へ連れて行きましょう。

・便秘をしている

便秘をしているときに頻繁に吐く場合は、腸閉塞の可能性があります。ただ、腸が閉塞していなくても、便秘でいきんで吐くこともあります。

・おしっこがでない

おしっこができずに激しく吐く場合には、尿道閉塞(結石などがペニスに詰まって、おしっこが出なくなっている状態)の疑いがあります。元気もかなりなくなります。超救急な状態なので、すぐに病院へ連れて行きましょう。

【関連記事】
猫のてんかんの原因や治療法は?
子猫の身体や尻尾がふるえている!これって病気?
猫の便秘解消! 予防もしてあげよう

まとめ

猫は吐くことが多いのであまり気に留めないかもしれません。しかし、なかには事故や疾病が原因のこともあるので、いつもと違うと感じたら、獣医師に見てもらった方が安心です。

【関連リンク】
回虫(トキソカラ)症 <猫>|みんなのどうぶつ病気大百科
毛球症 <猫>|みんなのどうぶつ病気大百科
異物誤飲 <猫>|みんなのどうぶつ病気大百科

【関連記事】
猫の毛玉対策は?いつもと違う毛玉を吐いたらどうする?
猫のてんかんの原因や治療法は?
子猫の身体や尻尾がふるえている!これって病気?
猫の便秘解消! 予防もしてあげよう

猫ちゃんの保険ならアニコム損保におまかせ
猫ちゃんの保険ならアニコム損保におまかせ

猫専用ダイヤル、好評運用中です!

猫大好きオペレーターがお電話を承ります!
【ニャンともあんしんサービスセンター】0800-777-5625(ゴロニャーゴ)

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
※しつけカウンセラーや獣医師によるしつけ・健康相談はご契約者向けのサービスとなります。
受付時間:平日9:30~17:30 / 土日・祝日9:30~15:30
アニコム損保のペット保険

どうぶつの病気に関するデータを公開

みんなのどうぶつ病気大百科
アニコム損保が保有する世界最大規模の診療データをもとに、品種別・年齢別・性別のかかりやすい病気や、診療費の目安、平均通院回数などの統計データを調べることができるサイトです。犬・猫だけでなく、鳥・うさぎ・フェレットのデータも公開しています(※)。

(※)鳥・うさぎ・フェレットは年齢別・性別のみ検索可能

監修獣医師

小川篤志

小川篤志

日本獣医生命科学大学を卒業。2008年獣医師免許を取得。救急医療を専門に経験を積み、救急病院長などを歴任。肺水腫、熱中症、交通事故、胃拡張胃捻転症候群、重積発作、中毒、急性腎不全などの救急疾患治療を多く経験。災害地での獣医療にも従事。2013年アニコムホールディングス株式会社に入社し、獣医師や飼い主向けのセミナー講演、メディア取材などの実績多数。東京都獣医師会広報委員も務め、取材記事やコラムなども手掛ける。