ペットとしてうさぎをお迎えしようと思ったとき、その値段の違いに驚いた方もいるのではないでしょうか。うさぎの値段は数千円から数万円、時には10万円以上と大きく異なります。なぜ差が生まれるのか、種類によってどうちがうのか、ペットとして人気のうさぎ3種の値段とともに解説します。

ペットのうさぎの値段はどうやって決まる?

うさぎの値段は、まずミックスか、純血種かでわかれます。ミックスであれば値段は安めで、純血種は高くなります。純血種の場合は、品種によって値段が異なるほか、カラーやその品種のショータイプにどのくらい近いかによって値段が変わってきます。

どの子も「家族としてお迎えするうさぎ」ということに変わりはありませんが、やはり値段には希少価値が反映されます。ミックスと呼べるうさぎはたくさんいて、特に親の情報を記録しなくても販売することができます。一方で、純血種のうさぎは限定的です。純血種であることを証明する術は血統書しかありませんが、血統書に記載される3代前までの情報を正確にさかのぼることができる子は限られています。同じ品種の中でも、珍しいカラーの子や、ラビットショーに出る基準を満たしている子であれば、値段は高くなります。品種別に見ても、国内で飼育頭数が少ない珍しい品種は相場も高くなっています。

また、ペットショップでは一般的に子うさぎのころが一番高く、成長するにつれて値段は下がっていきます。

人気のうさぎの値段はいくらくらい?

それでは、人気のうさぎの値段はどのくらいなのでしょうか。同じ品種の中でもカラーなどによって異なりますが、ここでは一般的に見かけることの多い価格帯を紹介します。

ネザーランドドワーフの値段はいくら?

ネザーランドドワーフの画像

一番人気のネザーランドドワーフの値段は40,000~100,000円くらいと幅があります。50,000円前後がよく見かける価格帯でしょう。

血統書なしでもっと安い値段で販売されているケースもあります。血統書がないということはネザーランドドワーフという保証がないことになり、純粋なネザーランドドワーフかもしれないし、どこかでほかの品種の血が入っているかもしれない、ということです。

ネザーランドドワーフってどんなうさぎ?

日本での飼育数も多い人気のうさぎ。一番見かける機会が多い純血種といえるでしょう。体の大きさは1㎏前後の最小の品種です。顔や体、目の形が丸く、短めの耳でとてもかわいらしいうさぎです。性格は活発でよく走り回ります。神経質でなつくまで時間がかかる、独立心が高くて気が強いという一面も。

ホーランドロップの値段はいくら?

金桶に入ったうさぎ

ホーランドロップの値段は50,000~110,000円くらい。60,000円前後が多く見られます。ネザーランドドワーフと同じく血統書なしで販売されているケースもあります。

ホーランドロップってどんなうさぎ?

ネザーランドドワーフと人気を二分するたれ耳のうさぎ。たれ耳うさぎの中では最小の品種で体重は1.5~2㎏ほど。ぺたんとつぶれたような顔と短めのたれ耳が愛らしいうさぎです。穏やかで懐きやすい性格で、飼い主のあとをついてくる子が多くみられます。比較的性格が穏やかで、のんびりとマイペースな子が多いようです。飼い主に構ってもらえないと寂しがり、時にわがままと思えるほど自己主張してくることもあります。

ミニうさぎの値段はいくら?

芝の上で遊ぶうさぎ

ミニウサギの値段は8,000~20,000円くらい。10,000円前後が多く、数千円ということも珍しくありません。

ミニうさぎってどんなうさぎ?

学校や動物園などで見かけることも多い、日本に昔からいるミックスうさぎのことをいいます。ミックスのため、成長したときの大きさを知ることは難しく、「ミニ」といえども大きく育つこともあります。近年は小柄なうさぎが人気を集めていることから、ミニうさぎも小型化が進んでいます。大きさだけでなく、体形や性格、カラーもさまざまです。たち耳が多いですが、たれ耳の子や、片側だけたれ耳の子もいます。豊富なカラーや模様が魅力のうさぎです。

飼育費用についても知っておきたい!

うさぎをお迎えするといにかかる費用は、うさぎの生体料金だけではありません。ケージや、トイレ、牧草入れやフードボウル、定期的にかかる必要のある健康診断や、病気やケガのときの診療費。

うさぎをお迎えするとなると、ペット用品を揃えるだけで数万円の出費となることもお忘れなく。

うさぎの飼育費用はいくらかかる?年間支出の平均は88,410円!

まとめ

うさぎの値段はさまざまですが、どのうさぎも家庭にお迎えするのに適したうさぎであることは変わりません。飼う前に「どんなうさぎと暮らしたいか」をよく考えて、品種を優先するのか、カラーや模様を優先するのか、対面して直感で決めるかなど、選ぶ基準を明確にしておくことをおすすめします。決して、値段が高いから“元気でいいうさぎ”ということではありません。値段が安いからだめということも絶対にありません。値段だけで判断するのではなく、うさぎの表情や、ペットショップの方のお話などを聞いて総合的に判断するようにしましょう。

かわいいうさぎとの出会いをお探しなら

末永く一緒に暮らせる、大切な家族と幸せな出会いをしたいものですね。そんな出会いをお探しなら、ハローべいびぃを活用してみては?全国のペットショップから探すことができる情報サイトです。エリアや品種などの条件から簡単に検索できるので、ぜひご覧ください!

監修獣医師

うさぎ百科編集部

うさぎ百科編集部

うさぎの飼い主歴10年以上の編集者が集い、毎日、うさぎの「あるある話」に花を咲かせ、情報交換している。編集部員の面々は、うさぎとの暮らしがより健やかに、よりハッピーになるよう正確な情報をお届けするため、自己研磨の毎日である。