異物誤飲 <猫>

概要

Overview

ネコちゃんはヒトが思ってもみないものを食べてしまうことがあります。特に子猫ちゃんは、色々なものを誤って飲み込んでしまうことが多いようです。異物誤飲をしてしまった場合に、その異物の種類によっては命に関わることもありますので注意が必要です。

消化管異物誤飲

原因

竹串や肉類・魚類の骨、ヒトの医薬品、石、砂、靴下などの布類、ひもなどとヒトの身近にあるものが多いようです。

症状

誤飲したものの種類や量、ネコちゃんの体格や体質によって、症状や症状が発現するまでの時間、重症度が異なります。誤食後に時間が経過してしまうと、治療が困難になる場合や、症状が重くなる場合があり、場合によっては死に至ることもあるので注意が必要です。
誤食の症状は様々ですが、一般的に嘔吐や下痢、流涎(よだれ)、食欲不振、元気消失などの症状がみられることが多いようです。

治療

触診、エコー検査、レントゲン(X線)検査などで診断を行います。異物の種類によってはレントゲンに写らないものや写りにくいものもあり、判明が難しい場合があります。そのような場合や腸閉塞などを疑う場合には、バリウム検査を行います。検査の結果により、便と一緒に異物の排泄を待つ場合もありますが、異物の種類や状態によっては早急に処置が必要なこともあります。
処置の方法としては、催吐処置(異物を嘔吐させる処置)や内視鏡による除去、もしくは胃切開などの外科手術などがあります。その他、液体や中毒の可能性がある異物を誤飲した場合には胃洗浄することもあります。また、異物による中毒症状などを起こしてしまった場合は解毒剤の投与や点滴治療などを行います。

予防

子猫ちゃんは遊んでいるうちに食べてしまうことがありますので、ネコちゃんの届く場所に飲み込みそうな物や、興味を示しそうな物を置かないことが大切です。また、焼鳥などの竹串などに刺さったものをそのまま手でもって食べさせたりすることは、竹串などを一緒に飲み込んでしまう可能性があるため非常に危険です。
何か口にくわえていて誤食の可能性がある場合にはすぐに取り除きましょう。
もしも、ネコちゃんが異物を飲み込んでしまった場合、または、摂取したことが疑われる場合には、早急に動物病院に行くことをお勧めします。また、異物が食品や薬物の場合は内容の表示がある袋や箱、その他の場合でも異物の一部などがあれば、治療方針の目安となりますので、それを持参することをお勧めします。治療法については摂取した異物の種類や量、摂取後経過している時間によっても異なりますので、かかりつけの動物病院とよくご相談ください。

病気のデータ

Disease data

病気のかかりやすさ(%)

平均年間通院回数
通院1回あたりの平均単価
他の動物種のデータを見る

病気のデータ

他の動物種のデータを見る

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。