回虫(トキソカラ)症 <猫>

概要

Overview

回虫の成虫は 5 ~15 cmの白いひも状です。回虫卵という回虫の卵を口から摂取することでヒトにも感染する人獣共通感染症(ズーノーシス)なので、ネコちゃんだけでなく、ヒトにとっても注意が必要です。ヒト(主に幼児)が回虫卵を摂取して発症する幼虫移行症をトキソカラ症といいます。

回虫症
 

原因

回虫が感染することで起こる病気です。回虫に感染したネコちゃんの糞便中に排出される回虫卵を口から摂取することで感染します。また、ネコちゃんがそれらを口にしたネズミや鳥などを食べることによって感染することもあります。その他、母子感染としては乳汁を介しての子猫への感染もあります(経乳感染)。

症状

大人のネコちゃんでは、幼虫のまま全身の諸臓器で発育せず休眠状態になっている場合や、小腸に成虫が感染している場合でも無症状なことが多く、感染に気付かないことが多いのですが、子猫ちゃんの場合には、嘔吐や下痢などの消化器症状、太鼓腹、脱水、被毛不良、栄養失調、体重低下などの症状を起こします。

治療

駆虫薬を投与します。その他に下痢や嘔吐をしている場合は下痢止めや吐き気止めの投与、脱水している場合は点滴などの対症療法も行います。多頭飼いの場合には他のネコちゃんも感染している可能性があるため、すべてのネコちゃんに駆虫薬を投与することが大切です。

予防

定期的に検便を行い、早期発見・早期治療を心がけましょう。また、回虫に感染しているネコちゃんの糞便中に排出された虫卵は、時間がたつと感染力が備わるため、糞便はすみやかに処理することが重要です。

病気のデータ

Disease data

病気のかかりやすさ(%)

平均年間通院回数
通院1回あたりの平均単価
他の動物種のデータを見る

病気のデータ

他の動物種のデータを見る

みなさんからのコメント

Comment
アニコム獣医師
2021-01-14 11:32:56
>うっちー様
消化管内に寄生虫が多数寄生している場合、1回の投薬で駆虫し切れずに、数回目の投与で駆虫し排泄されることがあります。1回で60匹近くの回虫が排泄されたワンちゃんもおり、寄生虫の数はどうぶつさんの生活環境や状況により変わってまいります。今後も定期的に駆虫されることと思いますので、早く落ち着いてくれることを祈っておりますね。
うっちー
2021-01-11 22:31:33
一ヶ月前に5ヶ月の野良猫を保護してすぐに病院に行き、ブロードラインを投与していただきました。この1ヶ月は何も出なかったのですが、今日1ヶ月ぶりにブロードラインを投与してもらったら便の幅位のまとまった回虫が出てきました。こんなにまとまって出てくるものなのでしょうか。多くて心配しています。
アニコム獣医師 馬場
2020-07-13 10:37:36
>とっち様
すでに駆虫薬を先住ネコちゃんにも投与しているようですので、寄生虫がうつってしまう可能性は非常に低いでしょう。しかし、まれに環境中とネコちゃんとの間で移動を繰り返して持続的に寄生してしまうことがあります。今後も定期的に寄生中予防をしながら、生活環境の清掃をこまめに行うことをお勧めします。
とっち
2020-07-10 16:29:19
先日、子猫を保護しました。ガリガリだったので病院で診察してもらったら回虫とシラミが居ました。先住猫が居るのですが、ゲージから出しても病気はうつりませんか⁇
保護猫と先住猫には一応ブロードラインをしました。

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。